• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

gaku1のブログ一覧

2017年07月03日 イイね!

雨上がりの奥多摩へ~しっとりが似合う癒しの道~

雨上がりの奥多摩へ~しっとりが似合う癒しの道~雨上がりのお休み。

せっかくのお休みなのに、いつものお仕事通りの時間に目が覚める私。

仕事の時には、目覚ましかけていても寝過ごすのに、お休みになると、勝手に目が覚めるのはナゼ(・・?

まぁ、せっかく早起きしたのだから、たまには朝一番で癒しの道へイッテみてもイイかな(*^_^*)

そんな癒しの道となれば、やはり奥多摩!

【林道 谷久保線】



R411からちょいと脇道に入って、老人ホームの奥に待っている道。

入口は少々鬱蒼とした姿。



でも、先へと進めば、緑や苔でいっぱいの麗しの姿が出迎えてくれる♪



道の前半は舗装路面だけど、落ち葉でできた轍とこのしっとり感は、薄曇りの明かりに照らされて異世界のような雰囲気を醸し出してくる。

もう少し奥に進んでいくと、小岩の上に小さな祠。



なにやら周りを木霊たちに囲まれているかのような感覚にとらわれてきたりするくらい、静かな雰囲気に癒される道なのである。

石垣と大岩に挟まれ、暗から明を見据えながら佇む我がミニ。

 

奥多摩エリアでも、静かな雰囲気の中にこれほどドラマティックな佇まいを魅せてくれる道はないのである(^^♪

石垣と大岩の間を抜けたら、道は一気に斜度を増してお山を駆け上がっていく。

 

結構な角度になっているのだけど、フォトにするのは難しいんだよね・・・。

中間点の小さな広場を過ぎると、道はいよいよ待望のダート♪



ズルズルしていた舗装の路面にガタゴトも加わってきて、いったん立ち止まった後に進もうとすると我がミニのおちりが流れる。

ココで四駆に入れて、道の後半へと挑む我がミニ。

ゆっくりとズルズル、ガタゴトの道を上っていって、お気に入りの木の根もとから1枚パチリ♪



我がミニのイエローフォグに照らし出される苔むした木の根元。なかなかに勇ましい姿にニンマリな私(^^♪

ちょいと雑然としているけど、ナマで目にすると結構イイ感じの小さな橋。



その橋のたもとから見上げて煽るように我がミニをパチリ♪



以前にココで撮ったフォトを、我がiPhoneの待ちうけにしていたりする。

晴れた日、お日様の光がココに射しこむと、車体が光り輝いて緑の映り込みももっとはっきりするのよ♪

木々に挟まれた道が奥へと伸びていく。



小振りながらも奥多摩の道らしい姿。

そして、あの曲がり角の先が【谷久保線】の終点。



柔らかな草地の広場で、道が終わる。



実にまったりとした静かな雰囲気に癒される【谷久保線】なのである(*^_^*)

次なる道へ向かう途中で、ちょいとしたプチ絶景ポイントに立ち寄ってパチリ♪



とあるメジャー林道のすぐそばにあったりするけど、意外に知られていないポイントらしいのね。

R411に戻る直前に、鉄分を補給しておく。



道の真横を鉄路が走る。

そして、川面に広がる霞と、静かな水面に映り込む雲の姿に感動!



朝一番にふらふらしているからこその、この奥多摩の姿(*^_^*)

癒しに溢れる奥多摩なればこそ、何度も我がミニで訪れたくなるのよね。

曇り空の下でも、その独特の姿が色あせることはない【奥多摩駅】



一度入場券で中に入ってみようかな♪

さて、今回は奥多摩最長の道で、山越えにチャレンジ。

全線舗装ながらも延長13kmの【林道 鋸山線】



あれ?峠から先が伐採作業で通行止めとな\(◎o◎)/!

いやいや、ココから山越えできないと、ぐる~っと奥多摩一周しないと帰れないのよ( ̄◇ ̄;)

と、よくよく看板を見てみたら、日曜日は作業がないのでスルーできるらしいので一安心^_^;

だけど、作業は来年の3月いっぱいまで続くようなので、これから平日に【鋸山線】通ろうとする人は要注意でね。

一気にお山を越えようとするこの道は、あっという間に高さを稼ぐ。

淡い霧の中を進む道。



こういう、ちょいと幻想的な道って癒されるよね~(*^_^*)

霧を抜けて、ふと振り返ってみれば、谷間に霞が漂っていた。



雲海というには、もう散り駆けている感じだけど、私としては結構お気に入りになったフォトだったりする。

壁面が岩壁になってくると、林道っぽい感じが増してくる。



こういう道の姿が好きなのよ♪

でも【鋸山線】は、かなりわいるどな道だったりもする。

いつも不思議に思う、タテにひしゃげた【落石注意】の標識。



注意を促す標識が、まさに落石にしてやられたのだろうか(・・?

