車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月30日 イイね!
我がミニの復活!~したら奥多摩でしょv(。・ω・。)ィェィ♪~我がミニがついに10万kmの大台を迎えた♪

10万km記念の道はドコにしようかな~、と思いつつ今日も狭い道をくぐり抜けつつのお仕事の日々。

そんな3月14日 お仕事してたら、奥さんから我がミニがぶつけられたと驚愕のLineが・・・( ̄◇ ̄;)

コンビニに我がミニを停め、クルマの中でお昼をしていたら、後ろ角からゴンッと・・・

幸いなことに奥さんにはケガもなく、我がミニも自走は可能の様子。

でも、リアコーナーがべコッとね・・・(T_T)

翌朝、ベコッとされたトコをパチリ・・・



はい・・・、合わせ鏡のようにボディが凹んでましね・・・

とりあえず三菱のデラさんに連絡して、我がミニを持ちこんでみる私。

まぁ、工場送りしかないので代車となるが、担当さんの粋な計らいというべきだろうか、やってきたのはPJMだったのには、ほんのちょっぴりニンマリとしてしまった(^_^;)



もっともレンタカーなので禁煙車なのは、チェーンスモーカーな私にはキツイな。

いや、もっとキツイのは【林道イッチャダメ~】とくぎを刺されてしまった。

我がミニがいない悲しみのなか、癒しの林道もダメなのね( ̄◇ ̄;)

まぁ、たまには溜まっているフォトギャラでもアップするとしようかな。

①【林道 深沢線】
②【林道 タルクボ線】


フォトギャラをアップしてみたら、あまりにも久しぶり過ぎて、まだ昨年の7月分だったのには我ながら呆れてしまった・・・。放置しすぎちゃったな・・・。

そして、我がミニをデラさんに預けてから2週間、ようやく戻ってくると担当さんから待望の連絡があった♪

変わり身PJMでの走行距離【594.9km】



多いのか少ないのかよくわからないけど、2週間ありがとね。

板金での修理だったらしいけど、キレイになって戻ってきた我がミニ(^^♪



直したトコだけ、艶ピカ度がましてまし(^_^;)

でも、ステッカーが1枚剥がされちゃったの・・・。赤いマッドフラップに続き、おしゃれなステッカーまでもがなくなっていく我がミニ・・・。

だがしかし、マッドフラップはかねきゅうさんのご厚意によりすでに着弾済みだし、ステッカーはともろさんにもう一度お願いして作ってもらうつもりの、実に他力本願な私なのである(^。^)y-.。o○

さて、我がミニが戻ってくれば、モチロンお預けを喰らっていた癒しの林道だよね♪

これはもう迷うことなく奥多摩へとイキまし(((((((((((っ・ω・)っ ブーン



うむ、いつ来ても味わい深いJR奥多摩駅。

そして、日原街道から奥多摩駅裏のプラントを望むのが我がミニのパターン。



午前中だと逆光になってしまうけど、午後だと綺麗にお日様の光が当たってくれる。

かわいい無人トロッコ達も、お行儀よくならんで行ったり来たり。



法面の補強工事中の片側通行だったので、急いでパチリとしたら思いっきりブレテしまった・・・。

そんな日原街道は、お目当ての林道へのアプローチ。



なのに、この癒しに溢れる姿は、なおさら今から訪れる道の期待感を盛り上げてくれるような気がする私。

そして、や~ってきました【林道 倉沢線】



奥多摩の数ある林道の中でも、一番のお気に入りの道である。

起点からして切り通しで出迎えてくれるなんて、もうシビれてしまうよね~(^^♪



惜しむらくは、電灯と不法投棄通報板なる看板がとってもジャマなの・・・。

出だしは舗装でガードレールがちょいと無粋ではあるけれど、



この岩壁の作るゆるやかな曲線には、艶っぽさすら感じてしまう。

ちょいと進んでいけば、壁のプチ崩れ跡と、見事にひしゃげたガードレールが【倉沢線】のわいるどな一面をいきなり突きつけてくる。



奥多摩の中でも、日原の道は威癒しと険しさを一緒に味わえるのである。

沢沿いに進む【倉沢線】は、数々の橋を渡っていく。



さほどの距離があるわけでもないけど、延長3.4kmの間に【鳴沢橋】【八幡橋】【鳴瀬橋】【魚留橋】【地蔵橋】と5つの橋がある。

久々の林道となれば、テンション上がってあちこちから我がミニをパチリ♪



路肩に腹ばいになり、路面ギリギリから撮るのがgaku1流?

ふと斜面を見上げてみたら、木々の間に新しい間伐材で土止めらしきものがこしらえられていた。



路肩にも、新しい間伐材の丸太が並べられているね。



奥多摩は治山用の林道がメインなので、お山の手入れがなされていることがよくわかる。

切り通しも沢山出てくる【倉沢線】



切り通しとあれば、フォトを外すわけにはいかない私。短いピストンの道でも、なかなか前に進まないのである(^_^;)

あら?この路肩に寄せられた落石たちは、1月に来た時にはなかったような気がするな(・・?



【倉沢線】が見た目以上にわいるどな道なのはよくわかっているから、願わくば我がミニが走っている時にには落ちてこないように祈るのである(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

【八幡橋】には、いっつも泥の水溜まりが横たわる・・・。



私、泥はキライ・・・。

そんな橋の脇には、小さいながらも滝が流れ落ちる。



さらには、岩壁からは岩清水が滴り落ちて、岩壁を黒く染め上げる。



かように、瑞々しさも併せ持ち、様々な癒しを魅せてくれる【倉沢線】なのである。

フェイクではない手積みの石垣が道を守る。



イイね~、こういう姿って。そこそこ古い道でないと、こんな姿で癒してもらえないのよね~(*^_^*)

なんとなくお気に入りの【鳴瀬橋】が見えてきた。



ココに来ると、毎度同じフォトを撮っているなと思いつつ、やっぱり斜面におりて橋をパチリ♪



毎回パチリとしていても、この力強い姿にはいつも感動を覚えるのよ。

なんとなく岩に挟まれた間を抜けていく姿に萌え~な私。



抜けた先で、ちょいとくいって曲がっていく道の線形もお気に入り♪

そして、流れるように緩やかなS字を描く姿に、もうキュンッてなってしまうのね(*´ο`*)=3 はふぅん



みんなも好きでしょ?こういう癒しって♪

北斜面を走るがゆえに、日影の中を伸びてきた【倉沢線】にちょいとお日様の光が射す。



そこに我がミニを置いてみる。



ウン、イイ! イイね!! 

思わずタイトルフォトにするほどにお気に入りの1枚となったのである(*^^)v

調子に乗って、前にも回り込んでもう1枚パチリ♪



力強い岩壁と、癒しの道が一体となる姿にニンマリな私である。

春の気配が感じられても、お山の中はまだまだ冬の装いが感じられる枯れ木立の中を走る道。



道はフラットに見えても、結構凸凹していて、我がミニが右に左にと傾きながら進んでいく。

手前の削り取られた岩壁と、奥に見える切り立つ岩壁の対比が好き♪



夏場では見られない、木立を通して見る対比図。四季折々の姿のひとつがココにある。

再び木立の陰に入って行ったら、1台のじむに~が停まっていた。



ドライバーの姿は見えなかったけど、お仕事の方かな?

時々沢の流れに目を向けながら道をゆく。



あれ? なんだろね?

石垣だね(・・?



なんで、沢のほとりに石垣が??? 

古道か何かなのだろうか?ココで沢登りをするヒトならわかるのかな?

先ほど見えていた切り立つ岩壁が、沢向こうにそびえたつ。



日原エリアの道らしい堂々とした姿。パワースポットのような雰囲気が感じられるような気がする。

道を進めば、向かいの山肌に【倉沢線】の廃道区間が切り返しながら登っていく姿を仰ぎ見る。



【倉沢線】の本当の癒しは、あの道の先にこそあるのだけれど、今回は時間切れかな(T_T)

仮の終点となる【魚留橋】が見えてきた。



橋に辿りついてみれば、大きな穴が橋の手前に空いていて、四駆では小さな我がミニでもムリ~。



なんか、以前よりも穴が育ったような気がするけど、気のせいだよね(・・?



橋の向こう側には盛り土もされていて、行政としてはもうこの先を復旧させるつもりは微塵もないらしい。

あの先を見てみたい方はコチラのブログも覗いてみてくださいまし~。冬場と夏場の姿の違い様も面白い思う私なのである(*^_^*)

一応終点となれば、振り返ってパチリ♪



たまには我がミニのパーツのみでカッコつけてみた(^^♪

さて、久しぶりの林道に満足したら、お家に帰ろうかな。





そんな帰り道、落石(?)に隠すように、お宝本が落ちていた(^_^;)



湿ったページをめくりつつ、ちょいと中身を覗いてみたのは、ココだけのナイショなのね(^。^)y-.。o○



********************************************************************
********************************************************************


【林道 倉沢線】の起点から2.4kmにある【魚留橋】に、こんな札が掲げられていました。



なにかご存じの方がいらっしゃれば、上記の連絡先へ情報提供をお願いします<(_ _)>

御無事でいらっしゃれば良いのですが・・・
*******************************************************************
*******************************************************************
Posted at 2017/03/31 04:46:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年03月10日 イイね!
我がミニ、10万キロを走破!~ふらふらしてまし(^。^)y-.。o○~2012年07月26日 我がミニ 納車。

