• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラン・ヒッコリーのブログ一覧

2018年02月20日 イイね!

ChouCho Live Tour 2018 大阪

ChouCho Live Tour 2018 大阪

ChouCho Live Tour 2018 ~color of time~
大阪公演
2月18日(日) 開場 16:30 / 開演 17:00
会場:ESAKA MUSE













一年ちょっとぶりのChouChoワンマンライブツアー。
前回初めてChouChoのライブに行って、素晴らしいパフォーマンスはもちろん、観客の盛り上がり具合的にも自分に合っているなと感じたので、またライブハウスに足を運びました。



当日、朝イチは梅田で映画鑑賞。
alt

総集編と言えどライブシーンいっぱい、バトルもいっぱい。
大スクリーン&大音響は良いです。



その後、内田雄馬たそ繋がりで福島方面へ。

alt

関西将棋会館。
今何かと話題の将棋界、西の聖地。


エントランスにまで入りましたがJSは居ません← (男子小学生なら親子で数組居ましたが)

そう言えば、この場所は映画「聖の青春」の冒頭シーンで観たなーと思ったり。


一階の喫茶店でランチ。
見覚えのある店内は、昔ながらの喫茶店っていう感じでした。

alt

「本日のランチ」はフライ盛り合わせ。
調理風景が良く分かるカウンター席で頂きました。




徒歩3分、福島聖天通商店街。

alt

alt



alt

alt



alt

alt

ししょーの家はココか…。






そして夕方。
alt
開場時刻前にライブハウスのあるテナントビル外の階段へ。
並んでるファンの年齢層は高めな印象。



今回の整理番号は130番代。
会場に入ると、ステージ左側の6列目くらいでスタンバイ出来ました。



スモークを焚き始めていよいよ開演時刻に。
四人のサポートメンバー登場、ChouChoは金色のドレス風衣装で登場。
やっぱり脚キレイ←



今回のツアーアルバムは、バラードよりな穏やかな曲が多いです。
まだ盛り上がっていない序盤、3曲目に『妹さえいればいい。』OP曲のイントロが!

作詞:松井洋平 作曲・編曲:yuxuki waga(fhána)


個人的にライブで聞けるのが一番楽しみだった「明日の君さえいればいい。」。
ライブで聞くとまた一段といい曲です。




アップテンポな曲ではペンライト。
個人的にライブハウスでペンライトを振れるアニソン歌手は少ない気がしますが。
基本的に緑。
プリヤ系はイリヤピンク。
ましろ色シンフォニーOPは白色…みたいな感じでした。



「kaleidoscope」が流れた時も盛り上がりましたが、アウトロが「starlog」なんですよね。
で、その流れで次の曲は「starlog」というプリヤコンボ。



地元・大阪の定番トーク。
「大阪でライブやる度に地元トークをしてるけど、段々話すネタが無くなってしまって…
何度も言ってけど、江坂と言えば元バイト先。 バイト先がココのすぐ近くクックハウスっていう…
ライブ後にこの人数で押し寄せたら良いんじゃないかな!」
観客をパン屋にがっつり誘導するChouChoさんw

「デビュー直前の8年前までは大阪にいて、バンド活動、最初はロック?私ってロックって感じじゃないよね?」
と、 アニソンコピーバンド時代を語ったり。
「その時にアニメソングの持つ"力”を知って、アニメソングって凄いなーと感じたり。
アニソンをきっかけでアニメを見た作品も多いんですよ、例えば『Ζガンダム』とか『マクロスフロンティア』『「けいおん!』…。
私もアニメを知らない人が、私の歌をきっかけでどんなアニメなのか観てみる、みたいなことが出来れば良いなー」
と、アニソンアーティストならではの気持ちを話してました。




アンコールではライブTシャツ&ホットパンツ姿で再登場。
(やっぱり脚キレイ←)

