• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GEN@RSのブログ一覧

2015年01月26日 イイね!

バネレートとダンパーストローク



10年ほど前に書いた本家記事に加筆、リメイクしてみました。

独断と偏見によりますが、ワタシがするサスペンションのお絵描きは、この表を元にしています。

参考になればいいなぁと。
関連情報URL : http://gengen.jp/
Posted at 2015/01/26 12:38:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマネタ | 日記
2015年01月23日 イイね!

YZ TGダンパー【検討編】

5年ほど前に新調したサスペンションですが、ちょっとした段差を乗り越えた時の「ガツン!」とした衝撃が結構気になってきた。

フロントに入れているYZのYZFAF(廃番)は、もともと減衰が非常に高く、ゴツゴツした動きをするショックなので仕方ないところですが、今後バネレートを上げる予定も無いし、よりツーリングが気持ち良くなるよう、メンテナンスのコストなども考慮して、次期ダンパーを考えてみました。
(今回はとりあえずフロントのみ。)

今後ロードスターに乗っていく上で、自分の理想に近づくモノは?と検討した結果、

YZのTGダンパーを選択。

ロードスターのフロントに使えそうなのは、フルタップのTGだとケース長2種類、ロアブラケット長2種類ではないかと思います。

非フルタップのTG-bの方は、上記フルタップのケースをベースに非調整のロアブラケットと丸首ブッシュを取り付けて非フルタップにしたものです。

まず、YZサイトには各部品の寸法が記載されていますから、それを参考に図を描き、求める寸法になる組み合わせを確認しました。

FAFではケース長が短く車高を上げる事に苦労したので、ケース長275mm以上が前提条件。


・TGケースデータ


・TG-bケースデータ

※各ショックロッドはショート化出来ます。


以上のデータを元に、下記事項を考慮して寸法を探っていきます。

1.アームロック時のロッド余裕。
2.タイヤ天突き時のロッド余裕。
3.自由長178mmバネ(8k)の最大許容ストロークと線間密着長。
4.プリゼロでのスプリングロアシートとアッパーアーム位置。
5.現状の1G車高を再現するカラーの組み合わせ。


図を色々描いていると、フルタップにした場合採用するロアブラケット長によっては、アッパーアームに干渉する可能性が出てきたので、手持ちのダンパーでその様子を確認してみました。

ロアブラケットで使えそうなのはL=85、もしくはL=115。
長い方のブラケットに丸首を付けると全長150mm程になります。

手持ちダンパーの同じ位置にテープでマーキング。
バンプタッチ~伸びきりまでストロークさせました。



おおう...なんか厳しいな。

という訳で、ロアブラケットはロードスターに使うならL=85をオススメします。


ほぼ仕様が決まったところで、YZさんから見積もりを取ってみる事にします。

すると、左右セットで2万ユキチ以上の価格差があることがわかり、またピロ受けにする場合、ステム径を12mmにサイズアップした方が安心だよ、というアドバイスをいただく。

手持ちはすべて10mmのナットやカラーですから、M12のピロナット(結構お高い)を追加購入しないといけません。

うーむ、費用対効果を考えると、どちらを選びナニを得るのかシビアに考える必要がありますな。

欲しいストロークはどちらもショート化で実現できます。
とすると、ケース長が同じならTG-bの方がロアブラケットが無い分ケースが長く、オイル容量が多い事になるなんじゃないか?

耐久性の面で有利になるし、某氏からのヒントによりプリゼロで車高を微調整する方法を思いついた事から、最終的に非フルタップのTG-bにしました。

左からTG-b、直受けアッパーFAF、ピロ受けFAFです。(すべてプリゼロ時)
ハッチングはショトストローク化のためにカットする部分。


なんかぼんやりしてますが(笑)


今回はワタシが実測したものと、TGをお使いの方から教えていただいたデータをベースに最終仕様を決め、オーダーメイドしています。

仮に記事を見た方がそのままのデーターで発注し、万一不具合が出た場合申し訳ないですし、最終仕様の寸法は、ワタシとデーター提供などアドバイスいただいた方のノウハウが詰まっています。

そうして得たデーターを簡単に出したくないという思いも正直あるので、このようにさせていただきました。

いつも遊んでいただいている方々と、アシ談義でお話するのは全然大丈夫なんですけどね


という訳で今回はここまで。 次回はTG-bの部品構成などを紹介します。

何故なら昨日発注なので、まだブツが届いていないのだ(笑)
早く届かないかな~


最後に今回ダンパー仕様の検討にあたり、多大なる協力をいただいたお二方に感謝します。
ありがとうございました。

うえしま院長☆ さん

aki@rs さん
Posted at 2015/01/23 16:29:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | YZTGダンパー | 日記
2015年01月07日 イイね!

