車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!
2月11日 DRIVING EXPERIENCE TC2000出オチタイトル画像w

もう一週間前の話になってしまいましたが、先週の土曜日2月11日、筑波サーキットコース2000(TC2000)でサンライズブルバードが開催した走行会DRIVING EXPERIENCEに、あおえくで参加して来ましたよ。

前日までのバタバタっぷりは、前回のブログで紹介しましたが、あのブログをアップした後、急いで荷物をまとめ、(試験勉強前の一夜漬けライクに)キヨさんさんとmちゃんさんのTC2000走行車載動画(キヨさん/mちゃん)を2回ずつくらい再生して、なんとなく予習をやり切った感を(あくまでも気分だけ)満喫して床につきました。

さて、一夜明け、筑波サーキットへ向かいます。


天気は上々♪
筑波山を右手に見ながらR294を北上し、K24に左折する交差点角のエネオスでガソリンを満タンにします。


8時ちょい過ぎ、TC2000パドックにトウチャコ(©野分の藤蔵さん)。

今回はTC2000をサンライズブルバードで専有するのではなく、様々な団体と共有し、その中の30分2枠をサンライズブルバードの走行会として使用するので、パドック内は超混み混み!
上の画像左手がサンライズブルバード走行会参加車両、右手はユーロチャレンジカップ参加車両、奥の方にも別な走行会参加車両がゾロゾロいたという…(;´Д`)


ユーロチャレンジカップには、V6エキが1台だけ参加していましたヨ。


上から見た、サンライズブルバードの参加車両2列+ちょっと。
今回は、ケイマンクラブジャパンの皆さんが大挙して参加したらしく、殆どケイマン系ですw
後はケイマン以外のポルシェが少々、BMWが2台、AMGが1台(ど~うん号)、ロータス1台(あおえく)…そして、国産車はホンダアコードが1台だけでしたw

スペースの関係上、非常に詰め詰めで駐車せざるを得ず、一度停めたら、前が動くまで身動き取れなくなるという状況で、後ほど苦労することに。

今回もみん友さんが何人も参加されていたので、探しにうろついてみました。


まずはど~うんさんご夫妻に遭遇。いい笑顔ですw


次に遭遇したのは、eiseiiさん。
eiseiiさんはかなり初期にお友達になって戴き、その後何度もサンライズブルバードでニアミスをしていて、僕が以前住んでいた家から直線距離100mの所に住んでいる(これは引越し後発覚)という深い関係(?)にも関わらず、ずっと直接お会いする事が出来なかった幻のみん友さん(違)。
遂に遭遇する事が出来ましたっ!バンザーイ♪ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪

生eiseiiさん、イケメンのナイスガイでしたよw

車楽人で一緒にドリフト習ってて、突発TRGにも参加してくれているKBさんも今回参加。
そして、KBさんとたまたま隣に並んだ事によってお友達になった、SZさんとも顔合わせ。

SZさんはスポーツ走行自体が初めてという事だったので、慣れていない事を他の走行車両にアピール出来るように…


大描きしてもらいましたw
「BEGINNER」の方が意味がわかりやすいかとも思いましたが、テープで描くのが難しすぎるので「SLOW」です。
単純明快♪

尚、画像奥のNO.29のケイマンが、KBさんのGT4です。


亥の2号はあったのに、オーナーのlin linさんは行方不明。
もちろん、すぐこの後、遭遇しましたが。

そんなlin linさんから、プレゼントを戴きました。


よっし~Tシャツ!

胸には車楽人エンブレム。
そして、背中には…


いつもの似顔絵がががが…⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク


せっかくですので、この日一日、レーシングスーツの上に着て過ごしました…(;´∀`)

その後、JEDI!さんとMORSCHEさんともご挨拶しましたが、写真撮ってなかったデス。スミマセン|ω-`*)


9時からドラミ。

さて、走行前にタイヤの空気圧をサーキットモードに変更するのですが、いつも持ち歩いている安いゲージは2kg以下の低い空気圧はアバウトな表示しか無いので、大体で合わせてからちょっと走らせてTPMS(タイヤ空気圧監視システム)で正確な所を見ています。
…が、今回は先程書いたように詰め詰めで駐車していたため、走行直前まであおえくを動かしてTPMSを確認することが出来ません!∑(゚д゚lll)ガーン

やむを得ず、lin linさんから精密なゲージをお借りして、F:1.6kg/R:1.8kg(冷間)に調整しました。
その他アレコレ走行前準備を終え、後は走行開始を待つだけです。


いい笑顔のまま、ど~うん号に乗り込むど~うんさん♪

さあ、11時15分からの1本目の走行です。

まずは先導車に従って、全車ゆっくりと2周の慣熟走行。
その後、一旦ピットに戻り、1台ずつのスタート。走行開始!

