• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テスタストレっ太のブログ一覧

2017年10月28日 イイね!

FD3S LINK G4+【圧力センサー+メタリングオイルポンプ】

FD3S LINK G4+【圧力センサー+メタリングオイルポンプ】休みになると雨。しかもまたまた台風の影響。
キムキム(´・ω・`)さんからコメントを頂いていたこともあり、今回は圧力センサーを接続して遊びます。それとISCバルブも接続することにします。

圧力センサーを下記のように接続。
センサー信号はLINKのAN電圧3に接続します。
緑/黄 → AN3(黄/黒)
茶/白 → +5V
黒/薄緑 → センサーアース

接続したら「アナログ入力」→「AN電圧3」→「Function」をMAPセンサーへ。
次にMAPセンサータイプですが、LINKには「Mazda RX7 S6」が用意されているので、それを選択しておきます。



で、較正です。
「ECU制御」から「MAPセンサー較正」を選択。



実行するかきかれるので、「はい」。



押した瞬間較正完了。



すると、MAPセンサーの値を示す「MAP(kPa)」と「BAP(kPa)」(絶対圧)が一致します。


その他の色々なタイプのセンサーも用意されています。
Calテーブルを使って任意のセンサーを使うこともできます。



さて、いよいよ圧力に応じてメタポンがどのように動作するのか試して見ます。
園芸用品売り場のスポイトで手動動作なので、元気な負圧域から高ブーストまで圧力自由自在です。

較正した状態でスポイトは弄ってない状態から・・・



負圧域・・・




正圧域も。
メタポンのステッピングモーターも動きました。
動作音は殆どしません。微かに「ミッ・・」て音がするくらいでした。
マップはデフォルトで入っている数値なので、適当な場所を100%とかにするとわかりやすいですね。
実際にオイルを流してみたいっす。


ちなみにISCバルブもついでに接続しました。
AUX2と青/緑を接続、黒/黄とIGNを接続しました。


接続したらAUX2の「Function」を「ISCソレノイド」に設定、周波数を200Hzにします。


因みに「Function」を「テスト(PWM)」にすると動作テストが出来ます。
色々な周波数での動きが試せます。



あとはパワーFCでメタポンの動きを確認したいのですが、雨・・・晴れて欲しい。

メーター風に配置してみたら、早く取り付けたくなってきた。
Posted at 2017/10/28 23:59:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年10月21日 イイね!

FD3S LINK G4+【メタリングオイルポンプ】

FD3S LINK G4+【メタリングオイルポンプ】雨降ってるのでメタポンをLINKに接続して遊ぶことにします。

LINKの説明書を見ると、FCとかFDという表記ではなくS4~8で記載されています。
RX-7 FD3S型ではS6、S7、S8の三種類。wikiで調べてみると以下のようになっています。

S6は1992–1995(前期)
S7は1996–1998(中期)
S8は1999–2002(後期)

因みにFC3Sでは以下のようになっていました。
S4は1985–1988(前期)
S5は1989–1992(後期)

自分のは2型FDなのでS6の前期になります。
では、遊びましょ。

まずはカプラーを部品取りのハーネスから拝借。


写真の右上の6本がステッピングモーターを制御していて、左下3本がメタポンのポジション信号の部分です。つなぎ方はLINKの説明書見たほうが解りやすいので割愛。

【ステッピングモーター側】
黒/白 → EGI(メインリレー)
黒/黄 → SM4
黒/青 → SM2
黒/薄緑 → SM3
黒/橙 → SM1

【ポジション信号側】
茶/黒 → センサーアース
茶/白 → +5
緑/黒 → ポジション信号


で、結線完了。


LINK起動。
基本の設定箇所は主に以下3箇所。
・AUX出力 「AUX5~8」の「Function」を「REオイルポンプ」に設定
・アナログ入力 「AN電圧2」の「Function」を「REオイルポンプPosn」に設定
 較正を「Cal4」に設定
・アナログ入力 「Cal4」の入力値Aと入力値Bを設定(ここは後ほど)

続いて較正。
AUX8の「Stpモーター較正」を「フルClosed」に変更すると、ステッピングモーターが全閉になります。で、ポジション信号を入力しているアナログ入力の「AN電圧2」の電圧をメモ。「フルOPEN」の設定して同様に全開時の電圧をメモ。


因みにアナログの「AN電圧2」のFunctionを「電圧0-5V」に設定すると電圧が表示されました。電圧の確認が終わったら、アナログ入力 「AN電圧2」の「Function」を「REオイルポンプPosn」に戻しておきます。


全閉の電圧を「Cal4」の「入力値A」に入力、全開の電圧を「入力値B」に入力。


「AUX出力」の「REオイルポンプ/クローズドループStpモーター」の数値をあれこれいじってみます。0~100%になるように、入力値A,Bを調整。
燃料温度センサーつなげてみたら室温19℃でした・・・


まぁ、100%になる事はないとは思うけど調整。


と、調整してみたもののこの方法で合ってるかな??
Posted at 2017/10/21 20:18:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年07月10日 イイね!

