車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月16日 イイね!
富士山の見える林道へ~雪の林道もまた楽しかったの♪~先週、6ヶ月点検もほぼ問題なく終わって快調な我がミニ。

イイお天気が続いていて、お仕事中も癒しの林道を走りたいな~と思いながら運転の日々。

そうして耐え抜いた1週間が過ぎてやってきたお休みの日。うむ、やはり今日もイイお天気に恵まれたね♪

今回はいつもよりもほんのちょっと時間があるし、久しぶりに富士山の見える林道にイッテみようかな~(^^♪

ということで、中央道で一路河口湖を目指す我がミニ。

正面に富士山が見えてくると、俄然テンションが上がってくる私(*^_^*)



目指す林道は、この浅間神社がランドマーク。



神社の裏手へと回り込めば、お目当てとなる【白滝林道】への道しるべ♪



前回が昨年の7月末日。実に半年ぶりとなれば、夏と冬と、真逆の癒しに期待も高まる私♪


出だしは舗装ながらも、木々に囲まれて木漏れ日に照らし出される姿には、いつもながら癒されるね~。



そこに、雪が残っているとなれば、さらにテンションが上がっていくよね(^◇^)

お?正面の枝道はダートだね?



短いながらも、なかなかにイイ姿を魅せてくれるダートなら、もちろん寄り道していくでしょ♪

枝道へと突入すれば、轍がたくさんあるけど、そこにも木漏れ日浴びる残雪の姿にニンマリな私。



今シーズン初の雪道、日だまりに佇む我がミニをパチリ♪



スノーアタックなどと大仰なものではなく、ちょいとしたスノーラン程度で私は満足。

先へと進めば、緩やかな曲線を描く道と、明るく輝く斜面に癒される。



雪があったりなかったりと、ある意味表情豊かな姿といえるのかな?

この、ちょいと乗り越えていくようなポイントはお気に入りのトコ♪



木立を通して仰ぎ見る青空がイイ感じ。

雪がすっかり姿を消して、冬場らしいモノトーンな道の姿。



木々に囲まれていながらも、なんとなく開放的な感じが癒してくれるかな?

枝道の終点は、広場の真ん中に木が生えていたりする。



終点となれば、振り返ってパチリがお約束♪



さて、枝道から本線へと戻ったら、再び固く締まった雪道を進み、またも分かれ道が現れた。



ココもまっすぐに進んでいき、あの小さな小屋が目的地。



そう、富士山がどど~ん!と目の前に現れるのよ~\(◎o◎)/!



綺麗に冠雪した霊峰富士と眼下の河口湖の姿に、ほ~っと見とれる私(*^_^*)

やっぱり、雪をかぶっている富士山ってイイね!

しばし富士山を愛でたら、いよいよ【白滝林道】のダートへと乗り込んでいく。

【車両通り抜けできません】とあるけれど、こんなにイイ道なんだもん、完抜けできなくたってかまいませんとも(^^)



ダートの始まりには、まったく雪が残ってないね。

でも、ちょいと進んだら木漏れ日に映し出された雪道がイイ感じ♪



目の前をくい~って曲がっていって、壁の向こう側へと消えていく姿が好き。

もう少し道を上がって行ったら、コッチには雪がぜんぜんないね(・・?



白樺の木立が、みんな斜めに傾いて生えているのが不思議な光景。

でも、ココからは枯れ木立の向こう側に富士山が見えるのよ~(^◇^)



夏場には決してみる事のできない、冬場ならではの富士山の姿。こういう姿に、プチ感動してしまう私だったりする。

またすぐに雪が残る道に出会う。



轍が幾重にも重なっているトコを見ると、結構【白滝林道】ってクルマが走っているのかな? 

木々の間を、残雪に彩られた道がくねりながら伸びていく。



フォトだと分かりづらいけど、ちょいと先で左右に道が分岐して、さらに正面を横切るように道が走っているのね(^◇^)

その分岐点まできたら、右手に作業道が枝別れ。



轍はないけど、動物たちの足跡が点々と続いている。野兎かな?

名もなき作業道らしい道にウキウキしながら、我がミニをパチリ♪



明るい日だまりで、雪道にたたずむ黒い美肌がよく映えると自画自賛(*^^)v

この作業道も、途中で道の真ん中に細い木が通せんぼ・・・。



まぁ、この先すぐに登山道のように道が細くなって廃道になってしまうので、クルマが切り返せそうなトコはココしかなかったりもするのね( ̄◇ ̄;)

そして、作業道の通せんぼでパチリ。



枝道の作業道でも、絵になってしまう【白滝林道】はとってもイイ道なのである。

作業道を戻ってきたら、右手に伸びる本線へと我がミニが進んでいく。



道を進んでぐるっと上がってきたら、今度は眼下に今来た道を見下ろしてみる。



雪のおかげで道の線形がよくわかるよ。いつもは茶色一色でよくわからんからね~。

お?ココは結構あ雪が多く残ってるね♪



もちろん、まだ轍のないトコに突っ込んで遊んでみたりするのである。楽しいね♪

また少し雪が減ってきたけど、斜面を掘りさげて道を通したこのポイントは私のお気に入り。



何かのコースみたいに、緩やかな曲線を描く道の線形に萌え~(*^_^*)

振り返ってみて、我がミニもパチリ♪



雪がなかったら、我がミニがドコにいるのかわからなくなるポイントだったりもするのね。

ちょいと開けた感じで、お日様の光を目いっぱいに受ける道。



頭上に広がる青空が眩しいくらい♪

おぉ、今度はかなり雪が残ってるぞ\(◎o◎)/!



轍から外れてみたら、四駆Hで大丈夫だけど、かなりアクセル踏みこんでやらないと進めなかった。おちりフリフリと勇ましい我がミニだったな。

逆光になってフォトではちょいと暗くなってしまったけど、雪道が光り輝いていたトコ。



我がミニが雪を踏みしめる感触が実によかった♪

そうかと思えば雪がなく、いつものガタゴトもしっかりと楽しめるトコもある。



もしかして、今日の【白滝林道】って、とっても贅沢な道になってないかな?

今度は木々の回廊を雪道が抜けていく。



全線を通して、木漏れ日が道を照らしてくれる【白滝林道】。とっても気持ちよく走れるイイ道なのである。

木々が途切れた途端に、この道の特徴の鉄塔がお出迎え。



あえてお日様を入れてパチリとするのが、カッコイイのである(^^♪

再び木々の間へと入っていけば、軽くうねりながら伸びるストレートで我がミニをパチリ♪



全面雪道ってわけにはいかないけど、シーズン初の雪道は充分に楽しいね(*^_^*)

この曲がり角から、お日様のもとへと躍り出ていくと・・・、



枯れすすきの回廊が待っている。



夏から秋にかけては、このススキ達が我がミニのボディにザリザリと襲いかかってくるのよ・・・(@_@;)

でも、ちょいと横を見てみると、富士山がどーん!とまっ正面に鎮座しているスポットだったりもする!



イイ眺めなので、富士山と我がミニも一緒にパチリ♪



数あるメジャーなスポットでなく、お気に入りの林道から望む富士山に満足な私なのである(*^^)v

それなりにお山を上がってきたからか、またも嬉しい雪道の姿。



明るいトコで、轍と轍の間に我がミニの新しい足跡を付けてみたりもする。



我がミニの黒い美肌に写り込む雪道に、ニンマリとしたりもする私(^◇^)

お?ココは今までで一番雪が深そうに轍がついてるね。



もちろん、4HのLoでエンジンの音も轟々と、我がミニの轍を刻みながら進んでいくのである。

もっとも、横を見ると熊さん注意報にちょいとビビる。



まぁ、クルマの音がすれば寄ってこないとは思うけどね・・・。

お気に入りの切り通し。



美しい道でしょ~(*^_^*)

切り通しを抜ければ、綺麗に雪に覆われた道が目の前を伸びていく。



ココはあちこちからフォトが撮れるトコ。

で、ちょいと引いてみた我がミニの姿でどうかな(*^^)v



両側の斜面からは雪が消えかかっているのに、道には雪がしっかりと残って、先へと伸びる線形を彩ってくれる。

あぁ、実に雪の林道らしい姿に癒されるな~(*^_^*)



木々は沢山あるのに、白樺の割合が多くて解放感があるのがイイね!

雪が消え、空が広くなってきたこの先が【白滝林道】の終点。



終点何だけど、最後の最後でげーとくろーずか~( ̄◇ ̄;)



ダート起点にあった【通りぬけできません】の正体がコレである・・・。

さらにゲートには強固な南京錠でこっそりもムリ~(@_@;)



ゲートの向こう側は別の林道が走っているのにね・・・。

ゲートの隙間から我がミニを振り返ってパチリ・・・( ̄◇ ̄;)



それでも、ダートの起点からココまで約4km。帰りも4kmの下りを楽しめるとあれば、それもアリな私。

だって奥多摩だったら、ほとんどの道がピストンだもん。イッテ帰ってで1セットなのよ、我がミニにとってはね(^_^;)

下りはオーバースピードにならないよう、慎重に下りていったつもりだけど、ちょいとおちりふりふりも楽しくて、あっという間に浅間神社までおりちゃったな。

そして、お山を下りたところで、我がミニは【99,000km】を走破!



