• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Abyssal Blueのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

上総国 一ノ宮訪問

上総国 一ノ宮訪問夏休みの期間はアクアラインは極力避けていたのですが,今日は関東は全般的な曇天.

海へ向かう方も少ないと目論んで,千葉を目指しました.


目的地は,旧上総国の一ノ宮,玉前神社です.



玉前神社には5年前にもお参りしたのですが,当時は本殿改修工事の真っ最中で,あいにく本殿を拝むことができませんでした.
その工事が完了したと聞いたので,再挑戦です.


先月末の夏越大祓の際には結構な賑わいだったのでしょうが,それも終わって境内は比較的ひっそりとしていました.

駐車場からは,境内の側面へショートカットする参道にもアクセスできるのですが,やはりここは,表参道からお参りするのが基本でしょう.

     

ただ,表参道からお参りしようとすると,面白い経路を辿ることになります.



一の鳥居をくぐると,微妙な右コーナー(?)

     

さらにその先で直角に右折して,



拝殿にたどり着きます.



一説ではこのような参道の構造は,本殿に祀られている神様が一直線に外に出られないようにするための,一種の結界だとか.

そこまでして結界の中に留まってほしい神様って,どういう性格の神様なのでしょうか.

     

玉前神社の主祭神はタマヨリヒメとされていますが,彼女(?)は結構複雑な親族関係を持っています.




天津国から地上に降臨したニニギ(アマテラスの孫)は,国津神の娘であるコノハナサクヤヒメを娶りますが,生まれた息子の出生をニニギに疑われたために,コノハナサクヤヒメは富士山にこもってしまいます(浅間神社).



この出生を疑われた息子(一般には,ヤマサチヒコとして知られています.)の妻となったのが,タマヨリヒメの姉神である,トヨタマヒメです.
このトヨタマヒメタもヤマサチヒコとの間に息子をもうけるのですが,出産の現場を夫に見られたために,彼女も育児を放棄してしまいます.
このため,妹神であるタマヨリヒメが甥の育児係となるのですが,後にはその妻となり,さらに,後の神武天皇となる息子を生むことになります.

     

まるで昼ドラのようなドロドロした世界ですが,古事記や日本書紀には,この手の話が満載.
どうです,興味湧いたでしょ?(無理?


お参りの際には,このような神様の事情を考えることも重要だと思います.




ちなみにこの玉前神社のはるか真西には,出雲大社でオオクニヌシが祀られています.
オオクニヌシはニニギに話し合いで国を譲ったとされていますが,実際は国土を略奪されて大怨霊になったとも考えられています.
とすると,ここ玉前神社に祀られている神様は... ?

     


妄想はその程度にしておいて,お参りです.

     

改修直後なだけに,美しさもひときわです.



黒塗りの権現造という珍しい構造ですが,艶のある漆黒の社殿って香取神宮と同じく,見れば見るほど味わいがあります.

     

前回の訪問時は運が悪かったと嘆いたものですが,こうして修復したての美しい建物を見てみると,いい時に生まれたものだ,なんて思ってしまいます(笑

     


5年来の願望が,ようやく成就しました.




千葉にはまだまだ面白そうな神社がいっぱい,これからも楽しませていただきます!

Posted at 2017/07/23 20:28:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | 寺社巡り | 趣味
2017年07月19日 イイね!

ウルトラセブンとISUZU

ウルトラセブンとISUZU前回のTVKウルトラセブンは,「700キロを突っ走れ!」でした.

地球防衛軍が開発した新兵器スパイナーを,ラリーレースに紛れて運搬しようというのが前半のストーリィですが,ここに登場したのが,いすゞのベレットGT(通称ベレG)です.




日本の乗用車で,初めてGTを名乗ったのは,このクルマだそうです.

  

1トンを切る軽量ボディに100馬力近いエンジンを載せ,四輪独立懸架,ディスクブレーキの採用と,ラリーには最適な一台と言えるでしょう.
先日のスットコドッコイなペアによるラリーにはブルーバードが登場していましたが,子供向けの特撮番組にしては鋭い選択.
クルマオタクが制作スタッフに紛れていたのでしょうね.

