• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

爽快ツアラーのブログ一覧

2017年08月23日 イイね!

ギボシ端子を100%アテにするなって話。

ギボシ端子を100%アテにするなって話。クルマに電装品を付ける時に、ギボシ端子をよく使う。

が、100%信頼するのは、ある意味、アブナイという、お話。

ギボシ端子を使って配線する場合、下の様に使うのが正しい。


+の電源側はメス端子、負荷側にはオス端子。
これは、もし端子が抜けた場合にショートさせないためだ。+の電源側にオス端子を使うと、万が一、抜けてボディに触れたらショートする。ボディはバッテリーの-(マイナス)コードとして利用されているからだ。

マイナス側を反対にするのは、当然、差し間違えないように、だ。

ボンネットを開けてバッテリー周辺を見ると、バッテリーのマイナスのコードは、ボディにつないである。電装品のマイナスコードは車体の金属部分に固定する。この固定箇所とバッテリーのマイナス端子の間のコード代わりは、ボディが担当している。

ところで、ギボシ端子にコードを固定する場合、圧着する前にハンダ付けするのが確実だ。


それから爪を圧着ペンチで圧着する。更にラジペンでギュッと締めておけば、外れることは、まず無い。

それから、ビニールの被覆を爪で圧着する。

ここまでは普通の話で、そんなこと知っているよという方が、ほとんどだろう。

きょう、走っていたら、左側のウィンカーが、突然ハイフラを起こした。最初は時々だったが、段々、頻繁にハイフラを起こすようになった。最初に疑うのはハイフラ防止抵抗の接続不良だ。

コンビニに頼んでPを借りて調べてみた。フォグカバーを外して、フォグ本体を外す。これで空間が現れて、ウィンカーの配線が見えるんだが、ここで気が付いた。ウィンカー、点滅してないやんけ!

LEDのウィンカー自体が壊れたのかと思ったら、ウィンカーの配線を動かすと時々、点滅するし、ハイフラッシャーも止まって、正常な点滅になる。LEDのウィンカー自体は、問題無いということだ。

ハイフラ防止抵抗の配線を揺すってみたが、変化が無い。

ところが、電源側に遡っていって、下の絵の青い丸印の所を揺すったら、変化が出た。揺すると、LEDウィンカーが点滅したり、消えたり。消えた時はハイフラを起こす。


ここが接触不良を起こすと、マイナス側の配線が外れる訳だから、LEDウィンカーもハイフラ防止抵抗も機能しなくなる。現象と符合する。

この部分は、抜けると困る箇所なので、ギボシ端子でつないでラジペンで挟んで押し込み、更に絶縁テープで巻いた箇所だ。不思議に思ってテープをめくっていたら、途中でギボシ端子が、スポッと抜けてしまった。???・・・。

ギボシ端子をよく見ると、オス側は問題無いが、メス側が広がっている。配線時にラジペンで締めたのに、だ。

が、現象を見てからギボシ端子を見て、ピンと来た。

走行中にギボシ端子が振り子の様に揺すられて動く。


これがきっかけで、メス端子のはめ込み側が広がる。


そうなると、オス端子の先端がテーパーになっているから、オス端子先端が支点になって、メス端子の中で揺れる。


余計にメス端子の先端が広がる→固定が甘くなって、接触不良を起こす。こういう理屈だ。

圧着端子は、言うまでもなく金属製だ。それなりに重さはある。更に、シリコンの絶縁スリーブが被っている。ハーネスの重みも加わって、振れ出したら、振り子運動が止まりにくくなる。絶縁スリーブは柔らかいから、それがバネになってしまって、逆効果になるのだ。結果的に、柔らかい絶縁スリーブは無視されて、メス端子の差込口が広がった、ということだ。

ラジペンで締めてみたが、加減が難しい。締めすぎると狭くなって、オス端子がはまらない。緩めに絞めたら、すぐに抜ける。

端子が簡単に抜けないように、オス端子には凹みがあり、メス端子の方も凹みがある。


が、メス端子の差し込み側が広がると、せっかくのロック役の凹みも広がって、簡単に抜けてしまうんだ。

仕方がないから、ニッパーでギボシ端子の端でコードを切ってしまい、被覆をめくって、縒(よ)り合せた。もちろん、急場しのぎだ。が、帰宅するまでハイフラは起こらなかった。

