• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

みどベニのブログ一覧

2017年12月16日 イイね!

カーフェリーで行く南九州の旅・志半ばにして

カーフェリーで行く南九州の旅・志半ばにしてまだ晩秋だった先月末、週末と勤労感謝の日の合間を縫って単騎九州を訪ねて参りました。

以前から最南端の開聞岳をこの目で観ておきたいのと、出雲と並ぶ神話の国高千穂を訪れたかったのです。




大阪南港から志布志港までワタシと愛車を運んでくれるのは「さんふらわあ」号です。


関西に縁のないくせに、大阪の海はかなしい色やねん~♪と口ずさんでいるうちに街の灯りを後に離岸です。


本格的なカーフェリーに乗船するのは初めてです。どこか昭和の場末の商店街風の船内…


でも、お風呂も入れるし、個室なのですこぶる快適です。

当夜は低気圧通過で波高3mとのこと。外洋なので心配して酔い止めまで飲みましたが杞憂でした。
楽しみにしていた漆黒の海原から満点の星空を見上げることは叶わずちょっと残念。

目が覚めると大隅半島がお出迎えです。

今回は、桜島から指宿スカイラインで開聞岳→霧島スカイライン→宮崎・高千穂→阿蘇・湯布院と、今まで行ったことのない九州の南半分に足跡を残す急ぎ足の旅のダイジェストです。では出発ー!(^^)!

まず立ち寄りましたのが鹿屋航空基地史料館

太平洋戦争の歴史が詰まっています。

二式大艇

新明和のUS-2型救難飛行艇のベースですね。
島国日本は飛行艇がもう少し注目されてもいいと思うんですが。

海軍カレー

展示館で、終戦近く桜島から開聞岳に別れを告げて南の空に散っていった、わずか22歳の若者たちの遺書や手記を目の当りにして、重~い気持ちでいただきました(''◇'')ゞ

初日(だけ)は絶好の天気。桜島の雄姿を眺め


再び船上の人となって鹿児島へ

鹿児島市内が大渋滞で予定が大幅に遅れてしまいました。
この後、有名な知覧特攻平和会館にも寄りましたが、相当ディープでちょっと近寄り難い雰囲気だったかな。

夕陽に輝く開聞岳にはタッチの差で間に合いませんでしたが、やっとその姿を見ることができました。

単純なもんで、何とか富士とか呼ばれるぽっこりした山が好きです。



翌朝、指宿の町の北にある魚見岳展望台にあがりました。

東に桜島、錦江湾南に開聞岳へ連なる山々が観ることができます。今まで訪れた展望台の中でも屈指の眺め、だと思います。


昨日に引き続きもう一度開聞岳へ向かい、池田湖。




その後、再度指宿スカイラインから南九州道を経て霧島へ向かいましたが、どうにもパッとしない天気で残念。



途中、韓国岳の噴火の影響でしょうか「火山ガスに毒性があるので歩くな」みたいな恐ろしい標識のある峠を越え


宮崎に。

質素な駅。地方都市が新幹線を望むのも分かる気がします。

翌朝は天気が回復し、一気に高千穂に向かいます。


一帯が深い渓谷で連なっています。



高千穂神社を始め、小さな街に点在する神話の元となる祠を全部回ることができました。


TVや雑誌でよく見る高千穂峡もこの日はライトアップ。

宿のご主人に聞いたのですが、この高千穂峡のボート。
スゴイ人気だそうで、GWやお盆などのトップシーズンだと、朝7時過ぎには当日分の全ボート(時刻指定)券が売り切れてしまうんだそうです。ひええ( *´艸`)

人気がないと商売にならないけど、厳かな神話の古里が過度に観光地化することも辛い、と仰っていました。

最終日は高千穂から阿蘇を抜ける予定でしたが、が…

残念…

残念至極…

というか、阿蘇・湯布院めぐりだけでゆうに2日は欲しいところ。
今回は「下見」ということで、次回のお楽しみということになってしまいました。

帰路は別府港から瀬戸内海経由で大阪に戻りました。


今回利用したさんふらわあマイカー舟遊プラン。
寝ている間に海を渡してくれるので2回の宿泊代と高速、ガソリン代金を計算すると、陸路を行くより楽で少々お得になります。
とくにスイフトの場合全長4m未満ということで、6千円の割引もあるのでラッキー~♪


とても魅力溢れる九州。
昨年の長崎行と合わせて、今回で九州7県すべてに足跡を残すことができました。
いつかはゆっくり電車旅をしたいのですが、ハンドルを握れるうちはマイカーを持ち込んでゆったりと峠道を楽しみたいと思っています。

それでは寒き折、皆様ごきげんよう。バイバイ。


2017年10月29日 イイね!

燃ゆる秋、のはずが…

燃ゆる秋、のはずが…我が家で毎年恒例になっている婆さんを連れての「冥途の土産ツアー」
春の新潟行に続き、今回は信州蓼科の燃ゆる秋。

と、洒落込んだのですが台風21号の直撃を受け旅程が危ぶまれる事態に。

それでも電車も宿もレンタカーも予約してあるし、ということで強行です。


今回の旅のお供はトヨタ自動車のルーミーだじょ (*^^)v

婆さんの乗り降り優先の選択でございます。

とはいえ着いたとたんに雨模様なので行先は専ら「屋根のある施設」ということに。

最初は松本市美術館


草間彌生さんの少々目がチカチカする作品に癒されて…


敷地内のテストランでお昼ご飯でし


千円でいただける美味しいランチ~♪


美術鑑賞の後は外の俗っぽいお店より、隣接するお店のがイメージが崩れなくてよろしいかなと"(-""-)"


ということで初日は美術館と時計博物館なんぞでおしまい。


翌日もずーっと雨
諏訪湖についても雨


ということで
湖畔の片倉館で開催中の


デザイン展なんぞを覗く



若い方々頑張っておられましたよ。


その後茅野から蓼科へ向かう。



夜中に窓を容赦なく叩きまくるLANちゃん(台風の名前)に睡眠を妨げられながら
夜が明けても雲が残る蓼科高原



それでも所どころに秋を見つけながら


さあ出発~って、違う、さあもう帰ろう…(ToT)/~~~

トヨタさんカタログ写真にどうですか(''◇'')ゞ

ルーミーとは必要にして十分な1BOXカーでございますね。
後席の広さ、昇降性はすこぶるよろしい。
一方で動力性は、これでいいのだ!と、これでいいのか!の思いが同居。
確かに街中や住宅街ではこれでいいのだが、少し流れの速い道に出ると、老人を乗せていることを考慮しても辛い場面がしばしばあった。
高原を登る路では何度か後続車に道を譲った。

昨今、煽り運転が取り上げられている。
もちろん意図的に煽る非は大きいが、一方で自分だけ安全運転のつもりが故の被害妄想はなかろうか。
走る人はゆっくり走っていても、後ろを走る自分よりペースの速いクルマの気持ちが分かる、と思いたい。
安全装備満載の車が増え、将来的には安全の上に安全を重ねるはずの自動運転車が路上に出る。
直前の安全だけでなく全周に目配り気配りする人とAIであって欲しいと思う。


いかん、柄にもなくマジになってまった(''◇'')ゞ

ところで最近のファミリーカーにはこんな表示があるんですねえ。

車庫入れアシストなんでしょうか、飛び出し抑止なんでしょうか。
ワタシももう少ししたら「有り難い機能」だと思いながらお世話になるんでしょうか…。

あと一二週の間には燃える秋の信州でしょう


ちょっと早かったですか?


「そうだ早い」と遠くから富士山が申しておりました。



【余談】
①小淵沢から塩尻に向けて高速に乗ったのですが、なぜかナビが途中の諏訪湖ICで降りろと言い張り、その先を表示しない。仕方ないなあと思いながら有人出口で訳を言うと「高速上の事故でついさっきまで通行止めだったとのでナビがそう指示したんだろう」とのこと。
ETCのまま転回処理していただけましたよ。
②遅刻せずレンタカーを返却し、JR塩尻駅から特急しなの乗車に乗るべく改札に…。
うわぉ!ワタシらの乗る一本まえの列車まで運休!

雨にたたられおまけに帰りの足をもがれたら目もあてられんかった…セーフ!

ということで、秋を満喫できないまま信州ツアーはお開きとなるのでした。

今日は今日とてまた台風22号が窓を叩く。

おしまい。それでは皆様ご機嫌よう、バイバイ。
Posted at 2017/10/29 17:07:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | レンタカーでGo | 旅行/地域
2017年10月15日 イイね!

2017能登行

2017能登行既に先月のこととなりますが、ふと思い立って能登半島を訪ねて参りました。



半島の中ほど、能登島に渡る橋は二つ。
その一つが能登島大橋

島に渡る美しい橋なので、角島のように俯瞰できるポイントがあれば(造れば)いいのにと思います。

もう一つが中能登農道大橋




スゲーもんが無造作に放置されていますが

勇気を振り絞っても自撮りはムリ。誰かにシャッターを頼む?
撮ってあげるのはいいけど、若い二人の幸せは写らない…( *´艸`)

一気に日本海へ抜け、海岸道路を東へ。


岬まで最後の峠



峠の茶屋レストランのステキな看板

混んでて入れなかった。

能登半島先端の


禄剛崎


海を無向こうは大陸に続く半島

どうかこの青い空を飛翔体が通過しませんように"(-""-)"

帰り路は2年ぶりに千里浜


陽が沈むまで

佇んで帰路に着きました。

学生時分に訪れた時は、国鉄金沢駅から周遊バスに延々と揺られる旅で、旧家以外なんにもない文字通り陸の孤島に踏み込む秘境ツアーだった覚えがあります。が、今は昔。

半島の先端まで自動車道が張り巡らされ、どこまで行っても街。車が鉄道にとって代わる変遷をたった2ページで見た気がしました。

以上さっくりと500kmのお散歩でした。

Posted at 2017/10/16 00:02:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | ZCでお散歩 | 旅行/地域
2017年08月12日 イイね!

鉄道模型からパワーを貰おう!

