車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月19日 イイね!
香嵐渓は足助の代名詞にもなっている紅葉の名所です。
秋の紅葉だけでなく、春の到来を告げるカタクリの花、新緑、そして夏には巴川でもみじの緑川に涼を求め水遊びをする子供の姿が見られます。
秋の紅葉は、川面までも染めつくし、まるで錦絵のような美しさです。
香嵐渓のもみじは、香積寺11世の三栄和尚が、寛永11(1634)年に植えたのが始まりといわれています。
昭和5(1930)年に、当時の住職と町長が大阪毎日新聞社社長の来町の際に命名を求め、「飯盛山からの薫風は、香積寺参道の青楓を透して巴川を渡り、香ぐわしいまでの山気を運んでくる。山気とは、すなわち嵐気也」から「香嵐渓」と命名されました。香嵐渓のシンボルとも言える待月橋は、昭和28(1953)年に命名され、その後3回の掛け替えを経た後、平成19(2007)年に新たな橋となりました。
香嵐渓
香嵐渓 posted by (C)pismo

香嵐渓 (1)
香嵐渓 (1) posted by (C)pismo

香嵐渓 (2)
香嵐渓 (2) posted by (C)pismo

香嵐渓 (3)
香嵐渓 (3) posted by (C)pismo

香嵐渓 (4)
香嵐渓 (4) posted by (C)pismo

香嵐渓 (5)
香嵐渓 (5) posted by (C)pismo

香嵐渓 (6)
香嵐渓 (6) posted by (C)pismo

香嵐渓 (7)
香嵐渓 (7) posted by (C)pismo

香嵐渓 (8)
香嵐渓 (8) posted by (C)pismo

三州足助屋敷は、昭和55(1980)年に開館しました。
昔の日本の暮らしや風景を再現し、技術の伝承を目的とした民俗資料館といわれています。
かつての豪農屋敷を再現し、長屋門、母屋、竹屋などは茅葺の木造建築です。
足助屋敷の中では、かつてこの地域で行われていた「炭焼き」「木地」「紙漉き」「機織り」など、暮らしに必要なものは手づくりしていた10種の「手仕事」が行われ、中には、体験できるものもあります。
三州足助屋敷 (1)
三州足助屋敷 (1) posted by (C)pismo

三州足助屋敷
三州足助屋敷 posted by (C)pismo

三州足助屋敷 (2)
三州足助屋敷 (2) posted by (C)pismo

三州足助屋敷 (3)
三州足助屋敷 (3) posted by (C)pismo

三州足助屋敷 (4)
三州足助屋敷 (4) posted by (C)pismo

三州足助屋敷 (5)
三州足助屋敷 (5) posted by (C)pismo

香嵐渓 (9)
香嵐渓 (9) posted by (C)pismo

香積寺は、山号は飯盛山(はんせいざん)、足助氏の居館跡に創建された曹洞宗の寺院です。応永34(1427)年、白峰祥瑞禅師により開山され、寺号は維摩経香積仏国品から名付けられました。飯盛山中には歴代住職の墓や十六羅漢の石仏のほか、足助城主だった鈴木氏五代の墓も現存しています。
寛永11(1634)年頃から11世住職・三栄和尚(参栄本秀)が、般若心経を一巻詠む毎にカエデやスギを1本ずつ巴川沿いの参道に植えたと伝えられており、香嵐渓の発祥の地とも言えます。
境内はもみじや杉木立が生い茂り、栄和尚が植えたとされる杉も2本残っています。
香積寺
香積寺 posted by (C)pismo