2012年12月26日 10,000km 走破。

2013年06月17日 20,000km 走破。

2013年11月24日 30,000km 走破。

2014年05月19日 40,000km 走破。

2014年11月19日 50,000km 走破。

2015年05月18日 60,000km 走破。

2015年11月23日 70,000km 走破。

2016年04月23日 80,000km 走破。

2016年09月18日 90,000km 走破。


そして・・・

納車以来4年と7ヶ月が経ち、

2017年03月07日・・・


ついに・・・


我がミニが・・・

【100,000km】を走破しました~( ̄∇ ̄)



でもキリ番逃したの・・・( ̄◇ ̄;)


思い返せば、前車パジェロイオの車検にとてつもない金額がかかると言われ、乗り換えを決意してからわずか10日で納車されてきた我がミニ。

担当さんが、契約よりも前におさえていたとか・・・(^_^;)

【林道 梅沢寸庭線】


もともとドライブが趣味だったけど、我がミニが来てから、ドライブの対象がお山の林道へと特化したような感じ。

【白滝林道】


時間的な制約から、4時間から5時間ほどでイケる林道をふらふら~(^^♪

パジェロミニ繋がりから、じむに~な方々、そして車種を越えてお友達になってくれたりする奇特な方々まで、ありがとうございます(^^)/

【林道 倉沢線】


クルマの中身はさっぱりな私とノーマルな我がミニなのに、いろんな方からお声をかけて頂いて嬉しいな~。

そんな私は、癒しの奥多摩の道ばかりを何度も通い、四季折々の癒しを貰って、あきずに同じようなブログをあげてばかりいまし(*^_^*)

【林道 川乗線】


パジェロミニ繋がりから、じむに~な方々、そして車種を越えてお友達になってくれたりする奇特な方々まで、ありがとうございます(^^)/

【林道 谷久保線】


そんな私は、癒しの奥多摩の道ばかりを何度も通い、四季折々の癒しを貰って、あきずに同じようなブログをあげてばかりいまし(*^_^*)

【林道 海沢線】


そんな、10万キロも頑張っている我がミニに、私がしてやれることは、ひたすらに水洗いのみだったりするのね(^_^;)



やぶ~な道でボディがズリズリになっても、たまにしかやらないクロカンもどきでバンパーがとれても、黒い美肌を保つことが我がミニの人気(?)の秘訣♪

ガテンな部署になってから、癒しの林道の数が減っちゃったけど、ココを覗いてくれる皆様方、これからもどうぞふらふら日記をよろしくお願いいたします(*^_^*)


Posted at 2017/03/11 00:15:09 | コメント(6) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年03月05日 イイね!
大きな四駆の集まり in 猿が島~我がミニもちんまりと混ざってきた♪~ちょいと楽しみにしていた、今回のお休み。

nakajin4wd】さんのお声掛けにより、猿が島に大きな四駆が終結するらしい。

我がミニはとっても小さいけれど、お仲間に入れてもらえるらしく、ウキウキとする私。

となれば、やはり身支度は大事だね。

私がやれることは水洗いだけだけど、その分しっかりと我がミニを磨いてみるつもり。



仕上げはゼロウオーターでペカペカでニンマリである(^^♪

我が家からはほんの1時間弱なので、下道でトコトコと猿が島へ。

現地に着いてみたら、はたしてみんなはドコにいるのかな?

まぁ、猿といえば、まずは水門を覗いてみるのがセオリー。

おっきな四駆はいなかったけれど、お久しぶりな【keni@】さんがいらっしゃったのね(^^♪



思い返せばおととしの11月、奥武蔵のわいるどな道以来な【keni@】でし。

さ~て、おっきな四駆はドコかいな~。

水門からほんのちょっと奥へ入った広場に、なんとなくそれらしき濃い~クルマたちがいるね(・・?



やっぱり、おっきな四駆の面々の集まりだった。

【nakajin】さん、はじめまして~。ようやくお会いすることが叶いました~(*^_^*)

どのクルマも濃い~オーラを漂わせているし、いつもは同じPJM仲間やじむに~とのからみばかりな我がミニには刺激が強いな。

そいうことで、お集まりの濃い~クルマたちを一挙にご紹介~。

【サファリ】&【じむに~】



【サファリ】



【デリカスターワゴン】



私としては、一番気になったクルマだったりする。

【サファリ】



【じーぷ】



【サファリ】



【サファリ】&【ランクル】



【サファリ】【サファリ】【サファリ】のじぇっとすとりーむあたっく!



