• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

羽なしのブログ一覧

2017年07月05日 イイね!

見えないコトってあるよね

見えないコトってあるよねこの間、20年来の友人でも有る「豆2000」さんとお茶して居りました。(以下豆さん)
話題は「ドラテク向上するには?」まぁ、走り込むのは大前提なんですが意味有るステップを踏むのにはどうするべー?って話…
お断りしときますが我々特に上手い訳でも無く人様にウンチク垂れるプロでも何でも無い訳です。全うな理論ならドライビングスクールなる物も開催されてる方がいるんでそこに行くのはとても近道なので本当に速くなりたいのならば其方をお勧めするんですが…
まぁ、「其処までじゃ無くて日頃のミニサーキット遊びやツーリングでスムーズなドライビングしてみてー」とか、「彼奴より少し速くなりてーんだよ」なんてのはね…
そんな甘々な方向けのライトなドライビングスキル向上策をば(上級者の方は読まずに笑い飛ばして下さいね)




簡単なのは上手い奴の後ろに付かせて頂くつーのは定番ですね。この方法のメリットは
1.上手い人のラインどりを盗める。
2.上手い人のブレーキングポイントを盗める
3.上手い人のブレーキング区間を盗める
4.上手い人の進入スピードを盗める
コレだけみて殆どコレで良いじゃん!と思った方は甘いですよーデメリットも御座います。
1.彼我の差が激しいとそもそも後ろにも付けない時がある
2.本気出してくれないと勉強にならない
3.自分、単独で走っても再現出来ない

そこで豆さんが一言
「後ろについても解らないコトってあるよね」
「羽なしが一言でその人に全開と言っても、その人にしたら姿勢作ってからなのか?荷重はどう掛けてるのか?トラクションとか、後ろから見てても何やってんのか解らんでしよ?」

そもそも、そういう疑問点持たないかも知れない。

豆さん「横に乗ってみないと解らんよねー」

そうなんですよね〜外からみてるだけでは何やってんのか解らない。同乗して見てこそ理解出来るコトってあるよね。
昔から峠やサーキットでは速い人に同乗して勉強させていただきました。今でもそうですね。具体的操作や荷重、Gの逃しなんかは同乗してこそ分かる。
チョコっと勇気が要るし、ツーリングなんかは自分運転出来ないからつまんないかもしれませんが煮詰まってるなら一度そんなアプローチも大切ですね。

まぁ最後はどんだけ無駄にガソリンとタイヤ使うかって事に尽きるのですが…

上手い人と自分の差は何かを考えて課題を持って日頃の運転に活かす事です。
サーキットが一番安全性が担保されてて良いのですが、なかなか行けないなら一般道でも制限速度の範囲で充分トレーニングになる方法もありますしね。

ラインどりなら先をみてラインを予め頭の中で描きながらゆっくりトレースするなら速度が低くても要は一緒です。

ブレーキングもポイントだけなら40キロで可能です。じっくり開始ポイントと落とす速度をしっかりイメージして思い通りの速度に確実に落とす。

シフトもちゃんと必ず回転を合わせる癖をつける。どんな時もいい加減にシフトしない。
課題を持って意識してドライビングする事が大事だと思います。

限界制動とレブ迄回しての限界走行だけはサーキットでしか試せないですけどね。

豆さんは日頃はスケベなだけの人ですがドライビングの話になると意外と真面目ね~笑

つー事でお仲間の皆様でドラテク向上希望のかたは是非、上手い人の隣に乗せて貰っては如何でしょうか?
何か発見があると思うよ

Posted at 2017/07/06 01:01:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月04日 イイね!

コーナリングの咆哮〜お前の慟哭を聴かせてくれ

コーナリングの咆哮〜お前の慟哭を聴かせてくれ御元気ですか?御元気ですよ 羽なしです。
今まで誰にも話した事は無いのですが

私、コーナリングしている時クルマの声?が聴こえるんですわ

知人「あーあ、羽なしさん少しアレな人だと思ってましたが遂にアレなんだねー。俺もう今度話し掛けられたら無視しようかなぁ…」

チョイチョー待てや!
最後迄聞いて下さいな!
オカルト的なアレや頭がいっちゃった訳では無くね、ホラ、アレだよ




巨摩郡が「アイツ乗りに乗ってやがる…眼の前で大気が裂ける音がしたぜ」

「ベガン!」

まぁそんな感じですわ。
えっ!全然意味が分かりませんでしたか?

