• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

シュワッチのブログ一覧

2017年07月19日 イイね!

ロドスタ旅Part3(まるで真っ赤な血液ニィガッタ~ガッタガタ~の夕暮れ♪)

ロドスタ旅Part3(まるで真っ赤な血液ニィガッタ~ガッタガタ~の夕暮れ♪)水曜どうでしょう好きの、どうでしようさんとの山形旅は新潟に入ってから、水どう伝説の「だるま屋ウィリー事件」現場を確認しつつ南下し…

そのうち海沿いに、何機もの風車が見えてくる!

密集ってよりは数機ずつ、いつまでも長距離に渡って建ってる感じ。
これも新鮮だなぁ♪




そんな風車に混じって、なぜか巨大な立像も(笑)




新潟市手前の新発田市で、コンビニ休憩。
山形の南端で、分断により降ろされた日本海東北道は、とうに南側が通ってる区間になっており、このまま帰るならココでインターに乗ってしまうが…
でも、なんだかんだで太陽はソコまで落ちてきてるし、こりゃ~もう陽が沈むのを、この目で見るしかあんめぇ!




んな訳で引き続き南下し、いずれ幹線道へ入り途上で目についた、未知の液・豊丸でも小休止。




なんと豊丸が、初めて出した未知の液だとか(((( ;゚д゚)))




あっ、豊栄だそうです。
ダチョウの卵…マジで売ってるっぽい(((( ;゚д゚)))
よっぽど買ってくか迷ったが、なんか処理に困って迷惑がられる気がして、やめた(爆)




でもトイレ内にはダチョウならぬ、ツバメの巣が幾つもあり、用を足してる上を飛び回ってる (^^;)




新潟空港も近いので、飛行機も間近に♪




そして、いよいよ新潟市内へ。
とりあえず新潟港から、沈む夕陽を拝もうと向かってるが…なんか西の空には雲の壁が立ち込め、太陽そのものは見えなくなってた \(*`∧´)/

それでも…マリンピア日本海を目安に向かってみると、ドンピシャな海に面した駐車場が現れ…
太陽こそ見えないものの、空と水面に輝くオレンジは、充分に日本海の夕暮れを堪能できる♪




遠くの漁火が、また見事なアクセント (´∀`)




反対側には、いま思うとストロベリームーンと呼ばれる満月を、数日後に迎える間近の、すでにデカくて赤い月も。




さて真っ赤な空と海面を見届け、いよいよメシに。
ここまでの道中でも考慮しており、途上で見かけた餃子の王将も、そう近辺じゃ食えないからと候補に挙がったが…(笑)




でも新潟の食事って括りで検索したら、「タレカツ丼」なるのが多くヒットした。
どうやら醤油ダレを染み込ませた、カツ丼らしい。

20時近くになり、閉店時間も怪しい事から、ちゃんと遅くまでやってる店を探して、いざ!
…あっ、こっから運転は持ち主に戻っております(笑)




どうでしようさんは普通の…あたしゃ「2段」って文字に惹かれ、そしてお互い「ゴハン大盛り無料」の言葉に惹かれて注文したが…
ぐはっ、こりゃヤベェ!(×o×)




でもゴハンとは裏腹に、なんか肉はコッチがアッサリしてると思ったら…




あぁ…掘り起こしたら2段って、こういう事だったのね (;゚Д゚)!




でも染み込んだタレは、本宮市のソースかつ丼なんかも髣髴すると思いながら、気づけば美味しく完食し(爆)、あとはいよいよ帰路へ。

途上の郡山市では、このへんの野郎どもが「ラーメンナイト」を開催してたみたい Ψ(`▽´)Ψ
…翌週この者と会った際の話じゃ向こうも、こっちの動向を確認してたとか(爆)




んな訳で、日付が変わるくらいに集合場所に戻って解散。
きっと一日ロド漬けになれば、もちろん帰りも屋根を開けたがるのは、分かり切ってたからこそのマーチでの集合は、やっぱ正解 (*≧∀≦*)




一日、お疲れ様でした~♪




なお訪問先で頂いてきたデカメロンは、翌日おいしく頂きました♪




そんな模様の写真
Posted at 2017/07/19 18:48:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月16日 イイね!

