• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

クワトロ@D22のブログ一覧

2017年06月18日 イイね!

ル・マン24時間レース速報】2号車ポルシェが優勝。大波乱の24時間を制す。トヨタ悲願叶わず

ル・マン24時間レース速報】2号車ポルシェが優勝。大波乱の24時間を制す。トヨタ悲願叶わず6/18(日) 22:10配信

ル・マン24時間レースの決勝が行われ、2号車ポルシェ919ハイブリッドがトップチェッカーを受けた。

LMP1クラスで出走した計6台全てがトラブルに見舞われ、最後まで走りきったのは2号車ポルシェ919ハイブリッドと8号車トヨタTS050ハイブリッドの2台のみだった。

 一時はLMP2クラスの38号車ジャッキー・チェンDCレーシングが首位を快走したが、残り1時間というところで2号車ポルシェが追いつき、奪首。結局そのまま最後の1時間を先頭で走り、トップチェッカーを受けた。

 総合2位には38号車ジャッキー・チェンDCレーシング、3位には13号車ヴァイヨン・レベリオンと、LMP2クラスのマシンが上位に入った。

 完走したLMP1クラスのもう1台、8号車トヨタTS050ハイブリッドは、総合9位でフィニッシュしている。1号車ポルシェ、7号車と9号車のトヨタはリタイアとなった。

 LM-GTE Proクラスは97号車アストンマーチン、LM-GTE Amクラスは84号車JMWモータースポーツのフェラーリが優勝を果たした。


-----------------------------------

去年のトヨタの悲劇はリアルタイムで観てた‥

今はスープラ降りたけど、それでも今年はトヨタに勝って欲しいし応援したよ。


一応スカパー加入しててJスポーツも観れるから、昨晩のスタートから朝4時までは観た。

が、仕事中の昼休み、気になってチェックしたら2台リタイアしたと言うではないか!(>_<)


もうがっかりして観る気力失ったけど、それでも一応帰ってきてからゴールまで中継は観たよ。


ポルシェはさすが耐久の王者だよね。最多優勝。経験値が違う!

それに引き換え日本のメーカーは、いくら単発で速いクルマ作っても経験がものを言うルマンはそう簡単に勝てる訳がない!

同様に今F1でホンダが苦しんでるし叩かれてるけど、それも一緒!

だって不景気だからってあっさり撤退したり、また出て来たりなんて繰り返してるんだもん。

苦しい時でもレースを止めない、歴史と伝統を持つ欧州のメーカーに勝てる訳がないよ!


まあとにかくトヨタは来年も絶対出ないとね。社長さんまで現場に居たんだから絶対やれよ!

幸いモリゾーさんはモータスポーツを愛してる方だから、チャレンジしてくれると思う。

じゃなきゃハイブリット車で儲けてるトヨタの看板に傷がついたまま。そらあダメだろ。


WRCもあって大変だろうけどF1はやってないんだからさ、来年必ずリベンジだ!

今の私は日産車オーナーだけど(笑)、トヨタがルマン勝つまでやるならずっと応援する!だって日本人だから。
Posted at 2017/06/18 23:54:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2017年06月13日 イイね!

日本イラクと死闘!大迫先制弾も敵地でドロー、けが人続出ながらW杯に王手!

日本イラクと死闘!大迫先制弾も敵地でドロー、けが人続出ながらW杯に王手!6/13(火) 23:49配信

<W杯アジア最終予選:イラク1-1日本>◇13日◇イラン・PASスタジアム

 日本が失点した場面は、DF吉田麻也(28=サウサンプトン)のボール処理の判断が、明暗を分けた。

 ゴール前の混戦でルーズボールに対し、吉田は相手選手を抑えてGK川島永嗣(34=メッス)に任せた。自らボールを蹴り出すことも可能な場面だったが、結果的に飛び込んできたイラク選手に同点ゴールをたたきこまれた。

 試合後のインタビューでは厳しい表情で「無失点で終えられる試合は少ない。本当に悔しいです。自分たちで、自分たちの首を絞めてしまったので(次戦の)オーストラリアに集中したい」と振り返った。


