車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
走:加速
攻:コーナリング
守:ブレーキング
を車の運転に例えるとこんな感じでしょうか (^_^)b

i-DMとG-Bowlに出会ってから、普段の運転でも上記の3要素の荷重移動と、発生するGの大きさをきちんと意識をするようになりました。

それより前のGの動きはこんな感じでした(;゚;ж;゚; )


家族のためを思って減速の立ち上がりは緩慢な一方、横Gが強いほど車の運転がうまいと勘違いして弱い減速Gを倍返しするほどムダに強いG・・・

腰を抜かすほどひどい運転です(-_-;)
どこが家族思いの運転じゃ?

そんなだから、運転を見直した後、子供にこんなことを言われたわけです。

運転見直しの後は、ブレーキの立ち上げで青1をひたすら意識し、街中では0.2~0.3Gに収めるように心がけ、ターンインでも荷重移動を意識しています。
正しい荷重移動かどうかを判断するツールとして、i-DMは非常に役に立つと思っています。

このようなことを意識するようになって以来、ムダにアクセルをベタ踏みで加速したり、強いブレーキをかけたり、やたらと強い横Gをかけることは非常に減りました。

前は、普段の運転は単にGの強さだけしか刺激がない退屈なものでしたが、荷重移動を弱いGであっても意識することで、退屈な時間から非常に難しい挑戦的な時間に変わりました。
強いGで普段の運転に刺激やストレス解消を求めていたように思います。

荷重移動をマスターするのはものすごく時間がかかり、まだまだ飽きがきませんが、0ー100を5秒切るような加速は、すぐに慣れて飽きてしまった経験があります。それくらい荷重移動は難しくて面白いものだということでしょう!

加速に刺激を求める割合が下がった結果、ムダにアクセルを強く踏んで加速させるという頻度が減り、前よりも燃費がよくなるという思わぬ恩恵もありました。

また、ワインディングに対する意識も変わりました。ワインディングを楽しむと言えば、サーキットのように走るわけにはいきません。なので、ヌルいハイペースでコーナーを適当に走り抜けることだと思っていました。

コーナーを飛ばす、イコールタイヤのグリップを使えている俺って上手という勘違いwをしていました。

しかし、それはタイヤグリップの楽勝の範囲内wであり、どんなヘタクソな操作でも受け入れてくれるため、運転の上達には大してつながりません。否、ほとんどつながらないの方が正しいか。
慣れれば誰でもソコソコハイペースで走れるものであり、田舎のおばちゃんが運転する地元の軽トラがかなりのハイペースで走っていることに、それがよく現れていますw
地元の利によるコース攻略の習熟度の恩恵と言うやつです。

しかし、きちんとした荷重移動の操作でGを揃えるとなると、別にスピードを出さなくても、とても難しい練習コースになりますし、スピードを出す必要もなくなります。安全性や社会性を損なわずに運転が上達できるなんて、そうそうあるもんじゃありませんwスピードを大して出さないとなると、加速性能がどうでもよくなってきますw

最近では、適当にワインディングを飛ばすだけでは面白くなくなってしまい、上達にもつながらないので、単にワインディングを走ることへの関心はかなり低下してしまいました。かといって、目的意識をもって練習するとなると長い時間を走りたくなるので、なかなかその時間をとれず、結果的にワインディングを走る機会は激減してしまいました。


このように、普段の運転で加速以外で運転の刺激が増したり、サーキットを走ってタイムに一喜一憂することもなくなってきているので、カタログスペックがどうでもよくなってきますw

馬力よりも車体の軽さやブレーキのリニア感、ハンドリングの一体感、エンジンのレスポンスといった、数値に出てこない要素をかなり重要視するようになって来たのを、自分自身感じています。200馬力なきゃ嫌だ、みたいなことがなくなってきているので、将来新しい車を選ぶときの選択肢がぐっと増えた気がしますが、きちんと車の本質を見極められないと、こんなはずじゃなかった(;´Д⊂)になりそうでちょっと恐ろしいですw

ハイパワーバージョンのマツダスピードはマツダ自ら否定していますが、個人的には納得できるところが大きいです。
もしマツダスピードバージョンが出るならば、パワーはノーマルからそれほど変わらなくても良いので100kg以上の軽量化と、ブレーキをブレンボ等にして強化し、ブッシュも強化してダイレクト感を増すようなマニアックな仕様変更を伴うものだったら、私は喜んで買います。でも、こんな分かりにくい商品じゃ売れないでしょうから、出ないでしょうね( ;´・ω・`)
Posted at 2017/03/22 19:27:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年03月19日 イイね!
行き付けのディーラーさんが漸くCX-5の試乗対応が一息ついたようなので、XDに試乗してみました。




