• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Abyssal Blueのブログ一覧

2017年09月24日 イイね!

芸術の秋,食欲の...

芸術の秋,食欲の...朝夕はめっきり涼しくて,過ごしやすい季節になってきましたね.

そんな中,今日はお友達と,秋の芸術活動に勤しんできました.
宮ヶ瀬でお手軽に陶芸体験ができることを教えてもらい,先月から嬉々として参加させてもらっているものです.



今月のお題は,ランプシェード.



こねこね,くねくね...

頭に描いた想定形を目指して,それを具体化してゆきます.

陶芸の魅力のひとつは,最終的な完成形が直ぐには確認できないところ.
今日の出来栄えの確認も,2ヶ月後のお楽しみです.


芸術活動の後は,イタリアンな味覚活動.

     

秋の味覚を,シカと味わいました.

     

秋ナス,ワタリガニ... 美味しかったですね.


今日,お相手いただいたのは,こちらの素敵紳士と




こちらの素敵女子.



楽しい一日を,ありがとうございました.
また,ご一緒しましょうね.

Posted at 2017/09/24 21:48:52 | コメント(3) | トラックバック(1) | オフ会 | 日記
2017年09月17日 イイね!

大山千枚田で,ヒガンバナと新米と

大山千枚田で,ヒガンバナと新米と連休中は,アクアラインは極力避けたいと思っているのですが,今週は台風&秋雨前線の影響で天候がすぐれないため,人出も少ないと見込んで東京湾横断を目論みました.

本当は昨日出かける予定だったのですが,アクシデント発生のため,本日リベンジです.





目的地は,南総鴨川の大山千枚田です.
千枚田の風景も素晴らしいものがありますが,この季節には新米が収穫されているので,それを味わってしまおうというものです.




収穫前の黄金に輝く千枚田も相当なものがありますが,この時期は,ほとんどの田んぼで収穫は終わっています.
しかし,その後にはヒガンバナが咲き競っていて,十分楽しむことができました.




刈り取った稲穂は,しばらくの間,干しておく必要がありますが,この干し方には地方ごとに特徴があり,その違いを眺めるのも楽しいものです.




滞在中はずっと雨が降り続いていましたが,傘があればなんとかしのげるレベル.

     

雨に濡れるしっとりとしたヒガンバナも,また魅力的ですね.



こんな時でも,片手でも楽に操作できる一眼カメラがあるなんて,イイ時代になったものです.

     

撮影に夢中になっていて困るのは,気がつけば身体もしっぽりと濡れてしまうところですね.

     



ひとしきり撮影を終えて,棚田脇のカフェ「ごんべい」に向かいます.



献立はいくつかありますが,ここは新米の素性をダイレクトに楽しむために,おにぎり定食をチョイス.

     

味噌汁などの付け合わせも,お米を際立たせるのに,イイ仕事をしています.
今や多くの食材がありますが,日本人を力づけるのは,やっぱりお米ですね!

ごちそうさまでした.


と言いつつ,帰りの道の駅保田で,びわのパンケーキを♪




また来年も,楽しめますように.





<おまけ>

この案山子じゃ,人間が近づけません!


Posted at 2017/09/17 21:39:44 | コメント(5) | トラックバック(0) | お出かけ | 日記
2017年09月16日 イイね!

バッテリ交換はお早めに

バッテリ交換はお早めにさて,雨がひどくならないうちに出発しなきゃ,
と,車に乗り込みキーをひねったのですが...


いつものクランキング音が聞こえません.
その代わりに「ピッ」と電子音とともに,色とりどりな警告マークが表示されました.




最初は点灯確認のために全てのマークが表示されているのだろう,
などと思ったのですが,よく見るとABSやオイル量の警告メッセージ灯は消えてます.


こうなると,中央に燦然と輝く「STOP」の文字が大きくのしかかってきます.
「積車」の二文字が頭の中を渦巻く中,警告マークを順にみてゆくことにしました.


... ESPの異常
... パーキングブレーキの障害

といった原因を想像しながらさらにマークを見てゆくと...

ん,バッテリマークも点灯?
ひょっとして電圧不足か?!


祈る気持ちで,隣に駐車中のR2のバッテリからジャンピングしてキーをひねると,数秒のクランキングの後,

ブルルルォォォン!!!

無事,復活しました.