ロドスタ旅Part2(俺のナマラにも、ダルマの頭とウィリーの角度を…)

ロドスタ旅Part2(俺のナマラにも、ダルマの頭とウィリーの角度を…)赤ロド乗りの「どうでしよう」さんと訪れた山形から、新潟を経由しての帰路。

山形南端近くの未知の液に勃ち入ったあと、いずれ新潟に入っても引き続き海沿いを進む。

どうでしようさん…お名前からも、そして以前の福島わっしょいでも、それに出てくるキャラだというムンクの人形を乗せてた事からも、お察しの通り大の水曜どうでしょうファンで、帰路ではTV録画のDVDを上映しながらの進行(笑)

ちなみに水曜どうでしょうと言えば、アタシは基本的にTVで見続ける事はなかったが、付き合いの長い「いつもの知人」もファンで、それに影響された当てのない旅に付き合わされたり(笑)、いずれ名古屋の専門店でマーチの幌を交換する際は同行して、番組にも登場していたディレクター実家の喫茶店にも訪れたりってのも (*≧∀≦*)

他にも番組ファンだという知人は何人かおり、各々から話を聞かされてきた影響でアタシは、断片的には知ってるって程度か。
今回は、そんなアタシでも喜んで動画サイト等で見た、伝説の原付バイク旅シリーズを上映 (*≧∀≦*)

いずれ画面は、伝説の中でも伝説と言われてるらしい、「だるま屋ウィリー事件」の場面に。
「安全第一」に突撃する様に、2人して大爆笑(笑)




したら実は…まさに今、その現場に逆方向から近づきつつあると (゚д゚)!
あ~っ、だから新潟経由の打診だったのか!(*≧∀≦*)

スマホから現場の位置検索をして向かい、現在走行中の路線は程なく内陸方面へ進んでしまうが、分岐を右折して延々と海沿いを進むと、ついに現場に!




当時の、片側工事規制の面影はないが…欄干には、ここが現場である事を示すモノが ( 艸`*)




むろん、撮りまくり Ψ(`▽´)Ψ




ちなみに別のSNSでは…この現場が、チェックポイントとして登録もされていた(笑)




アタシ程度でも、そんな「噂の現場」に大喜び…これが生粋の大ファンとくれば、いかような喜びであろうか (*≧∀≦*)




そんな現場に後ろ髪を惹かれつつ場を離れ、ナビ様は相変わらず内陸寄りの本線を指示する中、延々と無視して海岸通りを。
ウチらも浜沿い住まいとはいえ、「あの出来事」以降の6年間ですっかり護岸工事が進んで、海を望みながら走れる箇所も激減してしまったので、先月の千葉旅行に続き割と新鮮な感じが。




ある意味、海なんて見た事のない内陸の方々とは、また違った趣で見入ってたかも。
これがまた本当に、我らが抱く日本海の荒波ってイメージは皆無の穏やかな海面が、いつまでも続く感じで心も和む。




道中は何ヶ所か、片側(山側)車線だけトンネル状の箇所が。
いわゆるスノーシェードの類なんだろうが、こういうのは初めて。
(余談だが写真の右下にも、どうでしょうグッズが 笑)




なにより、この夕刻も間近の時間に、海側に太陽のある…我ら太平洋の民族には見られない光景にもゾックゾク。
となりゃ海に陽が沈む光景も見てみたいが、なんせまだ夏至から数週間…
それは、時間的には「夜」にならないと見られないと思うと、ちと f^^;)




新潟市も間近に迫った途上のコンビニで休憩。
で、このまま高速に乗って帰ってしまうか…それとも…


【オマケ】現場付近の、その他の写真










Posted at 2017/07/16 09:38:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月12日 イイね!

ロドスタ旅Part1(ヤ~マガッタ~ガッタガタ~♪)

ロドスタ旅Part1(ヤ~マガッタ~ガッタガタ~♪)さて先の土曜は、赤いNDロドスタにお乗りの「どうでしよう」さんと共に、チトのっぴきならない用事で山形県まで。

用事そのものについては、いずれ時期が来たらとなるが、今回の訪問地は県の北部…秋田にも近い酒田市。

ふぅむ山形、元々あまり縁のある地でもなく、片手で余る程しか行った事はないが、とくにこんな北のほうは初めてだなぁ。

以前住んでた郡山市から山形市とかは、まだ思ったより近いって印象だったけど、今回は所要時間を検索したら、5時間近くは見ないとならぬよう (;´д`)
ちなみに昼まで必着なので、7時に当地で待ち合わせし…