アスファルトが剥がれてしまい、フラットなダートよりも荒れた路面。



ちょいと路面からなめるように我がミニをパチリ♪

ウム、カッコイイぞ(^^♪

緑の隧道と化した道と、路肩の駒止めが癒しの姿を形造る。



曇天ゆえに、緑がより色濃く映える癒しの姿。

峠もあと少し、というトコで、ネットでかろうじておさえられた土くれが、道幅を半分に狭めてくる【鋸山線】



3ナンバー車だと、ちょいとひっかかっちゃうかも・・・。

【林道 鋸山線】のピークとなる【大ダワ峠】



ハッキリいってトイレ以外には、な~んにもないトコ。でも、登山道との合流地点でもあるので、ココにクルマをデポしてお山に入る人もいるみたい。

道の脇には標高を記した杭。



こんな杭が、林道を走る楽しみのひとつ。

峠を越えれば、奥多摩から檜原エリアへとお山を駆け下りていく。

お? ココが入口にあった伐採現場かな?



まだ始まったばかりのはずなのに、もうずいぶんと広い範囲が伐採されている\(◎o◎)/!

お仕事の重機も、日曜日は一休み。



コチラには索道を通すためのやぐらが立っている。



まさに伐採作業が行われている真っ最中だな。

最近は、綺麗に舗装し直されてきた【鋸山線】だけど、横に溝が切られたこんな姿もまだ残っていたりする。



この路面だけでも、この【林道 鋸山線】がかなりの勾配の道って分かってもらえるかな?

ダートだった頃には、それはもうひどい道だったんだよね・・・(・_・;)

お?コッチでも伐採中かな?



今回は、かなりの広範囲で伐採がおこなわれるらしいので、作業が終わった後には、今とは全く違った眺めになるんだろうね。

伐採後、このような緑深い姿になるのはいつのことか。



でも、世代をまたいでお山を手入れしているからこそ、林道愛好家たちの癒しの道もまた、しっかりと続いている。

こちらも伐採用の作業道に見えるけど、しっかりと銘のある道。



【育林道】 

すっかり藪の中に閉ざされてしまっていたけど、最近再びその姿を見せるようになった道。でも、私有地らしくて、立入禁止となっている残念な道・・・。登山道に繋がっているはずなので、いつか踏破してみたいとは思うのね。

お山を駆け下りてくれば、小さくても切り通しが出てくれば、それは私にとって癒しの姿。



さらに麓を目指すと【赤井沢林道】との分岐点。



平日はココから大ダワ峠の間が通行止めとなる。

【赤井沢林道】もかなりわいるどな道だけど、今回はちょいと時間が押しているのでスルーでし。

両側を沢に挟まれた道が、檜原側の起点を目指す。



お気に入りまでくれば、やっぱり我がミニをパチリ♪



橋のラインと苔蒸した姿を我がミニとからめるのが好き♪

沢の流れに散らばる岩や石たちも、緑いっぱいに麗しい姿を魅せてくれる。



林道の癒しがココにあるのよ。

そして、檜原側の起点に到達して【林道 鋸山線】13kmを走破!



舗装ながらも、いろいろな表情をみせてくれる癒しの道なのである。

檜原側に来れば【神戸岩(かのといわ)】は外せない。



1枚の巨岩を穿って流れる赤井沢の流れが圧巻なパワースポット。

その1枚岩の裾にぽっかりと穴が待ち受ける【神戸隧道】



東京では貴重な素掘りの隧道。



もちろん、ライトを消せば真っ暗な隧道である。



隧道を抜けて、橋を渡れば癒しの林道もいよいよお別れの時。



林道はわずか2本ながらも、どちらも久しぶりに走れてちょいと嬉しかった私♪

夏場は早起きして、朝一番に走るのがイイのかもね。

だんだんとふらふらできる機会が少なくなってきているけど、それでも林道を走れる機会があれば、その癒しを存分に浴びてきたいと強く思うこのごろ。

みんカラもふらふらしてないな・・・。出来るだけお友達のトコだけでも少しずつ立ち寄っていきましね^_^;
Posted at 2017/07/10 15:30:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年06月26日 イイね!

雨の猿をふらふら~奥さんが講習の合間に遊んできた~

雨の猿をふらふら~奥さんが講習の合間に遊んできた~稼ぎの少ない私をいつも助けてくれている我が奥さん。

パート先から、なんと【運行管理者】の資格を取らないか?と言われたらしい\(◎o◎)/!

その為、まずは先週末、6/23・6/24・6/25・の金土日と3日間の講習に、座間の教習所でお勉強。

日曜日は私がお休みだったので、現地まで奥さんを送っていく。

結構、朝早いのに奥さんエライね^_^;

午後2時半までの講習らしいので、お勉強中はヒマな私。

座間の近くに癒しの道はさすがにないが、ちょいとドキドキなフィールドなら【猿】があるな~。

ということで、ホント久しぶりに雨の猿へ。

猿となれば、まずは水門に立ち寄るのがお約束?