【ランドローバー】



我がミニ&【TJ】



【サファリ】&【ディフェンダー】



【ランドローバー】



【パトロール】



個々の仕様や型式はまったく無知な私・・・。細かいツッコミはなしね( ̄◇ ̄;)

ただ、どのクルマもとっても大事にされていることはよくわかりまし。

大陸製だけど、すっごくカッコイイ【トレッキングウオッチ】を頂きました♪



はやく電池を入れて動かしたいな。

とくに何をするわけでもなく、みんなでまったりしようね~、って感じの集まりでも、やっぱりみんな四駆乗り。

まったりな中でも、目の前に壁があると登りたくなるのかな?



という我がミニもレッツチャレンジ!

1回目 ココまで・・・



やはりトルクの細い我がミニと、スタッドレスタイヤの組み合わせでは厳しいか?

2回目 空しか見えないぞ~



でも、クリアできない・・・

あとちょっとなのにね・・・。せめて我がミニの雄姿をパチリとね♪



この時、この後に襲う悲劇など、微塵も感じていない私だった・・・。

やり直すためには、当然後ろ向きに下りていくのだけれど、マッドフラップを巻きこんで、コーナーバンパーごともげたのよ・・・Σ(T▽T;)



さらに、もげたバンパーを見事に踏みつぶしてしまい、無残な姿となったバンパー・・・。

猿に来ると、必ずどこか怪我をする我がミニなのである(ーー;)

こうなったからには、せめてこの壁を制覇しなければ我がミニの犠牲が無駄になってしまう!



最後の手段。とにかく勢いで突撃~!

ワレ、モクセンノカヘヲセイハセリ



我がミニよ、今日はこのくらいで許してみんなのトコへ戻ろうか・・・

他のトコの凸凹とかにイク気力が、すっかり失せてしまった私である(-。-)y-゜゜゜

ちょいと集まったクルマを眺めつつ、気を取り直してみたら、片側だけバンパーとマッドフラップな我がミニが気になってきた。

となれば、ネジでついてるだけだし、もうかたっぽも外しちゃえ。

とか思ってネジを外しにかかるけど、下側のネジが外れない・・・。

nakajinさん自らがプライヤーで外してくれたのね。



外してみてビックリ、バンパーの中に土がギッチリと詰まっていた\(◎o◎)/!



ふらふらとアチラコチラの林道を走っていたら、バンパーの中はこんなコトになっていたのね。

どうりで、いくら下周り流してみても、いつまでも土知汚れが流れ落ちてたわけだな( ̄◇ ̄;)

ということで、なんともスッキリとしてしまった我がミニのおちり。



あの赤いマッドフラップが、我がミニのおしゃれポイントだったのにな・・・。

三菱にバンパーとマッドフラップのお値段を聞いてみたら、結構お高いのよ・・・。しばらくはこのままか、オクで適当なパーツを見つくろうか、ちょいと悩むな・・・。

などとしていたら、いつも間にやらお日様も傾いてきて、そろそろお開きかな?



たまには、まだ明るいうちにお家に帰ろうか。

【nakajin4wd】さん、お集まりの皆皆様、贅沢な時間をありがとうございました。

奥多摩限定ですが、気になる道がございましたら、どうぞお声掛けくださいまし。

皆様のクルマでは、ちょいと落っこちる危険があるやもしれませんが、とっておきの道をご案内いたします~(*^_^*)
Posted at 2017/03/05 23:50:35 | コメント(8) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年02月24日 イイね!
陣馬から佐野川の道~たまには地元の道で癒されてみた(^^)~冬場のお休みは、お日様がいてくれる嬉しい季節。

そして、春が近づいてくれば、だんだんと陽気も暖かくなってきて、林道へのお出掛けも楽しくなってくる♪

さらに、水の冷たさも和らいでくれて、ホースのなかで凍ることもない。

となれば、久々に我がミニのシャワータイムは念入りにしてやらねばなるまいて。

飛散し始めている花粉でまだらになってしまった我がミニを、ゴリラの手で撫でまわすように磨く私。【ゴリラの手】、なかなかイイね!

ほ~ら、ペッカペカ~(*^^)v



うむ、これぞ我がミニ自慢の黒い美肌である(*^^)v

でも、いつの間にかリアのマッドフラップが欠けていたのね・・・(--〆)



普段から、存分にその役割を果たしてくれていたからな~。4年半もてば長持ちした方なのだろうか(・・?

それでも、艶々ペカペカな我がミニを見なおせばご機嫌な私なのである。

それじゃあ、今回はドコの道にしようかな~。

気がついたら、ひさしぶりに陣馬街道をお山へと向かって我がミニが走っていた。そうか、今回は地元の道に癒しを貰うシリーズなんだな♪

とか思っていたら、なんと陣馬の山登りが通行止め(@_@;)




む〜、コレはまったく情報を持つてなかったな〜。ココから戻って陣馬山を迂回となると、かなりのロスになるしな…。

そうだ!陣馬街道で山登りができないなら、林道でイケばイイんじゃなくって( ^ω^ )

陣馬への分かれ道。左へイクと通せんぼ。



ココをまっすぐに突き進めば林道が待っているのね♪

とにかく一本道をすすんでいくと【この先林道】と記された看板にテンションが上がってくる私( ̄▽ ̄)



そして、もともと狭い道に、ポールをナナメにしてまでも通せんぼを置きたいらしい入口の姿。



まぁ、本気の通せんぼではないらしいので、ちょいと失礼いたしますm(_ _)m

ほ〜ら、ほんの一歩踏み込んだだけで、癒してくれるイイ道なんだな〜(#^.^#)



【林道 醍醐線】



いくら全線舗装の林道とはいえ、この起点部分が真っ白で真新しい舗装になり、道幅も広がってしまって、出だしの癒しが台無しだよ…(ーー;)

気を取り直してちょいと進めば、【醍醐線】の青看板と、【林道 ににく沢線】との分岐点。



【ににく沢線】もお気に入りの道なんだけど、今回は陣馬の山越えが目的だから、左手の【醍醐線】の本線を進むことにする。

入口の姿に比べると、この辺は、まぁ、普通の山道だね・・・。



それでも、お日様と木漏れ日があれば、そこはイイ道になるのである。

そして、お気に入りのつづら折れ♪



う~ん・・・、なんてイイ姿をしているんだろうね~。こう、スッと上がってきた道が、クリっと曲がって、そんで、スイ~っと流れるように伸びていく・・・。あぁ、癒されるな~(*^_^*)

綺麗に並び、天を目指してまっすぐに延びる木々の間を抜けていく道。



あぁ、舗装林道とは思えないくらいに輝く道なんだな~。

でもしかし、癒しが溢れていても、そこはやはり林道。



間伐材でこしらえられたガードレールが、見るも無残にへし折られていたりもする・・・。結構太いよね、このレール・・・( ̄◇ ̄;)

もう少し陣馬のお山を登っていけば、木々の隙間からさっき通ってきた道の振り返りでパチリ♪



こういう姿が好きな私(^^)

いつもながら不思議に思ってパチリとする【路肩注意】の標識。



確かに【路肩】は低いトコにある、というかそれが当たり前なんだけど、その背の高いポールは何の為なの(・・?

【醍醐線】のピークも近くなってきた日影のトコ。



あの先の日だまりのちょい手前が・・・、

この【醍醐線】のプチ絶景ポイント♪



この、陰の中から見ゆるお山の連なりに癒されるのよ~(*^_^*)

そして、ウム、渋い、渋いぞ我がミニよ(*^^)v



プチ絶景から進んで来れば【林道 醍醐線】のピークがお出迎え。



ちょいと雲が出てきたのが気になるけど、逆光のおかげでなかなかにドラスティックな感じのフォトになった。ナマだと、あんまり面白みのないトコだったりするのね。

【醍醐線】のピークから駆け下りてくれば、見事なまでにまっすぐに伸びる植樹の回廊を抜けていく。



あの日だまりが、ほんの申し訳程度に残ったダートの始まり。

グレーチングで区切られた、舗装とダートの境目が東京都と神奈川県の県境。



見事なまでの行政の線引きを垣間見る事ができる【林道 醍醐線】なのである。

超極短であろうとも、絶妙な曲線率で壁の向こう側へと消えゆく道にはいつもテンションが上がる私(^^)



ね~、癒される姿でしょ~♪

ちょいと下を見てみると、陣馬を神奈川側へとおりていく【和田林道】が木々の間からチラ見できる。



こういう姿にも弱いんだよね~。

そして、このストレートの先が【醍醐線】の終点。



ポールを抜けて、東京の道では数えるほどしかない【終点】の標識と一緒に我がミニをパチリ♪



【林道 醍醐線】を走破すれば和田峠。ココから【和田林道】で陣馬の山を下っていく。

ちょいと道を下れば、今度は走破してきた【醍醐線】を見上げてみたりする。



イイね~、チラ見の道って好きなの。

【和田林道】となれば、ココが私のお気に入り(^^♪



山あいを走る道の線形と、遠くかすみながら連なる山々・・・。なんと麗しく、そして美しい姿・・・。

雲がなければ、さらに富士山までもが綺麗に見えるスポットなのである。

さて、お目当ての道までのリエゾンもまた、癒しの姿を見せてくれるのが佐野川に良き道がある証し。



ちょいとお日様が隠れてしまったの残念ではあるけれど、この狭さと、簡易舗装の姿にはいつもなんとなくウキウキしてくるのよ( ^ω^ )

見た目には、ココが一番狭く見えるトコ(^^♪



路肩が、我がミニのボンネットフードの下に隠れているでしょ。車内からだと、いつ落っこちるのかとドキドキしちゃうのね(@_@;)

そして、命懸けで劇狭なリエゾンを抜けてくれば・・・、



よっしゃー!待望のダートがお目見えなのである\(◎o◎)/!



