車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA
1月14日(土)大阪城ホール
開場13:00/開演14:00








今年のライブ2本目。
うえぽんさんからのお誘いで、ANIMAX MUSIX 大阪公演 に参戦してきました。

アニメ専門チャンネル主催による、全16組出演の大型アニソンフェス。
1回限りの「夢のコラボレーション」も毎回話題で、初参戦ながらとっても楽しみにしていました。




この日は
念のため早めに現地に到着し、なんだかとってもオシャレなランチを。

ここでも話してる内容は、ウルトラオレンジの在庫確認や出演者のペンライトの色の予習など…平常運転でしたが。



寒風吹きすさぶ中、大阪城ホールへ。




熱気すさまじい動物園と化していたDJブースを横目に物販エリアに行ってみたり。




飾られていたオブジェには出演者のサインが。





satさんデカくない?





今回の座席はメインステージからは離れた位置のスタンド席。
開演前からサブステージは、まあまあ近いなーという印象でした。


定刻通り14時から長丁場なライブがスタート。




~セットリスト~

01.KOTOKO「TOUGH INTENTION」
02.KOTOKO メドレー「ハヤテのごとく!~七転八起☆至上主義!~daily-daily Dream」
03.KOTOKO「Light My Fire」
04.大橋彩香「YES!!」
05.大橋彩香「ワガママMIRROR HEART」

★ANIMAX MUSIX 横浜・大阪連動企画!横浜公演出演アーティストの楽曲を歌唱!
06.OxT & 鈴村健一「Can Do」(GRANRODEOからの指名)
07.every♥ing! & i☆Ris「つよがり」 (中川翔子からの指名)

08.水瀬いのり「Starry Wish」
09.水瀬いのり「夢のつぼみ」
10.Wake Up, Girls!「僕らのフロンティア」
11.Wake Up, Girls!「7 Girls War」

★ANIMAX MUSIX FAN SELECTION!
12.西沢幸奏「青空のナミダ」/高橋瞳
13.鈴木このみ × Minami「少女迷路でつかまえて」/美郷あき
14.fripSide「mind as Judgment」/飛蘭

15.OxT「One Hand Message」
16.OxT「Clattanoia」
17.下地紫野「God Save The Girls」
18.下地紫野「せかいが終わるまえに」

★ANIMAX MUSIX ソードアート・オンラインSELECTION!
19.水瀬いのり「crossing field」/LiSA
20.GARNiDELiA「courage」/戸松遥
21.春奈るな「Overfly」←シークレットゲスト!
22.KOTOKO×LUNA「S×W -soul world-」

23.西沢幸奏「The Asterisk War」
24.西沢幸奏「帰還」
25.茅原実里「ZONE//ALONE」
26.茅原実里「TERMINATED」
27.茅原実里「Freedom Dreamer」

休憩

28.ミルキィホームズ「ミルキィ A GO GO」
29.ミルキィホームズ「激情!ミルキィ大作戦」
30.GARNiDELiA「MIRAI」
31.GARNiDELiA「約束 -Promise code-」

★ANIMAX MUSIX 聖地巡礼アニメSELECTION!
32.下地紫野「これから」/坂本真綾
33.Wake Up, Girls!「タチアガレ!」
34.Wake Up, Girls!×鈴木このみ「花ハ踊レヤいろはにほ」/チーム"ハナヤマタ"
35.every♥ing!「カラフルストーリー」
36.every♥ing!「ちゅるちゅるちゅちゅちゅ」
37.i☆Ris「Re:Call」
38.i☆Ris「ミラクル☆パラダイス」

★ANIMAX MUSIX一夜限りのスペシャルユニット!
39.はっしー♥いのりん「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」/fhana
40.OxTxDELiA「オリオンをなぞる」/UNISON SQUARE GARDEN

41.鈴村健一「シロイカラス」
42.鈴村健一「HIDE-AND-SEEK」
43.鈴村健一「SHIPS」
44.鈴木このみ「カオスシンドローム」
45.鈴木このみ「全部君がいたから知ったんだ」
46.鈴木このみ「Redo」

★ANIMAX MUSIX 聖地巡礼アニメSELECTION!
47.KOTOKO × 茅原実里「DREAM SOLISTER」/TRUE
48.ミルキィホームズ「正解はひとつ!じゃない!!」
49.ミルキィホームズ × i☆Ris「Enter Enter MISSION!」/あんこうチーム

50.Minami「Love Jump」
51.Minami「moving soul」
52.Minami「illuminate」
53.fripSide「Two souls -toward the truth-」
54.fripSide「The end of escape」
55.fripSide「magicaride -version2016-」
56.fripSide「only my railgun」

57.出演者全員「前前前世(movie ver.)」/RADWIMPS


終演20時過ぎ。



~感想~

・初っ端はKOTOKO。1曲目から全開。
ハヤテのごとく!がアニメ1期放送から今年で10年ということで記念メドレー。
懐かしくてしみじみと思ったり10年が早いと感じてしまったり。
アニメ専門チャンネル主催のライブらしく、アニメOP映像がしっかり映し出されるんだなぁと思ったり。

・1発目のサプライズ要素。
OxT & 鈴村健一で「Can Do」。
GRANRODEOの滅茶苦茶盛り上がる曲をココでカバーしてくれるとは。
さらにサブステージだったので近くて見やすかったです。
We can do it!   do it!!!