猿に来ると、必ずどこかにケガをしてしまう我がミニではあるが、こんな狭いトコは通らずにはいられない私・・・。当然、新たな擦り傷が黒い美肌に刻まれてしまうのである・・・(ーー;)

先にいたじむに~さんと軽く会釈を交わして、よくわからない道らしきトコをガッタンゴットンと進んでいく我がミニ。

ちょいと小高くなっていたトコで1枚パチリ♪



ん~、ココは砂利道にイクか?土の道にイクか?



デッカイ砂利を巻き上げて、我がミニの下周りを打つのもイヤだし、雨で泥と化した土くれを巻き上げて、我がミニを泥を付けるのもイヤ・・・(ーー;) 

で、結局土の道をイクことにした私。

相変わらずのガタゴトが我がミニを突き上げてくるね。

よくわからない猿をウロウロとして、木々の間に入る。

あぁ、不思議なくらいに、なんて落ち着くんだろうね~♪



やはり我がミニはお山のオーラと癒しが必要なのである。

久しぶりの猿で上がっていたテンションをクールダウン。

ちょいと落ち着いたら、再びドコへ通じているのか分からない道を進んでいくのよ( ̄◇ ̄;)



あら?いつの間にやら川原に出てきたぞ?



朝早かったのと、久しぶりなドキドキで、ちょいとオネムになってきたので、奥さんの講習が終わるころまで我がミニの中で仮眠としようかな^_^;

時間になり、奥さんをお迎え~。

こんな我がミニを見て一言。



【(猿に)イッタね?イッタでしょ?朝と汚れ方がちがうよ\(◎o◎)/!】

ハイ・・・、イッテきましたでし・・・(・_・;)

そして、コチラが講習手帳なるもの。



8月に試験だそうなので、ぜひ頑張ってほしいと願う私なのである。

3日間の講習が終われば、奥さんの希望で世田谷文学館のイベントへ。

【ムットーニ・パラダイス】という一風変わった自動人形劇の展示会。

日産のCMに使われていたこともあるらしい。



しかも、ご本人による【人形つくって30年!】なギャラリートークもあって、なかなかに楽しめた。

この方のイベント、結構オススメでし。

今回は我がミニを壊すこともなく、無事にお家に帰れてヨカッタ(^^♪



ふらふら日記も週遅れになってきてしまい、今回のお休み分はようやくフォトの加工まで終わったトコ・・・。さて、頑張って2週間ぶりの林道日記に取り掛かろうかな^_^;


Posted at 2017/07/03 02:48:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年06月24日 イイね!

奥多摩の道に癒しを求めて~封鎖・崩落・癒しの3拍子~

奥多摩の道に癒しを求めて~封鎖・崩落・癒しの3拍子~だんだんと梅雨らしく、曇り空だったり雨模様が増えてきた感じ。

前回のお休みは、梅雨入り前最後のすっきりとした晴れた一日だった。

となれば、もちろん朝一番に我がミニのシャワータイムは欠かせないよね。

水洗いしかできないとはいえ、私なりに念入りに磨いていく。

ウム、ペッカペカ~(^^♪



でも、だんだんと我がミニに刻まれた、数々の擦り傷を隠すのが難しくなってきな・・・(T_T)

いやいや、ペカペカな我がミニにニンマリしながら、いざ奥多摩~♪

久しぶりに都道202号線沿いの道なんかイイかもね。

【林道 蝉沢線】



R411から川井で都道202号線へ入って、すぐに現れる道。

でも、一瞬で通せんぼだった・・・。



チェーンにカギはなかったけど、あまりに新品すぎるその輝きに、ちょいと失礼とはイカないのね・・・( ̄◇ ̄;)

出だしで躓いてしまったが、この都道には、まだまだ魅力的な道がある。

都道を奥へと進み、名もなき道になっても先へと進んでいく。

【この先行き止り】の大きな看板が出てきたら、お目当ての道。

【林道 大丹波線】



この【大丹波線】、明確な起点標識が未だにわからない私・・・。なので、いつもこの看板から林道と思うことにしていたりするのね。

そのほとんどが舗装ではあるけれど、こんな木漏れ日の姿を魅せてくれれば、やっぱりココはイイ道♪



フォトには写ってないけど、左手の木々の隙間から見渡す大丹波の眺めがなかなかにGoodなのよ(^^♪

そして、光と影の中で、癒しの姿を魅せる切り通し・・・。

 

あぁ~、やっぱり切り通しの見せてくれる癒しは格別なのね~(*^_^*)

所々で、真新しい法面の補修個所が出てくる。



金網とコンクリで補強された法面。日々メンテされているからこそ、安心して林道を走れることに感謝('-'*)アリガト♪

ちょいと開けたトコで、お山と我がミニでパチリ♪



私の好みよりはちょいと・・・、いや、かなり道幅が広いトコなんだけど、それでもどーんとしたお山の間にいる感じがイイね!

先へと進めば、私好みの影の中から、クイっと曲がっていく道の向こう側に広がる、お日様に照らされた緑の姿。



この姿が【林道】を走ってるんだな~って感じを盛り上げてくれるのよ♪

【大丹波線】の真ん中辺りに位置するヘリポート。



ココを過ぎると、路面が舗装から待望のダートになる!



