車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月19日 イイね!
先週の日曜日、ようやく今年初の洗車をしたのに












火曜日の朝の僅かな時間だけ雨・・・(泣)。








今年も洗車雨男爆進中のダブルウィッシュボーンです。皆さん、こんばんは。











そんなわけで早速週の前半から汚れまくりのままほぼ一週間通勤したわけですが、晴れた休日の今日、この状態のままで買い物などで走らせるのが嫌だったので







ガラス全面と前後ライトだけ拭いて誤魔化しておきました。
黒い所を黒くするだけコントラストが強くなり綺麗さを誤魔化せるという・・・






このあと、ルーティーンワークである灯油注ぎに走るわけですが、








アコゴンの満タンから約30L消費した状態の車高がこんな感じ。

私の車はホンダ純正のブラッキー装着車なので派手な車高ダウンではありませんが、私好みの自然な落ち具合で気に入っております。





そして、18Lの灯油ポリタンク(給油済み)を4缶ほど荷室に積み、更にアコゴンのガソリンも満タンにすると・・・










こんな感じでリヤだけがグッと沈みこみます。


パッと見、この位のダウン量の方がかっこいいのですが、キャンバー角がついて少し上が入り込み、更に私の中の小さな拘りとして、ホイールアーチの径(r)とタイヤの径(r)が同心円上にあるのが好みなので、そういう意味では全体バランスとして見るとこの状態はあまり好きではないんですよね・・・。









そういう点でえいえば、ダンクのこの状態は逆の意味で同心円上になくアウトといえます・・・(爆)。
実は新車購入した段階でダウンサスを入れてもらったのですが、あまりの乗り心地の悪さに数日後には純正に戻してもらいました・・・。













さて、お題のType-Rの件。







先月だったか、新型シビックが日本で初公開され、再び日本で発売されるということでした。アメ車的発想の車であることは間違いないのですが、その車をベースにしたType-Rも日本で発売するとのことで、私個人としては楽しみとか期待よりも、冷めた見方が強いのが正直なところです。





欧州仕様であるFK2の310馬力も相当なものでしたが、新型は350馬力らしく・・。

これを前輪だけで駆動するのですから、正直どういう走りになるかは多少の走り好きなら想像できると思いますし、サーキット経験者であれば尚更でしょう。





土屋圭市さんがFK2を操る下の動画を見ると分かりますが、あえて毒のある言い方をすれば、

こんな無様な走りしかできない車に
Type-Rを名乗らすなよ・・



と言いたくなります。



とにかく、是非音声を出して土屋圭市さんの愚痴を聞きながら見てみてください。
※時間の無い方は、1分10秒あたりまで飛ばして見てみてください

















この動画で私が一番印象に残ったのは、アタック中の2分50で放った小さな独り言。


「今までのType-Rを勉強してよ・・・」


ってとこですかね・・・。




310馬力を前輪だけで駆動するとこうなるだろうし、これほどの馬力でニュル最速タイム云々に拘れば当然リヤスタビリティを高くしないと大変なことになる。つまりそれは曲がらなくということでもあるわけです。


その昔、直線番長という言葉が流行りましたが、FK2はまさに現代版直線番長。そんな車にホンダは平気でType-Rを命名するのですから、最近のホンダも本当に落ちぶれたものです。DC2、DC5、EK9、FD2の開発に携わったエンジニアはきっと泣いてるんじゃないでしょうか。






日本で生まれたインテ&シビックType-Rは、FFでありながら信じられないほどニュートラルなハンドリングを実現したこと、9000rpm弱まで官能的な吹け上がりをするエンジンが積んであったこと、この二つが最大の魅力だったはず。そんなType-Rの魅力をメーカーがちゃんと理解、整頓できていないから、おかしな商売しかできないのだと思います。

「どうせ日本にはもうType-Rの市場が無いも同然だから、Type-Rの名はアメリカ用と欧州用として頂いて、ついでに日本でちょろっとでも売れればいいか・・・」

意地悪な解釈ではありますが、スペックに弱いお客さんや直線番長に魅了してくれるお客さんに売れればそれでいい・・・、極めて主観的な考えですが、私は今のホンダからはそんな気持ちでType-Rを開発している様に感じています。








噂じゃこの先登場する新型は500万円を切る価格だとか。Type-Rの性能はある意味プライスレスなものと私は思っているのですが、350馬力にパワーアップした新型Type-Rに500万円に見合う程の魅力があるのかどうか・・・。