しかし、今回はTC2000のフルグリッド30台の走行という事で、正直ほぼほぼクリアラップがなく、前回のブログで予告したように、『てきとーに流してくる』に近かった様な…?w
まぁ、出来る範囲では頑張ってきましたけど。はい。

さて、走行の様子を、ドラレコから切り取ってみましょ。


SZさんのボスクターS。
「SLOW」、よく目立ってますねw


今回初めてお会いして、みん友になって戴いたakiGさんのケイマンGTS


AMG C63ど~うん号。


lin linさんは、バックミラーに映ったと思ったら、直後ものすごい勢いでパスして行きましたwww

走行前に1.6/1.8に調整しておいたタイヤ空気圧は、走行中盤には2.2/2.3まで上がり、フロント(ZESTINO Gredge07RS)/リア(TOYO PROXES R1R)ともにスウィートスポットを外してしまった感があり、途中から結構ズルズルズルんチョ。
まぁ、僕のドライビングのクセ(基本、滑ってもアクセルは戻さない)もあって、そこここでリアブレイクからのドリフトになってたら、1本目終了後、ある人から「今日もドリフトですか?」と笑われちまいましたwww
ドリフター骨の髄まで染み付いてます。スンマセン(;´∀`)

11時43分ごろチェッカーが入り、慣熟抜いたら、実質20分程度の走行はあっという間に終わり。正直、短い…(;´∀`)

尚、タイム計測のためにP-LAPを持って行ったのですが、筑波サーキット向けに設定変更(裏蓋を精密ドライバーで外さないと出来ないので現場ではムリ)をして行くのを忘れていて、1周タイムではなく、セクタータイムが計測され続けて、1本目全くタイムわからずwww

30分のインターバルで、2本目の走行が始まりますが、とりあえず一息つきましょう。


今回は、一日中いい笑顔だったど~うんさん。


車イスウィリーもカマしてもらいましたw
今回、ど~うんさん写ってる写真が異様に多いwww

さて、2本目走行開始です。


KBさんのGT4だ~♪…と、近付いてったら、コレですよwww


MORSCHEさんハッケソ!


迫力のあるGT4が後ろについたので譲ったら、JEDI!さん。


暫く、JEDI!さんと追いかけっこw

裏ストレートで加速競争すると、GT4の方が速くて、ジリジリ離されますね。
981GTSとだと、どっこいくらいかなぁ?

加速力評価でよく引き合いに出される0-100km/hは、軽さを活かしたあおえくことV6エキがボクスタ/ケイマンを圧倒しますが(V6エキ:4.0秒/GT4:4.3秒/GTS:4.6秒)、サーキットステージでの実戦的な中間加速からトップスピードへは、やはりポルシェ強しですね。


サンライズブルバードデモカーのGT4のナビシートに、希望者を同乗させてサーキットタクシー中のkoooheiくん。

裏ストレートでバックミラーを見た時は、まだ離れてたから安心してたら、最終コーナー抜けてメインストレートに入った瞬間真後ろにつかれてて焦ったwww
さすが、ポルシェGT3カップ2016シリーズチャンプ!
即譲って、前に出てもらった瞬間が、上記画像ですw

てな感じで、こちらも30分の2本目の走行終了。

1本目の反省を活かして、1本目走行終了から10分程で1.8/1.9に合わせたタイヤ空気圧は、ピークでも2.0/2.2で、1本目ほどズルズルな感じではなく、わりと走りやすかったかと。

そう言えば、ブレーキをdbaに変えてから、初めてのサーキット走行でしたが、フィーリングは悪くなかったです。
ただ、最後の方は、ブレーキペダル踏み応えが若干スポンジ―になって来ていたような…?
これはローター&パッドのせいなのか、キャリパーのせいなのか、サーキットのせいなのか…?謎です|ω-`*)

それと、今までどこを走っても全く問題にならなかった油温が、今回は連続走行20分位で100度まで上昇。熱ダレを気にし始める温度でしょうか?
水温は90度前半だったので、上がってるのは油温だけ…。何故だ?
もしかして、変な道いっぱい走ってるから、オイルクーラー目詰まりしてるとかだったり?(;´∀`)

尚、1本目P-LAPがどーにもならなかったので、2本目はタブレットでDigSpice Circuit Timerを使ってみたのですが、これまた↓な感じで…


5周しかしてない事になってるw
3周目なんて、13分37秒ってどんだけー!?www

まぁ、これはおそらく、タブレットのGPSがダメダメだったんだと思いますけど(;´∀`)

という事で、2本目も、走行中は全くタイムがわかりませんでしたw


30分×2本走行で、ガソリンほぼ空っぽ。サーキット内走行は、86km。
サーキット走行中の燃費は、2.5km/L弱くらいかな?

