車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
冬眠明けに上海へ冬の間はすっかりインドア派。
気温とともに活動が低下していく変温動物のように・・・


少しずつ気温も上がってたので、冬眠から目覚めて餌を探しに上海まで遠出してきました。
(1元=19.4円)


上海から手軽に行ける世界遺産は杭州と蘇州。両方行ってしまおうかと思いましたが、上海も見て周りたかったので蘇州は次回に持ち越し。

早朝に上海・浦東空港に到着。エアポートバスの始発で上海虹橋駅へ移動。デカい駅です。



杭州行きの切符は予約していかなかったので駅の窓口で購入。(2等席 77.5元)



座席が書いていない!? 「无座」って??? 自由席ってこと!?

幸い虹橋駅の無料Wi-Fiにつながったので調べてみると「無座」ということだそうで。
つまり乗れるけど席はない・・・ 席が空いていれば座っていいらしいですが。

当日予約で行けるか心配していましたが、席が満席でも移動ができることは分かりました。
杭州まで1時間程度なので大したことないでしょう(^^;)



翌日の上海へ戻る電車の切符は杭州に着いてすぐに入手。無事に指定席取れました(^^)
(1等席 128.5元)

杭州には世界遺産が2つあります。
1つ目の京杭大運河
1400年前に作られた北京と杭州を結ぶ大運河。総延長は約2500 km!!

杭州中心部の武林門近くの水上バス乗り場から「拱宸橋」という運河の名勝地まで行けます。



乗り場の建物に入って並びましたが・・・ 30分近くたっても数mしか進まない(>_<)

この乗り場も運河にあるなぁ~。ってことはすでに京杭大運河に着いている!?



私は世界遺産・京杭大運河を訪れました(爆)

厳密にいうと、「世界遺産に登録されたのは京杭大運河のうち護岸や景観が改修されていない往時の姿を留める断片的な区間水路と、関連する陸上施設も含めた31の構成資産で形成される」だそうです。武林門の水上バス乗り場が含まれているかどうかよく分かりません(>_<)

拱宸橋は早々に諦めて、お次はもう1つの世界遺産・西湖へ。



たくさん歩いたので杭州料理の東坡肉(^^)


(東坡肉 28元@楼外楼)

翌日は上海に戻りました。上海着いたら早速!!


(豚肉小籠包 35元@南翔饅頭店)

レンゲに取り、皮を破ってスープを出そうとしたけど出てこない・・・
ここのはスープが少ないのか!?

2個目はそのまま、

パクリ。

「ギャーーー!!アツい!!」

超有名店の南翔饅頭店ですが、品質にばらつきがあるようで。
そのうち、スープの入っていそうなヤツと入っていなそうなヤツの見分けはつくようになりました。

熱々スープで負傷したので冷却しなければ!!


(鮮果芒果布甸 38元@許留山)

前回上海を訪れたのは2012年、そのときには工事中だったビルが完成しているので行ってみました。新しくできた上海タワー(上海中心大厦)。
高さは632 m。思わずポカーンと見上げてしまいます(^^;)


右:上海タワー (上海中心大厦) 632 m
中:上海ワールド・フィナンシャル・センター (上海環球金融中心) 492 m
左:ジンマオタワー (金茂大厦) 382 m

せっかくなので上に登ってみます(^^) ただし、展望台チケットは180元・・・お高いですなぁ(^^;)



こちら側の近代的な浦東と対岸の歴史的な外灘が対照的で面白い景色ですね。



上海タワーを降りた後は、対岸の外灘をお散歩。



ここに来ると上海に来た~!って感じがします。



ついさっきまでいた上海タワーの頂上はやっぱり高いですね~。



夕食は上海料理の紅焼肉!!


