• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

asterisk+のブログ一覧

2017年11月21日 イイね!

#3 石塚観音

#3 石塚観音真言宗石塚山蓮台寺、第十九番札所であり、本尊は千手観世音。

管理は七日町の金剛寺がなされており、御朱印もそちらにて。

コチラの様に観音堂である性格上、無住も多く、御朱印等は管理寺院や檀家さんが持たれていたりするので、真摯にいただく場合は事前連絡が必要でしょう。

某営業時代から西若松駅陸橋の傍らに在る杜が気になっていましたが、積年の謎が解決(笑)。最も市街地に在り、御堂も比較的新しいです。

戊辰役での消失以前は荘厳で立派な寺院だったそうで、数々の伝説や逸話が残されています。

後の世を願う心は軽くとも 仏の誓い重き石塚



この日一番の鐘の音をいただきましたm(^^*)
Posted at 2017/11/21 19:11:23 | コメント(0) | Aizu 33 Kannon | 日記
2017年11月13日 イイね!

#2 御山観音

#2 御山観音天台宗神護山照谷寺、別名『岩屋観音』とも称されます。

第二十番札所であり、本尊は聖観世音。

会津総合運動公園(会津ドーム)から御山の丘陵地帯を登ります。折りしも献上柿である名産『身不知柿』の最盛期、豊かに実った柿のトンネルを登り詰め、中腹の広い境内に辿り着きました。

起源は平安初期、平城天皇の御代。聖観音像の胎内仏は、前九年の役で東征した源義家ゆかりのものだそうです。

以前、娘と虹を追いかけたのもこちらに立ち寄った帰路の事…娘達の無事な成長を感謝し、参拝して来ました(笑)

…天気が良ければ会津盆地を一望出来たでしょうね(苦)



遙るばると登りて拝む岩屋山いつも絶えせぬ松風の音
Posted at 2017/11/13 19:03:20 | コメント(0) | Aizu 33 Kannon | 日記
2017年11月12日 イイね!

#1 滝沢観音

#1 滝沢観音宗派は不明、寺号は『一箕山滝沢寺』と称されてはいるものの、寺院は現存していません。

第十八番札所であり、本尊は聖観世音。明治期の神仏分離令により、同八幡神社から不動川上流のこの地に移されたそうです。

初回は自宅から最近隣で三十三札所の中でも随一の景勝地を選択。滝沢本陣の目前を通り、旧道、滝沢峠の入口から分岐、山道、林道に入ります。会津トライアルクラブの駐車スペースを利用させてもらいました。

そこから徒歩約10分、長い石段を下り、洗い越しを渡り、参拝して来ました。時期が時期なら虫除け、熊除けが必要です。

ここは何と言っても境内を流れる不動川の滝沢不動滝が見物です。



滝沢の落ちて流るる滝の水かかる末々弥勒なるらん

…滝の流麗さに圧倒されて、危うく本堂を撮り損ねる所でした(苦)
Posted at 2017/11/12 17:39:38 | コメント(1) | Aizu 33 Kannon | 日記
2017年11月12日 イイね!

会津三十三観音巡り

会津三十三観音巡り先般の66号線巡りで何やら『~巡り』に目覚めてしまった様子(苦)

行きたい所は年内は厳しい所ばかり…そんな時思い出したのが我が街の『会津三十三観音巡り』です(笑)

起源は藩祖保科正之公が入封した江戸初期、寛永年間、伊勢詣や熊野詣などの遠路を行けない人達の為に勧請したと伝わっています。また、古来より会津は仏都として栄えており、特定の寺院の力を削ぐ目的もあったと云われています。

農閑期の娯楽として特に女性に親しまれたもの、妻を誘うと大絶賛(笑)、娘達が帰宅するまでの時間、札所の順番通りとは行かないものの、始めてみる事にしました(笑)

タイトル画(拾い)はその中核を成す中田、鳥追(番外)、立木の『会津ころり三観音』、巡礼する事で『貪』『瞋』『痴』の三悪を消し去り、やがて「ころり」と安楽往生が叶うと云われています(笑)

殆どの御堂は、村々の中にひっそりと佇んでいます。駐車場も無く、山道を歩かなければ行けない御堂も有ります…なので車輛はN-WGNを選択(苦)

それでは正之公や土地柄に感謝し、温故知新の旅に出掛けようと思います。m(^^*)
Posted at 2017/11/12 16:42:47 | コメント(0) | Aizu 33 Kannon | 日記
2017年10月13日 イイね!