-------------------------------------

久々のブログネタは代表戦。なかなかネタ書く余裕が無くてね。

さて、親善試合のシリア戦を経てのイラク戦。

そう簡単に勝てないのは分かってたけど、やっぱりやられたね。(>_<)

監督の采配も疑問が残った。


一つ言えるのは、勝ち点3でも1でも、結局次のオーストラリア戦に勝てれば良い訳で。

ホームでオーストラリアに勝てなきゃ、どのみちW杯で世界には勝てない。

次で決めてしまおう!それで今日と初戦UAE戦の負けの落とし前をつけろ!


次、絶対勝って決めるぞ。それが出来なきゃ次のW杯は諦めるべきだ。




【セルジオ越後】コンディション調整も采配も問題あり。ある意味、引き分けで御の字だよ

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム

 勝てばワールドカップ出場に大きく近づけたアウェーのイラク戦は、1-1の引き分けに終わった。大迫のゴールで幸先良く先制したけど、後半に同点とされると、勝ち越し点を奪えないままタイムアップを迎えた。

 欲しかった勝利を掴めなかった理由は、コンディション調整に失敗したんじゃないのかな。現地は気温35度を超える環境だったけど、暑さどうこうの問題ではないような気がする。

 ただでさえ怪我人が多いなかで、試合中に頭を強打して途中交代した井手口は別にしても、久保や酒井宏も足が攣って満足のいくパフォーマンスを見せられなかった。これだけ負傷者が続出したところを見れば、試合に向けた準備に不備があったと勘繰りたくもなるよ。

 今回の6月シリーズでは、シーズンが終わったばかりの海外組だけの合宿があった。その疲れがここに来て出たのかもしれないね。

 ハリルホジッチ監督の采配も大いに疑問だよ。最大のクエスチョンは、加藤はいったいなんのために招集されたのかということだ。6人を交代できたシリア戦で使わなかった時点で怪しいとは思っていたけど、イラク戦は23人のメンバーからも外された。

 長谷部は怪我でそもそも招集外だし、今野は怪我明けで万全のコンディションではない。さらに、山口は脛を痛めている。ボランチが人手不足なのは明らかだよね。メンバー発表の会見では、「もしかしたら彼が必要になるかもしれません」と言っていたけど、まさにそのシチュエーションなのに、加藤はベンチにも入れないんだから不思議だよね。

 そのボランチには遠藤が抜擢されたけど、所属するレッズでは3バックでプレーしている。彼を中盤で使うことには、やはり違和感を覚えるよ。しかも、この大事な試合で、だ。

 久保に関しては、シリア戦の前半を見ても、フル出場できる状態かどうかは疑わしかった。イラク戦の前半も今ひとつの出来だったし、代わりにハーフタイムに乾を投入しても良かったはず。結局、足を痛めた久保は、終盤は左サイドで立っているの精一杯だった。ベンチワークは後手を踏んだよね。

香川の負傷離脱で空席となったトップ下には原口を起用した。これがハマったとは僕には思えない。いつもは右サイドにいた久保を左に回すとか、ハリルホジッチ監督は少しチームをいじりすぎた感が否めないよ。

 久々のスタメンに抜擢された本田のプレーも、パッとしなかったね。確かに、よくボールに触っていたし、高いキープ力で右サイドのポイントにはなっていた。

 でも、シュートの数も決定機を作り出す場面も少なかった。決定的な仕事は、大迫の先制点を呼び込んだCKだけ。これをどう評価するか。画面にはよく移っていたけど、相手にとって危険なエリアにどれだけ侵入できたかを考えると、十分な脅威を与えられたとは思えないね。

 シリア戦で失点に絡んだ昌子は、いくらか挽回したように感じたけど、DFとしてまたもや失点を許している。評価するのは、無失点に抑えてからだ。厳しい言い方だけど、イラク戦のパフォーマンスなら、昌子以外の選手でも披露できたんじゃないかな。