車を操る楽しさに古いも新しいもない。ターボも否定しないし電子デバイスだって否定はしません。全てはドライバーがその車の走りをどう感じるかです。ただね、ターボはエコ分野としてのダウンサイジングターボだけでやってくれというのが本音ですけどね。


とにかく上の動画に登場する土屋さんと黒澤さんのコメントと笑顔がRの魅力の全てを表していますね。


この2台やDC5、FD2の走りの質を超える車にこそ、日本で生まれ育てられた「Type-R」の称号に値するのではないでしょうか。
Posted at 2017/02/19 20:29:29 | コメント(15) | トラックバック(0) | 雑談 | 日記
2017年02月12日 イイね!

これはアリなのか・・・。




車のTVで流れるトランプ会談の大切なニュースに全く目がいかず、こんなエンブレムチューンはアリなのか、それとも無しなのか・・・、そんなどうでもいいことを自問自答していたら会社に辿り着いたダブルウィッシュボーンです、皆さんこんばんは。







昨日土曜日は第二土曜日で祝日。でも休日出勤・・・。春まではこんな日が続きそうでテンション上がりません。

天気予報では中国地方に最強寒波がやってきて前回以上の大雪になるなんて言っていましたが、全然もいいとこ・・・。ま、大雪の中25Kmも走らせて休日出勤だなんてそれこそテンションガタ落ちになるので助かりましたけどね。







帰りなんてとっても天気が良くて、帰りに洗車してやろうかと思ったほどですが、さすがに外は寒すぎてそれは無いなとすぐに考え直しましたけど・・・。







そして今日日曜日。貴重な休日なので朝から効率よく精力的に動き回ります。晴れているけど山の上は雪雲が被ってます。







買い物途中、私の隣に止めてあったSW20。初代よりもこの二代目の方が私は好きで、会社の元上司がこれに乗っていました。このMR-2はG-Limitedでした。

車を降りてMR-2の真横に立ちましたが、メッチャ低い・・・。どこを見渡しても背の高い車ばかりの今、とっても新鮮に感じました。







灯油をポリタンク4缶ほど注ぎ、更にアコゴンのガソリンも満タンに。ガソリン価格がまた少し下がってますね・・・。







アコゴンのガソリンを満タンにしてガススタを出る時には灯油4缶(72L)も荷室に積んでいるのでかなりリヤが沈んでおり、ライトを点灯する夜にこのルーティーンワークをすると対向車に迷惑をかけること間違いなしですね・・・。







晴れていたと思ったら雪混じりの雨が・・・。洗車をしようかしまいか迷っていたのですが、やっぱり無理かな・・・。






でもねぇ・・・。


今週はずっと晴れマーク予報だったし、またこの汚れで一週間はきつすぎ(汗)。



昼食を食べ、家族でスーパーサラリーマン左江内氏を見ながら笑ってそこそこゆっくりできたところで・・・









洗車決行!
しょうもない洗車ブログなのにここから画像は多し・・・。お許しください・・・。








いつもならサッと汚れが落ちるのに、さすがに今回はスポンジを何度か往復させないと落ちない・・・。

因みに冬のシャンプー時は必ず熱めのお湯を使ってます。水垢を少しでも防ぐためですが、雪を何度が積もらせているのでさすがに水垢が残ってしまいました。春になったら大嫌いな水垢取り作業をしなきゃ・・・。







ここの汚れ落としも大の苦手。スポンジが入らないので指で洗ってますが、10年以上経っても華麗なフィンガーテクに磨きがかかりません(爆)。







冬のシャンプーは「天井→ボンネット→側面→リヤハッチ→窓→スポイラー下回りをぐるっと一周」の順で行ってます。夏の走行直後の洗車ではボンネットのシャンプー掛けは後工程に回してますけどね・・・。







冬は下回りもしっかり洗い流しておかないとね。







ボディコートはバリアスと迷ったけど、冬はこっちの方が耐久性がいいので今回もこれで。濡れたままのボディにシュシュっと吹き付けて、更にスポンジで古いワックス成分に染み込ませる様に伸ばすが私の中の拘りです。これをしないと耐久性も輝きも悪く、早かろう悪かろうの洗車になってしまうので…。