このベレG,一部では「和製アルファロメオ」などと呼ばれていたそうですが,その流麗なデザインを見ると納得です.

   
   http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/tanoshimu/car_061207.html

「ベレット」の名前は,当時のいすゞ乗用車の上級モデル「ベレル」の小型版を意味するらしいのですが,これもアルファロメオの「ジュリエッタ」「ジュリア」の名前の関係を連想させます.

また,荒井由実時代のユーミンの曲「COBALT HOUR」には「海の匂いの冷たい風が 白いベレG包み始める」として登場しています.
ユーミンは運転免許をお持ちではなく,クルマに関してもあまりご存知ではないと聞いたことがありますが,
(ご自宅に搬入されたポルシェを指して「このクルマは何でしょう?」と問う松任谷正隆さんに「トヨタ?」と答えたとか)
この歌詞には,未来の旦那様の影響があったのかもしれませんね.

はいそこ,「♪ベンツにグロリア寝ころんで,ベレットするなよヒルマンから」なんて歌わない(誰も知らんがな


ベレットには,さらにレース向けのチューニングが施されたモデル,typeRが存在しますが,これはスカイラインに先んじて「GT-R」を名乗った,歴史的なモデルとも言えるでしょう.

   
   http://blog.livedoor.jp/ahiru_man/archives/1008864565.html


このような華々しい歴史を持ついすゞですが,今では乗用車を作っていないというのは,ちょっぴり寂しいものがありますね.

ちなみに,同じ回に登場するジープタイプのこのクルマは,

  

同じくいすゞの,ユニキャブです.
見た目はヘビーデューティなSUVですが,意外なことに四輪駆動ではなく後二輪駆動です.
最近は,このようなナンチャッテSUVアーバンSUVが多く見られますが,こんな分野でも,いすゞは時代の先端を走っていたようですね(笑
Posted at 2017/07/19 22:32:57 | コメント(7) | トラックバック(0) | 自動車 | クルマ
2017年07月17日 イイね!

箱根で楽しむガラスと紫陽花

箱根で楽しむガラスと紫陽花昨日に引き続き,今日も猛暑の予感.

暑さに鈍くなった老体をいたわる意味からも,涼を求めて出かけました.


うちでは,暑い時の箱根頼みとの格言もある通り(?),迷った時はとりあえず箱根の山を目指します.
目的地は,箱根ガラスの森美術館です.






当然,箱根自体も十分に涼しいのですが,ガラスの工芸作品を眺めていると,いちだんと心身が休まります.



2017年の特別企画展として現在「ヴェネチアン・グラス二千年の旅展」が開催されています.

     

今から二千年前の古代ローマの時代に,すでにこれだけのガラス製法が確立されていたことに,驚きます.

     

現代の作品では,作家が意図した色彩が表現されることが多いですが,当時のガラスでは偶然の要素が介入する余地が多く,その結果としてひとつとして同じものは存在しません.



そんな自然の作品を眺めていると,深いため息以外,発する言葉もありませんでした.

     

館内ではガラス製の楽器によるコンサートも開催されていて,目でも耳でもヴェネチアン・グラスを楽しめました.

     


館内を楽しんだ後は,屋外でもお楽しみが待っていました.
美術館の庭園では,紫陽花が見頃を迎えています.



4,000株以上の紫陽花が,色とりどりに咲き誇っていました.



それぞれの紫陽花に説明があって,「アジサイ」以外に説明の仕方を知らない私は助かりました.

     

     

     

     

     

     



おっと,お取り込み中を失礼!



また,世界中でここでしか見ることができない,一年中楽しめる紫陽花もあります.



クリスタル・ガラスの紫陽花「オルテンシア」だそうです.




数時間の滞在でしたが,下界の猛暑を忘れて存分にリフレッシュできました.
うーん,満足満足!

     


<おまけ>

函南の道の駅で一息ついているところで,レア車同士のニアミス発生!

     
Posted at 2017/07/17 22:48:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | お出かけ | 趣味
2017年07月16日 イイね!

暑ぃ〜

暑ぃ〜関東はもう梅雨明け?
ってな感じの天気が続きますね.

歳とってくると暑さに鈍感になって脱水症状にも陥りやすい,と聞いたので,我慢するのはあきらめて猛暑の地元を脱出しました.

