• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Yamazakzakのブログ一覧

2017年10月01日 イイね!

【自己満検証】各社エンジンオイルフィルター比較

【自己満検証】各社エンジンオイルフィルター比較DIYでオイル交換するようになってから丸2年。
フィルターも自前で用意しているので各社の使用済みサンプルが揃いました。

コスパ的にどうなのか、また構造や使用感などをレビューしてみようと思います。



用意したのはこちら。



1.Purflux製(純正)L358A
2017/10 現在販売価格 864円+送料756円(GTECH)


2.MANN製 HU 711/51x
2017/10 現在販売価格 790円+送料756円(パーツダイレクト)


3.SCT製 SH4035P
2017/10 現在販売価格 1069円+送料540円(セントピア)


4.Hengst製 E44HD110
2017/10 現在販売価格 929円+送料756円(JO-YA)


購入当時の価格とは随分違って各社とも安くなっています。



これらを分解して濾紙の大きさや性状を見ていきます。

まずフィルタの上下の面を取り外そうとしましたが、強固な接着剤で固められていましたので、ノコギリで切り落とすことにしました。



切り落としました。

切断面と濾紙の感じは各社それぞれ。


Purfluxは独自のシェブロンプリーツ構造で折りたたんであるためか、濾紙がフカフカで独特。


MANNはミッチリしていてやや薄め。


SCTはMANNとほぼ同じ感じ。


Hengstは厚くて固く厚紙のよう。



開いてみたり。(意味はありません)



4つとも見ましたが、8000~10000km程度では小さな砂粒のようなものが稀に見つかる程度で、目詰まりするような汚れはありませんでした。


キモとなる濾紙の大きさ発表。厚さはノギスで挟んで測っています。



Purflux 100cm x 10cm 厚さ1mm(フカフカ)

MANN 235cm x 6cm 厚さ0.5mm

SCT 200cm x 6cm 厚さ0.5mm

Hengst 160cm x 6cm 厚さ1mm(固い)


面積ではMANN製が圧倒的。濾過性?は純正採用されているだけあって独特な濾紙のPurflux製が良さそうな印象です。

価格面から見てもこの2つを選んでおけば間違い無さそうです。


使用感としてはHengst製だけが取り外す際、エンジン側に残ってしまうという事態が発生しました。

他の3つは特に変わりません。


また、走行フィールがフィルタに依って変わるということは感じられませんでした。



ワタクシ的オススメオイルフィルタ(プリンスエンジン編)

1位 MANN HU 711/51x
圧倒的コスパ。申し分ない性能。たぶんBOSCHもこのOEMです。


2位 Purflux L358A
純正性能がほしい方に。1000円以下なら絶対買いです。



3位 SCT SH4035P
他とは違うものが使いたい方に。作りはとても良いです。



4位 Hengst E44HD110
安ければ使ってもいいかなー? あんまり(見た目上の)作りは良くないです。




2015/9/30から保管しておいたので、2年に渡る検証が終わりました。

(車好きの)通常サイクルのメンテをしていれば凡そ問題になることはないエンジンオイルフィルタですが、楽しいDIYライフのお助けになれば幸いです。





番外編:このオイルフィルタの適合について

調べる過程で見つけたのですが、PSA/MINI以外にも適合車種があるのですね。

>Citroen

 C2/C3/C3プルリエル/C4/C4ピカソ/C5/C6/DS3/DS4/DS5/クサラ/クサラピカソ


>Peugeot

 1007/206/207/208/3008/307/308/407/5008/508/607/RCZ


>MINI

 ワン,クーパー,クーパーS(R56)/クラブマン(R55)/コンバーチブル(R57)/クロスオーバー(R60)/クーペ(R58)/ペースマン(R61)/ロードスター(R59)


>Ford

 フォードフォーカス/フォードクーガ/フォードモンデオ

>Volvo

 C30/C70/S40/S80/V50/V70


>Jaguar

 XF


>LANDROVER

 ディフェンダー/フリーランダーⅡ/レンジローバーイヴォーク










Posted at 2017/10/01 22:14:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月27日 イイね!

愛車と出会って5年!

愛車と出会って5年!大きな障害も無く本日で5周年となりました。66630km!

これからが正念場かな、と思っています。

記念日ちょうどにオイル交換もできて、なかなか満足(・∀・)





>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2017/09/27 21:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月11日 イイね!

バッテリー交換と安心を

バッテリー交換と安心を整備手帳にも記しましたが、車検時にバッテリーの弱りはじめを報告されましたので、
余裕を持ってバッテリー交換をしました。

それに加えて今回はPanasonicのcaosですので、
アレを使ってみることにします。



LifeWINK N-LW/P5です。

バッテリーと直に接続してコンディションを監視し寿命判定するユニットです。

本来はこの状態のままバッテリ上部に貼り付けておくのですが、
DS3はアツアツのエンジンルームになるので少し心配な点と、
無加工では見える位置に設置できない、そもそもボンネットを開けないと見えないので、
配線を延長し室内へ引き込むことにしました。


皆様方、整備手帳を記して頂きありがとうございます。非常に助かっています。
室内引き込みポイントがエアコンフィルタ横にあるのですね。

リアガラスへウォッシャー液を供給するホースの穴だそうで、よく見ると四方に穴が開けられそうな感じの模様がありました。
エンジン側は面状ですが室内側から見るとビンゴ、4箇所が管のようになっていました。



こんなかんじでカラー針金にガムテでケーブルを括りつけて、針金を室内側からギュっと押し込むとブツッと貫通。



針金を引っ張り出してケーブル引き込み成功!