出だしからして、イイ感じで我がミニのフォトをパチリ♪

すぐに、意外に味のあるヘアピンカーブが、道に変化を付けてくれる。



ん~、お日様の光が欲しいな~(ーー;)

とか、思っていたら、お日様が戻ってきた(^^)/

思わず、↑のフォトと同じトコ、今度はアップで我がミニをパチリ♪



我がミニの向こう側に伸びていく道に、淡いながらも木漏れ日の影ができているね。やはり、林道に木漏れ日はよく似合うのよ。

どう?どう?イイ感じの道でしょ(*^^)v



ちょいと進んで、振り返ってみればこんな感じでパチリ♪



これほどの癒しの姿を魅せてくれる道なのに、名前がないんだよね~、この道には・・・。なんてもったいない道なんだろね・・・。

ほら、見上げてみれば、天に伸びる木々の隙間に青空が見える。



林道ならではの、贅沢な眺めだと思うのよ。

山肌の形にそって、くる~って曲がりゆく道の線形。萌えるな~(*^_^*)



何気ない感じの、目の前を軽く上っていく道も好き♪



超マイナーながらも、かなり手入れのされている極上の道。

ココ、結構郵便やら宅配便やらのクルマも通るのよね(^_^;)

そして木々が途切れて、ちょいと開けた感じになると・・・、



どどーん!と目の前に佐野川から相模原の丘陵地帯を一望できたりもする♪



我がミニの走る道って、みんな木々の間で眺めがないから、時々あらわれるプチ絶景に癒される私だったりもする。

南斜面ともなれば、お日様の光をいっぱいに浴びて、これはこれで癒しの姿かな?



でも、我がミニをパチリとするには、ちょいとインパクトが足りないか(・・?



そんな道も、再び簡易舗装が見えてきたら、終わりも間近。



どなたかのお家の前にでてくれば、名もなき癒しのダート道も完抜けとなり、集落の間を抜けて県道へと繋がっていく。

ホントに短いし、名前もないけど、その癒しは奥多摩のメジャーどころにはない、気楽に走れるイイ道なんだな~。

しかし、PCが重すぎて、この道を走ってから1週間以上も経ってからのブログアップとは・・・。

即日、遅くても翌日にはアップしていたのに、ちょいと凹むな・・・。

明日は、ちょいと猿に出かけて、あの方とか、こんな方にであるかも?と思うと楽しみ。

早起きして、我がミニの身支度をしっかりとしなくちゃね(^^♪
Posted at 2017/03/05 03:02:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年02月16日 イイね!
富士山の見える林道へ~雪の林道もまた楽しかったの♪~先週、6ヶ月点検もほぼ問題なく終わって快調な我がミニ。

イイお天気が続いていて、お仕事中も癒しの林道を走りたいな~と思いながら運転の日々。

そうして耐え抜いた1週間が過ぎてやってきたお休みの日。うむ、やはり今日もイイお天気に恵まれたね♪

今回はいつもよりもほんのちょっと時間があるし、久しぶりに富士山の見える林道にイッテみようかな~(^^♪

ということで、中央道で一路河口湖を目指す我がミニ。

正面に富士山が見えてくると、俄然テンションが上がってくる私(*^_^*)



目指す林道は、この浅間神社がランドマーク。



神社の裏手へと回り込めば、お目当てとなる【白滝林道】への道しるべ♪



前回が昨年の7月末日。実に半年ぶりとなれば、夏と冬と、真逆の癒しに期待も高まる私♪


出だしは舗装ながらも、木々に囲まれて木漏れ日に照らし出される姿には、いつもながら癒されるね~。



そこに、雪が残っているとなれば、さらにテンションが上がっていくよね(^◇^)

お?正面の枝道はダートだね?



短いながらも、なかなかにイイ姿を魅せてくれるダートなら、もちろん寄り道していくでしょ♪

枝道へと突入すれば、轍がたくさんあるけど、そこにも木漏れ日浴びる残雪の姿にニンマリな私。



今シーズン初の雪道、日だまりに佇む我がミニをパチリ♪



スノーアタックなどと大仰なものではなく、ちょいとしたスノーラン程度で私は満足。

先へと進めば、緩やかな曲線を描く道と、明るく輝く斜面に癒される。



雪があったりなかったりと、ある意味表情豊かな姿といえるのかな?

