• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kain_starloadのブログ一覧

2017年10月07日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】来年SUGOでサーキットトライアル?

先日のA級ライセンス講習会。受講者が私一人という事もあり、講師の方々と色々とお話をしながらの講習会でした。

その中で、来年SUGOでサーキットトライアルの開催が検討されているという話を聞きました。

JAFの公認行事として、B級ライセンスで参加できるスピード行事ですが、東北地方では私も参加している『エビスラップタイムアタック』が唯一開催されているサーキットトライアルです。

A級ライセンス取得のためには、B級を取得してJAF公認のスピード競技に『完走』することが講習受講できる条件です。(ほかにも、公認サーキットを一定時間以上走行した証明があれば受講可能)

スピード競技では、ジムカーナがメジャーなイベントですが、私としてはサーキットを走るのが好きなので、ジムカーナにあまり興味がありませんでした。とはいえいつかはA級ライセンスを取りたいと思っていたので、サーキットトライアルに参加をすることで、条件をクリアしようと考えてイベントを探し、エビスサーキットにたどり着いたのです。

サーキットトライアルは、基本的考え方は『走行会でラップタイムを競う』イベントだと思ってください。

走行台数が多いと、クリアラップがとりにくいとか、極端な話、軽自動車からスーパースポーツまで走るので、タイム差が大きいとか、サーキットトライアルなりにお楽しみがあります。


さて、そんなサーキットトライアルが来年SUGOで開催されるとすると、私としてはぜひ参加したいと持っています。
また、B級ライセンスを持っている人には、『1日でA級ライセンス』のようなプログラムもあればよいのではなかと、お話ししました。

とは言え、課題点もあるようで、やはりSUGOの場合はスピードもそれなりに出るというところ、サーキット初心者も参加するイベントなので、安全に開催するにはどうすればいいか、が開催のためにクリアするポイントのようです。

いずれにしろ、国際コースのSUGOで初心者向けのイベントが開催されるのは、モータスポーツの普及には大きな影響があると思います。エビスのサーキットトライアルは最初は数台から始まったと聞いています。今では15・6台が参加するよううなイベントになりましたが、認知されるにはそれなりに時間がかかるようです。

来年SUGOで開催されたとしても、参加者が集まるのか?
最初は少ないとしても、増えていくか?

単独イベントとしては難しいので、何かのイベントと併催にして、観客として見ることもできるようにすれば、サーキットトライアル自体の認知も進むかも、等々楽しみいっぱい、不安いっぱいです。

このブログを読んだ方で興味を持たれた方は、ぜひ参加しを検討してください!

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2017/10/07 09:06:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年10月03日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】国内A級ライセンスを取りに行きました

私が子供のころに夢中になって読んだ漫画に『サーキットの狼』があります。その中盤、レーサーを目指す主人公がサーキットライセンスを取得するためにレースをするという話があります。


その時以来、A級ライセンスをいつかは取得したいと思っていました。
昨年B級を取得し、サーキットトライアルの完走証明もそろったので、A級取得の条件は揃えることができていました。

しかし、今年は仕事のほうが忙しく、開催の少ないA級取得の講習会になかなか参加することができませんでした。

10月1日、JAFスポーツに載っている、今年最後のSUGOでのA級講習会に参加することができました。

この日の参加者(受講者)は私一人。実はこの前の週にエビスサーキットでA級の講習会があり、費用も2,000円ほど安いので、そちらで受けた人が多かったのでしょう。

この日はSUGOでは『SUGO 86 Style with BRZ 2017』『2017 SUGOチャンピオンカップレースシリーズ』が開催されており、講習会はピット上階のゲストルーム一部屋を利用して、ひっそりと開催されました。



もちろん、基本的なルールはすでに知っていたので、学科試験は問題なくクリア。

レースイベントや86/BRZパレードランが終わった16時過ぎから、実技テストです。



とはいえ参加者は私一人。特別に実技講師が模擬レースに参加して、2台で走ることになりました。まさか、SUGOをほぼ占有で走ることができるとは思いませんでした。ピットアウトからフォーメーションラップでグリッドへ。スタートも実際のレースと同じに進行しましたが、スタートは大失敗。ホイールスピンが多すぎ、1コーナーまでに講師のシビックタイプRに先行されてしまいました。

講師は試験官も兼ねているので、ぴったりと後ろについたと思うと、コーナではインを付いてくるなど、私としてはひやひやドキドキの連続。とはいえ、こちらもレース気分で、簡単には抜かせないように頑張りました!

実技試験なのでオイル旗やドライブスルーペナルティ、イエローフラッグなどさまざまなシュチュエーションを体験。もちろん最後にはチェッカーフラッグを受けてゴールしました。おそらく12・3周は走ったと思います。

実技試験の結果は、何点か指摘を受けましたが無事合格!
子供のころからの憧れなので、なんとも言えない感動がこみ上げてきました!