これなら、縒(よ)り合せた芯線をハンダ付けする方がマシかも知れないが、下手すると、ハンダが刃物の役目をして、コードを切ってしまいかねない。

取り敢えず思い付く解決策は、ギボシ端子を、別の配線にテープで固定して、振り子しない様にすることだ。そうか、シリコンのスリーブをやめて、ギボシ端子が裸のままで、絶縁テープをしっかり巻くか。けど、絶縁テープを隙間無く巻くのは、結構、難しいし、狭いところだと面倒だ。水でも入ったら大変。

何で拘るかというと、12ボルトと言えども、いい加減に扱うと車両火災になるからだ。大きな電流が流れるところは太い配線を施すが、ギボシ端子が使えないからと細いコードを使うと、コードから発火するし、発火場所は、大抵、端子のコード側だそうだ。

近くに熱くなるハイフラ防止抵抗があることだから、見直さなければなるまい。
Posted at 2017/08/23 20:45:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 情報 | クルマ
2017年08月23日 イイね!

やっぱり、文章書くのはヘタクソだなあ・・・。

やっぱり、文章書くのはヘタクソだなあ・・・。アクセラが、かなり静かになったので、暑いから一服だ。

退屈しのぎに、以前に載せた自分のブログを読んでみたら、文章がヘタクソなのには自分でも呆れて、恥ずかしくなってしまう・・・。

ソニカの最下位のグレードに乗っていた時に、ミッションを最上位のグレードの物に改造した経験がある。読んでみると、技術面では、内容は面白いんだが、読んだ人が気を悪くするんじゃないか?と思える部分があった。

今の時風、修正しておかないと、あとあとケチがついたらバカバカしいから、開いたついでに修正した。

興味がある方は、ここからリンクするので、どうぞ。

そんな昔の話、今更、読む人もいないか・・・。けど、最近のKカーでも、同じ車種に機能が違うグレードがあれば、応用できるかも、ヨ。

保安基準は守って下さいよ。
Posted at 2017/08/23 09:30:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ | クルマ
2017年08月21日 イイね!

一気呵成。

一気呵成。19日のブログに「こうなったらリアも交換したくなって当たり前で、LEDテープは調達済み」と書いたが、一方で、「夏至が過ぎて夜明けが遅くなって、暑くなるまでの時間が短くなってしまった」とも書いた。

「じゃあ、夜明け前からやればいいじゃないか」と、朝の4時過ぎからLEDの照明(と、いっても懐中電灯レベル)を駆使して、デッドニングとリアのシーケンシャル・ウィンカーのLEDテープの交換を、一気にやってしまった。

この話は、今年4月にさかのぼる。左前輪を歩道から車道に落としてしまって、タイヤ側面を損傷させた。傷は、そこそこ深くてバーストのリスクが高くなるから、これ幸いと、標準装着のSP SPORT MAXXからDUNLOP VEURO VE303に交換した。SP SPORT MAXXは、ゴーッというロードノイズが大きいのが気に喰わなかった。VEURO VE303は、かなり静かだが、後方から、こもった様な音が聞こえる。同時に、一種の圧迫感を感じる。SP SPORT MAXXの時も出ていたんだろうが、静かになったから、リアからのノイズが目立ってしまったのだ。静粛化は、もぐら叩き同然だ。静かになったらなったで、聞こえなかった音が聞こえてくるようになる。

こもった様な音の出どころは、リアハッチ外板と内板の間の空洞だろう。2015年5月にデッドニングしたが、制振材を貼っただけで、空洞は放置していた。

一方、リアのシーケンシャル・ウィンカーを交換するには、リアハッチの内張りと、リアガーニッシュを外さなければならない。

デッドニングとシーケンシャル・ウィンカーのLEDテープの交換を一気にやってしまった方が、カバーやリアガーニッシュの脱着が1回で済むから、効率がいい。内張りを外すぐらいでは大きな音はしないから、近所迷惑にはならないだろうと勝手に決めた。リアガーニッシュを外し始めたら、ちょっと大きな音がしたので、内張り外しを使って、反対の手はリアガーニッシュを持って外した。これだけのことでバキンッという音が、バスッという音になって、音量も小さくなる。残響音があるほど、気になるものだ。

デッドニングの資材は、有名なCS.ARROWSさんから調達したが、CS.ARROWSさんのブログを全面的に真似しただけ。プロの実績があるのが、一番良いだろうと判断した。

下側の空洞はシンサレートを詰め込んで、ブチル系制振材でフタをした。畳の様に見えるのは、ガレージの天井のベニヤ板。


真ん中はフタをする前で、白いのがシンサレート。これは腐るほどあってラゲージに敷いていた。左右の黒い部分はブチル系制振材でフタをした状態だ。

ブチル系制振材は去年、Amazonで手配した「STP GOLD AERO 制振シート」を貼った。


ここに付くカバーの裏には、吸音材を貼った。CS.ARROWSさんの品番では遮音/防音マットCSDB-3だ。厚みは3mm。出来るだけ空間を作らないように、密着させた。クリップや開閉するフタ状の部分をよく見て貼らないと、あとで痛い目に遭う。特にクリップは、確実に避けないと、カバーを装着する時に壊してしまう可能性がある。クリップが確実に効いていないと、カバーが浮いて、新たな音の発生につながるし、運が悪ければカバー自体を壊してしまう。特に要注意なのは、赤丸の3ヶ所だ。背が高いから、穴にはまっていないまま無理に押し込むと、クリップが壊れるか、カバーが割れるか、という話になりかねない。


リアハッチ上側の空間には、CS.ARROWSさんを真似て、カーボンウールを詰めた。写真では少々隙間があるから、撮影後、増量した。開口部に合わせて詰め込んだのではなくて、リアハッチの内幅に合わせ、縦方向は長く切ったカーボンウールを開口部から入れて、マイナスドライバーや内張り外しなど長い工具を駆使して、徐々に左右に延ばした。配線・配管が通っているから、隙間なく等量に詰め込んだつもりだが、実際には全幅には延びていないはずだ。この辺は、走行振動で広がる可能性もゼロではないから、様子をみて、必要なら増量する。


カーボンは導体で電気を通すから、近くに電気系統の端子などがある場合は、絶縁が先。

ガレージに持って行ったブチル系制振材が足りなくなって、ここは、レアルシルトでフタをした。

ここまでが、デッドニングだが、シーケンシャル・ウィンカーのLEDテープを装着しないと、カバーは戻せない。LEDテープは経験済みで、配線も来ているから簡単と言えば簡単だが・・・。先日のフロントでは、めくった時にLEDのパターンを切ってしまって、一部が点かなくなってしまった。今回は、リベンジ。慎重にめくり、電源につなぐと全数、点灯したから、再利用可能だ。

一方、新しいLEDテープは、前回と同じくテールランプの下縁に沿わせたが、仕様上、330mmに切るのが限界で、貼ると写真の様に、一部がボディにカブってしまう。テールランプの下縁からボディに移行する部分は、強く折り曲げるとパターンを切ってしまうから、ある程度のカーブを確保した。


カーブの部分は浮いているから、ほこりや水が入って、LEDテープの粘性が落ちる恐れがある。プラモデル用のパテを少量、詰めておいた。

切断した端面は、+と-のパターンが(目視では見えないが)むき出しになるから、水滴が着くと短絡して、LEDが壊れてしまう。LEDテープ内部で電圧を下げているから、ヒューズが飛ぶより先にLEDのシーケンシャル・コントローラーが壊れてしまう。端面を黒いコーキング材で絶縁しておいた。このコーキング材が最適かどうか解らないが、リアハッチを開ければ見える部分だから、あとからでも手直しは効く。

LEDテープを貼った全体像。リアガーニッシュを戻す前だ。


リアガーニッシュを戻してしまうと、何かあった時に、またガーニッシュを外す破目になる。この状態で、LEDテープの点滅を十分、確認する。ハザードだけではなく、IGNをONにして、左右のウィンカーも別々に確認した。

