• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

法被ねずみのブログ一覧

2017年11月23日 イイね!

法被、レンタカーを借りる。【その5】

法被、レンタカーを借りる。【その5】 5年前に最初のセカンドカーとしてホンダZ(PA1)を購入し、8カ月間だけ所有していた法被です。

10月からニッポンレンタカーで新型ホンダN-BOX体感キャンペーンが実施されていて、試乗を兼ねて新型N-BOXを先日借りてみました。




ホンダN-BOX G-L HondaSENSING(4WD)

今年フルモデルチェンジされた2代目N-BOX(JF3/4)。
個体は今年9月に登録され、走行距離6,000km台。
メーカーHPで調べたところ、リア左側パワースライドドアやリアドアのロールサンシェードが装備され、サイド&カーテンエアバッグなどが非装着であることからG-Lと推察されます。


今までデイズや姉の愛車ムーヴといった軽トールワゴン、あるいはZやテリオスキッドといった軽SUVには乗ったことがあるけれど、この手の超トールワゴンに乗るのは初めて。


見た目通り、やっぱり室内高は余裕たっぷりですね!
まぁ個人的には所有するならここまで天井が高い必要もないのですが…(汗)


コンパクトカーに劣らない内装の作り。
個体にはカロッツェリアのナビが装着されています。


インパネ上部に配置されたメーターは運転席側に配置されていて、運転中の視線移動が楽でした(個人的にセンターメーターはどうも苦手…)。

以前所有していたZでも感じていましたが、小物入れの収納スペースがとても多くて便利なのはホンダ車の良い所ではないでしょうか。
とくにフロントドア下のペットボトルホルダーは、デイズだと外側に膨らんでいる形状なので乗り降りの際に足のつま先が当たってしまうのが、N-BOXでは内側に凹ませた形状故つま先に当たることなく、乗り降りしやすかったです。


ここ数日の大雪で路面状況が良くなかったこともあり、今回は無理のない範囲で遠出してみることにしました。
普段乗っているデイズとの比較も織り交ぜながらのド素人インプレッションを…。

エンジンは直列3気筒・S07B型のNAで、買い物や通勤などの日常で移動する分には十分なトルクやレスポンスですし、3,000回転を超えると急激にうるさくなるデイズより音量が抑えられているように感じました。

街中だけでなく高速道路も走ってみたところ、NAながらパワー不足という感じがせず走行車線の流れについていけたり追い越しもこなしてくれますし、上り勾配で僅かに失速してもECONモードを解除してアクセルを軽く踏んでやるだけで回復します。
ただし、これは1名乗車の場合なので定員乗車や荷物を載せた場合ではパワーが欲しいと思うケースが出てくるかも。高速や坂道での余裕を求めるならターボを選んでおくといいでしょうね。

↑某サービスエリアでの一コマ

ボディや足回りはしっかりしているのに、硬くもなく柔らかくもなく丁度いい乗り心地。パワステの感触も適度に重めで落ち着いています。
エンジン音は静かな部類である一方、高速での風切り音や雪解け路面の『跳ね上げ』による盛大なロードノイズが気になりました。

気になるといえば、シートの造りが今一つなのか2時間近く運転していると腰が少し痛くなってしまいました(>_<)
私と同じ腰痛持ちの方は対策グッズを用意するといいかも。
シートに関しては普段乗っているデイズの造りが優秀です。


返却時にガソリンを満タン給油し、車両引渡しから返却前のガソリン満タン給油までの走行距離は230.0km(うち高速道路160km程)、給油量が17.29L。
したがって今回の燃費は13.3km/Lとなりました。雪道という悪条件も影響したのか思ったより伸びなかったかな?
※カタログ燃費(JC08モード)は25.4km/L


先代の大ヒットで人気となったN-BOX。
少々気になるところはあるけれど全車にHondaSENSINGやLEDヘッドライトが標準装備で、造りや使い勝手はこだわっていますし走りも日常から高速までこなせて、軽自動車のレベルをさらにアップさせた気がします。

フォトアルバムに画像をたっぷり保存したので、お時間ありましたらこちらも御覧くださいませ♪


フォトアルバム
ホンダN-BOX試乗記

 【あくまで個人の感想であり、当該車種及びオーナー様を批判したり貶すものではありません】
Posted at 2017/11/23 06:16:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | いろんなクルマ・ホンダ編 | クルマ
2017年11月15日 イイね!