さて、無事走行が終了したので、お片付けの時間ですよ。


lin linさんお片付け中。


亥の2号のブレーキパッド。完全に終了。
こりゃ酷いなーとか思ったら、eiseiiさんがもっと酷いことになってました(゜Д゜;)

その後、終了ドラミの時にリザルトが配られて、ようやくこの日のタイムを把握。


ベストは、1分6秒494。
まぁ、5年半ぶり(その頃に走ったのも2時間なかったはず?)のTC2000。あおえくでは初走行。フルグリッドでクリアラップほぼなし?の35周走行(慣熟、インラップ、アウトラップ含む)。
そんな中で、(終わりかけとは言え)Sタイヤのlin linさん(FSWは1分55秒を刻む人ですよ!)から2秒落ちしていないと考えれば、悪くないタイムでしょーか?
或いは、TC2000を主戦場にしていて、エヴォⅨで1分2秒台出すキヨさんが、V6エキCRでは1分5秒309なのを考えれば…!
まぁ、たらればは好きじゃないですが、セクターベストつなげれば5秒台入ってるしさー…。

はい、ワタクシ、言い訳なら幾らでも並べられるタイプですwww(結果を出すとは言っていない)

しっかし、こんな悪条件の中、サーキットタクシーやっててアタックはしていないにも関わらず、koooheiくんがくっそ速ぇぇぇ~w

サンライズブルバードの走行会DRIVING EXPERIENCEは今回で5回目くらいの参加ですが、例年は走行時間もっと多くて、同時走行台数少なめのかなり快適な走行会なのですが、今年は何でか知りませんが、30分×2本だけでフルグリッド走行という開催内容となってしまい少々残念でしたね。次回開催に期待!

TC2000解散後、lin linさん、ど~うんさんご夫婦、KBさん、SZさんと一緒に近くのレストランでランチ(入店14時半…)。
楽しいおしゃべりの後、15時半に解散となりました。

当日は、サンライズブルバードとスタッフの皆さん、一緒に走行した皆さん、お疲れ様&ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

最後に、サンライズブルバードから貰った、あおえくの走行画像で〆。




Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!(ドライバー除く)
Posted at 2017/02/18 19:23:02 | コメント(24) | トラックバック(0) | サーキット・グリップ | クルマ
2017年02月10日 イイね!
忙しい週明日は、5年半ぶりに筑波サーキットコース2000を走りますよ。
毎年この時期に、サンライズブルバードが開催している走行会に参加です。何年か前は、雪のために中止になったりしましたが、今年は大丈夫そうですねw

さて、サーキット走行自体が相当に久しぶりですし、ここの所あおえくにはあんまり乗ってないし、手を掛けてもいませんので、今週は走行に備えてあれこれ準備の週です。


…て、話なはずが、週の最初、5日の日曜日は、トロワに乗ってシトロエンDにw

気が付いたらトロワのオドメーターは10000km越え。
8月末の納車時には5400kmでしたが、足車で街中ばっかり走ってるはずのトロワ、5ヶ月ちょっとで5000km近く走行してました。
まぁ、その間、あおえくは壊滅的に乗ってなかったしなぁ~(;´Д`)


という事で、トロワのオイル交換ですw


『ヒマ~』

日曜日だったので、奥さんとワールも一緒で、よっし~家総出でしたw

帰宅してから、ようやくバーツクに向けての準備開始です。


正月に発作的に購入したままだったHANS
タグも付けたままだったので、使える状態に。


アンカーもヘルメットに取り付けますよ。


完成♪
でも、実はこの画像の状態は、アンカーの出っ張りが逆方向になってて、その状態で整備手帳にアップしたら、速攻lin linさんから間違いを指摘され、慌ててついさっき修正。そして、整備手帳の方も修正して、一件落着。
いやぁ~、走行前日に時間もないのに、こうしてみんカラアップし続けた意味がありましたねwww

翌月曜日は、たまっている車以外のアレコレを片付けて…


7日の火曜日の午前中、今回の走行会の主催のサンライズブルバードに。


あおえくもオイル交換~。
走行45000kmです。前回は8ヶ月も前。本気で走ってなかった!∑(゚д゚lll)ガーン


ちょっと心配だったフロントタイヤ(ZESTINO Gredge07RS)は、まだ大丈夫でした(8000km走行)。


が、逆に、安心していたリアタイヤ(FALKEN AZENIS AZENIS RT615K)がアカンかったー!(||゚Д゚)ヒィィィ!
サーキット走行なしで、5000kmしか走ってないのにー!(´Д⊂ヽウェェェン
リアの07RSは3500kmでなくなったけど、アレは袖森1.5h走ったしなぁ(半分ウェットだったけど)。