(紅焼肉 48元@上海姥姥)

宿泊先は部屋からの眺めがよさそうだったLes Suites Oriental。テレビ塔がよく見えます(^^)



翌朝の眺めはコレ↓。昨日のうちに展望台に登っておいてよかった(^^;)



今回見かけたおもしろ日本語。



しタス炒め
キノュいためる




シネぅルウォーター

気持ちは分かる。似た形の文字を探したんだろうな。



人を魅惑することが咲く

毎日捨て!もっと健康1day


これは???(^^;)



期待どおりウマかったです!次回は何を食べようかな?(^^)
Posted at 2017/03/25 23:02:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年03月12日 イイね!
タイのタイヤメガーヌの12ヶ月点検の前に、そろそろ換え時のタイヤをニュータイヤに交換しました。
この時点で走行距離は106480 km

2つ連続で台湾タイヤを履いてきました。
今回はピンソタイヤ
タイのタイヤディーラーだそうで、製造はインドネシアです。


新しいタイヤの銘柄はPS-91。お値段2.5諭吉、安かろう・・・なのか!?
製造年週は2016年6週でした。

交換前  Nankang・NS-2 (235/40R18 95H) 今までお疲れさまでした。



1年7ヶ月程度使用で、約33000km走行。
残りの溝は真ん中付近で3.5 mmでしたが、サイド部分はずいぶん固くなっていたようです。

交換後  Pinso Tyres・PS-91 (235/40R18 95W) これからよろしくお願いします。



鈍いせいか、いつもなかなか違いに気付けないのですが、走り始めてすぐに柔らかいと感じました。
ナンカンがよっぽど固くなっていたせいかもしれませんが。
ナンカン・NS-2の前に履いていたフェデラル・SS595からナンカンに換えたときにはこういう感覚は感じなかったので、NS-2のほうがSS595より劣化しやすいのかもしれません。
(両者ともほぼ同じ期間、距離を走行)

タイヤ交換から1週間後に12ヶ月点検してきました。

いつも行っていたDにお願いしようと連絡しました。
でも、詳細は書きませんが「なぜ!?」という扱いをされたので自宅最寄りのDにお願いすることに。
購入してから2回車検を通すまで世話になっていたのに、なんだか残念です・・・

走行距離も107000 km弱ということでクラッチの状態が気になるところです。
エンジンマウントもまだ交換していませんが、気になる振動はありません。

点検の結果、クラッチ含めて問題なしということで安心(^^)



タイミングベルトを75000 kmで換えたので、同じペースでいけば次回の交換は15万km。
クラッチもそこまでもたせられれば工賃の節約になりそうです。
ただ大がかりな整備になりそうなので(諭吉さん的に・・・)買い替えを考えなくもありませんが10万km越えてトラブルらしいトラブルなくいたって順調。
「20万kmイケるんじゃないの!?」という気になっています。

点検の結果は問題なしでしたが、気になるのはルーフラッピングの状態。
施工後3年を過ぎて白い斑点が無数に現れてきたのは前からちょっと気になっていましたがひび割れている部分も発見してしまいました・・・



遠くから見る分には、気付いていないことにするかな(^^;)とも思うんですけど、20万km目指すのならそろそろ貼り替えておいたほうがいいかもですね(>_<)

さて、点検のついでに乗ってみたかったトゥインゴに試乗してきました。



RRゆえの回頭性のよさで試乗コースにあった鋭角の交差点も難なくクリア。

コンパクトさと輸入車ならではのデザイン性でセカンドカーにもってこい。販売も順調なようで人気色だと数ヶ月待ちだそうで。
まだ路上でトゥインゴを見かけたことがないので、これから見かける機会が増えると期待です。

でも、もっとも欲しいセカンドカーは林道だろうと怖いものなしのコイツ↓なんですよね~(^^;)

Posted at 2017/03/12 23:38:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | メガーヌRS | クルマ
2017年03月02日 イイね!
新たな立ち寄りスポット気温と同調して活動意欲も低下中。
ほぼ冬眠状態でございますゆえ、カーライフの大半は通勤という有様であります・・・

とはいっても、楽しい愛車での帰り道はいいもんです。

今日はそんな帰り道をさらに楽しくしてくれそうな立ち寄りスポット柏の葉 T-SITEがオープンしました。


さっそく会社帰りに寄ってみましたよ(^^)

到着は21時。お腹を空かせた私を満たせそうなお店は残念ながら入っていなかったので、T-SITEから向かいの定食屋「めん王」へ(爆)



腹ごしらえも済んで、吟味に吟味を重ねて選んだ書物は・・・




これッス(^^)



今シーズンも頑張ります!!