 イラク戦の失点シーンでは、みんな足が止まっていたね。もちろん、吉田や川島の対応に問題がなかったとは言わないけど、バイタルエリアであれだけボールを回されれば、ああいうことも起こり得るよ。

 とにかく、今のハリルジャパンには軸になれる選手が見当たらないんだ。大迫も頑張ってはいたけど、時間が経つにつれて、疲れが出たのかミスが散見された。

 原口や久保も、良い時の状態を持続できずにいる。前線の破壊力はまだまだ。最後はCBの吉田を前線に上げるパワープレーと、相変わらず点を取るための引き出しが少ない。

 追加点を取りに行こうとしない消極的な姿勢もどうなのか。大迫は「2点目を取る意識がなかった」と振り返ったけど、それは選手の責任というよりも、しっかりと監督が指示を出すべきことだ。

 なぜ、あんなに引いたのか。体力をセーブするためとはいえ、後ろに下がれば、相手は前に出てきて、主導権も握られる。押し込まれれば失点の確率は高まるし、追いつかれた後に攻撃に出ても、遅いよ。

 先制できれば、無理をしないでできるだけリードを保つ。それがゲームプランだったとしたら、物足りなさすぎる。2点目を取りに行く姿勢を見せてほしかったよ。

改めて、ここで言うことではないけど、イラク戦は勝たなければいけない試合だった。それが、総合的に考えると負けてもおかしくない内容だったんだから、ある意味、引き分けで御の字だよ。

 今回の引き分けで勝点を17とした日本は、相変わらずグループの首位には立っている。ただし、勝点1差で2位にサウジアラビア、3位にオーストラリアがすぐ迫っている。最終予選の残り2試合は、この両国との対戦だ。しかも、最終節は敵地でサウジアラビアと戦わなければならない。

 次節のホーム・オーストラリア戦で勝利すれば、無事にロシア行きのチケットを手に入れることができる。でも、仮に負けるようならば……。同じ日程でUAEと戦うサウジアラビアが勝利すれば、日本は一気に3位に転落する。

 最終節はホームでのタイ戦が控えるオーストラリアにとって、その前のアウェー・日本戦は、引き分けでもOKだ。守りを固めてくるかもしれない難敵を崩し切る力が、今のハリルジャパンにはあるのか。攻めあぐねて、一瞬の隙を突かれて先にゴールを割られるようだと、難しい試合になるだろうね。

 ベストメンバーではなかったとはいえ、勝ち切れなかったイラク戦からは日本の底力を感じられなかった。このままなら、たとえワールドカップに出場できても、また3試合だけで帰ってくるのがオチだ。ブラジル大会より強くなっている要素が、現状では何ひとつ見出せない。

 グループで首位に立っているとはいえ、余裕はなくなったね。いよいよ正念場を迎えたハリルジャパンの奮起に期待したいよ。
Posted at 2017/06/13 23:48:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー日本代表 | スポーツ
2017年04月29日 イイね!

スクリーン&シート交換


えー、約4ヵ月の長い冬眠からようやく目覚め、我がBS号始動!

久々にエンジン掛けたけど、キック2回で始動!

(セルは動かない‥)

早速、BS号で今年初めて通勤し始め…ようとしたら、




スクリーンが酷いことになってるではないか!(>_<)


確かに元から擦り傷が酷かったけど、これはもう安全に乗れるレベルではない。

要交換。が、純正スクリーンの6万円?なんてとても出せない!(>_<)

なもんで、何種類か出てるジャイロキャノピーの新品スクリーンの中から、とあるスクリーンをネットで入手した。




それがコレ。1万チョットのが値引きで5,000円チョットだったかな?




YouTubeにスクリーンの外し方の動画があったから、それを参考にスクリーン外した。

結構時間掛かったね。おまけに作業途中から雨がザアザア降ってきたし。(>_<)

けど何とか外せたよ。




で、取り付けなんだけど、ネット上での噂通り、取り付け穴がズレてる。(笑)

けど、ウチのBS号の屋根そのものが歪んでるので、商品が悪いとは言い切れない。

仕方無いんでドリルで穴を少し拡大して強引に止めたよ。(^^;




はい、視界はこんな感じ。素晴らしい!

純正の10分の1以下のの価格でこれなら文句無し!

ただやっぱりコーティングとかされてないから傷付きやすいとは思う。

なので、研磨剤入ってない傷消し効果のあるクリーナーで定期的に拭いてるよ。(^^;




あと、ナビの電源や携帯充電するための装着してたシガーソケットを外すために、カゴを外してフロントのカバーも久々に外した。多分6〜7年ぶりに。




お次はこのシート。どう?酷い状態でしょ。

で、当初はシートカバーを被せてごまかそうと思った。けど、シートそのものを交換した方が手っ取り早いとかなってね。自分で張るにもタッカーとか持ってないし。




ということで、これまたネットでシートそのものを購入!

6,000円弱だったかな?コンビニフックもちゃんとある。(^^)/




交換は超簡単!ココを外して…




はい、ポン付けするだけ。

超お手軽!これなら張り替えより絶対楽だしお得!




うん、いい感じ!実際に乗ってても以前より座り心地も良い!(^^)/




ということで、スクリーン&シート交換、何とか自分で出来て良かった!

あとワイパーアームがガタガタでもうダメだったから外して処分してしまった‥

それとカゴは敢えて外したままにしてる。カゴが無い方が足が楽だね。(^^;



ただ今後がね、色々心配…

特に駆動系ね。ベルトはBS号買った7年前から替えて無い。

買ってから1,000キロも乗ってないけど、切れたらどうしよう…


さすがにエンジンや駆動系は自分じゃ作業する自信無いよ‥

けど、どこで診てもらえば良いんだ?近所のバイク屋は全部断られたしね。(T_T)


あと乗り心地も酷過ぎるからリアサスとか替えてみたいし、マフラーもいずれ詰まるだろうし…


うう…今後の整備、どうしたら良いんだろう。(>_<)


あと…最近4スト車両に乗り換えたいって思う‥

誰か4スト車両と交換してくれないかな(笑)
Posted at 2017/04/29 23:21:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ジャイロキャノピー | クルマ
2017年04月29日 イイね!

今年の花見


久々のネタだね。先週、十和田と弘前の桜を見てきた。

十和田はクルマ止めてじっくり歩いて。弘前はわざと渋滞にハマってクルマに乗りながら。


じゃあ早速‥




そもそも十和田の街中は単に通過するつもりだった。けど、よく考えたら十和田ではまだ桜を見たことが無い!

ならばと、急遽クルマを駐車場に停め、官庁街通り(駒街道)の桜をじっくり見ることにした!


十和田市って、「道の駅とわだ」には野菜よく買いに来てたけど、十和田の中心街って基本通過だけなんだよね‥

それに、来る度にかつては栄えてたであろう、アーケード街のアーケードが取り壊されてたり店が更地になってるのが切なくてね‥

なもんで、十和田の街中を歩こうなんて発想がそもそも無かった。けど、官庁街通りって名前はよく聞くもんだから、一度は行こうかってね。






桜の前に、まずこないなのを見た。赤いクルマのベースは何だ?(^^;








うん、なかなかイイじゃない!弘前は全国的にも有名で混むからアレなんで、ここ数年は浪岡城の桜がベストだと思ってた。けど、十和田の桜もなかなかじゃないの!








十和田は馬が有名なんだっけ?花見会場みたいのトコでは、女のコの流鏑馬がやってたよ!

福島は相馬の流鏑馬は知ってたけど、十和田のも有名なの?








片方は桜で片方が松っていうのがチョイとオシャレ!(^^)

他にも馬のオブジェがあったり、滝があったりって、なかなかイイよ、うん。






今回は入らなかったけど、美術館の方もいつか来てみたいね!








翌日、これまた移動途中、弘前城の桜もちょっと見てみようかってコトで寄ってみた。

以前ちゃんと降りてじっくり見たことはあるんで、今回はクルマから降りずにワザと渋滞にハマりながらお堀をグルッと回って。






あ、そうそう、十和田ではせっかくだから有名なバラ焼き食べてきたよ!