いよいよ大台に向けてのカウントダウンの始まりかな(^^♪

久しぶりに富士山を愛でながら走れたし、お気に入りの道には雪も楽しめたし、残り1,000kmの楽しみもできた。

たった1本の道をぜいたくに楽しんできたふらふらでした~(^。^)y-.。o○
Posted at 2017/02/18 01:13:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年02月10日 イイね!
6ヶ月点検終了~やっとリコール対応も終わり~ホントは1月に受けなければいけなかった6ヶ月点検。

デラさんに入庫の予約しなくちゃな~っと思いつつ、気がついたら1月中に予約入れる事をすっかり忘れていたりするのね・・・。ランプステーとか外さないと、デラさんには入庫できないし・・・。

そして、うっすらと小雪の舞う日に、6ヶ月点検の日がやってきた。

デラさんに行くなら、まずは我がミニのシャワーだよね。

水が冷たそうだけど、我がミニの黒い美肌のためなら私は頑張れるのよ(^_^;)

とか、思ったら、ホースの中で凍ってて水が出てこない~( ̄◇ ̄;)

やむなく(ラッキーなことに?)、ガソリンスタンドで機械洗車でシャワータイム終わり。



サイドアンダーミラーとか、背中のスペアタイヤとかの為に、機械じゃ磨いてくれないトコが残るのが難点なんだよね・・・。

それでも、一応ピカピカになった我がミニの拭き取りをしていると、いつの間にかニンマリとしてしまう私がいたりする(*^^)v

点検は、いつもお世話になります【関東三菱青梅店】様。



我がミニと瓜二つの黒いPJMで、姉妹ツーショット風にパチリ♪

我がミニは最終型の在庫車だったから、コッチが妹かな?

マニホールドや、ラジエータファンモーターのリコール作業もあるので、我がミニは1日預け入れである。

我がミニの代わりにやってきたのは【ekワゴン】。



先代と比べて、ずいぶんと軽ワゴンも進化してるものだと感心。

インテリアも我がミニと比較すると、ずいぶんとラグジュアリーになっているよ。



アイドリングストップも、再スタートが静かになって、深いな振動ももとんどなくなっていたのには結構驚いた。でも、出足がかなりもっさりとしているのは、ちょいと勘弁かも・・・。

宵口になるとちょいと雪も積りかけて、車庫に積んであるタイヤも白くなる。



なんとなくレンコンを想像したくならない?

一夜明ければ、空がすっきりと明るく晴れ渡る。



林道イッタら、雪道に癒されそうだな~。でも、我がミニがいないのよね・・・。

ちょいと用事を済ませていたら【ekワゴン】のキリ番をゲット。



このメーターは見やすくてイイね!

夕方に点検の終わった我がミニを迎えに、再びデラさんへと赴く私。

担当さんが外出して不在だったので、我がミニを受け取って帰るのみ。

一応エンジンの横からマニホールドあたりをパチリ。



で? マニホールドってドレ? ちゃんと写ってるのかな(@_@;)

納車から4年半、走行距離【98,620km】で6ヶ月点検終了。

タイミングベルトも交換しなくちゃなんだけど、コレはオカネかないので次の12ヶ月点検まで引っ張るつもり。

ともあれ、特に急いでやらんといけない事案はないのでひと安心かな?

さて、今年も癒しの林道へと連れてイッテ下さいましね、我がミニよ(^^♪



Posted at 2017/02/11 00:30:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年02月03日 イイね!
素晴らしき冬晴れの林道~これぞ我がミニの癒しの道~気がついたら、もう2月。

なんとか癒しの道にイッテはいても、【林道 倉沢線】【中沢線】も単発で終わってたし、お日様の恵みはなかったし、ちょいと物足りない感じ・・・。あ、1本は凍結路面に返り討ちにもあっていたな・・・(T_T)

それでも、2月最初のお休みがこんなにイイお天気なら、ふらふらの期待も高まってくる私。

となれば、タイヤも新調したし(中古だけど)、先日返り討ちになった道へのリベンジといこうかな。

檜原街道を進んでいき、目指すは人里(へんぼり)の道。

【林道 上平線】

ほとんど舗装だし、極短なピストンな道。でも、終点手前の伐採跡からのプチ絶景に癒される道。

なにやら立派な林道の碑。



極短、ピストンな【上平線】だけど、この道に対する期待は、これほどに大きかったのかな(・・?

曲がり角の向こうに見える、先へと延びている【上平線】。



こういう姿に癒される私(*^_^*)

そして、横を見てみると、古びた石垣に萌え~♪



切り通しと石垣に、愛と癒しを求める私なのである。

なんてことのない舗装の山道と、ゴロゴロと転がる岩と重機。ココにい癒しなんてあるの?



いやいや、これほど見事に道いっぱいにお日様の光をうけて、お山の上に広がる青空となれば、テンションが上がってくるってもんでしょ。目指すはあの伐採跡に見える一筋の道。

さて、重機を廻り込んだら、先日返り討ちにあったこの凍結ポイント。



と、意気込んでイッタら、きれいさっぱりと消えてなくなっていた(^_^;)



まぁ、怖い思いをせずに、スッキリと道を進んでいけるからヨシとしておこうか。

ここを回り込んで、平成13年度施工の杭からが待望のダートが始まり~。



ちょいと先が期待できそうでウキウキしてくるのね。

枯れたもしゃもしゃで、癒しの道というには少々ムリか・・・。



いやいや、その先に進んでみれば、切りかいた山肌と、ガートレールなどという無粋なモノもなく、山の形にそって描かれる路肩の姿(^◇^)



実に林道らしい、これぞあまたの林道愛好家が求める道の姿!こういう姿にテンションアが上がっていくのは私だけ(・・?