音がするのはかなり限定された状況だけなんです。サーキットとかで速いドライバーのクルマの後ろについてタイトコーナー2速位で回るトコロの立ちあがりのみ…
先行するクルマのコーナー時に独特の固有のリズムを感じるのです。

自分なりに理屈はついています。
後ろに付いて走ると先行するクルマの大体のコーナーリング性能やリズムが自然と眼に焼き付いています。そこで羽なしの想像よりも
1.最短でブレーキング、荷重移動
2.最小ステア、旋回終了
3.滑らせずフル加速

この一連の流れが羽なしイメージを上回った時、
1.羽なし大興奮
2.速さをリズムとして感じる
3.脳内擬似音声化
4.コーナーリングの咆哮

とまぁ、こんな感じで音がするイメージが出来上がるのだと理解しています。

身近で音がする代表的な方々をご紹介

1.中村慎太郎さん



旧YZの1ヘアピン辺り
ふわクルンシャーって音がします…爆
クルマの重さを感じさせない荷重移動が素敵

2.良ちゃん



ズジャン、サー〜〜ン
Zの車体を鉈を振り下ろす様なイメージがある

3.なおじぃでんがなさん



カコン、シュパーン
昔から90度のターンとかそんなイメージ。
ミッドシップだからかなぁ

4.豆2000さん




ギューン、ザカーーン
自分のコーナーリングと近い感じがします

5.ku-roさん




カコンクルクルクルシャーン

主にコペン時代にヨーヨーが空回りしてから一気に駆け上る様なイメージがある
S2になってからは未だしてませんよ〜
リハビリ頑張ろう!

番外編
見知らぬラリースト



4年前、新城ラリー観に行った帰りに見た車。なんと無くオーラが有って後ろ走ったら滅茶苦茶速かった。コーナーで後ろに着くことも出来ずぶっちぎられました。

ユラユラ フ ワッ、ズシヤーーン‼︎
正に蜃気楼の様な走りでした。
我が見聞史上、最速のコーナーリングだった。名も知らぬ方ですが敬意を払って載せときます。

なお、画像はその方とは何の関係性もありません。車がコレだっただけなんです。

遊んでくれる皆さん皆んなの咆哮を聴かせてくれ!爆

お後がよろしい様で…
Posted at 2017/06/04 08:21:45 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年05月28日 イイね!

今日は此の方と朝練

今日は此の方と朝練こんにちは〜約一ヶ月クルマが動かずヒマしてた、羽なしです。( ; ; )

NA8のクランク角センサー不良でしたが原因判明するまでに時間がかかりました。結局センサーとコンピュータお釈迦になったので換えました。

治って意気揚々とお出掛け計画してましたらみん友のOPEN2SEATERさんから
「朝練って奴に参加させてよ〜」との事でしたので、ひるがの高原の「カフェるりは」さんまでやまびこロードをコーヒー飲みに行きました。


画像は過去のものです。

O2さんは私より大先輩なのですが幾つになられても上手くなりたい!走りたいっていう思いに私めも頑張ろうと思いました。

クルマ好きはこうありたいと思うんだよね。
また遊んで下さいね〜
Posted at 2017/05/28 20:00:08 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年05月03日 イイね!

あの人は今 パート3

あの人は今 パート3続きの続き

大先輩のOPEN 2 SEATERさんにアドバイスは頂いたものの私の理解不足と「ロードスターは機構を見たわけでは無いので一般論としてしか話しを出来ない。」と云う技術者らしい御言葉もあり、専門家を捜す事に…
前々から気になっていた浜松のあの方を訪ねる事になりました。

詳しくは拙ブログ「高性能は人に優しいのか?検証してみた」をご覧ください。

そんなこんなで改修した脚廻り。
おかげで乗り心地を除いては最高だ。院長曰くオーリンズではネコ脚の様なしなやかさは無理でサーキットガチ脚向けなのだとか…
デモ走りはいい…静岡まで行った甲斐があった。

此処迄してようやく自分の求める脚廻りとは何か明確なイメージが出来た。

ロードスターの持つダブルウィッシュボーンの特性を活かしたしなやかさ、グリップ、トラクションの高さを感じるもの

峠、ミニサーキットに照準を当てた荒れた路面、左右の高低差のあるコースにもフィットする走破性の高いもの

当面はノーマルトルセンデフでもフルトラクションが掛けられる事を理想とした曲がりに強い曲線番長仕様

コレが自分の求める脚廻りのイメージなのだと思う。勿論、最初からこんな明確な物があった筈も無く、いろんな方に会って勉強させていただき出した結論だ。

脚は低速域では振動が多いものの限界も高く何よりリアのトラクションがしっかり掛かる。また基本的なタイヤの性能を出し切るので糞タイヤデモ其れなりに走れてしまう。
今、峠なんかではラインはどうとでも変えられるぐらいの自由度がある。タイトなコーナーではS2なんかが苦労して空転しているところ、フラつく様なコーナー、長いGが変化する複合コーナー、そして路面が悪いとこでの雨などマイロドは楽々詰めていける。
何とも良い脚になったものだ。

曲がっててストレートが短けりゃ追いつくのは楽々です。お仲間のS2乗りの皆さんゴメンなさい。

ロードスターの方が速いです…笑

僕が速いのでは無く、サスが良いんですわ。




マクラーレンMPの開発者も言ってましたがアレはノーマルデフらしいですね。
「LSDが無くともトラクションが掛かるサス設定をしている。」とのこと
つまりよく動く脚に仕上がっていると云うこと何でしょうか?