地元の人に教えてもらったお店で。道の駅で食べた時より断然ウマラッタ!(^^)/




はい、最後は我が愛車ハンター号と桜。

ようやく青森にも春が来たってコトだね!(^^)/
Posted at 2017/04/29 22:23:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 青森 | 旅行/地域
2017年03月28日 イイね!

日本、タイに快勝!久保が1ゴール2アシスト、岡崎が代表通算50ゴール

日本、タイに快勝!久保が1ゴール2アシスト、岡崎が代表通算50ゴールスポーツ報知 3/28(火) 21:26配信

◆18年ロシアW杯アジア最終予選B組第7戦 日本4―0タイ(28日・埼玉スタジアム2002)

 日本がホームで、タイに4―0で勝利。久保が1ゴール2アシストの活躍を見せた。

 前半8分に久保の右クロスを香川が中央で受け、右足でゴールを決め先制すると、18分には、久保の右クロスに岡崎がニアサイドで飛び込み、頭で合わせゴールネットを揺らした。

 岡崎は、釜本邦茂(75得点)、三浦知良(55得点)に次ぐ、史上3人目となる代表通算50ゴールとなった。岡崎は昨年10月のW杯最終予選のイラク戦以来の先発出場で、昨年6月3日のキリン杯ブルガリア戦(豊田スタジアム)で得点を挙げて以来、約10か月ぶりの国際Aマッチの得点となった。

 後半6分にタイのシュートをGK川島が右に飛びファインセーブ。すると後半12分に久保が左足でゴール右隅に決める豪快なゴールを決め3点目を挙げた。

 後半21分に、原口に代わり本田がピッチに入った。同24分に本田はシュートを放つが、相手GKに阻止された。

 後半38分、清武の左コーナーを吉田が高い打点のヘディングで決め、4点目。

 その後、PKを献上するが、川島が右に横っ飛びして、ファインセーブした。

 右膝を手術し、代表を離脱している長谷部がスタンドで見守る中、勝利をプレゼントした。

 オーストラリアがUAEに2―0で勝利したため、W杯出場へ“王手”をかけることはできなかったが、6大会連続W杯出場に貴重な勝ち点3を挙げた。


----------------------------------------


そりゃ最初からタイに負けるとは思ってなかったけどさ、内容悪すぎ!(-_-メ)

アウェーのUAE戦の方が良くて、ホームで格下のタイ戦の方が悪いって‥

猛省して欲しい!


ただ‥試合前はその起用方とかについてボロクソにみんな言ってたけど、結果的にハリル監督の采配が当たったということだよね。

WBCの時の小久保監督に対してもそうだったけど、やっぱりちゃんと監督を信じて応援しないとね。


まあとにかくね、得失点差を考えても4点獲れたのは良かった。後で効いてくるんじゃないのかな。

ただ、次、アウェーのイラク戦は相当苦しいと思うよ。

イラク戦だけど場所はイランだし。苦手な。勝ち点1でも御の字かも‥


ということでA代表戦ネタ、また3ヶ月後だね。

それまではまたJリーグを中心に、海外組の活躍を応援するよ!




【セルジオ越後】スコアと内容が一致しない「大勝劇」。本田、宇佐美の影が薄くなった

SOCCER DIGEST Web 3/29(水) 6:00配信

タイに4点取れるぐらいのチャンスを与えてしまったのは課題。

[ワールドカップアジア最終予選 7節]日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉スタジアム
 
  最近の日本代表の試合の中では珍しかったんじゃないかな。スコアは4-0だけれど、決して内容は「大勝」と言えるものではなかった。
 
 シュート数はタイのほうが上回った。CKの数も相手が多かった。スコアと内容が一致しない。むしろ、タイにも日本と同じ4点取れるぐらいの決定的なチャンスを与えてしまった。そのあたりは今後に向けた課題になったと思うよ。
 