この、ちょいと乗り越えていくようなポイントはお気に入りのトコ♪



木立を通して仰ぎ見る青空がイイ感じ。

雪がすっかり姿を消して、冬場らしいモノトーンな道の姿。



木々に囲まれていながらも、なんとなく開放的な感じが癒してくれるかな?

枝道の終点は、広場の真ん中に木が生えていたりする。



終点となれば、振り返ってパチリがお約束♪



さて、枝道から本線へと戻ったら、再び固く締まった雪道を進み、またも分かれ道が現れた。



ココもまっすぐに進んでいき、あの小さな小屋が目的地。



そう、富士山がどど~ん!と目の前に現れるのよ~\(◎o◎)/!



綺麗に冠雪した霊峰富士と眼下の河口湖の姿に、ほ~っと見とれる私(*^_^*)

やっぱり、雪をかぶっている富士山ってイイね!

しばし富士山を愛でたら、いよいよ【白滝林道】のダートへと乗り込んでいく。

【車両通り抜けできません】とあるけれど、こんなにイイ道なんだもん、完抜けできなくたってかまいませんとも(^^)



ダートの始まりには、まったく雪が残ってないね。

でも、ちょいと進んだら木漏れ日に映し出された雪道がイイ感じ♪



目の前をくい~って曲がっていって、壁の向こう側へと消えていく姿が好き。

もう少し道を上がって行ったら、コッチには雪がぜんぜんないね(・・?



白樺の木立が、みんな斜めに傾いて生えているのが不思議な光景。

でも、ココからは枯れ木立の向こう側に富士山が見えるのよ~(^◇^)



夏場には決してみる事のできない、冬場ならではの富士山の姿。こういう姿に、プチ感動してしまう私だったりする。

またすぐに雪が残る道に出会う。



轍が幾重にも重なっているトコを見ると、結構【白滝林道】ってクルマが走っているのかな? 

木々の間を、残雪に彩られた道がくねりながら伸びていく。



フォトだと分かりづらいけど、ちょいと先で左右に道が分岐して、さらに正面を横切るように道が走っているのね(^◇^)

その分岐点まできたら、右手に作業道が枝別れ。



轍はないけど、動物たちの足跡が点々と続いている。野兎かな?

名もなき作業道らしい道にウキウキしながら、我がミニをパチリ♪



明るい日だまりで、雪道にたたずむ黒い美肌がよく映えると自画自賛(*^^)v

この作業道も、途中で道の真ん中に細い木が通せんぼ・・・。



まぁ、この先すぐに登山道のように道が細くなって廃道になってしまうので、クルマが切り返せそうなトコはココしかなかったりもするのね( ̄◇ ̄;)

そして、作業道の通せんぼでパチリ。



枝道の作業道でも、絵になってしまう【白滝林道】はとってもイイ道なのである。

作業道を戻ってきたら、右手に伸びる本線へと我がミニが進んでいく。



道を進んでぐるっと上がってきたら、今度は眼下に今来た道を見下ろしてみる。



雪のおかげで道の線形がよくわかるよ。いつもは茶色一色でよくわからんからね~。

お?ココは結構あ雪が多く残ってるね♪



もちろん、まだ轍のないトコに突っ込んで遊んでみたりするのである。楽しいね♪

また少し雪が減ってきたけど、斜面を掘りさげて道を通したこのポイントは私のお気に入り。



何かのコースみたいに、緩やかな曲線を描く道の線形に萌え~(*^_^*)

振り返ってみて、我がミニもパチリ♪



雪がなかったら、我がミニがドコにいるのかわからなくなるポイントだったりもするのね。

ちょいと開けた感じで、お日様の光を目いっぱいに受ける道。



頭上に広がる青空が眩しいくらい♪

おぉ、今度はかなり雪が残ってるぞ\(◎o◎)/!



轍から外れてみたら、四駆Hで大丈夫だけど、かなりアクセル踏みこんでやらないと進めなかった。おちりフリフリと勇ましい我がミニだったな。

逆光になってフォトではちょいと暗くなってしまったけど、雪道が光り輝いていたトコ。



我がミニが雪を踏みしめる感触が実によかった♪

そうかと思えば雪がなく、いつものガタゴトもしっかりと楽しめるトコもある。



もしかして、今日の【白滝林道】って、とっても贅沢な道になってないかな?