FD3S LINK G4+【燃料温度】

FD3S LINK G4+【燃料温度】LINK化に本腰入れようかと。思ったり思わなかったり。。
時間が取れたときにやる感じなので、1年くらいで出来ればいいかな、と。

FDには燃料温度センサーが、セカンダリーインジェクター側のデリバリーパイプに付いてます。それを外して適当なビンに入れてからお湯を注ぎます。温度計も。
お湯が冷めていくにつれて変化する抵抗を調べて記録していきます。


LINKを開きます。
結果、こんな感じ。
整備書に載っている特性のグラフと同じはなっていないので不安。
0℃~80℃は実測なんだけどなぁ。大丈夫かな。

一応、前期用のプラグインデータをベースにしました。
AN温度3が燃料温度。LINK側BコネクタのAN温度3(黄/赤)へ、センサー側の茶/黄を接続します。
センサー側の茶/黒をBコネクタのセンサーGND(緑)に接続します。



計測した抵抗値は[AN温度3]の燃料温度のセンサータイプを「Calテーブル3」に設定して



「Cal3テーブル」に入力しました。



で、純正ハーネスは加工したくないので、FCONハーネス間に挟む仕様を目指します。
すっきり出来ればいんですけどね・・・



LINK画面で確認してみた。
実測したCalテーブルを使った場合の温度。
エアコンを27℃設定、部屋の温度計でも27℃でした。。

因みにAN温度3には、最初「Std Bosch NTC」が選択されています。
これを選んでみても同じような温度になります。



ヘルプで調べてみると、実測した値は、「Std Bosch NTC」の抵抗値同じような値になってました。
手っ取り早く設定するにはこれを選んでもOKなのかな、と思いました。


次はいつ時間が取れるだろうか・・
Posted at 2017/07/10 19:19:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | LINK G4+ | 日記
2017年07月01日 イイね!

エアポンプ関連部品撤去。

エアポンプ関連部品撤去。これもかなーり昔に買ってあった部品。ちゃんとした触媒もつけてることだしちゃんと付けようと思います。

インマニについているエアコントロールバルブ。エアポンプや、触媒に繋がっている部品。


今の仕様では不要なので取り外します。


なかなか鮮やかな色ですが取り付けたら見えなくなるんですよね。


で、最近、アイドリングからアクセル踏んでもすぐに燃料噴かない時があってギクシャクする事があるんです。いつも起きるわけではないんです。スロポジなのかインジェクターなのか原因はまだ突き止めていないのですが、せっかくスロットル周りをバラすのならと、スロポジでも買おうとディーラーへ。


ところが在庫なし。
バックオーダーがある程度の数にならないと生産されないらしく、次の納期は11月中旬予定とのこと。値段も¥16,000程とかなりの金額。
とりあえず注文したけども・・・

スロットルのリンケージとか周辺のバネとか細々した部品は生産終了でした。
ダッシュポッドはまだありました。

生産終了となった部品でもある日突然注文可能になることがあるそうです。生産可能な業者が見つかったことが再販の理由との事でした。

生産終了が多くなると、好きな車に乗りたくても部品が無くて乗れなくなる日は確実に来ます。
色々事情はあるんでしょうけど、生産終了と聞くたびにかなりガッカリします。
新車販売台数よりも、車種別部品販売数が知りたい今日この頃。
Posted at 2017/07/01 17:05:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | FD3S | 日記
2017年04月09日 イイね!

日曜大工xFDx触媒

日曜大工xFDx触媒雨がなかなか止まないので、木っ端の寄せ集めでスロープなんぞを作りました。というかちょっとカットして釘で固定しただけ。80mmアップするのでジャッキアップも楽になりました。


せっかくこんなの作ったんだからと、FDをまた宙に浮かせて触媒を交換です。
純正触媒が貴重に感じて踏めないんです。


しっかりA/F用ボスもあります。


中身。


そう、エアパイプがありません。エアポンプレスになります。
ついでに排気温度センサーを取り付けるところもなくなっちゃいましたけど。


排気温度警告灯が点きっぱなしになるので、カプラを用意してショートさせとけば警告灯点かない。
排気温度計とA/Fがセットで付けられます。そうだ、排気温度計はハチロクから奪おう。


ベルト、プーリー、エアポンプを外していきます。


で、トラストのプーリーとベルトを取り付け。エアクリを上向きに。しかし、遮熱板作らないとデチューン&ノックの危険度アップ。


ベルトもまだまだ大丈夫。


FDで使うA/F計はPLX。
リトラスイッチのとこだけパッドをカットしてるのは理由があるのです。
スイッチとのクリアランスがギリギリ過ぎて、ボディが軋むと勝手にリトラが開いたり閉じたり・・・対向車は何事かと思ったでしょうねw突然パタパタ開閉するもんだから。


ハチロクは穴という穴を塞いで冬眠準備。


LINK用にF-CONハーネスをほぐしたり。


久しぶりの日曜休み。
満喫した気がする。
Posted at 2017/04/09 18:41:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | FD3S | 日記

プロフィール

「真っ二つ~」
何シテル?   11/05 10:34
テスタストレっ太です。 ドカのエンジン、テスタストレッタから適当に決めた名前です。 が、ドカはもうありません。 2011年まで・・・  SAx1...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

フラットシフト点火カット解説 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/20 23:07:06
ワイパーモーター交換(他車種流用) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/03 19:02:04

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
自分にとっての原点回帰。 ロータリーが自分の原点。
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
2012年。 試乗したその場で即決購入。 見た目は後期レビンですが元は後期トレノ。 グ ...
ドゥカティ 999S ドゥカティ 999S
日帰りツーリングばかりです。 まったりツーリングには不向きですね。 ゆっくり走らせて貰え ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
「人馬一体」 マツダが好きなので購入。 あえて前期。レギュラー仕様だから。 エアクリが ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.