車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
この記事は、【終了報告】Be a driverなオフミ2016 最終戦について書いています。


アクセラを購入して丸一年がたちました。


走行距離は、典型的なサンデードライバーのくせになんと、16000kmを超えています。(ゴルフの往復でかなり稼いでいますがw)


(こんなに窮屈に撮影しているのは追加メーターがあるので)


この車を購入した経緯は、320馬力もあるハイパワーな車がどうしても好みとずれていて、それに替わるそこそこ軽量でハンドリングに軽快感があり、なおかつデザイン的に満足できる車でスクリーニングし、今はなき2LNAの、MTを選択したものです。
端から見たら、ずいぶん変わった買い替えですが、私の満足度は走行距離が物語っていると思います。
この車はスペック自体はなんてことがなく、もっと速い車は世の中にごまんとありますが、人馬一体感、ハンドリングの気持ちよさは大したものだと思います。
完成度が高く、次の車選びが非常に難しいといわれているアコードユーロRに乗っていましたが、不満はほとんどありません。(例外は、ノーマルブレーキパッドのフィーリングと、高回転域のトルク落ち。←CPUチューンでかなり良くなりました)




そして、この車で、改めて運転に目覚めました。
きっかけは、マツダのi-DMから派生した、新しい出会いです。

ご縁あり、プチオフやオフミと言う形でさまざまな方々と交流する機会をネットを始めてから初めて持ち、大変楽しい経験をこの1年間させていただきました。

もともとサーキット走行をやっていたので、タイヤのグリップを使い切る、ということは、普通の人よりは出来る(もちろん素人のレベルですが)と思っていましたが、上手に運転するということは全く理解しておらず、この機会を通じて自分の運転が同乗者や運転者にとって、全く上手な運転ではない(速いけど)ということが認識できました。
正解を知る・知らないの差は大きいです
というか、それが始まりとなります。
しかし、ほとんどのドライバーは正解を知らないし、そもそも知る機会も普通に生活していればないですので、これはとても良い経験となりました。

それからというもの、i-DMという、物理運動を微分方程式によりを使ってモデル化したものを実装した客観的なツールを使い、運転の見直しに入りました。

走行距離は多いですが、基本的には長距離移動の高速道路がかなり多いのであまり練習はできませんが、確実に運転が変わってきた実感があります。

理想とする姿からはまだまだ程遠いですが、20年近く運転していても、まだまだ運転はうまくなるということを体験しただけでも、大いに意味があります。


アクセラで派生したご縁により、この1年間オフミと言う形で交流させていただき、昨日も参加してきました。これは、i-DMとG-Bowlを組み合わせて、一定の制約(ルール)を課してその中で技術を競い合うものです。暴走行為をせずとも、運転の技術をかなりシビアなレベルで上達させられる、非常に優れたものだと思います(峠を攻めると車好きの社会的イメージはどんどん落ちていきますが、これならばそんな心配は基本無用w)。


開幕戦は5位というまずまずな結果でしたが、途中のワインディングオフミでは第二戦、第三戦にかけて成績がどんどん落ちて行ってしまい、


俺って実はあんまり運転うまくねぇなぁ

と、ドへこみ状態でした。
練習は一時期熱心にしていましたが、最近は新しい仕事や人の純減により多忙になってしまい平日は全くできず、週末も子供の相手やら、仕事関係の付き合いやらで、練習時間をほとんど確保できていませんので、当たり前なのですが、個人的には結構ショックでしたww

そして今回の最終戦、なんとか3位に食い込むことができました。i-DMとG-Bowl組み合わせての運転は、10月のプチオフ以来の練習不足が明らかな状態だったので気楽に構えていましたが、それが奏功したようです。

そろそろ、こいつは本当にサーキット走ってたんだろうか?と思われても文句言えない成績が続いている認識を持っていたので、とてもうれしいです。
0.1点差で2位を逃したのは、実は超悔しいですw。もっと練習しないと女王には勝てぬ。


真面目に話せば、ワインディング等に持ち込んで練習はしていませんが、普段の運転は青1ランプにひたすらこだわり、特にハンドルは白が非常に多かったので普段の操作を気を付けていました。
これが明らかに寄与しています。
普段から正しい操作を心がけていれば、意外となんとかなるものですね。
また、クローズドコースでラインの自由度が高いのは、明らかにサーキット走行経験者の私にはプラスに寄与していました。

一方のワインディングは、最近ではめったに走らなくなってしまっていて、ほぼ初心者ドライバーに戻っています(真面目な話そうですよ)。なので、来年はもうちょっと走って練習して、来年こそは上位ランカーを追い回してやろうと思います ( ̄ー ̄)ニヤリ



参加された皆さま、そして企画して頂いたタッチ_さん、お疲れさまでした!
年末のあいさつにはまだまだ早いですが、今年1年間本当にありがとうございました!

また来年もよろしくお願いします!!!!!
Posted at 2016/12/04 09:08:57 | コメント(7) | トラックバック(0) | オフミ情報 | クルマ
2016年12月02日 イイね!
これから書く話は、車好きには間違いなく嫌な話です(私含めて)。車好きが集まるSNSに書くような内容か?と躊躇しましたが、あえて書いてしまいます。

なお、こんな風に周りから見られているかもしれない、と認識しておくことで、普段の運転マナーがもっとよくなるかもしれません!?


さて、私がよく行くゴルフ場の近くにサーキットがあり、排気音が結構聞こえてきます。車趣味を持たない人からすると、暴走族が集まって騒音撒き散らかしているという印象しかないようです。

同じ組でプレーしている人の中には耳障りとか、こんだけ周辺住民に迷惑な音を出していて、何で警察が追い出さないんだ?とまで言う人がいます。一度だけではありません。
おそらく音規制をかけているんだろうとは思いますが、排気音に特段の思い入れがない人からすれば、こんなものなのでしょう。
また、私の車は車高を2センチちょい、ホイールを社外品に交換していますが、送迎したゴルフ仲間から(役職は上の方)、「悪い人の車みたい」と言われたことがあります(泣)。そこまで???

そして、元々あまり良いイメージがないことは承知はしてましたが、マフラー交換も、一般的なイメージは残念ながら極めて悪いです。

身近な例では、私の妻の以下の反応です。
以前から、私はマフラー交換に関心があり、嫁さんに打診していました。勿論、法適合したものです。

たまたま、先日カー用品店にあったマフラーメーカーのデモカーの音を聞いてもらいました。ちなみに、ここではそのメーカーの名誉のために名前は伏せますが、マフラーでは結構有名なメーカーです(マツダ系ではない)。そして、法規制には適合したマフラーです。
しかし、反応は我々車好きからすると、卒倒するほど悪い反応でした。「近所迷惑だから絶対にやめろ」とか、「PTAに入ってんだから、ちょっとしたネタになりかねない。影で何言われるか分からないから、そんな恥ずかしい真似は絶対にするな」とか、散々でした(;つД`)

全員がそうだとは言いませんが、車を弄って乗る発想がない人からすれば、マフラー交換とは騒音をあえて大きくする反社会的行動としか見ていない可能性があります。嫁さんの反応は特別と言うわけではなくて、車に関心がない人からすれば、普通の反応の可能性が高そうです。

輸入車のディーラーでは、純正のアフターパーツはともかく、社外パーツを付けるだけで出入り禁止扱いにしてしまうところもあると聞きます。

これはもしかすると、ディーラーの考えと言うよりは、そういう車が止まっていると「あれは一体なんなんだ!?」的なクレームを出す他の客がいる可能性があるのだと思います(輸入車の客層は販売価格からすれば、お堅い方、出世されている方、年齢が高い方が多くいると推察されます)。
中には、怖がる人もいるのかもしれません。

ゴルフで支社長やお客様を送迎することも増えており、自分の評価が無駄に下がるのも怖いし、PTAでネタにされるのも嫁さんに迷惑?ということで、マフラー交換は断念しました。最後にマフラー交換したのは10年近く前の独身で子供もいなかった時で、こんなことは考えもしなかったので、加齢を感じますね(爆)



そして、スポーツカーや改造車等に限らず、目立ちやすい車で大きな事故が起きたりすると、「スポーツカーが事故」とわざわざスポーツカーが強調されていたりして、車好きからすれば偏った報道がされがちな印象を私は持っています。
これは、普段からそういう見た目の車を快く思っていない一般人(読者)が大勢居り、そのような記事を書いた方が評判が良い、言い換えれば共感される構図があるのだと思います。それ見たことか、ということです。
部数のために、記者は読者が共感するものを書きたがりますから。

なので、、、
・俺はルールを守っている!
・俺は改造しているけど、法適合しているからとやかく言われる筋合いはない
・個人の趣味だ!
・俺は安全意識高くサーキット遊びをしている!

と、意識高く頑張ってると自分で思っていても、重要なのは自分ではなくて周りがどう思うかです。ちょっと目立つ車に乗っていると、あの人は何なんだろう、なんて思われているのかなと思うと、結構気が滅入ります。

私自身は車好きなので、あまり厳しい目で見て欲しくはないですが、世間の持つ、車高を下げていたりマフラー交換したり、エアロを付けた等、弄った車に対する目は厳しいなぁと、言わざるを得ません。

ちょっと目立つ車に乗っている以上、日頃から品行方正にしておく必要がありそうです。
ノーマルのプリウスだってマナーの悪い車はたくさんいるのでフェアではないと思いますが、目立つ、目立たないの差は大きいのでしょう。
母親から、「あんたは体がでかくて声も大きくて普通にしてても目立つんだから、きちんとしてなさい( `Д´)/」と、昔に言われていたのを思い出させますw





Posted at 2016/12/02 08:03:07 | コメント(6) | トラックバック(0) | クルマ | 日記
2016年11月03日 イイね!
入間航空祭2016に行ってきました、、、と言っても会場内は激混みで子供が迷子になる可能性が高そうだったので、狭山市駅で降りてそこで見てました。

すごい迫力でした。やっぱりラジコン飛行機とは違うなぁ(~-~;)ヾ(-_-;







市街地からめちゃくちゃ近いのにこのローパス・・・
気を遣うだろうなぁ




















☆です(屋根に被ってる)










今日は基地外でしたが、下の子が小学校に上がったら、基地内に行ってみたいです。
Posted at 2016/11/03 19:48:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2016年10月22日 イイね!
プチオフ参加、久々のワインディングドライブとi-DM本日、都内某所でプチオフがあり、途中参加してきました!

なんと今回は兵庫からともんダンさんもたぶん日帰りで?いらしており、オフミ上位ランカーの方々も皆さん参加されていて、豪華メンバーでした。


最近は忙しくてG-Bowlの練習はおろか、ワインディングも全く走れていない状態が続いていますが、前回の兵庫県のオフミ以来、1か月ぶりのワインディングとG-Bowlを楽しんできました。

オフミは競技の形式なので、過去2回のワインディングオフミは下見の練習が全くできず、ぶっつけ本番状態で非常に緊張感を強いられた形となってしまい、いろんな意味で胃の痛いドライブでした。
伊豆もひどかったですが、片道600kmドライブ、事前練習ゼロの兵庫は惨憺たるありさまでした(T_T)


