車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月08日
船の旅 2016 ( 東京へ行こう )


今年の遠征( 帰省 )

往路では
愛機と初めてのフェリー利用

理由は
ゆっくり休みたかったのと
26年ぶりとなる新造船に
乗ってみたかったからでした









寄港である徳島へは自走しましたが

到着した頃には
すでに下船、
積み降ろし作業が始まっていました









今回乗船したのは
” フェリー りつりん

9月に就航したばかりの
” フェリー びざん 型 4番船です


名前から判るように
4隻の船名には 四国の名所が使われ
それぞれのイメージカラーを
採用しています






びざん( 徳島 眉山より ) → ブルー

しまんと ( 高知 四万十川より ) → レッド

どうご ( 愛媛 道後温泉より ) → オレンジ

りつりん ( 香川 栗林公園より )
→ ライトグリーン


東京 → 徳島 → 北九州( 新門司 ) と
かなりの長距離航路ですが
北海道方面のフェリーなどと比べると
シンプルな造りになっています

代わりに
利用頻度の高いトレーラーコンテナを
大量に積載するため
全長が 191m と
先代より約 30m も拡大しているので

見た瞬間
かなり大きくて驚きました
Σ(・□・;)





車両の乗船手続きは
出港1時間前 に済ませます
( 車検証を持ってくるのを忘れずに )

事前にネットや電話で予約しておくと
発券がスムーズに進むらしく

実際 、
後から来た僕のほうが
当日申し込みの先客より早かったです(笑)
( ̄▽ ̄; )



新造船に合わせて
徳島の乗り場は東沖洲 に移転
社屋も新築されました

建物内は
お土産売り場はなくて
発券所 、トイレ 、待合室があるだけです
( 自販機はあります )



クルマなしの乗客は
ここから屋根付きのタラップが
伸びているので
雨に濡れることなく乗船できます




車両については
上層部の搭載口 か
後ろ側にあるサイドランプからとなります






前船では
愛機は上層部に載せられませんでしたが














本船からは
架け橋が緩やかになったおかげで
誘導員さんの指示のもと
斜め切りしながら
無事に載せることができました


あとで
さらに車高が低いクルマはどうするのか
船員さんに聞いたところ
後ろのサイドランプから載せるそうです
( 船内のスロープで上層部に移動できます )





車両甲板から客室への移動は
船内階段 かエレベーター を利用します

前船では
一度 露天甲板にでてから
客室まで移動するので
雨に濡れていた記憶がありました(笑)
(;^_^A





車両なしの乗客が通る入り口には
” りつりん の マットが 。





さらに奥へと進むと
乗船記念のパネルがありました

香川だけに
イメージキャラクター が ” うどん脳 ?

ということは
愛媛( どうご ) は ” みきゃん ?(笑)
( ̄▽ ̄; )






そうこうしているうちに出港
対岸には旧桟橋が見えていました

ここは
一隻がドック入りしたときに
前船がフォローにまわるので
まだ使うみたいです

運航スケジュールを
確認しておかないと
港を間違えてしまうかもしれませんね
( 移動はかなり面倒くさいです )









隣にある
インフォメーションセンター

船長さんが着ているものと同じ
制服の上着と帽子を貸してくれるので
さっきのパネルのところで
記念撮影ができるそうです
( ´ ▽ ` )ノ






至る所には
りつりん & 香川 に関するものが . . .



栗林公園の植物を
イメージしているのかな?


香川県の地形を型どったプレートが 。


コレ 観光PRのポスター ですよね(笑)





では
客室内を散策してみましょう
( ´ ▽ ` )ノ






エントランスホール

TVを見ながら食事をしたりと
くつろげるスペースですね

デジタル放送のおかげで
航海中も画像が乱れることはなく
安心して番組を見ることができました






ここには
香川県の名産が展示されてました
( 各船ごとに展示産地が違います )







オーシャンラウンジ

海を眺めながら
くつろげるスペースです

客室内は緑とブルーを基調とした
インテリアとなっていましたが

これも
イメージカラーに合わせて
それぞれ違っているそうです





穴場だったのが
船首側にある ” フォワードロビー



TV などの音が流れることなく
静かで眺めがいいので
のんびりと読書するのに最適です
( 携帯の通話は控えてくださいとのこと )