アンコール1曲は「DreamRiser」!
これでガルパンおじさんの盛り上がりは最高潮。
ChouCho「ガルパンはいいぞぉ~(ゆるい感じで)」

フィナーレは「優しさの理由」!!
定番曲を最後の最後に持って来てくれました。
今回のライブは最新アルバム曲がメインだとしても、盛り上がる定番曲も聞きたいなーと期待してたので、大好きな「氷菓」OPも聞けて大満足。

きっちり2時間。

楽しいライブでした。

その後は最寄りのパン屋、cookhouse 江坂オッツ店へ。

alt

美味しそうなパンを2個ほど買って帰りましたとさ。






ChouCho Live Tour 2018 ~color of time~大阪公演 セットリスト

01.アリア
02.color of time
03.明日の君さえいればいい。
04.one and only
05.Asterism
06.Authentic symphony
07.薄紅の月
08.セフィロトの木
09.Elemental World
10.ワンダーテイル
11.piece of youth
12.bouquet
13.カワルミライ
14.kaleidoscope
15.starlog
16.searchlight

EN1.DreamRiser
EN2.優しさの理由

Posted at 2018/02/20 22:33:26 | コメント(6) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
2018年02月11日 イイね!

Aqoursファンミーティング名古屋(昼の部)

Aqoursファンミーティング名古屋(昼の部)















ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動
LIVE & FAN MEETING ~ Landing action Yeah!! ~

名古屋公演<1回目>
2018/2/3(土)開場13:00/開演14:00
会場:名古屋国際会議場センチュリーホール



2月に入り、2018年初のライブ参戦です。
ラブライブ!サンシャイン!!の公式ファンクラブイベントに行ってきました。

なぜ名古屋公演なのかというと、それまでの公演はチケット抽選に落選したから。
ファンクラブの会員権付きのCDを購入後、大阪会場、沼津公演を何度も申し込みましたが全て落選。
後半戦となる名古屋公演でようやく一つ当選出来ました。

去年のドーム公演に引き続き、この幸運をうえぽんさんと分かち合うことに。
と言う訳でうえぽんさんのドライブで名古屋へ。






え、名古屋ってこんなにはよ着くん?ってくらいに早く着いたので自転車屋さんへ。
「ロードバイク 名古屋」で検索して気になったお店に足を運びました。

alt
Circles(サークルズ)
1Fだけでなく2Fもあり意外と大きなお店。
店内には一般的な自転車ブランドとは違った、知らないおしゃれブランドの数々。
欲しかった冬用のウェアもちょうどセール中。

いろいろ見て、CAFE DU CYCLISTE (カフェ・ドゥ・シクリスト)というフランスのサイクリングウェアブランドの冬用ジャケットを半額で購入。
ちょうど我々以外の客がおらず、店員さんとじっくり商品を見ることが出来て良かったです。




ランチはコメダ珈琲でみそカツサンド。

alt

名古屋めしを食べ、ファンミに向けてエネルギー補給。





会場となるセンチュリーホールへ。

alt

ココにはほぼ一年ぶりの再訪です。



チケットをもぎられた際に本人確認はさることながら、手荷物検査も一切なかったのには驚き。
alt



alt

ちかっち達のフィギュア展示もありました。




座席は1Fのほぼ真ん中。
すぐ後ろにはPAブースが組まれていました。



これまで他のファンミについては、一切情報を遮断してきたのでどんな風になるのか楽しみでした。


5分ほど遅れて開演。
テーマ曲「Landing action Yeah!!」のショートVer.からスタート。
衣装は「MIRAI TICKET」のモノ。


恒例のメンバー挨拶では、二期の台詞を踏まえてりきゃこの「梨子ちゃんビーム!」が追加。
さらに何故か「名古屋初日」と言い間違え、「二日目は無い」と総ツッコミを受けていたり。

トークコーナーについて
・RPGの職業に例えると
 ヨハネ・ルビィ→魔法使い(ふりりんはやっぱり絵がめっちゃうまい)
 鞠莉→ラスボス あいにゃ「なんか召喚とかしそうじゃない?シヴァとか」←「既存名言うな!w」
 花丸→セーブポイント
 梨子→姫(画伯らしいイラストで)


