• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

n_specialの愛車 [ロータス ヨーロッパ]

ボルテージスタビ 交換

カテゴリ : 電装系 > メーター > 修理
目的修理・故障・メンテナンス
作業ショップ作業
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2011年09月16日
1
昨年の車検時、燃料計と水温計の針が
フラフラするのでチェックしてもらいました。
2
原因はボルテージスタビだったようで、
純正パーツで交換していただきました。

”LUCAS” の文字がカッコイイ!
3
外されたパーツのケースをバラすと、
以外にもかなりシンプルな構造・・・。

てっきり抵抗やコンデンサ、トランジスタやらの
電子部品が出てくるかと思っていたのですが、
バイメタル(?)らしきモノと接点がひとつ・・・。
4
今付いているモノも同じだと思いますが、
どのくらい持つのか 注意ですね。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ブレーキの正体を突き止めた リアブレーキ編

難易度: ★★

メーターパネル

難易度:

燃料計 水温計

難易度:

レストア日記

難易度:

MDI交換

難易度:

フロントボンネットキーロック受け交換

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2012/08/25 10:00:28
大変な所を修理ですね!
私、電気系統は、嫌いでは無いのですが、此は、手強わそうですね!
以前、聞いたことは有るのですが、メーターパネルのどこら辺について
いるんですか?
此処が具合悪くなると、どんな症状が出るんですか?
コメントへの返答
2012/08/25 12:48:10
昨年の車検時に、
ショップでやってもらいました。

場所は パネルの裏としか、
私も聞いていません・・・。

症状は、燃料計と水温計の針が
揃ってフラフラと動きました。
回路図見ると、電源が一緒ですね~。
2012/08/25 21:18:01
そうですね!ヨーロッパは、チョコチョコとこういう所がありますョ!
方向指示器(ウインカー)も変ですよね!右なら右、左なら左とそれぞれのモニターランプが有っても
可笑しくないのに、本国仕様では、右も左の区別が無いんです。北米仕様は別々に点滅するのに!
それと、恐ろしいのは、電流計です・・・・強烈な元電流が来ており、此処の取り付けが緩むと大変な事が起こるそうです。
コメントへの返答
2012/08/25 23:04:05
電流計からヘッドランプSWとIGN_SWへ
繋がっていますね・・・。
IGN_SWの方でアースされてますので、
そっちでスターターの回路形成ですかね~。

見れば見るほど、不安が募りますね・・・。
2012/08/26 08:23:42
ホント、私のは、納車前に、べOオートさんが、パネルを外し、ハーネスを全面的にやり直されたんで
安心です。
べOオートさんでは、販売のヨーロッパは、此処だけは、絶対にやり直す事にさせて貰っていると言っておられました。アフタートラブルの殆どが、そうだそうです!
コメントへの返答
2012/08/26 19:40:59
やり直されていると 安心ですね。

私のはフレーム交換されてから、
20年ぐらいになりそうです。
そろそろ ヤバイかも?
2012/08/26 20:35:14
交換されてから何万km走っているかが問題ですね!
ヨーロッパの場合、走行があまり出ていないモノが多いですからね!

夏は、エアコン無いので乗れないし、雪国で乗られていた車なら冬も乗られて無いしという事もありますからね!
コメントへの返答
2012/08/26 21:50:00
距離はなんとも・・・。

結局 状態を見ての判断、ですかね~。

”火あぶりの刑” だけは避けたいです。

プロフィール

n_specialです。 lotus europa 74spに乗っています。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

サイオン tC  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 15:51:13

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス ヨーロッパ ロータス ヨーロッパ
lotus europa 74s です。 元はUS仕様の個体を、RHへコンバートされてい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる