車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月10日 イイね!
経年劣化で樹脂性ドアハンドルが割れた。
長期間紫外線に当たると樹脂は劣化する。今回もこのパターンでしょうね。


運転席側は車に乗るたび、使用する。
その度に割れた触感が手に伝わり、憂鬱になる。

プラリペアで修理も考えたが、外す際にポロポロ割れる。
(ダメだこりゃ!!)

サクッと新品交換を実施。

部品を外す際 とても大変だった。
両面テープと接着剤でしっかり引っ付いており、簡単には剥がせない。

両面テープの粘着力は密着面積が広い状態で力任せにやろうとしても
とても無理。(手が痛い)

部品を割りながら細かくして、外す。
一部はカッターで削ぎながら、樹脂肉厚を薄くして剥がす。

下記の部位が一番大変だった。力任せではやはり無理。
カッターで接着部位を切ると、とても楽に取れた。


剥がした状態


新たに両面テープを取り付ける。


完成はこちら。結構綺麗にできた。


経年劣化の不具合が今後増えてくるかも・・・・
Posted at 2016/10/10 12:57:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 修理 | クルマ
2016年08月28日 イイね!
ファン全開で1週間通勤したが、やはり風量が強すぎる。

ハイサイドを切断するコントローラーは既製品で見つからない。

DCDCコンバータも電圧可変で大電流を許容するものはない。

本来の抵抗式でまずは風量可変を実現することにした。
定格50Wのため、十分な耐量だが、放熱は必須。
抵抗値は0.68Ω、0.33Ω×2個。風量1で3つの抵抗全て通るように、
風量2で0.68Ωのみ通る、風量3は抵抗を通らない。

クラムシェル脱着を行わない方法で抵抗をどこにつける?
 ↓
ラジエータ上につけることを考える。

抵抗をアルミ板に取り付ける。この際、抵抗器の裏面がアルミ板に密着するよう
シルメイトで隙間を埋めた。(バスタブフレームのように接着剤はみ出させた)


インテリアファンに向かう配線を横取りする。


ラジエータの上部に使っていないネジ穴あり。これを使う。


もう一方はネジ穴が無いため、シルメイトで接着する。


配線にコルゲートチューブを取り付ける。


最終的にはこの様相

ガンダム世代にはたまらない、ザク風の風貌。結構気に入っている。

角度がいいと、モノアイが光る。


3段階の風量がこれで復活した。
緑色ボディーは結構かっこいい。後は、温度がどうなるか?
しばらく様子見です。
Posted at 2016/08/28 14:28:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | 修理 | クルマ
2016年08月12日 イイね!
先日に続き、FANのイカした制御をするべく チャレンジ。

イカした制御の筆頭はDCモータ回転制御の定番 PWM制御だ。
amazonでモーター用pwmコントローラーが安く売っている。

これを使って、制御する。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B013HO6HOS/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

+側配線は
acc→車内FAN制御ツマミ→PWMコントローラ+→モーター+→
ブロアモータとつないだ。

ー側配線は
全てショートして、Bodyアースへ

スイッチ ON

ブロアファンは全開で回り続ける。そのうち、PWMコントローラの過熱制御で
出力ゼロへ。
パルス幅制御用のツマミを回しても、PMWの制御は全く効かず・・・・ なぜ?

テスターで出力端子の電位を測定すると、この制御基板はマイナス側をON/OFF
制御してパルス幅を制御していることが判明。
ブロアファンのマイナス側は常にGND接続されている。
これではダメだ。制御の意味が無い。

ハイサイドを切断する回路を自主作成するか???
思案中。

とりあえず、直結状態で連続走行試験。
あー 涼しいーーー とりあえず、通勤は出来るか。

まさに、ブロアファンの回転数可変方法は夏休みの宿題です。
Posted at 2016/08/12 16:17:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 修理 | クルマ
2016年08月07日 イイね!
前回 ブログで示した応急処置で通勤をしていたところ、
突然、本来のファンが復活。

いやー 本来のファンの風量はやはり快適ですねーーー
と思っていたが、ここで懸念

走行中に正常動作に戻ったり、異常になったり・・・・・
これは接触部がショートとオープンを繰り返していることに
なるのでは無いか?

こういう状態は一番まずい。
異常状態が短いと即断ヒューズで無い限り、ヒューズが切れず、
異常発熱を許容してしまう。最悪燃える。

あーー だましだまし通勤に使っていたが、使用禁止ということになる。

そこで、今日はそんなこんなで復活計画を立案し、実行した。

計画はこうだ。

①ファンが動いたり、止まったりということは、ファン本体が故障している
 のではなく、接触の問題と見切る。
②先人の情報から、ファンレジスタが結露によってショートしているのであろう。
③ショートしているならば、迂回すればよく、よりNOWい『死語ですが』制御を
 することで、より快適に。

ということで、制御乗っ取りを実行。

まずは、制御配線を乗っ取る。
ブロアファンの制御線はフロントアクセスパネルの奥底にある。
普通は信頼できるショップでブレーキマスターシリンダー、
エアコン配管等を外してもらい、ブロアファンにやっとだどりつける。
その後、設計不良と言うべく ファンレジスタの腐食コネクタを外し、
対策ファンレジスタにブロアファン共々交換するというのは定番だ。

