車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月19日 イイね!
まずは、異音のない世界の幸せ。

去年の11月から本日まで車に乗る度に聞こえてくる異音に
悩まされてきましたが、やっと本日普通に戻りました。


987系でなかなかここまで・・・
というケースだと思いますので、なにかの参考になれば。(一部以前のブログと重複してます)



去年の10月までは街乗り、サーキットで使用している中で
走行距離も6万キロを超えホントに壊れない、いい車だと思っていました。


それが・・・


去年の10/9に長野へのドライブの帰り道
クーラントのチェックランプがつきウォータポンプ類を交換しました。

987では走行距離4万キロくらいからウォータポンプ不良で交換になる
個体もあるみたいなので、もったほうだと思います。


そして運命の11月6日ケイマンカップ

いつものアイドラーズのレースと違いポルシェディという毎年年に1回ある
イベントの中にアイドラーズのレースも組み込まれています。

なので、たくさんのポルシェと人が集まります。

そんな日の当日朝から予兆は始まります。

朝、家を出るときにエンジンを掛けるとタイヤチェッカーが鳴り響き、
確認をすると左リアタイヤ1本だけエアが抜けています・・・

パンク??

自宅近くのガソリンスタンドでエアーを補充して、
サーキットに行く道中でエアが減ってくようなら、サーキット走行は無理なので
茂木に向かうのはあきらめようと思っていました。

しかし、

エアーは減ることなくモテギに到着し、
ピットに車を止めて予選が始まるまでの約4時間車を止めっぱなしにしてましたが、
走行前のエアーチェックでも空気圧は減っておらずそのまま予選を走ります。

そんな中でモテギ走行初めてのタイムアタックは

25秒3のタイム。

ケイマンカップ、ボクスターカップ、ノーマルカップの混走ですが、

他車がピットロードの速度違反などのペナルティもあり
予選総合4位、クラス1位でセカンドローを獲得。

そして、決勝。

走行前のタイヤチェックでもやはり空気圧は減っていません。
そしてコースインする前のピットロード待機で急に左足脹脛が強烈に攣りだします。

なんとか運転席で足を伸ばしたり色々とやりますが一向に治りません。

そんな中でピットロード先頭にあるシグナルが赤から青にかわり
グリッド順にコースイン。

1周まわって、グリッド整列
足の攣りは治らない・・・
というか、右足までおかしくなってくる。

そして、決勝スタート。

そんな中でアクセル、ブレーキ、クラッチを忙しく踏んだり、離したりする。
ブレーキもしっかり踏み切れず、クラッチをつなぐのもおかしなタイミング・・

車内のラップカウンターを見ると、
タイム的には予選タイムと比べてそんなに遅くないタイムで走れている。

レースに集中して運転すると足が攣ってる感覚は消えているのだが、
時折足に激痛がはしる。

そして、
1周目のバックストレートエンドで2速に減速時に
しっかりブレーキが踏み込めずにレブらせる。

が、

車はなんの違和感もなく1週走りきっての次周の1コーナー進入。

5速から3速に落としたところでアクセルが抜け、どのギアに入れても前に進まない・・
1コーナーを曲がり切ったイン側のコース脇に車を止めてレースが終わりました。

車を止めてガードレールの外側に避難したいのですが、
車から降りると足が痛くて歩けません。。
なんとか足を引きずりながらガードレール外に避難しました。

車はクラッチが逝っていました。
当然自走できずにローダーで車屋に運んでもらいました。

ここで、自問。

決勝走行の直前で足が攣ったことで、
決勝の走行を辞退するという判断が自分にできたのか?

結果的にパンクしていた左リアタイヤ。
朝のタイヤエアー抜け、決勝直前に足が攣ったことは、決勝を走るなという啓示?