香積寺 (1)
香積寺 (1) posted by (C)pismo

香積寺 (2)
香積寺 (2) posted by (C)pismo

香積寺 (3)
香積寺 (3) posted by (C)pismo

香嵐渓 (10)
香嵐渓 (10) posted by (C)pismo

香嵐渓 (11)
香嵐渓 (11) posted by (C)pismo
Posted at 2016/12/10 00:11:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年11月12日 イイね!
金剛山の麓に位置する、西條合資会社は江戸時代中期の享保3(1718)年に創業した10代続く造り酒屋です。
創醸期より明治末期までは「三木正宗」 大正・昭和を通しては「波之鶴」の銘柄で親しんで頂きましたが、 昭和46(1971)年、「天野酒」を復活しました。昔は高級な酒は寺で造られており、河内長野市の金剛寺で造られているお酒は評価が高かったそうです。
西條合資会社は、高野街道沿いにあり、歴史的な建造物です。
京の都と仏教の聖地高野山を結ぶ高野街道は、平安時代の皇族、公家や、中世から盛んになる武士、庶民の高野山参詣に利用されました。
市内で唯一の造り酒屋、ここ西條合資会社には、高野街道を挟んで北側に現在の酒蔵と事務所があり、南側には国の登録文化財となっている旧店舗主屋と土蔵があります。
この建物は「サカミセ」と呼ばれる旧店舗と、それに付属する桟瓦葺きの土蔵からなっています。
「サカミセ」は、2階建桟瓦葺きの建物で、間口が11間と大きな建物で、入口を挟んで東側は荒格子、西側は一部ショーウインドーに改造されています。元は5間分が出格子でした。
入り口を入った土間には、一時銀行として使われて居た時のカウンターが残り、、また土間の南側は吹き抜けとなっていて、炊事場あるいは作業場として使われています。
その他の部分は1・2階とも座敷で、2階には虫籠窓が設けられています。
建物の建築年代は、明治14(1881)年の古図や、虫籠窓の形、2階の天井の高さなどから、幕末から明治初期と考えられており、高野街道と一体となって歴史景観の形成に寄与する重要な建物で、国の登録文化財となっています。

昔はお寺がお酒を造っていた・・・河内長野市の天野山金剛寺という南北朝時代に天皇の御座所になった寺院もその一つです。太閤秀吉にも愛されたびたび使者が訪れ買い求めたと伝えられる銘酒が現代に復刻されています。
西條合資会社さんは、古い建物の酒蔵。建物もいい雰囲気でした。
ラッキーにも僧坊酒も手に入れることができました。中田英寿さんも絶賛したとかで、またゆっくりと味わってみます。
西條合資会社 (1)
西條合資会社 (1) posted by (C)pismo

西條合資会社 (2)
西條合資会社 (2) posted by (C)pismo

西條合資会社
西條合資会社 posted by (C)pismo

楠木正成が鎌倉幕府の大軍と戦った赤坂城(下赤阪城)からは、下赤阪の棚田を見ることができます。下赤坂の棚田は、平成11(1999)年7月26日に農林水産省の「日本の棚田百選」にも選定されています。
毎年秋には、大阪ミュージアム構想の特別展として、棚田ライトアップが開催されます。
「金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016」というライトアップイベントが開催されていたので参加してきました。ろうそくのライトアップも棚田の違った表情を見させて頂きましたし、中津神社による獅子舞、体育館のLEDの文字(千早赤阪村60周年記念)も手作り感があっていいイベントでした。
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (1)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (1) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (2)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (2) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (3)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (3) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (4)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (4) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (5)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (5) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (6)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (6) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (7)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (7) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (8)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (8) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (9)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (9) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (10)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (10) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (11)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (11) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (12)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (12) posted by (C)pismo

金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (13)
金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2016 (13) posted by (C)pismo
Posted at 2016/12/09 23:07:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年11月05日 イイね!
ハルカス300は、日本一の高さ300mのビル「あべのハルカス」の展望台で、58階、59階、60階の三層構造となっています。
平成26(2014)年3月7日に全面開業しました。
気候条件が良ければ、京都から六甲山系、明石海峡大橋から淡路島、生駒山系、そして関西国際空港なども一望できます。

あべのハルカスは美術館や百貨店はちょこちょこ訪れていますが、展望台は初めてでした。夜景は綺麗ですが、あまりに高すぎるのであまりどこに何があるのかわかりくいかったです。天王寺公園や大坂城など近くのものはよくわかりましたが・・・昼間だと山とかが見えるのでまた違う感想なのかも知れません。
あべのハルカス
あべのハルカス posted by (C)pismo

あべのハルカス (1)
あべのハルカス (1) posted by (C)pismo

あべのハルカス (2)
あべのハルカス (2) posted by (C)pismo

あべのハルカス (3)
あべのハルカス (3) posted by (C)pismo

あべのハルカス (4)
あべのハルカス (4) posted by (C)pismo

あべのハルカス (5)
あべのハルカス (5) posted by (C)pismo

あべのハルカス (6)
あべのハルカス (6) posted by (C)pismo

あべのハルカス (7)
あべのハルカス (7) posted by (C)pismo

あべのハルカス (8)
あべのハルカス (8) posted by (C)pismo

あべのハルカス (9)
あべのハルカス (9) posted by (C)pismo

あべのハルカス (10)
あべのハルカス (10) posted by (C)pismo

あべのハルカス (11)
あべのハルカス (11) posted by (C)pismo

あべのハルカス (12)
あべのハルカス (12) posted by (C)pismo

あべのハルカス (13)
あべのハルカス (13) posted by (C)pismo

あべのハルカス (14)
あべのハルカス (14) posted by (C)pismo

あべのハルカス (15)
あべのハルカス (15) posted by (C)pismo

あべのハルカス (16)
あべのハルカス (16) posted by (C)pismo

あべのハルカス (17)
あべのハルカス (17) posted by (C)pismo

あべのハルカス (18)
あべのハルカス (18) posted by (C)pismo

あべのハルカス (19)
あべのハルカス (19) posted by (C)pismo

あべのハルカス (20)
あべのハルカス (20) posted by (C)pismo
Posted at 2016/12/09 22:33:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行(ドライブ以外) | 日記
2016年11月03日 イイね!
余田大歳神社(よでんおおとしじんじゃ)は、現在、郷杜として余田、小倉、庄、鍛治屋の4か村の氏神で、祭神は大年大神をはじめ5神が祀られています。
創立年は不詳ですが、春日山の城主後藤氏(基明~基信)に厚く祀られていました。
最初の鳥居も基明の寄進によるものと伝えられています。
毎年10月初旬には「秋祭り」が行なわれ、八千種4か村の屋台が本神社に練り込み、
悪魔払い五穀豊穣を祈る浄舞が奉納されます(町指定文化財)。
本を囲む森は、「大歳神社の森」として福崎町保存樹に指定されています。
(現地説明板などより)
余田大歳神社
余田大歳神社 posted by (C)pismo

余田大歳神社 (1)
余田大歳神社 (1) posted by (C)pismo

余田大歳神社 (2)
余田大歳神社 (2) posted by (C)pismo

嶺雲寺(れいうんじ)は、山号は久岳山、曹洞宗の寺院です。
応永年間(1394〜1428年)に創建され、春日山城主後藤基阿が城の鬼門よけとして建立したと伝えられています。中興は慶長2(1597)年に鍛冶屋村春日山城主後藤伊勢守、赤松右近之叙、白井三郎兵衛正明が開基となり、姫路市景福寺14世然室尖廊大和尚を開山としました。
本尊は、地蔵大菩薩となっています。境内には町内最大で町の天然記念物と保存樹に指定されている「クロガネモチ」があります。
(現地説明板などより)
嶺雲寺
嶺雲寺 posted by (C)pismo