さらに高みを目指して駆け上がっていく林道!



こういうシンプルで、力強く、癒しに溢れる姿って、我がミニのイク道にはなかなかないのよ(*^_^*)

そこを駆け上がっていけば、道と、お山の稜線と、目の前いっぱいに広がる青空。



うむ、これぞ冬晴れの林道の姿(^^♪

そして、【上平線】のお目当ては、このプチ絶景(^^)



午前中ならば、実に見事に眼下の眺めにお日様の光が当たってくれるのよ♪

我が身にも一緒にパチリ♪とね~。



極短だろうと、ほとんど舗装だろうと、最後のダートとこの眺めがあればイイ道なのである。

さて、終点はすぐそこなんだけど、道に切り株と落石が・・・。



壁ギリギリにも轍ができているな~。

なので、轍に沿うように、ソロソロと切り株をかわして、落石ギリギリを進んでいく。



結構傾いているように感じるんだけど、全然だね・・・。

ドアが落石にぶつからないように、そ~っと下りて、我がミニの雄姿をパチリ♪



なにか大冒険しているような我がミニだぞ(*^^)v

切り株&落石をクリアすれば、そこが【林道 上平線】の終点。



すっきりとした、居心地のイイ広場になっている。特に何があるというわけでもないのだけれど、まったりとするにはちょうどイイのね。

さあ【上平線】を引き返すのだけれど、もう一回落石を避けないといけないね。



今度はかなり傾いて怖いぞ~( ̄◇ ̄;)



落石が助手席側になってまったく見えない分、私としては思い切って壁に脚を架けてみる。

ウム、珍しくクロカンっぽくカッコイイ我がミニ(*^^)v



そして、フェンダーの隙間にチラリと見える、2インチアップのブログにニヤニヤとしてしまう私なのである(*^_^*)



お山を下りて、檜原街道に戻り、奥多摩周遊道路で奥多摩湖を目指してみる。

なんと、周遊道路から富士山が見えるとは\(◎o◎)/!



あんまりにビックリして、浅間尾根駐車場でUターン、都民の森からゆっくりと富士山を探してパチリ♪

周遊道路から富士山が見えるなんて、まったく知らなかったよ。ぐぐってみたら、やっぱり富士山がみえるのはこのピンポイントでしかないらしいφ(..)メモメモ

月夜見駐車場から奥多摩湖の眺めは、我がミニの定点観測所。



いつもながらの癒しの奥多摩湖である。

あまりに綺麗にお日様が降り注いでいるので、今回は奥多摩湖の西側の山々もパチリ。



深い奥多摩の山々が織りなす見事な景観(*^_^*)

奥多摩湖半はまで来たら、真っ赤な【峰谷橋】は抑えねばね。



ココまで来たら、やっぱりあの道は外すわけにはいかないでしょ。

枝道をちょいと進んできたら、あの分かれ道がお目当ての道。



【林道 峰谷線】

奥多摩では定番の林道なる、魅力あふれる道。



雪は残っていない様子だけど、起点から凍っていた。

沢の流れも冬場らしい寒々しさを醸し出している。



この沢筋に沿って延びていく【峰谷線】である。

出だしから切り通してで出迎えてくれるイイ道♪



ほ~ら、我がミニだって実にイイ感じで道にたたずむのよ(^^♪



こういう絵って好きなんだな~。

所々で残雪が氷となって、ちょいと滑る。



影の中にありながら、道が青く光っているようにも感じる。

お気に入りの曲がり角。



ガッチリとした岩壁と、沢に落ち込む崖の間を抜けていく道。

またまた切り通しがお出迎え♪



ふたつの岩壁に挟まれて、威風堂々とした姿を魅せてくれる。

コチラでは影の中から、冬枯れした山肌と、その上に広がる青空に癒されてみる。



陰と陽の見事なコントラストがイイね!

今度はお日様をいっぱいに浴びる林間の道。



フォトではちょいと見づらいけど、木々の奥へと延びていく道が癒しを醸し出す。

手積みの石垣が、素晴らしい演出で道を彩る。



綺麗な石垣だよね~。思わず見とれてしまう私だったりするのよ。

木漏れ日浴びる林間で、我がミニをパチリ♪



こういう姿が奥多摩の癒しかな(*^_^*)

おぉ~、岩壁が凍っているぞ\(◎o◎)/!



我がミニを置いてみると、氷の大きさがすごいね。



振り返れば、凍った道が光を浴びて渋く輝いている。



うむ、やはり【峰谷線】は、奥多摩定番らしい安定した癒しがあるのね。

沢との高低差があまりないからか、ずーっと向こうに延びていく道全体が凍っている・・・。



おそるおそる、ゆ~っくりと我がミニを進ませていく私。

再び氷のオブジェ。



なんか、パーレーツオブカリビアンに出てきたタコの怪人みたいな感じ。

やっぱりココでも我がミニと一緒にパチリ♪



さえぎるもののない橋の上は完全凍結!



