• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shotasのブログ一覧

2017年02月05日 イイね!

一眼のボディ新調とズームレンズ

一眼のボディ新調とズームレンズカメラで撮影するものといえば、すっかりクルマになってしまいました。
が、久しぶりに買いたいと思うミラーレス一眼のボディが出たので新調。レンズはクルマを撮るならすでにベストな一本があるのですが、せっかくボディも変わるし、カメラを楽しむ意味でズームレンズも足してみました。

ズームレンズはSEL1670Z。16mm-70mmのF4通しのレンズです。
Eマウント ASP-Cでは標準ズームのレンズ。
けっこう重いのですが、購入してからの1か月、なるべく持ち出して楽しく撮影です。


70mm/f4

モデルは日産グローバルギャラリーのスカイラインハイブリッド。
日産グローバルギャラリーはほどよくクルマが散って展示されているのと、あまりお客さんがいないので(^^;、クルマの撮影を楽しむには良い場所ですね。

70mmで撮影してみたところ、少々圧縮が強いかなー。的な。


クルマ撮影に関しては、SEL55F18Zがやっぱりお気に入りです。


55mm/f1.8


ズームレンズがけっこう重いので、普段てきとーに持ち歩くためにパンケーキの短焦点レンズも用意してみました。SEL20F28です。


20mm/f2.8

サイズ感はいいんだけど、これをつけて持ち歩くなら16-70を頑張ってつけて持ち歩くか、DSC-RX100M4を合わせて持ち歩いた方がいいかなぁ…といった印象でしょうか。RX100M4は普段使い用途をすべてかっさらっていく恐れのある、恐ろしいコンデジです。。




グローバルギャラリーには、2017年モデルのGT-Rも展示してありました。これが最後の改良になるとか言われていますが、内外装ともにブラッシュアップされていて、見た目がよりかっこよい感じになってますね。走りはやっぱり爆速なのであろうか。。


また、今年も葉がきれいなころに、仲通りにクルマ撮影にいこうかなー。
Posted at 2017/02/05 22:01:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2016年11月26日 イイね!

エンジン振動からのEngine fault Repair needed

エンジン振動からのEngine fault Repair needed












ブログがすっかりご無沙汰でございます。。
久しぶりにDさんにパーツ交換のお世話になりました。

車検直後から、たまーに激しくエンジン振動することがあり、Dさんでも相談をしていたのですが、、ある日の東名渋滞でノロノロと走っていたところ、激しく振動して Engine fault Repair needed の表示が…。

おおお、Engine faultは久しぶりだなーと思いながら、いったんSAで停車して何回かエンジンをかけなおして、エラーからは復帰。

後日1年点検があったので、Dさんで診断機にかけていただいたところ、高圧燃料ポンプが不調との結果でした。

1年点検ではもともと予定であったRECSの施工をお願いし、消耗気味になっていたプラグも交換。高圧燃料ポンプは部品在庫なしのため、届き次第交換に。

交換までの間、渋滞にはまるシーンがあったのですが、そこでもやはりfaultが発生(^^;。順調に走っていると問題ないんですけどね、渋滞でゆっくり走ると30分ほどでガタガタ振動が始まりfaultという感じでした。

最終的に、

・高圧燃料ポンプ
・プラグ
・RECS
・ECUリセット

を交換、施工となりましたが、エンジンの振動もかなり少なくなり、またパワー感も整備前より感じられるようになった気がします。

6万キロを超えてきたところなので、交換できるものは早めに対策を打っていきたいところですね。
Posted at 2016/11/26 23:45:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2016年06月05日 イイね!

新潟オフに参加させていただきました

新潟オフに参加させていただきました2014年、2015年に続き、新潟オフへ参加させていただきました!
新潟4組の皆さん、楽しいオフをありがとうございました~。
食事にドライブに、楽しい一日を過ごさせていただきました。


今回は10時45分に集合。ボクの家からだと、美女木JCTから外環和光あたりが朝から混むので、少し早めに出発をしました。途中三芳付近でtoshi_330さんをハイドラで確認しながら、なかなか休憩のタイミングが合わずでしたが、途中合流してカルガモ。久しぶりにtoshi_330さん号に乗らせていただき、RaceChip搭載のDS5を楽しませていただきました。



集合時間15分前に到着。
後ろを走っていたと思われたたかひろ407さんにいつの間にか抜かれておりました(^^;。チョコソフト召し上がってますね(笑)。



間瀬海岸や…



ボッチさんのC2のアグレッシブ先導による弥彦山山頂までのツーリング。
(弥彦山は雲で景色があまり見えず…残念)



燕三条で鍛冶品を眺めて…



最後はイオンの屋上で写真を撮り撮り、楽しませていただいたのでした。



今回は中間地点にいたので、なかなかカルガモを堪能できずでしたが、やっぱり動いてるDSシリーズはかっこいいですね。



そして食べ物シリーズ!
今回はちゃんとタレかつ丼をいただきました♪
ソースカツどんみたいなイメージを持っていたのですが、タレのあっさり感で軽めに食べられるかつ丼です。
おいしかった!



晩ご飯はへぎそば。今回は単品で鰹のなめろうもいただきました。へぎそばは新潟で味わいたいもののの一つですね。


今回もたいへん楽しい時間を過ごさせていただきました!
みなさん、ありがとうございました~。

DS4*828さん、ackey.kanaさん、ライトニングⅱさん、アテンドいただきありがとうございました!
OYAKATAさんも、まさか新潟でお会いできるとは!


5組は帰り、塩沢石打SAで休憩をして(1時間もいたとは気づかなかった…)、ボクも普段出さない速度でみなさんに遅れないように帰ったのでした…。速いです。みなさん…(^^;。
Posted at 2016/06/05 23:19:57 | コメント(6) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2016年04月10日 イイね!

DS 5 新型ショックに試乗させていただきました

DS 5 新型ショックに試乗させていただきましたシトロエンDS5のオーナーの皆さんが気にするところ。
ちょっと固めの乗り心地。

新しいDS 5 では、乗り心地をシトロエンの時のDS5からやわらかい方向へ変えてきたわけですが、なんとmk4970さんが部品を取り寄せて、ご自身のクルマに装着されてしまったという!

急遽執り行われた試乗会に、土壇場で参加させていただきました。
突然行くことになってスミマセン、みなさんありがとうございました!

mk4970さん号に乗る前に、19インチでタイヤも同じたかひろ407さん号の助手席に同乗。ボクのクルマも19インチですが、タイヤはグッドイヤー。あ、でもリジカラ装着しているところはmkさんとおそろいでした。



たかひろ407さん号はナビがケンウッドのものを装着されています。乗り心地も気にしつつ、自撮りもしつつ、きれいにインストールされたナビもしっかり見させていただきました。

そしていよいよ、mk4970さん号へ。

実はワタクシ、これまで乗り心地が固いクルマに乗った経験しかないようで、DS5の乗り心地に大きな不満はありませんでした。不満があるとすれば、首都高でぶっ飛ぶ感じがするところぐらい。

mk4970さん号に乗って、果たして鈍感なワタクシが実感できるか不安でしたが。。
実際に運転させていただき、最初の駐車場から出る段差でもう…

「おお!衝撃のカドが取れている感じがする!」

ノーマルのDS5とは明らかに違う衝撃の伝わり方!後席のみなさんからマンホールを乗り越えるリクエストをいただき、マンホールを乗り越えてみても、やっぱり衝撃の伝わり方のカドが取れている感じ。。そして道路のうねりの伝わり方もノーマルとはちょっと違う感じ。少しふわりとしたような印象…。mk4970さんのおっしゃった、「どこまでも走れちゃう」感じはまさにその通りかも♪

mk4970さん号の後は、おとももちさん号のHybrid4に乗せていただき比較。
Hybrid4はしっかりアシが動いている感じで、いろんな意味でうらやましい…。乗り心地はmk4970さん号と比較すると、しっかり感のあるスポーティな印象です。

試乗をさせていただき感じた印象は、シトロエンDS5は固めのスポーティなイメージ。mk4970さん号はラグジュアリーで柔らかい乗り心地という印象でした。

シトロエンのDSラインであったころから、独立ブランドとしてのDSはブランドの方向性をしっかり固めてきたということなのでしょうね。


うーん。
首都高とかもっと楽しく走れるようになると思うと、ボクも続いてみたくなります。。



みなさま、ありがとうございました~。
Posted at 2016/04/11 00:27:42 | コメント(5) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記
2016年03月03日 イイね!