あぁ、癒しのダート路だね(^^♪

ふと足元を見てみたら、何かのタマゴ?



なんだろ? カマキリかな?

高い木々に挟まれ、ともすれば鬱蒼とした雰囲気を醸し出してくるようだけど、この感じが奥多摩でもある。



ほ~ら、切り通しの上を覆う緑の回廊。



実にやわらかな光で道を照らしてくれる癒しの姿でしょ。

うきうきしながら、さらに先へと進んできたら、簡単ながらも通せんぼ(・・?



【危険】?【通行止め】? 

はて? しばらくココまで来なかった間に、何かあったのかな?

あんまり本気の通せんぼではなさそうだけど、とりあえず我がミニをココに置いて、我が二駆で先を覗いてみるとしようか。

おぉ~、この切り欠いた岩壁って好きなんだよね~。



しかし、暑いね・・・。持ってきたスポーツドリンクが、いくらも歩かないうちに減っていく・・・。

あら?ココ、こんなに広かったっけ?



なんか新しく整備されたのかな~。ガードレールも新しいのが設置されているし。

あら、コチラにはお仕事の軽番が鎮座していましね(゜o゜)



無理に入ってこなくて良かった~。間違いなく怒られるね、きっと( ̄◇ ̄;)

たしか、この先を曲がると・・・、

あ・・・、やっぱり・・・

道いっぱいに崩れている大崩落・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/



緑まで生えてきて、すっかり道に溶け込んだかのような姿になっているね・・・( ̄◇ ̄;)

この斜め45度の崩落に刻まれた1本の踏み代を辿って、崩落の向こう側へと渡っていく。



今回はフォトを撮ってこなかったけど、谷底には、この崩落に巻き込まれたガードレールがかすかに見えていたりするよの。

そして、結構もろいガレキの上をソロソロ~っとビビりながらイク私である。

思えば、みんカラ始めてからは、崩落のコッチ側まで来るのは初めてだな。



崩落によって完全に分断された【大丹波線】の先は、すでに廃道と化し、路面にも草木が芽生え、落石やら岩やらが転がっていた・・・。

道の終点まで、あとそれほどでもないはずだけど、余りの暑さに参ってきていたし、我がミニを道のど真ん中に置いてきてしまっていたので、ココで撤収と相成ってしまった(・_・;)

【林道 大丹波線】を後にして、1本道を川井に向かって戻っていく


そして川井エリアのメインディッシュは【林道 真奈井線】



奥多摩のいくつかあるメジャー林道のひとつである。

起点をくぐってすぐに、こんなに癒しの姿で出迎えてくれるなんて、さすがメジャー級な道である。



奥多摩の道は、フラットにみえてもそれなりにガタゴトがちゃんとある道。

真奈井沢にそって、ほぼ一直線に進んできたら、ぐる~っと折り返して山登りが始まる。



ココからが【真奈井線】の本番なのである。

ちょいと上って、真横を囲むお山の姿。



視線を前に移せば、ゴロンと転がる大きな落石が・・・。



【真奈井線】は結構わいるどな道なのである。

赤錆びた林道の杭ってイイ感じ。



我がミニを向こう側に入れてパチリ♪としてみる。

お山の北斜面を走り、影となった道の向こう側に、お日様に照らされて緑いっぱいのお山がのぞく。



どどーんとした眺めはないけど、こんなプチな眺めが奥多摩の癒しのひとつ。

そんな明るい緑をバックに、我がミニをパチリ♪



あ、前にみんなで土木工事したのって、こんな感じだったっけ・・・。



懐かしさもよみがえってくる【真奈井線】なのである(*^_^*)

【真奈井線】のフォトスポットで、アチコチから我がミニをパチリ♪

左から~



ちょいと逆光でシルエットぎみ。

右から~



ボディいっぱいに写り込む緑の姿にニンマリな私。これぞ黒い美肌な我がミニなのである(^^♪

前から~



実に林道らしい感じでしょ♪

フォトに満足して先へと進めば、たまにはどどーんとした眺めだって出て来てくれる。



ちょいと引いてみれば、こんなトコだったりする。



こういうフォトだと、黒い美肌がアダとなり、我がミニの居場所が分からなくなるのが難点かな^_^;

お? ココに新しい杭で路肩の注意を促してるね。



つい先日までは、補修工事の為に通行止めだった【真奈井線】。

フラットなダートが続くかと思えば・・・、



舗装で補強された路面が出てきたりする。



お山を上るほどに、舗装とダートが入り混じるのである。

ココの曲がり角って、もっと狭かったような気がするな。



いつの間に広げたのかな?