 もちろん、ワールドカップの最終予選は結果が第一だ。その点では、勝点3を上積みし、得失点差も広げられて、「良かった」と言えるかもしれない。とはいえ、グループ最下位のタイ相手にこれだけミスをしていたことは、さすがに見過ごせない。その点は指摘しておきたい。
 
 決して流れが良くないなか、前半の19分までに香川真司、岡崎慎司と2ゴールを奪い、これで試合の主導権を掴んだはずだった。ところが、これでみんなホッと落ち着いてしまったのかな。そこからつまらないミスが増えて、相手の猛烈なプッシュを受ける形になってしまう。

日本のプレスはかからない。1対1では守り切れず、かわされてしまう。球際も中途半端。セカンドボールも拾えない……。

 結局、相手のゴール前のプレー精度の低さに助けられたけど、決定的なチャンスを作られた。すぐにでもスタッフがそういった「崩されたシーン」を編集して、個々に指摘すべきだろう。「勝てばOK」と表向きでは言っていても、そのあたりのちょっと軽率な守備を改善できないと、このあとの3試合は間違いなく乗り切れないよ。
 
 久保裕也の素晴らしい3点目のゴールが決まっていなかったら、ちょっと先行が不安な展開だった。結局、どんどん相手に押し込まれて、それを跳ね返せなかったから、PKまで与えてしまったわけだからね。川島永嗣のPKストップは見事だったけど、「なぜPKを与えてしまったのか」を、ハリルも、選手も、しっかり突き詰めてほしい。
 
 裏を返せば、タイは日本のお株を奪うような、厳しいプレスを仕掛け、1対1を挑んできていた。せっかくのホームゲームだったのに、相手に手応えを与えてしまったのは、もったいなかったよね。

それに、このUAE、タイとの2連戦は、いずれも似たような展開だったと言えた。相手に助けられた面も多かった。UAE戦でも先にピンチを作られたものの、久保の一発で形勢逆転できた。今回のタイ戦も、久保の3点目が決まって、やっと勝利を確信できた。
 
 この試合に先立ち、オーストラリアはUAEに2-0で勝っている。つまり、UAEはまだ「強豪」と呼べるレベルには至っていないことが改めて証明された。
 
 要するに、日本は今回、グループの下位2チームに連勝した。勝点を取りこぼさなかったのは大切なこと。ただ、だからこそ過信は禁物だよね。勝って当然、とも言える相手だったんだ。
 
 これからはサウジアラビア、オーストラリア、そして日本の「3強」で1、2位のワールドカップ行きのチケットを争う形になる(3位はプレーオフに回る)。
 
 6月8日に、まずオーストラリアとサウジアラビアが対戦する。そのあとの13日に、日本はイラクとアウェー(中立地)で戦う。三つ巴のライバルが潰し合うわけだから、日本は勝点3を奪って、アドバンテージを得たい。
 
 ここで躓いてしまうと、相手に勢いを与えかねないからね。ある意味、6月のイラク戦が、この最終予選の重要なポイントになると言える。

 すなわち、今回2連勝したけれど、日本は決して有利な立場に立ったとは言えない。ライバルは下位チームとの対戦を残しているわけだからね。

できれば、アウェーで迎える9月6日のサウジアラビアとの最終戦の前、8月31日のホームでのオーストラリア戦でワールドカップ出場を決めてしまうことが「理想的」だ。

 もちろん、現状のパフォーマンスを見る限りでは、そこまでシナリオ通りに決着が付くとは思えない。だからこそ痺れる展開が待っているかもしれないが——。

 久保はしっかり結果を残したね。決して派手なことはしないけど、2試合連続で嫌な流れを断ち切る仕事をしたわけだからね。ベルギーリーグでコンスタントに出場し、ゴールにも絡んでいる、やはり「継続こそ力なり」ということを証明した。
 
 だからこそ、本田や宇佐美は影が薄くなった。普段から所属先でレギュラーとして試合に絡めずにいる選手は、90分持たない。最近好調だった香川も、1点目を取るまでは良かったけれど、そのあとのプレーは決して冴えなかった。長友もプレーに切れがなく、最後はPKを与えてしまった。
 