あおえくは、3月頭に車検も控えている(もう納車から3年かぁ…)ので、これはなんとかせねば…。


『まだぁ~?』

当日だとバタバタしてる事確実なので、ここでついでにkoooheiくんに、HANSの取り付け方法を確認してもらって、昼過ぎにサンライズから帰路へ。

午後は、ワールをシャンプーに連れて行って、その間に買い物や1000円カットで散髪。
ワールを引き取って帰宅したら、リアタイヤの選定でネットを駆けずり回り…夜、奥さんが帰宅したら、楽天のショップでR1Rを落札して貰った次第(我が家の買い物の担当は、AmazonとYahoo系は僕、楽天は奥さんと決まっております)。

さてさて、更に翌日の8日水曜日…


千葉北IC至近の、TiRacingへ。


その道路挟んで反対側のガソリンスタンドは…


Motorhead Hakone Hill Climb IIの冒頭に出てくるガソリンスタンドだおw

あおえくことV6のエキシージSは、エリーゼと同じバスタブフレームを使用していますが、よりワイドでロングでヘビーになった関係上、ロータス車としては(あくまでもロータス車としては)かなり落ち着いたハンドリングになっています。エリーゼほどは、キビキビと動く感じじゃないんですよね。
でも、どうやらそれも年式と共に変わって来ているみたい。パーツそのものは変わってないのに、段々と、キビキビとした、エリーゼっぽいハンドリングにセッティングが変わって来ているらしい(まぁ、車重やホイールベースが違いますので、あくまでも方向性としては、ですが)。

セッティングでなんとかなるなら、なんとかしてみよう~!…という事で、4輪アライメントのセッティングをし直してみようと、常々思っていはいたのですが、イチからセッティング出しをするのは、正直なかなかに大変な事で…とか、うだうだしていたら、REV SPEED2月号にTiRacingのV6エキの情報が載ってて(TC2000:58秒4)…ん?アライメント測定&調整が5000円引きですと!?
まぁ、それでも20000円(税込みだと21600円)ですけど(やってもらうだけなら、マーキュリーだともっと安かったりしますが)、そこはデータとノウハウ代+な訳ですよ。
実際、関東でV6エキをガッツリ走らせてて、パーツも揃って来てるのは、Tiしかない訳で…。

え~っと…、REV2月号を読んで5000円引きに釣られた僕は早速Tiに電話をして、1月中旬の予約を入れたのですが、例のワールの手術のためにそれどころではなくなってしまい、結局2月8日まで先延ばしにしてもらった次第だったのです。

ところで、Tiに出入りしているみん友さんは何人もいらっしゃるのですが、その中で一番Tiでお金を使っていそうな(?)mちゃんさんに、「ちょいと一声掛けておいてください」とお願いするのを忘れなかった辺りが、我ながらコスいw
mちゃんさん、その節はありがとうございました( *・ω・)*_ _))ペコリン

閑話休題。

さて、朝の家事をバタバタと終わらせ、湾岸線では覆面にマークされつつ(キッチリ80km/hで走っても、マークされる悲しさよwww)、予約した10時にTiにたどり着きました。

まずは、どーいうセッティングにして行くのかと、井土社長と面談。

過去のサーキットタイムを持って行ったり、ドリフトやってた事を説明したり、普段はツーリング多いとか…。

で、結局、最後に僕が言ったのが…

「とにかく、楽しく走れるようにしてください!」

という、実にアバウトでわかりにくいセリフだったという(;´Д`)
スンマセン…|ω-`*)


て事でリフトアップ。


何やらセッティング中(詳細は整備手帳へ)。


最後に井土社長が試乗チェックして、完了。
走って行くあおえくを外から見るって、ちょっぴり珍しい風景でしたw


一応、記念写真っぽいのw

で、帰路は、結構混んでた京葉道と首都高しか走ってないんですけど、走りが軽快になって、動きが良くなってるのが、Mr.鈍感センサーの僕でもわかったですよ♪
まぁ、当然、その分安定性はスポイルされている訳ですが、それは理解した上でお願いしてますしね。

とりあえず、明日のTC2000や、今後のツーリングなんかが楽しみな感じは十二分に得られました。

その他にも、機械式1.8WAY LSD正式発売開始の話や、あおえくのクラッチが終わりかけてる話(それは自分でも薄々感づいてた)、ミッションのどっかのフォーク?っぽいもの(詳しくは失念)が初期のは樹脂製で弱いので、現行の金属製に換えるとだいぶ強くなる話(これはウィザムでも聞いたので裏取れた感じ)、ミッションの中身は輸出仕様のカムリのだとかいう話も聞けて、情報的にも来た甲斐あったです。

しかし、クラッチもそろそろなのと、ついに待ち望んだ機械式LSDの事とか考えると、この辺一気に手を付ける頃合いなのか…?
V6はその辺やるにはエンジンから全おろしなので、一緒にやっちゃった方が工賃は安くなるはずですが、クラッチ交換、ミッションOH?、フォークっぽいの交換、LSD導入、やるならマウント類も交換した方がって言われたっけ…幾らになるんだ?(||゚Д゚)ヒィィィ!
現在、見積もり請求中。

で、千葉から帰って来て、カロステでランチ。
夕方からは仕事っぽい様なものの打ち合わせで、超絶珍しく電車に乗って新宿へ。
18時半集合が、僕が抜けたのは22時過ぎ…。
やっぱり、打ち合わせはアルコール入れてやるもんじゃない(僕は飲んでませんが)。

それにしても、新宿駅とその周辺は迷宮だ~(;´Д`)

木曜日は、前日の打ち合わせと人混みと満員電車とか響いて、丸一日沈没。
ええ、そんな社会不適合者なんですよ。

で、何とか朝ベッドから這い出した今日金曜日。


タイヤ交換にここへ。

楽天のタイヤ専門店ZEROでタイヤを買って、実店舗で交換してもらうという。
タイヤ単体は最安値って訳じゃなかったんですけど、楽天ポイント付く分とか、マーキュリーに行く交通費とか考えると、家から30分ちょいで行けるここの方が安くなりそうだということで。
そして、何より、今日に間に合うというのが一番。今日、マーキュリーまで行く時間は無かった(;´Д`)


ロータス車は扱った事はなかったらしく、ジャッキアップポイントを含めて色々と戸惑ったりはした様ですが、接客態度も良く、作業も丁寧な感じでした(整備手帳)。
唯一の欠点は、店内がペット同伴不可だったので、作業中寒空の下、外で待たなければならなかった事。まぁ、これは確認もしないでワール連れて行った僕のせいだからしょうがないべ。
しかし、今日は風が冷たくてね…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


新しいリアタイヤは、ガンちゃんではよく使ってた、ドリフター御用達ハイグリップタイヤのR1R。安いよw
これで明日も安心だね♪


ホイールに新しい傷を発見!
一回やっちゃうと、もう今更…になりますね(;´∀`)

さて、そんなこんなで、明日に向けて頑張った一週間。
今こうしてブログをアップしてるから余裕と思った貴方!…間違ってますw
まだ、準備は半ば。予習とか全くする時間なし。
それでも、ブログアップを優先してしまった!ブロガーの鑑?(違)

そして、ブログアップなんとか超ギリ今日中に間に合いましたwww
明日の走行に備えて、準備だけはなんとかパパッとして、早々に寝ます!w
ラインもアレもコレもわかんねーけど、ま~良いや。
lin linさんのオシリ追っかけて、なんとか盗も…あ、あの人Sタイヤやんけ!∑(゚д゚lll)ガーン

明日は、てきとーに流してきます。

では、おやすみなさいませませ(:3[___]
Posted at 2017/02/10 23:57:50 | コメント(20) | トラックバック(0) | エキシージS | クルマ
2017年02月04日 イイね!
血液検査昨日の金曜日、手術後の経過診断と血液検査のために、ワールを動物病院に連れて行きました。

院長先生の診断は、経過良好。
血液検査の結果も、まだ全てが正常値になった訳ではありませんが、確実に手術前からは下降しているとの事でしたε-(´∀`*)ホッ

もう暫く内科治療を続け、また血液検査を行うという事で経過観察となりましたが、とにかくも確実に回復傾向にある事にホッとしています。

シャンプー、散歩、お出かけの許可も出ました!

という事で、ワールの快気祝いを兼ねて、今日の夕食は鎌倉まで行って来ましたよ♪


鶴岡八幡宮参道、18時30分。


参道沿いにある、DONBURI CAFE DINING bowls
店内(一部)ペット連れOK、全席禁煙と、我が家のニーズにピッタリですw

例の如く料理写真はありませんが、マグロのユッケ、マグロカマのグリル、マグロ炙り丼(炙りんじゃない)、野菜のグリル等を美味しくいただきましたよ。
料理はどれも美味しく、一品一品のお値段もそれ程お高くありません(多くは1000円以下)が、量はやや少なめ。比較的少食な我が家2人でも、結構な数注文してしまい、結局、2人で6000円ちょっとになってしまいました。我が家の夕食としては高額でしたね。


『僕の快気祝いなんですから、僕にも美味しいご飯ありますよね?』
「家に帰ったら、いつものご飯ね」
『∑(゚д゚lll)ガーン』
Posted at 2017/02/04 23:21:22 | コメント(18) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2017年01月28日 イイね!
抜糸家のネット回線が40Mから120Mにアップグレードし、実測でも20Mから80Mくらいになりました。
まぁ、普通にネットサーフするのなら20Mでも充分なんですが、自分でモデム交換するなら無料で、月額料金も変わらないって事なんで。
デカいファイル落とす時には、楽になるでしょ~。