法被の東京放浪記with JPN TAXI&メルセデス。

法被の東京放浪記with JPN TAXI&メルセデス。先日、半年ぶりに東京へ行ってきた法被です。

今回一番の目的は東京モーターショーですが、可能な範囲で色々と出掛けていました。


東京に到着した1日目は私の恒例となっているアイアイアドカンパニーへ訪問し、特価品の絶版ミニカーをゲットしてきました♪
ゲットしたミニカーについては日を改めて御紹介予定…。

その後、NISSAN CROSSINGへ。
1階には今年の東京モーターショーのコンセプトカー・NISSAN IMxの実物大模型が展示されていました。



とはいえ、これはまだ制作途中。
左右に置かれた2台のロボットが制作し、話によるとモーターショー最終日の11月5日に完成するとのことでした。


2日目は朝から東京モーターショーへ。
詳しくはこちらのブログを御覧ください!


3日目はクルマカタログを扱っているブックガレージがある中野へ。
駅を出たところでJPN TAXIに遭遇!!

前日のモーターショーでは人だかりが多くて間近でじっくり見れなかったんですよね…(汗)
いやいや、思わぬ所で遭遇しました。

そういえば当地でも一部のタクシー会社が導入したそうなので、チャンスがあれば一度乗ってみたいものです。
このJPN TAXIも東京五輪が開催される3年後にはクラウンセダンやコンフォート並に増殖しているんだろうな…。


最終日は午前中、新宿へ行く用事がありました。

12年ぶりの新宿…当時のブログを見ると富士重工業本社(スバルビル)へ行ってましたね。
SUBARU本社は現在恵比寿に移転していますが、旧スバルビルには今でもSUBARUの大きい看板が残っています。

新宿での用事を済ませ、羽田空港に到着。
フライトまでたっぷり時間があったので第2ターミナルにあるメルセデス・ベンツのショールームへ…。



流石にディーラーだと敷居が高いので躊躇するけど、空港というスポットならフラッと寄れるのが良いですね。
ここのスタッフの方にモーターショーのメルセデスブースの感想を伝えると喜んでくれましたヨ(^^)


天気にも恵まれて色々と充実した4日間でした♪
Posted at 2017/11/15 02:50:20 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ雑感 | クルマ
2017年11月08日 イイね!

東京モーターショー2017へ行く。

東京モーターショー2017へ行く。物心ついた時からクルマ好きの法被です。


一週間前、東京へ遊びに行ってきました。
四日間とも天気に恵まれ、日中は20度以上と温かくて上着を羽織る必要がないくらいでしたね(^^)




今回一番のお目当ては東京モーターショー2017です。

私が行ったのは平日で、東京ビッグサイトに到着したのが10時の開場前。
まだそれほど人が集まっていないなと思っていたら、いつの間にかどんどん人が増えてきていました。

いよいよ会場となり、ビッグサイト内へ!

10時の開場から気が付くと18時半までここにいて、外はすっかり暗くなっていましたねぇ(笑)

こんなに長くいたのにもかかわらず、結局各ブースで目玉となるコンセプトカーや市販予定車をチェックする感じになってしまいました。


さて今回は海外メーカーも含めて電気自動車や自動運転といった技術を投入したコンセプトカーが目立ったような気がします。
これも一つの時代の流れなのでしょうか?



もう一つ気付いたのは、市販予定も含めてセダン系の展示が意外にあったこと。
市販予定車は偶然フルモデルチェンジの時期と重なったのもあるでしょうけど、軽自動車やSUV、ミニバンに押され気味で今一つ影が薄い存在だったセダンでもまだまだ話題性や魅力があるクルマが登場しそうな気がしました。


個人的に面白いクルマだと思ったのはヤマハ発動機のコンセプトカー『CROSS HUB CONCEPT』です。

前回然り、ヤマハのコンセプトカーはデザインが秀逸で惹き付けるものがあります。ピックアップSUVで後ろにバイクを積載可能にする辺り、流石はバイクメーカーと感心しました。



日産ブースのカフェで一休みしている時に撮った会場内のカット。
キーを持って行くと利用出来る日産車オーナー限定のエリアで、事前にフーガのキーを持って行った私は利用できました♪


前述したように全てのブースやクルマを見ることは出来ませんでしたが、私が興味を持ったクルマをフォトアルバムにアップしましたので、お時間がありましたら御覧くださいませ。
モーターショーへ行った方は余韻を思い出していただき、行くことが出来なかった方は少しでも雰囲気を味わっていただけると幸いです。


■フォトアルバムはこちら
Posted at 2017/11/08 07:57:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 東京モーターショー | クルマ
2017年10月21日 イイね!

