• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紅の流れ星のブログ一覧

2017年05月28日 イイね!

一瞬の気の迷いでリアモニターを装着の巻。

一瞬の気の迷いでリアモニターを装着の巻。一瞬の気の迷いかな???



>紆余曲折を経てリアモニター装着。





一瞬の気の迷いでヴィッツにリアモニターを取付けてしまいました(爆)。

まぁ、周りからは一人でしか乗らない事が基本のヴィッツに、

リアモニターの必要性について散々云われました。

まぁ、その質問に関しては当然と云うより必然であろう。



事の発端はコレをイメージした事である。

画像はモデリスタのラゲージLEDであるが、

バックドアのこの位置に照明があると便利かなぁってね。

サンバーで車中泊をした時、

夕食は適当にカップ麺とか鍋とかを作って簡単に済ませるのだが、

調理はバックドアを開けてその下でするんだよね。

現在はバックドアにLEDランタンを適当にぶら下げているのだが、

バックドアを開けてそのまま光ってくれれば車中泊の旅が少し快適になるかなと思い、

サンバーにも何かしらの照明を取付けたくなった次第である。

妄想自体は、

かなり前からしているんだけど…。

アイツがね…。

そんな妄想を現実にする部品の調達をする為に、

数年前にアイツに『ハチイチのルームランプを用意しておき給え。』と、

かなり高圧的に上から目線で命じてあったんだけど、

未だに部品を献上する気配を微塵も感じない。

根本的にアイツに期待する事自体が間違いだった云う事を悟り、

自分自身でサンバーに使うバックドア用のルームランプを部品を調達する事にした。

某Yオクを徘徊すると送料込みで1,000円程度出せば買える事が分かったが、

新品を買っても2,000円弱な物をその値段を出すのには全く持って気乗りしない。

しかし、新品を買うまでも無いと云う気持ちもあり、

色々と考えた挙句にヴィッツにリアモニターを付ける事になったと云う、

説明的には風が吹けば桶屋が儲かる状態である。



たまたまルームランプを探している時に某Yオクで発見したのが、

懐かしのアイテム、ヤック製ルームランプ取付TV基台(VP-T3)である。

コレをヴィッツに取付ければ、

ヴィッツのルームランプが不要となりサンバーに使えるなぁって思い、

少し競りましたが、

カロッツェリアのモニター(TVM-W700)付きで1,600円で落札した次第である。

寧ろ、ルームランプ取付TV基台の方がおまけの位置付けで出品されておりましたけどね。

私にとってはルームランプ取付TV基台が本命である。



そんな訳でサンバー用のルームランプを用意する事が目的であったが、

ヴィッツにリアモニターを取付ける事になったのである。



本日は取り敢えずルームランプ&リアモニター取付で満足してしまい、

リアモニターの配線はここまでしか取り回しをしませんでした。

配線は助手席のフロアマット上に適当に転がしてあります。

寧ろ、リアモニターは見るつもりが全く持って無いので、

映らなくてもリアモニターが取付けられているだけで良しかな(爆)。

このままだとナビに配線は接続せずに燃え尽きる予感が致します。

そんなこんなの好い加減な流れ星さんですが、気長に乞うご期待!!!
Posted at 2017/06/25 03:35:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 弄り系 | 日記
2017年05月24日 イイね!

デミオのタイヤ交換を検討するの巻。

デミオのタイヤ交換を検討するの巻。思わぬ出物で衝動買い!!!



>ご満悦である。





デミオのタイヤ・ホイールを購入してみた。

デミオの走行距離は72,000㎞を越えたのだが、

タイヤはローテーションのみで交換はした事が無いので、

ラインで装着されたタイヤのままである。

タイヤの溝的にはまだ5,000㎞は使えそうであったが、

今年の冬に控えている1回目の車検までは持たない事が目に見えていたので、

少し早いが約2ヶ月ほど前から色々と思考を巡らせておりました。



そんな中、希望通りの新車外しではないが、

限りなく新車外しに近い出品物だったのでTOP画像の物を衝動的に落札。

本当はタイヤのみを交換しようと思ったんですけどね。

色々とデミオに対するタイヤの思いを巡らしていると、

結論はやっぱり純正でしょって考えに至り、

ライン装着タイヤであるTOYOのPROXES R39をチョイスする結果となった。

デミオの純正装着タイヤのサイズは185/60R16である。

私好みのタイヤであるYOKOHAMAゴムのADVAN FLEVA V701S.drive

ブリヂストンのAdrenalin RE003のスポーツ系タイヤを迷わず検討したのだが、

デミオに適した185/60R16はラインナップに無い事が分かったので今回は断念。

やはりこの185/60R16と云うサイズはエコサイズとでも云うのかな。

BluEarthとかECOPIAとか…、

所謂、エコタイヤと云うブランドにしか185/60R16のラインナップが無い事が分かった。



そんな訳で欲しくも無いエコタイヤを買うぐらいなら、

今使っているタイヤに不満が無ければ同じタイヤにした方が良いと云う考えに至り、

新車外しのタイヤを買う経緯となった次第である。

最近は嗜好純正至上主義に傾きつつあると感じ始めていたが、

まさか、タイヤまでライン装着の純正タイヤをチョイスするとは思っておりませんでした(笑)。

デミオの新車外しのタイヤを某Yオクで探すと相場は20,000円程度。

意外に良いお値段で取引されているなぁって考えていると、

親父がホイールに傷を付けた事を思い出したので、

ホイールも一緒に替えるかっと云う考えになった。

再び某YオクでDJ系デミオ新車外しの相場を調べると50,000円程度である事が判明。

今年のスタッドレスシーズン手前に傷付いた今のホイールを某Yオクで売却すれば、

トータルではあんまり大きな出費にならないと思い、

新車外しのタイヤ・ホイールセットを探す事にしました。

某Yオクで探す事、約2ヶ月、

思わぬ出品物があり予算オーバーであったが落札してしまいました。



今回、入手したのはDJ系デミオ純正と云う事は同じなのだが、

特別仕様車のTAILORED BROWNの純正ホイールである。

こちらはホイールの表面処理が高輝度ダーク塗装となるんですよね。

昨今の車は切削光輝にブラック塗装のホイールが多いんだけど、

格好は良いとは思うんだけど個人的には好きになれないんだよね。

そんな訳でホイールは替えたいんだけど親の車だしと、

悶々としている中で発見したテーラードブラウンの高輝度ダーク塗装ホイール。

これは衝動買いしても仕方がないと自分に言い聞かせてます(苦笑)。



タイヤは2016年の50週製造である。

このタイヤ・ホイールは今年の2月に納車された車両に装着されていたらしい。

その車は屋根の下で保管されており、

約1,500㎞程度走行した後の今年の4月に取外し。

その後、タイヤ・ホイールは屋内保管だったとの事でした。

希望通りの完璧な新車外しではありませんが、

上記の要因の為か納得の程度であり良い買い物をしたと思っている。

今回のタイヤ・ホイール購入予算は送料込みで50,000円であったが、

少し予算オーバーである送料込みで56,000円でした。

スタッドレスシーズン前に今使っているホイールを某Yオクにて2万円程度で売却して、

実質の出費を35,000円程度にしたいですね。

某Yオクへの出品、頑張るぞ!!!
Posted at 2017/06/25 01:10:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 弄り系 | 日記
2017年05月23日 イイね!

フォグライト用LEDバルブも無事に到着の巻。

フォグライト用LEDバルブも無事に到着の巻。紆余曲折するのは何時もの通り。



>失敗だったとしても納得のお値段。





1日の時間差で同じアマゾンよりフォグライト用に購入したHB4のLEDバルブが到着した。

事の発端は…、

サンバーで使っていたフォグライト用LEDバルブをヴィッツに取付け様と考えた事である。

フォグのバルブなんて同じだろうと思い込み移植を試みたのだが、

サンバーはで使っていたPIAAのフォグライト用LEDバルブはH8/H11/H16用。

それに対してヴィッツはHB4なので付ける事が出来ませんでした。

フォグを黄色にする気持ちが抑え切れずにハロゲンのバルブを買おうと思ったが、

コレがまた意外に良い値段がしてIPFのイエローバルブは4,000円弱もしやがる。

今時、ハロゲンのバルブに4,000円弱も出費するのは癪に障るが、

ブランド品のLEDバルブは10,000円を超えるのでそこまでヴィッツに投資する気は無かった。

色々と悩んだ挙句にネットを徘徊していると、

某大国製のLEDバルブの性能がそこそこになってきた事が分かり、

しかも、値段はIPFのハロゲンイエローバルブとそんなに買わなかったので、

失敗だったとしても後悔は無いと思い導入した次第である。

そして、フォグをLED化するならヘッドライトもLED化したくなって、

同時にH4の某大国製LEDバルブを買った次第である。




ヘッドライト用に購入したH4のLEDバルブと同じお店『Autofeeljp(商標登録済み)』の、

『車用LEDヘッドライトバルブ 6th』 っと云う商品である。

9005/HB3と9006/HB4の汎用タイプである。



今回も箱は普通に立派な感じなので、中身も期待したいところである。



内容物はこんな感じ。

LEDバルブ本体に取扱説明書。

色温度を変更する為のシールに、Oリング。

このOリングを換える事により、HB3とHB4と両方のバルブ形状に対応できる。



バルブに貼る色温度のシールは4種類。

何も貼らない状態が6,500Kで、

濃い黄色を貼ると3,000K、薄い黄色を貼ると4,300K。

濃い青色を貼ると10,000Kで薄い青色を貼ると8,000Kとなる。

私はフォグは黄色が基本を信念としているので、

迷わず一番濃い黄色の3,000Kにする予定である。



取説は英語で内容がさっぱりであるが、

絵から醸し出す雰囲気と経験値で何とかなるレベルの作業である。



バルブ自体の造りはまずまずかな。

この赤茶色のOリングはHB3用で小さいので、

一回り太い黒色のOリングに変更して取付けをします。

ヴィッツにもとうとうイエローフォグが投入されるかと思うと、

物凄く楽しみである。

平日だけど、明日にでも取り付けようかなぁ~♪
Posted at 2017/06/04 03:16:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 弄り系 | 日記
2017年05月22日 イイね!