寝室は個室が増えて
2等寝台に該当する部屋には
階段式カプセルタイプの
2段ベッドが備えられていました
( 前船はラッタル式 )


プライバシー のこともあるので
チラッとだけお見せしますね(笑)




個室は全部屋オーシャンビューで
ペットルームが別にあるのですが
一緒にいられる個室も用意されていました









もちろんお風呂もあります

そして オーシャンビューです
天気のいい日の眺めはいいでしょうね

ちなみに
僕は夜に入浴したので 真っ暗でした (笑)


新たに
シャワールームも設置されていました

ここは
24時間入浴可能ですが
荒天時などは閉鎖されるそうです






そして
今時の装備が . . .


全部屋
便座暖房機能付きウォシュレット


全自動ドラム式乾燥洗濯機

AQUA って韓国のメーカーですよね?
( ̄▽ ̄)


モバイル用の充電スポット

ありがたい設備ですが
丸出しなので
携帯電話を盗まれないように
そばにいる必要がありますね(苦笑)
(;^_^A




コンセントの数も増えてました

これで争奪戦は回避ですね(笑)
( 各寝室にもありますし )

ただ
残念ですが Wi-Fi はありませんでした
( 豪華客船じゃないですからね 笑 )




さて
この会社のフェリーの特徴ですが
長距離航路にもかかわらず
レストランがありません


代わりに
レトルト商品や冷凍食品が
自販機で販売されています

その他に
飲料水、お酒類、おつまみ 、アイス類
カップ麺 のものもありました




軽食に
” ホット かつサンド を
いただきましたが

コンビニの会社が
納品しているものですから
ほぼ同じ味かと思います

値段も船の中と考えると
リーズナブルではないでしょうか
ε-(´∀`; )



また
これらを温めるための
専用レンジが数台備えられているので
( 普通のレンジもありました )
食事時間が重なっても
あまり待ち時間は掛かりませんでした



簡素ながら
ゲームコーナー もありました
( ̄▽ ̄; )




貴重品ロッカーもありましたが
いちばん小さいのが
100円投入 返却方式に対して
他は有料 (200〜300円) なので
客室内に持ち込むのは
必要最小限にしたほうがいいですね





洗面所は
昔ながらのステンレスではなく
ちゃんとした陶器になっていました
ε-(´∀`; )











出港してから数時間後

紀伊半島にある
本州最南端の 潮岬灯台を過ぎたあたりから
海が荒れ模様でしたが

フィンスタビライザー のおかげで
( 船底にある翼みたいなもの )
大きく揺れることはありませんでした

でも
灯台を撮影時
展望スペースに上がったのですが

風が強くてカメラを保持するのも
困難でした(汗)
((((;゚Д゚)))))))





また
そこで気付いたのが
異常なほど柵が高いことだったので

聞いてみたところ
自殺 、 転落事故の防止のため
当局からの指導があったのだそうです

撮影には邪魔ですが
なるほどな と思いました




それと
緊急搬送用のヘリポート も新設
されていました






そして
真新しい船を堪能しているうちに
あっと言う間に時間は過ぎ去り




早朝(AM5:40) には
東京(有明) に到着しました





その後は
嫁さん の実家へと向かい
無事 里帰りは完了!

翌日は1JMT に行くこととなります








今回の
新造フェリーによる旅(帰省) は
見どころ沢山で存分に楽しめました


いつか
残り3隻も制覇したいですね
♪( ´▽`)












そして
肝心の身体は休めたかというと

出発時(自宅→徳島) 寝ていた娘が
目覚めてからは大はしゃぎして
ちょっと眠かったのでした(笑)
( ̄▽ ̄; )


ブログ一覧
Posted at 2016/10/10 09:57:09

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/10 11:42:17
僕も和歌山に行く時に港を間違えて時間ギリギリになったことがあります( ̄▽ ̄;)
コメントへの返答
2016/10/10 11:51:13
こんにちは
お疲れ様です

アレって焦りますよね

このフェリーの場合
対岸だからと簡単に思っていたら
意外と時間が掛かるんですよねー
( ̄▽ ̄; )
2016/10/10 16:19:04
こんにちは🙋(^^)/。☁




此のフェリー🚢、チケット🎫高かったでしょう!? 👛💵 大きさで言えば、さんふらわあ号とどっちが大きいのですか?