昔、グループAでGTRが縁石片輪走行してたの見て「カッコいい〜」とか思ってましたがアレもボディーガチガチに固めて太いタイヤ履いてどんどん締め上げて行った結果ですよね。今の技術の進歩、セッテイングノウハウならあんな車作りにはならないと思いますよ。

だから、最近の太いタイヤにガチガチサス、でっかいウィング付けて押さえ付けて走るセッテイングはサーキットでしか通用しない偏った作りじゃないかなぁ。

車作りも闇雲に部品を交換するので無く自分が求める物とクルマの個性を(特性)を活かして仕上げていきたいと思います。

そんなマイロードスターの脚も抜け気味で次を考え無いといけません。
どうなることやら…(;´д`)トホホ…

ではまた峠やサーキットで!
Posted at 2017/05/03 19:37:57 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年05月01日 イイね!

あの人は今 パート2

あの人は今 パート2前回の続き

意気揚々とオーリンズPCVに変更してドライブチェック!

限界は高まり、接地感は向上し…?
「オーリンズってこんなに乗り心地悪かったかな?」
低速域の初期の乗り心地はゴツゴツ感が拭えず速度とコーナリングスピードに応じて乗り味にバラツキが…
ロールしていくとバンプラバーにガシガシ当たるし…「オーリンズの車高調って、こんな物?」50キロから70キロぐらいの速度域は快適だがそれ以外は???
段差越えると異次元の振動!ガジヤーン、バーンととてもボディーに悪そう…
昔、乗ってたS13のオーリンズの快適だが高グリップかつ限界の高さを感じる脚とは月とスッポン…太陽とシスコムーンぐらいの違いが…

グーグルにお聞きしたり、みんカラの諸先輩の情報を見ると絶賛と酷評の両極端。評価は相見える。コレは当然でして乗り手と使うシチュエーション、求めるレベルが違えば評価は異なりますよね〜

こう云う時は冷静に自分と同じレベルの変態…イヤ!好事家を捜します…爆
で無いと判断基準になりません。
わかった事

ロードスターにはロド乗りの云うキジマシステムなる物が組み込まれて…リヤのサスストロークが足んない

オーリンズの吊しはバネレートが合っていない

ロードスターってパンラバー当たるよねー
仕様です。

ライト派ー「オーリンズ最高!」
変態…好事家「オーリンズは煮詰め不足、本当に実走行テストしたのか?」

コレはヤベェ分かんね〜

プロに聞くか…
先ず私がお聞きしたのが

OPEN2SEATERさん
私のみん友さんかつ大先輩です。
我が郷土の誇る某メーカーにて2輪GPのサス開発をされていた事もあるその道のプロ。温和なジェントルマンである。もう現役は退かれているがサスの職人である。

温和なO2さんなのでお馬鹿で頓珍漢な問いにも真摯に噛んで含める様に教えてくれました。が、レベル高杉て理解んね〜汗💦
目も笑ってね〜

あかん!こんなんで脚マトモにしていける目処つくのかー?

続く

Posted at 2017/05/03 02:11:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | Myマシーン

プロフィール

羽なしです。宜しくお願いします。 昔、ハチロクで車の楽しさを知りミニサーキットなど走り回っておりました。最近、また走りの虫がウズウズしてきております。最近、N...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

パワーウィンドウくるくる化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 03:48:41
アホくっさ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/31 03:37:16
ブロワーユニット/エバポレーター清掃 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/26 10:45:24

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
旧友の一通のmailから、彼のスポーツカーLIFE復活を知り結局、自分も復活しました。久 ...
輸入車その他 謎 チョロQ コレクション館 (輸入車その他 謎)
羽なしの至極のチョロQコレクションを見せびらかすコーナー フォトギャラリーをクリックして ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
どこへ行くのも一緒でした。 マイファーストマシン、コイツのおかげで友達もたくさんできたな ...
日産 シルビア シルシル (日産 シルビア)
モアパワーを求めステップアップした2代目。 鈴鹿、なんかも行きました。 足回り中心で、か ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.