某大国製のヘッドライト用LEDバルブに手を出してみるの巻。

某大国製のヘッドライト用LEDバルブに手を出してみるの巻。とうとう某大国製に手を出してみる。



>最低限は使えるレベルであって欲しいんだけどなぁ。





今までこの手の物は信頼の日本製を使用してきたが、

とうとう某大国製の物に手を出してみる事にした。

ヴィッツ用としてLEDヘッドライトバルブを購入した訳であります。

ヴィッツもヘッドライトやフォグライトをLEDにしたい気持ちはあったが、

このはいつかは乗り換える足車であり、

国産LEDヘッドライトやフォグライトバルブは値段が1万円強もするので、

そこまで投資する気にはならず、ずっとハロゲンを愛用してきた次第である。

試しに某大国製のLEDバルブの事をネットを調べると悪い評価も多いが、

日本製と比べるとイマイチだが使う分には問題なしと云う評価もちらほら見かけたので、

色々と考えた挙句に値段が安いので失敗しても金銭的損失は少ない事に加え、

HIDと比べるとシステムが単純で取付けの労力が少ないので、

失敗した場合の現状復帰も比較的に気分は楽と云う判断で購入に踏み切りました。



購入先はアマゾンで、選定基準は3,000円程度の物で評価がまずまずとして探すと、

販売がAutofeeljp(商標登録済み)と云うショップで、

発送がアマゾンの『車用LEDヘッドライトバルブ S7』と云う商品を発見。

値段は2,855円と予算以内だったので即ショッピングカートにイン。

届いた商品のパッケージはこんな感じで、

まぁ、普通に立派でそれっぽい風貌である。



大きく目立つ場所に『MAED IN CHINA』とシールが貼られている事に、

或る種の潔さすら感じてしまう商品。



中身はこんな感じでH4のLEDバルブ本体が2個と取扱説明書。



肝心のLEDは片面に6個ずつ配置。

LEDの下側に傘がある方がハイビーム用のLEDと思われる。



台座の部分がLED本体を捻ると取り外しできる構造で、

この部品を先ずはヘッドライト本体に装着して、

LED本体を捻じ込む構造の様である。



HIDみたいにリレーハーネスも必要ないので取付けは簡単そう♪

早速、取り付けたいのだが…。

同じタイミングで購入したもう一つの物が未だ届かないんだよね。

一緒に作業をしたいので、そのもう一つの物が届くまで待つしかない。

あぁ、待ち遠しいなぁっと久し振りに思うシチュエーションである。



アマゾンで商品をカートに入れて、

H4のLEDバルブだけでお会計を済まそうかと思ったのですが、

この商品が掲載されているページを良く見てみると、

『この商品の特別キャンペーン』と記載されており、

Autofeeljp(商標登録済み)から対象商品を2個以上購入すると、

それぞれ10%割引になるとの事であったので、

折角ならと思いヴィッツのフォグライト用LEDバルブ(HB4)も買う事にした。

Autofeeljp(商標登録済み)での同時購入で割引きとなる商品の中から、

『車用LEDヘッドライトバルブ 6th 9005/HB3 9006/HB4 汎用』を選択。

このLEDバルブはイエローに光らす事が可能であったので、

少し予算オーバーの3,636円であったが、購入する事にした次第である。

このLEDバルブには5種類のフィルムが付属しており、

そのフィルムを貼る事により色温度を変える事が可能でな事が気に入った。

やっぱり、私にとってフォグがイエローで光る事が重要だからね。

そんな訳で合計で6,491円の1割引きで5,842円のお買い物となりました。

後は明るさやカットラインが最低限の満足度を満たすかだけが問題である。

兎に角、どっちに転ぼうが取付けが楽しみであるが謎が…。

同じ注文で頼んだH4とHB4のバルブであるが、何故か発送は別々。

5月22日の午前01時頃に注文してH4のバルブは同じ日の15時には届いたのだが、

HB4のバルブはお届け予定日が明日(23日)となっている。

配送状況を確認すると、

H4のバルブは配送センターから岐阜関市の配送拠点に送られたのだが、

HB4のバルブは配送センターから千葉家市川市の配送拠点に送られているので、

商品が保管されているセンターが違ったのでしょう。

そして、自宅から近い場所に保管されていたH4のバルブが、

あっと云う間に自宅へ届いたと云う事なのでしょう。
Posted at 2017/06/04 03:00:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 弄り系 | 日記
2017年04月27日 イイね!