さて、またワールの話です。スミマセン。

手術から10日が経過し、昨日の金曜日は抜糸でした。

以下、痛々しい画像があるので、苦手な方はページを閉じるか、眼を閉じたまま最後までスクロールしちゃってくださいw

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

まずはお腹からです。
若い先生と看護師さんの2人で、仰向けにしたワールを押さえて、院長先生が施術。


10日間貼りっぱなしだったガーゼを剥がします。
毛が絡んでいて剥がすのが痛いらしく、ワールはヒンヒンと情けない声で鳴き始めました(;´∀`)


剥がし作業終了。
痛々しいですね|ω-`*)


糸を切って抜糸です。
ガーゼを押さえていたテープ跡が、痛々しいまでに真っ赤。

ワールは糸を抜くのが痛くて、またヒンヒンと鳴き始め、中盤からは完全に悲鳴に…。

ワールの悲鳴に、病院の看板犬が、処置室の外から心配そうに覗き込んでましたよ(ホント)。


切って抜糸した糸。


お尻の方も抜糸。
こっちはわりと平気だったみたい。

という事で、無事に抜糸まで来たワールでしたが、手術跡なのか、赤く腫れ上がったお腹なのかはわかりませんが、ちょっとした振動でも痛いらしく、病院からの帰路は、トロワのナビシートでヒンヒン鳴き続けていました…。

帰宅してからも、横になるとお腹が触れて痛いのか、落ち着かなく姿勢を入れ替え入れ替え…かえってそっちの方が痛くなりそうな気がするのですが、そんな事がワールに判るわけもなく(;´Д`)

すぐに痛み止めを飲ませた後、時間経過と共に段々と落ち着いてきました。

そして今日はだいぶ痛みもなくなったのか、手術後一番元気な一日を過ごした様に思えます。
ただ、お腹はやはり気になってしょうがないらしく、油断すると舐めようとするので、エリザベスカラーは未だに外せませんね(;´∀`)

手術直後の様子と比べると、毎日少しずつ回復し、元気を取り戻しているように思えます。
右後ろ脚を庇うようにあげてひょこひょこ歩いたり、トイレが痛くて泣き叫んだりと、心配な様子もありましたが、そういった事も段々と減ってきて、だいぶ元に戻ってきた様です。

まだ、右後ろ脚は時々あげて歩いてるかな?
もちろん、先生には診てもらっていて、関節や筋肉、神経などには異常は無さそうという診断は貰っています。
手術跡の痛みや、縫った糸の引き攣れなどで庇っているのかもしれないから、抜糸して、痛みがなくなってくれば、自然ともとに戻るのでは?と。

また来週末に病院に行き、血液検査をして術後の検診をする事になっているので、それまで右後ろ脚も観察し続けて、先生に報告ですな。

と言う事で、皆さんの応援のお陰もありまして、順調な回復を見せているワールです。
本当に応援ありがとうございます。

何事もなければ、次回の報告ブログは来週末になるかとw
その間には、通常のブログをアップして…アップして行けると良いなぁ…(;´∀`)
Posted at 2017/01/28 23:27:02 | コメント(18) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2017年01月24日 イイね!
タイヤ空気圧自主管理のすゝめ今日は、久しぶりにみんカラっぽい話を書きますよw

突然ですが、皆さんタイヤの空気圧調整ってどこでしてますか?

ディーラーや車屋さん、タイヤの専門店、時にはエアコンプレッサーを所有していて自分で…なんて人もいるかと思いますが、多くの人は給油の時にガソリンスタンドで調整して貰うorする事が多いのではないでしょうか?
わざわざDや車屋さんに行ったりしなくても、給油のついででわりといつでも出来ますから、スタンドで調整するのってお手軽で良いですよね。

しかし、TPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)使い始めてから、エアゲージが当てにならないスタンドが結構多い事に気付きましてん。
お手軽なのは良いのですが、この辺り注意しないとなんですよ

一番酷かったのは、2年半前のSUGO帰りの時ですね。
読みに行くのマンドクセーって人のためにザックリ要約すると、『とあるスタンドでエア入れてもらったら、0.4㎏/c㎡(以下:k)も違ってたよ』って話。
もちろん、あおえくに付けてたTPMSが狂ってた可能性もあるので、僕所有の普通のエアゲージでも計測して、TPMSと僕のエアゲージがぴったり合っていた確認もしました。TPMSとエアゲージが全く同じ狂い方をしていて、スタンドのエアゲージが合っていた可能性は…限りなく小さいですよね?(;´∀`)

