• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

トモDR30のブログ一覧

2014年11月08日 イイね!

フロントの車高調を交換(リフレッシュ)

フロントの車高調を交換(リフレッシュ)初めて読む方へ、
うちのR30の車高調は次を流用(自作溶接)し、全長式にしています。
注:溶接はプロにしてもらっているので、自信のない方はR30用の車高調を使いましょう。

TEIN TYPE FLEX レガシー車

流用の様子はこちら → 見る

(問題点)

レガシーの車高調のショック部分が長いため、車高を下げられなかった。
初めての流用だったので、これでよかろうとあきらめていた。
サスが6Kと普通の硬めだったので、車重で少し沈んでくれたので、理想的な車高になっていたが、これ以上下げることはできなかった。
下がったのはよいが、サスが柔らかいため、峠道でクッションを受けた時、サスペションメンバーを擦っていた(オイルパンは上げているので問題ないが、直撃の心配はあった)。
この対策とし、2014年度の龍神スカイラインツーリングに備えて、フロントのサスを12Kに交換し、リアのサスも10Kに交換した。
この結果、車高が約1センチ上がり、理想的な車高にならなかった。

(解決方法)
もっと下げる場合、次の方法がある。
1.ショック部分を短いものに交換。
2.サスを3Kなど柔らかい硬さに交換。
3.サスを遊ばせ車高を下げる、これは危険なので、ヘルパースプリングを入れて安全対応。

1が理想的である。
2はさらにクッションが大きくなるので、ボツ。
3はショックの働きが悪くなり、乗り心地が悪くなるので、ボツ。

というわけで、1を実行しました。

インプレッサ GDB の TEIN TYPE FLEX 車高調を入手。



上:リア用
下:フロント用(使います)


上:レガシーのショック部分
下:インプレッサのショック部分
長さが違いますね。


(交換後)

車高の調整範囲が5センチ広がりました。
理想的な車高になりました。


(変更前:レガシーのショック部分を使用)
タイヤとフェンダーの間に人差し指が1本入る


(変更後:インプレッサのショック部分を使用)
タイヤとフェンダーの間に人差し指が1本入らないほど、フェンダーがタイヤを被っている。

今後はフロントサスを10~12Kに交換する予定。

参考:「R30スカイライン全国ミーティング」前にショック交換しました。
Posted at 2014/11/08 19:15:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車高調 | 日記
2014年10月07日 イイね!

タイヤ交換、車高調整したよ。

タイヤ交換、車高調整したよ。タイヤのミゾが消えてきたので、希望サイズのタイヤに交換しました。

フロント 195/50/16 ⇒ 215/45/16

リ  ア 205/50/16 ⇒ 215/45/16

ホイールは フロント8J/+24、リア9J/+13なので、引っ張りタイヤだよ。

いろいろな意見・理想がありますが、うちは交換前のサイズより満足のサイズとなりました。

タイヤの大きさも交換前と交換後と変化ないです(600mm)。












車高も調整しました(上記の画像はすべて車高の調整前なので、お高いです)。

≪変更前≫タイヤも変更前、車高も変更前です。


≪変更後≫タイヤと車高を変更したあとです。


比べても、あんまり大差がないやと思うけど、赤黒の境目を基準にして比べると変化がわかると思う。わからんでも、これで下がったと思ってええやねん。

≪お尻を見たらダメよん≫



Posted at 2014/10/07 23:17:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | 車高調 | 日記
2014年07月13日 イイね!

スイフトのサスに交換

スイフトのサスに交換昨日(7月12日)、龍神周辺へ下見に行った時、車高を下げたR30が龍神スカイラインを快適に走るにはサスを強化しないとければと感じました。
それで、本日、サスの交換作業をしました。

これまでのサスのレート
フロント 7k
リア   6k

交換するスイフトのサスのレート
フロント 12k
リア   10k

交換作業は困難を伴いました。
TEINのTYPE FLEXを使っており、同じID60を用意したのに、思うように入らず、いろいろ加工して、入りました。
フロントもリアも同様です。


これまでのサス(スプリングの部分です)


スイフトのサス(スプリング)と交換後、車体へ戻したときの様子。


走りが大きく変化しました。
今まではサスが柔らかすぎたので、減衰力を硬めに設定していました。
今は逆です。減衰力を柔らかめに設定し、走行シーンに合わせて、減衰力をEDFCにてコントロールしますので、走行シーンに合わせたコントロールしやすい足回りに変化しました。
さらに道路の段差を走る時、これまではバネの揺れが大きいので、必ず底を擦っていました。現在は、バネの揺れが収まり、底を擦るリスクがなくなりました。

バネレートが上がったので、車高はそれぞれ1センチ高くなりました。

早速、先日撮影した田んぼの場所へ行きました。






車高が少し上がりましたが、これで龍神スカイラインへGOの準備をしましょう。


Posted at 2014/07/13 22:55:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車高調 | 日記
2012年10月14日 イイね!