平日、定時ダッシュでヴィッツ弄りに勤しむの巻。

平日、定時ダッシュでヴィッツ弄りに勤しむの巻。一番メインのフォグライトLED化は…。



>断念。





今週は既に長期連休突入モード。

全く持って仕事はやる気なし。

そんな訳で定時ダッシュで退社して車弄り。

本日のメニューはヴィッツのフォグライトLED化。



これは当逃げされたサンバー使っていたPIAAのLEDフォグライトである。

助手席側のバルブは当てられた衝撃で取付けのツメが1ヶ所破損してしまった。

なので、新品でフィリップスのLEDフォグを購入したのだが、

このPIAAのLEDフォグライトはまだまだ使えそうであり、

これは捨てるのはもったいないと思いヴィッツに装着する事にした。



フォグライトは一緒だろと思い込んで作業を開始したのだが…。

サンバーで使っていたLEDフォグはH8/H11/H16用であり、

ヴィッツのフォグライトはHB4であった。

今時の車はどれも一緒だろと思い込んでいた事が最大の失敗。

そもそもヴィッツは10年以上前の車ですしね…。

折角、フォグライトのバルブを取外したのでこのままでは癪に障ると思い、

ハロゲンでも良いからイエローのバルブをぶち込もうと近くのイエローハットに行ってみたが、

到着した時には既に閉店時間を過ぎており、買う事が出来ず。

さて、まだ営業しているお店はどこだと時計を見ると19時45分であった。

DCMカーマ21豊田店なら20時まで営業しているので急行しましたが、

HB4でしかもイエローと云うこのご時世ではマニアックな物は売っておらず、

結局、アンダーカバーだけ水洗いしてフォグライトLED化作業は失敗と云う事で断念。

このLEDフォグは某Yオク行きの予感が満載である。



本日はヴィッツのセンターコンソールも交換する為に取外し。



交換後はこんな感じ。

まぁ、交換する必要があったのかと云われると疑問であるが、

気分転換と云う意味合いが大きい。

強いて云うなら、このセンターコンソールを購入した大きな理由は、

カップホルダーイルミネーションマルチカラータイプ付きであったからである。

ist用のセンターコンソールはヴィッツと比較すると少し小振りなんですね。

シートとセンターコンソールの隙間が大きくなったから掃除がし易そうである。

今度、既に入手済みであるコンソールボックスを取付けなくてはなりません。

コンソールボックスに穴開けが必要だったので、本日は時間的に断念した次第である。



更にノースモーカーズボックスも入手したので装着。

ヴィッツはカード入れが付いているタイプもあるが、今回は無いタイプをチョイス。

カード入れが付いているタイプはレーダー探知機のリモコン等の大物が入れれないので、

このカード入れが無いタイプのノースモーカーズボックスをずっと探していた次第である。



色々と作業をした本日の走行距離は187,857㎞でした。

今回の作業でヴィッツで欲しい物は殆ど手に入れたなぁって思える様になった。

残りの欲しい物と云えばヴィッツ純正のアーシングキットとグローブボックス照明かな。

まぁ、一緒に解体されて中古部品市場には出回らない物と思われるから、

手に入れる事は絶望的と諦めモードですが、

一応は気長に某Yオクで探しております(笑)。
Posted at 2017/04/28 02:12:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 弄り系 | 日記

プロフィール

X81系のマーク2/チェイサー/クレスタが大好きです。 壱號機(JZX81)が完全復活したと思いきや、リアメンバーが玉砕。次々とJZX81を入手して、トー...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

54歳、めざせ日本一周(自転車) 
カテゴリ:旅
2014/06/09 00:01:25
 
Times(タイムズ) 
カテゴリ:club81.net系
2009/01/20 22:45:55
 
Vroom 
カテゴリ:ち~む じゃりんこ専用
2006/06/11 23:12:35
 

お友達

意外にも人見知りっ子なので、いきなりのお友達宣言は困ります。

緩い関係を重要視しておますが、親しき仲にも礼儀ありと云う言葉も重要だと信じてます。要するに、必要以上の気遣いは不要だが、最低限の空気は察して頂きたいと云う事です。

或る程度コメント等のやり取り後にお友達登録できたら幸いです。
51 人のお友達がいます
和81@二代目銀二郎和81@二代目銀二郎 * くづくづ *
北国の81乗り北国の81乗り * ハマタクハマタク *
子ゴン太子ゴン太 pochiponpochipon

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

スバル サンバー スバル サンバー
サンバーのラストオーダーが近づき始めた2011年09月初旬、 某408が最後のチャンスだ ...
トヨタ マークX GRMN (トヨタ マークX)
2015年03月01日、抽選の申し込みをしてきました。 くじ運が悪いのでどうせ当たらな ...
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
デュエットはホットハッチだと思います。そう思って心底欲しかったのですが、後期の1.3Lの ...
トヨタ デュエット トヨタ デュエット
暫くお世話になりそうなので、ハイドラ用に登録。 前期の1,300㏄の全グレードはハイオ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.