車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月06日 イイね!
2017-1-1 海外出張 戦艦見学私は花粉症ですが、旬の今は海外に逃亡中です。毎年この時期は出張していることが多くラッキーですね。









この度の海外出張は出発からついていない事だらけで参りました。。。
・日本出発便 嵐で3時間遅れ
・上記で乗継便がギリギリになり空港内爆走
・空港内爆走で乗継できたが荷物間に合わず
・ホテルに荷物届けるように手配も、空港職員の手違いで翌日も荷物届かず
・ホテルに荷物発送も運送業者手違いで違う系列ホテルに届けられる
・出張先よりホテルに戻り、ホテルロビーにて荷物届いていることを確認するも(系列ホテルにTEL確認したが)そんな事実はないと言われ完全ロスト。。。
・あきらめて部屋に戻ったら、、、、荷物が置いてある!まったく引き継ぎなどがされていない。やっと洗いたてのパンツを履けた
・やっと荷物が届いた翌日夕方、体調不良。病院にいったらインフルエンザ発症と診断。人生初タミフルを飲む。
・体調は回復するも、当然出社停止となり仕事遅れる
・出社し仕事のキャッチアップするも、うまくいかずにさらに遅れる。。。


ってな感じの最低な状況です。



なので、この週末は気分転換に観光に行ってきました!

ノースカロライナ州 ウイルミントンに静かに眠っている「戦艦 ノースカロライナ」です。
この戦艦は1941-1947年まで任務に就いていた戦艦でダナルカナル戦線や日本本土への艦砲射撃をおこなった、まさに生々しい戦艦です。当然当時にまま保管されているのでいろいろな意味で凄かったです。

○SPEC
排水量@基準:37,200トン 満載:45,500トン
全長@222.11m
全幅@33.03m
吃水@9.64m
機関@バブコック&ウィルコックス式重油専焼水管缶8基 GE式ギヤード・タービン4基4軸推進
最大速度@1941年 : 28ノット  1945年 : 26.8ノット
乗員@士官・兵員:1,880名
兵装@45口径40.6cm砲:9門 38口径12.7cm砲:20門 56口径40mm対空砲:60門 70口径20mm対空砲:36門
※Wikiより

戦艦大和より一回り小さな戦艦ですが、でかいですよ!

では、内容は・・・

スクリューがでかいです。この子が2個ついています!


入館料$14-を支払い、いよいよ搭乗



後ろ側主砲。直径40cm砲です


兵装






船首へ向かって太い鎖が見えます



操舵室


機関室 重油ボイラーと蒸気タービンです
高圧タービン

低圧タービンとギヤBOX

ギヤBOX 70トン弱あるそうです

ギヤBOX内部

計器類



舵の油圧室 写真中心奥がラダーシャフトで左右にコネクティングロッドがあります。巨大です
この部屋は左右に2個あります


修理室 工作機械があります  壊れたものは自分で直すのです



通信室?と水兵船室  過酷でしょうね。。。




いよいよここから主砲下へ潜ります


砲弾格納庫



私の足サイズと比べると大きさがわかると思います。長さは150cm程度でしょうか。


主砲ターレット(回転台)内部  砲弾がスタンバイされています


ここに砲弾と火薬のエレベーターがあり主砲根元に充填されます

火薬庫。ここが火災になったら船が真っ二つでしょうね

金属ケースに保管されています


エレベーターへはこの形で送られます



砲弾と火薬充填量
40cm砲弾は30㎞以上飛ぶそうです。恐ろしい威力


戦闘中はここにいたくありませんね

砲弾充填場所 (主砲の根元内部)

アクリル板でわかりにくいですが、砲弾をSETする穴が見えます

ターレットを回す操作盤

肝心なトリガーは写真を撮り忘れました。。。真鍮でできた、まんま銃のトリガーの形でした。

船内は迷路です。私が水兵だったら絶対に逃げ遅れるでしょう。

これらをわずか3年で建造する当時の製造力は凄いですね!またこれだけの図面を書いた人も居るわけで、、、ちなみにこの図面のブループリントだけで15トンあるそうです。

駆け足で船内を見ても2時間以上かかりました。。。
退艦するころには夕方になっていました。


この日の夕食は韓国料理屋でカルビ定食 旨かったっす!




また来週から仕事を頑張るとします!


Posted at 2017/03/06 02:03:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月18日 イイね!
CLS55 ブーストプレッシャーセンサー交換 など少しずつ日が延びてきたことを感じられる今日この頃です。春が一歩ずつ近づいていますね。

最近は家の内装の補修をおこなっていました。さすがに建築から10年近くなってくるとクロスと屋根の間にわずかな隙間やクロスの汚れが目立ってきます。1部屋ずつ仕上げています。手を掛けると新築同様に綺麗になってくれますね!




○CLS55 ブーストプレッシャーセンサー交換

通称マップセンサーと呼ばれ「Dジェトロ」方式に使われる部品(センサー)です。
Dジェトロは欧州車やホンダ車に使用される方式で吸気抵抗が少ないことが特徴です。(デメリットもありますが)
んで、、、このマップセンサーでもって、あらかじめECUに書き込まれている燃料マップを呼び出しています。肝心要なセンサーです。
その他、吸気温度センサーやO2センサー等で理想空燃比になるように補正をかける訳です。

さすがに12年もたったCLS55もセンサー類が劣化している可能性が高いと思われます。
センサーの断線や完全壊れの場合はメーターにチェックランプが点灯しますが劣化程度では点灯しないことが多いのも事実です。

これまで各センサーの交換や機能確認をおこない対応をおこなってきました。
・吸気温センサー →交換



・O2センサー →問題なし
O2センサー出力グラフ↓


・ブーストプレッシャーセンサー →本日交換



ブーストプレッシャーセンサーは現状、エラーが出ていませんが劣化の可能性があると考え交換しました。 結果、、、効果大ありです!



これまでなぜ真っ先に交換しなかったかと言うと、、、WISによるとスーパーチャージャーを下ろせ!となっているのです!
数年前にも交換へ向けて調査しましたが、機上での交換は困難と判断しました。
しかし、、、本日、工具を作ってスーパーチャージャーを下ろさず交換できました!



ではその様子↓

インマニ、スロットル、小物を取り外します。


奥に見えるのがセンサーです。写真で見るより奥にあります。


拡大


ボルトはE8と言う特殊ボルトでトルクスを逆にしたヘッドの形です  ※写真は借用しました


加工した工具でボルトを緩めます


実は写真だと簡単そうに見えますが、、、手が全く入らず交換は困難を極めます。工具も加工したものを含め複数使います。


って事で交換完了!



センサー新旧  右:旧  左;新品



ディーラーで純正品購入しましたが、型番が変更になっているようです。
A005 153 72 28 です。 スターマークが刻印されていないことが気になりますが純正品です。


☆交換後のインプレ

・普段ノリでは感じませんが、全開をくれてやると明らかにパワーが交換前に比べて上がっています。ビックリしました!プラシーボ効果ではないと思います。

・Mモードでのシフトが速くなりました!交換前はギヤチェンジ直後に一瞬出力が下がってから前に進んでいたのが、それがなくなりました。なのでシフトが小気味よくなり速くなったと感じます。交換前と明らかな違いを感じました。

・交換前はまれにリヤバンパーに墨汁のような小さなススがついていることがありましたが、今のところ付着がなくなりました。


☆考察
エラーが出なくてもセンサーが劣化していて計測絶対値及び追従性が悪くなっていたものと思われます。センサーが交換されたことにより空燃比が設計値に近づいたのではないでしょうか。


10年経過した55系の車両はセンサー劣化の可能性があるので交換をお薦めします。ちなみに部品代は純正でも\9000-です。



○CLS550 AMGパッケージ お色気ヘッドライト修理

私が主治医を務めるCLS550のオーナー殿より、最近ライトが暗くて確認するとお色気モードとの事。本日緊急オペをおこないました。

☆状況



オーナー殿同様、ピンクでエロいです。
バーナーの劣化の典型的な症状なのでバーナーを交換し、修理完了です。

その他、内装のお掃除とシートの引っ掻き傷補修をおこなって完了です。

オーナー殿はヘッドライトの修理よりシート引っ掻き傷の補修の方が喜んでいました。。。気になっていたのでしょうね。




○S2000 エンジン各センサー点検と異常発見!

S2000のオーナー殿も遊びに来て我が家はたまり場状態です。


S2000オーナーと午前中のマップセンサー交換の雑談をしていたところ、急遽S2000のO2センサー診断をおこなうことに。O2センサーには異常はありませんでしたが、、、吸気温度がなんか変!!


中段のIntake:69℃??


本日の外気温は10℃前後でした。車両によって異なりますがエンジンルームを通過してくる吸気温度は外気温+10℃前後です。20℃前後を示せば正常ですが。。。

試しにエンジンを切っても吸気温度には変化ありませんでした。
通常はエンジンを止めて空気の流れがなくなると、エンジン温度付近まで吸気温度が上昇していきます。

センサーが完全に逝っています

早速、近くのHondaパーツセンターに吸気温センサーを購入しにいきましたが在庫なし。。。S2000専用設計なのでしょかね?ゴージャスです。
後日、オーナー殿が交換するとの事です。

ちなみに今回のようにセンサーが逝ってしまって、温度が高い状態で誤認識している場合、ECUはエンジン保護のために燃料を薄く吹き、点火リタード(遅角)していると思われます。
パワーが出ず燃費が悪くなった状態でしょう!エンジン性能を生かしきれていませんね。

ちなみにこのS2000もセンサーエラーコードは出ていません!やはりセンサー類は劣化するので警告灯だけをあてにするのは良くないと教訓になりました。



来週より日本を去ります。
春まで車いじりはお・あ・ず・け・です。。。

Posted at 2017/02/18 23:53:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月15日 イイね!
CLS55 ATF油量調整 など今週は本当に底冷えでしたね。
外の作業は足がジンジンと冷えます。
夏の暑さよりはマシですが、、、やはりしんどいっす。。。










昨年11月に3回目のATF交換しました。
ATミッションはATFの量の管理がシビアです。
ATFは膨張係数が高く、指定のATF温度でもって液面の管理がされています。ベンツの722.6ミッションは80℃時の液面管理です。


通常、DASを使用して油温管理しますが私は持っていませんので、ディップゲージ穴より熱電対で直接油温を測ってやりました。


ただ、、、走行中の油温を測ることができないので面白くありません。
こんなものを買ってオイルパンに仕掛けてやりました!
このデジタル温度計は\400程度で購入可能です 安!!) 
これで走行中のオイルパン温度が測れます。


オイルパンに仕掛けるためにセンサー長さが2M必要です。(買ったままでは長さ70cm程度)
配線を延長して精度が高い温度計との相関を取ります。

常温とお湯を使って70℃域で相関を取りましたが、0.5℃以内の差でした。同じ温度を示しているとします。写真左側の温度計は業務用で一般用に比べ高精度です。簡易校正も実施済みです。

それではオイルパンに\400のデジタル温度計を仕掛けます☟


センサー部をオイルパンにできるだけ密着させアルミテープで貼り付けます。


センサー部が走行風と触れ合うとオイルパンの温度が正確に測れないので、センサー周辺に密閉した囲いを作り空気断熱します。これでそこそこの精度でオイルパン温度が測れます。



表示部はとりあえずダッシュボード下に仮置きです。データ収集が終わったら全て撤去します。


次にズバリATF油温を測っている温度計とオイルパンの温度の相関を取ります。
・ATF油温


・オイルパン温度


各温度域で相関を取りましたがオイルパン温度+13℃=ATF油温でした。


んで、、、目的のATF油量調整ですが正確に調整することができました。

このへんでした☟





さてココからは変態のデータ取りです。

冷間時からの走行時間とATF油温、水温のデータ取りです。
このデータを取れば、だいたい何分くらいでATの暖気が完了するか判ります。
ATの暖気の完了の目安はATFで60℃以上ってところでしょうか。50℃付近よりATのフィーリングが良くなるからです。

データの一部ですが、エンジン始動10分後のデータです。
・オイルパン温度28.4℃=ATF温度41.4℃

・水温76℃


っんで、、、グラフ化しました☟ ※外気温0℃時、普通に街乗りにて


グラフより
・外気温0℃時、エンジン始動→走行→AT暖気完了は20分を要する。20分間は強い加速は控えるべし。。。
・エンジン暖気完了=水温は通常90℃前後で安定する。データよりエンジン暖気完了は20分を要する。これはAT暖気完了と同じであった。
・エンジン始動5分後にはエアコンより温風が出てくるが、エンジン/AT共にまだ人肌程度であり、まだまだ踏んではいけない!

ってことで、、、
冬場は20分はアクセル全開を避けましょう!
ミッション寿命が縮む可能性がありますね。
夏場はもっと暖気が早いと思われますが。

ちなみにペースをかなり速めて走った時の油温はオイルパン81.1℃
=ATF油温94.1℃
冬でこれなので夏が心配な温度です。。。


ATF温度は110℃が限界値だそうで、、、これ以上では変質するそうです。
これ以上あがる場合は対策が必要ですね。
しばらくオイルパン温度計でウォッチングしてみます。



その他

今週はセブンのおじさんが遊びに来ました!


実は正月休み中にウエーバーキャブのO/Hをおこなったとの事。
O/Hしてからは見違えるほど調子が良くなったそうです。
以前は2000r.p.m.付近で息継ぎがありました。試乗させてもらいましたが、確かにすごくスムーズになりました!

ウオーターポンプも水漏れを起こし交換したそうです。


いろいろ手が掛かりますが、暇しない車ですね。

現在は調整中で、家でもスローの混合気調整をおこないました。


いつも遊んで帰っていく姿を見ると、、、欲しくなっちゃうんだよなー


ってな、週末でした。

Posted at 2017/01/15 20:48:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月09日 イイね!
ヒーター風量が・・・ (+_+)冒頭の写真はsassa63さん撮影の写真です。相変わらず良い構図です。
今年は割と温かいなーっと思っていたら、寒波がまた到来ですね。やっと冬らしくなってきました。







先日、CLS55のブロアファンに鈴虫を飼っていたので、ファンを交換し全滅させてやりました。
それが正月の鬼怒川旅行出発の朝でした。簡単な作業なので、ササッと終わらせ旅行に出発しました。

当然、動作確認し問題なくファンが回り、鈴虫も死んでいます。


私は特に感じませんでしたが、旅行先でカミさんが「何だか足元が寒いねー」っと言っていました。
セレクターを足元にしファン風量を上げました。上げた割にあまり「熱くならないなー」なんて思っていましたが。。。

先日、自分のブログの写真☟を眺めていて重大な事に気が付きました。


皆さん、、、気が付きましたか?

答えは、、、

  ☟






  ☟






  ☟






  ☟






  ☟






  ☟








交換したファンの回転方向が逆でした  爆)


急いで作業したので全く気が付きませんでした。。。

交換時、ブラケット形状が異なっていました。
ブラケット形状が違うのはW211(E)とW219(CLS)の違いだと勝手に思い込んでいましたが、調べてみると共通部品でした。


じゃぁ、何が違ったかと言うと、、、

右ハンドル車:時計回り
左ハンドル車:反時計回り


って事です。。。


誤組みしてもファンは回るんです。風もかなり弱めですが出ちゃうんです。
しかし全開に回してもそよ風しか出ません。。。

風量については真夏であればすぐに気が付いたのでしょうけど、冬場はシートヒーターのおかげでファンを多く回さないので、音の割に風量が少ないことに全く気が付きませんでした。

せっかく誤組みしないようにブラケット形状をメーカーは変えてくれているのに、わざわざ「移植だーっ」と言ってポカヨケを排除してしまった訳です。。。

あー、、、やっちまったという事で笑ってください(^^ゞ


っで、、、結局、元々付いていたファンの軸に油をさし、元に戻しました。



鈴虫は消えましたが、最初からこうしておけば良かった思いました。

おしまい


Posted at 2017/01/09 21:53:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月01日 イイね!
正月いろいろ正月休みのいろいろをダイジェストで。










○CLS55 ヘッドライトコネクター交換

とにかく樹脂系が痛み出しました。
ヘッドライトコネクターも「ポロっ」って逝きました。。。
幸いコネクターだけで部品がでます。\600-程度でした。





PINを痛め無いように古いコネクターを砕いた方がサクサク交換できます。
他のコネクターも同じように傷んでいる事でしょう。



○sassa63さん来訪

すでにsassa63さんのブログにUPされていますがパワステ周りの整備をおこないました。
いつものごとく私は監督という事で。
予定通りすべての作業が完了しました。sassaさんは来るたびに整備力を上げていっています。







CLSのカッコ良い写真まで撮って頂き嬉しかったです。
文頭の写真は私の車両のエンジンでsassaさん撮影です。

お疲れ様でしたー



○日帰り温泉

水上の奥地にある「宝川温泉」に行ってきました。ココは映画「テルマエロマエ」でロケ地となった温泉です。東の横綱と呼ばれているそうです。

積雪があるのでスタッドレスを履いているフィット号で出発です。
道中の峠ではたっぷり積雪があり銀世界でした。この時期はスタッドレスが必須です。






雪がたっぷりでした☝

温泉は写真の通り良い温泉です。
川の音を聞きながらの雪見風呂は最高ですな。

ちなみにココは混浴なのでいろいろなハプニングが起きます。欧米系の外国人観光客も多く訪れていました。嫁曰く、ハプニングがあったそうです。見てはならないすごいモノを見てしまったそうです。。。




○CLS55 ホイール/ブレーキ清掃

年に何度かホイールを外して清掃しています。




穴の中まできれいにします。


リヤも


すっきりしました!



○フィット ドアモールのリペア

実はフィットのモールが汚汚になっています。
ホンダ車のモールは比較的多くみられる症状です。
交換するのは高価なのでカッティングシートでリペアします。

Before


After


良い感じにリペアしました。

もう一度☟



最近のカッティングシートは良くできています。
パッと見はモノ本と間違えてしまいます。他もいろいろ貼ってみようかな?



○CLS55 ブロアファン交換

最近、交差点を曲がるとダッシュボード奥より鈴虫が鳴くようになりました。。。
よくあるブロアファンの故障の様です。
鬼怒川旅行に行く朝でしたが、旅行先でのストレスはご免なのでサクサク交換しました。
交換作業は30分でできます。洗車より短い時間での修理です。



交換後、鈴虫は完全に死んでしまいました。。。



○鬼怒川旅行

一泊二日で鬼怒川に家族旅行に行きました。
当初はスタッドレスタイヤを履いているフィット号で行く予定でしたが、積雪がないようなのでCLS号で行くことにしました。宝川温泉へはフィット号でしたが、比較するとやはり高速移動はCLS号の方が圧倒的に楽ですね。ただし、、、CLS号は嫁が運転を替わってくれないという欠点がありますが・・・

往路の道中、すごい車が前を走っていました(^.^)/~~~

詳しい車名は判りませんが、Fっぽい感じでした。
ダ埼玉の田舎暮らしなのでFっぽいのは初めて見ました!


昭和の香りがする温泉宿でしたが、サービス良し、食事よし、風呂良し、部屋広し、激安で満足でした。

道中はトリックアートや龍王峡を徘徊していました。





日光に立ち寄ろうかと思いましたが、いろは坂が積雪しているようだったので断念し、足尾銅山→桐生→関越で帰ってきました。

あっ、出発直前に交換したブロアファンは終始音が出ませんでした。快適な移動でしたね。



○フィット ナビ地図更新

中古で購入したナビの地図が2004年度版の物でした。残念ながら地図上では我が家が存在していませんでした。。。悲しいので非常に安価で最新版に更新しました。


やっぱり新しい地図は良いですね!
しかし案外スマホのナビの方が最新版で使い勝手が良かったりします。時代ですね。



、、、ってな感じの、ゆるーい正月休みでした。
明日からは仕事です。スタートはてきとーにやります。


Posted at 2017/01/05 13:49:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「実弾射撃実施中」
何シテル?   03/19 07:16
はるかえパパです。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
【みんカラ】をバックアップする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 00:27:54
お友達
ファン
48 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ CLSクラス (クーペ) メルセデス・ベンツ CLSクラス (クーペ)
AMG CLS55 基本的にノーマルに近いですが、こだわりはツライチです。 基本DIY ...
ホンダ フィット 通勤快速 (ホンダ フィット)
こいつの登録を忘れていました。 大事な相棒です。 もちろんこだわりのツライチです。 ち ...
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
乗りやすくいい車でした。 あまりにも乗りやすいのでつい6年も乗ってしまいました。 V8 ...
ポルシェ 928GTS ポルシェ 928GTS
超高速の直進安定性と高速コーナー安定性は現在の車に負けないと思います。 特にリヤサスの安 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.