車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月25日 イイね!
お団子・・ コスタ・ネオロマンチカ寄港カマロで行く大型クルーズ客船おもてなしサポーター・ボランティア活動です。

おもてなしサポーターとは、国内外から寄港する大型クルーズ客船を歓迎しおもてなしして、地域のイメージアップと寄港定着(リピーター)につなげていく観光ボランティアの活動をしていくものです。

今年は特にこの活動に力を入れていこうと思ってます。

今シーズン4回目となり定期寄港も板に付いたコスタ・ネオロマンチカがまたやってきました。

まずはいつもの対岸から眺めています。

イタリア船籍のコスタ・ネオロマンチカ、今年は何度見ることになるのだろう?


いつもの対岸は、釣り人が並んでたためスペースが取れず、横向きでなく縦に真っ直ぐ停めました。

カマロの後ろ姿は、サイドの膨らみが下に行くと絞り込まれ一番下はまた少しだけ拡がるといった、まるで女性のタイトスカートのようなラインとなっています。

さて、一般入場可能な時刻となり寄港してる岸壁へ入りました。


コスタ・ネオロマンチカ

船籍:イタリア、全長:220.52m、総トン数:56,769トン

乗客定員:1,800名、乗組員数:622名

乗客:約1,000名(主に日本人・韓国人など)  

今回のクルーズ航路 : 博多~舞鶴~金沢~境港~釜山(韓国)~博多・・・・・以降繰り返し


1993年就航、かつては「コスタ・ロマンチカ」の名前だったが、2012年に大規模改装を施し、

「ネオ」を冠した「コスタ・ネオロマンチカ」となって蘇りました。

船体前方上部と中央にベランダのある部屋、あとは丸窓が並ぶのが外観の特徴ですかね。


今年の市が中心の新体制になってから、あったりなかったりするお見送り催事は今回はありました。

芸を磨いた専門のパフォーマーさんたちによる地元民謡が披露された。 

前半は歌と演奏、後半は踊りも交えて。

この光景こそ、お見送り催事のあるべき姿と思います。 素晴らしい。

乗客の皆さんもデッキやベランダ、あるいはレストランから窓越しに姿を見せてます。

最近は珍しくなってしまったなかなか良いムードとなりました。

そして、出港です。

おもてなしサポーター活動、一番の仕事としてはここで手を振ること。

サイドスラスターで真横に離岸して、そこからゆっくりと前進を始めます。


外海に向けて進むネオロマンチカ。 

今回は天気も良くて、満足のゆくとても素晴らしいお見送りが出来ました♪


外食は、老舗の団子屋さんで「お団子セット」を頂きました。


コシヒカリ100%使用のお団子。

一番人気の定番みたらし団子と、磯海苔で包まれたお団子です。

お団子セットは、これにラーメンが付きます。

あご(トビウオ)だしのラーメンはあっさり味、磯海苔も入って風味も出てます。
お団子セット美味しかったです。 どうも、ご馳走様でした(^^♪
Posted at 2017/05/25 08:16:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2017年05月24日 イイね!
プリウスPHV試乗&晴子さんカレー世羅夢公園で行われた「Classic Days」からいったん地元に戻ったものの、この日の活動はまだ終わらない。

返す刀で・・ 今度は、今年力を入れてる大型クルーズ客船おもてなしサポーター活動に向かいます。(我ながら元気だ)

ですが、その前に・・ 



キュルキュル大きな音で鳴るベルトがとても気になるので、いつものショップに駆け込み訴えです。

恐らくベルトだけの問題だろうけど、まさかの最悪な事態もありえるかも? そう考えると時間が無いのでお昼ご飯も食べずに直行してきました。 あの魔法のスプレーを振りかけてもらおう・・

