車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月26日 イイね!
スバルの車高を落とす人。やあ、ぼくです。

突然ですが、ショートケーキのイチゴを食べない人って、いませんよねェ。

イチゴが嫌いなら、最初から買わなければ、良いでしょう。

スバルで車高を落とすと言う事は、そう言うことです。

最近はリヤサスがダブルウィッシュボーン化されて、ダンパーストロークが小さくなりましたが、それでも、ホイールストロークは以前と同様に確保されています。

ロングストロークサスペンションこそ、スバルの神髄なのデス。


とは言っても、縮み側のストロークは大きくないのですが。

走破性能は普通ですが、トラクション性能には、有利です。

エンジンがフロントオーバーハングから、大きくはみ出しているので、慣性モーメント的には不利です。

それを、速く走らせるには、リアを振り回すぐらいの感じで、向きを変えなければなりません。

当然、リアタイヤは、スライド状態になりますが、その状態でも、クルマを前に押し出すような、設計になっているのです。

先月、「GC8のスプリングを検索していたら、ちーむ1人様の記事にたどり着きました。参考になりました、ありがとうござうます。友達ほしいレベル3ということですが、友達登録お願いします。」

と来たので、友達登録したのですが・・・。

このひとの、整備手帳見たら、先週、STiのダウンスプリング組んでました。

たしか、私の記事には、「STiのダウンスプリングは30mmも車高が下がるのでアウトです。」と書いてあったはずです。

「参考にはするけど、お前の言うことは、信じないよ。」

と言うことでしょう。

価値観の合わない人はお断りです。

友達募集にも、そう書いてあったはずです。

確認したら、足跡も最近はないので、友達解除しました。

友達募集は止めにします。

友達登録なしでも、気脈の通じたコメントをくれる方は沢山いるし、いつもイイねをくれる人もいます。

先日、私がファン登録している人が、ブログを引っ越しました、友達登録した奴に色々やられた、らしいです。

友達システムって、フェイスブックのパクリらしいのですが、いらないと思います。

ファン登録で充分ではないでしょうか。



Posted at 2017/02/26 23:30:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年02月25日 イイね!

やあ、ぼくです。

最近、更新が少なくなりました。(;´∀`)

クルマネタが尽きてきたのも、ありますが、少し疲れてきました。

しかしながら、毎日、300前後のアクセスがあり、土日、祝日には、1000前後のアクセスがあるので、こんなブログでも、楽しみにしている方がいるのだなァと思うと、続けていかなければ、と思います。

さて、高齢者の運転による事故に対して、ぼくの思うことを書こうと思います。

みんカラ内でも、父親を説得して、免許を返納させたなんて記事を読みました。

わたしの父親も、数年前に返納しました。

うちの父の場合、二種免許を取った私から言わせてもらうと、感覚の衰えよりも、もともとの、運転が駄目でした。

高齢者の多くが、今よりも、はるかにゆるい運転試験と交通規則で運転を覚えてます、もともと、いい加減なところに、加齢による感覚の衰えが加わると、危険なことになります。

再教育も大事だと思います。

高齢者でも、運転がしっかりして、上手い人は沢山いますし、公共交通機関の乏しい、地方ではクルマの運転は、生命線でもあります。地方の自治体ほど財源は乏しいですから、お年寄り全員に交通サービスを提供するのは、困難です。

よく、年寄りから、「免許を強制的に返納させろ。」なんて人がいますが、いずれは、自分も年を取るのです、その時にそんなこと言われるのは、嫌な事だと思うのです。そのような事を言う、思いやりのない人ほど、いざ自分がその立場になると、強烈に文句を垂れると思います。

それで、私の思う高齢者運転の安全対策は、
60歳以上、MT車運転限定。

高齢者運転の事故で一番多いのが、アクセルとブレーキの踏み間違いです。

運転をMT車限定にすれば、100%無くなる事故です。

そもそも、MTを運転する技術と体力がなければ、運転すべきではありません。

その根拠は、モータースポーツを本格的にやった人にしか分からないのですが、

AT車の運転はMT車より難しい

からです。

説明しても、理解出来ない人には、理解してもらえないけどね。(´Д`)

AT限定免許なんて、無くした方が良い。



Posted at 2017/02/25 11:17:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 時事 | ニュース
2017年02月15日 イイね!
死ぬまで、乗りたい。電子制御の介入のない、最後の世代のクルマ。
もう、同じようなものは、買えない。
Posted at 2017/02/15 20:51:09 | コメント(2) | クルマレビュー
2017年02月15日 イイね!
今年もファルケンで行こう。(゚Д゚)ノやあ、久しぶりです。

体調が思わしくないのと、クルマネタが尽きてきたと言うのもありますね。

今年から、わたしのモータースポーツ活動は、「マウンテンクライム長谷。」一本に絞ろうと思います。

ヒルクライムをシリーズで出ると言うのは、貧乏人のわたくしには、過ぎた贅沢です。

そもそも、GC8と言う、金食い虫に乗っていること自体、過ぎた贅沢ではないでしょうか。

さて、前回のレースでタイヤの性能差を痛感したのですが、今年もファルケンのZE914Fで行こうと思います、アベレージスピードが低い「マウンテンクライム長谷。」なら、そこそこの勝負が出来そうなのと、確認して見たい事が出来たから。