今度は木々の回廊を雪道が抜けていく。



全線を通して、木漏れ日が道を照らしてくれる【白滝林道】。とっても気持ちよく走れるイイ道なのである。

木々が途切れた途端に、この道の特徴の鉄塔がお出迎え。



あえてお日様を入れてパチリとするのが、カッコイイのである(^^♪

再び木々の間へと入っていけば、軽くうねりながら伸びるストレートで我がミニをパチリ♪



全面雪道ってわけにはいかないけど、シーズン初の雪道は充分に楽しいね(*^_^*)

この曲がり角から、お日様のもとへと躍り出ていくと・・・、



枯れすすきの回廊が待っている。



夏から秋にかけては、このススキ達が我がミニのボディにザリザリと襲いかかってくるのよ・・・(@_@;)

でも、ちょいと横を見てみると、富士山がどーん!とまっ正面に鎮座しているスポットだったりもする!



イイ眺めなので、富士山と我がミニも一緒にパチリ♪



数あるメジャーなスポットでなく、お気に入りの林道から望む富士山に満足な私なのである(*^^)v

それなりにお山を上がってきたからか、またも嬉しい雪道の姿。



明るいトコで、轍と轍の間に我がミニの新しい足跡を付けてみたりもする。



我がミニの黒い美肌に写り込む雪道に、ニンマリとしたりもする私(^◇^)

お?ココは今までで一番雪が深そうに轍がついてるね。



もちろん、4HのLoでエンジンの音も轟々と、我がミニの轍を刻みながら進んでいくのである。

もっとも、横を見ると熊さん注意報にちょいとビビる。



まぁ、クルマの音がすれば寄ってこないとは思うけどね・・・。

お気に入りの切り通し。



美しい道でしょ~(*^_^*)

切り通しを抜ければ、綺麗に雪に覆われた道が目の前を伸びていく。



ココはあちこちからフォトが撮れるトコ。

で、ちょいと引いてみた我がミニの姿でどうかな(*^^)v



両側の斜面からは雪が消えかかっているのに、道には雪がしっかりと残って、先へと伸びる線形を彩ってくれる。

あぁ、実に雪の林道らしい姿に癒されるな~(*^_^*)



木々は沢山あるのに、白樺の割合が多くて解放感があるのがイイね!

雪が消え、空が広くなってきたこの先が【白滝林道】の終点。



終点何だけど、最後の最後でげーとくろーずか~( ̄◇ ̄;)



ダート起点にあった【通りぬけできません】の正体がコレである・・・。

さらにゲートには強固な南京錠でこっそりもムリ~(@_@;)



ゲートの向こう側は別の林道が走っているのにね・・・。

ゲートの隙間から我がミニを振り返ってパチリ・・・( ̄◇ ̄;)



それでも、ダートの起点からココまで約4km。帰りも4kmの下りを楽しめるとあれば、それもアリな私。

だって奥多摩だったら、ほとんどの道がピストンだもん。イッテ帰ってで1セットなのよ、我がミニにとってはね(^_^;)

下りはオーバースピードにならないよう、慎重に下りていったつもりだけど、ちょいとおちりふりふりも楽しくて、あっという間に浅間神社までおりちゃったな。

そして、お山を下りたところで、我がミニは【99,000km】を走破!



いよいよ大台に向けてのカウントダウンの始まりかな(^^♪

久しぶりに富士山を愛でながら走れたし、お気に入りの道には雪も楽しめたし、残り1,000kmの楽しみもできた。

たった1本の道をぜいたくに楽しんできたふらふらでした~(^。^)y-.。o○
Posted at 2017/02/18 01:13:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
プロフィール
「我がミニの復活!~したら奥多摩でしょv(。・ω・。)ィェィ♪~ http://cvw.jp/b/1579156/39537486/
何シテル?   03/31 04:46
gaku1です。よろしくお願いします。 h56のXRに7年、イオターボに11年、そしてh58のVRファイナルアニバーサリーでまたミニに戻ってきました。今度...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
これだけあれば絶対助かる!レスキューグッズ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/09 19:08:37
中毒 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 22:03:16
安保関連法成立から1年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/28 05:56:23
お友達
覗いて頂いた方、ありがとうございます。好きな車を通じて仲間入りをさせて下さいね♪立ち寄ったらコメント貰えたりすると、やたらとやる気が出ます。
254 人のお友達がいます
samurai374samurai374 * midnightbluelynxmidnightbluelynx *
かいわれフクかいわれフク * とくいち1091とくいち1091 *
CBIICCBIIC *みんカラ公認 joesiejoesie *
ファン
277 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 パジェロミニ gaku (三菱 パジェロミニ)
三菱 パジェロミニに乗っています。 2012年6月に生産が終了。新車で乗れる最後のチャ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.