・メンバーの癖
 あいにゃ→笑い方(指摘され思わず天を仰ぐように上向いて笑いだす)
 あんちゃん→笑う時手で口を隠す(指摘された時も手で隠していた)
 りきゃこ→人の話を聞いていない



・指名されたメンバーの良いところを他者が挙げていく
 すわわについて
 ふりりん「声が独特」(ふりりんが言うな)
 しゅかしゅー「肌がキレイでマシュマロみたいで美味しそう」「この前も二人でポッキーゲームしてて~」←サラッととんでもないことを言い出す)
 すわわ「前歯砕きそうな勢いで迫って来て~」

 きんちゃんについて
 ふりりん「負けず嫌いで頑張り屋なところ」
 ビブラートが上手い →実際に披露 ♪ずぅらぁ~~~~ぁ
 寝顔が可愛い →実際に披露 自然と口角が上がって可愛い「でもいびきがうるさいんだよ」
 

「2月はメンバーの誕生日が一番多い月」というメッセージから、あんちゃん、ふりりん、ありしゃに大きなバースデーケーキのプレゼント(サプライズ)。
食べようとしたら「あいあい、顔から行っちゃダメだよー」「だめだよ、終わってからにしよ」とイジられるふりりん。
この模様はしっかりとAqours CLUBレポートに動画配信されてました。



ライブコーナーについて
2期OPはショートVer.で。

フル披露は3rdライブに取っておくのでしょう。


「Daydream Warrior」キレッキレのダンスが正面からバッチリ観れました。

「HAPPY PARTY TRAIN」

alt

会場周辺で有志が配布していた"果南レール"、会場一体となって綺麗でした。

韓国のファン発祥のモノで、各会場ごとに凝ったリーフレットが配布されているようです。
alt

ちなみに反対面は"ヨーソロード"

1stライブ以来、1期挿入歌の中で大好きな「MIRAI TICKET」も聞けて最高でした。

その場でアンケートを取って披露する曲を決めるものがあったり。
「ユメ語るよりユメ歌おう」「太陽を追いかけろ! 」「Pops heartで踊るんだもん!」「サンシャインぴっかぴか音頭」の中からペンライトで投票。
結果、私も投票した「太陽を追いかけろ! 」を披露。
BD特典曲という珍しい曲は、こういったファンクラブイベントとかで是非聞きたかったので選ばれて良かったです。



名古屋公演 昼の部 セットリスト
Landing action Yeah!!(ショートVer.)
未来の僕らは知ってるよ(ショートVer.)
Daydream Warrior
HAPPY PARTY TRAIN
Step! ZERO to ONE
青空Jumping Heart
MIRAI TICKET
太陽を追いかけろ!
Landing action Yeah!!



イベントはきっちり2時間で終了。
最後は規制退場しつつ、メンバーによるお見送り会。
1F中央部は座席付近で30分以上待機となり、ホールから通路に出たとたん二列で早歩き。
私が進んだ列がちょうどメンバーが並んでいる側だったので、本当に間近。
最初ありしゃと目が合い、メドューサの如く思わず脚が止まってしまう。
すかさず係員にグイっと背中を押され、その後今度はしゅかしゅーと目が合いました。
トータルで3秒くらいの出来事ですが、Aqoursに最接近出来たこの瞬間はこの先ずっと忘れないでしょう。


会場外の物販ブースで、記念スタンプをゲット。

alt

このためだけに、CDに付属していたパスポートを持参してました。



ライブイベントが終わってもまだ夕方。
時間あるのでもう一つ気になっていた自転車屋へ。
サイクルテラス熱田店 
まさに、本格的な高級ロードバイクも取り扱う大きなイオンバイクって感じでした。
色々見て廻って、ここではクウハクというブランドのチェーンロックを購入。




晩御飯は、金山駅周辺だけでも数店舗ある世界の山ちゃんで。
alt




「幻の手羽先」

alt

スパイシーでビールとの相性、最高ですね!
クルマの運転をうえぽんさんに任せて、一人がっつりビールを頂きました←



こんな感じで、とっても満喫したファンミーティングでした。


こうして2018年のライブイベント参戦がスタートです。

Posted at 2018/02/11 17:11:54 | コメント(5) | トラックバック(0) | ライブ | 日記
2018年01月28日 イイね!