とか思っていたら、この先がかつて路肩が崩落していた現場だった。

たしか、ココで路肩が崩落して【t-tatoさん】のランクルをご案内した時に撤収したのがココだったっけ・・・。



あぁ、今の基準で直すと、味気ない道になってしまうのね・・・(・_・;)

舗装といえど、こんな味わいある姿になるには何年かかるのだろうか。



新しい舗装に下ったテンションは、我がミニのボンネットに写りこんだ木々の姿に癒されてみる。



ウム、ゼロで磨いた我がミニの黒い美肌に満足な私(*^^)v

あれ、コッチも新しい舗装が・・・。



なんて思いながらも道を進んでくると、いつのまにやら見上げていたお山の稜線が、目線に近くなってきた。



【真奈井線】は、結構イイ感じでお山を上ってくるわいるどな道なのである。

ただでさえ狭い道が、張り出してきた木々でさらに狭くなる。



ううん、きらいじゃないのよ、こういうのって。むしろ好きな道の姿。

舗装にも関わらず、轍ができている道。



ココまでクルマが来ることが、いかに少ないことか。だからこそ、奥多摩の林道愛好家に愛される道なのかも。

唐突に、いきなりガレタ感じの道がコンニチハ\(◎o◎)/!



さすがに溝に片足突っ込んで遊ぼうなどとは、決して思えないほどにわいるどなのよ。



プチガレの道を乗り越えて【真奈井線】の最後は舗装となる。

このプチ崩れの数々を横目に進んでいくと・・・、



峠のろーぷ閉鎖で【真奈井線】の終点となる。



この先は、我がミニでも路肩から落ちそうなほどに狭い道となり、川苔山への登山道へと繋がっている。

いつもとは反対に、終点奥の道に向かって我がミニをパチリ♪



道は先へと続いていても、ココが【林道 真奈井線】の終点。しっかりと走破できて満足である♪

お山を下りてくれば、はるか眼下にチラ見の林道の姿にニンマリ。



こんな感じの姿って、帰り道でしか見られないからね。

真奈井の麓まで戻ってきたら、今回のふらふらを占めるフォトをパチリ♪



久しぶりの川井エリアを満喫できたふらふらでした(*^_^*)

この後、もちろんお家には何の問題もなく帰れたけど、よもや奥さんのお迎えにいくまさにその時に、我がミニがパンクに見舞われるとは思ってもいなかったのね・・・(ーー;)
Posted at 2017/06/27 00:31:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年06月19日 イイね!

タイヤがパンクした・・・~どうやら修理不可らしいの・・・~

タイヤがパンクした・・・~どうやら修理不可らしいの・・・~梅雨入り前の気持ちよく晴れたお休み。

気持ちよく、我が愛しの奥多摩の道を走ってきた私♪

そして、無理に遊ばずに、ちゃんとお家に帰ってお仕事上がりの奥さんをお迎え~。

お家を出てホンの数百m・・・

何やらブインブインを変な音がし出した。

とりあえず路肩に寄せてクルマを停めてみると、変な音も止まる(・・?

なんだろね?と車をひとまわり。

右リアのタイヤがペッタンコになっていた( ̄◇ ̄;)

まだ自宅のある住宅街だし、いったんお家に戻ってマッテレに履き替えて、急ぎ奥さんをお迎えに行くことにする私。

そしたら思いっきりハミタイだったけど、とりあえずお迎えを優先してしまった。イケナイコトなのに・・・。

再びお家に着いたら、今度は標準サイズのスタッドレスにして、ガソリンスタンドへタイヤを持って行ってみる。

修理ができたらラッキーかな?

でも、外したタイヤを立て懸けておいたせいなのか、見事に変形してしまっていた・・・。



ちなみに犯人はコイツ(--〆)



釘を踏んでしまっていたらしいのよ・・・。

奥多摩からの帰りには、なにも変なコトはなかった。

でも、たぶん帰り道で釘を踏んで、お家に帰って置いておいた間にエアが抜けていったのかな?

運行前点検で大事なんだな・・・。

GSの店員さんにタイヤを見てもらうと、タイヤサイド中身のワイヤーが切れてしまっているので、お店として修理することができない、とのコト・・・(@_@;)

タイヤにクッキリと黒い筋ができてしまっている。

 

こうなると、パンクした穴をふさいでも、どこかでタイヤがバーストする恐れがある、とのコト・・・。

今月、タイヤのお値段って値上がりしてたよね、たしか・・・。

一応新品のお値段を聞いてみると、1本だけで2諭吉さんが必要な様子。

もともと中古で買ったものだし、1本だけ新品というのもアレだな。

アップガレージ覗いても、ジオA/T-Sの単品なんて出てないね・・・。

4本セットで3諭吉になるかならないか・・・。

TOYOのオープンカントリーの新品が1本8漱石さんか・・・。

どうしようかな~?

まぁ、しばらくは標準サイズのスタッドレスで癒しの林道はおあずけになるな・・・(T_T)

今日の道は、次のお休みでアップするとして、今日は傷心のままオヤスミナサイましね(-.ゞ ネムネム
Posted at 2017/06/19 23:01:45 | コメント(11) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年06月05日 イイね!