その時程ではありませんが、その後もスタンドで「2.×kでお願いします」とエアを入れてもらうと、TPMS&エアゲージと0.1~0.2k位ズレている事は結構あった(自分で入れる時も、備え付けのエアタンクが狂ってる時がよくありました)ので、ある時から店員さんに頼む時は別な言い方をする様になりました(ガススタのエアタンクを自分で使う時は、TPMSとのズレを計算して入れれば良いだけですが)。
つまり…

「今の空気圧から+0.×kにしてください」

おぉ、これならいんじゃね?
…ところが、まだ落とし穴があったのです。

世の中の大半の常用車は、4輪が同じタイヤサイズで、4輪が同じ空気圧だと思いますが、スポーツカーの中には前後のタイヤサイズが違い、空気圧も違うものも少なくありません。
我が家のあおえくもその内の1台で、前後のタイヤサイズ(幅のみならず経も)とメーカー指定空気圧が違います。
トロワは4輪同サイズ、同空気圧ですが、事情があって右フロントタイヤの空気圧を変えています。

で、去年の話ですが、わりとよく行くフルサービスのガススタであおえくのタイヤの空気圧調整をお願いしました。

「それぞれのタイヤの今の空気圧から+0.2kでお願いします」
「はい、わかりましたー!」

と、店員さんの返事は良かったのですが、走り出してTPMSを見てみると…(一度エンジンを切って電源を落としてしまうと、タイヤ内の子機からの通信を拾うために数十メートル走行する必要があります)

「んぎゃー!4輪同じ空気圧にされてるー!」

しかも、低い空気圧のフロントの方に、リアも合わされています…_| ̄|○ il||li

おそらく、フロントの空気圧を測って、そこから+0.2して、その数値に全てのタイヤをそれに合わせたのでしょう。いつもの通りにやっちゃったのね…。

もしかしたら、僕の言い方が悪かったのかもしれないと思い、次にそのスタンドにトロワで行った時には…

「右前だけは2.6kで、後は2.5kにしてください」

と、明確な数値で指示しました。
高めの空気圧を言ったので、スタンドのエアゲージがズレていたとしても、その辺に停まって自分のエアゲージで空気圧を下げれば問題ないでしょう。

「はい、わかりましたー!」

その前のあおえくの時と同じ店員さんかどうかは判りませんでしたが、返事は良かった店員さんに見送られてスタンドを出て数十メートル…

「また4輪同じじゃないか…(#^ω^)ピキピキ」

しかも、TPMSの数値は2.3kと、2.6と2.5のどちらと比べても随分と低い…。

『あそこのスタンドは、人の言うこと3歩歩くと忘れる店員と、狂ったエアゲージのお店な…』

ひとつ学習しましたw

後日またそのスタンドにあおえくで行った時には

「この車は前後のタイヤ空気圧が違うので、1つずつ測ってもらって、その数値から+0.2kでお願いします」

と丁寧にわかり易くお願いしました。
さすがに今度は指定通りになっていましたよw
まぁ、その時の店員さんはそこそこ年配の人で、前の2回の時は若い人だったので、明らかに別人でしたけどねw

さてー、また無駄に長い話にしてしまいましたが、今回書きたかった事は以下。

①ガソリンスタンドのエアゲージやエアタンクは、結構狂ってる事が多いのでアテにしちゃダメよ。
②なので、タイヤ空気圧管理は、自分でしましょう。
③管理のためにはTPMSが便利で良いと思いますが、少々お金が掛かるので…
④自分のエアゲージを所有しよう。ホームセンターで買える、1000円や2000円くらいのでOKです(高価で精密なのとズレていたとしても、どれだけズレているか把握してれば問題ない訳で。大切なのは、“いつも同じので測る”事だと思います)。
⑤エアゲージは、手荒に扱うと簡単に狂うので、管理と使用には気を付けて(だからスタンドのは狂ってる事が多い)。
⑥店員さんにエア入れて貰ってる横で測るのは嫌な顔されそうだから、高めに入れて貰って、スタンド出てから下げて調整する感じにするといんじゃね?w

以下蛇足。

通常の使用では、空気圧はタイヤが冷えている時(冷間時)にメーカー推奨値を基準に調整します。
僕の個人的な考えとしては、メーカー推奨値は絶対ではないと思うので、自分の走り方、タイヤの種類、路面の状況等を勘案しながら上下して良いと思う次第。

タイヤの空気圧って、超アバウトに言うと、高いとタイヤが膨らんで接地面積が減って転がり抵抗が減るので燃費が良くなってその分グリップ力が下がり、低いとタイヤがべったり接地して転がり抵抗が増えるので燃費が悪くなってその分グリップ力が上がる傾向があるので(あくまでも適正範囲内の話)、メーカーがその辺のどこでバランスを取ろうとしているかでも違ってくるですよ。