しかし、たかだか、ショート配線を修正するのに、上記分解するのは
手間賃がかかる。LOTUS故の理不尽な出費は抑えたい。

そこで、オーナーでしか出来ない禁じ手に。
「結局、制御線を外して新たに設置すれば良いのでしょ?」
「上から外すのがダメならば、下からだ。。。」

潔くアルミバスタブフレームに穴を開けることを決断。
(円形に穴を開ける配慮は応力分散の意味もある)

しかし、車下からでは位置が解らない。ということで、こんなことを
ファイバースコープ(STRAIGHT製)


問題のファンレジスタの位置を確認し、車体底から判る目印を。φ4mmドリル

写真で見ると、結構大胆なことをしていますね。
エクステンションバー500mmでドリル長さを延長。貫通後、リーマーで整形。

その穴を基準に車体裏側から穴あけを行います。
我が家にはリフトが無い(一般家庭には普通はありませんが)ので、ブロックと油圧ジャッキ
馬で車を上げます。


下に潜って、バスタブフレームに穴をあけます。
刃をホールソーに変え円形の穴を開ける。φ30mm
(事前に、ファイバースコープで周辺状況を観察した)


穴から内部の様子を観察します。
この時、STRAIGHT製のファイバースコープを選択して良かったことが身にしみます。
一般的には最小焦点距離30mm程度が多く、すぐそばのものが見えません。
しかし、本機種は10mmです。ファンレジスタの端子は予想通りサビサビです。


みなさんが報告されている同様の症状が出ています。(水分でショートしてハウジングが溶けれている)
取り出してみると、こんな感じです。
もっとも溶けているのはファンモータ+側です。


車内にファンコントローラを設置して、直接制御を行う予定ですので、車内と通じる配線の一つを
ファンモータ+と直結します。


残るは、ファンコントローラとブロアファンの制御設計です。
今日は炎天下の中、ここまで出来て終了です。

この続きは夏休みの宿題ですね。

現在のバスタブフレームはグロメット付けてこんな感じです。(違和感なし)
Posted at 2016/08/07 22:43:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理 | クルマ
2016年07月17日 イイね!
1ヶ月半のご無沙汰です。

この期間、特に問題が発生しておらず、ブログネタがありませんでした。

その分、今回 ガッつーん と重症ネタが。。。
ブロアファン and or レジスタが壊れてしまった。

昨日、ACマインズにオイル交換に行った時のこと。

行きはエアコンをかけ、快適に高速を走行し、到着。
オイル交換を終了し、帰ろうとしたところ、
風が出てこない。

「オイル交換時に出ていませんでしたよ』とスタッフの言葉。

「ガーーーーン」

以前もACマインズにオイル交換に来た時、エアコンのサーモスタットが
壊れてしまった。(2015・9・3)

いろいろ調べると、バスタブフレームの中に水が溜まる構造が災いしていそう。
となると、前回のサーモスタット故障は床上浸水時の影響であったため、
今回のものもその影響の可能性が高い。

どちらにしても、クラムシェルの取り外しをしないとエリーゼ S2はブロアファンに
アクセスできない。
また、エアコンの配管も走っており、ガスを抜いて配管外して・・・・・

クラムシェルだけであれば、夏休みのチャレンジとして考えたかったが、
ガスを抜くのは機械がないと無理。

それでは、、、と ブロアファンで送風出来なければ、吸引してやれば良いのでは?
と本日工作を行った。

ファンはパソコンで使われるファン。DC12Vで動くものを調達。
ACCから電源を取り、途中にスイッチとヒューズを入れた。

ダッシュパネル内に入れようとすると、ファンの径がかなり小さくなる。=風量が小さい。
ということで、ちょっとカッコ悪いが外側につけてみた。


ペットボトル(アイスコーヒー角形)を加工し、ファンを取り付ける。
パネルとの接続は両面テープ+補強アルミ板


この両面テープ かなり強力で有効です。


テスト走行の結果
→ファンなしに比べると、エアコンの冷えた風が出てくるので、ましなレベル。

やはり、ちゃんと直さないとダメですねーーー。
しばらく 現状で頑張ってみます。
Posted at 2016/07/17 17:20:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 修理 | クルマ
プロフィール
「ドアプルハンドル(運転席側)交換 http://cvw.jp/b/1651421/38674371/
何シテル?   10/10 12:57
marukaです。よろしくお願いします。 車歴は EP61(スターレット)→FC3S(RXー7)→FD3S(RXー7)→Z33(フェアレディーZ)→エリー...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
OBD Solutions OBDLink LX 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/29 21:52:53
カーボンダッシュパネルの取り付け完結 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/29 21:42:07
お友達
2 人のお友達がいます
Ele★PaEle★Pa kuudesukuudesu
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エリーゼR ロータス エリーゼR
ロータス エリーゼRに乗っています。
ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
初ハイブリッドです。 【印象】 ・速い ・7速DCT シフトダウンがワンテンポずれること ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.