• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年02月26日

選べる、着がえる、7色シート。マーチ・パンプス。

選べる、着がえる、7色シート。マーチ・パンプス。 こんばんは♪


今回もカタログから初代マーチ(カタログは1986年9月)です。(笑)


初代マーチは1981年の東京モーターショーで参考出品車が登場、車名を一般公募から募集し全国から565万通もの応募でマーチと決定しました。応募の数字から新しい日産コンパクトカー期待も大きかったのでしょうね。当時、このCMが流れていたことを思い出します。(笑)






デザインはジウジアーロ氏、1982年10月に発売がされました。


当初はマーチ、3ドアのボディだけでスタート、のちに5ドアも追加となりますが初代マーチのイメージは約10年近いモデルもラインナップの多さもあるのでしょうが3ドアというのがありましたね~。

カタログを開くと最初に登場するのは“ターボ”、なぜかブログに書くときにターボを強調してしまいました。(謎笑)
4気筒1000ccでグロス85psのECCSターボです。




パンプス



1986年9月に追加された新グレード、目玉はシートカラー7色から2色を選び組み合わせるというもの、フロント2座席とリアシートの1台分が標準装備、オプションで追加注文もできました。
赤丸で囲んだ右から2番目のシートカラーはその後登場するマーチベースのパイクカーBe-1のイメージカラーのパンプキンイエローですね。(笑)


コレット



パンプスと同じ女性仕様車のコレット、4速MTにはスロープストッパーが標準装備、坂道発進の際ブレーキペダルから足を離してもブレーキが効いた状態を保つ装備がついていました。


FV



5ドアでの最高級グレードのFV、ドアロックもリアだけで何やらエアコンの温度調節のようなレバーですね。







パワーウインドウの設定はなく、すべてのグレードで手巻きですね~。
このあと、最終型でFVグレードに設定がされますがこの代のマーチでは手巻きでしたね。





何故かベスパが…





ディーラーオプションを付けたマーチにはボンネットに西部署のマシンRSのようなスポイラー?が…(笑)





そして、G1に標準装備、ターボにオプションのガラスサンルーフが、チルトアップか取り外しの出来るサンルーフですがカタログの写真の使い方ではサンルーフというよりカングーのジラフォンではありませんか?(爆)


ラインナップ








ボディカラーの説明ではそれぞれのカラーに説明がされていますね。
レッドではシャレたカラーリング、レッド・ブラックのツートンカラーではスポーティで若々しい、シルバーではオーソドックスが人気などとあります。





価格は車両本体価格で646000円~1189000円です。最近のハイトワゴンの軽自動車が200万円近い価格を思うと複雑ですね。(笑)
ブログ一覧 | 80年代 | クルマ
Posted at 2015/02/26 18:42:18

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2015/02/27 00:02:24
 度々コメント失礼いたします。

 このマーチには思い入れがあります。

 実家が自営で、チェリーキャブ・バン、チェリーバネット・バンしかなかった家に、姉の免許取得とともにやってきた乗用車が初代マーチのフェイズ2のコレットでした。(ラインナップの中にある色と同じ色。)
 その後、2代目、3代目と姉はマーチを乗り続けました。
 残念ながらマーチ好きの姉は病気で他界してしまいましたが、姉が健在だったとして、4代目マーチに買い替えていただろうか?と感じさせられる現行マーチです。(ノートに乗り換えていたかも?)
 3代目までは、日産は誇りを持ってマーチを開発していたのに残念です。
コメントへの返答
2015/02/27 18:22:09
イエイエ!
いつも、ご覧いただきありがとうございます。

商用系な車のところに乗用車が来るとそれまでの雰囲気も変わりますね。
ウチも自分が免許取得するまで家には仕事の関係でトラックと軽箱だけでした。

初代から3代目までとお姉さんの思い出がマーチにはいっぱいですね。

人件費の関係で4代目からは海外生産になったし、実際に見る機会もそれまでのモデルと比べると少なくなりましたから寂しくもありますね。
2015/02/27 19:46:46
こんばんは。

このマーチ、ジウジアーロのデザインだったのですね!
今見てみればなるほどと思うのですが、当時はデザイナーとか
まったく知らずに、スーパーカーの延長線上でしか見てなかったから
地味なデザインには全く興味はなかったです(苦笑)

しかし、これだけカラフルかつカジュアルに宣伝されていたことを
ジウジアーロは知っていたのでしょうか。(知っていたらショックだったかも?)

インパネや内装などは当時の日産車そのもので、めちゃシブいのに、
宣伝イメージとのギャップがありすぎな気がします。


コメントへの返答
2015/02/27 22:12:40
こんばんは。

日本車でファミリーカーやコンパクトカーなど海外の人がデザインされたということはそれほど大きくは告知もされませんね。

マーチの場合は基本なデザインはジウジアーロ氏で細かな決めのデザインは日本で行ったようです。

マーチはバリエーションも増えたし、パイクカーが登場したりもありましたから、最初のデザインからここまで増えるとはジウジアーロ氏も思わなかったでしょうね。


現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「6月17日から24日にかけてNHK BSプレミアムにて石原裕次郎没後30年の特集番組が放送されるそうです。21日はドラマ西部警察の最終回を放送、NHKが民放のドラマを放送なんて珍しいことですね。(笑)」
何シテル?   06/15 20:47
Gris Boreal(グリ ボレアル)です。よろしくお願いします。 イタリア・フランスの車、80年代の国産車が好みで、中でも希少車といわれるような台数が少な...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

モーニングクルーズで見た車 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/17 22:20:19
初めてかっこいいと思った商用車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 18:19:47
セアト テッラ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/03 21:03:01

ファン

151 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
2001年1月登録のルノーカングー1.4RXE Autに乗っています。 判を押したのは ...
ルノー エスパス ルノー エスパス
初代エスパスの後期型、ガソリン2.2L TXEです。 初輸入車、カングー愛車にし、その直 ...
シトロエン AX シトロエン AX
1991年式のTRSです。 今では一部の国産軽自動車を除いても、軽い車両重量790Kg ...
トヨタ カムリグラシア トヨタ カムリグラシア
ボディーカラーはダークブルーマイカメタリック 保有期間は1997年1月~2001年1月 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.