あとはマイクロファイバークロスで拭きとるだけ。ツルンツルンになります。







そして何といってもお洒落は足元から。白化したタイヤはみっともないので、アーマオールと馬毛ブラシで真っ黒にしちゃいます。
因みにこの馬毛ブラシ、20歳のころからずっと使ってるけど全然脱毛もなく凄い耐久性といえます。28年間使ってて全く問題ないって凄いですよね。







地味なシルバー色のボディなだけに、足元は明暗のコントラストがはっきりするシルバー色のホイールと真っ黒なタイヤの組み合わせが個人的には似合っていると思っています。ホイールにソリッド感が出るんですよね・・・。







洗車前のあの艶消しシルバーが嘘のようです(笑)。シルバーは洗車をしてもビフォーアフターの差が他のボディカラーと比べても特に小さいので、どうしても太陽の輝きを借りないと綺麗に見えないんですよね~。かれこれ23年以上シルバーに乗り続けている私ですが、「シルバーって汚れが目立たないからいいよね」って何度も言われてきて、そのたびに「綺麗に見せる努力はあなたに負けないくらいしてます!」って心の中で叫んでおります(笑)









当然自分のアコゴンだけ綺麗にして終わるはずがありません。奥様のダンクだって昨年末に私のアコゴンと一緒に洗車して以来全く洗っていないのですんごい汚れっぷりです。







工事現場の車のタイヤ・・・。それにリヤハッチは数えきれないほどの縦スジが。







アコゴンと同様、熱めのお湯にシャンプー原液を注ぎ、高圧ガンでジュボーって水を1秒。これで泡だくに(笑)。

シャンプーは洗浄能力も大切ですが、私は泡立ちの方をかなり重視しております。泡の立たないシャンプーはスポンジの滑りが悪く、傷が入りやすいんですよね・・・。








屋根なし駐車のダンクはアコゴン以上に汚れが落ちにくい・・・。洗車キズが入るので何度もスポンジでこすりたくないのですが、さすがに今回は落ちが悪い。たっぷりとシャンプー液をスポンジに浸み込ませて何往復かさせて洗いました。








ダンクのグリルも小さいながらもメッシュ(笑)。専用のスポンジ棒を作るかな・・・








天井から洗い流してすっきり。







ダンクは16年選手ということでアコード以上のご老体ボディですから、こちらもフロアの錆は大敵です。







スプレーワックスとアーマオールで外観の輝きを出し、外回りは終了。







と、この段階で車庫の屋根にポツポツを小さな雨が落ちる音が・・・(泣)








今年も洗車雨男炸裂!!!!
何とかこの程度で踏みとどまってくれたのが救いでした・・・。







ダンクはフロアマットの汚れ方も尋常じゃありませんでした。子供を乗せるお母様カーはどうしてもこういう傾向がありますね。







面倒だけど掃除機での床掃除は必至・・・。







室内を絞りタオルで拭いて全メニュー完了!







アコゴンも掃除機でフロアも砂利を吸い取り、絞りタオルでインパネを拭いてこちらも完了。







久しぶりに内外ともに清潔にできて、ストレスも発散かな。







頼むから今週は雨降るなよ~~~!







現在の走行距離は215,500Km。あと5,000Km弱で22万Kmかぁ。次回オイル交換時はお初の添加剤を入れようかと思っています。







ダンクもすっきり♪


自分の奥さまが汚れた車に乗ってるのってやっぱり見ていて可哀想ですから、綺麗になってよかったです。







ダンクの走行距離はアコードの半分にも満たない93,600Km。それだけチョイ乗りしかしていないわけで、吸気ラインやバルブステム、シリンダー内のカーボンもアコードとは比較にならばいほど付着してそうです。こちらは、FTCのPEAエンジンコンディショナーを入れようかと思っています。



って、久しぶりにオドメーターを見てびっくり。



オイル交換時期が過ぎてるじゃん!!(O.O;)
500Km程度ですけどね・・・



来週にでも行かないと(汗)








ダンクは奥様カーなだけにそれほど私が乗ることはないので、時々ですがダンクに異変が起きていないか確認しています。昨年末以来の運転になりますが、この日久しぶりにダンクを走らせました。

エンジンはオイル交換時期でありながら軽々吹け上がり好調。Nシリーズに搭載のトルクフルなS07Aも悪くありませんが、いかにもピストンヘッドが軽くショートストロークであることが分かるダンクのエンジンもまだまだ魅力的です。とにかく音質が軽く、レスポンスも良くて爽快に感じるんですよね~。







ついでに給油も。大食いのアコゴンと比べ、20L程度しか入らないダンク。しかもレギュラー119円/L。


燃費はアコードよりも悪い10Km/L程度ですけどね(爆)
チョイ乗りだから仕方がない・・・







空気はスタッドレスに交換してから一度も入れていませんが、抜けていませんでした。







そしてこの日ダンクの最後のお勤めはというと・・・








ここ(笑)。


精米と言えば、我が家のナイトライダー ライスライナー「ナイス2000」ですが、冬は寒すぎでチャリなんて無理・・・。春になったらナイス2000で走りまくります。









そういえば、少し早いけど奥さまと娘から手作りバレンタインチョコをいただきました。
冷蔵庫に沢山ストックがあるので、ちょっとずつ摘まんでおります・・・




ってことで、長い洗車ブログを最後まで読んでくださりありがとうございました。
Posted at 2017/02/13 00:06:16 | コメント(11) | トラックバック(0) | 洗車ネタ | 日記
2017年02月05日 イイね!

1月の終わり頃から私と子供二人がインフルエンザにかかったりで何かとドタバタな一週間でしたが、そんなドタバタ劇が終わりかけた週の後半に広島まで行く用事があり、とあるビジネスホテルへ。







室内にはニュースで騒がれてたあの本が(笑)。

読みませんでしたけどね・・・








さて、今年になってまだ一度も洗車ができていないのですが、今日も雨でまた洗車できず・・・。ボディの汚れは我慢できても、ホイールのドス黒さだけは本当に我慢なりません。








ただでさえボディよりもホイールの方が暗く見える事が好きじゃないのに、それがブレーキダストによってドス黒く見えているのかと思うと、正直車に乗りたくないと思うことも・・・。


次の土曜日が休日出勤決定になったので、仮に翌日曜日が雨になっちゃうと当然洗車ができないわけで、そうなるとホイールは更にドス黒くなり、それこそご老体ボディのお肌は大変なことになりそう・・・。

明日からまた天気が良いみたいなので、せめてホイールだけでも中性洗剤で洗っておこうかとこの時間になっても迷っているところです。








そういえばホンダカーズから届いていた4月以降の定休日と営業時間変更の案内。

定休日変更は別にいいのですが、サービスの受付時間が18時までになるのは困る・・・。


ディーラーって休日が激混みだし、オイル交換だって休日は基本予約で、予約していても軽く1時間半とか下手すると2時間とか待つことも多々。ただでさえ休日はやることが多いのに、休日のかなりの時間をディーラーの椅子に座って潰すことになるなんてあまりにも時間がもったいない。なので私は平日残業を切り上げてオイル交換に行く事が多いのですが、さすがに受付が18時までとなるとちょっと厳しい・・・。まず17時になってすぐに退社ってのが意外とできないよね・・・。ホンダのサービスマンも総じて働きすぎだと言う事は私の幼馴染(工場長)を見ていてもよく分かりますけどね・・・









あ~、それにしても早く夏タイヤに戻して綺麗な車で走らせたい・・・。


といっても、今度は黄砂で悩む季節になるわけですが・・・







と、地味な悩みを書いたところで今日のブログは終わり(笑)。いつもぎゅうぎゅう詰めのブログばかりなので、私にしてはアッサリしすぎでしたかね・・・(~-~;)
Posted at 2017/02/05 21:39:45 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日常の出来事 | 日記
2017年02月01日 イイね!

インフルエンザ療養生活も今日で最後。明日から出勤予定です。


私のA型インフル陽性反応が出たのが25日土曜日の朝。その日の午後、今度は娘の熱が39.2度まで上がり、19時過ぎに市内の夜間子供診療所に行くとやはりA型インフルの陽性反応が。ここから私と娘の二人隔離生活が始まったわけですが、嫌な予感は当たるもので月曜日の午後から今度は息子の体調が崩れ夕方私が内科へ連れて行くとこれもA型インフル・・・。毎日列車で通学しているため最も厳しい環境下にいるだけにやっぱりかという感じです。当然息子も自分の部屋での隔離生活となり、現在二階は奥様一人が未感染で頑張ってくれています。一階は親父とお袋がいますが、老人には絶対に感染しない様全く近づかない様にしています。肺炎などが怖いですからね・・・。




