車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
仏の顔も三度まで(´・ω・`)今日は早朝から倉庫で作業していました( ´∀`)
以前に他車種から流用して作ったピロアッパー改ですが、使えてはいるもののセンターが出ていなかった事もあり、3ヶ月越しになりましたがやっと作り直してきました
正直、作り直すかそのまま使うか葛藤はありましたが、自分を戒める為(?)に以前のブログにチョンボを書いた事もあり、やっとの作業です
今日は兄も来ていて、アトレーに道具を置く土台を作ってました

まずは型紙ですが、以前作った時はこの段階でのチョンボだったので、今回はキチンと電卓で計算して寸法を出します
二つ折にして対称に出来ているかも確認します


やはり前回と同じく、両端が少し足りませんので欠けた様な形状になりますが…スルーします(´=ω=`)


ピロボールを留めている裏蓋のボルトを外します
精度の悪いボルトで、しかもねじロックが塗ってあるのでレンチで緩める事はハナから諦め、ピロにビチョビチョに濡らしたウエスで養生し、要らないレンチとボルトを溶接して外します




アッパープレートの外周を切り落としました
流用品の為に何箇所か欠けていますがキニシナイ( ゚∀゚)アハハ


前回購入したピロナットですが、リアショックのロッドのねじ山との相性が悪かったのか、若干カジリ気味でしたので、ついでに修正しておきます




加工がすべて終わったのでサクッと組んでいきます
前回はチョンボした為にアッパーマウントがこんな感じでしたが…


やっと真ん中にキタ━(゚∀゚)━!!


これでやっとクスコ減衰力調整ダイヤル改を付けれるわ~と思ったのも束の間…


アルミパイプで延長して内張りから突き出るハズなのに寸足らずに ∑(´・ω・`;)


ピロアッパーマウント等で構成部品が変わったので、ここの高さが変わっている事をスッカリ忘れていました
今日は心が折れたので、ここまでにしておき蓋をしておきました


一方アトレーの方もわずかながら進んでいました
二列目のシートが畳んでもフルフラットにならず、しかも中途半端な角度にしかならないので外す事にしました
床も凸凹の為、下地を作って少しカサ上げをし…


前後の凹凸に合わせてカットしたコンパネを貼りました


この上に仕事で使う糊付け機を積む事になります




この後も色々考えている様ですが、こちらも今日はここまでです

早いモンでもう12月ですね
年末年始は何しようか今から楽しみです(*´∀`)ウフフ
Posted at 2016/12/04 21:20:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 部品作成(´・ω・`) | クルマ
2016年11月27日 イイね!
あとで(´・ω・`)S-MXやミニバイクでまだまだやらないといけない作業が有るにもかかわらず、何年も放置中だったミニの作業ですが、やっと重い腰を上げて少しずつ進めていく事にしました( ´∀`)
ミニは現在エンジンが下りていて、何箇所か加工後に組み上げれば走れる様にはなるのですが(車体側の手直しも必要です)、ミッションだけ知人に預けていていましたが、先日持ってきてもらったのでまずはミッションから組んでいこうかな~と思っています

因みにワタクシのミニは、おおよその作業は自分でしていますが、フロントガラスの脱着と室内の塗装(ハケ塗り)、そしてミッションのOHはプロに頼んでいます
そして以前から気になっていた部分を先日加工に出しました

これはデフ(LSD)にリングギヤが付いた状態ですが、もう一つの小さいピニオンギヤとの噛み合わせが…


この様にピニオンギヤの真ん中でなく、端の方が当たるようになっています


そして、このピニオンギヤ側が素材の問題なのか焼き入れの問題なのかわかりませんが、磨耗してきてガタガタになってくるケースが多い様で、今まで何機かミニのこの部分を見てきましたが、指で触るとわかる位段付きが出来ている車両が結構な割合でありました


そこで先日、何度かお世話になっている内燃機屋さんのナプレックさんに電話で相談したところ、「それならWPCで表面処理ですね」と言って頂いたので、どれ程効果があるのかわかりませんが、やってもらう事になりました

ミニはエンジンもヘッドやブロックの加工、その他諸々やらなくてはイケナイ作業もてんこ盛りですし、何より完成してもサーキットまで運ぶ手段もクリアしなくてはイケナイので、まだまだ問題は山積みですが…

ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω ω

先日、仕事用のアトレーを新型に入れ替えました


前アトレーは20.万㌔目前でしたが、これまで結構故障も多く、これ以上出先で壊れると仕事になりませんので(´;ω;`)
仕事上積み込む道具も多く、室内には棚等を設置しないとまともに道具を積めなくなるので、しばらくは棚のレイアウトの構想と製作に没頭することになりそうです
Posted at 2016/11/27 21:01:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記(´・ω・`) | クルマ
2016年10月16日 イイね!
ギャランティはらーめん会10食分(´・ω・`)今日も朝から、以前から頼まれていた作業をしてきました( ´∀`)
一ヶ月程前から、みん友のecho-さんの更に友達の連 送さんという方から日産セレナの補強パーツの作成を頼まれていたので、二人で倉庫に来てもらいました
以前はサーキットをブイブイ走り回っていたそうで、聞けばワタクシが昔からお世話になっている車屋さんにも出入りしていたらしく、初対面でしたが一気に親近感がわいてきました(*´∀`)

下回りの補強パーツですが、この型のセレナ用というのが前と後ろの一箇所ずつしかナイらしく、実際に販売されている部品の画像を見せてもらいましたが、イマイチ効果が薄そうな取り付け場所で、どうせならそれ以外の部分で、最低地上高やマフラー等の障害物とのクリアランスもOKで尚且つソコソコ体感出来そうな場所にする事にしました

左右のサイドシルを繋ぐ感じで、実際の取り付けには画面中央の赤○部分のサービスホールのめくら蓋を外して使います


そしてボルトですが、今調べてみると偶然にも3年前の同じ日に、○゙バホームで買ったこのボルトがやっと日の目を見る事になりました


サイドシルの裏側と下側に形を合わせたステーを作ります
左右非対称なうえ、ゼツミョーに凸凹してますので、その辺りを考慮して作りました


ステーを車体に仮付けし、本体のバーの収まり具合をシミュレーションします


因みにこのバーはぼくちん号の時に使った余りですが、この時は拘ってバーを縦向きに使いましたが、横向きでもかなり剛性がありそうなので、今回は横向きで使う事にしました

今日はあまり写真を撮っていなかったので、気が付けば完成して塗装までしていました


ピンボケ画像ですがこんな感じになりました
マフラーのタイコより高い位置に付けれたので、普通に走っている限りまず擦る事はナイと思います


ステーとサイドシルのフィット感はまあまあなのですが、肝心のバーとサイドシル部分の接地面があまり取れなかった事もあり、三角のプレートも追加しました


なんとか明るいうちに終われ、片付け終わった瞬間に雨が降り出すという、正にワタクシの日頃の行いの良さが如実に表れた作業日でした♪( ´∀`)
Posted at 2016/10/16 21:39:14 | コメント(6) | トラックバック(0) | 部品作成(´・ω・`) | クルマ
2016年10月10日 イイね!
通勤快椅子(´・ω・`)最近は人の車ばかり毎週イジってる気がするのですが、今日もみん友のレッド。さんの通勤車のタントをさわっていました( ´∀`)
以前レカロのシートを愛車のノアに付け、レカロの魅力に取り付かれた様で、是非タントにも、となったみたいです
ところがシートレールがタント用というのがほとんどナイらしく、ムーブ、タント共用というレールを購入したものの、車体に合わせてみると全くステーの形が合わず、ウチで作り直す事になりました

早速車体に当てて確認すると一箇所もステーは合わないものの、前の二箇所はなんとか少しの加工でイケそうだったのでここを基準にし、後ろの二箇所を新規でステーを作り直す事にします


元は曲げてあったステーを石頭ハンマーでシバき、真っ直ぐに伸ばします


前側の二箇所を真っ直ぐに修正後、車体に仮付けして水平に付いているか、シートがハンドルのセンターに来ているか、またはシートポジション等のおおまかなチェックをします




前側が決まったので、今度は後ろの二箇所のステーを作り直す為サンダーで切ります


再び車体にレールを仮付けし、前側、後ろ側の水平を見つつ後ろ側の高さを決め、ステーの型紙を作ります


倉庫に適当なフラットバーが無かったので、5mm厚のアングルからステーを切り出します


左右とも叩いては曲げ仮組みを10回程度繰り返し、やっと形がドンピシャになったので溶接します


今回から導入されたNEWフェイス、溶接用のお面です


先日まで使っていたお面は500円という安物で、センサーが一箇所しかなく、少し角度が悪いと溶接している部分が見えず苦労していましたが、今回のはセンサーが四箇所もある為ほぼ死角が無く、ハッキリ言ってキョーレツに見易いのです
ワタクシの様なシロートには打ってつけなのですが、何故か後輩が買ってくれました(*´∀`)
昨日持ってきてくれたので、今日の作業に間に合って良かったです♪

で、早速溶接していきます


前後のブレ止め兼補強のプレートも左右に一箇所ずつ入れました


この頃にじゃいさんが遊びに来たので、シャーブラでオーナー自ら塗装後、3人でマターリとしてました
塗装も乾燥し完成しました


レール単体で見ると随分ポジションが高そうに見えますが、あらゆる角度から見てベストと判断しました
高さ調整機能も付いていないので、完成するまで内心ドキドキでしたがw


レッド。さん、安全運転でね(´・ω・`)ノ
Posted at 2016/10/10 21:19:50 | コメント(5) | トラックバック(0) | 部品作成(´・ω・`) | クルマ
2016年09月11日 イイね!
1/2の簡単な勘定(´・ω・`)前回作ったリアショック用のアンダーブラケットですが、作っている時から「なんか長過ぎる気がする…(´・ω・`)」と感じていたんですが、頭の中での計算上は合っているハズ、と思い込む様にして作りました
しかし先日、いざ車体に付けようとジャッキアップして仮で付いていたリアショックの長さを測定すると、やはり長過ぎましたw
こういうのは実際に測定してみないとあきませんね(;´∀`)

早速先週作り直し、塗装までしておきましたので、今朝はピロの圧入から始めました


本来ここのブッシュの内径は14mmなんですが、このピロの内径は18mmです


そこでこの様なカラーを車屋さんに作ってもらい…


このカラーを左右から挟みこむと、S-MXのリアショックのブッシュの内径と幅がピッタリ合う様になっています


さっきまで組まれていたショックの長さに対して、今回は車高は変えないまま10mmショートにして組んでみます


しかし組み込み後、違和感を感じ、室内側から見てみると…、ん?(´・ω・´)


アッパーマウントのセンターがずれてますがな ∑(´・д・`;)
おそらく型紙を作った時に、アッパーマウントのボルトからボルトの間隔が98mmだったのですが、センターを出す時に「98÷2」という簡単な計算を間違えたものと思われますw

この手の間違いをよくするんです、.ワタクシ(´;ω;`)

このままでも普通に問題なく使えるんですが、クスコの減衰力調整ダイヤルに一部改造した物を使う予定が、内張りに干渉してしまって使えません


そこで…

実はこの車種不明のピロアッパーマウントは、あまりに安かったのでもう1組買っていたんです
また暇な時にでも作り直します


組み込み後まだ20㌔程しか走ってませんが、ゴムが一切排除された上下ピロ仕様のショックで少しは異音等マイナス面もあるかと思いましたが、今のところは全く無く、しばらくはソリッド感を楽しめそうです(*´∀`)ウフフ
Posted at 2016/09/11 21:44:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車高調(´・ω・`) | クルマ
プロフィール
部品の改良や、セッティングを考えるのが好きな牡牛座の毒男です( ̄∀ ̄*)
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ザラザラ感 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/25 23:06:20
ファン
53 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S-MX 3号機 (ホンダ S-MX)
現在3台目のS-MXに乗っています
ローバー ミニ ローバー美々 (ローバー ミニ)
レースカーですが廃車にしていない為ナンバー付きです 現在はエンジンが降りていますが、 ...
ダイハツ アトレーワゴン ダイハツ アトレーワゴン
仕事用の車です(´・ω・`)
ホンダ QR50 オトナのQR50 (ホンダ QR50)
体重制限が25kgまでという本来は子供用のモトクロスバイクですが、大人でもガンガン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.