Lパッケージではない普通のグレードですが、内装のクオリティがかなり良くて驚きました。
ハンドルの革の質感が私のアクセラ対比かなり良いのと、BOSEの音質が良いのがとても羨ましいです。
特に、ハンドルの質感は全然違っており、常に肌に触れるところなので、満足感に繋がると思います。
まぁ、今度のボーナスでAUTOEXEのハンドルに交換するつもりなのでもう少しの我慢ですが。

走り出しての最初の感想は、とにかく静かです。ディーラーの近所の道は舗装の関係なのか、私のアクセラではかなりロードノイズが響くのですが、CX-5はそれと比べると遥かに静かでした。そして剛性感があり、変な振動も少なく、安楽です。

見切りが非常によく、始めて運転したにもかかわらず、図体を感じずに運転ができます。これはアテンザでも同じことを思ったことがあり、うちの嫁さんもアクセラの見切りが良いので運転しやすいと言っていることから、ダッシュボードのデザインや、ピラーの位置が良いのかも知れません。
こういう細かい点も、運転を積極的に楽しむには意外と重要ですよね。

そして、交差点ではない90度コーナーがあり、たぶん0.3~0.4G程度の速度で曲がったところ、重さをほとんど感じさせず、アクセラと同じような感覚で運転ができました。一番重たいXDなのに、これは驚きです(o゚Д゚ノ)ノ
以前、プチオフでpoyoyon2さんのCX-5に乗せていただいたことがあり、そのときも見た目裏腹に運転がしやすく、コーナーが結構楽しいのがビックリしましたが、新型もそれは継承されているようです。

最近のマツダ車は、ロードスターを含めてもどの車種を運転しても同じ感覚で運転できるのが、とても良いです。
なんかのアクセラの車レビューで、「前に乗っていたNAロードスターと同じ感覚」という記述を見たことがあるのですが、NAを元祖に車作りを徹底しているということなんでしょう。イイですね!

ディーゼルのカラカラ音は、「ディーゼルとはメカニカル的にそういうもんでしょ」という先入観を私が持っているためなのか、発進の時は確かに聞こえますが、全く気になりませんでした。巡航速度では聞こえないので、高速道路主体のユーザーならば取るに足らないのではないでしょうか。


この値段でこのクオリティは、コスパ高すぎです


価格帯がもう少し上になる次のアテンザはどうなることやら。超期待です。
しかし、開発者達のプレッシャーは半端なさそうで、ちょっとかわいそうかも。

一点不満というか、もう少し頑張ってほしかったのはブレーキでした。
私のアクセラが社外に交換しているのも影響してますが、効きが少し弱い感じがするのと、ブレーキのタッチというか剛性感は、先日試乗したA3の方が優れていると思います。A3と比べると、若干スポンジーです。
ブレーキはやっぱり母国での速度域が高いドイツ車のクオリティが高いです。

2000kmも走った個体だったので、ならしは充分のはずですから、やはりブレーキシステム全体のことなんでしょう。なんだかんだ言っても、コストの問題かな。ブレーキはコストを維持して質を上げるのが難しいパーツなのでしょうか?CX-5単体でみれば問題はないのですが、競合せざるを得ないドイツ車と比べると、やっぱり気になりました。

効きに関してはブレーキパッドを交換してしまえば一発で解決する問題ですが、私がアクセラで持つほぼ唯一の不満がブレーキの剛性感なので、さらなる進化を期待したいところです。
なお、街乗りが多いユーザーからすれば、コストを上げて良いブレーキを奢ってもオーバークオリティになり、無駄なユーザー負担になるので、不満がある人はパッドを2~3万円出して交換してください、さらに不満がある人は30万円くらい出してブレーキシステム自体を変えちゃってください、ということで、あえてこういう形で生産車の仕様を決めているのかもしれません。

いずれにせよ、デザインも良いですし、何よりも運転がしやすく楽しいので、こういうSUVを欲している人からすれば買って失敗ということがない、良い選択だと思います。

次期アテンザやアクセラが本当に楽しみですが、本当に開発者がお気の毒です。

Posted at 2017/03/20 07:09:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年03月13日 イイね!
この記事は、【終了報告】Be a driver.なオフミ2017 開幕戦 について書いています。


昨日Be a Driverなオフミに参加してきました!

