• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

BABY IN BZ-Rのブログ一覧

2007年10月10日 イイね!

ブログを移転します

こんばんは。

ここしばらく、鉄道関連の話題が続き、本来自動車中心であるみんからの趣旨から外れてきていますので、ブログを移転する事としました。
こちらはとりあえず閉鎖せずそのままにしておきますが、更新は以後行う予定はありません。

移転後のブログはBIGLOBEのウェブリグログになりますので、もし興味のある方はそちらまでお越し下さい。

http://electric-loco.at.webry.info/

なお、携帯電話のau GREEでもブログを掲載しています。
こちらはいずれウェブリグログの方でご案内をさせて頂きますのでよろしければどうぞお越し下さい。

それでは、長い間、こちらのブログで色々とコメントを頂きましてありがとうございました。とりあえず、私の自動車関係の趣味は休止しましたので以後、自動車に関しては現状維持程度の整備になると思います。
オートメカニック誌のメーリングリストから始まり、派生でAM-CSというグループを立ち上げ、更にこちらでブログを立ち上げ、色々とやってきましたがとりあえずこれで一旦休止とします。
また何年か後、復帰するかも知れませんが、復帰しないかも知れません。それはその時にならなければ解りませんが、とりあえずこちらのページやAM-CSは残しておきます。
今後はこちらのページはコメント管理や画像整理、CSは管理程度を行っていきます。

最後になりましたが、私のブログをチェックして頂いていた皆様、たくさんのご訪問、コメント、ありがとうございました。
Posted at 2007/10/10 01:56:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2007年09月03日 イイね!

改造

改造今日はふと思い立って、千葉市で先日見つけた大手模型店へ鉄道模型用の改造パーツを買いに行きました。

鉄道模型を買う人にはいくつか種類があり、走行させる事で楽しむ人、走行している所を写真に収めて楽しむ人、改造する人、コレクションとして鑑賞する人、などがあります。
私はどのパターンかと言うと、全部です(笑)。

とりあえず買ったらまず形式のインレタなどを貼って簡単にいじります。で、その後試運転を兼ねて走行させます。
しばらくはそのままの状態で仕舞っていたり飾っていたり。しばらくして資料が色々と揃ったら、本格的に改造パーツを揃えていじります。
で、弄った状態で走らせて、写真を撮って、飾って、たまに走らせる。そんな感じです。

で、今日買ってきたのはメーカーズプレート、速度検出器、高圧引込線の3点。
これらはそれぞれ350円ほどで、プレート1セット、検出器1セット、引き込み線3セットを購入。

ちなみにこれらが何かというと、メーカーズプレートというのは車で言えばトヨタ・日産・ホンダ、なんかと同じです。その車両が製造されたメーカー名のプレートです。普通の電車だと外から見づらい妻面(連結面)にプレートがあるので知らない方も多いと思います。JRの場合、日立・東芝・三菱・富士重工なんかです。
三菱と富士重工なんて自動車業界でも競りあってますが、鉄道業界でもライバル会社なんですね。

速度検出器はこれまた普通は見えない台車部分に付いている装置。車のスピードセンサーに当たります。鉄道の場合、輪軸の回転数を検出して速度換算しています。
車だとクラセンとかカムセン、ABS用の車輪速センサーみたいな感じです。

引込線はパンタグラフから受け取った電気を、屋根上の配線を経由して室内に導く部分で、電車の場合には室内を経由せず妻面のダクトの中を配線が走って台車にある主電動機まで電気が走っているので、見る事は出来ません。電気機関車だと、屋根上にでっかい碍子が付いています。

それらをつい先日買った限定品に装備しました。
元々付いているモールド(プラを一体成型して作った造形)を精密ノミで削り落とし、取り付け用の0.5mmの穴をピンバイスで開け、ごく少量の瞬着で貼り付けて塗装。
文章だと簡単ですが、なんせ付ける部品は大きいもので3mmくらい、小さいものは1mm弱、日○直販で売っていそうなライト点きルーペが欲しいくらいです。
そんな緻密な作業を経て、取り付け完了となりました。
加工を一切していない状態から比べるとリアルさが歴然です。
もっと凄い人は手すりなんかも別パーツ化するんですが、それをやると本当に観賞用になってしまう(脱線なんかしたら確実に壊れるから)のでそこまではやらない事にしています。

今日の所は加工は1両半くらい、残りはパーツが揃っていないのでしばらくは未着手です。色差しの残りが4両2編成、改造が7両3.5編成、頑張ります。
Posted at 2007/09/04 00:34:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2007年08月27日 イイね!