ちょいと深めにアクセルを踏みこんでしまったら、我がミニのおちりがツーっと流れて怖かった・・・(T_T) くれぐれも氷の上では慎重にね・・・。

橋を渡ってみたら、そんな怖さもすぐに忘れさせてくれる輝く道!



いや、怖さを忘れてはイケナイのだけれど、この姿にはホント癒されるのよ(^^♪

そして、やはり我がミニらしい林道の姿とは、こんな感じの木漏れ日浴びる木々の間の道かな。



そんな木々の間から覗く青空が好き♪

【林道 坊主線】との分岐点もまた凍っていた。



今回は【坊主線】はパスして、【峰谷線】の終点へとまっすぐに進もうか。

影の中になっちゃったけど、イイ感じのストレートでパチリ♪



これ以上我がミニを明るくすると、壁が白く飛んじゃうんだよね・・・(ーー;)

ココからイイ感じのポイントがいくつかあるんだけど、どれも陰になってうまく撮れなかったのが残念。夏場ならもっと上から光が射して癒してくれるんだけどね・・・(T_T)

終点前のストレートも、轍はあってもほぼ全面凍結でツルッツル・・・。



再スタートでおちりは滑るは、ハンドルは効かないは、ズリズリと下っていくはで、と~っても怖い思いを味わう羽目になったのよ( ̄◇ ̄;)

なんとか凍結を乗り越えて終点が見えてきた。



その終点に軽ワゴンの姿?普通に走ってくれば、あんなに怖い思いをせずに来れたのかな?

今回の教訓:ネタの為に氷の上で停まってフォトを撮るのはやめましょう(ーー;)

東京都水道局の軽ワゴンと【わ】ナンバーのエクストレイル、その後ろに我がミニで【峰谷線】の終点をパチリ。



道中の癒しに満ちた姿と対照的に、あんまり面白みのない終点の姿だったりするのね。

でも、帰り道だって沢筋の姿に癒され・・・、



輝く石垣とS字を描く道の線形にも癒されながらお山を下っていく【林道 峰谷線】はイイ道なのである。



ふ~、2本とはいえ、ひさしぶりに林道をはしごしたらお腹が減ったね。

奥多摩湖の食堂で、大盛りカツカレーが食の定番♪



お味はそこそこだけど、このボリュームはすさまじいのよ~。お腹いっぱいでし(^_^;)

おっと、奥多摩湖とくれば、このフォトも我がミニのお約束。



今回はダムもバックにパチリ♪とね(^^♪



2本だけとはいえ、じっくりと走って、林道の癒しをたっぷりともらってこれたふらふらに満足な私。

いつも同じ道ばかりだけど、いつも違う表情を魅せてくれる林道はイイね~(*^_^*)

あ、そうそう、我がミニが98,000kmを走破!



大台に乗るのは2月の内か、3月か?

とりあえず、来週は6ヶ月点検でデラさんに1日預けて、我がミニのリフレッシュだな。
Posted at 2017/02/04 00:25:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年01月27日 イイね!
スタッドレス新調!~のち癒しの道へ~5シーズン目を迎えていた我がミニのスタッドレスタイヤ。

昨年11月、54年ぶりとかの東京の初雪に備えて、一応履き替えておいた私。

でも、結構内減りしていたし、外側にはしっかりとした溝が残っていても、その内側は、正直なところ、もうスリップサインまでも摩耗していた・・・。

スタッドレスとしての寿命は3年とか聞いたこともあるな。

先日の【林道 倉沢線】でも、なんてことには見えない氷で再スタート出来なかったし・・・

そして、ちょっと時間があいた隙に、1本走ろうと思っていた檜原の林道で、この残雪?凍結路面?で、なんと我がミニが四駆Hiで登り切れず、後ろにずり下がる怖い思いをすることになってしまった( ̄◇ ̄;)



フォトで見るよりも、かなりの斜度があるトコ。でも、ギアは【L】に入っているのに、我がミニを停めるすべもなく後ろにずり下がっていく様には、メチャ焦ったと同時に【あ、スタッドレス終わってる・・・】と実感。

とりあえず、タイヤを履き変えないコトには命にかかわるよね。

ということで、近場の中古屋さんを覗いてみる。

我がミニのサイズであるのかな?とか思いつつ店内に入った途端、【ニーチャン、ニーチャン、イイコガイルヨ~】とでも言いたげに、オッサンな店員さんが寄ってきた(^_^;)

確かに、バリ山なジオI/T-Sが、ホイール付きで¥29,900であればお買い得?



いや、でもちょいと予算オーバーだし、何気にホイールは4セットもあるし、これ以上ホイール増えたら、こっそりタイヤ換えたコト奥さんにバレちゃうし・・・。

そしたら、オッサンな店員さん、タイヤ組み換え、古タイヤの処分混みで、もうちょっとお安くしてくれたのでお買い上げ~♪



ネットでなら、もっとお安く出来たのかもしれないけど、現物見てから買いたいので、多少の出費はしかたないかな。

ウム、溝もクッキリとしたバリ山タイヤってイイね!