とりあえずシリコンスプレーであっさりベルト鳴き治まりました。 ひとまず安心、ありがとう。

整備手帳 : 鳴くベルトも黙るシリコンスプレー

ベルト鳴きが速攻解決したので時間が出来ました。 店内でアイスコーヒーを頂く。


店内にあった売り物のメルセデスベンツSLK。 35万円という激安ぶりに驚く。

この車は初代SLK(R170型)の後期型ですけど、自分もかつてこの前期型に乗ってました。

過去乗ってた車の激安プライスに衝撃を受けつつも、懐かしさもあり運転席に座ってみました。

コンパクトでとても運転しやすい車でしたね。


まだ時間があったので、新聞広告見てキャンペーンしてるの知ってたトヨペット店に寄ってみる。

来店でカレー、プリウスPHV試乗でミニカーがもらえるというキャンペーン中でした。

そして、たまたまこの日限りでハイエースのカスタムカー展示もありました。

モデリスタ仕様のカスタム・ハイエース。 この特別な1台がトヨタのお店を全国行脚してるらしい。

このカスタムカーを見るためだけに訪れるハイエース大好きなお客さんも多いそうで。

このときもお客様駐車場はハイエース率が高かった。 カマロの隣にも停まってましたし。

さて、プリウスPHV試乗です。 一度体験してみたかった。

先日立ち寄った他のイベントで、プリウスPHV試乗車と遭遇しましたが、そのときは試乗する機会がありませんでした。 この車はまさにそのときの個体です。

物凄い顔つきになった新型プリウス通常版に比べると、PHVは精悍で素直にカッコ良く感じます。

よく見ると細かい技が効いてて複雑に良く出来たデザインだったりする。

リアガラスは中央が抉られ波打つように湾曲している空力を意識したデザイン。


なんといってもこの車の魅力は、EV走行距離(JC08モード)で68.2kmという低燃料コスト。

この車で旅に出掛けたらどうだろう・・ と妄想してみる。 

後部座席は意外にも中央で別れた2座席で、5人乗りでなくカマロと同じ4人乗りの車です。

後部座席を前に倒したトランクスルーは、大容量のバッテリーを持つためフラットではなく高い位置で段差が出来る。 車中泊は苦しいかもしれない。

運転席に座ってみます。 大きな11.6インチ縦型カーナビ・モニターが目をひく。

試乗コースをぐるりと走ってみます。 モーター加速は全くストレスなくレスポンスが良い。
ほとんどモーターだけで走っても動力性能に不満無し。 試乗の終盤で助手席から営業担当さんが何やらスイッチを切り替えて、最後にちょっとエンジンを使って走ってみたくらい。

最近のエコ車を試乗する度に・・ 特に今回のプリウスPHV試乗は、エネルギーの使い方について考えさせられましたね。 そろそろ時代に逆らってはいけないのかも・・。

キャンペーンは、来店でカレー、試乗でミニカーがもらえるというものでした。


LEADERS Ⅱ 晴子さんカレーとプリウスPHVのミニカーを有難く頂きました。

晴子さんカレーは、番組見たことないので知らないですけどもTBSドラマ「LEADERS Ⅱ」で登場したカレーを完全再現したものらしいです。 TBS x トヨタの共同プロジェクト商品。

プリウスPHVのミニカーは、各色ある中で試乗した車と同じ黒色を選びました。

ストラップ付き。 プルバックで走ります。

さらに底面のスイッチをオンにすると、ヘッドライトと底面が光ります。


晴子さんカレーを頂いてみました。

久しぶりに食べるレトルトカレー。 しかし、レストランやカフェで食べるような本格的な美味しい味で本当に驚きました。 これはいいものもらった。 どうも、ご馳走様でした(^^♪
Posted at 2017/05/24 00:00:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2017年05月23日 イイね!
第15回 Classic Daysに参加 (後編)世羅夢公園で行われた「Classic Days」の続きです。

