車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月25日 イイね!
シックなセダン。カペラ アラン・ドロンバージョンこんばんは♪



今回もカタログから、GCカペラのアランドロンバージョン(カタログは1986年1月)です。


アランドロンバージョンは後期型のカペラにあった特別仕様車ですが後期型では兄弟車のフォードテルスターにある5ドアがカペラに加わってなのかセダンも車種が整理され、ベース車はセダン・1.8SG-Rでミッションは5MT、4ATで全国限定750台、ボディカラーはドーバーホワイト。


80年代というとCMキャラクターを務められた有名人の名が付いた特別仕様車が多くあり、季節ごとに特別仕様車が出ていたことでインパクトのアルト「麻美スペシャル」、カルタス「タチバージョン」、そして、日産のスカイライン「ポールニューマンバージョン」、グロリア「ジャックニクラウスバージョン」などの中では少し影が薄かった感じのあるカペラ・アランドロンバージョンのように思います。(私感です。笑)




シックなセダン。ということで真面目なセダンなカペラであると思います。















①⑦⑧⑩はセダン1.8SG-R標準装備
❷❸❹❺❻❾⓫はアランドロンバージョンの特別装備





シートのサイン、サイドのストライプ、一瞬何かな~と目立たないけれどフロントフェンダーとカギにADマークもアランドロンに。(笑)

それ以上にカタログに書かれてあるADマーク入りイグニッションキーからはドロンの手のぬくもりが直接伝わってくるようですに大きく反応です。(爆)
幾つかの有名人の名をあしらった特別仕様車がある中、クルマは地味なアランドロンバージョンながらカタログに書かれてある言葉にはインパクトがありますね~。





実車ではアランドロンバージョンを見たことがありません。
Posted at 2017/02/25 21:12:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 80年代 | クルマ
2017年02月24日 イイね!
トヨタ・カリーナ誕生10周年1600GT特別記念車こんばんは♪



今回はカタログから、カリーナ誕生10周年1600GT特別記念車(カタログは1980年10月)です。(笑)


カリーナでは2代目となる40系のヘッドライトが丸目4灯から角目4灯になった後期型での1980年秋。








カタログには通常カタログモデルの1600GTシリーズ、2000GT、そして、2T-GEU、18R-GEUエンジンも掲載、1980年秋ではDOHCエンジンを搭載した車種があったのは昭和50年前後の厳しい排ガス規制の影響もあってトヨタといすゞだけだったのでカタログでもDOHCエンジン車を押しにしたかったのでしょうね~。


で、このカタログでのメインはカリーナ誕生10周年1600GT特別記念車です。(笑)





特別記念車の特別な装備
アルミホイール
ハロゲンヘッドランプ
フォグランプ(専用)
サイドロゴマーク
マッドガード(専用)
AM・FMマルチラジオ
シート&ドアトリム(ストライプ入りモケット)
ヘッドレスト(ファブリック)
ツートーンカラー(ブラックメタリック/シルバーメタリック)





個人的にはこの時代あたりまでのトヨタのGTグレードにアルミホイールはちょっとなぁ~、やっぱり、カタログモデルのカリーナGTが履いている鉄チンのGTホイールが好み。
サイドのロゴマークにマッドガードにフォグランプカバー、どれか1つに10周年、限定ならまだしも3つも10周年、限定のロゴはちょっとくどくなってしまうし、GTグレードに豪華な装備も40カリーナは違うかなぁ~と感じるものの、今カタログを見ると、この1600GT特別記念車の珍しさにクラクラです。(そこかい 笑)
Posted at 2017/02/24 18:05:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 80年代 | クルマ
2017年02月22日 イイね!
VWゴルフ特別限定モデル カントリーこんばんは♪



今回は以前のイベントで見たクルマ、VWゴルフ特別限定モデル カントリーです。



ゴルフ・カントリーは1989年のジュネーブショーでGOLF SYNCRO PROTOYREとして発表。
フルタイム4WDシンクロをベースに車高アップや床下パイプ・グリルなどを装備したRVモデルで、1990年4月~91年10月に生産がされました。

日本には1991年6月にヤナセを通じて110台が輸入・販売がされ価格は304万円、台数が少なかったこともありプレミアが付いて一時期380万円まで跳ね上がったこともありました。(驚)






輸入・販売された110台の内訳
モンタナ・グリーンメタリック 15台
ブライト・ブルーメタリック   30台
ブラック             65台

全長4230mm 全幅1715mm 全高1565mm ホイールベース2475mm
最低地上高190mm






ヤナセにより輸入・販売されたボディカラーには赤はなかったので赤いボディカラーのカントリーは珍しいですね。

カントリーが販売された当時、どちらかというと輸入車より国産車の方が興味が、でも、輸入車の中でゴルフカントリーはイイなぁ~と思いましたが新車で300万、プレミアムが付いて380万円まで行ったときにはプレミアム?そうなって来ると熱も冷め、セフィーロを購入したばかり(アホ)、カントリーはイイなぁ~と妄想であの時は終わりました。(爆)
Posted at 2017/02/22 20:45:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 90年代 | クルマ
2017年02月21日 イイね!
MX-40初代チェイサー・セダンSXLこんばんは♪