ゆるふわレース? ままちゃりGP in 岡山国際サーキット

ゆるふわレース? ままちゃりGP in 岡山国際サーキット











真冬のこの時期にサーキットデビューを果たしました。


ままちゃりGP in 岡山国際サーキット

2018年1月21日(日)
チーム対抗 ままちゃり6時間耐久レース




ずいぶん前から「出たい!」とオフ会中に話が出ていた ままちゃりGP。
今回ついに山陽欧米からロードバイク保有者が集まり、参戦してきました。


"TEAM山陽欧米"は、6人のライダーがエントリー。
サーキットでレースと言っても所詮「ままちゃり」なので、個人的には順位なんて気にせず、ゆるーく楽しもうというスタンスでした。


しかし、言い出しっぺのリーダーはヤル気満々。
当日は乗り合わせの軽トラで5時半に現地着。(サーキット開門は6時)

alt
SUPER GT観戦並みに朝早く向かいましたが、それでも既に待機列が出来てました。


サーキット内に入りピットで荷下ろし。
この早朝の行動は場所取りのためでしたが、ピット割は運営側から指定されており、心配していたコンセントの数も十分にありました。

alt

まだあたり真っ暗…。



6時半から結構厳格な車検が開始。

alt



レギュレーションは市販無改造のままちゃりであること。

alt

ヤル気・スポーツ性溢れるフレーム形状禁止。



赤いボディーカラーが眩しい、我らが9号車。

alt

6段変速は信頼と実績のシマノ製。

alt


alt






明るくなってきた7時ごろ。

alt



ゆるキャンテントの設営もひと段落。

alt

サーキット内でふゆキャン気分をふんわりと味わいながら寒さに抗っていました。(電気ストーブ最高)



8時20分からのミーティングにも参加。

alt
要注意ポイントなどしっかりと説明されました。




その後練習走行など挟み、午前10時。

alt

ランエボに先導されながらいよいよ6時間耐久レースの開始。

alt



全114台のままちゃりがホームストレートを走っていく光景はなかなか。

alt

ちなみに今大会ではサーキットを逆走していきます。



1巡目、チームの作戦としては1周交代。

ライダーは6人なのでだいたい1時間に一度出番が来ます。


1周が3,703mの岡国では、10分くらいのラップタイムかなーと思いきや、第一走者のShin.Nさんがいきなり7分台をマーク。
汗だくで走ってきたその姿に触発され、私も頑張ってみることにしました。





あとは6時間、ライダー兼カメラマンとして楽しんでいました。

alt

alt

alt

alt

alt


alt

alt

平然と2周走破をやってのけるエースライダー ふっきーさん。

数回ホームストレートを走っていました。



Shin.Nさんも、ピットに戻って来るかと思いきやそのままホームストレートへ。

alt

男前です。

alt




教えてもらって途中から採用したエアロポジション。

alt

前かごを掴み前傾姿勢をとることで風の抵抗をグンと抑えることが出来ます。

深い前傾姿勢でサイコンに表示される速度を凝視しながら、必死にままちゃりを漕ぐ日が来ようとは。



優勝を目指して段違いの速度で走るチームが居れば、

alt

コスプレを楽しんでいるチームも。

alt

alt

うまるーん。






応援に駆けつけてくださった皆さんのあったかい料理でエネルギーチャージ。

alt

alt

alt



alt

alt







後半ではギアが欠け、5速が入りにくくなるという耐久レースらしい?マシントラブルに見舞われながらも無事完走。


16時、ラストライダーは私。

alt

結果的に岡国をママチャリで6周走りました。




結果は49位!(全114台)

alt


ゆるふわ勢とシャカリキ勢の速度差が激しいので、まるでSUPER GTみたいに速度の違う混走レースでした。
頑張ればもっと上位に行けるかも。

しかし、一番の反省点は「自転車の停車時間を無くす」ことでしょう。
ピットに戻って来ても、次のライダーが居ない状況が何度かありましたから…。
私もやっちゃいましたが、暖かいテント下から動きたくないんですよねー。



alt

ままちゃりGP、楽しいイベントでした。

Posted at 2018/01/28 16:30:06 | コメント(6) | トラックバック(0) | オフ会 | 日記
2018年01月09日 イイね!