1ヶ月ぶりの林道へ♪~素晴らしき奥多摩の癒しに浸ってきた(*^^*)~

1ヶ月ぶりの林道へ♪~素晴らしき奥多摩の癒しに浸ってきた(*^^*)~暦は早くも6月。

アラ? もしかして、5月って地元の1本しか林道イケてない

みんカラにもログインできてなかったし、単休では己の体を休めるので精いっぱいな私・・・。体力ないね・・・(・_・;)

久しぶりの連休なら、これまた久しぶり過ぎる我がミニのシャワータイムだったりする。

実に1ヶ月ぶりとなれば、それはもう念入りに我がミニを磨く私。もちろん【念入りに】っていっても、水洗いしかできないのはナイショね^_^;



なんとなくほこりっぽかった我がミニが、自慢の黒い美肌を取り戻してニンマリな私である(*^^)v

さあ、ペッカペカな黒い美肌を取り戻したら、我がミニの征くべきトコは愛しの林道意外にドコがあろうか!

いざ、一路奥多摩へ!とは思うものの、ちょいと檜原の道でウオーミングアップかな。

【林道 上平線】

極短なピストンだけど、伐採地から見下ろす眺めはなかなかイイ道♪



ダートはほとんどないけど一気にお山を上っていくので、それなりのオフロード感楽しめるのがGood(≧ω≦)b OK!!



駆け上がる道から空を見上げるのが好き♪

ちょいと引いてみたら、こんなトコにいたりする。



繁ってきた夏草で、道の狭さが際立ってくるのがイイでしょ。

そして【上平線】のプチ絶景♪



道を駆け上がっていくと、いきなり眼下に広がる眺めに、わかっていても【おぉ~】って声が出てしまうのよ(^^♪

プチ絶景からもうちょいと進めば【上平線】の終点。



お山の作業がしやすいようになのだろうか、小さくても、少し広がった広場のような終点のスペース。

お一人様ではなく、誰かと走っていたら、間違いなくまったりおしゃべりタイムになる【上平線】なのである。

軽く【上平線】で、久しぶりの林道のウキウキ感を取り戻した後は、檜原街道⇒周遊道路から奥多摩入りを目指す我がミニ。

ひと山越えて月夜見まで下りてくれば、そこは我がミニの定点観測所。

 

ココに来るたびに、緑濃い姿になってくるお山に囲まれた奥多摩湖。

お山を下りて奥多摩湖を目指せば、真っ赤な【峰谷橋】を渡っていく。



ココからなら、定番の麦山線、峰線、峰谷線、坊主線、奥沢線とはしごもできるけど、1ヶ月ぶりの林道ともなれば、今回は私のとっておきの道へイキたいな。

なみいる道の誘惑を振り払って奥多摩湖までやってくれば、お約束のフォトをパチリ♪

 

たまには小河内ダムも一緒にパチリとね~。

 

そういえば、なにやらハイタッチがたくさんあったな。第1日曜日だったから、FCWの皆さんだったのかな?

早々に奥多摩湖から、JR奥多摩駅へ。

 

素朴な感じが味わい深く、和やかな風格が奥多摩に融けんでいるように思える私。

日原街道へと我がミニを進めれば、奥多摩の山あいに浮かぶプラントの姿が印象的。

 

ちょうどデミオのカップルが、感嘆の声を上げてフォトを撮っていたけど、そうでしょ、そうでしょ、ココはそういう眺めなのよ(^^♪

もうちょいと進めば、お気に入りの無人トロッコのポイント。

 

さすがに日曜日では、いつも働き者のトロッコ達も動きを止めてお休みらしい。

お山の隙間を縫うように走っていく【日原街道】

 

奥多摩の山深い癒しと厳しさを同時に感じられる道だと思うのよ。

そんな吐道ぶりをみせてくれる道だけど、路線バスだって普通に走っていたりもする∑(゚Д゚)

 

さすがにフォトをパチリとするのは、離合のできるトコだけど、道幅いっぱいにピッチリとはまり込んでやってくるバスって、かなりの迫力があるのよね( ̄◇ ̄;)

この【倉沢橋】までやってくれぼ、おめあての道はこの谷の向こう側。

 

何でも、橋下の高さが61mとかで、都内で一番すごいのだそうなd( ̄  ̄)

そして、いよいよやってきました【林道 倉沢線】!

 

出だしから切り通しで迎えてくれるなんて、これだけで惚れてしまう私である\(//∇//)\

ガードレールの先がひしゃげているね…。

 

出だしからおっかない姿も見せてくる【倉沢線】なのである。

だがしかし、木漏れ日を浴びる道は癒しの姿に他ならない。

 

こういう姿こそ、我がミニの求める道なのである。

ちょいと下を覗いてみれば、道に沿って流れる沢の姿。

 

いや、沢の流れに沿って道が走っているんだよね。

お? 真新しい林業の告知看板?