NDに同乗させて頂いて、いざ山形!
…すでに暑くてね、この集合を最後に以降は、屋根を開けるつもりなんぞナシ(爆)




…が、今回アタシの用事なのでアタシのETCカードを使うが、なんとNDの純正ETCは助手席の後ろ (;゚Д゚)!
乗車時には入れ忘れてたので、インター手前で車外に降ろされ(笑)、背もたれ倒してカード挿入。




以降は磐越→東北道から、SUGOでお馴染み「村田だ!」ジャンクションより山形道へ。
数年前、いつもの栃木人とダム巡りで立ち寄って、冷やし肉ソバ?を食った記憶があるSAで一休みし…




こんなに暑いのに途上の、かっさん…いや月山には、雪が。
まぁGWあたりに、やっと辿りつけるまで雪が減るからとオープンするスキー場が、あるらしいけど(笑)



※ちなみに白ND乗りのかっさんは当日、自身の穴を広げてた Ψ(`▽´)Ψ




この辺までは上記のダム巡りで来た事あるが…それを最近になって思い出した気がしてたけど、それは数週間前に家じゃ見れない東京のテレビで、この辺のダムを取り上げてたのを、そこへ一緒に行ったダムマニアがこれ見よがしにアップしてたからだ!(*`∧´)

しかしまぁ、ここから暫く高速道は途切れるのね。
途中までは、未完成の無料供与区間って感じなのか、造りは高速道って感じのトコを進み…

距離的にはインター1~2区間程度なのかな…湯殿山ってインターから再度高速へ。
…写真の赤丸のように、きっとベルト装着を見てるのであろう高速隊の姿を、当日は多くのインターで見られた。




いずれまた雪の残る山が見えたが、こちらは秋田にもまたがるという、鳥海山のよう。




この先、鶴岡インターで何故か直進なのに料金所を…
どういう徴収なんだろう? (^^;)




そしてピッタリ昼前に、やっと酒田に到着。




この数日後に放送された、我が県は郡山市でロケしたドマラで、蒼井そらが店員を演じた我が県発祥のホームセンターが、こんなトコロにも♪




あっ、蒼井優だそうです。






直線道路の先に残雪の鳥海山…なかなか、いい画だ♪




しかしまぁ山形は暑いってイメージながら、事前の調査では酒田は北方の海沿いだからか、比較的涼しいほうと見受けられたが…やっぱ暑いモンは暑くて、俺の血液も沸騰寸前でガッタガタ (;´д`)




んな訳で用事が終わって、昼メシへ。
この時期の山形ったら前述の冷やし肉ソバとか、冷やしラーメンなんてのも有名だと目にするが、っても山形も広いし地方によっても違うのかな?
事前に酒田って枠でサッと調べたら、よく目につくのは海っぱただけあって海鮮モノだった。

まぁそれに絞らず、コンビニでガイド本を勃ち読みして調べるが(笑)、でも絞らずと言っても結局は海鮮の店へ (^^;)
向かうは、こんな港町ではよく見る観光施設的な所。




…目当ての店は、階段の下まで並ぶ長蛇の列 ( ̄□ ̄;)
他にも別の建物を含め、何店かあるようなので、土産物なども含めて見て周り…




結局、その間に最初の店も入口の外まで待ち人が減ってたので (^^;)、しばらく待って突入。




見事に海鮮丼ゲット!
ンマかったです♪




食後は、しばらく海っぱたを進み、さて帰路は…




どのみち高速道が分断されてるのなら、ちっと遠回りだけど新潟経由で帰ろうって事に。
んな訳で山形道を南下し、ジャンクションで往路とは決別し日本海東北自動車道という、未知の道へ。




こちらも全線開通しておらず、新潟県境手前の「あつみ温泉」ってインターで一旦、下ろされ…
おっと出口では、ちっと懐かしい雰囲気の面パトまで繰り出して、ベルト取り締まりが。




すぐに立ち寄ったコンビニからは、アタシが赤ロドを運転させてもらう♪




程なくの、日本海に面した道の駅で小休止&土産購入。
バックモニターなんて、慣れないハイテク機器を見てバックしたら、メッチャ曲がって停めてしまった (^^;)




しかしまぁこんなルートは、単に来た道を戻るのも…って程度の事かと思ってたが、そこに重大な「たくらみ」があった事を、まだアタシは知る由もなかったのだあぁ!


ここまでの写真
Posted at 2017/07/12 21:01:17 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月10日 イイね!

マチコ廃屋プレイで、中に入れられて興奮しちゃう♪

マチコ廃屋プレイで、中に入れられて興奮しちゃう♪まぁここで書くのは、あくまでアタシ自身の想像というか、妄想程度の話であるが…

我がマーチのようなレギュラー仕様車には、例え僅かに体感や燃費等の数値がアップしたとしても、わざわざ高値のハイオクを入れる程の価値はなかろう…ってのが、アタシ自身の過去からの考え。

昨年の後半、車検からの引き取りを機に、しばらくハイオクを入れてみたが、数ヶ月でレギュラーに出戻っていた。
そう値段の違いを納得できる程の変化は感じられなかったし、それはむしろ「悪くなったほうが敏感に感じる」アタシが、レギュラーに戻したあとも同様だった事からも確信していた。

ただ、そう確信したのには多分まだ寒くて吸気温度も低く、それなりにレギュラーでもパワー感があったからかもしれないし、なによりハイオク投入中の昨年末に足を怪我して以降、まだまだ踏み込むような運転もできずに、戻しても違いが出る程の走り方をしてなかったのも、あるかもしれない。

以降ケガもよくなってきて、それなりに踏み込めるようになったからか…あるいは春→初夏と気温が上がったタイミングもあるのだろうか、なんか今までにないパワー不足を感じてきた。
その思いは先般の「福島わっしょい」にコペンと共に向かった際…振り切れるとか着いていけるなんて話の以前に、高速道で普通に走ってる前走車をマトモに抜けなかった事で、ちと深刻さを増し…(^^;)

そして、ここにきてエアコンを点ける機会が出てくると、さらなるパワーダウン…のみならず、なんだろう回転落ちが激しいのか、クラッチ繋ぐたびにガクガクと初心者のような動きになって乗りづらい f^^;)
一旦は「不要」と判断した事から、意地でレギュラー投入を続けてたが…さすがに通常運行でも不都合を感じてきて、改めてハイオクを入れてみた。

…まだタンク内にはレギュラーも残ってるであろうに、初回投入の段階から途端にパワー感がアップ ( ̄□ ̄;)
なによりエアコン点けてもパワーダウンも、懸案の回転落ち(?)も僅かで、なんら違和感がなくなった♪

ここまで実感しちゃうとね、もはやマーチにもハイオク投入する意義を認めざるを得ないが…
ただ、「やっぱレギュラー仕様でもハイオクは効果あるのね~♪」と、単純には喜べない。

ひとつには上記リンクの日記を書いた際、昔から造詣のあるご意見を頂いてきた方より、レギュラー仕様にハイオクを入れる弊害のようなコメントを頂いたから。
実際、前回ハイオクからレギュラーに出戻ったのも、このご意見の影響も大きい。

かいつまめば、ノッキングを生じさせるオクタン価の他にエンジンの構造自体が要求する、圧縮比が云々とは無関係のメカニカルオクタン価ってのがあり、それが合わないと未燃焼ガスが発生しやすいとか。

現にハイオクってイメージ的には、パワーを出すように「よく燃える」モンだと昔は思ってたけど、むしろ早めに着火しないための「燃えにくい」ガソリンだと知ると、それはそれでレギュラー仕様に入れて大丈夫なんかな?とは、おぼろげに思ってたし…

また体感や数値がアップしたとしても、例えれば人体のドーピングのように、その裏でカラダを蝕んじゃったりして?みたいな想像しちゃうと、正直ハイオク入れてる事には気持ち悪さも感じてしまう。
まぁあるいは理屈がそうでも、今どきの車にはそんな影響なんてないのか…その点も考慮して作られてるのかもしれないけど、構造上そういうモンなんだと知っちゃうとね…

程度の差はあれ「良い事ずくめ」ならともかく、わざわざ高いカネ払って「決して良いとは限らない」かもしれないのかと思うと、それも納得しがたいし (^^;)
車種の差や、それこそ今回のマーチのように「個体」の差もあるんだろうけど、もし今後も「マトモな」レギュラー車に乗るようになったとしたら、多分わざわざハイオク入れる事は、ないかな (^^;)

そして、それを踏まえて…現にマーチに乗ってから9年間、それまでレギュラーで感じなかった不都合を感じ、ここまでハイオクとの差を感じるようになってしまった事こそが何よりも、手放しでは喜び難い事かな。