「ろんぐらいだぁす!」「Just Because!」「ラブライブ!サンシャイン!! 」巡礼ライド

「ろんぐらいだぁす!」「Just Because!」「ラブライブ!サンシャイン!! 」巡礼ライド














年末年始の冬休みを利用して聖地巡礼してきました。
サイクリングもしたいのでロードバイクで、です。

目的地は神奈川県 座間市&藤沢市、そして静岡県沼津市。

ろんぐらいだぁす! 
Just Because! 
ラブライブ!サンシャイン!!  
作品名を並べてみると「!」がまぁ多いこと…。





2017年大晦日の朝、小田原市からサイクリングスタート。
兵庫から500kmを自転車で3日掛けて走った、って書けたらカッコいいですが貧脚な私はシックスホイール(車載)です。
alt






スタートしてすぐに巡礼感を満喫。
alt
μ'sもAqoursも訪れた国府津海岸。

やっと足を運ぶことが出来ました。



どんよりとした曇り空の下、目指すは座間市 相武台前。

ろんぐらいだぁす!雛子先輩の実家モデル・北京料理双龍でランチを頂くべくペダルを回します。


途中、国道一号線沿いで休憩がてらコンビニに立ち寄るとそこにはバイクラック。
alt

普通のコンビニにバイクラックがあるなんて感激です。
確かに湘南の海岸線を走るローディは多く、ジョギングされている方はそれ以上でした。


寒川というエリアを走っているころ、ついに小雨が降りコンビニでちょっと雨宿り。
気温も上がらず3℃、4℃なので体感温度は極寒でした。





そこからもぐいぐい北上していき、北京料理双龍へ開店時刻に到着。
シャッターを開けてる最中の大将さんが「寒いから」とご厚意で早めに店内に入れてくれました。

で、中に入ると店内のカオスっぷりが凄い…。
撮影許可を得て何枚か撮ってみました。

alt


alt


alt


alt

※中華料理屋です。




サイン色紙も。
alt


alt








alt

何気なく座った端っこの席ですが、ちょうどあらあらうふふ弥生先輩がOPでパシャパシャしてた席。




オーダーは裏メニューからろんぐらいだぁす!セット

alt

ラーメンも唐揚げも叉焼も全て美味しかったです。


alt

特に杏仁豆腐が絶品!生きてて良かった…と称されるほどと店員さん仰っていましたが分かります。
しかし、お腹空かせて来てたのですがこのボリュームはなかなかなモノでした(*´3`)-з.

ご飯を食べてる最中に、続々とやって来るお客さんですぐに満席に。

お会計後、店員さんが記念撮影しますよ、とのことで雛子先輩とも一緒に撮って頂きました。
alt
遠征のメインイベント完。


料理はおいしくてサービス満点。
地元の方はもちろん、大勢のサイクリストにも愛されているお店なんだと実感しました。
スタンプカードも貰っちゃったしまた行きたいです。