ケーブルの加工に移ります。


はんだごてと熱収縮チューブを用意して、ケーブルを延長しました。



バッテリーケースの下側の奥に丁度いい穴がありましたので、マイナス側はそこから通しました。


プラス側は端子盤にこれまた丁度いい空き端子がありましたので、そこに接続。



ユニットはダッシュボードのサイドパネルを外して手を入れ、
コラムカバーの隙間から通して運転中目立たない位置に貼ってみました。

(付属の両面テープでは貼りつかず、配線モール用の両面テープで仮止めしています。多分車内用のちゃんとしたやつ使わないとすぐ剥がれそうです)


ケーブルはあとで移動できるように長めに残してパネルの中に巻いて留めておきました。


動作確認。



明るっ!
まぶしいです。若干窓ガラスに反射して見えているので、要調整ですかねー。


しかし、運転中と光り方は違いますが駐車中も光るようで、セキュリティ的な意味にもなりそうです。


さて、どれほど保つか、信頼性はどの程度か。長い検証になりそうです。



※配線延長は動作保証外ですので自己責任にて行っています。



Posted at 2017/09/11 22:03:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月26日 イイね!

DIYカーボンクリーニング RMC-3E施工レポート

DIYカーボンクリーニング RMC-3E施工レポートRECS施工から1年超、冬の間は遠出もブン回すこともできないせいか嫌な振動とアンダーパワー感が気になっていました。

そこでRECS再施工も考えましたが、工場は遠いし時間もかかるので、どうにかDIYで同じようなことをできないかと調査していたところ、
RMC-3Eなるものを発見。

みんから内でも施工されている方が居まして、LHM-drunkerさんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

早速オーダーして到着。5000円くらい。

成分はタール酸と界面活性剤、精製水

ほんとに効くんかいな?と実験をしてみました。


プラグ交換時に返却された純正品。カーボンが固着してドライバで擦っても取れない状態です。


ペットボトルのキャップに液を注ぎ、プラグの先端を浸けてみました。


1時間後


5時間後


24時間後


綿棒で擦るとホロホロとカーボンが崩れて取れました。

なかなかいいんじゃないでしょうか。


しかし、容器スプレーがいただけません。

プッシュするとポンプ構造のところからダラダラと漏れ出てきます。


コイルを濡らしてしまいかねないので、カインズホームの園芸コーナーでペットボトルに付けられるロングノズルスプレーを買ってきました。400円くらい。

逆さまでもスプレーできるナイスな構造。


これでまずは250mlを施工することにしました。


タペットカバー左側のブローバイホースをつまんで外します、、外れません。

超固いので工具が必要です。。

アストロへ行って ロングノーズプライヤーを買ってきました。1300円くらい。


(・∀・)


ホースにノズルを突っ込んでガムテで塞ぎました。


エアコンを停止しエンジン回転数を2000rpm付近にするためダイソーの40cm-70cmつっかえ棒を使いアクセルを押します。

しかしなかなか上手いこといきません。ワイヤースロットルなら楽なんでしょうけど、

上がりすぎてしまったり反応しなかったりと苦戦。結局数分格闘し2300rpm程度に落ち着かせました。

ストップウォッチを使い4-5秒おきに1プッシュ。20分前後かけて吸入させました。

こんなかんじ



吸入が終わったらつっかえ棒を外しアイドリング5分。
そのあと去年のRECS施工で見て覚えた感じに1000-2000-3000....と徐々に回転数を上げたり吹かしたりレーシング作業。

やはり爆煙にはならずヤカンの湯気程度でした。

配管を戻し1回目はこれで完了。翌日も時間があったので残りの250mlを施工です。


2日目も同様に施工。なハズでしたが、

吸入途中にに振動でつっかえ棒が脱落。

回転数を上げるためつっかえ棒を戻しますがアクシデント発生!

やはり回転数が上手く決まらず3000rpm超まで回ってしまいインマニに残っていた液を吸い込みすぎたのか1気筒?失火してしまいました。

ピィーーーーーーー!(Engine fault Repair needed)

ドンドコドコ!ドンドコドコ!(荒ぶる排気音)


あちゃー...


しかし焦りません。


こんな時のためにELM327はグローブボックスに常備してあるのです。われわれはかしこいので。


エンジンを止めてOBD2コネクタに差し込みます。


ACCをONにしたらナビ用のスマホにインストールしておいたTorque Proと接続しフォルトコードを消し込み。

もとに戻し休憩後、始動。正常復帰。

つっかえ棒はちゃんと固定しましょう。

残りを吸入しレーシング完了。


いつものテストコースでフィールをチェック。

RECSと同様にレスポンスとトルク改善が体感できました。


やはりプリンスエンジンに於いては定期的な対策が有効なようです。


今回調査時に他のケミカル類も見つけましたので、次回は違う噴霧タイプを試してみようと思います。

Posted at 2017/05/26 00:26:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!

本年もありがとうございました。

本年もありがとうございました。2016年 走行距離:14,555km
年間平均燃費:15.3km/Lとなりました。




来年も宜しくお願いいたします。
Posted at 2016/12/30 21:21:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「2018走り初め。超クリアラップ!正月の夜はステキ」
何シテル?   01/02 23:46
メンテナンスや気に入った物は積極的に記していきたいと思います。旅行と居酒屋巡りが生きがいです。 シトロエンに手を振ります。人見知り気味ですがオフ等の際は宜しく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

axe バンパー黒ワックス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/20 00:52:38
Shell V-Power EXCITING MAP 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/13 06:35:20
スパークプラグを交換してみる。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/11 23:54:08

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン DS3 カルメンさん(シーズン2) (シトロエン DS3)
2012年7月5日、ポワシーで生まれました。 ノアールペルラネラxルージュカルメンな少し ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.