最近のバッテリは,寿命を迎えてもほとんど予兆は無い,というのは聞いてはいたのですが,実際に我が身に降りかかると焦ります.
先週末までは,元気一杯に動いてくれていたのですけどね.

電圧不足により,各種のセンサが異常状態と認識して種々の警告メッセージを表示していたようです.


とにかくエンジンがかかったのでこれで一安心と,クルマを動かそうとしたのですが,

パーキングブレーキが解除できません!


そう,電圧不足でのエラー状態がリセットされていないため,パーキングブレーキが解除できなくなっていたのです.
機械式サイドブレーキだったらエンジンがかかった時点で一件落着のはずですが,電子機器の塊と化した最近のクルマは,一筋縄ではゆきませんね.

「やっぱり積車か?」

と思いつつ,マイディーラのコンセイエ,Kさんにヘルプコールの結果,エンジンの再起動によってエラーはリセットされ,パーキングブレーキも無事に解除されたのでした.
めでたし,めでたし.

せっかく動き始めたエンジンを止めてしまうと再び始動不可状態に陥る恐れもあったのですが,近くに正常なバッテリ(R2)があることを確認した上で,Kさんからは再始動のアドバイスをいただきました.

「Kさん,おかげさまで積車を呼ばずに済みました!m(_ _)m」



こんなバッテリで走り続けるのは無謀なので,他のエラーチェックも兼ねて,ディーラにてバッテリ交換をお願いしました.
もともと次回車検(今年の12月)での交換を予定していたので,それが3ヶ月早まったと思えばダメージは小さいのですが,最近のバッテリの保証は2年,もしくは3万キロなのだそうですね.

前回のバッテリ交換からは,5万キロ近く走ってました.
そういえば最近,エンジン始動時のクランキングがいつもより少し長いかなと思ったことが何度かありました.

最近のバッテリは,このようなわずかな予兆も見逃さない注意力が必要のようです.
皆さんも,お気をつけくださいね.
Posted at 2017/09/16 23:52:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 自動車 | クルマ
2017年09月09日 イイね!

あなたと越えたい♪

あなたと越えたい♪今日ご紹介するのは,天城峠です.

伊豆半島の北部から半島中央を通って下田に抜ける下田街道の,かつての最大の難所が,天城峠でした.
その峠を貫くトンネルが開通したのは明治38年.
日本初の石造りのトンネルであり,現存する石造りのトンネルでは日本最長だそうです.



現在の下田街道,国道414号線の新天城トンネルの修善寺側,下田側双方の入り口の手前に,旧天城トンネルへの道が分岐しています.
少し狭い道なのでクルマでの通行を躊躇しそうですが,トンネルを含め,旧道全線を通行することはできます.
ただし,下田側の入り口からの数百メートル以外は全線未舗装路であり,ところどころに深い轍もあるので,車高を落としていらっしゃる方は,要注意です.




正しくは,「天城山隧道」と呼ぶそうです.



まさに「隧道」と呼ぶにふさわしい風格ですね.



この隧道,左右には真っ直ぐなのですが途中で山なりになっているため,クルマで進入する際には,ライトだけでなく,エンジン音でも対向車の確認をする必要があります.




苔むした石が,時代を感じさせます.



クルマで通過するだけではもったいないので,歩いてみましょう.
ひんやりした空気が,心地良く吹き抜けます.



まるでワインセラーのような石造りが,趣がありますね.




おっと,クルマが通過してゆきますが,それなりに道幅はあるので大丈夫.



全長450メートルほどだそうですが,石壁を観察したり写真を撮ったりしながらだと,距離を感じさせません.

     


往復で1キロ弱の散歩ですが,ずっと運転席に座っていた身体にはちょうどイイ気分転換になりました.




往復の間,何人かのハイカーの方とはすれ違いましたが,遭遇したクルマは,乗用車が2台とバイクが1台のみでした.



ハイキングの皆さんは国道から歩いて登っていらっしゃったようですが,普通に歩いても20〜30分程度で峠にたどり着くのだそうです.
峠と見るとクルマで乗り入れてしまう性分を,少しは改めるべきでしょうか(滝汗




正直なところ,峠道のドライブを楽しむには,未舗装路であることやハイカーの方が多くいらっしゃることから,積極的にお勧めはできませんが,トンネル自体は一度見学しておいて損はしないと思います.
トンネルの入り口付近には数台ですが駐車スペースもある(修善寺側にはトイレもあり)ので,クルマを置いて峠付近をのんびり散策するのも良いのではないでしょうか.

