• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年07月18日

補器バッテリーの電圧管理

補器バッテリーの電圧管理 パソコンショップでなぜかシガーソケット用の電圧計を見つけて買ってしまった。 ここ何日かFIT3HVの12V(補器バッテリー)の電圧を観察しているので記録しておこうと思う。

当たり前といえば当たり前なのだが、普通のガソリン車とは全く異なる動きをするので面白いことこの上ない。

まず、ブレーキを踏まずにパワースイッチを押してACCモードで起動すると、12.3~12.5Vで、この時はバッテリだけの電圧が出ているようだ。ヘッドライトを点灯すると、若干電圧が下がるのがわかる。

ブレーキを踏んでPowerONすると、暖気が始まり、電圧は14.8Vに跳ね上がるが、アクセルを踏んで走り出すと12.7Vで落ち着く。 ヘッドライトの点灯時は14.8Vに上がるが、それ以外は12.7Vのまま、微動だにしない。

つまり補器バッテリの電圧は以下のモードで制御されるようだ。

12.3~12.5V: 放電モード(ACCモードで起動時)
12.7V:     フローティングチャージモード
14.8V:     充電モード(暖気運転、ヘッドライト点灯時)

フローティングチャージモードでは補器(ECU、電動パワステ、ファン類、ミッション、オーディオ、etc)はIPUから供給される電力で動作し、バッテリは消耗していれば充電され、その後ほぼ満充電状態が保たれる。

暖気とヘッドライトを点灯したときのみ(ほかにもあるかもしれないが)充電モードになるのだが、あまり長時間続くと過充電になる恐れもあるので、多分適当なところでフローティングチャージモードに切り替わるのではないかと思われる。

さて、オーディオの音がモードによって変わるのか、聞くき比べてみたが・・・・わからず(^^;
若干放電モードで元気さが劣るようでもあるが、気のせいであろう。

オルタネータ搭載車と違って、何をしても電圧計がほとんど動かないのはすごい。 ヘッドユニットが異なるとは言え、オーディオの音はハイブリッドのほうが良い印象なので、やはり電源が効いているのかもしれない。

充電モードが何故14.8Vなのか気になるが、リチウム電池の4セル分と同じ?と考えるのは考えすぎだろうか。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2014/07/18 22:25:57

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2014/07/18 23:56:27
こんばんわ。

私もオーディオレギュレーターの入力側(12V BT)と出力側に

電圧計を付けて常時監視していますが

なかなか、面白い?(興味深い)動きですね!

今のところ不具合もなく徐々にシステムアップして

良い方向(音質)になってきてます♫
コメントへの返答
2014/07/24 21:51:23
こんばんわ

しばらく出張に出ておりまして遅くなりました。

上記の他にも電圧モードがあるようです。
放電モード以外はIPUからの給電でとても安定しています。

もしかするとスイッチングレギュレータを使用しないアンプの方が音がいいかもしれません。!?
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

gonbeです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

70 人のファンがいます

愛車一覧

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.