・いのりん初めて生で見れて感動。
真っ赤な衣装が良かったですし、デビュー曲はライブ向けというかやっぱり盛り上がれます。

・アニメ作品の枠を飛び出し始めたWUGちゃん(大好き)。
「7 Girls War」は映像にコールがしっかり字幕されていました。
よっしゃいくぞー!

サプライズ要素、ファンセレクションによるカバー。
・西沢幸奏「青空のナミダ」。
高橋瞳ってドコ行ったんだ?と思いながらも、力強い西沢幸奏の歌声がとても似合っていました。
「BLOOD+」懐かしいですね。
「土6」というアニメ枠も懐かしい…。

・fripSideによるカバー「mind as Judgment」/飛蘭は「CANAAN」のOP。
そういえば南條さんがヒロイン・大沢マリアを演じていましたね。(中の人繋がり)




前半戦で一番盛り上がったのは、ソードアート・オンラインSELECTIONのコーナー。
唐突にSAOのPVのような映像が映し出された後、「crossing field」のイントロ。

そして映し出される 水瀬いのり「crossing field」 の文字。
マジかあああああああああああああああああああああああああああ(歓喜)

この意外性。
ヤバかったです。
可愛かったです。
いや、カッコ良かったです。
最高でした。


そして再び流れ始める今度はSAO2期の映像。
GARNiDELiA「courage」
ここで登場、ガルニデ。
MARiAのボーカルがイメージ通りで、似合っているカッコ良さでした。

またPVを挟んで次は「Overfly」のイントロが。
誰がステージに立っているんだ?と目を見開いているとツインテールの姿が。

マジでかあああああああああああああああああああああああああああ(2度目)
シークレットゲスト、春奈るな本人でした。
初めて生であのツインテール見れて幸せです。



西沢幸奏はギターを掻き鳴らしながら登場。
「かかって来い!」と観客を煽ります。
会場のボルテージを上げに上げた状態で「The Asterisk War」。
初めてで楽しみだったシエナさんのライブはカッケー!の一言。
これは惚れますわ。
情報解禁として、3月15日に1stアルバム発売、4月30日初ワンマンライブ開催と発表。
その後ギターを外し、しっとりと「帰還」を披露。
劇場版「艦これ」の映像と共に、会場は一面真っ青なペンライトの海となりました。

続いて、茅原実里は「ZONE//ALONE」「TERMINATED」と境界線上のホライゾンのコンボ。
しっかりとアニメ映像も流れたし、さすが角川だなと。
(このライブでアニメ映像が流れていたのは角川作品がほとんど)


20分間の休憩。
この時点で2時間40分経過。
しっかりと補給食でエネルギーチャージし後半戦へ。


後半トップバッターのミルキィホームズ。
いきなり自分たちのすぐ後ろの通路に登場し、トロッコに乗って大接近。
みもりんには今までで一番近寄れた気がします(今回およそ5m)。
ここぞとばかりにピンクのキンブレを思いっきり振り回してました。
まさかスタンド席の狭い外周通路でトロッコ演出が行われるとは驚き。




ANIMAX MUSIX 聖地巡礼アニメSELECTION!
聖地巡礼作品特集とか、何という大好物な嬉しい企画。

関西でのライブなので京アニか? P.A作品か?と期待しながら画面に注目。
地図が映し出され、最初の地は「広島県竹原市」…
たまゆらぁぁあ!
下地紫野による「これから」
しっとりと心地いい歌声で一旦クールダウン。

続いて地図は関西を大きく飛び越え、東の地を映し「宮城県仙台市」。
え?仙台と言えばWUG?? いやさっき歌ったしそのまんまだしまさか…
Wake Up, Girls!「タチアガレ!」
…って、そのまさかの2度目の登場(自分たちの持ち歌で)。
そこから鈴木このみも登場して意外なコラボ曲へ。
Wake Up, Girls!×鈴木このみ「花ハ踊レヤいろはにほ」/チーム"ハナヤマタ"
田中美海と奥野香耶といった中の人繋がりの鎌倉アニメ。
(以前聖地巡礼もしました)
全員揃っての振り付けも完璧で最高でした。


後半戦の一夜限りのスペシャルユニット。
個人的にこの日一番熱かったステージでした。
選ばれたのは大橋彩香水瀬いのり
映し出されたのはコメットルシファーのフェリアと、えっと、いのりんボイスの女の子。
え?まさかジャモって女の子やったん!?(途中で切ったなんて言えない)