今回のClassic Daysは約120台もの車が集まったそうで。

ぐるりと廻っていろいろな珍しい車を拝見して、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。




そんな中、通りすがりの若者たち3人が我がカマロを囲んでる様子を遠目に確認。

代わる代わるカマロの横に立ちポーズを決め記念写真を撮ってました。(その瞬間の撮影は逃した)
東南アジア系の言語で話してはしゃいでましたけど、あちら方面の国の若者たちにはカマロが受けたようで。 記念撮影の後はすぐ去って行きましたが。 その光景は微笑ましく嬉しく感じました♪


Classic Daysでは思わぬ再会も。 VWビートルのオーナーさんは自分と同じ4thカマロもお持ちで。

なんと3年前に呉オールドモータースミーティングで会った赤いカマロZ28のオーナーさんでした!
その時以来の再会でした。 そのときはボクスター(自分)とカマロ(この人)でしたが、今回はカマロ(自分)とビートル(この人)と、またもカマロ同士での遭遇とはならず。 しかし、素晴らしき再会。


VWといえば久しぶりにカルマンギアも拝見しました。


続いてClassic Daysで拝見した車たちです。 ドイツ車はポルシェがずらり。


イタリア車はアルファロメオが並ぶ。


そして、Classic Daysではこんなスーパーカーまでが参加してました。


フェラーリ512BBです。 

スーパーカーブーム世代には憧れの車ですね。


さらに驚いたのが、こちらの見たこともないスーパーカーです。 


勉強不足でこの車が何て名前の車なのか全く分かりませんでした。


オーナーさんが居られたので伺ってみると、この車はカセルタというのだそうで。


トヨタ車のカスタマイズを手がけるモデリスタが、MR-Sをベースに作成したのがカセルタであると。

この車のベースがトヨタMR-Sだったとは。 全く分からずこれには驚きましたね。


日本車の参加車両も拝見。 ダットサン・サニーたち。


カッコいいトヨタ・セリカ2000GTリフトバック。


光岡自動車のゼロワンです。 

何台か参加してるスーパー7と見間違い見逃すところでした。

マツダのSA22CサバンナRX-7、それにフェアレディZ、スカイライン。


軽自動車のホンダ・トゥディとダイハツ・ミラTR-XX。


何しろ約120台参加してるので、このブログに全台載せることは無理がありました。

たくさんの車が見れて、この場にいることが楽しかったですね♪


今回のClassic Days会場となった世羅夢公園には世羅ワイナリーもあります。

こちらも気になってソワソワしていました。 ちょっと寄って休憩です。

世羅ワイナリーといえば、やはり定番のワインソフトは食べておかないと夜寝られない。

ほのかな香りとほどよい甘さ、冷たくて美味しい。 どうも、ご馳走様でした(^^♪


Classic Daysは参加者さん皆で集合写真を撮影した後、12時に解散となりました。

楽しい時間をありがとう。 また次回? 来年? ぜひ参加したいと思います。

お隣のダッジ・チャージャーの人ともまたいつか何かのイベントでお会いするでしょう。

Classic Days参加に向かう往路で大きく鳴り出したカマロのベルトは、退場時もやっぱりキュルキュル大きく鳴って恥ずかしかった。

世羅夢公園を出た後は、ほんの少しばかりのぷちツーリングです。

Classic Days、主催者さん及び参加者の皆さん、大変ありがとうございました(^^♪
Posted at 2017/05/23 17:24:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2017年05月22日 イイね!
第15回 Classic Daysに参加 (前編)一年を通して開催地を転々とする移動型旧車イベント「Classic Days」

今年も5月世羅夢公園開催地分に参加してみました。
2015年2016年に続いて3回目の参加です。

世羅夢公園に向かい快調に走行中、異変発生! 
キュルキュルと大きなベルト鳴きが継続的に・・。
入場時&退場時とも多くの人に聴かれ恥ずかしい・・(汗)