ありがとう、ラウム!

ありがとう、ラウム!今頃になってようやく10月最初のブログを書いている法被です。

愛車の整備手帳などはマメに書いていたものの、親父が亡くなってからこのところほぼ毎週実家へ帰っていたり、今月に入ってから仕事が突然(?)忙しくなるなどでブログを書く時間がありませんでした。
みんカラ内でトラブルに遭ったのが原因だとか、みんカラが嫌になって更新を休止してた訳じゃありません。


オーナーである親父が8月に亡くなり、他に乗る人もいないラウム。
実家には姉のムーヴが既にありますし私自身もフーガとデイズの2台を所有しているので、ラウムを手放すことが早々に決定しました。

個体としては7年前に新車購入し、走行距離は27,000km台と年式の割には少な目です。

…が、納車から3か月後ぐらいに親父が単独事故を起こしてフロント部分を損傷。早くも事故&修復歴有となってしまい、その後もあちこち擦ってはタッチアップペンを使ってのヘタクソ素人補修により『傷だらけのラウム』となってしまいました(汗)


とりあえずはラウムを購入した某ネッツ店に査定してもらったところ、なんと10万円を提示。
確かに修復歴有&傷多数ですから覚悟はしていたけれど…。

それから数日後、姉がラウムで市外のいとこ宅へ行った時の事。
ネッツでの査定額を聞いたいとこの奥さんが『安すぎない?』とのことで知り合いの中古車業者に電話で聞いてもらうと『30万円』との回答。
更に数日後、実家まで来てもらい姉立会いの下で改めてラウムを確認すると30万円+数万円を提示され、その業者に買い取ってもらうことが決まりました!


買い取りが決定してからは、ETCやリモコンエンジンスターターなどを除き車内に付けていた装備品(主に小物類など)を取り外したり、LEDに交換していたルームランプバルブを純正に戻したり…。


その中から、サンバイザーや世界的に有名な某キャラクターのシートクッションを私のデイズに移籍させました(^^)


そして昨日、業者によってラウムは引き取られていきました。
奇しくもこの日は母の命日で、仕事が休みだった姉は立ち合いましたが私は仕事で実家へ帰れず立ち会えなかったのは残念です…。


さて我が家とラウムとの付き合いは長く、振り返ると2004年に前期型ラウムがやって来ました。

ビスタアルデオからの乗り換えで、リアのスライドドアが購入の決め手になったらしく、助手席側Bピラーがないので(ドアにピラーが埋め込まれボディ剛性を確保)前後のドアを開けると後席の乗り降りがしやすく、とくに足が悪かった母には重宝したのではないかと思います。



2010年に後期型、しかも助手席リフトアップシートの福祉車両へ乗り換えました。



後期型へ乗り換えてから母は主に助手席に座ることになりましたが、乗り換えから2年後に母が他界。そして今年、オーナーである親父が他界してしまいました。


私も実家へ帰った時に家族との買い物などでラウムを何度も運転しました。
実用コンパクトカーなので、加速やハンドリングが良いといった『運転していて楽しいクルマ』ではなかったけれど、真面目に作られていてコンパクトなサイズの割に広い室内や使い勝手の良さは日常の足として十分なクルマだったと思います。

前後期合わせて13年もの間、我が家の足として活躍してくれたラウムには感謝の言葉しかありません。


ありがとうラウム!
大事に乗ってくれるオーナーさんに出会えますように…。

Posted at 2017/10/21 06:55:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | 家族のクルマ | クルマ
2017年09月24日 イイね!

BF5レガシィツーリングワゴン&U14ブルーバードのミニカー。

BF5レガシィツーリングワゴン&U14ブルーバードのミニカー。毎度おなじみ、ミニカーコレクター&カーマニアの法被です。


3カ月ほど前、仕事帰りに市内中心部にある某ミニカーショップで見つけた2台を御紹介したいと思います。





LA-X
スバルレガシィ
ツーリングワゴンGT(BF5)
1/43スケール


1989(平成元)年にレオーネの上級車種として登場し、スバルのクルマづくりを変えたといっても過言ではない初代レガシィ。
とくにツーリングワゴンは人気となり、後の『ワゴンブーム』に火をつけた牽引役でした。



LA-XのBF5レガシィワゴンGTは前期型(アプライドモデルA~B型)を再現。
少々武骨なフロントフェイスをはじめ、真横から見ると伸びやかで直線的なフォルムや独特な形状の15インチアルミホイールなどといったディテールの再現性もなかなかです。


このBF5レガシィ、実は何を隠そう私の最初の愛車でした!

後期(アプライドモデルD型)ですが、LA-Xのミニカーと同じインディゴブルーメタリックのGTに2年半ほど乗っていました。
ボクサーターボの速さや運転の楽しさは味わえた反面、初代レガシィ最大の弱点だった燃費の悪さには…(涙)


もう一台のミニカーは…

WIT’S
日産ブルーバードSSS-Z(U14)
1/43スケール

1996(平成8)年にフルモデルチェンジし10代目となったU14型ブルーバードはボディバリエーションがセダンに一本化され、純粋にブルーバードを名乗る最後のモデルとなりました。
当時の捜査用覆面パトカーとしてU14が警察に配備されていたのも懐かしいです。

WIT’SのU14ブルーバードはマイナーチェンジ後の後期型、2L・NEO VVLエンジン&ハイパーCVT-M6を搭載したSSS-Zを再現。

U14ブルーバードが発売された時代は、前述のワゴンブームにより絶好調のレガシィをはじめとするステーションワゴン、パジェロやハイラックスサーフなどのSUV、エスティマやオデッセイなどのミニバンが人気で、ブルーバードに限らず旧来のセダン型車種は人気が低下していきます。

恥ずかしながら、今回のミニカーショップへ行くまでこのU14のミニカーが存在するのを知らなかった自称ミニカーマニアの私(恥)


この年代のクルマも今となっては見掛ける機会が少なくなってきましたねぇ…。

プロフィール

「先週デイズのタイヤ交換を済ませ、今日はフーガのタイヤ交換。
交換が楽なデイズと違ってタイヤ自体大きくて重たいし、ナットが1本だけガッツリ締まっていてなかなか外れず時間が掛かったよぉ(汗)
いやぁ~タイヤだけにI am very tired…(+_+)」
何シテル?   11/17 15:35
ようこそ♪当ページへお越し頂きありがとうございます(^^) みんカラの前身・オートビレッジ時代の2003年末にメンバー登録し、気付いたらおかげさまで10周...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ようやく私も、オーナーとなって丸20年! 
カテゴリ:みんカラ内ブログ
2017/11/15 03:14:53
35年前の想い出 ~そして未来へ~  
カテゴリ:みんカラ内ブログ
2017/03/30 00:00:53
 
乗り換えのキッカケと外野の勝手な意見!?  
カテゴリ:みんカラ内ブログ
2017/03/18 00:28:39
 

お友達

【必ず読むべし】『イイね!』のみ含めて一切コメント交換なしの登録申請、人数稼ぎ目的や趣が異なる方、癖のある方、常識や良識のない方はお断りします。
みんカラ歴十数年で『酸いも甘いも』沢山経験しました。お互いの素性を知る上でも興味のある内容で何回かコメント交換し、気に入ったら是非お声掛けください。
51 人のお友達がいます
コル注コル注 * かえるGOかえるGO *
sengen2_99sengen2_99 * スペリオンスペリオン *
t.yoshit.yoshi * だいりん。だいりん。 *

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フーガ 日産 フーガ
『躍動するラグジュアリー』 当ページのメイン車種です。 レガシィを3台乗り継いた私がレ ...
日産 デイズハイウェイスター 日産 デイズハイウェイスター
『ワンランク上の軽』 前セカンドカー・テリオスキッドの車検を通すつもりが、ファーストカ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
1999年7月に新車で購入。2003年末、私がみんカラデビューを果たす記念すべきクルマで ...
ホンダ Z ホンダ Z
セカンドカー第一号&もう一つのメイン車種でした。 大柄なフーガを日常乗り回すには色々と不 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.