映像が切り替わりOP曲のイントロが流れ始め、
はっしー💛いのりん「コメットルシファー ~The Seed and the Sower~」/fhana
うわああああああああああああああああああぁぁぁぁ

このコラボは本当に良かった!
可愛い×可愛い=超可愛いの法則。
fhanaの中でもトップクラスの大好きな曲をこの二人が歌うなんて。
原曲からしてtowanaのとても高いキーの歌を、水瀬いのりは易々と?歌いのけていました。
特に落ちサビ部分の堂々とした歌いっぷり。いのりん凄い。
あぁ…本当にありがとうございました。ご馳走様でした。

続いて選ばれたOxTとGARNiDELiA。
OxTxDELiA「オリオンをなぞる」/UNISON SQUARE GARDEN
もはや名曲。
この会場でオリオンをなぞれるとは思ってもみなかったです。
Perfectly,Euphoria!


鈴村健一は観客を楽しませることをよくわかっているエンターティナー。
歌はもちろんのことMCでも湧かせてくれました。
「可愛い女の子ばっかり出てきたところに、42歳のおっさんが出てきてゴメンね」
「最初にコラボで出てから四時間ずっと待ってたからね!?」
「Can Do歌ったときは黒子のバスケ出てて良かったーって思ったし、裏に居たらなんか俺の奥さんの曲流れてるし、WUGは早坂だったし、あ、役の話ね」
最後のコメントの時には、
「皆ありがとう、知らない曲でも合わせて歌ってくれて!」
「せめて名前だけでも覚えて帰って下さい!」
いやーいくらなんでも卑下しすぎでしょうw

後半戦の聖地巡礼アニメSELECTIONで、ついに「京都府宇治市」と映し出され…
KOTOKO × 茅原実里「DREAM SOLISTER」/TRUE
これは香織先輩マジ天使Ver.ですね。
サブステージで近くで観れたし最高でした。

その後「神奈川県横浜市」って何がある?まさかミルキィ?と思ったら…
ミルキィホームズ「正解はひとつ!じゃない!!」
ガッツリ盛り上がってその流れで、
ミルキィホームズ × i☆Ris「Enter Enter MISSION!」/あんこうチーム
そっか聖地と言えば、ガルパン大洗は外せないですよね。


大トリのfripSideの定番曲「only my railgun」でグワーッと盛り上がって終わり…かと思いきや、
フィナーレは出演者全員で大合唱「前前前世(movie ver.)」/RADWIMPS
映画「君の名は。」が聖地巡礼アニメSELECTIONの一部ってことらしいですが、これはいろんな意味で別格でしょう。
昨年の紅白曲をこのメンバーで歌うなんて感動もの。





あっという間の6時間。
声を出して、跳ねながらキンブレ振って、長丁場でもとにかく楽しいライブでした。

最近のアニソンから10年近く遡るアニソンまで幅広く披露されたANIMAX MUSIX。
アニメ本編映像が多用されるし、版権的な理由からなのか映像が無くてもしっかりとイメージ映像やコール字幕入りの映像が用意されていたり。
さらに衣装チェンジも多かったです。たった1曲だけのコラボのために準備されていたりして豪華だなと思いました。

こんな感じで感想を書いても「最高」としか表現できていない語彙力が無く稚拙極まりないですが、とにかく「最高」。

こんな大規模なイベントを関西で開催してもらえることも有難いです。
また来年以降も行きたいと強く思いました。
Posted at 2017/01/21 03:12:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
2017年01月15日 イイね!
ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」愛知 (と言いながらユーフォニアム2 聖地巡礼)

ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」愛知公演
2017年1月9日(月・祝) 開場17:00 開演18:00

会場:名古屋国際会議場センチュリーホール











2017年一発目のライブは、初めてゆいかおりのライブへ。
うえぽんさんに車を出して頂き、おんぶにだっこ状態での参戦です。



今回、「響け!ユーフォニアム2」放送終了後の絶好のタイミングでセンチュリーホールに行く機会が出来たので、ちゃっかりと聖地巡礼。


第12話は、1話まるごと全国大会(会場がセンチュリーホール)のお話。



ライブが主目的としては、かなり早めの午前10時半到着。
この時間だと人が少なめ(※物販待機列を除く)なので撮影にはぴったり。
初めて訪れる場所なのでテンションが上がります。