全て戻した完成状態と、連写してLEDが点いていく様子の写真。ちゃんと、シーケンシャルで点滅した。偶然、捉えたんだが、元々付いている標準のウィンカーのLEDが、一瞬早く点灯するようだ。メッキのガーニッシュが、車体側の縁と合っていないから、左側の一部が点いていないように見えるが、全数、点いているのは確認した。メッキのガーニッシュは、貼り直さなければなるまいな。











実走させてみると、確かに静かだ。ロードノイズは聞こえるが、音量がかなり下がっている上に、オーディオのフェーダーを前寄りにしたように、前方寄りから聞こえるようになった。後からの音が小さくなったからだ。デッドニングの効果と考えられる。こうなりゃ、フロントのロードノイズも黙らさなければならない。

作業時間は3時間。終わった時には、朝の通勤ラッシュが始まっていた。やっと、夏休みの宿題を済ませたような気分で、へっとへとだし、全身、汗でびしょ濡れ。こういう時、時間の経過は速く感じて、そう時間は経っていないだろうと思ってしまうのが落とし穴だ。放置すると、熱中症になる。汗が出なくなったら、体内の水分はガタ減りで、飲もうにも、水分を受け付けなくなるから、病院で点滴というハメになる。

途中でもスポーツドリンクで補給したが、ここまで汗をかくとなると、今日は相当暑くなる。スポーツドリンクばかり飲んでいられないから、コンビニに立ち寄って、冷えたお茶を買って飲み干した。

デッドニングは終わったのではなく、やり直しの始まりだ。懐具合と相談して、段階的に施工する予定。
Posted at 2017/08/21 19:05:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 改良・パーツ装着 | クルマ
2017年08月19日 イイね!

シーケンシャル・ウィンカー症候群

シーケンシャル・ウィンカー症候群今年の春の終わりから、シーケンシャル・ウィンカーに凝ってしまって、もはや、「病に侵された」と言われている。

いわゆる、シーケンシャル・ウィンカー症候群。

主症状は、時間を問わずネット上をうろついてシーケンシャル・ウィンカー用LEDテープを探し回り、クルマに埋め込むスペースが無いか見つけ出す。そのうち飽きるので、放置すれば完治するが、完治する前にLEDテープが不具合を起こすと悪化する場合もある。センスが悪いと、ほかの灯火類で失敗する。



さて、最初は正面発光のLEDテープをヘッドライトに貼り付けたが、これでは絶対に保安基準に適合しない。「工具を使わないと、脱着出来ない構造になっている事」という一文があるからだ。

そこで、ヘッドライトとバンパーの隙間に側面発光のLEDテープを埋め込んだ。これなら脱着するにはバンパーを外さなければならず、工具を使うからディーラーさんも「問題無い」と。これで、明るさを含めて保安基準に適合したが、標準のウィンカーをLEDにしたこともあってか、今一つ、明るさが気に入らない。

二段重ねにすることも考えたが、もう、ヘッドライトとバンパーに隙間は無い。

ある日、ネットをうろついていたら、いい物を見つけた。LED45連のシーケンシャル・ウィンカー・テープ。長さは600mm。LEDのピッチが細かく、いかにも明るそうだ。これだ。

前回のは30連だから、単純には1.5倍の数だが、実際に使うのは300mm見当。LEDテープの仕様上、330mmで切断するから、正確に1.5倍になるわけではないが、密度が濃いのは一目瞭然だ。新旧を比較したのが、下の写真だ。


作業は前回と同じ。バンパーを前に傾けたらヘッドライト底面にアクセスできる。



バンパーが外れて落ちることは絶対にないが、バンパーの側面の角がフェンダーに当たって止まっている場合もあったから、傾いているバンパーが何に当たって止まっているかは、確かめた方がいい。「角」と呼ばれる部分は、相手が何であれ、凹ませたり、傷つける要因になる。

ここまで傾けたら、あと何を外したらバンパーが完全に外れるのか見てみたら、アンダーカバーとマッドガードだ。だが、これらを留めているネジやクリップを外すのが、案外、面倒。毛布を敷いての寝転び作業になる。