ここでもモーニングクルーズはあるんでしょうか?

車関連書籍のコーナーが悲しいほどに小さかったので少々不安はありますが、第1回モーニングクルーズ@柏の葉 T-SITEのお知らせを楽しみに待つことにします(^^)
Posted at 2017/03/02 23:16:53 | コメント(4) | トラックバック(0) | その他 | 旅行/地域
2017年01月09日 イイね!
ネパール・ブータン旅行記 エベレスト街道編②ブータン編はコチラ


エベレスト街道編①はコチラ
(ルクラ → ナムチェ)




トレッキング3日目

いよいよこの旅の目的地、エベレストが見えるホテル、Hotel Everest Viewに参ります。

でも、昨夜雪が降って空はまだ雲に覆われています。
雪は止んでいるので、これから陽が射せば雲は消えると思われます。
ガイドが出発を遅らせましょうと言うので、朝食後ゆっくり休憩してからスタート。

8:50 ナムチェ 標高:3440 m 

雪の上を歩くとは思わなかったな(^^;)



少し登った所でナムチェを見下ろしてみます。馬蹄型の街の様子がよく分かります。



シャンボチェの飛行場



カトマンズからヘリコプターでここまで来られるそうです。
時間がなかったり、ルクラから歩いて来る体力に自信がなかったりする人向けです。
ただし、一旦ナムチェに下りて高度順応するようです。

あの建物辺りまで行けば見晴らしがよくなるそうで。



いよいよご対面か!?



うぉぉぉぉぉ!!右からアマ・ダブラム(Ama Dablam 標高:6856 m)、中央は完全に雲に隠れているけど世界4位のローツェ(Lhotse 標高:8516 m)、その左にうっすら見えているのがエベレスト(Everest 標高:8848 m)!!





1. エベレスト Everest 8848 m
2. ローツェ
Lhotse 8516 m
3. ヌプツェ
Nuptse 7861 m
4. アマ・ダブラム
Ama Dablam 6856 m
5. タムセルク
Thamserku 6623 m
6. タウツェ
Tawetse 6501 m

ついにエベレストが見える所まで歩いてきてしまった(^^)

10:40 ホテルエベレストビュー 標高:3880 m



このホテルはすべての部屋がエベレストビュー。
部屋でゆっくりくつろぎながらエベレストを眺められます。



サンルームも備えられていて、寒い時期でもポカポカです。





この暖かいサンルームでランチの親子丼をいただきます(^^)



疲れた体に半熟卵と味噌汁がたまりませんよ。このホテルを作ったのは日本人なので、こんな高地でも日本食がいただけます。

この日は午後から雲が出てしまいました。いい景色は翌日に期待です・・・



トレッキング4日目

タムセルクから陽が射してきました。天気はいいようです(^^)



でも、エベレスト山頂には雲がかかっています。雲の動きが速いので、山頂はものすごい暴風の中なんでしょうね。今、あの上にいたら吹き飛ばされる・・・



最高の景色を眺めながらの朝食。贅沢ですなぁ(^^)



エベレストビューには2泊します。なので、この日はホテル周辺の散策に出かけます。
目的地はクンデ・ピーク。クンデ山の頂上というわけではなく、周辺の山を眺められる展望ポイントで標高は4200 mです。

8:00 ホテルエベレストビュー

クンデ・ピークへの道中、アシスタントガイドも同行してくれるようです。
クンデ・ピークまでガイドしてくれたらチップをはずんじゃおう(^^)



向こうの丘の上(赤丸付近)が目的地のクンデ・ピーク。



8:30 クムジュン (Khumjung)

クムジュン村に着いたら、アシスタントガイドがイヌと戯れだしてガイド業務放棄・・・ チップはなしだ~!!