摂取したカロリーを消費すべくまたサイクリング。
alt

亜美ちゃん達の最寄り駅として度々登場するつきみ野駅。



そこからすぐ近くの境川サイクリングロードへ。
alt
この水道橋近くを起点に、亜美ちゃん初サイクリングのコースをなぞる形で南下していきました。


柵の形が自転車になっている地域(ハンガーノックしてた場所)は、意外と南の方でした。

alt

もっとスタート近くでふらついていたのかと思っていましたが。



alt

「自転車に乗っていればまた会えるんじゃないか」の場所。





そこからさらに南下していくと、見覚えのある橋が見えてきました。
alt



キヤノンアニメJust Because!の舞台のエリアに突入です。
alt







alt
「リハビリ中だから下手だよ」と言いながらもトランペットを吹いてくれる系女子は居ませんでした…。



神奈川県立深沢高等学校。
alt

「東京こわかー」
alt
「ここ神奈川な」



湘南モノレール・湘南深沢駅。

alt

コンビニでチョコを買ってくれる系女子は居ませんでした…。

駅に向かう最中に、頭上をJB!号のモノレールが通過しましたがスマホを構えるのは間に合わず。



深沢小学校前バス停。
alt




グルメシティ鎌倉店。
alt

あったかいお茶を買って待ち伏せしてる系女子も…(以下略。

生憎の天気でしたが、冬の曇り空が作中の雰囲気とマッチしているような。


新江ノ島水族館(“えのすい”)。

alt

黒タイツ姿でカツンカツン足音を響かせるオッサンは、これ以上先に入ることは出来ませんでした。



江ノ島に上陸するのは久しぶり。

alt



ポスターもありました。
alt






記念に江ノ島っぽい写真も。

鎌倉高校前踏切。

alt

警備員が配置されるほど大勢の海外からの観光客。

江ノ島。

alt


茅ヶ崎サザンC。
alt




ここを最後にあとは出発地点に戻って、この日のサイクリングは終了。


alt
鴨宮のビジネスホテルで年を越しました。






2018年元旦。


朝、箱根新道をクルマで移動し、沼津駅近くのコインパーキングへ。
ラブライブ!サンシャイン!!の舞台、沼津・内浦に足を運ぶのも5回目。
いままではクルマばかりでしたが、今回は初めて自転車でサイクリングです。
内浦の長閑な海岸線をサイクリングっていうのが憧れでした。



丸勘が7時半から営業しているとのことなので、みなと新鮮館に8時半頃に行ってみると物凄い数の人。
長蛇の列を整理している店員さんに聞いてみると、およそ2時間待ちとのこと…。
ここで朝ご飯の予定でしたがパスしました。

沼津港エリアは初めてなので、びゅうおの近くまで行き記念撮影。

alt

この日はいい天気、絶好のサイクリング日和。
(若干の筋肉痛がありますが)



次に、曜ちゃんちに立ち寄ってみました。
欧蘭陀館

alt

さすがに元旦営業は無いだろう、と思いきや店先に3人並んでいます。
話を伺うと、あと1時間ほどで開店とのこと。
この機会に曜ちゃんちデビューしました。


alt

入り口すぐに曜ちゃんグッズの数々。


alt


alt

※喫茶店です。



alt

しゅかしゅーのサインも。


alt





alt

美味しいコーヒーとモーニングを頂きました。





ちなみに元旦は黒澤ダイヤの誕生日。
ダイヤコーヒーの前も通ってみましたがたくさんの人でに賑わっていました。



ナティ沼津。(ここから舞台めぐりで撮ったAR写真をちょくちょく使っています)

alt

2期 第5話「犬を拾う。」が個人的には一番好きなエピソード。
クルマじゃなかなか行けない場所ですね…。


alt
ジャンボエンチョー 沼津店。



内浦地区へ。

バク転練習場三津海水浴場。

alt

AR撮影しても影が無いのが不自然極まりないなと思い、ごまかしてみる。↓
alt

千歌ちゃんち、安田屋旅館。


タイミング良く、みとしーでラッピングバスと遭遇。

alt

奇跡だよー。


alt

初めて伊豆箱根バスの方を近くで見れました。
(今までは東海バスばかり。 逆に今回、東海バスは見れませんでした)