 時代が移り変わっていく、まさに「過渡期」を実感した一戦でもあった。もちろん、岡崎は彼らしいゴールを叩き込んで、史上3人目のA代表50ゴールを達成し、彼らしい意地を見せた。
 
 川島はよく守ったね。ただGKが目立つってことが懸念材料だよね、攻められている証拠だから。

改めて分かったと言えば、本田のこの2試合のパフォーマンスを見る限りでは、国内組の選手を呼ぶべきだということ。「ミランの10番」「経験豊富」「元エース」と本田のニックネームは増える一方だ。そろそろそういったことは終わりにして、早く所属クラブの件の決着をつけて、プレーで真価を示してもらいたいよね。

 それにDF陣では、吉田麻也、森重真人の両CBに、SBの酒井宏樹があと1枚イエローカードをもらうと、次の試合が出場停止になる。そのあたりもタイ戦のパフォーマンスに影響して、より慎重に対応していたのかもしれなかった。ただ、最後にオーストラリア、サウジとの連戦を残しているだけに、彼らが出場停止になった際の対策も考えておきたいね。
 
 6月のイラク戦、ハリルはまた頭を悩ますはずだよ。ヨーロッパの主要リーグはシーズンが終わって、欧州組の選手は一度モチベーションを落としている状況になるからね。移籍を検討している選手たちはなおさら、神経質になっている時期だ。
 
 だから、ハリルにはもっと国内組のプレーぶりを真剣に見てほしいよね。浦和レッズではCBで使われている遠藤航を、今野泰幸に代わるボランチとして緊急招集した。でも結局、起用しなかった。酒井高徳の常に不安そうにしていて、結局ミスを連発したプレーを見ていたら、普通にJで活躍しているボランチを呼べば良かったんじゃないかな? と思ったよ。
 
 レッズの阿部勇樹、川崎フロンターレの中村憲剛、鹿島アントラーズの小笠原満男や永木亮太……。中盤の中央を本職にし続けて、「実績」や「経験」を積んでいる選手は数多いのにね。
 
 何より、この日の日本からは怖さが感じられなかった。そこをJリーグ組もモチベーションにして、「強さ」や「怖さ」を出していってもらいたい。ハリルもそういった面を求めているんじゃないかな。UAE戦で活躍した今野のようにね。

「海外組だから」という理由だけで日本代表に選ばれる時代は、もう終わろうとしているはずだ。
Posted at 2017/03/28 21:57:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー日本代表 | スポーツ

プロフィール

好き嫌いが激しく、趣味・嗜好も人とはかなり違う変わり者。 小心者で警戒心が非常に強い為、人見知りも激しいです。 そんな人間なので誰とでも仲良くは出来ないかと...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

牛乳焼酎単式蒸留 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/29 22:50:34
 
SWEET WATER 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/29 22:42:41
 

お友達

当方からお誘いすることはありません。お友達にお誘い頂く場合は、必ず事前に当ブログカテゴリの『みんカラのスタンス』を読んだ上で判断願います。
17 人のお友達がいます
Rotary-7Rotary-7 * シンボリルドルフシンボリルドルフ
ルシファ@わげねぇ!! S-BOFSルシファ@わげねぇ!! S-BOFS B.KAZU@VAPEB.KAZU@VAPE
サスペンダーサスペンダー marukunmarukun

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ダットサンピックアップ 日産 ダットサンピックアップ
通算15台目の愛車は、初の8ナンバーキャピング車。 平成14年式日産ダットサンピックアッ ...
ホンダ ジャイロ キャノピー ホンダ ジャイロ キャノピー
恐らく2002年式で、2スト・排ガス規制後のモデル。ミニカー登録車。 ピザ屋で酷使され ...
スバル プレオ スバル プレオ
平成13年式のプレオ。グレードはLSでCVTのマイルドチャージ4WD車。 ヤフオクで見 ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
刑事ドラマ『刑事貴族』で舘ひろしさん演じる牧刑事の愛車マスタングをイメージし、デカイ黒の ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.