• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

S-R&Tの愛車 [マツダ RX-7]

デフマウント交換

カテゴリ : 足廻り > 駆動系 > 取付・交換
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★★
作業時間12時間以内
作業日 : 2012年08月16日
1
マツダスピードの強化ブッシュを圧入したデフマウントブラケットを車体の物と交換します。
ブッシュ抜き、圧入は過去の整備手帳を参照願います。
1人でのんびりやって2日間、計10時間くらいかかりました。
※DIYは自己責任で!
2
まずはジャッキアップして馬をかけます。
後ろの作業スペースを高く取ろうと思い前下がりにしましたが、パワープラントフレームの前側をはずす際に狭いので、水平がよいかと思います。
デフを引っ張り出せるだけの高さが必要です。
3
デフオイルを抜いて、マフラー、下回りのカバー、補強バーをはずします。
また、プロペラシャフトをデフから切り離します。
プロペラシャフトはミッションにさしたままにしておきました。
写真の状態からさらに真ん中の補強バー、触媒、パワープラントフレームをはずします。
パワープラントフレームをはずす際には21mmのディープソケットが必要です。(途中で買いに行きました。)
4
次はドライブシャフトをデフから抜くためにリアサス周りをばらします。
ばらす前にABSのセンサを外しておきます。
写真のようにリアサスをばらし、ブレーキキャリパもはずします。
写真ではパッドがついたままずらして外しましたが、取り付けの時に困りますので、パッドを外してからキャリパを外したほうがよいです。
バラせたらタイヤレバーをデフとドライブシャフトの間に差し込んでドライブシャフトを抜きます。このとき、オイルシールを傷つけないように注意が必要です。
5
デフを下ろしますが、デフの上側にサイドブレーキワイヤーが固定されていますので外します。
その後ジャッキでデフを支え、デフを固定しているボルトを外せばデフは下ろせます。
写真の位置がデフの重心ですので、このあたりを支えればよいようです。
デフは40kgほどあるらしく、バランスを崩すと怪我につながりますのでデフを下ろす際は細心の注意をして行います。
6
付いていたデフマウントは交換歴があるらしく、片側の角度が90度ずれていました。
また、片側は液漏れしていました。
これを新品のデフマウントを圧入しておいたブラケットに交換して元に戻します。
元に戻す際はドライブシャフトがデフに確実に刺さったか確認することが大切です。
ロードスターでデフを下ろした後にドライブシャフトの挿入が甘く、走行した際にその先端が折れて走行不能になったことがあります。
7
すべて元に戻せたらデフオイルを入れますが、今回はオイルさしで入れてみました。入れる際に少しオイルがたれますが、数回に分けて入れることができました。
先端は写真くらいの長さにカットしないと周りに当たって入りませんでした。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ミッションオイル交換

難易度:

CUSCO LSD OIL 80W-140

難易度:

シフトレバーダストブーツ交換☆

難易度:

ミッションオイルとデフオイル交換

難易度: ★★

覚書 デフOH

難易度: ★★★

7号車 クラッチトラブル

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

S-R&Tです。よろしくお願いします。 ニックネームの「S-R&T」は 「Slow Repair & Tuning」を略したものです。 細く長く車を楽しん...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
マツダ RX-7に乗っています。 平成6年式の2型です。 ロードスターに乗っていましたが ...
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
RX-7の前に乗っていた車です。 ボルトオンターボ仕様で乗っていました。 DIYでエンジ ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
妻の車でした。 結婚前から乗っていました。 1000cc、走りの5速です。
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
大学生のころ乗っていました。 DIYに目覚めた車です。 タービン交換、クラッチ交換、エン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.