さておき少なくとも暑いうちは、マーチにはハイオクを続けよう。
いずれ涼しくなったら、一旦はレギュラーに戻してみて、再び差を鑑みて冬季の是非を判断するようかな。

…それまで乗り続けてたなら(謎)


【余談】
そして昨日、ハイオク2回目の投入をしたら…燃費は悪くなってた (^^;)
まぁそもそもの要因のようにエアコンの機会は増えたけど…ただハイオク再投入の前からエアコンは点けてたしね(だからハイオク入れる事にした訳だし)。

むしろ、良く吹けるようになった事で踏み込む量も増えたからかな?(笑)

Posted at 2017/07/10 11:00:07 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月07日 イイね!

時間が経ちすぎて、俺の未知の液も醗酵しちゃう(親孝行の旅Part4)

時間が経ちすぎて、俺の未知の液も醗酵しちゃう(親孝行の旅Part4)勝浦市で、鯛の遊覧船&市場食堂での昼飯を終え…

当初プランには入れてなかったが、ここまでの道中で「海中公園」なる看板が目についたので、そこに行ってみる事に。

ガイドブックによると海に塔が立っており、中を降りると海中の様子が見えるってモノのよう。

立派な建物に併設の立駐に車を停めるが、それは博物館のようで…

肝心の塔は、かなり離れてる (;´д`)




やっとこさ広大な博物館側の敷地を抜けて道路向かいに渡り、塔の受付まで来て支払いを済ませるも、さらに塔までは小山を迂回するように延びる橋を渡り…






さらに塔から海底までは96段の階段しか術がないって事で、ちっと駐車場の位置も含めて、バリアフリーな昨今と比較すると前時代的。
年寄りにはキツかろうが…頑張って行ってみるという(笑)
しかしまぁ…一日中ここでポツンと仕事するほうも、大変だなぁ (^^;)




なんとか降りきると、窓からは海底の様子が伺える。




なるほど、餌で引き寄せてる模様(笑)




この魚はタツノオトシゴみたいに、ただ体を立てて流れに身を任せてるだけの、ナマケモノ ( *´艸`)




うん…前日記の水中観覧船の話じゃないが、これこそ水族館のほうが良っく見えるか(爆)
ただ後日、こちらに行かれた方の日記を拝見するに、やっぱ雨が降ったりすると水が濁って、見通しが悪いらしい。
なるほど好天が続いてる時に来れば、また違った感動があったのかな? (^^;)




そんな、この施設…上記で前時代的と書いた通り、割と年代物な雰囲気もあるが、どうやら開業して40年近くになるらしい。
古臭いといえば古臭いが、なんか子供の頃に連れてってもらったような場所を思い出し、個人的には懐かしい感じも♪
さて見終われば、また96段を登らねばならず、年寄り2人は手すりが友達(爆)




やっと登り切り、塔の上からは遠く海上も見渡せる。




再び大きく迂回する橋を戻り…
オトンも最近はヨロヨロのうえ、今回は杖を持ってくるの忘れたりしたが (^^;)、GWのあんな事を乗り越えて、まだここまで歩き切れる事には、オカンと共に安堵も。




海中公園の写真


あとは当初のプランから、比較的近めの養老渓谷あたりまで、出向くか…
ただ、ここでだいぶ疲れたようで、若干どうでも良さげな雰囲気も (^^;)

んで当日の朝に宿でオカンがガイド本を見てて、茨城に接する神崎町って所が醗酵食品で有名らしく、まんま「醗酵の里」という道の駅があり、そこで色々と買っていきたいって事で、このまま向かう事に。




近年開通した圏央道インターのすぐ近くだが、勿論その区間はナビには載ってない。
また、そこまでの高速・有料道路は何線かにまたがってたり、経路自体は思いっ切り遠回りだったりで、そう下道に比べて早く着けそうって感じもしない。




ナビ様では圏央道こそ考慮しないながらも、高速優先検索では所要数分ほどの違いだし、まぁまだ時間はあると思ってたので、延々と下道で進む事に。
そう、時間はあると思ってたのだが…

都市部に入るのに比例し夕刻が近づくにつれ、だんだん渋滞が酷くなってくる (;´д`)
ナビ様に表示される18時前の到着予想は、どんどんと時間が増え…
ついに19時を超えてしまう。

道の駅そのものは夜間も開放してるだろうが、果たして店舗の営業は何時までやってるものか…
着いたのは19時10分すぎ。
…見事なまでに、閉まってる ( ̄□ ̄;)