嶺雲寺 (1)
嶺雲寺 (1) posted by (C)pismo

春日山城は、建武年間(1334〜1336)に築城され、後藤三郎左衛門尉基明が初代城主として、現在の福崎町全域と姫路市、加西市の一部を統治していました。
後藤氏は、播磨の守護赤松氏の幕下といわれ、応仁の乱には、赤松政則の部下として出陣し、山名氏の軍勢を破って軍功をたてたとされます。
天正の頃の城主は9代目後藤伊勢守基信とされ、天正6(1578)年、春日山城は中国征伐に向かう羽柴秀吉の播磨攻略の時に落城し、基信は自刃したと伝えられます。城跡のある春日山は標高198m、山頂には曲輪などの城郭遺構が残っています。
後藤又兵衛基次は、春日山城を築き一帯を支配していた播磨後藤氏の一族で、南山田城に居城したといわれています。黒田二十四騎、黒田八虎のひとりに数えられ、黒田官兵衛、長政二代に仕えました。槍の又兵衛と呼ばれ、多くの軍功を挙げました。豊臣秀頼の招きを受けて大坂冬の陣で活躍しましたが、大坂夏の陣で討死しました。
(現地説明板などより)
春日山城
春日山城 posted by (C)pismo

春日山城 (1)
春日山城 (1) posted by (C)pismo

春日山城 (2)
春日山城 (2) posted by (C)pismo

春日山城 (3)
春日山城 (3) posted by (C)pismo

春日山城 (4)
春日山城 (4) posted by (C)pismo

春日山城 (5)
春日山城 (5) posted by (C)pismo

春日山城 (6)
春日山城 (6) posted by (C)pismo

約100m四方のこの小丘は、南半分が整地されて児童公園になっていますが、北側から東側の藪には三段の平坦面と周囲に土塁跡も認められます。
ここは後藤又兵衛基次の居城、南山田城跡といわれ、基次の父で播磨後藤氏の一族基国が築いたと伝えられています。
又兵衛基次は「槍の又兵衛」という異名をもつ安土桃山時代の著名な武士で、黒田孝高、長政父子に仕えて重臣となりますが浪人し、元和元(1615)年、大坂夏の陣に豊臣方として戦死しました。
(現地説明板などより)
平成28(2016)年の大河ドラマ「真田丸」の第43話「軍議」の「真田丸紀行」で紹介されました。
南山田城
南山田城 posted by (C)pismo

南山田城 (1)
南山田城 (1) posted by (C)pismo

南山田城 (2)
南山田城 (2) posted by (C)pismo

南山田城 (3)
南山田城 (3) posted by (C)pismo

南山田城 (4)
南山田城 (4) posted by (C)pismo

福田寺は、山号は林光山、天台宗の寺院です。
孝徳天皇の大化元年法道仙人による開基で、慶長年間、教順大阿闍梨が本寺を中興しました。
現在の本堂は、昭和11(1936)年の再興によるものです。
後藤又兵衛及び一族のゆかりのお寺で、境内には父母の供養塔があります。
また、平成27(2015)年5月6日、又兵衛400年祭記念顕彰碑「後藤又兵衛顕彰碑」が建てられました。名手として知られた又兵衛にちなみ、槍の穂先の形に仕上げられました。
平成28(2016)年の大河ドラマ「真田丸」の第43話「軍議」の「真田丸紀行」で紹介されました。
福田寺 (1)
福田寺 (1) posted by (C)pismo

福田寺
福田寺 posted by (C)pismo

福田寺 (2)
福田寺 (2) posted by (C)pismo

福田寺 (3)
福田寺 (3) posted by (C)pismo

福田寺 (4)
福田寺 (4) posted by (C)pismo

福田寺 (5)
福田寺 (5) posted by (C)pismo

福田寺 (6)
福田寺 (6) posted by (C)pismo

むかし、南山田の池田というところにあった大蛇が田畑を荒らし回り、村人を苦しめていました。
近くの城山に城があって、そこに後藤又兵衛が住んでいました。その近くの射場というところで弓の稽古をしていた又兵衛は「拙者が、退治をしてやろう」と言ったそうです。
やがて池田に大蛇が出て、又兵衛が、射場から弓を射ると見事に大蛇に命中して退治してくれました。しかし、大蛇は余りに大きかったので、頭の方を寺垣内に埋め、胴体を四畑に、尻尾は奥の谷へ埋めました。そこでこの辺りを蛇塚というようになったそうです。
(現地説明板などより)
蛇塚
蛇塚 posted by (C)pismo