鉄道模型からパワーを貰おう!記録的短時間大雨なんとかというよりは、ゲリラ豪雨といわれた方がピンとくるんですが、そんな風呂桶をひっくり返したような雨に度々見舞われている、こちら東海地方です。


鉄分の少ないワタシですが、頂きものの入場券を握りしめてJR名古屋高島屋で開催されている鉄たび展を覗いてきました。

https://www.jr-takashimaya.co.jp/event/170727train-journey/


本家の原鉄道模型博物館のあの凄いジオラマにはかないませんが、出張展示にしてはかなり楽しめましたよ(^-^)


地元名古屋鉄道のイモムシ、のもっと前のやつかな?


まつ毛がステキな電気機関車


カシオペア号

大好きな一灯のEF58もあったんですが、うまく写ってなかった…(T_T)

日本の蒸気機関車群

なんというか、D51みたいなでかいやつよりこういう小型の方が好きだな。

旧~い時刻表


味があるなあ。なんか泣けてくる気分…
こういうの見てるとタイムマシンに乗って帰ってみたくなりませんか?


海外のモデルもたくさん見ました。

力づよい亜国の機関車。

リベット再現が凄いです。あそうだ、これらのモデルはみんなデカいんですよね。
一車輛が40センチくらいはありました。


あちゃー!


数ある海外組の中の、みどベニチョイスはこの機関車です。
アメリカンパワー感があってすごくカッコいい!

ユニオンパシフィック鉄道、だそうです。

「だそうです、カッコいいです」とくらいしか書けないのが情けない…(T_T)

走行展示もしてました。

大スケールなのでやたら迫力があります。

シャーって走り抜けます。(もちょっとましな表現はできんのか、と思いますが)

JRの中でも一番元気がある?ワタシも大好きなJR九州が協賛。

免許返上したら九州で鉄旅三昧だな。

ブログのタイトル画にもしたこのシート生地
「これなーんだ?」と投げかけようとしたけど…

なんの特急のシートだったか忘れてもうた…(^^ゞ。

ということで、ちょいと寄り道して鉄道模型で製作意欲といただいてきました。

遊ぼうだって?
いやいや、この夏休みはどっこも行く予定がないので、おうちで模型作りだよ。
あはは。


ではみなさん熱中症に気をつけてお過ごしくださいませ。
ごきげんようバイバイ(^o^)/
Posted at 2017/08/12 12:09:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 電車でGo! | 趣味
2017年07月10日 イイね!

あえて不人気車に手をつける

あえて不人気車に手をつける愛知県豊川市にて毎年開催されている「大人たちのミニチュアカー展」に今年も行ってきました。
案内状を見ると、今年のテーマは「赤いクルマ」とのことですがさてどうでしょうか。






豊川までは高速道路もしくは国道一号線であっという間ですが、あえて三河のお山をヒルクライム。

本宮山スカライン

眼下に広がる岡崎の街…は見えませんね。


今年で19回目とのこと。頑張って続けていらっしゃいますね。


朝からとても賑わってます。


赤をテーマにすると、必然的にイタ車になりますね。


F1もずらっと


こんな楽しいのもありました(^-^)b


センターテーブルには至高のハンドメイド群






このアルファ好きです。


復活してほしいストラトス




銅板をたたき出して10㎝のモデルを作るワザにも触れました。

これは、ちょっとやそっとでは真似できません。


おおいに製作意欲をいただいてきたので、ずいぶん前に手を付けたままほったらかしてあったFORD・ESCORTを仕上げることにしました。

仮組を済ませて、サフを吹いたとことろです。

---------------------------------------------------------------------

FORDというメーカーはモータースポーツに深い歴史があり、数々の名車を生み出してきました。
ラリーの世界でも、コルチナやエスコート、フォーカス、RS200なんて意欲的なクルマもありました。が、ミニチュアカーの世界では、実車同様に日本での人気はイマイチ(?)なんですね。

このかわいそうな、でも魅力的なマルティニカラーを纏ったエスコート君を組み立ててあげましょう。
あまりこだわらずに、サクッと… できたらいいなあ…(^^ゞ

ではでは、皆様ごきげんよう、バイバイ(^-^)


Posted at 2017/07/11 00:05:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミニカー工作部 | 趣味

プロフィール

「お星様になっちゃたんですね。お察しします。
うちも近く亡くしましたが、ワンコGPSになって空から見てるから無茶しちゃいかんね、と話しておりました。(_ _)」
何シテル?   10/21 09:57
学生の時初めて手に入れた車がフロンテクーペ。その後30年乗り継いできたHONDAから離れ、ついにスズキに戻ることになりました。 趣味の車を持つことができ幸せで...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

代車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/27 22:51:33
生存報告…。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/10/29 20:20:26

お友達

お友達らしいe会話ができた方とお友達になれれば、と思っています。何卒よろしくお願いします(^^ゞ
18 人のお友達がいます
kinzazakinzaza * PogiPogi
トラック32トラック32 アルジャントアルジャント
_nina__nina_ ふっどみかん。ふっどみかん。

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
昔から小さくて中身がギュッと詰まった車が大好きです。ロドスタやエリーゼ、ミニ、500・・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.