本日もi-DMとG-Bowlを組み合わせた、技術が問われるドライブではありますが、競技形式ではないので純粋に楽しむことができました。

最近年齢のためか、i-DM1.0台が出るようなペースでワインディングをすっ飛ばすことがあまり嬉しくなくなってきており、自分から進んでワインディングに行くことは、若い時と違ってほとんどなくなってしまいました。しかし、i-DMとG-Bowlを組み合わせてGを揃えて正しい操作で運転することを目指すという目的意識を持っての運転すると、とても楽しい!運転を始めたころを思い出しますw

今回、オフミと同様に速度に上限を付けてのベストスコアは200点程度でした。相変わらずのGオーバーのコーナーもかなりありますが、9点台を出せたコーナーも複数あったので、ワインディングをちっとも走っていない中では、まずまずだったのではないかと思います。


駄菓子歌詞!
過去2回のワインディングオフミで、他の方々よりもi-DMの点数が若干低かったので薄々気づいてはいましたが、私の課題が明確になりました。それは、

ハンドル操作が雑


ブレーキも大したことがないのですが(爆)、ハンドルの白がかなり目立つ。ちょっと油断すると、下の画像のように、青よりも白の方が多くなります。


何度か走りこんだ結果、i-DMのベストは4.6になりましたが、ハンドルの気の遣い方が半端ありません。
よくよく考えれば、i-DMやG-Bowlを組み合わせてのワインディングはほとんど走っていませんし(過去2度のオフミのみ)、碁盤の目はハンドル操作をそれほど気を遣わなくてもコース幅があるのでそれほど白は付かなかったので、アクセラを買ってからハンドル操作を突き詰めて練習していません(;^_^A

ハンドル操作の練習にはワインディングで走ることが一番だと思います。今回走ったコースは自宅から2時間以上かかるので、おいそれと通えるわけではありませんが、もっと近いところに、走りにくいですがちょっとしたワインディングがあります(トトロのふるさとに近いところw)。
操作の練習だけであれば、条件はそれほど問われず、道路が曲がりくねってさえいれば良いと思いますので、こちらで練習してハンドル操作を改善したいなと思いました。

今回はミーティング後に温泉でしたが、とある家族向けの所用を抜け出してきた手前、あまりゆっくりとはできず、夕食時には帰る必要があったので温泉抜きとなってしまいましたが、楽しいひと時を過ごせました。

皆さま~
ありがとうございました。


ところで!

マツダのi-DMの青・白判定は車の特性に合わせてパラメータを決定しているそうです。言い方を変えれば、このパラメータがi-DMの秘伝のタレとなります。

つまり、後付けパーツで特性を変えてしまうと、マツダが意図するところから若干ずれてしまうのではないかという疑問を今日、持つに至りました。

その背景ですが、ハンドルの青1(荷重移動)ランプ点灯、または白ランプを点灯させないポイントは、コーナー進入時になるべく早く、少しずつ切り始めてから最大舵角まで曲げるということです。

解散後しばらく練習し、下山するときにもi-DMのハンドルをかなり意識して練習したのですが、確かに上記の動作をすれば、青1ランプが点灯します。
しかし、徐々にハンドルを切るところで、足を固めているためロールがなく、フィードバックがかなり乏しいのです。

操作としてはこぶし0.5~1つ程度の切れ角でコーナー進入時に徐々にハンドルを切り、その後最大舵角まで切れば青1ランプが点灯するような気がしますが、車の挙動と対話している感が全くしない。


脚を固めたことによって、小さいGの時のクルマからのフィードバックであるロールが乏しくなった。そのため、それが帰ってくる気持ちのよい操作量が多く、または操作が速くなってしまい、その結果白ランプがつきやすくなっている。


・・・なんて思いました



決して道具のせいにしてるワケじゃないですが(;^_^A、ハンドルは青1ランプがつくときの操作より、白ランプがついたときの方が、人馬一体感が遥かにあるんですよ(核爆)
ブレーキでは青1の方が人馬一体感があるので、気のせいではない気がします。