アシの仕様変更完了





前回の仕様に5mmのカラーを追加しました。


それに伴い、スプリングシートも5mm上げ、アームロックの確認。



干渉する位置が変わってます。



ストローク余裕はほとんど無くなり、確認はシックネスゲージでやりました。



2mmもありませんね...。



タイヤ天突きでは、18-5=13mmの余裕。



スプリングシートとアームの間隔はこんな感じ。



バンプラバーは約25mmなので、まあ、大丈夫でしょう。




ホイールを付けると、どの位サスが伸びているのか分ります。

フロント


リア




ピロ受けと直受けの比較。
これで最終仕様となります。




同じレートで自由長が長くなると、ストロークの懐が深くなる感じになりますね。
しなやかさが増すというか。

より街乗りが楽になりました。

ただ、ピストンスピードの速い領域では、減衰が高い感じがしますので、次期アシはその辺りも考慮してみようと思います。
Posted at 2015/01/07 14:54:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | ブログメモ | 日記
2015年01月04日 イイね!

車高、低くなりました




今日は比較的気温が高く、少し時間ができた事もあり、件のアッパーを(我慢できずに)取り付けてしまいました。

まずは外したピロ受け仕様の全長を測定。

んん?439mmって予定と違って少し長い(汗)


思ったよりカラーが入っていました。





とりあえず自由長178mmのスプリングを外し200mmをセット。
アッパーを載せ、ショックロッド上面からピロ下面の隙間を埋める高さを確認します。

数種類のカラーを組み合わせた結果、30mm程の高さとなりました。



ピロナットを締めつけて測った全長は431mm。
コレはほぼ予定通りなんだけど...。


車高下がりそうだなァ。


ロッドの伸ばし代を把握すべく、アームロックを測定。


アームはショックのスプリングシートに干渉します。


余裕は7mm程。



次にタイヤ天突き時の余裕は、


20mmでした。



以上の結果から、5mm位ならカラーを追加して車高を上げる事は可能のようですね。

余裕は全くありませんが...。


少し走ってなじませると、車高はピロ受けの時に比べて結構下がりましたので、次の機会にカラーを5mm追加しようと思います。

以上、メモ的Blogでした。
Posted at 2015/01/04 22:29:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | ブログメモ | 日記
2015年01月02日 イイね!

新年あけまして

新年あけましておめでとうございます。

今年も去年同様、ボチボチとロードスターのメンテやチューニングをやっていこうと思います。

また、マイジム(大阪舞洲ジムカーナ)の運営も頑張ってやっていきますので、今後ともよろしくお願いします。


で、先日出来た普通のピロアッパーの続き。

最近ちょっとした段差を乗り越えると、フロントの脚回りから「ゴトッ」っと音がします。

ピロのガタか、アーム1箇所に入ったピロブッシュ、もしくはそれ以外の部位かを切り分けるために、直受けのアッパーを使って具合を見ようかと。

ただ、アッパー周りはピロ受けにしていて、車高調整のために結構厚めのカラーが入っていますから、車高を維持するのであれば、その辺り調整が必要になります。

スプリング上部の受けはアッパーの違いで約23mmほど高さが変わるみたい。



ここは下部スプリングシートをアジャストするのではなく、同レートで自由長の長いスプリングで対処する事にしました。

ピロ受けアッパーに比べ、クスコのピロボールは5mmほどハイアッパーになっていて、そこが全長に影響していますね。



減衰の高いYZFAFの突き上げ感が少しでも緩和されたら...いいナァ。

この休み中に組替えしようにも、寒いのと雪が残ってしばらくは走行出来そうに無いので、図を描いてあーでもないこーでもないと、相変わらずな感じの正月になってます(笑)


では皆様、本年もよろしくお願いします。
Posted at 2015/01/02 18:29:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | RS作業 | 日記

プロフィール

【メインページ】 http://gengen.jp   ・エンジンやECU、サスペンションなど「バランスを崩さないチューニング」をモットーにしています。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/1 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

ISC制御 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/24 22:19:36
オイル選び 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/16 21:59:26
海外通販 ≪注文と支払い≫ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/26 14:36:05

ファン

104 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
バランスを崩さない仕様変更がテーマです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.