DR30のサス関係(EDFCへの道)

DR30のサス関係(EDFCへの道)情報を真似するときは自己責任でお願いします。










【サス関係】

サス関係をいじる道のりは長いものでした。
次の流れでやっと理想的なサス関係が完成しました。

1.入庫時

フロント・・・純正ショック、純正?サスのカット(バネが遊んでいた)
       高さ:タイヤとフェンダーの隙間に指が3本くらい入る高さです。
リア・・・・・・KYBショック、純正サス(カットは不明)
       高さ:ノーマル
様子・・・・・車両が前屈みになったようにフロントが低く、リアが高く感じ、
       運転しても体が前へ流れるような気持ちでしたので、
       決してよい乗り心地ではなかった。
       また、重量がフロントに集中するので、ハンドルが重くなっていた。
       たとえば、ハンドルを切ったあと、パッと話すとハンドルが中心に
       戻るのですが、これが戻らず、ウンショウンショと自分で戻していた。
       最悪な乗り心地、運転環境でした。


2.車高調に変更(6月頃)
  
JICの車高調をヤフ○クで入手し、取り付けした。  

フロント・・・高さ:タイヤとフェンダーの隙間に指が2本くらい入る高さです。
リア・・・・・・高さ:タイヤとフェンダーの隙間に指が入らないが、
          車高が高く感じたので、スプリングヘルパーを入れて
          さらに車高を下げてみたが、これ以上下げると
          ショックが頭突きするので、乗り心地が悪くなった。
乗り心地・・・ショックが古くなっているせいか、乗り心地は好みではなかった。
       さらに、リアはショックが頭突きしており、最悪であった。
様子・・・・・・交換前より運転環境は改善されたが、リアが思った以上に下がらず、
       フロントとリアの高さがアンバランスのため、フロントに重量が集中気味
       であり、ハンドルの戻りはゆったりとしたものであった。
       乗り心地はまあまあで好みではなかったが、前よりは良いねん。


3.リアだけ全長式の車高調に変更。
 R32 TYPE-M TEIN TypeFlex を流用。

上・・・R32 TYPE-M TEIN TypeFlex フロント
中・・・R32 TYPE-M TEIN TypeFlex リア
下・・・JICの車高調 リア

R32 TYPE-M TEIN TypeFlex フロントをR30のリアに取り付けし、
リア車高が理想の高さに下がりました。
様子・・・リアの乗り心地が改善され、全体的によくなった感じ。


4.「TEIN TypeFlex」なので、フロントとリアも減衰力調整のEDFCをつけちゃおう!
リアはEDFCが使えるのですが、フロントは全長式がポンとつけられず、悩みました。
まず、R32 TYPE-M TEIN TypeFlex リアが余っているので、
これを改造して取り付けする方法が考えたが、ショックの棒の太さが細いから
車重の負担で曲がる可能があるので、ボツとなった。
色々と考えた末、次の作戦をしました。
その1.S14のTEIN TypeFlex フロントを流用しようと考えるが、
 人気が高く、高値であったので、ボツ。
その2.シビックTYPE-R、ランサーなどのTEIN TypeFlex フロントを
 流用しようと考えるが、これも人気が高く、高値になり、ボツ。
結果的にレガシーのTEIN TypeFlex フロントを流用するとなった。


純正ストラットをカットし、レガシーの全長式車高調と合体中

いきなり完成ですが、親戚にプロの溶接をしてもらいました。
素人の溶接でやったら、危ないですからね。

フロントに念願のEDFCがつきました。
ボンネットに干渉はありません。

車内から減衰力を調整できます。

フロント・・・高さ:タイヤとフェンダーの隙間に指が入らない高さです。
リア・・・・・・高さ:シャコタンに近いかもしれない
様子・・・最高によいですね。言葉ではいえないほど、
     乗ってみたらわかるというほど、理想的な乗り心地となりました。
     もう改造はしないでしょう。するとしたら、TEINのショック交換のみでしょう。

これで家内からクレームはないですね。
完成したのが8月の終わりでした。
8月は運転できない月でしたので、寂しかったです。

課題が残る・・・アッパーマウンドを自作しているので、ゴムのキューキュー音がうるさい。
Posted at 2012/10/14 16:52:14 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車高調 | 日記

プロフィール

「DR30マフラー見直し http://cvw.jp/b/1602864/38357358/
何シテル?   08/09 23:17
『紀州狂走旧車連盟』メンバー 入会方法はこちら → http://minkara.carview.co.jp/userid/1602864/blog/358...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ロクミー事務局からのお知らせ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/13 17:39:16
RB26のセルモーター流用 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/12 08:18:53
世界一の明るさ♪ イエローフォグ♪ すごいぞ!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 06:54:30

お友達

●スカイラインR30有志へ、友達になりましょう。
●80年代までの旧車をもつ和歌山の有志へ、友達になりましょう。
144 人のお友達がいます
鉄仮面鉄仮面 * シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認
ケニ-ケニ- * ドリフト11ドリフト11 *
冬いちご冬いちご * ☆モトキ☆☆モトキ☆ *

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
●エンジン● エンジン:ノーマル マウント:ニスモ強化マウント(RBエンジン用) フュー ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる