車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
ローバーミニ ユニパート製純正エアクリーナー今週は、風邪で体調を崩し、会社は週の半分しか出勤できませんでした。

インフルエンザは、発熱してからすぐだと検査結果が陰性になることもあるらしく、2日に渡り検査を2回受けましたが両方共、陰性でしたので安心しました。

家で安静にして?ネット徘徊しているとこんなモノが出ていて、ついポチってしまうしょーもないオヤジ。

ローバーミニ1.3用ユニパート製の純正エアクリーナー

イギリス本国仕様のオリジナルシングルSUキャブレター、H1F38用です。
ウチのミニは、英国のロングブリッジ工場を24年前に出たとき、SUシングルキャブにこのエアクリーナーが装着されていたはずなんですが、当時の国内平行輸入業者がSUツインキャブ、LCB、スポーツマフラーに換装して新車登録された内の1台です。
従って、当時この手のクルマとして販売された数十台か数百台分の外されたエアクリーナーが、希に出てくることがあるみたいで、純正エアクリーナーフェチとしてはいつか入手したいと思っていた逸品でありました。

早速、中身を見てみましょう。

上下分割方式ですが、固定ネジ類はなく、本体樹脂の爪だけで上下合体する構造です。

本体の樹脂を割らないように慎重に爪を開いていきます。

コリャー、冬は分解しないほうがいいんじゃないの?

開腹できました。

約20数年前の新車外しのパーツで、エレメントも殆ど汚れなし。

エレメントにユニパートの純正品番

エレメント本体の樹脂部分の弾力も当時物としては全く問題なし。

エアクリーナー本体の中にエアー吸入調整フラップがあります。

エンジン温度により吸入するエアーの場所を調整しているみたい。

単純なバイメタルのフラップで、流石にスポンジ部分は経年で崩れかけています。

冷間時は排気菅付近のエアーを、温間時はノズル先端グリル近辺の外気に近いエアーを吸わせる構造か?

ユニパートのコーションプレート

エレメント交換時期は20,000km毎とあり、結構長いな。

完成予想図は、

この状態から、

この状態になる予定、ミニ1000のエアクリーナー本体より丸っこくてカッコイイぞ。

英国本国仕様のため、ローバージャパンの後付けクーラーは当然考えられているはずもなく、ノズル先端がコンデンサーと干渉必至。
これを装着しようとすると、せっかくのツインキャブからSUシングルキャブにデチューンする必要があり、得られるメリットは燃費向上と温厚な性格のエンジンになる(なっちゃう)事くらいか?

エアクリーナー本体は上記のような樹脂構造で、経年で割れてきそうだし、よっぽどの物好きでなければコレを装着しようと考える人はいないよね。
新車外しの中古品とは言え、決して安いモノでもなく装着するには、上記のキャブレターを入手する新たな投資費用も必要なんですよね。
何にせよ、これを見てカッコイイとか胸騒ぎがする自分の変態的性格に呆れます。

話しは変わりますが、先々週に交換したブレーキマスターのリペアキットは問題なく、

機能しており、配管内のエアーも抜けてきて、元通りのペダルフィーリングになりました。

フルード漏れも止まり、ブレーキもシッカリ効きます。

サーボ内のダイヤフラムにはまだフルードが残っているようでペダルを踏むと変な音がしていて、余計なモノを買っているより、コッチを先に処置すべきじゃないの?

W113のネタが登場しないのは、それだけ好調だという事ですので申し訳ありませんが、当分ミニネタが続くかもしれません。
Posted at 2017/01/21 18:18:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月15日 イイね!
1月の大黒HCC95全国的に雪が降った所が多かったようですが、こちら方面は良い天気でした。

厳しい寒さでしたが、今年最初の大黒に行って来ました。

クルマは少なめでしたが、事前にぽおるさんからクラブのメンバーの方々が来られるというメールをいただきましたので、参加してきました。

到着してメンバーの方とご挨拶させていただきましたが、オールドメルセデスでの参加はウチのを含め3台でした。

メンバーの方の250SE

お隣の3.0CSL

右ハンドルの英国仕様、もう三十数年所有されているそうです。

フィアットが5台

今日は多かったです。

EタイプシリーズIII

ロードスター

気密性が高そうなハードトップ

エアーアウトレット迄付いています。

そう言えば、ぽおるさんのクルマのベッカーをじっくり見せていただきました。

ナローボディーのグランプリ、ノブがナロー特有の大きさで、ウッドパネルとメッキが合っていてカッコイイ。
ユーロパでもいいかなと思っていましたが、今日拝見させていただいて断然グランプリが欲しくなりました。
入手が、また遠のきそうです。

こちらははブラウプント

コレも、イイです。

これから役員会とのことでしたのでココで11時にお別れでしたが、今日は、久しぶりにメンバーの方々とお会いできて良かったです。
Posted at 2017/01/15 19:58:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント | クルマ
2017年01月09日 イイね!
ローバミニ ブレーキマスター復旧昨日のショッキングな出来事その2で発覚した、ブレーキサーボ内部のブレーキフルード漏洩事件ですが、そのままにしておく訳にもいかず、かといって予備のサーボなど持っているはずもなく、どうしたものかと考えて、とりあえずスポイトで回収可能な分は吸い取りました。

因みにブレーキペダルを踏むと、グチュグチュ音がするので同じクルマで同様の症状がある場合は、間違いなくサーボにフルードが回っちゃってますので要注意です。

その後、ウエスを突っ込み、出来るだけ拭き取りましたが、未だ残っております。

あとは得意の見なかったことにして復旧作業です。

リペアキットでラバーカップを交換したマスターAssy

一応、外観清掃したんですが汚ねーっす。

サーボに装着して、

ブレーキ配管も接続

なんとかエア抜きしないで、済ませられないか考えましたが当然ダメ。

仕方なく4輪エア抜きして試運転しましたが、スポンジーでまだエアが残ってるな。

あとは走っているうちに抜けてくるでしょう。

全く関係ありませんが、近所のホームセンターで見たタイプII

ウインドーが少ないタイプみたい。

とりあえず、明日の出勤には間に合いましたが、サーボがあのままではちょっと心配です。
調べてみると、新品サーボAssyはまだ出ますね。
しかも、W113の1/5位の価格でリペアキットのみの設定もあります。

供給が可能なうちに買っておくべきか?
113と比べると安く感じるので、ついついポチッちゃうんだよなー。
Posted at 2017/01/09 20:22:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | ローバーミニ | クルマ
2017年01月08日 イイね!
ローバミニ 代官山モニクル→有明会→ブレーキマスターリペア今日は代官山モニクルと有明会をハシゴして来ました。

寒かったですが、本日のモニクルのお題はキャブレター車でしたので、ミニでの参加でした。
フルード漏れ漏れでしたので、フルード持参という暴挙に出ました。

それにしても、今日はショッキングな出来事に2件遭遇しました。

ショッキングな出来事その1

行きの首都高下りでブレーキフルード残量警告灯が点灯、予想はしておりましたが、警告灯の回路がちゃんと生きていたことに感激しました。ってそっちかよ。
蔦屋でフルードの残量を確認したところ、まだリザーバー半分の所だったのでそのまま。

今日も気になったクルマをアップしましょう。

参加車両は少なめでした。

お隣は気合いの入ったMk-Iでした。

ディーノは2台

この赤と

こちらの黄色


アルピーヌも2台



ジェンセンヒーレー

珍しいです。

ロータスエリート

以前に何処かで見かけたクルマ?

名機コベントリークライマックス

フォードのOHCエンジン

縦目が一台

280SE

モーリスマイナー

for saleでした。

OHVのAタイプエンジン

マニフローのLCBが付いていました。

GT-R

素晴らしいレストア状態

エンジンもご覧の通りの

状態でした。

途中で退散し、第二会場の有明会へ

こちらも参加者が少な目

トライアンフ達

ブリティッシュレーシンググリーンのTR4は右ハンドル

と其処へパパンダさんのEタイプクーペが。

長いですね。

いつもの方の2000GT

意外と静かなんですね。

ブレーキフルードがあの状態なので、ダダ漏れを直すため早めに退散しました。
首都高をぶっ飛んで帰りましたが、1時間もかからず帰宅。
W113より速い?

昼食後、作業にかかります。

フルード残量はこれ位ありました。

マスターシリンダーを外すため、

フルードを吸い取ります。

ブレーキパイプのフレアナットを

フレアナットレンチで緩めます。

マスターシリンダーの固定ナットを緩め、

ブレーキサーボから外します。

リザーバーの固定スプリングピンを

ピンポンチで打ち抜きます。

リザーバーを分離


スナップリングを外し、

ピストンを取り出します。

全バラの図

ラバーカップの部分をリペアキットのパーツと交換します。

リペアキット交換後

ラバーカップにシリコングリスを塗り、組み付けます。

途中から雨が降り出し、

今日の作業場はこんな感じ。

ピストンをマスターシリンダーに戻し組み付け、サーボに合体させようとしたのですが、ここでショッキングな出来事その2。
アチャー、サーボ内部がブレーキフルードの海になってるー。

どうやらマスターシリンダーから漏れ出したフルードがサーボの負圧でサーボ内部に吸ってしまったようです。

コリャー、ダイヤフラムもダメかも。
新たな問題が発覚し、明日に続くのでした。・・・
Posted at 2017/01/08 20:05:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | ローバーミニ | クルマ
2017年01月07日 イイね!
ローバミニ ブレーキマスターリペアキットブレーキマスターシリンダーからフルードが漏れてしまっているウチのミニですが、リペアキットを調達致しました。

年式によって2種類存在するのですが、このリペアキットはその2つをカバーしてくれます。

現在はAPカパロというメーカーの製品で、元はAPロッキードという英国車のブレーキでは結構有名なメーカーなんですね。

中身はこれだけ入っています。

プライマリーピストンまで入っていますが、ウチの年式のクルマには使いません。
よって、このピストンは廃棄。

ご丁寧にマスター2種類のイラストまで同梱されています。

ウチのは左側のマスターで、プライマリーピストンのシール部分が異なります。

明日は休みですが、雨の予報ですので交換は来週かな?
代官山モニクルの開催日だし。
ってそっちかよ。

明日のお題はキャブレター車ですね〜。
ってやっぱり行くのかよ。
しかも、そのフルード漏れのクルマで。

有明会もあるし。
もう行く気満々じゃねーか。
Posted at 2017/01/07 21:35:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | ローバーミニ | クルマ
プロフィール
このクルマを手に入れてから4年が経過しました。 購入時からこれまでの顛末記や維持等、W113について自分が入手する前に知りたかった内容等を、できるだけ紹介し、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
冷却系改善計画(3) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/15 11:47:48
みんカラ9年11ケ月、1962個目のブログは初めての光岡ビュート コンバーチブル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 19:42:47
きのう初めて知った車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/13 19:32:58
ファン
13 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
約5000台しか生産されなかった250SLを3年前に入手したオヤジです。 現代の車にはな ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.