CMFデザインという領域

CMFデザインという領域ご存知かもしれませんが、モノづくりにおけるデザインはけっこう細分化されていて、一口にデザインといっても専門としている領域がデザイナーさんによって違うものです。

自動車のデザインでは、外見を考えるエクステリアデザインや、内装を考えるインテリアデザインがわかりやすいですが、もう一つ、色や質感をデザインするCMFデザインという領域があります。

CMFとは

COLOR(色)
MATERIAL(素材)
FINISH(仕上げ)

その3つの要素の頭文字をとったものですが、3要素ともとても重要な要素でありながら、日本ではあまり浸透していなかったデザイン分野だったそうです。
CMFデザインの第一人者の方はこちら

DS5の購入のきっかけは、インパネを中心とした内装であったことは大きな理由なのですが、DS5の内装で素晴らしいところは造形だけではなく、このCMFの観点が共感できるものだったからなのでした。

DS5だけでなく、シトロエンのCシリーズ、DSシリーズのどの車種も、CMFの観点はないがしろにされておらず、これはフランス車だからなのか、シトロエンだからなのかはわかっていませんが、素晴らしいことだなと感じます。



DS5のインパネです。
インパネでシルバーに見えるところは、

・リアルな金属
・金属板を巻き付けたもの
・金属の蒸着シートを張ったもの

でほとんどが処理されています。触ると冷たいところがほとんどです。

また、造形面でも、おおよそ金属でもちゃんと形になりそうな形から逸脱していないと思われます。

対して、Lexus NX



実際に触りに行ったのですが、マットシルバーに見えるところはほとんど(おそらく)塗装です。シフトノブぐらいは金属張ってるかとおもったのですが、ここも塗装でした。

造形面ではDS5とは逆に、金属では到底できなさそうな造形を施して、ダイナミックさや繊細さを出しているようにも思えます。

写真で見るとどちらも「黒い樹脂、レザーに金属が入っている」ように見えますが、実際に触るとなると、違った感触を得るわけです。CとFが似ていても、Mが違うと体験として全く異なるものになるというのは、面白いデザインの分野だなと思います。

さすがに現在は日本でもCMFの重要性は認知されていて、ないがしろにはしていないと思いますが、「その部分は金属に見せたいの?何に見せたいの?」と、不思議に思う部分が多いと感じます。

BMW i3 などを見ても思いますが、素材を見せたいのであれば素材を使うべき(i3はリアルユーカリがまた良い)だし、そうでなければそうでない理由が感じられるようにあるべきがデザインの役割だとおもうのですが…日本の高級車といわれるレクサスは、インテリアのCMFに関しては少々方向性が見えづらいと思えます。

ウソかホントか、リップサービスかもわかりませんが、 DS5のデザインについて日産のデザインを統括する中村史郎チーフクリエイティブオフィサーが「今のシトロエンのデザインはやりすぎでしょう。コストをかけすぎているよ」とおっしゃったことが本当であれば、残念なことだなと心底思ってしまいます。やはり、金属に見せたいところにはコストをかけてでも金属の素材を何かしらで使ってほしいと思うわけです。

日本車を次に買おうかなと思ってイロイロ見ているのですが、ドイツ勢も含めた欧州車と比べて、日本車でボクが感じることはそんなことなのでした。

CMFデザインという観点を少し意識すると、クルマのデザインがまた面白くみられるかも知れません。
Posted at 2016/03/03 23:47:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記

プロフィール

クルマに乗って出かけるのが大好きな30代。 クルマを見に行くのも大好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

APR(Auto-Pois-Rouge)さんへ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/30 11:41:36
SIO(世界遺産[富士山]オフ)の予告 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/30 09:44:07
DRL de Rendezvous~♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/18 01:30:45

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン DS5 シトロエン DS5
明るくて快適なお出かけのため、シトロエン DS5を選んでみました。初めてのフランス車でド ...
ホンダ モビリオスパイク ホンダ モビリオスパイク
驚異的なカーゴスペース。いまだ手放せないオンリーワンな価値のクルマ!
アウディ TT クーペ アウディ TT クーペ
すごく楽しいクルマでした。 チャンスがあったらまた所有したいなー。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.