中庭から見る名古屋国際会議場1号館。



幻のスフォルツァ騎馬像。







ライブ前に見るとキングブレードを持っているようにしか見えない不思議。


騎馬像を3面囲むようにガラスがあるので、そこに映り込む姿もまたカッコイイ。

館内へ。









アングル合わせは凄く適当にしています。
ローアングルで試行錯誤していると完全に不審者ですから(←今更)。


光が差し込む天井の構造が綺麗だなぁとしみじみ撮影してみたり。


館外へ。

「お姉ちゃん!大好き!」の場所。




地下鉄に乗ろうとしたら、たまたま見覚えのある場所。
名古屋市営地下鉄名港線 日比野駅 1番出口。



劇中同様に最寄駅なんですね。



名古屋めしが食べたくて、みそかつ 矢場とん 矢場町本店へ。





みそかつ美味しかったです。
せっかく名古屋に来たので、やっぱり並んででも食べる価値ありました。




ちなみに今回うえぽんさんから単焦点レンズを2本譲って頂きました。


M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8  
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  
奥に立てたのはずっと使っているM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(デカイ)。

今回の単焦点はどちらもシルバー色なので、黒ボディに付けると小さくてもレンズが目立ちます。
これがまたレンズを交換・遊んでる感が出てなんか玄人っぽいなとニヤケたり(←にわか)。



このレンズで大須、栄をぶらぶら。



17mm(35mm判換算34mm相当)は使い勝手が良く、これから主戦力になっていきそうです。








45mm(35mm判換算90mm相当)は今までと勝手が違う画角で、距離感がなかなか掴めず難しい…。
ただボケが綺麗なので、上手く撮ることさえ出来れば凄く絵になりそうです。



時間を潰していたら開場時間になり、再び名古屋国際会議場へ。




物販コーナー。


今回の席は2階席。
なので、ちょうど↓のアングルから同じものが撮れました。



劇中の全日本吹奏楽コンクールとまるで同じ物販エリア。
(リンク貼るために調べましたがリアルでもユーフォ奏者の外囿さんが審査員に。)
センチュリーホールで物販と言えば、このスペースを使うんですかね。

ホール内では撮影していませんが、劇中の再現度は高かったです。



二階からステージに向かって「好きです!」と叫ぶ。
隣から「大w丈w夫wみwんwなw告w白wだwとw思wっwてwなwいwかwらw」と言われるまでがワンセット。






今回のブログの大半が聖地巡礼についてダラダラ書いてしまったところで、軽くライブについて触れておきます。

セットリストが予想を裏切る順番に。
と言っても今までのライブを知らないわけですが…。
聞きたいなー盛り上がりたいなーと思っていた曲はバッチリしてくれたので良かったです。
前山田ワールド全開の曲はやっぱりライブで盛り上がるし大好き。

割と最近の「Ring Ring Rainbow!!」がまだかまだかとずーっと思っていたら大トリに。
最後にまた叫びまくりましたとも。


幕間映像がおまけレベルではなく、もはや本編?面白すぎでした。
二人の絆を確かめる?ためのコンビ愛測定テスト
・解答マッチングテスト!
 なんと8/10問正解。凄い…息ピッタリ。

・相方が作ったのはどっち!?
 いきなりゆいちゃんのエプロン姿 …ふーっ(ため息)
 ゆいちゃんが作ったおにぎり、きゃりさん見事正解。
 しかし、きゃりさんが粘土で作ったライオン(衝撃作)については、ゆいちゃん「疲れた大人が作ったもの」と吐き捨て一発でハンマー行き。
 悪質な素晴らしい編集・演出と相まって大笑いさせてもらいました。


コールで喉が疲れ、ピンクと青、二本のペンライトを振り続けた最高の2時間半でした。



〆はSAで名古屋めし味噌煮込みうどん。

これも初めて食べましたが熱々で美味しかったです。


ゆいかおりLIVE TOUR「Starlight Link」愛知公演 セットリスト。

01.星降る夜のハッピーリンク
02.Shooting☆Smile
03.ウェィカッ!!
MC
04.恋するストール
05.marble
06.B Ambitious!
MC
07.君のYELL
08.LUCKY DUCKY!!
映像
09.オリオンからのメッセージ
10.もうひとりの私
11.Telephone Call(石原夏織ソロ)
12.Calling Calling
13.NEO SIGNALIFE
映像
14.Future Strike(小倉唯ソロ)
15.駆け抜けてBlue
16.Intro Situation
17.カナリア
18.Promise You!!

アンコール
19.真夏ハプニング
MC
20.君が世界で世界は君で
21.Ring Ring Rainbow!!