わたしのブログで一番PVレポートの多い「GC8ノーマルサスの実力。」の記事で、スプリングを純正ノーマルにしたら、普通のラジアルでラリータイヤと同じ様にダートを走れたと言うのがありました。

低ミュー路は、柔らかい脚の方が良い。

当たり前の話ですが、固い脚はタイヤのグリップ性能に対する依存が大きくなります。

先日、ダンパーを修理した際に、友人がガス反力を確認するためにピストンロットを手で押し込んだのですが、その際に「うわっ、固ってェ。やっぱり、ラリーショックだ。」と言ったのが耳に残ったのです。

ラリータイヤは、接地圧が高くて、尚且つ、空気量が多くて、ダンピングが良く効き、コンパウンドもSタイヤと同等です。

現状のサスセッティングは、タイヤに対して、まだ固すぎるのかもしれません。

タイヤを新調するのを止めて、リヤダンパーを更に柔らかいものに交換しようと思います。

タイヤを高性能化してサイズアップすれば、済む話ですが、人と同じ事をしても面白く無いでしょう。

Posted at 2017/02/15 10:53:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ
2017年01月28日 イイね!
凸モールドのトムキャット!!。やあ、ぼくです。

11月の末に風邪をひいて、つい最近まで、激しい咳に見舞われていました。

あまり治らないので、総合診断科のある病院を探して受診しました。

開業医や普通の内科だと、「ああ、風邪ね。」ですまされて、適当に薬を処方しておわりですが、総合診断では、可能性のある症例を全て、リストアップして、問診により、ひとつづつ消し込んで、残ったものに対して、精密検査をかけます。

CTスキャンと血液検査で、異なるウィルス性の風邪の連鎖感染と判明しました。。

処方された薬がピンポイントで効いて治りました。

みなさんも、治りが悪い症状の場合、総合診断をお勧めします。

医者って、専門外の症例だと、素人同然だったりしますので、総合診断科のある病院をお勧めします。セカンドオピニオンは、大事です。

さて、今回は、プラモネタです。

年末に、イタレリのスナップキットを製作。



筆と新しく買った、0.4mmのブラシを使いました。


タミヤから、1/48のトムキャットが出ました。



これを見て、「トムキャット作りたい。!」と思ったのですが・・・。

チョッと高くて、手が出ません。
1/48だと、相当巨大です、置き場所にも困ります。
で、買ったのが、ハセガワの旧版1/72トムキャットです。


ハセガワの1/72トムキャットは、新版と旧版があって、旧版はシンプルなパーツ構成で凸モールドです、対して新版は、凹モールドでパーツ数も多く、精密です。
しかしながら、新版は人気が高く、たくさん売れたために、金型の消耗がひどく、組みたてが難しいそうです。

組み立てやすさと、アマゾンだと、1000円未満と言う安さで、旧版にしました。

さっそく、組みたててから、塗装に入ります。


戦車同様、ほとんど組みたててから、塗装に入ります。
パイロットまで、乗せてから塗ると言う、横着ぶりです。

これは、私が模型作りに戻るきっかけになった、「ローガン梅本。」さんの作例の影響です。


「塗れない所は、見えないから気にしない。」など、自由で楽しいです。
おそらく、名前を隠してコンテストに出したら、雑すぎて落選してしまうと思うのですが、非常に魅力的な作例なのです。

この人は、戦車が専門で、[Armor Modering。」の編集長でもあります。
缶スプレーと筆しか使いません、基本筆塗りです。

さて、このキットですが、凸モールドと言うことで、あまり評価されてませんが、凸モールドには、凸モールドの良さがあるのです、アクロバット機のような、綺麗な塗装のは、向きませんが、海軍機や前線に配備されている機体の様に補修痕や退色表現でウェザリングをガシガシ入れる場合は、、凹モールドには、出ない味が出ます。




凸モールドの墨入れは、コピックマーカーやガンダムリアルタッチマーカーで、パネルラインをなぞって、綿棒でボカしてやります。汚くなりすぎた場合は、タミヤのアクリルシンナー(シンナーと言ってますが、アルコール。)でふき取ります。


どうでしょう、凸でもカッコイイでしょう。
でも、デカールを欠損させたり、脚柱を折って、真鍮線で継いだりと、筆むらも強すぎて、失敗作です。
現代機は、デカールが多くて大変です。(*´Д`)
リベンジでもう一回作りたい。
Posted at 2017/01/28 20:47:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | プラモ | 日記
プロフィール
「スバルの車高を落とす人。 http://cvw.jp/b/1674606/39381052/
何シテル?   02/26 23:30
ちーむ1人です。よろしくお願いします。 27で遅く免許を取得。28でAZ-1を購入。 ジムカーナーデビュー。29でGC8Aを購入。ラリーデビューとダートラデビ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
イトウ模型 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 22:05:26
ホンダの品質管理は駄目駄目だなぁ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/03 18:06:44
二宮尊徳記念館に行ってきました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/08 15:34:48
ファン
108 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX Type-RA STi Ver.V Limited スバル インプレッサ WRX Type-RA STi Ver.V Limited
スバル インプレッサ WRX Type-R A Sti Ver.Vに乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.