タイヤがリフレッシュしたら、今度は我が身のリフレッシュ。

奥多摩にイク時間はないので、地元の超極短な道で癒されようか。

おなじみの超高級料亭の脇を抜け・・・



木漏れ日浴びる並木道を抜けていけば・・・



お目当ての【林道 中沢線】



延長1kmにも満たない、超極短、ほとんど舗装の道。

しかしながら、その癒しは、私の中で極上に位置付けられているお気に入りの道♪

ほら、起点の橋でちょいと下から見上げてみれば、こんな渋いフォトで我がミニをパチリ♪



ウム、我がミニはカッコイイぞ(*^^)v

道に入っていくと、とても癒しがあるようには見えない寂しい姿?



確かに寂しすぎる姿だけど、ココで見て欲しいのは荒れた舗装の路面なのよ。

こんなに荒れていると、そこらのダートよりもよほどガタゴト感が楽しめるのね。

木々の間に入っていけば、木漏れ日で照らされた道には、ちゃんと癒しの姿♪



お日様のあるなしで、癒しの度合いが全然違ってくるのね。

ちょいと殺伐とした姿に見えるかもしれないけど、くいって曲がってさらに駆け昇っていく道の姿に萌え~な私(^^♪



振り返って我がミニをパチリ♪とすれば、ココでも渋くてイイ感じ(*^^)v



そして、木々の隙間から見上げる道の線形は私のお気に入りの姿。



ココだけでも、何枚もパチリ♪としてしまう、不思議な魅力と癒しを持っている【中沢線】なのである。

見上げていたポイントまで進んでみると、プチ崩れの跡(・・?



曲がり角を曲がってみると、コッチにもプチ崩れが・・・。



民有林の、ほとんど私道みたいな林道なので、必要最低限の整備な様子。

ココから先が【中沢線】のフォトスポットとなってくる。



まず、横を見上げれば、枯れ沢の奥に見える橋と、木々の隙間を縫うような道の線形、そしてお日様の日がほんわかと明るさを出してくれるお山の姿。



見とれていた線形のポイントまで進むと、我がミニのフォグに照らし出された道が幻想的にも思える姿でお出迎え♪



そして、枯れ沢を渡る細い橋がイイ雰囲気を醸し出してくる。



この眺め、好きなんだな~(^^)

路肩から振り返って、我がミニをパチリ♪



ちょいと薄暗い中だけど、なかなかに決まっている我がミニなのである。

調子に乗って、おちりからもパチリ♪



橋まで進んで、向こう側に連なる道とのコラボ。



上から見下ろしてみれば、走ってきた道を振り返るようにパチリ♪



わずか50mちょっとの間に、これほどのフォトを撮ってしまうほどに、この道は癒しの宝庫なのである(*^_^*)

橋を渡り、小さな広場を回り込むと【中沢線】の最後の道が見えてきた。



道の脇には登山道の道標。



私には作業用の踏み代にしか見えないが、この隙間が登山道らしい。

道と共に、間伐材でこしらえた土止めが終点に向かって伸びていく。



見晴らしなんて微塵もない道だけど、意外に延びていく道が見渡せるのが【中沢線】の魅力かも。

木々を通して、わずかに見える青空と、影の中でひときわ色づくフォグの鮮やかさに自画自賛(*^^)v



そして、何ともあっけないくらいに終わる【林道 中沢線】の終点。



軽規格でしか切り返しができない、小さなスペース。sinnchanをお連れした時には、我がミニとじむに~2台でも入りきらなかったっけ・・・。

谷間の向こう側には、さっき分岐していた登山道の道筋が見えるね。



木々の上が明るいからなのか、薄暗い山の中でも、落ち着いた癒しの雰囲気があるのよ。

さて、ちょいと一服したら、癒しの【林道 中沢線】を戻ろうか。



ちょこっと急ぎ足で、いろんなコトしたお休みだったけど、お気に入りの癒しの道を走れて満足な私♪

そういえば、1月って我がミニの6ヶ月点検だったっけ(・・?

慌てて三菱に電話したら、2月に入ってからの入庫になってしまった( ̄◇ ̄;)

でも、これでようやくリコール対応もできるのでよしとしようかな。

Posted at 2017/01/27 23:57:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
2017年01月20日 イイね!
モノトーンな林道の美しさ~奥多摩、冬の癒し~お休みはあるけれど、なかなか癒しの林道へイケなくて悶悶とする日々・・・。

疲れが抜けなくて、朝スキっと起きる事ができないのよ・・・。

やっぱり年なのだろうか?

そんなお休みの日に、ツイッターを覗いていたらフォロワーさんが奥多摩のフォトをアップ\(◎o◎)/!