おそらく今週中には仮ライセンスが、今月末には本ライセンス証が手元に届くはずで、いまから楽しみに待ちたいと思います。

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2017/10/03 00:42:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2017年09月03日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】エビスラップタイムアタック第3戦

9月3日(日)に開催された、エビスラップタイムアタック第3戦に参加しました。3戦とは言え今年のラストです。


この日は、気温24℃で走行にはもってこいの日和でした。

今回は、オイルクーラを装着してからの初サーキット走行。TPMSも入れたので走行時の状況をしっかりととらえることが出来るようになりました。

参加者はいつもこのイベントに参加する人たちが集まり、車も見慣れた車が集まってきました。





KING OF SUPORTCAR




7.0L、500馬力のバケモノ。加速する姿は圧巻。




レクサスIS-F。V8 5.0Lのモンスタースポーツ。

この日の最速ラップを記録したFD3



プログラムとしては、フリー走行、アタック1回目、アタック2回目で各20分ずつ。フリー走行の時点で気づいたのが、オイルクーラーの効果。全力で3周走っても油温計が130℃を超えることがありません。

もう一点気づいたのが、タイヤの空気圧。今回もニットーのINVOを履いていましたが、走行前の空気圧が2.4で走っていましたが、低速からの立ち上がりで、踏ん張りがきかず横方向に逃げるような感じがしました。同じことがフロントにも言え、フルブレーキングからコーナーへ入るときの回頭性が、1テンポ遅れるような感じになります。

そこで、フリー走行後に+0.3空気圧を上げて、走行時に3.0になるようにセットしました。

結果的にはこれが良かったようで、ベストタイムは1.13.566を記録。今までのベストタイムを0.5秒ほど短縮することが出来ました。


私の参加するA-3クラスは、ポルシェやコルベット、レクサスIS-Fと超高級スポーツカー揃い。タイムは10秒台を出しています。私のZ34も決して負けてはいないはずなので、もう少し腕を磨いて来年こそ10秒台を狙いたいと思ました。

今回は併設のFJ1600は8台が参加して、盛り上がっていました。こちらも今年の最終戦なので、シリーズチャンピオンの決定もありました。


また、コースアウトして車を壊してしまいリタイヤしたとか、スタート時にフライングで、ピットストップペナルティをうけるとか、本当のレースの醍醐味を感じることが出来ました。

フライングのため、ピットストップペナルティ



また、レースクイーンもしばらく見納めなので、写真を撮っておきました。


来年も開催予定という事なので、ちょっと練習して記録更新したいと思います。

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2017/09/04 23:11:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年09月02日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】走行会用のスーツを新調しました。

事情により、サーキット走行用のつなぎを新調しました。公認レースなどには使えませんが、走行会などで利用するので、長そで、長ズボンであれば問題ありません。


今回も色は黒を選択。今までとちょっと違うのは、ワッペンを付けて、ちょっとだけレーサ気分を味わえる仕様にしたこと。

このつなぎは、SONIEL JAPANの製品で、レーシングスーツ風の仕上げなのでサーキットでも割と見栄えは良い製品です。


ワッペンを付けたことで、ちょっとはレーサー的に見えませんかね(笑)

それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2017/09/06 22:44:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年09月01日 イイね!

【Z34 フェアレディZ】TPMSを導入しました

タイヤの空気圧は、外気温によって影響をうけたり、走行状況によって変化したりしています。

もちろん、くぎなどを踏んだ場合は空気が抜けてパンクするという事もあります。

サーキットなどでは、走行前や走行後に空気圧をチェックすることで、空気圧を調整し最適な状態を作り出すことが出来たりします。

実はアメリカでは、2007年以降、市販される車にはTPMSと呼ばれるタイヤ空気圧を常時モニタリングするシステムが搭載されています。

このTPMSには、後付け可能なキットも販売されており、AMAZONなどで購入することが出来ます。今回、タイムセールで7000円弱で購入できるという事で、さっそく注文し装着しました。






今回購入したのは、バルブキャップの代わりに装着するタイプです。一つずつ装着していきましたが、やや大きめに見えてしまいタイヤのバランスに影響が出るのではないかと心配しました。





ディスプレイ側は、ソーラ対応のため電源を取る必要はありません。センサーを付けていくと、すぐに空気圧とタイヤ内の温度が表示されました。



4本ともセンサーを付け終わった後、ディスプレイを3連メーターの右隣の、走行中も確認できる位置に設置しました。このディスプレイ、数分間動きがないと表示を消すようになっているので、バッテリーの持ちが良くなる様になっていました。






試しに1時間ほど走ってみましたが、空気圧、タイヤ温度がしっかりと表示されます。

サーキットを走るときに、この辺がうまく生かせるか楽しみです。
それでは、今日の徒然はこの辺で…
Posted at 2017/09/02 15:52:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「私のレガシィもここでお世話になってます。」
何シテル?   09/30 16:33
kain_starloadです。よろしくお願いします。 子供のころから「フェアレディZ」に憧れて、ようやっと手に入れることができました。 この車でサ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

モータスポーツに興味ある方、ぜひお友達になってください。
私はこれから始めたいと思っています。

お友達申請大歓迎です。
気軽に送ってください。
31 人のお友達がいます
ひろにー。ひろにー。 * シュアラスターシュアラスター *みんカラ公認
TAKUMIモーターオイルTAKUMIモーターオイルみんカラ公認 Neo.CargoNeo.Cargo
yuwanyuwan 友の助友の助

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
普段使いの車。人も乗れて荷物も積める。高速でも快適に走ってくれる。 1台あればマルチに使 ...
日産 フェアレディZ 赤い稲妻 (日産 フェアレディZ)
Z33から乗り換えました。初めて見たときは、鮮烈な赤にちょっと引きました。
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
日産 フェアレディZに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.