足は痛い。で、記念すべきケイマンカップ第一戦だということで、
アタックしたことがないモテギでぶっつけ本番のレースに直前で申し込み
アイドラーズレースの中でも一番人が集まるポルシェディのイベントの中、
ケイマン、ボクスター、ノーマルカップの混走でセカンドローからの決勝スタート。

なのに足が攣ったから辞退するという判断ができるのか

私にはできませんでした。
結果、車を壊しました。


クラッチをあけるとバラバラで
OEM品でクラッチとフライホイールを交換しました。
交換が終わったと連絡を受け車を引き取りに。


ここから新たな異音問題が始まります。


車屋からの帰り道。

今まで聞き覚えのない音が。
アクセルを踏むと擦れるような音がします。
アクセルを離せば音はしません。クラッチの焼けるような臭いも残ってました。

すぐに車屋に電話。

様子を見るように言われる。
何回かドライブにでかけるも音がやむことはなく、
車屋に行き助手席に乗ってもらって音を確認してもらい、
リフトで車を上げても確認。

後ろの方から音がする、でマフラーのタイコを叩くとグラスウールが
入ってないスカスカの音が。。

マフラーでしょうということで、マフラーを交換。
直らず。

クラッチをOEM品で交換したので、純正で組みなおしてみるということに。
直らず。

症状はギアを入れてアクセルを踏むと音がする。

・エンジン始動して走り始めは音がしない。
・エンジンが温まってくると音がなりだす。
・低速ギアほど引っ張ってアクセルを開けると大きく音が聞こえる。
・アクセル戻すと音はしない。ニュートラでも音はしない。

そんな中で、FSWの7時間耐久レース。

知り合いの他のポルシェ屋さんにも乗ってもらい音を確認してもらいましたが、
気になる音ではないとのこと。

7時間耐久を練習と決勝で100分程走行。

約10か月前に走ったタイムより平均2秒落ちのタイム・・・
特に音の変化なし。

その後街乗り、筑波サーキットの走行でエンジンが温まるのを待たず、
アクセル踏めば何速でも最初から音がするようになる。

そして、少しずつ音が大きくなってきてるのかなと思って迎えた

3月のアイドラーズ戦筑波走行後であきらかに音が大きくなる。


ここに至るまでに、何回かこの音について車屋に相談をしました。


ミッションをバラしたトコで原因が特定できない可能性がある。
ベアリング類を交換しても音が直らないかもしれない。

脱着、分解で工賃もかかる。
壊れるまで乗ってても状況はかわらないのではと言われる。

走行時は常に音を気にして走ってましたが、
3月のアイドラーズ走行後、かなり気になるようになったので、

腹をくくり、ミッションを開けてもらい原因が特定できなくても
カウンターベアリング等を交換してまず中を見てもらおうとオーバーホールに出しました。

ミッションをバラした結果。




ピニオンが押されてリンクギアが欠けたのだろうと説明を受ける。

リンクギアが受け側のギアにあたり音がして、欠けがひどくなり音が拡大。
ギアの鉄粉がベアリングに広がったと。

鉄粉がミッション内でまわっていて部品交換、オーバーホールでは直せない。

ミッション交換に・・・

お店でリビルト品をあたってもらい67万円(987用5MT)

自分で中古を探したら走行距離98000キロを走った同じ型のミッションを発見。
3か月の保証付きで25万円。

その差40万円。

中古品は距離が約10万キロ走行している。
オイル管理やどういう乗り方かわからない。

もし中古を入れて壊れて新たに中古を探してもその時点で
中古ミッションがないかもしれないし、
その中古の程度や価格もわからない。

でも40万の差額なら同じような価格で中古があれば作業工賃を含めても
もう一回交換できるぐらいの差額だなぁとも思いました。。

中古?リビルト?

リビルト品は中は新品。
今後もサーキットを走る。
街乗り、サーキット走行兼用として、これからも長く乗っていく。

リビルト品を選択しました。。

思うことは、
昨年11月にクラッチを交換してから音はしていました。

なんとかミッション本体の交換ではなく、
オーバーホールと部品交換で対応できるタイミングはなかったのか。

工賃でお金をかけてミッションをバラシても、
原因がわからない可能性がある・・・


11月にモテギで車を止めた時から、
ミッションの交換は決まっていたんですね・・・


色々と消耗品や修理にお金がかかってるので、
車買い替えの選択もあるのかなと思いました。

987から買い換えるなら981のPDK。
乗り換えるだけで、素でもSでも間違いなく今より速いタイムで走れる。

しかし、

買い換えでお金がかかり、
サーキット走行仕様にするのにお金がかかり、
タイヤ、ブレーキといった消耗品も今より単価が上がってお金がかかり

維持費も高くなる。

何より2.7から3.4の選択をしたくなる。

そうすると、車でサーキットを走るキッカケとなり、
毎年参加してきたFSW7時間耐久レースに今までの仲間と参加できなくなる。

どちらにせよ今の車を直していく方が買い替えよりお金もかからず、
(他の色々なトコロが消耗して交換する、壊れる部品がでてくるかもしれませんが・・)
今まで通り耐久レースにも参加できる。