Posted at 2017/01/15 16:42:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
2017年01月05日 イイね!
伊豆半島で年越し聖地巡礼2016年大晦日から2017年お正月にかけて伊豆半島へ。













まず最初の目的地は、海女の小屋 海上亭さん。
ここに来ると伊豆らしさと、あまんちゅ!らしさの両方が楽しめるので。

このためだけに朝3時半出発。
開店前にお店に着き、開店直後からレジ前をパシャリまくります。




そんなことをしていると、店員さんが「クルマの前で撮ったらいいよ」とパネルを運んでくださり、まさかの撮影会スタートw



さらにサイン付きのぴかりまで外に。


今回はコ・ドラ(助手席)です。
前回、夏に私のDS4で来たときはこんなサービス無かったのに!←

店先でBRZとぴかりを囲み、我々カメコ二人と店員さんとで撮影会をしていると、知らないおじさんが「“てこ”も居ればよかったなー」と輪の中へ。

このおじさん、いろいろお店の自慢話を聞いていくうちに気付きましたが海女の小屋の社長さんでした。
まさか社長さんが私服でふらっと来ているなんて…。お客さんと話し込むようなとても気さくな方でした。


あまんちゅ!関連のサインと巡礼ノートの書き込みは増えていました。

主演の鈴木絵理さん、茅野愛衣さんに佐藤順一総監督とキャラデの伊東葉子さん。そして原作の天野こずえ先生。


ノートには保護フィルムなどは無し。
この機会に右手小指が触れたであろうページをしっかり触っておきました。



ポストカードが付くあまんちゅ!セットは第二弾になっていました。

海鮮丼とトン汁とところてんのセット。
このために足を運んだ甲斐があると思える美味しさでした。





この次は下田市へと南下。
せっかくなので道の駅「天城越え」へ。(大晦日ですし)

わさびソフト美味しかったです。
ただ、ここを目指して伊東市からナビ通りに県道59号線を走ったんですが、相当薄暗い&落ち葉いっぱい&対向車来たら嫌な感じな林道SS向きの道でした。
(コ・ドラとして出来ることは「対向車来てないで、たぶん」とブラインドカーブで言うことくらいw)


下田市では、下田海中水族館に行って小倉唯とバーチャルデート(※出典「High-Touch☆Summer」)の妄想に浸ろうかと考えてたのですが、市内の予想以上の込み具合で断念。


足早に爪木崎へ。

Charlotte(シャーロット)に登場した能力者の病院のモデルということで気になっていた場所です。

雰囲気が思っていたのと違い過ぎたのですが、スイセンの群生地ということでカメラ的に楽しめました。






そして迎えた2017年元旦。
伊豆半島の西側、沼津市内浦へ。
もう完全にラブライブ!サンシャイン!! の街です。

この年末年始はお天気に恵まれ、どこからでも富士山が綺麗に見えましたが内浦から見る富士山がやっぱり一番。

富士山&富士重BRZ


久しぶりに「舞台めぐり」でも遊んでみました。




長井崎中学にはこんな立て看板も。


今回は誰も居ない(※ファンを除く)お正月なので難易度は低いです。




三の浦観光案内所は、ダイヤ様のお誕生日お祝い仕様。

元旦にも関わらず案内所が開いていました(驚)

ちょうど一年前の2016年正月は閉館していました。
同志も一人か二人だったのが、今年はご覧の通り駐車場が満車。

久しぶりに大量に集まったラブライバーを見て「あぁこんな感じ」と思い出しました。(いい意味で)


沼津駅に移動し、ヌーマーズ(ゲーマーズ沼津店)へ。

巡礼ノートは2冊目になり、キャスト9人の直筆コメント付きノートとして9冊に分かれていました。


実は、沼津駅に来たもののランチの場所に困っていました。
元旦から営業のお店って少ないんですよね。

そんな矢先、駅前に目立つ看板のお店が。


ラブライブ!サンシャイン!!×雄大 SUN!SUN!サンシャインCafe 


沼津でコラボカフェをしているのは知っていたのですが、駅前一等地というとても立地の良い場所だったとは。
しかも元旦から平常営業。

お昼時にも関わらず、さすがにお正月だからなのか待ち時間も無し。
これは行くしかないでしょう、ということで入店。

これまではビアガーデンを行っていたお店のようで、テントのようなお店の造り的にもそんな感じでした。
店内にはアニメ映像とBD特典のダイジェスト?映像が流れ、BGMはAqoursの曲が大音量、飾り付けもAqours一色。



半屋外にも関わらずストーブがガンガンに焚かれて暖かく、お店自体そこそこな込み具合で居心地はとても良かったです。


曜ちゃんのヨキソバを注文。


再現度は高くこんもりと盛られていました。
元旦からボリューム満点の焼きそばをガッツリと。


沼津駅では限定のっぽパンを購入。

改札前の売店の、のっぽパンの仕入れ量は異常です(褒め言葉)。


あとは静岡らしいグルメも堪能。

さわやかのげんこつハンバーグ。


今回も美味しかったですが、さわやかっていつでも、どの店舗でも混雑しています…。


浜松では、石松餃子へ。
以前ミッコグッチャンさんが紹介していて、ずっと食べてみたかったんですよね。
元旦でも営業している浜松駅の店舗へ。


浜松餃子らしく丸くなっているのが欲しくて、車盛り25個を注文。
ジューシーでもあっさりとしていてペロリと平らげました。






帰り道、岐阜県大垣市へ。


美登鯉橋(みどりばし)