続いて、三の浦総合案内所へ。

alt

まさかのバイクラック完備!
この辺りの道路路肩には自転車道の青いマークもあったので、こういったサイクリスト歓迎ムードが嬉しいです。

ここも昨年に引き続き元旦から大賑わいでした。
alt
過去最高に゛ラブライブ案内所”と化している状態。


alt


alt


alt

alt


記念にお正月限定まちあるき缶バッジをゲットしました。
alt


alt



ちょうどレンタサイクルが戻ってきていたり。

alt

3ユニットVer.のラッピング電動アシスト自転車。
ここでも沼津の気合の入りようを垣間見ました。


続いて、いつもの長井崎中学校。
alt
当然の如く元旦からここにも数名のライバー達が。


alt


alt

みかん畑に囲まれた高台の学校は、ほんの少しですがイイ感じのヒルクライムでした。





ここから来た道を戻るだけではなく、伊豆長岡方面へ。

伊豆長岡駅も初めて立ち寄るポイント。
alt
バス、タクシー、列車に加えて駅舎まで全面ラッピングとは、いずっぱこ頭おかしいんじゃ(褒め言葉)


alt



ご機嫌いかがかなん?

alt

ダイブいい感じー!



駅構内や売店もなかなかでした。
alt



ちなみに、どこに駐輪しようか?と無難な立てかけ場所を探していると、ここにもバイクラックがありました。

alt

サイクリストに優しい街、沼津。




沼津駅周辺に戻り、ヌーマーズへ。
alt



沼津駅北口には新しく巨大タペストリーの展示も。
alt

駅の改札を出て目の前のロータリー脇に「ようこそ!沼津へ!!」ですよ。
沼津市のサンシャイン人気へ便乗してる感凄まじいです(褒め言葉)



駅北口のキヨスクで、のっぽパンも購入。
alt




すぐ隣、ダンス練習場として登場していたプラサ ヴェルデ
alt

ここを最後に駐車場に戻ってサイクリング終了。


alt



二日間でおよそ180km。
新車の納車直後ということもあり初期伸びは十分にできました。


クルマでドライブも楽しいですが、サイクリングだとその土地の空気感を一層味わえるのがやっぱり魅力だと思います。
今回、ロードバイクにハマったきっかけとなった作品、ろんぐらいだぁす!の舞台をサイクリング出来て本当に楽しかったです。

Posted at 2018/01/09 21:44:48 | コメント(5) | トラックバック(0) | 聖地巡礼 | 日記
2018年01月01日 イイね!

カレラ購入しました!

カレラ購入しました!


明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

まずクルマに関して。
五歳のDS4はODO 9万km目前で、特に問題はありません。






そして今回は自転車趣味の話です。

念願のセカンドバイクを手に入れました。

alt

CARRERA PHIBRA EVO (カラー:A7-130 GLOSSY)


ロードバイクに乗り出して一年ちょっと。
これまで自転車通勤をメインに、グランフォンドやセンチュリーライドといったロングライドイベントにも三度参加しました。

ロングライドは楽しいです。
でももっと楽に気持ちよく走りたい。
そうすると沸き上がってくるのがカーボンフレームへの憧れ。
しかし今以上に高額な自転車を会社に乗って行くのは精神的に良くありません…。
そこで今までの自転車(アルミ/ティアグラ)は通勤用として、趣味まっしぐら用としてセカンドバイクを購入しようと決意。





条件としては、
・フレーム素材:炭素繊維強化プラスチック(カーボン)
・コンポーネント:アルテグラ以上
・ロングライド向け(エンデュランス、コンフォート)
・スローピングデザインのフレーム。直線的なデザイン(ホリゾンタル)はいかにも自転車らしいけど好みじゃないので。
・メジャーなビアンキに乗っているので、次は珍しいマイナーなバイクブランド

その条件に最も当てはまるものは、
ろんぐらいだぁす!で雛子先輩が乗っているモデル「フィブラツー」。

でも調べると、トータルで考えた場合かなり高額なんですよね。
しかもその同価格帯で他ブランドだと、さらに1グレードは良いモノが手に入るという…。

妥協して他のモデルの完成車を買おうかと考えたりもしました。
しかしやっぱり後悔したくないので一番欲しいモノを買いました。




1年前の自分「自転車に20万なんてあり得ない」
それがいつしか「このスペックで完成車30万…、安いな」
自転車を知れば知るほど金銭感覚はマヒしてきました。

まぁ趣味の世界なので、お金を掛けていくのもまた一興でしょう。



イタリアンブランド・カレラの中でも大変ユニークなフィブラ。
そのエヴォリューションです。


なんと言っても目を引く変態スローピングデザイン。

alt


弓なりのトップチューブ、このカーボンだからこそとも言うべき曲線美。



alt


エアロ形状もカッコイイ。


alt


THINKED,DESIGNED,DEVELOPED,IN ITALY,ORGOGLIO ITALIANO.