エアコンの効いたクルマで少し長めのドライブだけでも十分に避暑になりますが.せっかくなので夏らしいものを味わってきました.



本当はこちらのお店希望なのですが,残念ながらこの時期は数時間待ちは必至なので,イラチな私は他のお店に涼を求めました.

お店に入ると,接客スタッフのココロちゃんがお出迎え.

     

そして目的の逸品は...

じゃん!

     

このイチゴの他にも,レモンや黒糖など,丁寧に作られた自家製ソースには,お店のこだわりが感じられます.
巷では天然氷の頭が痛くならないかき氷が評判になっていますが,従来の氷で頭をキンキンにしながらいただく氷も,季節感満点でイイですね.

土用の丑の日の,鰻のお供にいかがでしょうか?



のんびりくつろいだ後,伊豆山中で鹿狩りにご執心な方を捕獲しながら,帰宅しました.
少しはリフレッシュできたかな.

  
Posted at 2017/07/16 21:15:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | お出かけ | 旅行/地域
2017年06月20日 イイね!

ウルトラ3008?

ウルトラ3008?今回のTVKウルトラセブンは,「北へ還れ!」でした.

この回の脚本はテレビのコメンテータとしても活躍されている市川森一さんで,この作品もハンカチが手放せない感動の一編でしたが,みんカラ的には話の中身よりも,もっと語ることがありました.




カナン星人に操られたウルトラホーク3号救援のために,モロボシダンが操縦するウルトラホーク1号が出撃します.
しかし思わぬところから攻撃を受けたホーク1号,カナン星人の攻撃を避けるために,急速旋回!!

ダン隊員,パチパチパチッとスイッチ群を素早く弾きます.



普通そこは操縦桿だろ!
というツッコミがあるかもしれませんが,男の子には,このスイッチ操作がたまらないのです.
さすがは特撮の円谷プロ,分かってますね.

で,このウルトラホーク1号の操縦系統が,50年後の現代に見事に蘇っているのは,ご承知の通りです.


(笑

今も昔も,男の子はこの手の仕掛けに弱いのです.
実用性? 何それ,おいしいの?

3008に乗っていると,これらのスイッチを無意味に操作したくなることがあるのですが,せいぜいハザードスイッチ程度で,ほとんど出番はありません.

ここはやはり,液晶パネルでの操作はやめて,物理スイッチの復権を望みたいものです(結構本気




ところで今回登場のカナン星人,



「また一機,地球防衛軍のパトロール機が近づいている」
「北極はいまや,我らカナン星人のものだということを思い知らせてやる」
なんて会話してますが,この声は...

やはり,方向音痴なのにラリーに出場するのは無謀と悟って,宇宙人に転職したのかな?(爆


声といえば,この回の冒頭に登場したフルハシ隊員の妹さん,
タイガーマスクのルリ子先生じゃないですか?!
いやぁ,おじさんにはいつも以上にたまらない回でした.
Posted at 2017/06/20 22:25:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車 | クルマ

プロフィール

「毒浴びまくり^^;;; SJsの♡に騙されたらあきまへんで! でも何,この見事な連携コメント.笑ろてしもたやないけ.@Abyssal Blue 」
何シテル?   07/26 20:26
自分自身を語るのは苦手なので,私の好きな本で,性格を判断してみてください. 「隠された十字架」 梅原猛 「怖い絵」 中野京子 「今そこにある危機」 T...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

色々、情報交換しましょう!
70 人のお友達がいます
Mr.P(ポンポコ)Mr.P(ポンポコ) * 虎之助 in 熊猫溺泉虎之助 in 熊猫溺泉
yorikunyorikun WhiteTigerWhiteTiger
KoukouKoukou 気が付いたらプジョー気が付いたらプジョー

ファン

21 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 3008 レクター博士 (プジョー 3008)
FABナンバーによると、2010年9月28日(火)生まれの天秤座です。 「協調性があり、 ...
スバル R2 ア〜ルちゃん (スバル R2)
2005年4月購入. 右も左も画一的な軽自動車が横行する中で,車好きの心をくすぐる秀逸な ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.