今回は、昨年12月3日のオフミ以降の走行距離が2000kmと、いつも以上に練習していなかったので、5、6位に入れりゃ良いやとムシが良いことを考えていましたが、結果は8位でした。
練習していなかったので、結果はこんなもんでしょう。まあまあ納得はしています、て言うか上出来です。

ただし、ベストを出した6回目が意図せず速度のペナルティーをうけてしまったのは超悔しいw(下り坂でエンブレだけでは足りなかった。コース攻略の問題ですね)


スコアが5回目、6回目で尻上がりになり始め、最後の7回目は、コース攻略ができてきたのか、それまでのベストの6回目よりも遥かにスムーズに走れて制限Gもかなり使え、ペナルティーの5点も含めれば、それまでのベスト対比8~9点は更新できていたはずですが、呪いのコーナーでのバイク転倒により中断となったのが、超残念でした。
ちなみに、そのコーナーでは、一日で3回もバイクが転倒していました((((;゜Д゜)))
絶対に何かが棲んでいる・・・

ワインディングは昨年10月のプチオフ以来とほぼ半年ぶりだったので、いまいち勝手がつかめません。コースに合わせていちいち操作が世話しないためか、せっかくブレーキの踏み込みで青1をつけてもペダルリリースが速すぎて白をよく食らっていましたし、アクセルも速すぎるリリースでかなり白を食らっていました。
これは、大きな課題だな。

ワインディングを走るのは、2回のオフミを入れても昨年は4~5回、今年は今回のオフミが初ワインディングと、さすがに走らなさすぎ。走る回数的には、サンデードライバーで運転に興味のなく、家族を乗せて旅行で仕方なく山道を運転する人並みでしょう。


時間があれば走るのですが、近い所で住居から2時間近くかかるので、一日を完全にそのために潰す形になります。
ゴルフ月一ペースでやっており、月に週末を二日も空けると子供からのクレームが半端なく、なかなか時間が取れないので、子供が小学校高学年程度にならない限りは、練習不足は解消されそうもありません。
お父さんがいなくてクレームなんて今のうちだけですしねぇ(そのうち、いるとクレームになったりして(爆))

上位ランカーの方々はそれこそ練習の鬼なほど、練習しています。やっぱり練習は嘘をつきません。
なので、私はこれから以下のように名乗ります

練習不足の鬼
とても弱そうな鬼です。
それにしても、今のままでは新しく参加する人や、練習熱心な人に抜かれてランクは右肩下がりになりそうですが、参加することに意義があると思い、引き続き参加していきます。

何はさておき、皆様、お疲れ様でした!
特にスコア集計で一日中大忙しだったタッチ_さん、本当にありがとうございました!
Posted at 2017/03/13 08:22:29 | コメント(9) | トラックバック(0) | オフミ情報 | クルマ
2017年02月24日 イイね!
先日マイナーチェンジでフェイスリフトされた、アウディのA3を試乗してみました。


(ネットより画像を拝借)

顔は、小さなA4という印象を持ちます。

目的は、ジャーマンスリーのCセグメントの最新車がどんなもんなのか、実際に試してみたかったというのがありました。

アクセラと比べて優っているのが、静粛性です。遮音材がたくさんついているためなのか、ロードノイズが明らかに小さいです。最新のアテンザと同じくらいのイメージかな。
タイヤのグレード差も効いていると思います。
しかし、私の今のアクセラは20000km近く走っているタイヤなので、タイヤが新品というのもかなり影響していそうです。
個人的な趣味としては必ずしも静かだったら良いとは思いませんが、長距離移動が楽なのは間違いないです。

そして、文句なくアクセラを大きく上回っていたのは、ブレーキです。

ブレーキの剛性感はかなりのもので、踏力にリニアに反応してくれます。もしi-DMがついていたら、おそらく青1がバシバシついていたと思います。
このブレーキは正直羨ましいと思いました。このしっかりとしたブレーキがあるだけで、剛性が強いと思ってしまいそうです。

一方、ボデー剛性云々は、試乗コースではそれほど飛ばすことができなかったので、アクセラとそれほど変わる感はありませんでした。というか、私では多分違いがわからないと思います(;^∀^)
て言うか、街中の速度域とGでわかるほどに、こんにゃくみたいなヤワなボデーを持つ車って、きょうびあるんでしょうか(・_・?)

なお、Sラインパッケージでハンドルが結構良いものが付いていたためか、質感が非常に良く、なおかつ足がやや固めで街中の速度域ではそれほどロールせず、タイヤの縦剛性もそれなりに強いためか、剛性感というか、しっかり感をとても感じました。

といっても、ハンドリングはそんなに差を感じませんでした。
アクセラもA3もかなり高いレベルだと思います。
やはり車重がものを言うのか、コーナーはアクセラ≒A3>M135iという感じがします。


そして、コーナーでおそらく青1がつくであろう操作をしてターンインしたところ、A3もエラく人馬一体感があるのです。
少しハンドルを切ってスリップアングルをつけて、ヨーが立ち上がり始めてサスがロールしていくに従ってハンドルを更に切り込むといういつもの操作をしたところ、


超気持ちが良い



のです。

これは、アクセラと同程度の1320kgの車重も効いてそうですが、正しい操作はマツダ車に限らず、車の操作を楽しくする要因のように感じます。

ドイツ車の走行性能は間違いなく高く、グリップ限界に近付けない、拙いドライバーの正しくない操作を車がねじ伏せるだけの性能を持っています。低スキルでもうまく走れるということなのでしょうが、正しい操作をすれば、高性能車はこれほどまで応えてくれるものなのかと、感心しました。

なお、加速は中間トルクはアクセラ20Sとそれほど変わりませんが、高回転域では排気量と馬力の差を明確に感じ、20Sの方が上でした。

A3は大変良くできていて、エンジンをガンガン回すような運転をしない人であれば1.4Lでも中間トルクがあるので不満をもつことはないと思います。さすが、良くできています。A4が高すぎるのでA3に流れているという話を聞きましたが、納得です。

しかし、これをもって私が買い換えることはないですが、タイヤを交換したい思いがさらに強まりました。

そして、手に直接触れる部分であるハンドルも交換して、質感アップをさせたいとも思います。

Posted at 2017/02/24 08:27:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
2017年02月22日 イイね!
現在、とあることを企んでおりまして、週末にディーラーに行って、i-DMが搭載されている前の型のデミオがどのグレードなのかを質問していました。

私「前の型デミオはどのグレードからi-DMがついているんでしょうか?」

セールス氏「i-DM ?? あー、あのメーターの右側の方でくピコピコ光るやつですね。SKYACTIVモデルだったらついてますよ。」

私「ありがとうございます!(;^∀^)」

セールス氏「あれがついてないとダメなんでしょうか」

私「そんな私はヘンなんでしょうか」


セールス氏「あれって何ができるんですかね?」


私「まぁ、ちょっとね」











白がデフォルトなのね。

セールスからすると、i-DMは営業には全然関係が無さそうです。
むしろ、エコランプの方が営業トークには役立つよ、位に思っているのかも知れません。
Posted at 2017/02/22 19:33:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ | クルマ
プロフィール
「物流が人手不足で崩壊の危機にあるのが散々報道されているのに、佐○急便の遅配が酷いから電話してクレームしたぜ、という内容のブログを朝から見てしまい、超絶不愉快な気分に。消費者が正当な対価を払わなかったから、今の事態を招いているのであって、現場の人がサボっているわけではないでしょうに」
何シテル?   03/23 11:55
マツダ車搭載の運転技術向上支援システム、i-DMを利用して日々運転練習に励んでいます。i-DMに興味を覚えた方は是非インテリジェント・ドライブ・マイスターズ(i...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
MIRAREED DKー1611 SMART DRINK HOLDER SL 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/25 14:54:07
歴代タイプRとは似て非なるモノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/10 21:21:34
~ ブログは、まさにその人となりを映す鏡である & クルマ好き女子の初めてのD.I.Y ~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/13 19:37:58
お友達
気軽にお誘いください
57 人のお友達がいます
tailor1964tailor1964 * 4nzigen4nzigen *
海風.海風. nofannofan
ヴィラなべおヴィラなべお 【やさぐれ紳士】白兎【やさぐれ紳士】白兎
ファン
49 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
ナイトスポーツのECUを入れて高回転の気持ちよさが大幅改善。暴力的なパワーはないが、個人 ...
その他 ハイタッチ! Drive 電車、バス (その他 ハイタッチ! Drive)
ハイドラ用の電車、バス
ホンダ アコード ホンダ アコード
スポーツ性とエコロジーが両立した素晴らしい車です。 ただし、タイプRに対して重量ハンデと ...
BMW M135i BMW M135i
大変良い車でしたが、パワーの持て余し感と、自分の嗜好から若干ずれていることもあり、売却。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.