世羅夢公園会場に入る直前に白いロータス・ヨーロッパのすぐ後に付きましたが・・


案内スタッフさんに指示された駐車位置は大きなダッチ・チャージャーのお隣でした。

なるべく離して停めないと大きなドアが開かず降りられない。 慎重に側に寄せて駐車。

このダッチ・チャージャーとそのオーナーさんは、これまでも車イベントで何度かお会いしてました。
 
直近だと、昨年秋のロマンチック・ツーリングで一緒に走ったとき以来の再会です。

アメ車枠2台のお隣の車両たち。 MG-A、ロータス・ヨーロッパ、ロータス・エラン。

今回開催Classic Daysのテーマは、「イギリス車」でした。 イギリス車が主役です。

そのため、周りに駐車してる車はイギリス車が多かった。 

アメ車枠2台のお向かいの車両は、クラシック・ミニたちです。

Classic Days主催者のホーネット野郎さん愛車ウーズレーホーネットマークⅡです。(真ん中)


英国車はやはりロータス・ヨーロッパとか。


モーガンとか。


ジネッタとか。


MGミジェットですね。


MG-Bも。

自分もかつてはMG乗り(MGF)で英国車オーナーだったことも。

英国車だけでなく、もちろんその他の欧州車や国産旧車もたくさんご参加。


日産のセドリックかな?、ハコスカ、フェアレディZ


日産フェアレディZが並んで。


ダットサン・フェアレディも並んで。


日産レパード!

Classic Days、こういった集まりはたくさんの珍しい車が一度に拝見できて楽しいですね。

スバル・アルシオーネSVXとか、今ではとても珍しいバブル期の2ドア4WDスペシャルティクーペ。


同じくバブル期のロータリー2ドアクーペ、もはや珍しいユーノス・コスモ。

お隣のロードスターもユーノス繋がりで。

そして、まさかの三菱エクリプスですよ。(初代)

懐かしくて感動しました。

今回のClassic Daysにはカマロ、ダッジ・チャージャーの他にもう1台アメ車が参戦。

1台ポツンと離れクライスラーC300が。 2年前、コルベットで初参加したときがこんな感じでした。

ここでブログは、ナンバープレート処理が追い付いてない関係で、編集時間を取る時間稼ぎのため後編へと続かせてもらいます・・。<(_ _)>
Posted at 2017/05/22 21:18:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2017年05月21日 イイね!
玉島ハーバーフェスティバル 訓練支援艦くろべ一般公開 (後編)「玉島ハーバーフェスティバル 訓練支援艦くろべ一般公開」ブログの続きです。











玉島ハーバーフェスティバルは楽しいイベント盛りだくさん。


訓練支援艦「くろべ」一般公開の他にも、自衛隊の車両展示がありました。


みんカラは車のSNSなので車両一台一台拝見したものをご紹介します。


【82式指揮通信車】

乗員:8名、全備重量:約13.6トン、全長:5.72m、全幅:2.48m、全高:2.38m

最高速度:約100km/h、エンジン:水冷4サイクル10気筒ディーゼル機関、装備:12.7mm重機関銃M2、製作:小松製作所

戦略機動及び戦場機動などに使用される。


【81式短距離地対空誘導弾】

操作人員:3名、全長:約7.1m、全幅:約2.5m(展開時:約4m)、全高:約3.2m、重量:約12t

ミサイル諸元

全長:約2.7m、重量:約100kg

発射機製作:東芝、車両部製作:いすゞ自動車

師団高射特科大隊及び旅団高射特科中隊に装備され、作戦地域内の重要な地上部隊及び施設の対空掩護及び空中機動部隊の減殺を行う。


【155mm榴弾砲FH-70】

諸元・性能
口径:155mm
全長:9,800mm(走行時)、12,400mm(射撃時)
砲身長:6,022mm
全備重量:約9,600kg
給弾方式:自動装填
発射速度:6発/分
最大射程:30,000m(噴進弾)、24,000m(通常弾)

経緯:英独伊の3国共同開発、製作:日本製鋼所

中砲牽引車(FH70用)で牽引。 補助動力装置(APU)を有しており最高速度16km/hで移動できる。 操作人員は9人。 略称FH70。 58年度からライセンス生産を開始し、60年度から部隊配備。


