車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2014年03月21日 イイね!


前回の懸案だったテクエジ電源にスイッチを設けてみた。
(写真右下)

エーモンのロッカスイッチ・DC12V-15Aを使いました。
取付部分は奥行きがあまり無く、スイッチの端子を曲げて配線しています。

センサーキャリブレーションをして電源を入れ、HEAT→LEAN 表示を見てからセンサーを取り付けようとしたところ、今度はモニター表示が「nd」のまま動きません。


モニターとテクエジ本体がつながっていない時にこの表示を出すようですが、チェックしてもカプラーはちゃんとささってます。

センサーキャリブレーションソフトとか、電源とか落としても状態は変わらず...。

LEAN張り付きからどうも安定しない2Yは今後時間をかけて調べ...本体リフラッシュで治ったw

テクエジセンサーは#2のボスは使わず、触媒手前にもう1つボスを付けてからと思っていましたが、ブラインドプラグが結構簡単に緩むので、プラグ代わりにセンサーをつけました。

結局、遠征にはひっぱり出してきた2A0、バックアップに2Yという構成に(笑)

ユニバーサルO2に替えておいて、ホント良かった...。
Posted at 2014/03/21 14:13:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | RS作業 | 日記
2014年03月16日 イイね!
今度の遠征は純正ECU(BPS5)で行くつもりなのですが、今までテクエジのNB-Simでフィードバックさせているのを、純正O2センサーと丸々入れ替えできる「ユニバーサルO2センサー」に交換し、仮にテクエジにトラブルが起きても大丈夫な様にしてみました。

・購入したセンサー
ボッシュ(BOSCH)ユニバーサルO2センサー
15733(LS602/LS615)


センサーとハーネスをつなぐコネクター。


ボッシュセンサーのハーネスの長さが、純正センサーと同じくらいでしたので、中継コネクターは使わず、手元にあった070防水コネクターを直挿ししました。


使用コネクタ(純正と同形状)

TycoエコノシールJシリーズ・マークⅡ070型4極防水プラグ
hi-1000.com


純正結線は下記表のTypeBだと思われます。





結線もサクッっと終わり、ユニバーサルO2をフジツボマニの#2にあるボスに取りつけ。
触媒手前のボスに従来どおり、WBセンサーという構成になりました。
テクエジには空燃比表示のみに専念してもらいます(笑)


で、嬉々としてエンジンをかけてみると、テクエジは「LEAN」と表示されます。
冷間始動直後なので、「Rich」ならわかるんですが、「薄い」とはこれいかに?

そういえばテクエジなどの空燃比計は、リッチ過ぎるとリーン表示する事を思い出し、しばらくそのままにしていると、LEAN→Rich→10→14.7となったので、ああやっぱりと。
ただ、その後「LEAN」に表示が張付いたので非常に焦る(笑)

冷間始動直後(水温増量補正中)はO2フィードバックしていないので、ユニバーサルセンサーは関係無さそうです。

それよりも、取り外したセンサーに付着した水滴の量に驚きました。

水滴をふき取った後、センサーキャリブレーションをしたら幸いにも従来の動きになり、LEAN表示もしなくなりましたが、大量付着した水滴が何かのきっかけになったかも知れません。

テクエジの電源(センサーヒーター電源)はACCから取っており、IGオン直後からセンサーは熱くなります。

ソコに水滴が付着すればセンサートラブル、もしくは破損を招きかねないので、テクエジ電源は別スイッチを設け、完全暖気後に空燃比計電源「ON」という感じにしようかと。

また、ユニバーサルO2センサーはハーネスを延長し、触媒前のボスに移設。
#2ボスはブラインドプラグで栓をしました。
スイッチ回路が出来るまではWBセンサーとテクエジは外しておきます。

実に9年ぶりに空燃比計無しでその辺りを走ると、従来あるべき姿なのに結構不安なものです(笑)
Posted at 2014/03/16 20:14:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | RS作業 | 日記
2014年03月08日 イイね!
今日は遠征用の3.9ファイナルデフをロドスタに付けました。

先週にカワモト号のデフ交換をしていたので、段取り良く作業が進み、午前中には交換終了。

ドリブンギア交換が必要か確かめる為に、速度表示するメモリーナビを装着してその辺りをぶらっと走ってきました。

5速&3.9ファイナルの組み合わせに違和感を感じるかも...と思いきや、上り坂でギアを1つ落とさないとしんどい状況が少しあったくらい。

ワタシが鈍いのかも知れませんけど(笑)


速度の誤差は、メーター読み40km/hに対しナビ表示43km/hくらいでした。

メーター読みに対し、実際の速度が速い方向ですから、気をつけないといけませんね。

遠征時はナビをつけて行きますし、これ位の誤差ならドリブンギアの交換は必要ないかな?


おまけで作業の様子など。

あまりこんな景色は見ません(笑)
右から今回取り付けた3.9&トルセン、4.3カーツ機械式、カワモト号から外した謎デフ。


ブリキバケツにヒーターを放り込んで、デフオイルを湯せんしてます。


パンタジャッキにアダプターをつけ、バイクジャッキと組み合わせてデフアッシーを降ろしたり載せたり。


こんな感じで使ってます。(写真は先週のカワモト号)



遠征準備で1番手のかかる作業が済んだので、かなり気分が軽くなりました。
あとはプラグ交換と、出来たらエンジンオイルとワイパーの交換もしたいなぁ。
Posted at 2014/03/08 23:18:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | デフレンシャル | 日記
2014年03月02日 イイね!
今週末は某K氏のデフ取付け(アシ交換のついでにやってしまいました)と、家グルマの車検前整備などでフル稼働でございました。

家のクルマはプレマシーCREW。
フロントローターの歪みでジャダーやパッドの鳴きが結構出ていますので、車検を機にローターとパッドを交換します。

・フロントローター(パロート)、パッド(MKカシヤマ)
・リアローター(ディクセル)、パッド(MKカシヤマ)
総額3ユキチくらい。

リアキャリパーピストンは回して戻すタイプ。初めてなのでドキドキしてます(笑)


ピストンに2つあるクボミのピッチは20mmくらい。
このクボミにピストン戻しの突起をはめ込んで押し戻します。





<以降自分用メモ>
リア内側はほとんど減ってない?


外側は結構減ってる。


パッド面の形状が少し違う。


・リアローター交換まで
ピンを外す。(跳ねるときがあるので注意!)


HEXを上下外す。(締め付けトルク・フロントリア共30Nm)


キャリパーを手前に引いて外す。
バネのようなものが付いたパッドは内側。


キャリパーブラケットを外す。(締め付けトルク・フロント90Nm、リア70Nm)

ジャッキボルト用のサービスホール(ネジきり穴)は無いので、裏からプラハンでローターを叩く。

◇走行距離51000km
Posted at 2014/03/02 18:27:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | プレマシー | 日記
プロフィール
【メインページ】 http://gengen.jp   ・エンジンやECU、サスペンションなど「バランスを崩さないチューニング」をモットーにしています。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2014/3 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
リンク・クリップ
ISC制御 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/24 22:19:36
オイル選び 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 21:59:26
海外通販 ≪注文と支払い≫ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/26 14:36:05
ファン
101 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
バランスを崩さない仕様変更がテーマです。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.