鉄道模型 追加配備

鉄道模型 追加配備今日は、5年前、必死で探したのに見つからない手に入らないと言う、当時かなり悔しい思いをした鉄道模型を、苦節5年、ようやく入手出来ました。

購入したのはトミー製の、以前から私が好きだと明言していたEF63形電気機関車なんですが、それの最終製造機、24・25号機セットというTomix25周年記念限定商品、と言うものです。
ちなみにEF63という形式の電気機関車は基本的に2両で1ユニット、重連仕業が基本なのでTomixでは2両セット(片方だけモーターが入っている)になっています。
つい先日発売されたKATO(関水金属)製は単機販売ですが・・・。

私は結構碓氷峠関係で、私が実際に見た・乗ったものに関しては限定でも確実に手に入れていたんですが、これだけはどうしても行きつけの模型店でも入荷出来ず、またネットで見つかってもプレミア価格だったりして手が出なかったんですが、さすがに碓氷峠廃止から10年、落ち着いているようでネットで検索掛けた模型屋さんで、定価1割引で購入出来ました。
とは言えいろいろ検索してヒットしたのはこの1件だけ。廃版だけに希少価値はいまだ高いようです。

とりあえずパンタグラフに色差ししたり、アンテナ類を色入れてから取り付けたりと加工しつつ、今まで入手したこの形式の電気機関車を並べてみました。

並べてみると、それぞれ当時の私自身の加工技術のレベルがよく解ります。
今日加工した24・25号機はなかなかの出来。塗料が足りなくて一部まだ塗っていなかったり取り付けていない部品もあるものの、出来栄えは結構リアルです。

それに対して一番最初に入手した1次量産型のセット、私の設定上では2・3号機、当時その流通量の少なさを知らなかったため、加工もいまいち精度が低い。穴開けが大きすぎたり、インレタの転写がヘタだったり、接着剤がはみ出していたり。

その次に買った18・19号機セット、これも限定でしたがこの辺からは加工技術もそこそこ。多分、「最後に碓氷峠を通過した3・19号機だけでもきれいにリアルに」と当時考えたのでしょう、別売パーツも結構取り付けてありました。
それでもやっぱり資料が少なかったのか、色差しが足りていなかったり違っていたり。

そして18・19号機セットとほぼ同時期に購入した二次型セット、私の設定上で言えば20・21号機セット。これに至ってはほぼ無加工。多分、とりあえず出たから買っておこう、と言う感じだったのだろうと思います。

今回はつい先日、碓氷峠鉄道文化むらへ行ったときに、細部に至るまで観察して要所は写真に収めてきたので加工するときの大きな参考になりました。
現状で8機を所有するに至り、とりあえずはこいつらをもっと高精度で加工して行くつもりです。で、いずれは碓氷峠に実際に居た数、21機(4機は途中廃車)を全数揃えるつもりでいます。

廃止の日からもうすぐ10年、何か大きな動きが無いか、と日々期待する毎日です。


※写真は右手前から2・3号機(1次型)、20・21号機(2次型)、18・19号機(2次型:茶)、24・25号機)
※18・19・24・25号機は廃線直前にEF63新製当時の塗色、ぶどう色2号に塗色変更された
Posted at 2007/08/28 01:54:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2007年08月23日 イイね!

バッテリー

やってしまいました・・・。

一昨日、子供と2人で千葉市にいつの間にやら出来ていた模型屋さんへ行ってみたんですが、ここ、千葉ポートスクエアという複合商業施設の中にあって、その駐車場は施設の地下1,2階になっています。

で、当然ヘッドライトを点けて入って行くわけですが、駐車場へ停めて、降りる所までは大丈夫でした。きちんとライトを消灯して、子供を連れて入館したわけなんですが・・・。
その帰りがまずかった(汗)。
帰り、車に乗り込み、地下という事でロービームを点灯させ、駐車場を出て、帰り道にあるArioモール蘇我へ。ここでBトレインを2箱買って、車で中身を確認して、その後今度こそ帰路に着いたわけですが・・・。

えぇ、ヘッドライト、点けっぱなしです。ポートスクエアの駐車場で帰りに点灯させて以来、ずっと点けっぱなしです。
ちなみに時間帯は3時くらいでまだ明るい時間帯。私の車は消し忘れウォーニングも無い古い年式。Arioでも常時点けっぱなしだったようです。
警備員の居ない地上裏手の駐車場へ入れたのがまずかった・・・。

とりあえずArioからの帰りはごく普通にエンジンも掛かり、と言うかまだこの時点でライト点いていることに気付いていないんですが、そのまんま自宅へ。
自宅に点いた時間も4時過ぎで明るい。
そしてそのまま気付かぬまま自宅へ上がり、Bトレイン組み立てたり走らせたり。そしてかみさんの帰宅まで仮眠。

で、その翌日からいろいろあって車に乗らず、今日、帰ってきて出掛けようとしたら・・・見事完全放電していました。

おととい、かみさんが帰ってきたときに気付かなかった辺りからして、元々弱っていて1時間ほどで完全放電してしまったようです。
まぁウィンカー点けると反比例してライト暗くなってたしなぁ。
結局急いでバッテリーを調達して交換しました。

いやぁ・・・整備士の不養生、やってしまいました(笑)。
Posted at 2007/08/28 01:32:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2007年08月17日 イイね!

木更津発 秋葉原経由 東京行

木更津発 秋葉原経由 東京行今日はお盆休み最終日。昨晩結構夜更かししたせいか、朝から微妙に頭痛が・・・。
とりあえず午前中は洗濯物を済ませ、エアコンの効いた部屋でゴロゴロしていたんですが・・・どうにも子供が暇そう。
「どっか行くか?」と問うと「電車乗る」との答え。
3歳の誕生日間近で、いまだ拙い会話なんですが、それでも一応こちらの質問に対する答えは出来るらしくて、ちゃんと希望は言えるみたいです。

仕方がないので行き場を考えて30分、とりあえず行く所もないし、秋葉原の模型屋さんにでも行こうかと。行き先は東京秋葉原にある電化製品のLAOXのホビー館、LAOXアソビットシティ秋葉原。
我が家の最寄り駅のど田舎駅から、比較的最近こちらの運転区に転属してきた211系という電車に乗り、とりあえず千葉駅へ。所要時間は40分ほど。
通常の盆休みも明けたし、空いた車内のボックスシートでのんびり~、なんて思っていたんですが、211系は思いっきり通勤仕様。いまいち落ち着かないロングシートで我慢しました。

千葉駅に着き、とりあえずこれより都会で昼飯を食べるのもイヤだなぁと言う事で、いつも使っている構内のフードコートで昼食。子供がビーフカレー(小)、私がカツカレー。構内のフードコートだけあって子供用のラインナップが無いので、いつも大人用の小さめのものを頼んで、余った分は私が引き受けています。
ちなみに今日もかみさんは仕事なので子供と2人です。

昼食が終わり、今度は総武線直通横須賀線快速(って長いのでみんな普通に快速って言っています)で錦糸町へ。車両は・・・まぁマニアックすぎるので省略。
各駅停車の総武線(総武緩行線と言います)ならばずっと乗っていれば秋葉原なんですが、快速の場合、錦糸町から先は総武線の線路を離れ、地下を通って東京駅へ向かうので秋葉原に行く場合には乗り換えが必要になります。
子供が運転士さんを見たがるので、途中から抱っこして乗務員室の後ろに陣取ったりしつつ、千葉運転区の車両を眺めたり、各駅停車との競争を楽しみながら錦糸町へ。

ここで今度は隣のホームの総武緩行線、いわゆる総武線へ乗り換え。
総武線ってついこの間まで古めの車両が走っていたと思うんですが、すっかり代替えが終わっていて全部最新鋭車両になっているんですよねぇ。
この電車は秋葉原まで2区間の利用なので、最初から乗務員室の後ろに陣取りました。で、思うんですけど、都内って駅間距離が短すぎやしないだろうか・・・?
だって出発駅から到着駅が見通せる距離にあるんだから、そのくらい歩けば良いのでは・・・?どう考えても地元の駅間の1/3くらいだよなぁ・・・。
そぅそぅ、この電車に乗ったとき、入れ替わりに降りていった小さな女の子を連れた親子連れ。降りて電車の前の方へ行って、女の子が手を振っていたんですが、出発の時に運転士さんが手を振り返してあげていました。
なんだかとってもいいなぁ、と心温まる光景でした。

と、ようやく秋葉原へ到着。徒歩3分ほどの目的地へ向かいます。
秋葉原へ来るのは初めてでも無いし、結構来ていたんですが、なんせ前回からは5年以上開いていて、すっかり街の様子を忘れていました。
それでも頭にたたき込んできた地図を思い出しながら難なくたどり着き、鉄道模型を堪能してきました。欲しかったものは結構たくさんあったのですが、今月は結構散財したので財布の口を締め、子供が欲しがっていた駅ストラクチャーだけ購入してきました。まぁ・・・これ買うだけなら近所にも売ってるんですけどね。買い物はあくまで口実、なので。
子供がジオラマにかじり付いていたりで結構長居して、かつ「あぁ、待避線セット欲しかったなぁ・・・」なんて後ろ髪引かれつつ、再び秋葉原駅へ。

秋葉原からは山手線or京浜東北線で東京へ。まぁどっちでも良いので、早く来た山手線に乗りました。
ちなみに余談ですが、京浜東北線という名前、実は正式名称ではありません。
正式には東北本線の各駅停車、と言う意味で東北緩行線となります。総武線と一緒ですね。
ちなみに埼京線も中央本線も正式名称ではありません。
結構通称名が知れ渡っていて正式名称が忘れられている路線って多々あります。

話を戻して東京駅。本当はここからそのまま京葉線で帰路に就く予定だったんですが、山手線の車窓から新幹線が見えて、子供が喜んでいたので、なんとなぁく「新幹線ホーム行くかな」と思って寄り道。
新幹線ホームへ入場券を買って上がり、間近に新幹線を見られて子供は大興奮。
まぁ私も新幹線なんてあんまり近くで見た事は無いし、乗ったのも中学の修学旅行で東京~京都の東海道新幹線と、長野行き新幹線(当時)開通の日の軽井沢~東京だけなんですが。
まず東海道・山陽新幹線ホーム、次に東北・上越・山形・秋田・長野新幹線ホーム、と回ってここでおおよそ1時間。
新幹線ホームから東海道線や中央線、山手線、京浜東北線も見えて結構楽しいです。でもやっぱり私は上野が好き。車止めがあって線路がそこで終わっている、ってのが好きですね。

とりあえず東京駅も悪くないなぁ、なんて思いつつ今度は京葉線で蘇我へ。
京葉線がなぁ、ホームが遠いんだわ。山手線なんかのある中央通路から600mくらい歩きます。
そんだけ歩いた先には発車間際で座れなそうな快速と、まだガラガラの普通電車。
とりあえず座りたかったので普通にしましたが・・・旧型車両かぁ(汗)。
予想通り、冷房の利きはいまいちでした。
ちなみに、東京駅から千葉方面へは京葉線ルートと、先ほども述べた総武線快速ルートがあります。総武線快速を選ぶと、同じホームで成田エクスプレスが見られます。しかも東京駅で新宿発の列車と池袋発の列車を併合(連結)するので、その光景も見られます。
・・・やっぱ総武線快速にすれば良かった(涙)。

車窓が西日でめちゃ暑く、かつ大した景色も見られず、京葉線に揺られる事1時間。
内房・外房線、京葉線の連絡駅、蘇我へ到着。
蘇我には千葉機関区という電気機関車の車庫があり、よく貨物列車の入れ替え作業をしています。今日も京葉臨海鉄道のディーゼル車が、JR貨物に受け渡す貨物を駅に入線させていました。残念ながらJR貨物の電気機関車は見られず。
まぁこのところ毎週機関区来ているので別にいいんですが・・・。

ここから先はいつもの道程。いまどき珍しい113系電車に揺られつつ、35分ほどをかけて自宅最寄り駅へ。

いやぁ、自宅に着く頃には頭めちゃ痛いし、熱疲労で怠いしでぐったりでした。
それでも子供は元気。さっそく駅を出して眺めていました。
駅もいろいろシール貼ったり柵立てたりしなきゃならないんですが、今日はとりあえずそのままにしました。

これでお盆休みも終わり。また明日から仕事です。
ここ数年、お盆は混む、と言う理由で極力外出していなかったのですが、今年は子供を遊ばせて自分も一緒に遊んでしまおう!と思って、子供が喜ぶ事、自分が楽しい事を考えていろいろ企画してみました。
どんなに可愛くても、子供が親の元にいるのは20年ほどだけ、一緒に遊べるうちに沢山遊ぼう、と思っています。

さて、明日・明後日と仕事をすればまた2連休、今度は何をしようかなぁ。
Posted at 2007/08/17 23:22:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 子供 | 日記

プロフィール

千葉県在住の自動車整備士です。 以前はモータスポーツでジムカーナをやったり、車をいじったりするのがメインの趣味でしたが、ここしばらくはチューンも含めて休業...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

お友達

本職の自動車以外にも、電気・水道・機械・法律、とまぁ多種多様の資格があったり趣味があったりで、いろいろと話も出来ると思います。
現在の第一位の趣味は子供と一緒に楽しめる鉄道、第二位が子育て、第三位で車って感じになっています。
5 人のお友達がいます
街の笑撃手♪街の笑撃手♪ かずやんですかずやんです
tomi@車大好きtomi@車大好き カフェラテカフェラテ
(仮名)(仮名)

愛車一覧

ダイハツ ミラ ダイハツ ミラ
18日で車検満了となる、AE111トレノの代替え車、L200S ミラ TR-XXアバンツ ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
つい先日判明した、第二子誕生に備え、ビートの入れ替えとして導入しました。 とにかく人の乗 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
今は無き初代の愛車です。 中古で11万km走行で買ってきたのですが、買って1ヶ月後にエン ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
先代の愛車です。 この車は前のレビンの教訓からオイル交換は3000km、1ヶ月ごとに交換 ...

過去のブログ

2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.