聲の形」で登場する“いつもの場所”。
ここは去年映画を観てさらに原作も読んでから、とーっても訪れたかったです。



「とても良いパンが手に入ったんだ。これはとても良いパンだ」

というわけで鯉に餌やり。

実際の川にも鯉がわんさか。
やってみてわかりましたが、コレ結構楽しかったです。
半分くらいは鯉に、残り半分は私の胃袋に。




「生きるのを手伝ってほしい」


作品を知っている人にとっては、思い入れがある場所。
実際、写真を撮るファンが多く訪れていましたが、普通に地元のファミリーやおじさん・おばさんも大勢散歩されていました。



川の中に生えた水草?も印象的に描かれていたイメージが。



…とまぁ、こんな感じで楽しんだ年末年始でした。
Posted at 2017/01/05 22:41:04 | コメント(4) | トラックバック(0) | 聖地巡礼 | 日記
2016年12月24日 イイね!
響け!ユーフォニアム2 聖地巡礼ポタリング

いよいよ最終回間近となった「響け!ユーフォニアム2」かなり面白いですよね!

あるエピソードを観たら無性に巡礼したくなり、12月18日に宇治までちょっと聖地巡礼してきました。









今回はシックスホイールスタイル。
(“スポーツ自転車=2輪”と“クルマ=4輪”足して“シックスホイール”)

いろいろとメリットがありそうなので初チャレンジ。


ロードバイクに乗り出してから早くも2か月。
季節は冬、自転車通勤は正直言うと不便ですが、「辛い」よりも「楽しい」が上回っているので苦にはなっていません。



当日の走行ログ。

黒丸は1kmごとの印です。
六地蔵駅から寄り道しながら南下、最終的に天ヶ瀬ダムまでというルート。




現地到着、朝7時半。
スタート地点は京阪・六地蔵駅近くのコインパーキング。

まず最初に、京都アニメーション・第一スタジオ。

住宅街の真ん中にアパートのようにそびえる黄色い建物。
過酷なアニメ制作の現場と言えど、ホワイト企業らしく日曜早朝は流石に人の気配はしませんでした。


京阪・六地蔵駅。

通学風景として2期でも度々登場する駅舎。




続いて向かったのは黄檗駅近くの中路ベーカリーさん。

1期から気になっていましたが、駐車場が無くてクルマでは行きにくかったところです。

朝食目的で立ち寄ったので、レジで「店内で食べられますか?」と伺ったところ、イートインスペースを用意していただきました。

え!? 普通にイラスト飾ってる!
ウェットティッシュやお冷まで用意して頂き、至れり尽くせり、ありがとうございます。


“秀一パン”で有名な「フランクデニッシュ」、美味しかったです(゚Д゚)