ちなみにCARRERA自体あまり見かけない珍しいブランドであり、今回取り寄せでしかなく実物を見ることもなく注文。
そして、フィブラは納期がかかることでも有名。
私も例に漏れず当初は4か月待ちと言われました。
しかし発注からひと月後、急にメーカーに入ってきたと連絡があり、あれよあれよと年内に納車の運びとなりました。
alt








フレームセット販売のモデルなので必然的にバラ完となります。

コンポはシマノULTEGRA R8000で統一。

alt


alt


alt




ホイールはMAVIC KSYIUM PRO SL(移植)。
この時のために、ホイールは前もって買っておいたようなものです。
サドルはPrologoカッパEVOパス。(カッコイイ・コンフォート・穴あき・低価格)

alt



ハンドルバー、ステムも特にこだわらずZIPPからコスト優先で決めました。


バーテープはLIZARD SKINSの派手なのをチョイスしましたが、実際巻いてみると色合い的に違和感が…。

alt


でもこの自転車を見て、声を掛けてくれる方は基本的にフレームとバーテープについてですね。

グリップ力なども最高です。




あと、サイコンもナビ欲しさにド定番の万能(高級)サイコン・ガーミンを取付。

alt


GARMIN EDGE 820J
計画を立てるのが好きな性分なので、事前にルートラボで作ったコース通りにナビされるのは良いです。



~乗ってみて~

軽い!
とにかく軽い!!

漕ぎ出しから実感できる、今までと全く違う軽さ。

alt


登坂になるとさらに顕著。
今まで持続しなかったダンシングも楽に出来ます。
11-30T(乙女ギア)にしたのも正解。

alt

後半に脚がダレてきた時くるくると回せるのが良いです。
もちろん変速性能、ブレーキもグレードアップをひしひしと実感出来ます。

走行中はグへへとニヤニヤしっぱなしです(不審者)


見た目・デザインを最優先で選び、走行性能などは二の次としてました。
そのため、軽さはあまり期待してなかったですが流石カーボン、軽いです。
軽さは正義、今ならその意味がひしひしと良く分かります。
alt





この新しい自転車で早速ロングライドへと。

alt

雛子先輩の実家・北京料理 双龍でランチしましたがその話はまた後日。


2018年も自転車沼に沈んでいきそうです。


高額なロードバイクは本当に盗難が怖いです。

気軽にお店に入れない…。


Posted at 2018/01/01 06:27:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | ロードバイク | 日記

プロフィール

「ChouCho Live Tour 2018 大阪 http://cvw.jp/b/1650401/41125769/
何シテル?   02/20 22:33
DS4 Chic 6EGS brun hickory (ブランヒッコリー)へ 乗り換えを機に、みんカラを始めました。 ロングドライブが楽しいので、行動範...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

買い物と修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/31 21:57:19
花見で会おっさ。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/13 12:57:44
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-を巡るツアー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/16 21:26:18

お友達

お誘いを受けるのはとっても嬉しいです。
※でも、他人に送ったのと同じような定型文でのお誘いは止めてください。
103 人のお友達がいます
空.空空.空 * 高山の(秋)山さん高山の(秋)山さん *
こんどう+こんどう+ * ビバーチェビバーチェ *
gymks@み~ちゃんママgymks@み~ちゃんママ * 五十路の135i(+100+205)五十路の135i(+100+205)

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン DS4 シトロエン DS4
あらゆるところから漂う、フランスの香りに酔いながら 異文化コミュニケーションを楽しんでい ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.