車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日
結局、こういう事なのかなあ・・・。
結局、こういう事なのかなあ・・・。 タナベのストラットタワーバーを付けた。ら、アイドリング中も走行中も驚くほど静かになるという、オマケが付いた。

200kmほど走ったから、じゃあ、一旦外してみたらどうなるんだろうとタワーバー本体を外したら、アイドリング中も走行音も「元々は、こんなに騒々しかったのか?」と思える程、悪化した。

再び装着して音を聞きながら走ってみると、静かだ。一体、どういうことなんだろう・・・。

外せば音が大きくなって、付けたら静かになるということは、タワーバーが関係しているのは間違いない。

オレは、こういうのが気になって仕方がないタイプ。で、いろいろ調べてみた。

大きくなったり小さくなったりするのは、アイドリング中のエンジン音(シフトポジションに関係なく)、走行中のロードノイズ、そして走行中のエンジン音も。つまり乗っている間、ずっとだ。が、ロードノイズは、タワーバーを付けた時は後寄りから聞こえる。つまり、前輪のロードノイズは静かになっているということだ。と、いうことで、まずサスペンションの全体像から見てみると

結合部分や摺動部分はラバーマウントで、可能な限り音や振動は遮断しているが、多岐に亘る周波数の音や振動を、すべて遮断するのは無理だ。

結果、エンジンのリアマウントはサスペンションメンバーに付いているから、エンジンの振動はサスペンションメンバーに伝わる。伝達経路は赤線で、ショックアブソーバーを伝ってストラットタワーの天面に到達する。



一方、ボディの骨格は、このようになっている。

ストラットタワーの部分はプレス製で、ショックアブソーバーが振動すれば、当然、ストラットタワーの天面は振動する(実際には天面が振動しようとするのを、薄いストラットタワー側面が止められずに振動する)。

下からの伝達経路を見ると


ゴムのブッシュやマウントが付いているが、柔らかくすると操安性は悪くなるし、振動を完全に絶つのは無理なのだ。特に低周波の振動が取り難い。


地震の時にビルや電柱の上の方が揺れ幅が大きくなるのと同じで、エンジンやタイヤから入ってくる振動は下の方だが、ストラットタワーの天面は、振れ幅は大きくなる。

そこでストラットタワーバーで上を支えてやると、振動は低減する、ということになるが・・・。

去年、静粛性を向上させるためにデッドニングしたが、カウルのパネルに制振材を貼ったのが、一番効いた。ボディの骨格を見ると、ストラットタワーとカウルは、直接つながっている。一番効いたのも合点がいく。

これで、すべての説明がつくが・・・。ストラットタワーバーを標準で入れたら静粛性が向上し、車格は上がる。が、側面衝突した時に反対側まで壊れてしまう。だから、無暗に採用できないのだ。

掲載した写真は株式会社三栄書房発行のMotor Fan illustrated Special Edition Technology Details(モーターファン イラストレーテッド 特別編集 マツダのテクノロジー)から拝借しました。
ブログ一覧 | パーツ | クルマ
Posted at 2016/10/17 18:00:53

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/17 21:43:02
不思議ですね。
私も乗るクルマ乗るクルマ全てにタワーバーを装着して来ましたが、音については考えた事も無かったです。

私も最近面白いパーツを製作してもらい、着けました。なんでこんな場所の補強がここまで効果あるんだ?って感じです。
ミン友サンのアクセラセダンに試着してもらってもやはり効果を実感してなんでだ?ってなってます。

私的には爽快ツアラーさんに試してほしい逸品です。
コメントへの返答
2016/10/17 21:59:46
こんばんは。メッセージ、ありがとうございます。

タワーバーというと補強パーツですから、操縦安定性に気が向いて、音まで気が回らない物ですが、ディーゼルだから音の変化に気が付いたという事は、あると思います。

「面白いパーツ」には、大変興味があります。どういうパーツなのかだけでも教えてもらえば幸甚です。不思議なもんで、メーカーや作った人が気付いていない効果を発揮する場合があります。そこが、面白い。

結局、メーカーが作る品物(クルマに限らず)は、妥協の産物とも言えます。最大の要因は「コスト」。設計や実験が「このパーツが良い」と解っていても、上が「高いからダメ」と言えば、それまで。機械メーカーに勤務していた時、幾度となくありました。それと「時間」。じっくり検討できず、見切り発車になってしまうこともあります。

日本は「品物を作って、輸出してナンボ」の国ですから、ヨーロッパのメーカーの様に熟成できないのが難点だと常々、思うんですが。
2016/10/17 22:10:39
装着部品がタナベのタワーバーというのも振動を抑えるという点で一役買ってそうですね。そもそもアルミ自体が硬さを感じる材料ですが、タナベはバーの断面形状を特殊な形にしてますからね😃
バーの中間部分に1ヶ所、もしくは3等分する位置にデッドニングで使用するような制震材を巻いてみたりしても楽しいかも知れません。

私自身のオススメは、シート下の補強バーです。これは車体の前後の一体感が劇的に改善しました。
コメントへの返答
2016/10/17 22:44:13
確かにタナベの製品だからということは一理あると思います。断面形状を見て「何か、試行錯誤したな」と感じました。タワーバーは「突っ張ればいい」というものではないと思います。ある程度の弾性変形を許容する方がいい。押し返す力も必要ですから。制振材の件は、材料があるので、一度試してみます。

シートの下の補強というのは、正直、意表を突かれました。

アクセラは、シートの振動が他車に比べて感じやすいように思えます。横向きの剛性に拘った結果、前後方向の振動が発生し易いのかな?それと、プラットフォームの鉄板が薄い。絶えずペコペコしている感じもあります。

前後方向に補強を入れたということでしょうか?
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
爽快ツアラーです。よろしくお願いします。 日産フーガから、みんカラに登録していたので、かれこれ10年になります。 ロシア人を名乗る妙な輩から外国語の...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
こちらから、お誘いするのは苦手ですので、お気に召したら、お誘いください。

41 人のお友達がいます
酒盛り酒盛り * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
BNR32-600BNR32-600 グローメルグローメル
IS21IS21 hero-herohero-hero
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2014年10月29日に納車からキッチリ5ヶ月のプリウスG’sをあっさり盗まれた。 1 ...
トヨタ プリウス G's トヨタ プリウス G's
消費税増税で新車販売はガタ落ち。一方で、ガソリン価格は高止まり感。アルファード以来の付き ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
ガソリンの高騰に負け、ハイブリッドに手を出した。 アルファードからの付き合いの大阪トヨ ...
トヨタ マークX G's トヨタ マークX G's
大阪のG's CARBON ROOF Ver.の割り当ては8台。5月28日時点で7台売れ ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.