8:50 クンデ (Khunde)

クンデの村を抜けると登り始めます。



ある程度登って振り返ると、エベレストビューのあるシャンボチェの丘の左側には通ってきたクムジュン村、クンデ村。右側にはナムチェも見えます。タムセルクからエベレストも見えています。



10:00 クンデ・ピーク



標高4200 m。南米・ボリビアで4400 mくらいまでは行ったんですけど、あのときは車で行きましたから。自分の足で到達した最高標高です(^^)

クンデ・ピークからのパノラマ画像









1. クーンビラ Khumbi Yul Lha 5761 m
2. エベレスト
Everest 8848 m
3. ローツェ
Lhotse 8516 m
4. シャルツェ
Shartse 7502 m
5. アイランド・ピーク
Island Peak 6189 m
6. アマ・ダブラム
Ama Dablam 6856 m
7. カンテガ
Kangtega 6685 m
8. タムセルク
Thamserku 6623 m
9. クスム・カングル
Kusum Kangkaru 6367 m
10. ゴンラ
Gonglha 5813 m
11. コンデ・リ5峰
Kongde Ri Ⅴ 6187 m
12. コンデ・リ4峰
Kongde Ri Ⅳ 6093 m
13. コンデ・リ2峰
Kongde Ri Ⅱ 6500 m
14. コンデ・リ主峰
Kongde Ri 6730 m
15. パルチャモ
Parchamo 6187m
16. テンギラギタウ
Tengiragitau 6943 m

6000~8000 m級に囲まれちゃってます。

10:20 クンデ・ピーク出発
11:00 クンデ
11:30 クムジュン
12:00 ホテルエベレストビュー

ホテルに着くとテラスにはお客さんがたくさん。宿泊しなくてもテラスでお茶することはできます。



最高の背景のコーラショット(^^)



昨日と違って、この日は天気に恵まれたので撮りまくります。
雲1つない天気より、少し雲があったほうがその日にしか撮れない写真が撮れていいですね。





アマダブラム エベレストもいいけどアマダブラムがかっこいいんです。




タムセルク





エベレストとローツェ




ここは標高3880 m、エベレスト山頂はここより5000 mも上にあります。日本で5000 m上を眺められる場所はありません。すごい所にきてしまった(^^;)

夕方になると夕陽で山々が紅く染まります。昼間はたくさんいたビジターの皆さんもこの時間にはいなくて、宿泊者の特権です。





夕食は日本食。煮物や茶碗蒸しがおいしいです(^^)





夜になったら満点の星空。







トレッキング5日目

いよいよトレッキング最終日。ルクラまで一気に下る最もハードな1日になりそうです。

7:40 ホテルエベレストビュー

エベレストもこれで見納めです・・・



8:30 ナムチェ
10:10 ジョルサレ

標高差1000 mの激下りが終了。さすがに疲れた・・・

10:20 サガルマータ国立公園入口
10:35 モンジョ
11:00 ベンカール

ルクラはまだ先、でも歩くスピードを上げられない・・・(泣)

11:30 ベンカール出発
12:40 パクディン
13:40 パクディン出発

ランチを食べて元気になったような気がしたけど、それは一瞬・・・ すぐに牛歩状態に・・・(号泣)

たくさんの荷揚げしている人とすれ違います。すごすぎる・・・



14:10 ガート

アップダウンが堪えます・・・

14:30 タドコシ

あの丘の上がルクラ。見えたのはいいけど登るのか・・・



最初の予想どおり最後のルクラへの登りが地獄のようでした・・・

16:20 ルクラ



やっと着いた・・・
歩いた距離は20 km弱でしょうか。荷物は半分以上ポーターにもってもらっていたのに、予想以上に辛かったです。

日本で普段から登山をしていて、荷物はもっと重くて、同じような標高差や距離を歩いたことも何度もあるのに・・・
標高の高さ、寒さ、ここに来るまでの長距離移動の疲れ、心置きなく出発するために残業が増えていたこと、11~12月はトレーニングをサボっていたことなどなど色々な要因が重なったと思います。