 

ドコをやったんだろうと思っていたら、看板のすぐ下の斜面だった。

 

かように奥多摩の山々は、丁寧に、かつこまめに手入れがなされているのである。そのおかげで、私も我がミニも、お山をふらふら~っとできるのよ(^^♪

そんな【倉沢線】は、フラットに見えても意外にゴツゴツとした路面で、結構ガタゴト感が楽しめる道。

 

二駆で十分なんだけど、時にはズルっと四駆にしたくなることも。いや、私はダートに入ると、すぐに四駆にいれちゃうんだけどね^_^;

そんな【倉沢線】は、橋と滝と我がミニのコラボでパチリと出来る道。



そう、沢沿いに進む【倉沢線】は、潤いに溢れた道なのである(^^♪



こういう苔むした岩壁を滴り落ちる岩清水に萌え~な私(*^_^*)

梅雨が過ぎれば、もっと緑が映えるんだろうね~。

ちょいと道の先へと目をやれば、お気に入りの駒止めの姿。



何気なく、ひとつだけで路肩を守っている駒止め。以前はこの辺りに列をなしていたのか、それともこのひとつだけだったのか、不思議に思えてくるのよ。

【倉沢線】を奥へと進むと、いくつかの橋を渡っていく。コレは3つ目の【鳴瀬橋】。



ココは、ちょいと斜面にしがみつきながら、下(横?)から橋をパチリとね♪



シンプルながらも力強い姿を魅せてくれる【鳴瀬橋】。こんな構造物も林道をふらふらする魅力のひとつだよね。

だが、やっぱり私は切り通しが一番好き(*^_^*)



明かり射す緑の回廊と、岩壁の切り通しの間を道が抜けていく。これぞ奥多摩の癒し!

切り通しから道の先に視線を送れば、そこには、やはり癒しの道が伸びていく。



切り通しを抜けて振り返っても、たった今通ってきた道が、癒しの姿でそこにある。



奥多摩の道は、ドコで立ち止まっても癒しを魅せてくれる、素晴らしき道なのである。なんたって、この道だけで200枚以上パチリ♪とするくらいなんだもんね(*^^)v

お?かわいいバイクだね。



【ホンダ クロスカブ CC110】 でイイのかな?

これがホントによく林道に似合うのよ。私には我がミニがあるけれど、こんなバイクも欲しくなるな~。

沢を挟んで【倉沢線】の廃道区間が見えてきた。



大量の倒木も、だんだんと自然に還っていくようにもみえる。

そして、「仮の」終点となる【魚留橋】がみえてきた。



橋のたもとには大きな穴があき、向こう岸には盛り土がなされている。



起点からココまで、およそ2,4km。残念ながら四駆ではココから先へは進めない・・・。

橋の真ん中から我がミニを振り返ってパチリ。



久しぶりの癒しの林道。しかも、一番の【林道 倉沢線】へと来たからには、我がミニではイケなくても、我が二駆で進むでしょ。

ほら、【魚留橋】を渡っただけでも、こんなにも癒しの姿が続いてるのよ。



木陰の中をまっすぐに、光の中へと伸びていく道。廃道となったその道を、我が二駆で踏みしめながら進んでいく。

木立を抜けると、すぐ下に【倉沢線】の姿が見下ろせる。



橋を渡って、ほんのちょっとしか来てないのに、もうこんなに高低差があるコトにいつも驚く私。

さらに、道を覆う倒木とガレキの姿・・・。



うむ、廃道らしさが漂っているね。

さすがにそのまま道なりには進めないけど、先人達が脇に小道をこさえていてくれた。



ガレキを積み上げて、元の道に戻れるようになっている。結構大変そうだよ、コレ。

廃な道を我が二駆で踏みしめながら進み、再び木立の間へ入っていくと、落石がごろごろと転がる【落石街道】になる。



癒しの道に転がる落石たち。

まぁ、これくらいなら、結構大きな落石だね、くらい。

でも、ココまでドーン!とくると、わかっていても、結構な衝撃が襲ってくるのよΣ(|||▽||| )



廃道らしい落石の姿というべきか・・・。

それでも、落石の間を抜けて歩を進めるコトにも癒しを感じていたりもする私(*^_^*)

さらにゴロンと横たわる落石の群れ。



これほどの落石に見舞われながらも、その癒しの姿には、いささかの陰りもないのは、さすが【倉沢線】なのである。

ほら、ちょいと崖下を覗いてみると、こんなに穏やかな沢の姿があるじゃないの。



ちょうど水面に明かりが射して、あたかもスポットライトに照らされたかのように輝く。


そして・・・


この【林道 倉沢線】を廃道たらしめているのが・・・


この【地蔵橋】である・・・




強固に作られた橋はいまだ健在なれど、お山の本体が崩落してしまい、路面が折れ曲がり傾いてしまっている(@_@;)

なまじ、橋そのものが現役そのものの姿で残っているだけに、道がなくなってしまっているコトに悲壮感が漂う。

振り返れば、舗装部分が見事に折れているのがよくわかる。



普通の土の斜面のつもりで踏ん張ったら、アスファルトに積もった枯葉がズルッと思いっきり滑って滑落しそうになってマジ怖かった・・・(・_・;)

壊れた道の脇にのこった踏み代を辿って【地蔵橋】を渡れば、そこには【林道 倉沢線】の癒しが、再び往年の姿で出迎えてくれる。



両脇を岩壁に挟まれ、道と沢との落差も小さくなり、頭上を緑の木々が覆って、癒しの街道を形作ってくれる。



あぁ~、ココを我がミニで走れないことが、ホントにもどかしいのよ・・・。

道の癒しを、まさに我が身で感じながら進んでいくと、これぞ【林道 倉沢線】の癒しともいえる姿に出合う(^^♪



いや、もう、ココでまったりとして、道を引き返してもイイんじゃないかと思えるくらいに癒しに満ちた場となっていたのよ。

だが、道はまだまだ先へと続く。

ならば、道の果てをこの目にするまで進むのが、我がふらふらである。

決意も新たに進んでいけば、「ザ・廃道」と言ってもイイような崩落した道の姿。



こんな姿までも【倉沢線】は癒しにしてしまう。

ちょいともしゃもしゃしているトコを、今回は我がミニではなく、我が身でかき分けてイク。



道幅は、たしかにクルマが通れるだけの広さがある。

沢の流れに合わせて、ゆるやかな曲線を描く道。



この絶妙な曲線がイイのよ(*^^)v

だが、すでに廃道と化した道なれば、やはり路肩の崩落もそのまま。



崩落の傷跡にのぞく大きな石?岩?がちょいと気になるね。

崩落現場を乗り越えて振り返れば、極上と言っていい林道の姿・・・。



廃な道だからこその、この癒しの姿なのだろうか・・・。

ん?

路肩を支える壁に、苔むす石垣が!



さっきの崩落の穴にあった石は、しっかりと道を支えていた石垣の一部だったのね。

これほどに癒しに溢れた道が、廃道として人知れずにそこにある。

ここまでくると、もうどこも崩れ放題な感じがしてくるな( ̄◇ ̄;)



ガレキの山を乗り越えたら、なんとなく林道ではなく登山道っぽい道になってきてないかい?



細い1本道を進んでいく私。

そして、ついに沢へおちる木製の階段と、さらにお山の奥へと続く小さな道しかなくなってしまった。



階段をおりて沢のほとりへとイク私。

【林道 倉沢線】の果て、間の前に広がる、なんとも幻想的なお山の姿。



ちょいと曇り空になってしまい、木漏れ日で光り輝く姿~っとはいかなかったけど、それでも十分に美しい姿。

ということで、ココでお昼ゴハン♪



では、いただきま~す≠( ̄-( ̄)モグモグモグ



コンビニのおにぎりだって、林道の中で食べると、どうしてこんなにもおいしくなるんだろうね(^^♪

頭上を仰げば、濃い緑の木々を通して薄明かりが射しこんでくる。



うむ、心安らかに落ち着くのである。

でも、さすがにお山の中で沢のほとり、Tシャツ1枚では寒かった・・・。もう少しココでまったりとしたかったけど、寒さに負けて撤収とあいなった。

帰り道、これが【まむちゃん】かな?とパチリ。



奥多摩にもちゃんと生えていたんだね~。

【倉沢線】の真の癒しに別れを告げる前に、【地蔵橋】の姿をパチリ♪



あぁ~、我がミニをココで撮ってやりたいのに、ココまで来れないもどかしさと、この姿に心奪われる癒しの空間・・・。

そして我がミニの待つ【魚留橋】まで戻ってきた。



緑あふれる木々に囲まれて、私を待つ我がミニをパチリ♪



このまま家路につくのがもったいないほどに癒しに溢れた【林道 倉沢線】。

ココが、私の愛する林道No,1の道。

林道の癒しに飢えた時、ついつい足が向いてしまうほどにイイ道。

どこでパチリ♪としても、どのフォトも絵になるだけに、ブログもフォトだらけなのはいつものコトかな^_^;

ようやくアップできたのも、すでに2週間も経ってしまって、またもやお山にイケてないけど、ゆるゆるふらふらとして林道にまたイキたいな~(*^_^*)


Posted at 2017/06/18 17:52:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記

プロフィール

「@RIDE-BLUE さん、素晴らしき道に様変わりしている、ということでしょうか( ̄▽ ̄)」
何シテル?   07/16 09:26
gaku1です。よろしくお願いします。 h56のXRに7年、イオターボに11年、そしてh58のVRファイナルアニバーサリーでまたミニに戻ってきました。今度...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

これだけあれば絶対助かる!レスキューグッズ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/09 19:08:37
中毒 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 22:03:16
安保関連法成立から1年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/28 05:56:23

お友達

覗いて頂いた方、ありがとうございます。好きな車を通じて仲間入りをさせて下さいね♪立ち寄ったらコメント貰えたりすると、やたらとやる気が出ます。
252 人のお友達がいます
山猫4WD山猫4WD * Disco-4@東京Disco-4@東京 *
midnightbluelynxmidnightbluelynx * カネマンカネマン *
ナナあゆデリカナナあゆデリカ * CBIICCBIIC *みんカラ公認

ファン

277 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 パジェロミニ gaku (三菱 パジェロミニ)
三菱 パジェロミニに乗っています。 2012年6月に生産が終了。新車で乗れる最後のチャ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.