ここは成田が近く、やっぱ間近に飛行機が見えるので、前日の海ホタル同様アタシも楽しめそうなのにねぇ (^^;)




実は当日、オカンは二泊する気マンマンだったが、オトンに今夜も泊まるか?と聞いたら、もう帰る…って事で (^^;)、ここまで宿の手配などはしていなかったが、こんな事になったなら今夜も泊まって明日来るか?と尋ねたものの、でも今さら泊まれるか…泊まれるにしても素泊まりがイイトコだろうって事で、断念して帰宅する事に。




…思えば当日の朝、めざまし占いではアタシは11位で、下調べを怠って後悔するってな内容で、しっかり調べなきゃねって話もしてたのになぁ (^^;)
もっともプランもコロコロ変わったしね、できる限りはしたつもりだけど…

あえて下調べって意味では、心残りは海中公園のあと、もっと紙地図から高速ルートを吟味しとけば良かったかな?とは思ったが、救いは何も見えない高速道はつまらないと思っており、延々と下道の街中を進んで地元じゃ見られない店舗などの光景を見れたのが、良かったと思ってる事か。

後日、最新のネット地図で検索した高速使用ルート(青線)…それでも、こんだけ大回りなんだもん、どのみち直感で候補から排除しちゃうよねぇ (^^;)




さておき、あとはダラダラと高速を進み、やっと地元入りしたら…
やはり、この日は遠くへ行っておられた黄色いS2000の人も、ご帰還途上のよう ( *´艸`)
親の同乗がなければ、ここから互いの反省会へ突入だったのだが(笑)




んな訳で22時前に帰宅して、親孝行の一泊旅は終了。
醗酵の未知の液は、改めて日帰りでも連れてかなきゃだな。

そして今回、もちろん影の主役は2日間の移動をサポートし続けた、アコード。
そもそも「運転手自身が楽しめる」っていう、クルマとしての大前提を十二分に確保しながら、「家の車」としても全員が快適に移動を続けられた現実…やっぱ、どうあがいてもエイトじゃ成し得なかった事を、改めて感じる。

エイトからの買い替えって結論に至るまでは葛藤もあったけど、今になって思えば決断するキッカケを与えてくれた知人の一言には、改めて感謝かな♪
…もっとも、その抽象的な一言から、こんな結果に至る解釈はアタシ自身のもので、言った張本人はまさかエイトを手放す事になるつもりで言った訳では、なかったらしいが (^^;)

でもまぁ、こんな感じで本人的には結果オーライの良い一言だったと、改めて伝えたい。




折しも帰宅後、カーキチの女子穴がドリフト?を披露する番組を放送してたが、それに使われたのはエイトの前に乗ってたツアラーV。
まだアタシも親も若かった当時、ツアVに乗せて出かける機会は大して無かったけど、ふっと今の環境で同じ4ドアのツアVだったら、やっぱ同じように感じたかな?とか思ったり…




もっとも運転手自身の車の楽しみ方は、ハイパワーターボより高回転NAに惹かれるように、なっちゃったけどね (^^;)




まぁそんな親孝行と言いながら、自分もそれなりに楽しめて…
またひとつ、エイトへの心残りを断ち切る事もできた(笑)、一泊旅でした。

Posted at 2017/07/07 20:24:17 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「おおっ、こんな時間から飛行機雲が♪」
何シテル?   07/22 04:33
2016年11月… 13年近く乗ってきたRX-8に代わる車として、【CLセ・ブ・ン♪】アコードのユーロRに乗る事になりました。 偏った趣味の古いカーマニ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

マーチカブリオレですが、TE37×71Rです 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/16 15:30:18
スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 14:30:29
プライスレスな楽しさ、費用対効果抜群 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 18:36:52

ファン

29 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ユーロR ホンダ アコード ユーロR
13年・19万km近くに渡り、乗り続けてきたRX-8。 エンジンのオーバーホールまでも見 ...
日産 マーチ マーチ被り俺 (日産 マーチ)
H9年式・MT 降雪地に転勤したため、冬用に買い足しました。 ・・・・・屋根は開きます ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
JZX100チェイサーから、2004年3月に乗り換えました。 ツアラーVのターボパワーを ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
平成6年JZX90~JZX100平成16年までの、ツアラー歴でした。 三十路を過ぎてから ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.