それでも、どうにかルクラにたどり着くことができました。あとはカトマンズに戻って、少し休んでカトマンズを見て周ろう。

翌朝、ルクラの天候は晴れ。カトマンズへのフライトも問題ないかと思いきや、カトマンズの天候が悪いということで寒いルクラで4時間待機・・・

午後にカトマンズに到着、ホテルにチェックインする頃にはすでに体調が悪くなっていました。
熱っぽさとお腹の具合が悪い・・・
カトマンズには3泊する予定でした。結局、3日間カトマンズの観光はまったくできず、帰るための体力回復に努めることに・・・(号泣)
ということでカトマンズ編はありません(>_<)

ネパール最終日は大晦日。ホテルの近くの日本料理屋で年越しそばに天ぷらそばを食べました。



日本から3時間15分遅れのネパール。日本の年越し時刻は起きていましたが、ネパールの年越しまでは起きていられず就寝。
翌日はバンコクまで移動しなければなりませんから。
体調不良の状態で25 kgの荷物をもって移動するのは辛いですけど、カトマンズの観光をあきらめた甲斐あってどうにかバンコクまで行けました。
バンコクで1泊して、無事に帰国。

今回ヒマラヤを歩いてみて、エベレストをはじめ7000 mや8000 m級に登る人たちのすごさを実感しました。
ベースキャンプに行くだけでも大変だなぁ。計画段階では標高5500 mのカラパタールにも行けたら~(^^)なんて考えていましたけど、今回の状態ではまずたどり着けないと思います。
これは鍛え直しですね・・・反省です・・・

極度の疲労に襲われ、トレッキング後に倒れるということになってしまいましたが、今回見られたすばらしい景色には大満足です(^^)
地球上、最も高い場所を直に見るという得難い体験をできたことに感謝です。
Posted at 2017/01/09 15:16:29 | コメント(7) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
2017年01月06日 イイね!
ネパール・ブータン旅行記 エベレスト街道編①
ブータンの次はネパールです。ブータン編はコチラ

Druk Airでパロからカトマンズに飛びます。


パロからカトマンズに向かう場合、右側にヒマラヤを見ながら飛ぶと思われます。



ならば、右の窓側の席をリクエストすればいい景色を楽しめるのではないか!?と予想していましたが・・・チェックインするときにはすっかり忘れていて・・・(爆)

もらった搭乗券の座席を見たら・・・ 8F!!

右の窓際の席でした(^^) ラッキーラッキー☆

飛び立ったら、さっそく高そうな山が見えてきます。


お!?あれはもしかして!?



エベレストです!! 噂どおり黒いですね~。風が強すぎて雪が積もらないんですね。



トレッキングで見る前に見てしまいました(^^;)

この日はカトマンズで1泊。翌日からエベレスト街道トレッキングのスタートです。


トレッキング1日目

早朝にホテルのロビーで、お世話になるガイドさんと待ち合わせてカトマンズの空港へ。
カトマンズからエベレスト街道の玄関口ルクラへのフライトの予定でしたが、ルクラの天候が悪いということで待機・・・

こういうときは個人だと不安なものですが、今回はガイドがいるので気楽なもんでポケーっとしていられます。
待つこと4時間くらい。気は抜けていても重要な言葉は耳に入るもので・・・
「Tara Air One Four One to Lukla!!」



ガイドに促されるより先に立ち上がっていました。

30分ほどのフライトでルクラに到着。

雲が近い。なかなか飛べなかったのが分かります。


さて、ルクラ空港。「世界一過激な空港」なんて呼ばれています。
標高の高い山間部にあるという地理的理由や短くて傾斜した滑走路がその理由です。


着陸


離陸


無事でよかった(^^;) でも、帰りもここからか~(T_T)

ルクラでランチを食べてからトレッキングに出発。
荷物の一部はガイドさんが持ってくれるので荷物の重さにはそれほど苦しまなくてもOK(^^)

13:30 ルクラ (Lukla) 標高:2840 m


最初は下ります。下るってことは帰りにキツイな・・・とイヤな予感・・・


荷物を運ぶゾッキョも通ります。彼らも通れるように道は整備されています。
なので危険個所はありません。ただ、彼らが落としていく爆弾がキケン・・・


14:40 タドコシ (Thado Koshi)
15:10 ガート (Ghat)


15:40 パクディン (Phakding) 標高:2610 m


1日目はここまで。
ロッジのお部屋はこんな感じ。ベッドがあるだけの簡素な部屋です。



でも、日本の山小屋のように雑魚寝ではなくちゃんと個室です。
12月末は空いているみたいで泊まったロッジは他に宿泊者はいませんでした。

夜になると、部屋の中でもやたらと寒い・・・ ダウンを着ていても震えてしまうほど・・・
さすがに高地だ・・・ 寝袋に潜り込んで眠ります。


トレッキング2日目

この日はちょいとハードです。

7:50 パクディン (Phakding) 標高:2610 m

この日は昨日と違っていい天気(^^) 奥に見える白い山はヌプラ(Nupla 標高:5885 m)。


9:10 ベンカール (Benkar) 標高:2630 m

タムセルク(Thamserku 標高:6623 m)が見えてきました。


2日目ともなると6000 m級が出てきますよ(^^)

正面の山がクーンビラ(Khumbi Yul Lha 標高:5761 m)。
その手前がシャンボチェの丘。今回の目的地付近です。



9:40 チュモア (Chumoa) 標高:2760 m
10:00 モンジョ(Monjo)
10:15 サガルマータ国立公園入口 標高:2835 m


TIMS (Trekker's Information Management Sysyem)という入講証をチェックされます。
TIMSは事前に旅行会社で申し込んでおきました。 ここ以外にもいくつかチェックポイントがあって、その度に提示します。

10:30 ジョルサレ (Jorsale) 標高:2740 m ここでランチ。
11:40 ジョルサレ出発

ここまではちょっとしたアップダウンの連続。

ここから激登りが始まりそうです。上にかかった吊り橋を渡って、さらに高度を上げていくようです。


急登というほどではありませんが、グイグイ高度を上げていきます。


13:40 チェックポイント

この時点でけっこうヘロヘロ(>_<) もう登りたくない~。

14:00 ナムチェ (Namche) 標高:3440 m


あぁ着いた~(^^;) エベレスト街道最大の街・ナムチェに到着です。

標高差600 m、歩行時間約5時間。数値的にはそんなに大したことないように思えますが、かなり体力を消耗したようです。
熱が出たような症状を感じ、寒さに震えながら夜中に何度も目を覚まします。
やはり3000 mオーバーの高所はひと味違うってことでしょうか。
呼吸も自然に深呼吸になります。
翌日以降ちゃんと歩けるか不安になってきましたが、頭痛や吐き気のような高山病の症状ではなさそうです。
今は寝て体力を回復するしかありません。

朝になり、体の熱っぽさはなくなっていました。歩くのは何とかなりそう(^^;)

3日目はいよいよエベレストに会える日。天気はどうだろう?と窓を開けたら・・・


ミョ~に白いッスね!?

雪降ったんですか!?


エベレスト街道編②に続く
(ナムチェ → ホテルエベレストビュー → ルクラ)
Posted at 2017/01/06 23:48:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 旅行/地域
プロフィール
「冬眠明けに上海へ http://cvw.jp/b/1566418/39512628/
何シテル?   03/25 23:02
ジョーヌです。よろしくお願いします。 RX-7 → Fiat バルケッタ と乗り継いで、2012年6月メガーヌRSを購入しました。 初のおフランス車...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
33 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
ルノー メガーヌ ルノー・スポールに乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.