車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月04日 イイね!
久しぶりにドライブに行ってきました天気が良かったので、久しぶりにドライブに行ってきました♪


早起きして、道志みちを経由して、山中湖畔に向かいました。


道志みちは、適度なワインディングが続く道路ですが、久しぶりに愛車のドライビングを楽しみました♪


今まで20年近くAWD車を所有してましたが、ハイパワーFR車に乗り換えて、今更ながらドライブフィールや挙動の違いを痛感しております。

表現が難しいですが、FR車は、コーナーリング時のステフィールが、クセが無く自然でステアリング切ると素直な感じでスッと狙った方向にクルマが向きを変えてくれるため、クルマを中心に曲がっているような感覚があります。


さらにアクセルを踏んで鋭く加速する際は、後輪が前に向かってクルマを押し出すかのように蹴りだす感覚がある一方で、AWD車と同じ感覚でラフなアクセルワークをすると、姿勢変化を察知して制御装置が働き警告音が鳴るため、注意が必要です。


IS350は、普段の街乗りでは高い静粛性を維持しつつ、ワインディングではハイパワーを駆使して気持ち良い加速とクセのないステアフィールが楽しめて、幅広い状況に対応してくれるため、まさにインテリジェントスポーツとして乗ることができる、とても良いクルマであることを再認識しました。


山中湖畔に出ると、路肩や空き地の日陰に雪が少し残ってましたが、道路は除雪材が撒かれていて夏タイヤでも全く問題なく走行することが出来ました。


せっかくの晴天でしたので、三国峠まで足を運んでみました。


続いて、一度、行ってみたかった西湖野鳥の森公園で開催されている氷の祭典「樹氷まつり」を訪れました。


ここでは、人工的に作られた高さが約10mにもなる樹氷のオブジェの数々が展示されてました。


2020年の東京オリンピックにちなんで東京都庁のオブジェ


富士山の景勝地にちなんででしょうか?富士山のオブジェもありました。



続いて、河口湖畔からみさか道を通って、次なる目的地となる、笛吹市にある公園に行きました。
雲ひとつない澄んだ晴天で、アルプルの山々が甲府盆地も綺麗に見ることができました。


せっかくの晴天でしたので、甲府盆地を背景に、愛車の撮影を行いました。






久々のドライブで、疲れた体を癒すために、ぶどうの丘温泉「天空の湯」に立ち寄りました。
露天風呂からは、甲府盆地が一望できる絶好のロケーションで、心も体も癒されました。
↓露天風呂からは、これと似たような景色をみることができます。


久しぶりのドライブを堪能しましたが、318馬力ものハイパワーを後輪駆動車で自分の手足のように扱う難しさを痛感するドライブにもなりました(;^_^A
Posted at 2017/02/04 23:57:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2017年01月09日 イイね!
娘が厄年なので、川崎大師に行ってきました今年は娘が今年厄年のため、約40年ぶりに川崎大師に厄除け祈願に行ってきました。











午前9時半に現地に到着しましたが、すでに参道は、多くの参拝客で賑わってました。


本殿にお参りする前にお清めをして、悪いところにけむりをかけると病が治ると言われていることから、お線香(100円)を買って香炉に入れて煙を身体にかけてました。

身体のあちらこちらが悪いところばかりだったので、欲張っていろいろな部位に煙を浴びていたら、不覚にも、煙の勢いが予想外に強かったため、着ていたダウンジャケットがスモークされてしまい煙の臭いが衣服に付着してしまいました(;^_^A







本殿に参拝してから、厄払いの護摩祈祷をお願いしたところ、既に大勢の人達が並んで列を作ってました。

並ぶのが大嫌いな娘は、結局、参拝とお守りを購入するだけで構わないと言い出したため、本殿に参拝した後、厄除けの御守を購入しました。

さらに、今年の運試しに娘がおみくじを引いたところ、なんと!「大吉」を引き当てました!



帰りに、川崎大師名物の久寿餅を買ってみました。


約40年ぶりの久寿餅でしたが、当時は切れ込みがなかったように記憶してますが、今は一口サイズに切れ込みが入っていて食べやすくなってました。

お味のほうは、子供の頃に食べたときは、あまり美味しいモノという記憶はなかったのですが、今は
普通に美味しくいただきましたが、娘は美味しくなかったようで、一口食べただけでした(;^_^A



今年は厄年の娘ですが、大学の進学も決まり、さらにおみくじで大吉を引き当てたこともあり、気分を良く1年のスタートが切れたと喜んでました。

親としては、高校生のときよりも大幅に増える学費負担と費用の捻出を考えると、今から戦々恐々です・・・(;^_^A
Posted at 2017/01/09 22:07:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
2016年12月24日 イイね!
懲りずに社外マフラー(トムス)を装着してしまいましたレクサスISを購入した際に、せっかく静粛性の高いクルマなのでマフラーはノーマルのままにしようと思っていましたが、やはりカスタマイズ病は治らず、性懲りもなく社外マフラーを装着してしまいました(;^_^A


今まで、トムスのエアロを装着してカスタマイズしていましたが、ノーマルマフラーのままだと外観が寂しく感じてました。

しかし、トムスのリアバンパー専用の片側2本出しのトムスバレルマフラーを装着したくても製造終了となってしまい、新品での入手が不可能となってました。


新品購入不可のため、半ば、入手を諦めていたのですが、この度、運良く中古ですが入手することが出来ました。


トムスバレルマフラーは、センターパイプ以降のリアピースのみの構造のため、取付はDIYで作業しました。


作業自体は、それほど難しくありませんが、ローダウンをしているため作業空間の確保とマフラーを吊るすゴムブッシュが固くて外すのに苦労しました(;^_^A


いざ!装着してエンジンを始動してみると、想像していたよりも、やや太めの低音が響きました。
しかし、アイドリングを続けてエンジン回転数が落ち着いてくると、音量、音質ともそれほど気にならないレベルになりました。


走り出してみると、2千回転くらいから、やや低音寄りのエキゾーストを発生しますが、3千回転から上の音は、やや乾いた感じの「クオォーン」と言った音質に変わり、マフラーの存在感を主張してくれます。


音質は、腹に響くような重低音ではなく、室内で篭るような音でも無いため、市街地走行で多用する回転域での音は不快な感じはありません。


また、装着して感じたことは、低速時でのアクセルオンによるトルク感が若干薄くなったように感じることから、中回転域からの吹け上がりが早くなり、どちらかと言うと、中高速重視のマフラーのように感じました。


それでも、IS350は、もともと低速トルクが豊かなため、特に気にするレベルではありません。

今後は、吸排気系のバランスを取るために、エアエレメントをトムスのスーパーラムⅡに交換して吸気効率を改善して様子をみようと思います。


マフラーエンドにはTOM’Sの刻印がさり気なく主張しております。


マフラー装着前と装着後の画像比較です。

ノーマルマフラー画像


トムスバレルマフラー装着後の画像



マフラー装着前のノーマルマフラーとトムスバレルマフラー装着後の比較動画です。



トムスバレルマフラー装着後の画像です





今回装着したトムスバレルは、中古での入手であり、さらに音の感じ方にも個人差がありますので、的確なインプレッションでは無いかもしれませんが、私的には、どちらかと言うと、やや乾いた感じの一方で低音寄りのマフラーのように感じました。
Posted at 2016/12/24 20:14:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月10日 イイね!
BBS センターエンブレム4色を装着してみました現在、装着しているBBS RGRのイメージを変えたくて、性懲りもなくセンターエンブレム レッドを購入しました。

これに伴い、BBSのセンターエンブレムが手元にブルー、レッド、プラチナ、ブラックの4色になったことから、センターエンブレムの色によりどのようにイメージが変わるのか、比較映像を撮影しました。








まずは、フロントからの画像比較です。

<センターエンブレム ブラック>


<センターエンブレム プラチナ>


<センターエンブレム ブルー>


<センターエンブレム レッド>



続いて、サイドからの画像比較です。

<センターエンブレム ブラック>



<センターエンブレム プラチナ>


<センターエンブレム ブルー>


<センターエンブレム レッド>



続いて、リアからの画像比較です。

<センターエンブレム ブラック>


<センターエンブレム プラチナ>


<センターエンブレム ブルー>


<センターエンブレム レッド>


続いて、フロントをズームアップした画像です。

<センターエンブレム ブラック>


<センターエンブレム プラチナ>


<センターエンブレム ブルー>


<センターエンブレム レッド>


最後にリアサイドのアップ画像です。

<センターエンブレム ブラック>


<センターエンブレム プラチナ>


<センターエンブレム ブルー>


<センターエンブレム レッド>


せっかく4色揃いましたので、今後は気分によりカラーチェンジをして雰囲気の違いを楽しみたいと思います♪

今は冬なので、天気図の西高東低の気圧配置に習って、しばらくは、左側にブルーエンブレム、右側にレッドエンブレムを装着することにします♪
Posted at 2016/12/10 20:32:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | BBSホイール | クルマ
2016年11月05日 イイね!
リコールによる修理作業と代車のオーリスハイブリッド随分前に、レクサスからリコールのお知らせが郵送で来てましたが、土日出勤が重なり、なかなかスケジュールが調整出来なかったのですが、ようやく休みが取れたため、レクサスディーラーと日程調整を行い、作業をお願いしてきました。




作業内容は、助手席エアバックの部品交換です。



作業時間は、約4時間程度要するとのことで、ディーラーにて代車を用意していただきました。

代車はレクサス?と思っていたら、トヨタのオーリスハイブリッドでした(^_^;)


グレードは、「オーリスハイブリッド」



■エンジン
総排気量 1.797L
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
最高出力ネットkW(PS)/r.p.m 73(99)/5,200
最大トルクネットN・m(kgf・m)/r.p.m 142(14.5)/4,000
燃料消費率 30.4km/L
■寸法
全長 4,330mm
全幅 1,760mm
全高 1,480mm

メーカー希望小売価格は2,620,473円(税込)
ハイブリッドシステムは、1.8L+モーターです。

代車となるオーリスハイブリッドを運転する前に、トヨタのハイブリッド車は、車庫入れ程度しか運転したことが無かったため、ディーラーにて一通り操作方法を教えてもらいました。

出発する際には、スタートボタンを押して、「READY」ランプが点灯する発進可能な状態となります。

ただし、通常のエンジン車と違うのは、エンジンが始動していない状態でもモーターの力で発進が可能なところです。


早速、シフトレバーをDレンジに入れて少しアクセルを踏むと、最初はモーターの力だけで進んでいきますが、アクセルの踏み込む量を増やしてスピードを上げていくとエンジンが掛かり、エンジンプラスモーターアシスト状態になります。


ゼロ発進からの加速はモーターのサポートもあり、1.8の排気量を考えると意外とトルク感がありました。
さらに、市街地走行のスピードレンジからの加速感は、同排気量のエンジン車と比べれば力強さを感じましたが、スポーティな加速感ではなく、あくまで市街地などでのプラスアルファの余裕が感じられるようなセッティングのように思いました。


静粛性については、モーター走行時は静かですが、エンジンが掛かると静粛性は4気筒エンジンのこのクラスの乗用車の平均と変わりありません。


また、エンジンの吹け上がり自体は、それほど洗練された感じではなく、どちらかと言うと、良くも悪くもごく普通の特徴のないエンジンのように感じました。


ハンドリングについては、スムーズかつハンドルを切ると素直にノーズが向きを変えてくれる、意外とスポーティな味付けのように感じました。


一方、乗り心地については、205/55R16タイヤ&16×6½Jアルミホイールが足元に奢られていましたが、ボディサイズに対して車両総重量が1.6トンを超えるためか、それともボディ剛性不足によるものなのか定かではありませんが、足回りがバタつく感じがありました。

 さらに55偏平タイヤの割りには、大き目の段差を超える際にやや突上げ感を伴い、常にボディが揺すられている感じがあり、助手席に乗っている妻も、同じような感想で、
「クルマ酔いしやすい人には勧められないかも」と言ってました。


厳しい感想になってしまいましたが、一番多用すると思われる市街地走行において、乗り心地にしなやかさが感じられず、決して快適とは言えない乗り心地であるように感じました。


また今回、運転して一番違和感を覚えたのがブレーキのタッチや初期制動でした。


回生ブレーキによるものだと思われますが、少しの踏力でも、自分の想像以上に制動力が立ち上がるため、最初の頃は、スムーズな制動力を維持するのに大変苦労しました。

燃費計は、15km/Lを表示していましたので、代車のような用途を考えると、妥当なのかもしれません。


たった1日だけの代車使用のため、あまり良い印象を受けませんでしたが、もう少し乗り続けることが出来れば、印象も変わってくるかもしれません。


インツルメントパネルは、合成皮革インストルメントパネル加飾(ブラック)+シルバーステッチで、シフトは、エレクトロシフトマチックとなっています。


メーターは、ハイブリッド専用立体2眼コンビネーションメーター+TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(ハイブリッドシステムインジケーター付)


タイヤサイズは、205/55R16タイヤ&16×6½Jアルミホイールでした



エアコンは、左右独立温度コントロールフルオートエアコン&ピアノタッチスイッチ+プッシュ式ヒーターコントロールパネルでした。



ラゲージスペースは、このクラスとしては平均的な広さでしょうか?ゴルフバッグ2セットの横積みは難しそうです。




フロントシートは、ホールド感もまずまずでした。サイドサポート部分は人口皮革でシートセンター部分はモケット仕様になってました。


リアシートの足元のクリアランスは、このクラスでは平均的だと思います。


フロントドアには、ソフトパッドが奢られていて、質感の高さが演出されてました。


フロントドアはソフトパッドが奢られてましたが、リアドアはコストダウンによるものでしょうか、硬質なプラスチックであったのは残念です。


センターコンソールボックスは、2段構造になっていて、上の段に小物類、下の段にはCDなどが収納可能になっており、スペース容量はそこそこ確保されてました。




Posted at 2016/11/06 19:07:13 | コメント(1) | レクサス | クルマ
プロフィール
約10年乗り続けたレガシィツーリングワゴン3.0Rから、レクサスIS350Ver.Lに乗り換えました。 我がクルマ人生初めてのFR車です。 スバル水...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
TOM&#39;S トムスブレーキパッド パフォーマ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/27 05:17:46
おいしげ暑気払いとB6OC懐かしオフ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/13 19:03:10
ちびまる子ちゃんスクラッチ、たまには50円玉で削ってみるかな(o^^o) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/01 21:06:34
お友達
レクサスIS乗りの方をはじめレガシィ乗りの皆さん、クルマ好きの皆さん!
ぜひ、情報交換しませんか?

楽しいカーライフを過ごすためにも皆さんからのインプレッションをはじめ相互の情報交換は何物にも変え難い貴重な情報だと思っております。
67 人のお友達がいます
あつりんあつりん * まねしすはいまねしすはい *
こすこす * SURUGA SPEEDSURUGA SPEED *みんカラ公認
Yくん@麦酒Yくん@麦酒 * ツチリンツチリン
ファン
24 人のファンがいます
愛車一覧
レクサス IS レクサス IS
約10年間乗ったレガシィツーリングワゴン3.0RからレクサスIS350に乗り換えました。 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
お立ち寄りいただきありがとうございます。 前車B4を約7年間乗り、弄る箇所が無いくらい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.