又兵衛田は、慶長16(1611)年以降、姫路城の城主池田輝政の配慮で後藤又兵衛の扶持米を作ったとされる田で、「又兵衛田」と言い伝えられてきました。
黒田家を出奔後の後藤又兵衛の命を繋いできた貴重な田です。
(現地説明板などより)
又兵衛田
又兵衛田 posted by (C)pismo

恒屋城は赤松氏の被官、恒屋氏により築かれた山城です。
頂上の北側が後城(標高236m)、南側が前城(標高199m)です。この城は長禄元(1457)年に恒屋氏が築城し天正4(1576)年、羽柴秀吉によって落城しました。
恒屋氏は初代恒屋刑部少輔重氏、二代恒屋伊賀守光氏と続き、5代目恒屋対馬守政直の時滅亡しました。
6代目の恒屋与左衛門は黒田家に仕官しました。
城の遺構本丸、出丸、土塁、堀、など中世の山城の典型的機構が残り城の下には堀をめぐらした居館跡も見受けられます。
(現地説明板などより)
恒屋城 (1)
恒屋城 (1) posted by (C)pismo

恒屋城 (2)
恒屋城 (2) posted by (C)pismo

恒屋城 (3)
恒屋城 (3) posted by (C)pismo

恒屋城
恒屋城 posted by (C)pismo

恒屋城 (4)
恒屋城 (4) posted by (C)pismo

恒屋城 (5)
恒屋城 (5) posted by (C)pismo

恒屋城 (6)
恒屋城 (6) posted by (C)pismo

恒屋城 (7)
恒屋城 (7) posted by (C)pismo

恒屋城 (8)
恒屋城 (8) posted by (C)pismo

恒屋城 (9)
恒屋城 (9) posted by (C)pismo

恒屋城 (10)
恒屋城 (10) posted by (C)pismo

恒屋城 (11)
恒屋城 (11) posted by (C)pismo

恒屋城 (12)
恒屋城 (12) posted by (C)pismo

恒屋城 (13)
恒屋城 (13) posted by (C)pismo

恒屋城 (14)
恒屋城 (14) posted by (C)pismo

恒屋城 (15)
恒屋城 (15) posted by (C)pismo

恒屋城 (16)
恒屋城 (16) posted by (C)pismo

恒屋城 (17)
恒屋城 (17) posted by (C)pismo

恒屋城 (18)
恒屋城 (18) posted by (C)pismo

恒屋城 (19)
恒屋城 (19) posted by (C)pismo

恒屋城 (20)
恒屋城 (20) posted by (C)pismo

恒屋城 (21)
恒屋城 (21) posted by (C)pismo

恒屋城 (22)
恒屋城 (22) posted by (C)pismo
Posted at 2016/12/09 22:03:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年10月23日 イイね!

東京都庁は、かつては現在の東京国際フォーラムの地にありました。(丸の内庁舎)
昭和63(1988)年に新宿副都心に建設が開始され、平成2(1990)年12月に完成し、平成3(1991)年4月1日、都庁としての業務が開始されました。設計は丹下健三氏によるものです。
第一本庁舎は高さ243 mで、完工時にサンシャイン60を抜き、日本一の高さを誇りましたが、日本一の座を横浜ランドマークタワー〔平成5(1993)年完工、296m〕に、東京一の座を六本木のミッドタウン・タワー〔平成19(2007)年完工、248m〕に譲りました。
展望室は、第一本庁舎45階(地上202m)にあり、「南展望室」と「北展望室」に分かれています。両展望室にはそれぞれ直通エレベーターがあります。
東京都庁
東京都庁 posted by (C)pismo