そういう意味では、最近のメーカー推奨値って、押しなべて燃費重視で結構高めの空気圧になってる様な希ガスw
まぁ、以前とはタイヤの作りも違って来てるとか、車重が重くなって来てるとかもあると思うけど。

で、一方、サーキット走行みたいなハードユースの時は、タイヤが完全に温まってから(温間時)調整です。
と言うのは、タイヤは走行すると、路面との摩擦熱やブレーキからの伝導熱などで熱くなり、それによってタイヤ内の空気も温められて空気圧が上昇します。(季節や気象条件でも違いますが)通常使用では冷間時から0-0.3k程度の上昇なのに対して、サーキット走行などでは0.4-0.6k、或いはそれ以上上昇する事も。
だから、冷間時で合わせた空気圧だと大きく変わって、スウィートスポットから外れてしまいグリップしなくなってしまうので、ある程度走ってタイヤを充分に温めたらピットインして、調整し直す必要があるのです。
この時TPMSがあると、常時空気圧を監視し続けられるので、非常に便利ですよ。

更に蛇足。

ところで、タイヤって、どの位の空気圧を許容するんでしょ?

ドリフトやってると、高い方は4-5k入れる事も珍しくありません。この状態で激しくドリフトさせても、いきなりタイヤがバーストしたりする事はありません(ドリフトをし続けてタイヤを削りまくれば、最終的にはバーストしますがw)。
以前どこかで読んだ記憶がある話では、12kくらい入れるとそれだけでバーストするって事だったような…?(超うろ覚え)
グリップの話で言うと、3kまで上がったリアタイヤでSUGOのメインストレートを200km/hで走ると、直進しようとしても蛇行を始める(おそらく左右の空気圧が若干違ったため)という恐怖体験を味わうことが出来ました(;´∀`)

一方、低い方は1.5k位まで下げても、いきなりリム落ち(タイヤがホイールから外れる)したりもしませんでした。
聞いた話だと、D1GPクラスでは、グリップを稼ぎたい時には1kまで落とすこともあるとか…?
まぁ、この辺の空気圧だと、タイヤ自体の剛性もだいぶ影響大きい気がしますが。

尚、以上はあくまでも僕が体験した範囲での話です。必ずしも全てのタイヤや車に当てはまる訳ではないと思いますので、検証する場合はご自身の責任でお願いしますw

ま、こんな感じ~?
今回は、「そんなんわかってるわー」って人が多い話だったと思うし、わりと真面目っぽい内容になってしまったので、僕のブログらしくなかったかしらん?w
Posted at 2017/01/24 18:49:57 | コメント(19) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
プロフィール
「@たろうみみ 大事なデータ?(ヾノ・∀・`)ナイナイ 今は普通に動いてるから困ったもん(?)です(;´∀`)」
何シテル?   02/23 22:27
☆ちゎ―――(o´д`o)ノ゙―――ちゎ☆ ハゲメタボのアラフィフなオッサンのよっし~♪です。 普通で平凡で日常的なカーライフを、薄く引き伸ばしてグダグ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
エキシージ 運転しやすいようにしてみる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/25 23:50:08
インターマニア ORECA製シトロエンDS3専用ステアリングボス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 21:56:49
スーパーチャージャーのオイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/11 21:37:32
お友達
お友達のブログは必ず拝見!閃けばコメント献上!オフ会/プチオフは気分次第で参上!以上心掛けておりますので、お気軽にお誘いを戴ければ幸いです。
※現在、お友達以外のブログは殆どチェックしておりませんので、僕にブログを読ませたい方はお友達申請をお願いします( *・ω・)*_ _))ペコリン
388 人のお友達がいます
チョコ父チョコ父 * ///MANABIE///MANABIE *
じゃむぱん♪じゃむぱん♪ * 春夏秋冬とスーパーカー春夏秋冬とスーパーカー *
文鳥こまろ文鳥こまろ * クラッチクラッチクラッチクラッチ *
ファン
480 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エキシージ あおえく (ロータス エキシージ)
2011年秋のフランクフルトモーターショー発表時に一目惚れして以来、ずーーーーーーーーー ...
シトロエン DS3 トロワ (シトロエン DS3)
日常の足車且つ、あおえくの不調時にはツーリングカーとしても使える車として、厳格なる審査の ...
日産 シルビア ガンちゃん (日産 シルビア)
ドリフト用S15シルビア第2号。 ドリフト兼お買い物用。 現在ver.4.11。 本来 ...
ポルシェ 911 GT3 RS RS (ポルシェ 911 GT3 RS)
死ぬ気で購入。ホントに死んだ(爆)。 走る車としては、出色の出来。今のところ、この車より ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.