愛着もあるし・・・

だから、
サーキット走行が前提ならこの車を長く乗ろうという選択です。

そもそもミッションを何とかしないと売ることもできません。><


昨年10月からの交換部品・・・

28年10月
・ウォータポンプ
・サーモスタット
・デフレクションションローラー

28年11月

・クラッチ、クラッチカバー
・フライホイール
・レリーズベアリング
・リアタイヤ1本 (パンク)
・リアブレーキパッド

28年12月28日
・マフラ-

STROSEK(生産中止のため)からアーキュレーへ交換。

29年2月18日
・フロントローター
・フロントブレーキパッド
・フロントキャリパーO/H
・フロントタイヤ

29年4月
・リビルトミッション

走行距離からミッションを入れ替える際に各マウント類も交換しました。
・ミッションマウント

・エンジンマウント

エンジンマウントにはゴム部に亀裂が入っていました。
特に体感できる症状はありませんでしたが・・

このタイミングで交換して良かったと思っています。

3月22日に車を預けて、4月26日に車が戻ってきました。
(リビルトミッションはドイツから)

6月11日のアイドラーズ戦まで1か月ちょっと。
新品ミッションなので慣らしが・・・

お店からはレースまでに3000キロ前後は走って、
ミッションオイルの交換をしたほうがいいと言われました。

と、ここまで交換して・・・
3月からなのですが・・・

足回りからもガタガタ、ゴトゴトと異音がしだしました・・・
約3年前に悩まされた音と同じような音が・・・

以前はビルシュタインのフロントショックをオーバーホールして
直りました。

今まで使ってきたビルシュタインの車高調(バネレート6キロ)
フロントO/H後3万キロ走行、リア約7万キロ走行O/Hなし

ミッション慣らしで距離を走らなければいけないのですが、
距離稼ぎで長時間走っていると、足回りからの異音が大きくなってきました。。


もう・・・


足回りの異音はビルシュタインの車高調からだと思うのですが、

オーバーホールするには車高調を外してメーカーにだして戻ってくるまでの
約2週間慣らしで走らなければいけないのに、走れません。

そして、なかなかその期間移動できない車を預かって対応してくれるお店も
ありません。

6月のアイドラーズ戦は3月の第一戦と同様に車高調に関しては
現状で出ようと思っていたのですが・・・

音が大きくなってきたので・・・


お金ないので、安い車高調を入れることにしました。

XYZ-JAPAN(台湾メーカー)

スーパースポーツ 街乗り重視の車高調 
税込み164,700円(V7キャンペーン価格)

バネレート(フロント6キロ、リア9キロ、30段減衰調整)
バネレート的には今つけてるビルシュタインとあまりかわりません。


上部での減衰調整なのでリアトランク内を加工してもらいました。

XYZはピロアッパー付きなので、
今までできなかったキャンパーがつけられます。

キャンバー角 2度 あまりわからないですね。
初めてキャンバーをつけた車に乗ります。
コーナリング性能は若干上がるハズなので、タイムアップにつながればと思います。



これが短期でダメになっても、

外したビルシュタインがあるので、
次回はこれをオーバーホールに出せます。

車高調の交換で去年の11月から始まった2回目の異音問題が全て解決されました。
安物ピロ付き車高調なんで、消耗、劣化の理由でなく異音がしてきそうですが・・・



こう見ると、

足回りは街乗り重視の車高調。(予算の問題で)
マフラーは車検対応の一番安いの。(予算の問題で(笑)
ブレーキパットがフェロードのDS2500

あとは全てノーマル。

すごくお金をかけてる感覚なのですが、

そのほとんどが消耗品と壊れた部品交換で、車自体はほぼノーマルなんだなぁと
改めて思いました・・・

いつかはデフをLSDにと思ってたけど金銭的にもう無理かなぁ~


ミッションが直って、
足回りもリフレッシュしての

6/11アイドラーズ第2戦。

どうなるかな??
Posted at 2017/05/23 21:13:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月12日 イイね!