お店の傍には、陸上自衛隊関西補給処 宇治駐屯地。

次の機会には一般開放の際に訪れたいところ。



そして近くにはOPのイントロ部分の場所が。

まほろばという居酒屋の前です。



続けてもう一か所、OPイントロ部分に登場する場所は京阪・三室戸駅の改札前。




ここから今回、巡礼欲が大きくなったエピソードの場所へ。

第九回「ひびけ!ユーフォニアム」
サブタイトルが作品タイトルって最終回みたい、まさに神回でした。


通学路の住宅地。

北宇治高校のモデルとなっている京都府立莵道高等学校に向かう途中です。


ここが“靴ひも事件”の場所。





ここからはすぐ先の莵道高校へ。
…のはずが、莵道高校って住宅街を登りきった山の上にあるんですよね。

私のようにいつも平地ばかり走ってロードに乗った気でいる、もやしっ子ライダーにとってはこの坂がかなりキツいヒルクライム。

危うく食べたばかりの秀一パンをみぞれ先輩する(隠語)寸前で、正門に到着。
あすか先輩をはじめ、ここまでチャリ通している生徒の脚力は相当なものですよ。

日曜朝でも通学中の生徒が多い正門前で、はぁはぁ言っている不審者状態。
先ほどの写真含めミラーレスを堂々と構える勇気はなく、撮影のタイミングには気を使いました。





ここから住宅街の真ん中を突っ切って下っていきます。
その途中に見覚えのある風景がいくつか。



1期で登場した風景。







三室戸駅を通過し、宇治川河川敷へ。

目指すは宇治橋より北にある水道橋。


個人的には、この橋のたもとが2期で最も印象的な場所だと思います。




OPで観ていた時は、てっきり久美子と麗奈だと思っていましたw




この神回の絵コンテ・演出は「境界の彼方」の石立監督。

どれも朝だと逆光で、写真写りが悪くなってしまいました…。








周囲の風景も完全に一致。
毎度のことながら非常に再現度が高いです。




ここから南下し、まだ観光客が訪れ始める前の宇治橋周辺。



平等院近くの久美子ベンチは対岸から撮影。







さて、もうひとつ巡礼に外せなかったエピソード。

第十一回「はつこいトランペット」

麗奈の取った行動と想いが重すぎて、怖かったエピソード。



1期の「本物の特別になる」宣言以来、再び登場した夜の大吉山。

「こんなこと言うとまた性格悪いって言われるかもだけど…。もう奥さん、いないんだよ」

昨夏、この場所には三脚を担いで登ってきました


回想シーンに登場する観流橋。





ここから2kmほどペダルを回して天ヶ瀬ダムへ。




そういえばこのダムは1期のOSTのジャケットでも使われていました。




この撮影地は下流側にある白虹橋。
ちょうど新しい橋へと架け替え工事中です。



ここまでは順調に進んでいました。

次に坂の途中から↓の風景を撮ろうとスマホを構えてアングルを調整…。

そんなことをしていると自転車を倒してしまいました。
これまでも数回倒したことはあったので、「あーぁ、また傷が…」くらいに考えて引き起こすとチェーンの脱落が。
しかもフロントとリア両方、さらにリアディレーラーが曲がってしまい後輪スポークとの干渉が起きてしまっていました。
まだ時刻は朝10時半ごろで時間的な余裕はたくさんあったのですが、自力での復帰は断念。
工事現場のガードマンに声を掛けて自転車を暫く置いてもらい、徒歩&電車で駐車場まで戻って、再びクルマでダムまで自転車を取りに来ることに。

なので今回の走行ログは往路の14kmだけ。

予定では復路で少なくともあと10kmは走るつもりでした。
特に往路では撮影のために走っては止まりを繰り返していたので運動らしいこともなく、消化不足な感じは否めません。


トボトボと歩いて平等院の近くまで戻り、宇治市観光センターへ。

中には大きなパネルや交流ノートが設置されていました。



京阪・宇治駅。

図らずも初めて久美子たちの電車通学の風景を楽しむことが出来ました。
宇治に来た際はいつもクルマ移動なので、電車にはまず乗ることがないと思っていたので。

車内の様子にアニメの再現度の高さを感じたり、あと実際にはワンマン運転なのが意外でした。


六地蔵駅までまっすぐ乗ればいいものを、咄嗟に一つ手前の木幡駅で下車。

やっぱり宇治を訪れて、京アニショップをスルーすることは出来ません。

Birthday Concertシリーズのあすか先輩の生原画(一枚の紙にキャラクター、楽器、ドレスなどが綿密に書き込み)が展示されており、店内滞在時間のほとんどはコレを舐めるように見ていました。


店内を物色して、聲の形カレンダーを購入。



その後、ダムまでクルマで戻り自転車を積み、ラーメンを食べて帰りました。




自転車は購入したショップに持って行き、お勧めはしないと注意されながらディレーラーハンガーを曲げ戻したり修理・調整をして、なんとか乗れるレベルには戻してもらいました。
ディレーラーハンガーが3000円程度と言えども高いと感じるので今回は交換せず。






今回感じた個人的なシックスホイールのメリット。
・家から離れた目的地でも簡単にサイクリングが楽しめる。
・駐車場は多少遠くても安い場所が選べる。
 スポーツバイクの行動範囲は広いので、目的地近くの割高な駐車場でなくてもOK。
・駐車場が無い場所、狭い場所にも行ける。
 車だといっつも悩んでいた問題がこれで解決されます。

・みんカラ的に大きなメリット
 →愛車との記念撮影がし易い。
  どこでもフラッと立てかけて撮影出来るし、何よりもナンバーのモザイク処理が不要。


デメリット。
・車載性の問題。
 自転車を積んでしまうと自転車以外大きな荷物が運べない。
・自転車はパンクなどのトラブルが起きやすいと思う。(多かれ少なかれ車でも起きますが)
・雨の日はイヤ。

結論:シックスホイールはいいぞ。




関西圏内で近いにも関わらず久しぶりとなった宇治。
2期で気になった場所に訪れ作品の雰囲気を存分に味わうことが出来ました。



そして、次の曲が始まるのです。

Posted at 2016/12/24 20:27:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | 聖地巡礼 | 日記
2016年11月24日 イイね!
ChouCho Live Tour 2016 大阪公演ChouCho Live Tour 2016 bouquet ~ChouCho ColleCtion~

11月20日(日) 
大阪・ESAKA MUSE 
開場16:30/開演17:00










整備完了後、ディーラーから直行でライブハウス近くの高架下のコインパーキングへ。

開場時刻の少し前に会場到着。

外の回り階段に並ぶのですが、客層はおじさんが多いような。
ほとんどは20代なのですが、それでも予想以上に年齢層が高いような。
「何で?まさかガルパンおじさんを取り込んだとか?」と勝手に予想してました。