現在子供達の面倒は、最初から割りと熱が低く体もそこそこ動いた私が見ておりまして、一人でゆっくり療養生活・・・、という甘い考えは見事に崩れ、結構忙しい日々の連続です。昼食の用意はまぁいいとして、何が大変って洗濯が凄い量で・・・。高熱のため一日に何度も汗をかくため早めの洗濯、早めの乾燥を強いられます。

そこへもってきて奥様が仕事上での大きな悩みを持ち帰り、これがかなり陰湿で現代の若い方ならではの考え方なんだなぁと驚きを隠せませんでした。色々話し合い、今のパート先を辞める方向で考えています。



どんどん問題がやってくるダブル家・・・。
(──┬──__──┬──)
これが底だと思いたい・・・







さて、ドタバタした療養生活の最終日くらいはみんカラをPCで覗きたいと思い、一つネタをアップしておきます。


ええ、あのマニアックネタですけどね(笑)。以前書いたように、ブログ上ではストーリーになるべく触れないようにしておきます。



ではコメントはあっさりぎみで早速・・・。
画像が荒いのは毎度のことでお許しを








第602話 「誰かが私を狙ってる」 より







この回、ソアラ2.0GTの活躍はほんの僅か。






810ブルを追うセリカクーペ1800GT-TRとクラウン2000ロイヤルサルーンツインカム24。






この46-27の810ブルは、595話「マミー激走」でも使われましたね。






ブルを追い抜き・・・







追突されないコントロールしながらブレーキング!






そして後ろから来たクラウンが挟み撃ち!こっちはスタントマンなし、ドックの運転による華麗なテールスライドです。






第603話 「陽炎の街」 より







この回はこの2台のみの活躍でした。車的にはちょっと寂しい回です。






第604話 「戦場のブルース」 より






この回は何といってもこれです。









回りすぎと思えるほどスルスルと後ろを滑らせて回転するMA63セリカXX(後期)Gターボ。

大トルクだからでしょうか、スライドをキープしたままこのあと楽に立ち上がっていきます。





私の中でこのシーンは完全保存版♪








乗ってるのはこのお二人。さすがにこのシーンではスタントマン運転でしょうけど。







一方のソアラは






こちらのお二人。何となくソアラの活躍シーンが減ってきているような・・・







そしてクラウンはというと・・・








珍しく山さん!







とある河川敷で、バイク乗りの暴走族グループと







ヤン車乗りの暴走族グループが衝突するのですが






その中に、なんとまたしてもストリート・トーニングのセリカXXが(笑)。正直、ストリート・トーニングのセリカXXの登場率があまりにも高く、ひょっとしてこれまで登場したこの色のXXは撮影用として用意されたXXなのだろうかと思ってしまいました。







喧嘩は派手におこなわれ、車の天井やボンネット上で殴りあいが行われるのですが、XXの上では行われませんでした(笑)。ってことは、この先また登場するのかな・・・







そんな騒ぎの河川敷に後期型のGターボが登場♪






この回、セリカクーペ1800GT-TRは登場しないと思いきや、トシさんの運転シーンで辛うじて登場。ソアラかなとも思いましたが、タコのデザインや燃料計が速度計の右にあることでセリカと分かります。








第605話 「離婚」 より








もしかしたらこれが最後かもしれないGT-TRとGターボのA60共演。






一度でいいから、前期型2800GTのようにしっかりとリヤハッチを映して「G turbo」の文字を見せてほしいんだけど、そんなシーン記憶にないんですよね~。


って、そろそろGターボの活躍も終わりかも・・・








第606話 「マミーの挑戦」 より







この回、車に関しては見どころなし。しかし、ストーリー的にはいい話ですよ♪







第607話 「狼を追え!」 より







のっけから大活躍のGT-TR!







スタントマンなしのテールスライドとなれば・・・








やはり神田さん!

カメラ目線で余裕のテールスライドをかますこのシーンは、以前の放送オープニングで見せたセリカXX2.8GTのあのテールスライドそっくり。

かっこいいですね~。








今回のゲスト出演はこの方。






秋野太作さん。






活躍するメインカーはもちろんGT-TR♪







運転はドック、助手席には最終的に悪役として逮捕されちゃう秋野さん。







二人の乗ったGT-TRは追っ手から逃れるように加速。

って、この画像でこれがGT-TRじゃない事が分かった方は本物のA60好きな方でしょうね。








ライトアップしていると気付きにくいかもしれませんが、同じA60でもこれは前期型セリカ。







前側からアップのシーンでは、シートがスポーツシートじゃないのが分かります。ホイールキャップデザインとティンテッドガラス、そしてこのシート柄という組み合わせからこれが1800SXであることが分かります。

クーペ1800SXといえば、以前高知ロケで赤色が登場していましたが、ジプシーカーを含めて意外と前期型A60は登場してますね。







追っ手は後ろからだけでなく前からも。

あわや正面衝突かというシーン。







ビビる秋野さんですが、この角度からのカットは全て本物のGT-TRの室内による別撮りのものでした。しっかり8ウェイスポーツシートですね。






ここまでアップになると前期型であることが分かりますかね。ちゃんとナンバーが86-65と書かれてあるところが凄いですね。







でも、もっと凄いのがこのサイドストライプ。

CELICAステッカーはまぁいいとして、なんとドアノブ後ろのturboステッカーまで再現する拘りよう・・・(O.O;)。ただ、貼ってる位置がちょっと後ろにずれてますが・・・
ドアノブのすぐ後ろから貼らないとね(笑)







追っ手を気にする秋野さん。

やはりこのシーンは別撮りですね。






GT-TRほど綺麗に決まらなかったスピンターン(笑)。ロールもGT-TRとは桁違いに発生していました。






最終的に逃げ込む場所といえば、やはりこの手の資材置き場がお約束。

この回限りの登場だとしたら余りにももったいない“なんちゃってGT-TR”。いつぞやのチェリーすり替えシーンでこそ使えばと思ったものの、転倒しちゃうのでやっぱりもったいないですかね(笑)。







最後に応援にやってきたソアラとクラウン。この回も登場確認ということで。







最後の最後に逃走しようとする秋野さん。

そこにやってきたのは本物のGT-TR(笑)。恐らくこれは最初に撮影しておいたシーンなのでしょうね。う~~ん、そうなると1800SXの途中登場の理由が気になりますね。



そういえばこのあとから登場するGT-TRは、助手席側のturboストライプが一部なくなってるんですよね~。まさかとは思うけど、今回の1800SXの助手席側に移植したから??まさかそりゃいくらなんでも無理ですよね~。それとも本気で剥がしてSXに貼ってやろうとして案の定無理と分かり、新品ストライプを手配してSXに貼ったとか?!
思えば今回のSXはほぼ全てが助手側からしか撮影されておらず、運転席側からの映像は一番最後の資材置き場のシーンだけ。これを確認すると、映像が荒いためシストライプは貼ってあるようなないような微妙な感じで判別つきません。








どうしてもこの先のGT-TRの助手席側ストライプがなくなっている事と関係してそうに思えるんですよね~。ドアノブのすぐ後ろだけシールが残ってるあたり、1800SXの貼り方とも一致するというか・・・・

あまり難しく考えなければGT-TRに何かが起こって代車として1800SXが用意され、宣伝用としてCELICAステッカーを貼った・・・と考えるのがシンプルなんですが、その上わざわざturboステッカーなんて貼るかなぁ・・。そこまで拘るのならこの先のGT-TRにもちゃんとturboステッカーを貼るでしょ・・・。



絶対に怪しい・・・

マニアならではの疑問です・・・






さて、明日から久しぶりに出勤ですが、実は金曜日にまた諸事情で一日休みます。こっちは家庭の事情で絶対に外せない用事ということで上司にも伝えていた事でして・・・。


今週はインフルのせいで、出勤印象が悪いな・・・(~-~;)

Posted at 2017/02/01 21:27:17 | コメント(10) | トラックバック(0) | 懐かしみシリーズ | 日記
2017年01月29日 イイね!

昨日金曜日の午前10時半からISO9001の内部監査がありました。朝一から喉に違和感があり風邪ぎみでしたが、内部監査が始まった頃から体が猛烈にだるくなり悪寒や関節痛もしてきました。昼食中も完全に撃沈で、それを見た私の上司が帰宅して病院に行くようにと言ってくれ、午後一で早退させてもらいました。



私の会社では既に二人がインフルエンザで病欠中・・・。


しかもそのうちの一人は席が私の隣で、咳も時々していた・・・。


最近自分でもストレス溜まりすぎで免疫力ガタ落ちな感じがする・・・。






ああああ・・・・。

インフルに違いない(┬┬_┬┬)







