• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年08月18日

快適なクルマを目指して

今日はいきなり本題。
と・・・いうことはかなり難しい話になる。

初代GSの静音対策はいままのトヨタとは違う(2代目はどうでもいいレベルだから・この話には触れない)。



[写真は構造図]

高密度フェルト・グラスファイバーなど、フロア全体に制振&静音対策が組まれて、7年前は(作業)工数で高価であったレーザー溶接も施されている。クラウンとフレームを共通した影響で、世間でいろいろ言われたけど非なる構造体である。初代GSは静かでしなやかなクルマ、クラウンは静かさを感じたい。『静かと、静かさを感じる』ことは全然違う。

ここからは仮説と推論が混じるので賛否があるが、それもまた面白い。GSも発売してもう7年経過するが、完全に現役でバリバリである。野球で言えば、ベテランでなく、エースのまま。



[写真はノックスドール社製制振スプレー]

クラウン等で使われている制振スプレーを厚塗りしてあるぐらいと考えていた。クラウンは10万キロ超えるとキシミより、音がうるさい。しかしGSは、根本的な静音対策は練り込まれていた。考え方を変えて勉強をし直すことにした。

GSはコストダウンが難しいクルマであったことは、年次マイナーチェンジから見ても受け取れる。基本設計がワンオフばかりで量産コスト減に向いていない。外観も変わらないし、内装も変えにくい。
あとは・・・検査基準が日本投入初代GSということもあり、特別の何かもしくは、厳しいこともあっただろう(それ以降の車種が緩和とは言ってない)。

ISより先にフルモデルチェンジを急ぐ理由もここら辺にあったと思う。マークXと兄弟車のISは・・・脱線するのでまたにしよう。

話は戻り、静音/制振対策の件になるが、本当は産業エンジン(例:油圧ショベルのエンジン用の耐熱静音材)等の分厚い防音・耐熱・無静電マットを敷き詰めて、制振スプレーとシーラー(接着剤)で固着させようと考えていたけど、その必要は無くなった。個体差はあるにせよ、最初から静かだったことは、好都合で対策も立てやすい。静音性についてはあと少し対策すれば、納得して終了できる。

まずは出来る部分から対策する。
この先は安易に出来ることでもなく、手間のかかる非常に難しい作業。間違えれば、雨漏り、漏電、クルマを壊すことありうるのでご注意を。

一つの方法として、同乗者に運転させて高速と低速を交互に走る。キシミ音はサウンドスコープ(聴診器)があれば、楽に断定して対策できるが、そんなもの買っても仕方ないので、その都度疑惑箇所にマークをつけて、ホームセンターで売っている安価なゴムきれ/台所のスポンジ切断して無理矢理突っ込み消していく方法が早かった。リアシート周りが2ケ所あったぐらいで、後は問題はなくなった。

日本は春夏秋冬があり、クルマも若干伸縮があるので多少は(遊び)あるけど、困ったことにGSは遊びが極端にない。キシミ音はある程度我慢するしかない部分も今後出てくるだろう。



新車でも、感じない空気流入音がある場合があるので、ドアゴムの微妙な隙間調整は欠かせない。この暑さだ。やる方は汗だく・・・。

この音は超高音域なので聞こえない人もいるかもしれない。方法論はいろいろあるけど新聞紙を窓に貼ってビビリ音で確認するのが早いかもね。それか子どもを乗せて、ドア付近の音を聞かせるとか。モスキート音に近いかも。

流入音の騒音域は、サウンドの周波数(帯域が関係して説明が難しいので割愛)同士が干渉し、簡単に打ち消してしまう。どんなに良いデッキを入れても、マークレビンソンでも阻害する要因。気の遠くなるような作業を続けるしかない。

個体差があるので、どこで発生するかは現車次第、これは全然わからない。この先の静音材を使った対策も気の遠くなるような・・・。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2012/08/18 08:28:21

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2012/08/18 11:23:24
そういえばLSもマイチェンするんですよね。
みんなあのグリルになるのはなんかなぁ~って
感じです。LSはあの鯨みたいな目が好きですし
GSは蛇みたいな4灯が売りですし、ISはつり上がった
ヘッドライトみたいな感じでみんな個性が合って好きなんですが・・・