2016年の年末に見に行った市内の中古車屋さん、またまた、懐かしのクルマがあります。(笑)


初代チェイサー・セダンSXL




年式は1980年ということなので初代チェイサーでは最終型、エンジンは6気筒2000ccのキャブレターのM-U型で4速マニュアル。


初代チェイサーのイメージはセダンより2ドアのハードトップの印象が強く、兄弟車のマークⅡはハードトップよりセダンの印象がありますが、この中古車のセダンのチェイサーもイイ(笑)、何と言ってもノーマルの個体が今の時代に残っているのが素晴らしいですね。



調べてみると当時の新車価格は東京地区チェイサー・セダンSXL 4速MT M-U型エンジンは120.4万円(チェイサーデビュー当時の価格、個体は最終型なので少し違うかもしれません。)







で、初代チェイサーのCMキャラクターというと草刈正雄さんですね~。
今では現行のスズキワゴンRのCMキャラクターをやられていますが草刈さんのイメージは初代チェイサー、ドラマでは赤いギャランΛです。(古 笑)
Posted at 2017/02/21 20:55:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 80年代 | クルマ
2017年02月20日 イイね!
美しくなければ車ではない。トヨタ・スプリンター ハードトップ、クーペこんばんは♪



先日、太陽にほえろ!の覆面車、TE71スプリンター・トレノを取り上げました、今回はカタログからE70系スプリンター・ハードトップ、クーペ(カタログは1979年5月)です。


E70系スプリンターは1979年3月23日、兄弟車のカローラと同時に発売。
E70系の先代までは2T-GEUエンジン搭載はスプリンター、カローラではトレノ、レビンだけだったのがE70系では4ドアセダン、ハードトップ、リフトバックにも搭載されトレノ、レビン以外はGTのグレード名となりました。


ハードトップ1500SE


カタログ、CMでのメインはハードトップ、実際に当時はスプリンター・カローラシリーズではセダンが一番の売れ行き、その次に来るのがハードトップ、よく見かけたように思います。
そして、カタログにも書かれている「美しくなければ車ではない。」、なかなか、挑戦的なキャッチコピーですね~。(笑)


クーペ1500SR



ハードトップ1500SE


1500SEの車内、先日、カタログを見たslcinquecentoさんがオプションのカセットステレオ・AM/FMマルチラジオの部分をみて向きがおかしくない?(爆)
さすがです。



このカタログでは写真がなかったのですがカローラのカタログから、可動式アッパーコンソールボックスと呼ばれる装備でセダンを除く、SE、SR、GT、トレノに標準装備。


トレノ


27トレノ、レビンから見ると少し大人しくなってしまったデザインですね。




エンジンは1300が3A-U、1500が4K-U、1600が2T-GEU




SEにオプションの樹脂ホイールキャップ、懐かしいデザインのホイールキャップです。(笑)
トレノ、GTのサイドのDOHC-EFIのテープストライプ、モールと合わせて2本線がカッコ良かった~。


ハードトップ GT、SE


ハードトップ XL、DX


E70系の初期にはまだハードトップ1300XLのみATは2速とまだまだスプリンタークラスではAT車が一般的ではなかったですね~。
数か月後に1800が追加された頃に1500に3AT、1800にも3ATが追加されたような…、また、マイナーチェンジにより1300のATも3速ATに…(記憶は曖昧です~。笑)


クーペ トレノ、SR


トレノのミズリーグリーンメタリック、クーペ全車に設定のあるボディカラーですがレビン、カローラクーペを含めトレノ、クーペで実車では見た記憶がありません。


クーペ ST、DX







美しくなければ車ではない。…あなたが来なければ発表会ではない。…すごい、CMですね~。(笑)
Posted at 2017/02/20 20:20:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 70年代 | クルマ
プロフィール
「2月7日からBS12で「傷だらけの天使」がスタート! http://www.twellv.co.jp/event/kizudarake/
何シテル?   01/28 21:01
Gris Boreal(グリ ボレアル)です。よろしくお願いします。 イタリア・フランスの車、80年代の国産車が好みで、中でも希少車といわれるような台数が少な...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
1月の有明会で見た車 その4 初めて見るフェラーリ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/13 21:41:41
レックスの保存について考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/08 20:21:01
ねこだにゃんさんのスバル レックスコンビ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/02 17:34:06
ファン
140 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー カングー ルノー カングー
2001年1月登録のルノーカングー1.4RXE Autに乗っています。 判を押したのは ...
ルノー エスパス ルノー エスパス
初代エスパスの後期型、ガソリン2.2L TXEです。 初輸入車、カングー愛車にし、その直 ...
シトロエン AX シトロエン AX
1991年式のTRSです。 今では一部の国産軽自動車を除いても、軽い車両重量790Kg ...
トヨタ カムリグラシア トヨタ カムリグラシア
ボディーカラーはダークブルーマイカメタリック 保有期間は1997年1月~2001年1月 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.