そんなの魅せられたら、奥多摩ガマンできないよね~。

思い返してみれば、年が明けてからは初走り以来癒しの道にはイッテいないし、午後からお出掛けでは林道はもう夕方の雰囲気になっているだろうけど、もうしんぼうたまりましぇ~ん(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

久しぶりの奥多摩となれば、まずはJR奥多摩駅の駅舎をパチリ♪



いつ来ても、愛でれば心休まるイイ駅舎なのである(*^_^*)

R411から日原街道へと入っていけば、今度はお山の谷間に浮かぶプラントの姿。



午前中では逆光になってしまうけど、午後でちょっと傾いた日の光が、ちょうど要塞のようなプラントを照らし出していた。

日原街道を進んでいけば、この無人トロッコのフォトも外せないね。



列をなして、左右に行きかう小さなトコッロのけなげな姿に萌え~な私である。

そんなトロッコ達は、あの露天掘りの採掘場からプラントへと行き来している。



あの採掘場には、日原街道の旧道が飲み込まれてしまい、貴重な道が姿を消してしまっている。でも、国土地理院のマップには、今でもその道がしっかりと描かれていたりもするのね。

東京都下で一番の橋下の高さを誇る?【倉沢橋】の向こう側に、今回のお目当ての道が見えてきた。



【林道 倉沢線】



出だしから結構わいるどな姿で出迎えてくれる、我が奥多摩の中でも一番お気に入りの道なのである(*^^)v



道の名の通り【倉沢】に沿うように延びる道だけど、夏場には緑に阻まれて眼下の流れを見る事は難しいけど、今の時期なら冬枯れした木々の向こう側にその姿を見てとれる。



夏場には、沢登りでも沢山の人の姿もあるのよね。もっともこんな日が傾いた午後では、沢筋はもとろん、道にも私だけのボッチな【倉沢線】である(^_^;)

冬場らしい寂しげなモノトーンな姿な【林道 倉沢線】



でも、枯れ木立の向こうへと延びていく道には、確かに静かな癒しのオーラと美しさがある。

上から見ているだけでも、その険しさの一端が見えるように感じる沢の流れ。



よくもまぁ、こんな険しい山に道を築いたものだと、いつも感心しながら走る私。

お?何やら知ろうモノが壁に垂れ下っているぞ(・・?



なんと!岩清水が凍ってつららになっていた\(◎o◎)/!



当然、コレは我がミニとのコラボでパチリ♪である(*^^)v

まっすぐに天を目指して延びる植樹に挟まれた道。コレが奥多摩の道。



そして、路面には固い石コロや、たぶん岩の先っぽが顔を出し、結構ガタゴトと我がミニがゆられながら先へと進む。

雪が全然ないな~、とか思いながら来たけど、ココでほんのちょこっとだけ雪が残っていた。



街道にはちらほらと残っていたのに、林道には雪がないのね。

お気に入りの切り通しを抜けていくと・・・、



艶かしささえ感じる道が、くい~って曲線を描きながら先へと延びていく。



こういう姿に癒されるのよ~(*^_^*)

眼下には、道と同じラインをとる沢の流れ。



夏場には草葉が生い茂って、なかなか沢筋が見られないので、結構新鮮なすがただったりもする。

お?コッチにもつららができているね。



沢筋だけあって、【倉沢線】は岩清水の湧き出る岩壁が多く、それらが凍って寒さをさらに演出してくる。

コッチの【八幡橋】だって、



橋の真横に滝が流れ落ちていたりする。



さすがに滝は凍ったりはしていないけど、やっぱり寒いのね・・・。

冬だというのに、岩清水にうるおされて青々としている苔むした壁も好き♪



奥多摩の険しさの中に覗く、小さな、それでいて大きな癒しなのである(^^♪

もっとも、壁の下には、落ちたつららが束になっていたりもするけどね・・・。



今度は【鳴瀬橋】が見えてきた。



ココは斜面にしがみつきながら、橋をちょいと仰ぎ見て欲しいトコロ。



威風堂々とした、シンプルな橋の造形に見とれてしまうのよ(*^_^*)

そして、見過ごされがちな橋のたもとには、手積みの石垣でガッチリと道と橋を繋いている。



今なら手軽にコンクリの擁壁で補強してしまうのだろうけど、昭和な道たちは、こうして職人技の石垣も癒しを与えてくれるのである。

ちょいと我がミニが八幡橋の向こう側を見据える姿をパチリ♪



ドコで撮っても絵になる【倉沢線】なのである(*^^)v

そして、切り通しとなれば、そこをただ通り過ぎるなんてことは私にはできないのよ。



切り通しの向こう側に延びる道って、なんでこうも美しい線形を描くんだろうね(*^_^*)

ココにも雪があるな~、とか思っていたら、ツルッツルな氷だった・・・。



あんまりに綺麗にツルツルだったため、再スタートはスタッドレスでもタイヤがシャーって空転して進まない・・・( ̄◇ ̄;)

ちょいと下がることはできたので、そこでタイヤをグリップさせて無事に先へと進むことができた。もしかして、スタッドレスはもう限界かな・・・(・・?