昨日現行GS乗っている人が銀様に乗ったのですが
自分のGSよりロードノイズが少ないねって言ってました。
やはり現行GS乗りの方も結構気にしていました。
お話によると後ろの方からなんかキシミ音がするとか

LSはコストダウンなんてしみったれた事せず今のクオリティでがんばって欲しいです。
車に1000万払らうお客さんなんてそうそういないですし、
セルシオの維持と伝統を守り続けて
日本の頼れるチョイ悪親父を続けて欲しいですね。
チョイ悪親父は私のイメージですので不快になったらすみません。
コメントへの返答
2012/08/18 20:55:04
こんばんわ(^_^)

二代目GSはノイズが多いです。デザインを相当無理したと思います。原因は現在調べておりますが作りがどうも・・・。改善できるなら、5年後に10万キロぶっ飛びで『たたき買い』、僕のマイカーのように全部直す(笑)

見た目LSも残念ながらコストダウンをしていると思います。内装デザインがGSと同じパターンです。実際に見てみないと分からないですが、LSでも前期・後期で相当コストを詰めております。

主戦場は北米なので円高の影響とデザインが重要視されていると思います。セルシオいいですよね。特に30の前期が個体差がなく選びやすい方です。ハズレ引くと大変な目にあいます(経験者あり)セルシオの伝統は次世代になる気がします。

LSはボディが大きいので、新車でも個体差が大きく当たりハズレが多いです。試乗車でもなんだこりゃ?というのもあったので。中古でも当たりを探すのは難しいと思います(実際探したので・・・)実際欲しいのはLSだったので(苦笑)

LSだけは、悪親父風はこちらも考えた路線が一緒なので問題ないですよ(^_^)
2012/08/19 07:47:28
おはようございます。
昨日は、半日ほどきしみ音対策しておりました。
主に助手席側のみ
①助手席ドア 内張りバラシ ウッド&スイッチ部分バラシ フェルト&スポンジ詰め
                  ウッド&レザー部分バラシ  フェルト&スポンジ詰め

②グローブボックス、足元エアバックバラシ  すべての間や隙間にスポンジ詰め

以上のことをしまして残り1部分となりましたが

残りの1部分からのきしみ音対策ができません(涙)


【場所】
助手席前辺りのダッシュボードのフロントガラスとの堺あたりに照度計?温度センサー?(丸い玉のようなもの)がありますよね。その部分からの異音です(涙)

きしみ音対策に入る前には、ブログでも記載されていますように助手席に乗ってもらって確認するのが一番ですね。
これからも、ブログ楽しみにしています。
コメントへの返答
2012/08/19 08:40:18
おはようございます(*^o^*)

キシミ音は個体差がありますねー。こちらは後部座席とドアの流入音が主でした。流入音がやっかいで、今後とも格闘するでしょう(苦笑)。

クルマって本当に不思議と思います。紙切れ、スポンジの切れ端で音が無くなるのは何故なんだろう・・・といつも思います。

これでダメなら、テレビの防振(地震)対策用の固定ジェルを使うしかないなと考えております。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「聞きかじりでは・・・。 http://cvw.jp/b/1585184/40097914/
何シテル?   07/16 20:12
車歴はいろいろ。最近の履歴はレクサスGS(GRS191)、現在はマークX 350RDS(GRX133)。みなさまよろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

トヨタ(純正) クラウン マジェスタ 木目調 本革ステアリング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/03 17:15:20
10/23 徒然 素敵な旦那様? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/26 23:31:23

ファン

27 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス GS レクサス GS
GS191 GS350は乗っていて本当に良い車と思います。進化の幅も深く久々に清々しいで ...
トヨタ マークX トヨタ マークX
登録の後、特殊な事情により抹消しました。買って良かったと思っております。
スズキ アルトラパン スズキ アルトラパン
お袋に購入した1台ですが、これ・・なかなか走るし、快適だね!

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.