去年ケイマンカップが新設され、今年からシリーズで戦えることになりました。

すごく楽しみにしていた開幕戦です。

が・・・

レース1週間前の日曜日、
車で遊びに行った帰りに、新たなる異音が・・・

車を止めようと減速するとゴトゴトと音が聞こえだします。

約2年半前に原因がわからず半年間悩まされたショックのガス抜けが思い出されました。

次の日曜にはレースなので、
サンライズさんに行って点検してもらいましたが、
音の原因は車高調ではなさそうなので、様子をみようとなりました。

アイドラーズさんのおかげで、
この車でも総合で列の上位でも戦える環境を作っていただきました。

しかし

全体の走行距離とサーキット走行で
車にガタがきていて、この半年間でのまとまった修理は…

なのに、

ミッションの異音問題がまだ未解決で

更に、

また足回りからの異音問題が追加されました。

今の状況では車本来の性能が発揮されないし、
逆に劣化していてサーキット走行のタイムも更新とか難しいのかなと…


車をベストな状態で戦いたいのですが、
なかなかに厳しい状況で、ちょっとブルーになりました。

ですが、楽しみにしていた開幕戦。
現状でベストを尽くします。

そして、今回のケイマンカップの
参加車両は・・・

私だけでした。(-ω-;A


クラス的にはボクスターカップとの混走になるので、今回参加のライバルとしては

987ボクスター2.7 
987ボクスター3.2 2005年式
986ボクスター3.2 × 3台

あたりになり、
他の車両は2.5~2.7ℓの986ボクスターになります。

レギュレーションでは足回り以外は、吸気系の改造も不可のノーマルしばりなので、
頑張れば総合でも上位に食い込めるのではないかと期待しての予選。

今回は新品のフロントタイヤとブレーキパッドもあり

タイムは8秒94


新たな異音の発生や車の劣化等でどこまでいけるのかとネガティヴになってましたが、
自己のベストタイムをちょっと更新



今までこの車でレースに参加してきて、各クラスの混走で列の真ん中以降からの
スタートが多かった中で、セカンドロー4番手からのスタートです。

今までETCCなど、この車のベストに近いタイムで走れても
勝ち負けできない悔しさを経験しましたが、

アイドラーズさんのおかげで、
総合でも上位でレースが戦えるカテゴリでレースを楽しむことができました。


決勝は前3台が3リッターオーバーの
ボクスターなので、2.7リッターの私はついていくことができません。
決勝はずっと単独走行なので、動画はスタートから前3台が離れていく2週目までです。ww

決勝 総合4位 / クラス1位





サーキットを走ってることで車に負担をかけて、
たぶん街乗りだけでは壊れなかった、ミッション、クラッチを以前壊しました。

車も結構ガタがきていて色々な葛藤がある中で、サーキット走行を楽しんでいます。
直前の日曜に新たな問題も抱えて、車屋さんに相談して場合によっては参加の辞退も
考えました。そんな中での、今回の結果は、

色々と大変なこともあるけど、
好きなレースを続けてきてよかったんだと思える1日となりました。


一人シャンパンファイト・・・ww(笑)


今年はケイマンカップ全てでます。(車が壊れなければ・・)
次戦は6月!