帰宅してすぐに体温を測ると 38.5度。すぐに行きつけの内科に行き状況を伝えると






待合室は完全隔離部屋・・・・
そりゃそうだ・・・




鼻から突っ込まれるあのインフルエンザの検査を終え結果を聞くと




なんと陰性。





しかし先生はここで引き下がらず、

「細菌性だと抗生物質を出さないといけないので採血をしましょう」

と言ってきました。


結果、細菌性ではなかったけどやはりウイルス反応はあると。しかしインフル反応は出ない。




先生はこれに納得いかないようで、更なる積極的アプローチをしてきました(笑)



「明日の朝、もう一度検査しませんか?!」





あ、ここで話してる先生って、女医さんですので♪








帰宅する頃には体が少し楽になっていました。熱はそれほど下がっていないので、多分午前中のあのダルさは熱が上っている最中だったのでしょうか・・。

とりあえずこの日はとんぷくを飲んでしっかり寝て休みました。






翌朝。


体温を測ると36.9度。体もかなり軽い。

こりゃ、本当にインフルじゃなかったのかもと急にウキウキモードに。










再び待合室は隔離部屋。でも昨日の部屋は既に患者がいて、仕方がなく胃透視検査の部屋・・・。


熱を測ると更に下がっていて36.7度に。



そしてまたしても鼻から突っ込まれ検査終了。







女医 「やっぱり、A型インフルエンザ反応がでましたよ」










何、この時間差的落胆攻撃・・・
号(┳◇┳)泣









「今日から5日間は会社に行ったらダメですよ」



つまり、出勤は木曜日からと・・・。とんでもない仕事の空白だ。

しかし会社にいる人からすれば、逆に迷惑だからちゃんと治るまで来るなと言いたいかもしれない。

ギリギリの妥協点は水曜日出勤??
そういう問題じゃないって???



迷います・・・









最近は一度だけ吸飲すればあとは何も服用しなくてもいい“イナビル”というインフルエンザ治療薬があるようで、正直インフルエンザという厄介なウイルスに感染してしまったという自覚に欠けますね。








家では既に完全に隔離生活・・・。
太陽にほえろをゆっくり観賞・・・


しかも、かなりの食欲復活(笑)








でも体はそこそこ動くし、明日は雨らしいので昼一に灯油注ぎとゴミ出しだけはしておきました。







調子に乗って動きまくっていたらやっぱり熱はじわじわと上がってきたので、本調子に戻るにはもう少し時間がかかりそうです。








そんな一人 リラックス生活 隔離生活満喫中だった今日の午後、新たな問題が・・・









娘の熱が39.2度って・・・
(──┬──__──┬──)







どうやら娘のクラスでは、娘の前後の席の子がインフルで休んでいるらしく、こりゃ確実にインフルを移されたっぽい・・・。
一応、ワクチンは接種済みなんですけどね・・・







現在我が家では息子が受験生で絶対にインフルを移すわけにはいかない。


奥さまも当然インフルになると家事が止まって大変なことに・・・。


トーチャンである自分はというと、インフルなりたてで普通なら寝込んでるはずなのに、なぜか体は動いて食欲も旺盛。どうせインフルだし、ってことで








娘を夜間診療へ連れて行く事になったのは、インフル真っ最中なトーチャンに決定。
若干カオスな状態に思えました・・・






現在、自宅隔離部屋には私と娘の二人だけ。寝ている姿を見ているとやっぱり可哀想で、ネタにはしたけど私のように翌日にはすぐに熱が下がってほしいな・・・。喉を凄く痛がっていたので私とは症状がちょっと違うのが気になりますが・・・







この休みも洗車とは無縁となりそうです・・・
Posted at 2017/01/29 00:30:02 | コメント(16) | トラックバック(0) | 日常の出来事 | 日記
プロフィール
「Type-Rを名乗れる走りじゃない http://cvw.jp/b/166682/39344843/
何シテル?   02/19 20:29
2005年12月にアコードワゴン(CM2)オーナーになったダブルウィッシュボーンと申します。 スポーティな中にもエレガントなたたずまいのアコードワゴンがと...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
241 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
'05年12月~ 私にとって5台目の愛車、CM-2の24Tスポーツパッケージです。 1 ...
ホンダ トルネオ ホンダ トルネオ
'97年11月 ~ '05年12月 私にとって4台目の愛車、先代モデルであるCF4です ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
'93年8月 ~ '97年11月 3台目の愛車はBB4プレリュードSi-VTECです。 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
'89年6月 ~ '93年8月 2台目の愛車は、衝撃を与えた名機B16Aを初搭載したイ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.