さあ皆さんも,
Let's 天城越え!

     
Posted at 2017/09/09 21:28:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | お出かけ | 旅行/地域
2017年09月03日 イイね!

笹子峠へ

笹子峠へ険道を楽しんだ後に向かった先は... ?

中央道,国道,JRのトンネルが集中している,笹子峠に向かいました.
と言っても普通に中央道やR20のトンネルを通っても面白みが無いので,旧国道の峠越えに挑戦です.





今でこそ県道212号線となっていますが,かつての甲州街道がこの道です.
そのため,峠道と言っても比較的,走りやすい道だと思っています.

走りやすい理由は,先に紹介した険道(鶯宿峠)と同様,誰でも自分のペースで走ることが可能というところです.
具体的には,

・他のクルマが少ない
 今回走った12kmほどの区間で,すれ違ったクルマは2台.
・道幅が確保されている
 ほとんどの区間で2車線が確保されており,他のクルマをやり過ごしやすい.
 パピューンな方にも,譲りスペースが多めです.
・路面が酷くない
 全区間舗装され,落ち葉,落石も少なめ.

そんなわけで,この旧街道もクネクネ道入門として,お勧めできる道だと思います.


今回は,勝沼側から上ってみました.



全線,道幅が確保された足柄峠といった趣で,楽しめます.
道路脇に1kmごとに距離表示が設置されているのも,走りのペースの目安になるのではないでしょうか.

しばらく走っていると次第にペースが上がり気味になるかもしれませんが,

     

並行して遊歩道もあるため,時々ハイカーの方が車道を横断されることもあります.
細心の注意を払って,進みましょう.


峠部分では旧笹子トンネルがお出迎え.

     

トンネルの入り口(出口?)付近には駐車スペースもあるので,ここで一息入れて付近を散策するのもイイでしょう.
ただし,自然界にお邪魔させていただいていることも,お忘れなく.

     

当日も,スズメバチが頭上を通過して行きました.


トンネル自体は数百メートルですが,照明が全く無いため,徒歩で通るには相当な度胸と覚悟が必要です.

     

僕にそんな根性は無いので,クルマでGo!



ただしこの通り,離合できるだけの道幅は無いので,先行車の有無確認は絶対です.

トンネルを抜けた先の大月側は,こんな感じ.



こちらの方が,写真映えはありそうです.


この先も同じような道を下りてゆきますが,途中には「矢立の杉」と呼ばれる名所もあります.
走りに夢中になっていると止まるのも惜しいと思われるかもしれないので,少しだけ紹介.

     

昔の武将がここを通るたびに,戦勝祈願も兼ねて,この杉の木に矢を放ったのだとか.
その雄大さは,見ておいて損はしないでしょう.

ただその脇で祀られていた両面地蔵は,ちょっと引いてしまうかも.

     


そんな感じで,12kmの楽しい峠ドライブも終了です.
勝沼側,大月側双方の登り口に橋があるというのも,気合いを入れるのに丁度良いアクセントになるかもしれませんね.








え,笹子トンネルって心霊スポットですって?!

うーん,特にそんな感じは無かったですね.
カメラの絞り機構が動かなくなって,常に露出オーバーになった以外は...

((((;゚Д゚)))))))
Posted at 2017/09/03 08:36:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | お出かけ | 旅行/地域

プロフィール

「たばこ祭りは,毎年秋分の日あたりですよ.フィナーレの花火は,毎年楽しみにしています.@Koukou 」
何シテル?   09/24 22:06
自分自身を語るのは苦手なので,私の好きな本で,性格を判断してみてください. 「隠された十字架」 梅原猛 「怖い絵」 中野京子 「今そこにある危機」 T...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

険道へのお誘い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/26 23:23:19

お友達

色々、情報交換しましょう!
70 人のお友達がいます
kiku‐kiku‐ * 気が付いたらプジョー気が付いたらプジョー *
kazkaz * なお5∞8なお5∞8
やまちゃん@8148やまちゃん@8148 PAXPAX

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 3008 レクター博士 (プジョー 3008)
FABナンバーによると、2010年9月28日(火)生まれの天秤座です。 「協調性があり、 ...
スバル R2 ア〜ルちゃん (スバル R2)
2005年4月購入. 右も左も画一的な軽自動車が横行する中で,車好きの心をくすぐる秀逸な ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.