今回のレースは8つのクラスに分けての走行でしたが、午後の決勝走行になって
赤旗でレース中断になるクラスがたくさんありました。

そういうことも含めてレースであると思いますが・・・

難しいことだと思いますが、
直接的なドライビングが原因ではない、
オイルを吹いたまま走る車の問題とか
走行場所によるフラッグの認識とか
そういうことが原因での事故はどうすればなくなるんだろうと考えずには
いられませんでした。。



当日絡んでいただいた皆様ありがとうございました。


Posted at 2017/03/13 13:03:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月01日 イイね!
2/26東北自動車道-常磐自動車道間が
圏央道でつながったので走ってきました。


これで、常磐道上り三郷付近からの渋滞回避や
埼玉方面からの茨城、成田方面へのアクセスが
だいぶ便利になりました。


今回開通した境古河-つくば中央間は基本
片側1車線で所々に2車線になる区間がありますが、
距離が短く、車が多いとあまり快適な追い越しは
できません。


東北道-常磐道区間のサービスエリアはありません。
ホームページ上は坂東PAと記載がありますが、
まだ完成してなく、利用できません。

これで、常磐道-圏央道をつかって
たぶん、渋滞のないお散歩が気軽にできそうです。^^

Posted at 2017/03/01 22:26:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月16日 イイね!
先週の筑波走行会でフロントのブレーキパッドとローターが
いってしまったわけですが・・・

それだけではなかった。。

最近多いこのパターン・・・

走行前にサンライズのメカさんにブレーキパッドを見てもらい
今回くらいはもちそうと言ってもらえたので、

これで安心してしまい、
一本目の走行が終わった時にチェックをしませんでした。

結果的にブレーキパッドの残りが少なくなると減りが早いのか
ブレーキパッドとローターまでやってしまったのですが、、、

サンライズさんに車を預けてみてもらったら、

ブレーキパッドだけでなくブレーキパッドの磨材は無くなり、パッドそのものが熱で変形し、
キャリパーのダストブーツやシールが溶けてしまっている状況だと、
更に
シムも変形して千切れているという・・・

その状態写真をサンライズさんから送っていただきました。





そして、このダストブーツ、シール、シムは
キャリパーASSYでの交換になり、純正部品で単品としての供給がないという・・・

そんな中、今回はサンライズさんにご尽力いただきキャリパーASSYでなく単品部品で
ご用意していただきました。本当に助かりました。


あきらかにサーキット走行がヤバいという状態ではなかったのに、
ブレーキパッドの減りが後半早かったとしてもそんなトコまでいっちゃうの??

サーキット走行もこの車で累計約30時間くらい走っているので、
キャリパー部分も消耗、劣化があってオーバーホールの時期にきていた
のでしょうね。

それなりにサーキット走行をしてきたつもりのワタクシですが、いまだに認識が甘いようです。。
Posted at 2017/02/17 11:23:03 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!
筑波サーキット
筑波は去年初めて走行して今回で4回目の走行です。

3月にアイドラーズ戦があるので、その練習で今回参加させていただきました。

サーキットはETCC、アイドラーズと走ってきましたが、
CCJの皆さんと走る機会がなかったので、今回は楽しみにしてました。

こんなに981系に囲まれてサーキットを走るのは初めてです^^
が、987の素では荷が重かったようです。。

1回目の走行。

2回目の走行。


走行後ピットに戻ったら前からガリガリと異音が。
確認したらフロントのブレーキパッドが・・・
この走行会が終わったら交換予定でしたがもちませんでした。。

更に、タイヤも半分がキレイにつるつるです。

帰りはブレーキを踏まずにエンジンブレーキとサイドブレーキで帰宅しました・・・
早速明日はサンライズさんです。ww

本日は楽しい時間をありがとうございました。
主催のサンライズさん、絡んでいただいた、みん友さんありがとうございました。
Posted at 2017/02/11 18:43:35 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@ベンプリ僕
補修できる範囲で良かったですね(^-^)」
何シテル?   11/09 16:50
以前にレーシングカートで草レースに参戦していたことがキッカケで、 FSWで毎年1月に開催されてる7時間耐久レースに お店のシトロエンで参加させてもらいました...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
FSW-R第15round 「ユラユラ、クルクル、ヒラヒラ」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/29 11:24:36
3/12アイドラーズ開幕戦 in 筑波 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/13 15:23:03
【2017 準備完了】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/08 21:45:04
ファン
20 人のファンがいます
愛車一覧
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
シュトロゼックの外見フル装備車 ・フロントスポイラー ・フロントセンタースポイラー ・サ ...
メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
LORINSER
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.