曲がり角に我がミニを停めて、伸びゆく道と一緒にパチリ♪



こんな時だけは、我がミニの黒い美肌がアダになるな~。色付きならモノトーンな世界で愛車がワンポイントになるのにな~。とか思いつつ、やはり我がミニは、どんなシチュエーションでも美人さんである(*^^)v

夏場では見られない、沢筋と一緒に伸びゆく道に癒される私。



四季折々の癒しを魅せてくれるのが、林道の魅力の一つ(*^_^*)

枯れ木立の向こう側には、斜面に雪が残っていた。モノトーンな景色の中で、白が際立って、かえって色付いているようにも感じるね。



木々の上に視線を移せば、奥多摩の険しさを体現する岩壁がそびえたつ!



あの壁も、夏場では木々に遮られて、イマイチ迫力が見られなかったんだけど、これも視界が広がる冬場ならではの姿。

そして、そんな岩壁を切り崩して、道を切り拓いたこのポイントは、いつ来ても思わずパチリとするほどに感嘆の情が沸き起こってくる。



奥多摩では、これほど見事に岩壁を切り崩した姿ってないのよ。もっとも日原エリアは、もっと奥へいけばこんな岩壁ばっかりなんだけどね・・・、通せんぼされていてイケないのよ・・・(-。-)y-゜゜゜

沢を挟んだ対岸側には、封鎖されて廃道となった【倉沢線】がみてとれる。



ホントはあの廃道の奥にこそ、この【林道 倉沢線】の真の癒しが待っているんだけど、今回は時間的にパスなのが惜しいな。

などと考えつつ進んでいくと、仮の終点となる【魚留橋】が見えてきた。



【仮の終点】の正体、その1



橋の手前に空いたデッカイ穴ボコ・・・。



正体その2



橋の対岸に盛られた盛り土。

かように、四駆に対しては自然の力と、行政の力のコンボ技で通せんぼは完璧である・・・(--〆) もっとも、あの先は己が二駆でないとダメなんだけどね・・・。

まぁ、今回はあの滝の姿に癒されて、【倉沢線】をひきかえそうかな。



一応【仮の】とはいえ終点なれば、振り返って我がミニをパチリ♪



クルマが展開できる十分なスペース。ちょいとノンビリしたくなる雰囲気があるのよ。

帰り道、ピストンならではの癒しの姿・・・、あぁ、美しいな・・・(*´ο`*)=3 はふぅん



えぐれているように見えるが、それでも強固な岩の地盤に支えられた【倉沢線】の姿は、帰りでないと拝めないのよ。

お山を下りたら、奥多摩湖がやはり定番かな?



小河内ダムの吐出口が凍っているね。

奥多摩湖に来れば、ココが我がミニの定番のフォト。



生だと、もうちょっと明るかったんだけど、我がミニと山肌の黒さに引っ張られちゃうのよね・・・( ̄◇ ̄;)

第2駐車場は真っ白に凍っていたっけ。ちょいと我がミニがスピンしかけて怖かった・・・。こりゃやっぱりタイヤが限界超えてるのかな?

そして、周遊道路を巡ってお家を目指せば、やっぱりこのフォトは外せない私。



冬の夕暮れならではの、凛とした雰囲気と、そこに覗く奥多摩湖。我が定点観測所からの眺めにも癒される。

マジックトワイライトにはちょいと早いが、やはり夕暮れ刻の空は綺麗だね~♪



うん、林道は1本だけだったけど、やっぱり奥多摩には飽きる事のない癒しがたくさんある。

その林道だって一番のお気に入りだったし、十分な癒しを受けたような感じ(^^♪

今までと比べたら、ぜんぜんふらふらできなくなってしまったけど、あらためて今年も我がミニと林道日記をよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
Posted at 2017/01/20 22:18:19 | コメント(5) | トラックバック(0) | パジェロミニ | 日記
プロフィール
「富士山の見える林道へ~雪の林道もまた楽しかったの♪~ http://cvw.jp/b/1579156/39328973/
何シテル?   02/18 01:13
gaku1です。よろしくお願いします。 h56のXRに7年、イオターボに11年、そしてh58のVRファイナルアニバーサリーでまたミニに戻ってきました。今度...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
これだけあれば絶対助かる!レスキューグッズ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/09 19:08:37
中毒 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 22:03:16
安保関連法成立から1年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/28 05:56:23
お友達
覗いて頂いた方、ありがとうございます。好きな車を通じて仲間入りをさせて下さいね♪立ち寄ったらコメント貰えたりすると、やたらとやる気が出ます。
253 人のお友達がいます
ナオGナオG * cacalottcacalott *
iron☆鐡工所iron☆鐡工所 * えんぜるえんぜる *
三代目TT三代目TT * 山波瀬朗山波瀬朗 *
ファン
276 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 パジェロミニ gaku (三菱 パジェロミニ)
三菱 パジェロミニに乗っています。 2012年6月に生産が終了。新車で乗れる最後のチャ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.