AUTOEXEの車高調はワインディングを飛ばすとメチャクチャに気持ちのよい脚です。しかし、先に書いたようにワインディングで飛ばすこともほとんどなくなってしまい、サーキットを走ることも今後ほとんどなさそうなので、もう自分にはオーバースペックなのかもしれません。

今は、0.3Gや0.4GでGを揃えた運転の方が楽しいので、純正に戻すのもありかなと思い始めました。


Posted at 2016/10/23 03:00:41 | コメント(5) | トラックバック(0) | オフミ情報 | クルマ
2016年10月14日 イイね!
ブログという形で個人の考えを手軽に世の中に情報発信できるようになってから久しいですが、表現を気を付けないと思わぬトラブルを招くリスクがあります。
例えば、この人


私は件のブログは見てないですが、常識的に考えれば「殺せ」という表現は炎上を狙ったとは言えあまりに配慮が足りないでしょう(苦笑)。確かにこのまま医療費が増え続ければ、国としてたち行かなくなるという認識は正しいにせよ。



さて、なぜ個人のブログでは、表現の問題により炎上するケースが少なくないのか?

そのヒントとして、以前ゴルフ場に行くとき、早朝にTOKYO FMの未来授業という番組で、負け犬の遠吠えの著者である酒井順子さんのインタビューで、こんなことを言っていました。

私はブログは基本やりません。
何故なら、書籍ならば必ず校正が入り、社会的に問題のある表現や配慮に足りない箇所は、プロの校正により必ず修正が入るのに対し、個人のブログには全くそれがない。なので、やらないというか、恐ろしくて私はできない


確かにその通りです。件のご仁は、真面目なことを書いてもちっともPVが上がらないので、敢えて過激な表現を使って注目を浴びてやろうという魂胆があったようですが、やはり社会的に問題のある表現はなんであれ、NGということでしょう。

校正が入らないというのは、万人共通です。例えば、自分の好みを発信するときは、どうしても好き嫌いが出ます。嫌いという表現は、それを好きな人を知らずのうちに傷つけている可能性があるということです。校正が入れば表現がマイルドになるのでしょうが、個人の好き嫌いはどうしてもストレートな表現になりがちです。

気付かず人を傷つけることを緩和する方法としては、良いところも書く、と言うことだと思います。そうすることで、自分が好きなものを全否定される気分がかなり緩和されると思います。

あくまでもブログは個人主義的なものだとは考えますが、表現は気を付けたいですね

さはさりながら、私自身、どうしても配慮が行き届かないケースも多いと思いますが、その場合はご容赦いただけると大変うれしいです。

Posted at 2016/10/15 20:30:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | どうでもよいこと | 日記
プロフィール
「@tailor1964
楽しそうですね。羨ましい!」
何シテル?   12/03 23:45
社会人になってからクルマの面白さに目覚め、基本的にMT車ばかり乗っています。結婚して子供ができてAT車に一時的にしましたが、全く物足りずMT車に戻してしまったロ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
KNIGHT SPORTS BRAKE KIT18inch感想 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/08 05:33:47
【告知】Be a driverなオフミ2016第三戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/07 20:02:30
アテンザ買い替えに至る真相(壱) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 10:11:33
お友達
気軽にお誘いください
45 人のお友達がいます
nobu_nobunobu_nobu * タッチ_タッチ_ *
BWIBWI *みんカラ公認 弄りキッズ弄りキッズ *
ともンダンともンダン * yasu03yasu03 *
ファン
35 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
ナイトスポーツのECUを入れて高回転の気持ちよさが大幅改善。暴力的なパワーはないが、個人 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
スポーツ性とエコロジーが両立した素晴らしい車です。 ただし、タイプRに対して重量ハンデと ...
BMW M135i BMW M135i
大変良い車でしたが、パワーの持て余し感と、自分の嗜好から若干ずれていることもあり、売却。 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
インテRの後に子供が産まれるに当たって購入。 良い車でしたが、ATにどうしてもなじめず、 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.