其れにしても、今時の客船らしく、本当豪華ですねェ。(^_^)(^-^)😊😺(^ー^)☺👍(^^)d


コメントへの返答
2016/10/10 18:39:09
こんばんは
お疲れ様です

運賃は
高速代 & ガソリン代 と比べると
少々割高になっていますね

さらに
原油価格の変動によって
調整されるので
時期によっては高くなります
( 今回がそうでした )

まあ
ゆったりできたと思えば
こんなものでしょうかね(笑)

大きさは
北海道方面の ” さんふらわあ と
ほぼ同じです

ですが
トラック( コンテナ ) の積載量は
” びざん 型 のほうが多くて
乗客数は若干少なくなっています

使用目的の占めるウェイトに
違いがあるということでしょうね

なので
客室はシンプルなほうだと思います
( ̄▽ ̄)
2016/10/10 18:40:53
東京在住の頃はよくオーシャン東九フェリーを利用しての帰省をしてました♪」

新造船イイですね!!

昔は、早めに乗船できたら同じ2等料金でトラックのドライバーさん用のベッドみたいな所に寝ることが出来て、大広間での雑魚寝を回避できていたように記憶しています。

新造船だとカプセルホテルみたいなのになっているのですね~


以前は東京⇔高知間に「さんふらわあ」があったのですが今は東京と四国はこのオーシャン東九フェリーだけみたいですね~

太平洋に出て周囲が真っ暗になって夜空に天の川がまぶしいぐらいに観えて感動したこともありました♪

また船の旅してみたいものですね(*^_^*)
コメントへの返答
2016/10/10 19:15:10
こんばんは

いまも ” オーシャンのうす が
予備船で運航していますので

同料金で . . . ということはあるようですよ
何だか得した気分になりますよね
♪( ´▽`)

僕は個室にしましたので
よくは見ていないのですが
二等客室はそのようになっているようです

” さんふらわあ の名に憧れて
一度は乗って東京に行きたかったですが
結局、 叶いませんでした

いまは
安全上のため
デッキに出られなくなり

夜空を見ながら というわけには
いかなくなりましたよねー
( ;´Д`)
2016/10/11 12:35:58
昔々、修学旅行でサンフラワー号に

乗ったことがあるでし。学生のときにwwww
コメントへの返答
2016/10/11 13:22:49
こんにちは
お疲れ様です

修学旅行で乗られたのですね
いいなー ( ̄▽ ̄)

僕の場合は
フツーのフェリーだったなぁ

船内はトラックの運転士だらけで
充てがられたのが大部屋だったため
ぎゅうぎゅう詰めの雑魚寝だった
記憶があります

その後
” さんふらわあ には
大人になってから乗りました(笑)
( ̄▽ ̄; )


現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「いま
” 帰れまサンデー を見てます

有名レーサー が
スーパーカーを 激ムズ駐車場に
止めるというチャレンジをしていますよ

ドリフトキング 土屋圭市 が
重ステ ” カウンタック に大苦戦(笑)
( ̄▽ ̄)

何シテル?   12/04 10:33
JZX100 チェイサー に乗っている つあらーえっくす です。 これまで 多くのみん友 さん達とお逢いできて 楽しませていただいております。 おかげさまで ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
クルマの祭典 ( 1J ミーティング編 ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/14 17:47:41
船の旅 2016 ( 東京へ行こう ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 11:46:21
ここまであからさまだと…(汗) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/29 03:08:20
お友達
愛媛県に在住していますが、
地域にこだわらず多くの方々と
コミュニケーションがとれたら
いいなと思っています。
よろしければどうかお声を掛けてください。
293 人のお友達がいます
カーパーツショップ車道楽カーパーツショップ車道楽 *みんカラ公認 G-FACTORYG-FACTORY *みんカラ公認
よこチェんよこチェん * ジュミジュミ *
シャルムシャルム * タケタケ0820タケタケ0820 *
ファン
50 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ チェイサー Falcon (トヨタ チェイサー)
エレガントスポーツを目指してます トヨタ チェイサー ツアラーS 2.5L ...
トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ぼっちゃん (トヨタ ヴォクシー ハイブリッド)
嫁さんの車です。 人生初のハイブリッドカー! 家族で出かけるときは 主にこちらを使って ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.