東京都庁 (1)
東京都庁 (1) posted by (C)pismo

東京都庁 (2)
東京都庁 (2) posted by (C)pismo

東京都庁 (3)
東京都庁 (3) posted by (C)pismo

東京都庁 (4)
東京都庁 (4) posted by (C)pismo

東京都庁 (5)
東京都庁 (5) posted by (C)pismo

東京都庁 (6)
東京都庁 (6) posted by (C)pismo

東京都庁 (7)
東京都庁 (7) posted by (C)pismo

恵比寿ガーデンプレイスは、サッポロビール工場跡地の再開発事業として平成6(1994)年10月8日に開業した複合施設です。
明治20(1887)年、日本麦酒醸造が工場を設立し、明治23(1890)年にヱビスビールの製造を開始しました。そして、日本鉄道がヱビスビール輸送用の駅「恵比寿駅」を設立し、その後、正式に「恵比寿」が町丁名となりました。
昭和63(1988)年7月20日、工場が閉鎖され、土地の再開発事業が行われました。
ヱビスビール記念館は、サッポロビール本社に併設されています。ヱビスビール生誕120年の節目である平成22(2010)年2月25日にオープンしました。
自由見学部分ではヱビスビールの誕生から今に至るまでを、貴重な資料や映像で紹介。ヱビスツアー(有料)では、ヱビスビールのエキスパートであるブランドコミュニケーターによる「ヱビス」のすべてを知ることのできるガイドツアーで、ヱビスビールの誕生から今に至るまで、そしてヱビスにまつわるこぼれ話を、分かりやすく丁寧に紹介してもらえます。
テイスティングサロンでは、様々なヱビスビールが、ヱビスコイン(有料)で楽しむことができます。
ヱビスビール記念館
ヱビスビール記念館 posted by (C)pismo

三井記念美術館は、江戸時代以来300年におよぶ三井家の歴史のなかで収集され、今日まで伝えられた多数の日本・東洋の優れた美術品を収蔵している三井文庫別館(東京都中野区)が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋の三井本館7階に移転して、平成17(2005)年10月に開設された新しい美術館です。収蔵されている美術品は、日本でも有数の貴重な文化遺産です。
三井記念美術館
三井記念美術館 posted by (C)pismo

三井記念美術館 (1)
三井記念美術館 (1) posted by (C)pismo

三井記念美術館 (2)
三井記念美術館 (2) posted by (C)pismo
Posted at 2016/12/01 23:50:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行(ドライブ以外) | 日記
プロフィール
「香嵐渓 http://cvw.jp/b/157690/38980941/
何シテル?   12/10 00:11
ドライブで史跡巡りをやっています。 戦国時代の城・幕末がメインですが、史跡は全般的に好きです。 あとMacやデジタル製品など「新しいもの」も大好きです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
沖縄県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2016/01/09 20:03:52
 
鹿児島県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2014/07/01 23:55:48
 
宮崎県編 
カテゴリ:お勧めスポット都道府県別リンク
2013/01/01 18:02:13
 
お友達
名所旧跡を中心としたドライブの話題などが好きです。
よろしければ、遊びに来てください。
90 人のお友達がいます
朝霞の種馬reborn朝霞の種馬reborn * Ron_STIRon_STI *
タビトムタビトム * ボンちゃんちゃんボンちゃんちゃん *
過走大将@総統閣下過走大将@総統閣下 * 智春じーてぃーあぃ♪@ある智春じーてぃーあぃ♪@ある *
ファン
61 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
H27.3レガシィBPより乗り換え
ホンダ PCX ホンダ PCX
H26.3購入しました。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
H18.3アコードワゴンから乗り換えました。
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
H11年式アコードワゴンCH9です。 ホンダのVTECエンジンは最高です。 100,00 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.