【軽装甲機動車】

乗員:4人、全備重量:約4.5t、全長:4.40m、全幅:2.04m、全高:1.85m

最高速度:約100km/h、製作:小松製作所

主として普通科部隊等に装備し、戦略機動及び戦場機動などに用いられる。
イラク派遣ではお馴染みの車両。


【3 1/2t(3t半)トラック】

人員及び物資輸送などに用いられる汎用キャブオーバートラックで、陸上自衛隊の部隊では全ての職種部隊に配備されている車両である。 製作:いすゞ自動車


【74式戦車】

乗員:4人、全備重量:38t

全長:9.41m、全幅:3.18m、全高:2.25m

旋回性能:超信地、最高速度:53km/h、エンジン:空冷2サイクル10気筒ディーゼル機関 720ps/2,200rpm

武装:105mm戦車砲、12.7mm重機関銃、74式車載7.62mm機関銃

製作:三菱重工 日本製鋼所


【1/2tトラック】

三菱パジェロがベース。 全長:4.14m、全幅:1.765m、全高:1.97m、車体重量:1,940kg、乗車定員数:6名、積載量:440kg、最高速度:135km/h


【偵察用オートバイ】

乗車人数:1名、重量:約120kg、全長:2.165mm、全幅:860mm、全高:1,120mm、
最高速度:135km/h、製作:川崎重工業
俊敏な機動性能をもって、悪路等の状況にとらわれず偵察・連絡等に使用される。



自衛隊以外の車両も展示されてました。

【パトカー(クラウン20系)】

ちびっ子たちは運転席に座れる体験も。 他に白バイの展示もあり人気でした。


【起震車(地震体験車)】

このような車両は初めて実際に見ました。 地震を擬似体験できる振動装置を搭載しています。

実際に地震が起きた際に冷静な対処ができるよう、シミュレーションを促すのが目的。

無料体験されてました。 行列に並ぼうかどうか迷ったが、今回はただ見てるだけに終わった。


【消防支援車】

広域応援時や大災害時に活動隊員の宿泊所などに使用する車。 

内部には発電機、ガスコンロ、電子レンジ等の調理器具、ベッド、トイレ、シャワーなどを装備している。 震災応援時に荒地でも走行できるように4WDシャーシを使用している。

車両内に入って見学も出来ました。 キャンピングカーみたいだった。


【ミニ消防車まもるくん】

イベント用のミニ消防車。 電気で走行。 やはり、ちびっ子たちに大人気。


消防署アンケートなどに答えて粗品をもらいました。

倉敷市を舞台にした漫画「めくりめくる」のクリアファイルと金田一耕助シリーズ「本陣殺人事件」の使うのちょっと怖い下敷き。

それに消防車の可愛いミニカーをげっとです。

プルバックで走りませんが、底面が鉛筆削り器になってます。


自衛隊関連の売店テントも覗いてみる。


海上自衛隊といえばカレーが気になりますね。

でも、お土産では買って帰らない。

この場でカレーが食べたくなったので、いくつか設営された飲食のテントを訪れます。

カレー発見。 YEG=商工会議所青年部

玉島YEGカレーを頂きました。 

好きなだけ入れてくださいというラッキョウと福神漬けを遠慮せず投入、どうもご馳走様でした(^^♪


以上で「玉島ハーバーフェスティバル 訓練支援艦くろべ一般公開」のブログは終了です。

訓練支援艦くろべの一般公開だけでなく、その他の車両展示やカレーでもしっかり楽しめましたね。

ありがとうございました。
Posted at 2017/05/21 21:54:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
プロフィール
「唐揚げ定食を食べてる。」
何シテル?   05/25 11:40
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
「おははく」にお邪魔しました(^^; オープンカー編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/23 20:46:21
下道の帰郷(その3?) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/04 21:12:33
コペンなら大丈夫? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/24 08:55:02
お友達
ファン
120 人のファンがいます
愛車一覧
シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で18年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.