福島県道66号 小名浜小野線(60.326㎞)

福島県道66号 小名浜小野線(60.326㎞)心の師もすなる六拾六号線巡りといふものを、愚弟子もしてみむとてするなり(笑)。

いわき市の県道15号小名浜四倉線から、R6やR49など幾つかの重複区間を経て、小野町の県道19号船引大越小野線(新町街道)に接続する主要地方道(重複を除いた実延長は約41㎞)です。

起点のいわき市小名浜下神白から内陸方面へ、住吉交差点を直進し、R6の重複区間(陸前浜街道)へ。常磐線湯本駅を左向こうに見ながら同市内郷綴町一之坪交差点を左折し重複終了。

そのまま同市好間町方面へ常磐道や磐越道の下を数回くぐりながら、大利第一水力の近隣で左折(この交点、いわき方面の見通しが悪く危険)、R49と重複へ、磐越道いわき三和IC交差点で重複終了、右折。

ここからがこの道の本懐。途中、県道135号三株下市萱小川線と県道358号川前停車場上三坂線に重複、磐越道沿いを右に左に阿武隈高地を縦走する形で並走。豊かな田園風景が4割、峠ワインディング5割と1割の狭隘区間を経て、県道41号小野四倉線(磐城街道)に接続、重複。

磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)夏井駅を横目に一路小野町中心部へ。小野新町駅を通過後、19号線交点に向かい41号線は滝根町(あぶくま洞)方面に19号線へショートカットする形で右分岐、直進は約500mの66号線が再出現して小野新町仲町の終点を迎えます。

いわき市から小野町へ向かおうとして、磐越道は使いたくない、R49とR349経由では遠回り、峠道に苦手意識が無ければ有用なショートカットルートだと思います。要所要所で的確な方向表示とヘキサゴンが存在し、懸念していたロストは皆無でした。

惜しむらくはもう少し遅い時期(紅葉ねw)に走破すべきでしたが、阿武隈高地の豊かな自然を感じられた心地良いドライブでした。d(^^♪





コース画像(苦)?はコチラ
Posted at 2017/10/13 19:59:51 | コメント(1) | 日記

プロフィール

「#3 石塚観音 http://cvw.jp/b/1551320/40742386/
何シテル?   11/21 19:11
ヴィッツやエボⅢでジムカーナに気触れるも、現在はフリードに落ち着いています 独身時代、散々改悪し尽くしたんでその反省か、現在は堅実な本来の能力を引き出すチ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

気の利いたコメレスは出来ませんが、宜しかったらポチって下さい(笑)
49 人のお友達がいます
momo_corse2010momo_corse2010 * すた☆君すた☆君 *
FREED-2013(HIRO)FREED-2013(HIRO) * たろ♪♭たろ♪♭ *
VIPER ZEROVIPER ZERO テリーZテリーZ

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリード ホンダ フリード
しょくぱんまん号に換装中(ウソ) 休日は子供の送迎…も終わりましたが、やはり気合は入れ ...
ホンダ N-WGN ホンダ N-WGN
コキンUFOに換装中(ウソ) 社用兼妻車。とりあえずハイドラと燃費記録の為のエントリー ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
初めてのマイカー。 イジらないつもりで選んだハズなのに、パーツが案外安価でしかも独身を ...
三菱 ランサーエボリューションIII 三菱 ランサーエボリューションIII
ジムカーナの師匠のコネでプライベートラリー車のおさがりを手に入れる。 ピストン、マッピ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.