• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ATおやじラパン改めおやじエッセの愛車 [ダイハツ エッセカスタム]

ファンベルト交換3

カテゴリ : エンジン廻り > エンジン > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2017年09月08日
1
 2ヶ所のボルトを緩め、黄色矢印の先に2ヶ所マーキング(調整用ボルトと調整用ステイ?(オルタネーターのプーリー左上部分)の2ヶ所)しました。

※張り調整ボルトを緩めれば緩めるほど、ベルトは外しやすくなりますが、ベルトを緩めたいがためにオルタネーターをバンパー側に押し過ぎるとオルタネーターの奥に位置する配線がねじ曲げられて無理な力が加わるため、注意が必要です。

※作業時、画像以上に張り調整ボルトを緩めましたが、ある一定のところまでいくとそれ以上オルタネーターが動かなくなるところがありますが、それは配線がねじ曲げられてエンジン本体と接触しているためです。
 
 オルタネーターベルトを新品に交換したら、マーキングした位置まで戻し、ボルトを締めたら完了。
 
2
 取り外したオルタネーター用ベルトです。

 画像を見て分かると思いますが、エアコンベルト同様、まだまだ使えそうな状態です。ヒビ割れはありませんでした。
3
 オルタネーターベルトを交換したら、あとはエアコンベルトとパワステベルトの交換です。

 どちらから先に交換しても問題ありません。

 私はエアコンベルトを交換し、最後にパワステベルトを交換しました。
4
 最後のパワステベルト交換後の張り調整ですが、調整用ボルトがないため、矢印先の隙間にドライバーなどを入れて、てこの原理でパワステポンプを動かしてベルトを張りますが、これがなかなかうまくいかないのです。

 最初にマーキングした位置までポンプを動かそうにもそれなりの力とドライバーを押し当てる位置が絶妙な位置でないとポンプがうまく動いてくれなかったりするからです。

 何回かトライしてもマーキングした位置までは張れなかったので、諦めてある程度の張りで固定しました。

※ドライバーにある程度の力を加えつつ、固定ボルトを締める。簡単そうですが、正直かなり苦労しました。

 張り不足でベルト鳴きが起きるかどうか心配しましたが、今のところ問題ありません。

※やることは単純ですが、やってみるとコツが必要であったり思った以上に時間がかかる作業です。

 年々、仕事と家庭に費やす時間が多くなり作業のために割ける時間が減ってきている上、若い時のようなガッツもなくなってきてますが、続けられる限りはプライベーターとしての誇りをもって頑張っていきたいと思っています。

 

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ファンベルト交換1

難易度: ★★

2017/07/28 105000km エンジンオイル交換

難易度:

修理orホカす…どっちだぁ⁉️

難易度:

エンジン不調で1発死んでる?

難易度:

オイル&エレメント交換

難易度:

オイル交換+スパークプラグ掃除

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

大学時代の友達がきっかけで「くるま病」にかかる。 購入したS13シルビア(Qs)はいじりたおすまでの重症となるが、結婚をし子供ができたのを機に廃車を決意。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ エッセカスタム ダイハツ エッセカスタム
前車・ラパンとの予期せぬ別れにより、 嫁の通勤車がなくなってしまったので、前から乗ってみ ...
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
前はS13シルビアQsに乗っていましたが、子供が生まれたのを機に廃車。  しかし、子供に ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.