今回の整理番号は120番代。
会場に入り、ほぼセンターの前から7,8列目くらいの位置を確保。
もみくちゃになるのは嫌なのですが、今回の客層を見る限り大丈夫そうなので。
実際、圧縮などは起きずライブ全体を通しておとなしいものでした。


生バンドの演奏でのライブで、全曲が知っている印象よりもバンドアレンジVer.って感じでカッコ良くなっていました。


~ハイライト~

最新曲「Asterism」から「starlog」と、プリズマ☆イリヤコンボで会場がピンク一色のペンライト。
この流れがこの日まず一発目の盛り上がり。


ギターの方がアコギに持ち変えて演奏が始まった「夏の日と君の声」

「グラスリップ」のOP
さわやかな曲で〝夏の福井”をやっぱり連想します。


後半に差し掛かる頃に衣装チェンジ。
残ったバンドメンバーで何をするのかと思いきや…
「戦車道行進曲!パンツァーフォー!」バンドVer.
曲が始まった瞬間に思わず笑い声が沸き上がったりw
泣きのギターがカッコ良かったです。
カモフラなミリタリー風衣装で再登場し、そこからガルパンコーナー突入。

ここまでずっと何故Chouchoのイメージカラーが緑色なのか不思議でした。(会場内も基本は緑のペンライト)
ここに来て、ガルパンのイメージ(戦車・陸自=緑)からか?と勝手に納得。


「DreamRiser」でこの日一番の盛り上がり。


「ガルパンおじさんはどれくらい居るのかな?」
ほぼ全員「はーい!」「ガルパンは良いぞ!」
Chouchoにとってターニングポイントとなったガルパンは、夢を3つも叶えてくれた作品。
・アニサマ出演。
・オーケストラとの共演。
・映画の主題歌。
それだけに作品への思い入れが一層強いそう。

ガルパン関連4曲に続き、「優しさの理由」キター!

「氷菓」の前期OPで、個人的に最も生で聞きたかった曲。
これを聞くと夏の飛騨高山を連想します。


アンコール終了後、電気がついてから「もう一回コール」が。
流石にないだろう…と出口に向かっていた矢先、大きな歓声とともに再度ステージにChouChoが登場。
地元大阪への思いと挨拶をしてくれました。

予想通り2時間ちょっとのライブ。
最近のアニメ主題歌てんこ盛りで、聞きたい曲が生で聞けて最高のライブでした。
ChouCho自身がMCで言っていましたが、ワンマンライブの回数が少ない方(1年か2年に1回程度)なので、今回参加できたのはとても良かったです。



おまけ。
ライブ中のMCにて。
「私大阪出身なんですけれども、実はココ、江坂には思い入れがあって…」ほう。
「実は家が近所で」ほうほう。
「大学時代はこの近くのパン屋さんでバイトしてたんですよ」ほほほう!
「今でも在るかなと思って今朝行ってみるとあったんですよ。ここから徒歩一分なんで皆さんぜひ!ってなんで宣伝してるんだろうw」
オススメはカツサンドとのこと。
これは行かねば(使命感)

という事でライブ後、直行。

19時過ぎから急に繁盛するパン屋さんの図。

やっぱり同じ思考の人ばっかりw
こういった現象が起きると噂には聞いてましたが、自分も直面するとは。

残念ながらカツサンドは売り切れてました。
でも記念にパン2つ購入して帰りました。



ChouCho Live Tour 2016 bouquet ~ChouCho ColleCtion~ 大阪公演セットリスト

01.bouquet
02.BLESS YoUr NAME
03.空想トライアングル
04.空とキミのメッセージ
05.Asterism
06.starlog
07.夏の日と君の声
08.大切な宝物
09.Starting up
10.あの空に還る未来で
11.ハルモニア

戦車道行進曲!パンツァーフォー!
12.ガルパンメドレー(GloryStory~希望の絆)
13.眠れる本能
14.DreamRiser
15.優しさの理由
16.カワルミライ

アンコール
17.Authentic symphony
18.piece of youth
Posted at 2016/11/24 22:02:30 | コメント(7) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
プロフィール
「ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA http://cvw.jp/b/1650401/39203941/
何シテル?   01/21 03:12
DS4 Chic 6EGS brun hickory (ブランヒッコリー)へ 乗り換えを機に、みんカラを始めました。 晴れの日を中心にロードバイクで自転...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
買い物と修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/31 21:57:19
花見で会おっさ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/13 12:57:44
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-を巡るツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/16 21:26:18
お友達
お誘いを受けるのはとっても嬉しいです。
※でも、他人に送ったのと同じような定型文でのお誘いは止めてください。
100 人のお友達がいます
gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ * ミッコグッチャンミッコグッチャン *
ビバーチェビバーチェ * hiko206hiko206 *
高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん * Tknk207Tknk207 *
ファン
46 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン DS4 シトロエン DS4
あらゆるところから漂う、フランスの香りに酔いながら 異文化コミュニケーションを楽しんでい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.