今までのLEDテープを慎重にめくるのだが、これが簡単なようで、案外、難しい。LEDテープの配線はケーブルではなくてパターンだ。しかも、プリント基板なんかじゃなくて、フィルムだ。めくるときに曲げて引っ張ると、必ずパターンが切れる。もう点かなくなってしまってもいいなら、遠慮無しにめくればいいが、再利用するなら、慎重にめくらないと、配線パターンが切れて、お陀仏。実際、失敗して、左右共に一部が点かなくなってしまった。

「新しいのを付けるんだから、まあ、いいや」と、さっさと配線してしまったが、位置が狂って貼り直しすると、パターンを切ってしまう危険大。ヘッドライトを一旦外したいぐらいだ。

配線類は、新たに引く物は無いから、リード線が端子に確実に圧着されていればいい。細い線だから、強く圧着しないと端子から抜けてしまう。圧着ペンチで締めてからニッパーとラジペンで抑え込んで固定した。本当はハンダ付けするのがいいんだろうが、芯線を押える爪を確実に圧着し、リード線を少し引っ張っても動かなければ、被覆をしっかり締めれば抜けることはない。ハンダ付けしようにも、借りているガレージにコンセントがあるなんて、聞いたことが無い・・・プラグイン・ハイブリッドは買えない。

撮影日が違うから、写した結果も全く同じにはならないが、どう見ても、今度の方が明るい。直視したら、目線を外しても、しばらく何も見えない。LED1個当たりの明るさに差が有るのか無いのかも、解らないが、数が多い方が勝つに決まっている。点灯状態の比較は下の写真だ。


今度付けたLEDテープの消灯から点灯の様子。


もう少しLEDの数が多かったら、ライン状になりそうだ。ブツブツ感があるのは仕方ないが、新旧では比べものにならないくらい、ピッチが小さい。

こうなったらリアも交換したくなって当たり前で、LEDテープは調達済み。ただ、夏至が過ぎて夜明けが遅くなって、暑くなるまでの時間が短くなってしまった。朝の涼しい時間が長くなるまで待たないと、簡単に熱中症になってしまいそうだ。その頃になったら、蚊もいなくなるかな?

借りたガレージでゴソゴソしていると、どうも目線が気になる。中には興味津々、見に来る人もいる。なにをやっているかは解らないようで、「こいつ、何者?」的雰囲気が漂う。その内、ドデカいことをやって、ビックリさせてやる。
Posted at 2017/08/19 15:07:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ装着 | クルマ
2017年07月31日 イイね!

あの~、ちょっと聞きたいんですが。

あの~、ちょっと聞きたいんですが。ここしばらく「アベノミクス」とか「第3の矢」って聞かなくなったけど、止めちゃったの?
画像は、ネットから、お借りしています。
Posted at 2017/07/31 07:31:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | 暮らし/家族

プロフィール

「[整備] #アクセラスポーツハッチバック 備忘録・アクセラのデッドニング1(写真修正) http://minkara.carview.co.jp/userid/1538328/car/1849245/4393757/note.aspx
何シテル?   09/24 21:32
爽快ツアラーです。よろしくお願いします。 日産フーガに乗っていた時に、みんカラに登録したので、足掛け12年になります。 某国人を名乗る変な輩から、知...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ダイソー オーブントースターで作る工作用プラバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/24 21:53:52
フロントドア デッドニング(1/2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/22 15:44:00
リアドア加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/22 15:38:09

お友達

こちらから、お誘いするのは苦手ですので、お気に召したら、お誘いください。

44 人のお友達がいます
バリーちゃんバリーちゃん * オートカムオートカム *
酒盛り酒盛り * しがじーずしがじーず
わや3わや3 hero-herohero-hero

ファン

84 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2014年10月29日に納車からキッチリ5ヶ月のプリウスG’sをあっさり盗まれた。 1 ...
トヨタ プリウス G's トヨタ プリウス G's
消費税増税で新車販売はガタ落ち。一方で、ガソリン価格は高止まり感。アルファード以来の付き ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
ガソリンの高騰に負け、ハイブリッドに手を出した。 アルファードからの付き合いの大阪トヨ ...
トヨタ マークX G's トヨタ マークX G's
ノーマルの250Gを試乗した後、店長ゴリ押しの展示車をゲット。 新車センターに戻して、 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.