• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

流鏑馬のブログ一覧

2018年02月18日 イイね!

一番乗り?

一番乗り?小春日和に誘われて、

フラッと走り出す日曜日。

海も空も青く☆




のんびりな日曜の朝、西へ。

向かった先は、山口県の笠戸島。

ココで解った方は、流石で御座います!

そう、早咲きの河津桜にて、流鏑馬には『遠~~~い春』でも感じようかと(笑)
・・・静岡の河津にはチト遠いので、コチラでw

桜の木に囲まれた駐車場に到着・・・



あれ!?・・・同アングルで、↓こうなるイメージで来たのですが。。。


参照:2013年3月(笑)

駐車場を歩き回り、固い蕾のほころびを探すと・・・



一輪だけホントに一輪だけ、花を咲かせてくれてました♪

往復500キロ、高速代、燃料費・・・お高い一輪でしたが、春待ちの流鏑馬の一矢で御座いました!



Posted at 2018/02/18 20:18:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2018年02月12日 イイね!

再訪も。。。

再訪も。。。建国記念日を絡めた3連休。


大雪の続く日本海側を避け、太平洋側をヒッソリと。


10日朝8時、雨の高速へ向け自宅を出発。


天気予報通りでいけば、雨雲を置き去りにして、夜中に寝ている内に雨が追い越してくれる予定。
・・・は、功を奏し、トップ画像の快晴っぷり♪

初日は移動のみ、画像ゼロ(笑)

目覚めた場所は、神奈川県の相模原。朝イチで混雑する前のアクアラインへ。
渋滞は無かったものの、海ほたるは満車でした~行く予定は無かったので問題なし☆

千葉へは再訪なのですが、2016年1月2016年3月と矢継ぎ早に連発してますが、いずれも灯台目当ての海沿いドライブ。
・・・も、千葉の方には申し訳ないのですが、道路環境?交通事情?とにかく何処に行っても渋滞のイメージが流鏑馬の中に。。。

今回は内陸部も走ってみようと訪れたのですが、時間帯?道路の選択?やっぱり、動かない・・・

という訳で快走!とは言えないまでも、前回、訪れなかった場所を少しだけ。

まずは、滝のイメージの無い千葉ですが、『インスタ映え』とやらでメジャーになった、濃溝の滝へ。
房総スカイラインを流し・・・スカイラインという名の割に展望スポットはおろか、停める場所すら。。。



えっ?って感じでしょ~(笑)
全然、滝っぽくないし、見た目も地味w

有名になったのは、濃溝の滝と間違えて紹介された『亀岩の洞窟』という名の場所で、洞穴に水が流れているものらしい。
こちら・・・



う~ん、、、どうだろ???
更には、水の流れも人工的に変更され今の洞穴を通る様になったものらしく。。。
洞穴の奥から朝日が射し込み、水面に反射するとハート型になるそうなのですが、そもそも横向きのハートになるようで・・・ま、流鏑馬はインスタしてないし~w

房総スカイラインを舞い戻り、気分転換に海へ(笑)

前回、曇天にて映えなかった鋸山を眺望に。

登っても良かったのですが、ロープウェー、登山自動車道とも気乗りせず、日本寺にも興味はあったもののスルー。あまりの好天にオープンドライブに精が出てしまいまして♪

・・・有料の登山自動車道ではなく、狭路で上がっていく道もありそうで、現在、一部で話題の?ジムニーが侵入していくのを見て羨ましく眺めてみたり(笑)


鋸山を通り過ぎた辺りで海岸に出てサーファー達の車の中で違和感を放ちながらも写真を。
トップ画像もコノ中の一枚です☆

一応、鋸山の遠望もw



帰りにチラッと見えた工事車両の出入り口からの鋸山がカッコ良く、入れてもらいたかったデス!

この後、あまり意味は無いのですが、ス〇キアリーナ富津さんの前へ。
春の陽気の海岸線をオープンドライブした後でなければ、魂を持っていかれたかも、、、恐ろしやw

再び、内陸部を走り、銚子ドーバーラインへ。
前回は上を走っているだけで屏風ヶ浦の『屏風』な部分を見られず帰ったのですが、今回は銚子アリーナから見られるのをリサーチして見参!(笑)

曇天&いつの間にか夕刻の迫る時刻となっていた事でキラキラ☆感は無いですが、コノ方がドーバーっぽいのでしょうか?
勿論、ホンモノを見た事も、この先の未来にも見る事も無さそうなので、ドーバー海峡って事でw





サーファーの方々は楽しそうに波と戯れておられましたが、寒くないのでしょうか?(笑)

千葉から脱走~とりあえず茨城に抜けたのですが、途端に動き出す車の群れ・・・流鏑馬のロドって、房総半島では呪いに掛かっているようですw

陽も暮れて・・・本日の宿は帰宅までの距離も考えて静岡の清水を取っておりました。
ただ、帰るのも勿体ないので、いっそオノボリサンでも究めてみようかと。

東関東道を経て首都高へ。
浦安でディズニーリゾートの華やかな灯りを眺め、蒼白く輝く東京スカイツリーを横目に見ながら走り、都心の眩い渋滞の中(笑)、東京タワーをチラ見して、聞いた事のあるビルの名称が立ち並ぶ横を渋滞で抜け(笑)、東名に入り清水まで。

無論、煌びやかな画像も無し~運転手独りですから、走りながらでは撮れないしw


LED照明が普及して長いですが、どうも好きになれない・・・光害とか節電だとかもあるのでしょうが、中途半端なら灯さなくてイイんじゃないかと。必要な部分にパリッとした輝きがあればソレで良い気がします。勿論、見た目だけ!の問題ですがw


ホテルに着地・・・寝ますw

翌朝、会社を目掛けて帰る訳ですが、ココで忘れてはいけないモノが。

ホテルから少し走れば、名勝・美保の松原。

凄まじい強風も写真には写らず、美しい陽射し。



青々とした松原の奥の雲w



東向きの遠征の際に忘れると、『流鏑馬らしい』と言われてしまう?日本一デカい忘れ物~



富士山!

勿論、雲が掛かってますが、なんとなくシルエットが☆

・・・クリア?(笑)

10日



11日



12日



総走行距離1757キロ。
往路復路とも渋滞無しながら、2日目はずっと渋滞の中に居たような気もする千葉再訪でした。






Posted at 2018/02/12 22:31:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2018年01月14日 イイね!

犬ってよりは猫寄りなんですが。

犬ってよりは猫寄りなんですが。大寒波の襲来により全国的な大雪。

極寒の中、帰宅は毎晩の深夜。

おコタで丸くなりたいのは山々ながら・・・

何かがキレた流鏑馬、わざわざ愛車を汚しに・・・



3季目を迎えたウィンターマックス君を試しに週末の蛮行。

まずは土曜日、ドライブかたがた西へ。

山陽側をスルスル~と走り、流鏑馬イチ推しの寺社仏閣の山口・瑠璃光寺へ。



法隆寺、醍醐寺と並ぶ日本三大名塔の五重塔を拝見に。
細身で装飾の少ないシンプルな造りが美しさを際立たせ、春夏秋冬いつ来ても綺麗です♪

本当は雪化粧の白い巨塔(笑)を期待して行ったのですが、雪が舞う程度w



日暮れ間近、夜になり気温が下がると雪道素人には荷が重く、気持ちの焦りか?銘菓・舌鼓を買い忘れ~中国道に飛び乗ります!

・・・何故に中国道?って思いますよね(笑)、山口市内で、山陽道の乗り口も近隣なのですが、雪の中を走りたかったからですw

過去にはコンナ苦い思い出もありますが(笑)
約10年近く前になりますが、当時は曲りなりにも“文章”を目指している痕跡だけはw



走り始めは明るく路面の雪も大した事なかったのですが・・・この後、全神経を研ぎ澄ます事に☆
吉和SAではトラック1台のみの駐車場は全面の雪・・・入ったは良いものの本線復帰までに何度、横を向いたものか(笑)

なんとか広島北まで辿り着き、安全を考慮し山陽道へ復帰・・・ヘタレw

翌日、今度は北へ。

トップ画像の通り、大山を眺めに。



蒜山SAよりの眺めは雲も掛かっておらず、期待が持てます♪
江府インターから降りて南大山に近付こうとしますが・・・



もう、雲が掛かっちゃった(笑)

この後、諦めずに大山様に擦り寄ってみるも・・・ダメでしたw

今度は、大山の表の顔?伯耆富士な角度を拝見に。



コチラは快晴☆
ついでに弓ヶ浜を眺められる辺りまで雪道を登り、ズルズルを楽しんだので満足して帰宅。

流鏑馬らしく、雪化粧した街並みに青い弓の形の綺麗な海を眺めただけで、写真を撮り忘れた事に気付くも舞い戻る気もサラサラなく直帰w











NCデビューより13年?古い設計のDSCですら邪魔でカットする始末・・・最新装備の車は無用の長物になりそうで買い替えは遠のくばかり?(笑)
Posted at 2018/01/14 19:14:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2018年01月08日 イイね!

書初めならぬ・・・⑨

書初めならぬ・・・⑨新年一発目!昨日、今日のお話。


新年と言えば、“書初め”ですよね。


流鏑馬も、結構エエ歳のオトナなので、今年こそは!




2009年 『童心。』
2010年 『書初め・・・ならぬ。』
2012年 『Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2013年 『Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2014年 『Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2015年 『Re:Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2016年 『Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2017年『書初めならぬ・・・⑧』

書初めするはずが、筆を持たず、ステアを握って、間違いだらけの近年。
今年もまた、間違えちゃったみたいで・・・
という訳で、本年も奇行に始まり、奇行に・・・コレ以上は書くまいッ!w
・・・毎年、一行増えるだけのコピペな始まり(笑)

例年2日に予定される始まりの儀式は、今年は天使2人が舞い戻り、正月休みは“抱き初め”が決定!2週目の休みに決行♪まぁ、結局はお馴染みの滝初めへ行くのですが。

抱き初めとは書きましたが、可愛い甥っ子達もドンドン成長し、少し前までは、ふと下を向くと何も言わず両手を広げて待っている・・・『抱っこして!』の無言の圧力すら愛しいものでしたが、今や気を抜けば言い負かされるぐらいの口八丁手八丁(笑)、まぁソレすら可愛いのでドコまで行っても勝てないのですが☆


さて本題へ・・・冒頭のダラダラと長い感じから、既に汲み取って頂けてるとは思いますが~

向かった先は四国・・・残念ながら3連休ではなく、2日間の上、土曜の帰宅は26時。。。
更には、成人の日の本日は西日本は全域の荒天・・・故、東半分の短編ネタ無しw

日曜の10時過ぎにノロノロと出発!阿南にホテルを取っており、ゆったりと周る予定が、スタートは遅いわ、眠いわ、翌日の雨は解っているわ・・・で、とりあえず滝へ直行(笑)

向かった先は、徳島の100名瀑・轟の滝!



御神体となる二筋の流体が重なり合う姿、そして全貌を隠す様に切り立った岩に囲まれた景観。
荘厳で神秘的で大好きな滝なのであります。
マルミエヨリモカクサレタホウガ・・・ヨイデスヨネ♪


速度を落として、もう一枚☆



この時点で16時30分、陽も暮れてきてます。
イクサ(国道193号)を続けるのも手でしたが、平和主義者の流鏑馬は早々に退散。

ココで同じ様な画像を2枚投入。もう、画像が無さそうでしょ?・・・正解!(笑)

この後、流鏑馬の中で『徳島と言えば!』な、蒲生田岬へ。
勿論、日没後の到着なのは解っていましたが、本来の役目を遂行するライトハウスも風情があるかなぁ~なんてノンキな感じで街灯のほとんど無い暗闇の狭路を黒王号が突き進みます☆
灯台まで間近の、かもだ温泉を通り過ぎようかという所で、道路脇から強烈な気配がぁ~!
デカい鹿が2頭、コチラに向いてギロッと見つめてきました(+o+)
鹿との距離もあり突っ込まれる心配は無かったのですが、この後の行動に影を落とす事に。

蒲生田岬の駐車場に到着。無論、誰も居る訳もなく、更には海岸沿いを歩く遊歩道の門は閉まってます。少し山肌を歩く昔の?歩道での到達は可能な状況でしたが、暗闇の山肌・・・先程の鹿2匹が脳内を支配しておる今のヘタレ流鏑馬に歩みを進める勇気は湧かず~阿南のホテルへ。。。
お楽しみのリラックスタイム~のマッサージは深夜までイッパイという事で諦め、大浴場独り占め&爆睡(-_-)zzz

翌朝の本日8日、快適な目覚め&朝風呂でスタート!・・・も、雨&強風★
季節感の無い真夏の様な太平洋をお届けするどころか、真冬の日本海さながらの寒風吹き荒ぶ海を眺めながら、トロトロとドライブ。
流鏑馬の定点・水床湾もスルー。。。
気持ち良いはずの南阿波サンラインに臨むも、陽光の欠片も無い“サンライン”をスライディングする様に飛沫を上げながら。。。



色鮮やかな青を基調の予定が・・・水墨画に(~_~;)
トップ画像も南阿波サンラインの展望所なのですが、南国ムードの木々すら凍てついてますw

ダラダラと国道55号を流し、室戸岬へ・・・もスルー。
気が付けば昼前で、キラメッセ室戸へ停車。
雨も少し止んでおり、海岸線を眺めます。



太平洋感ゼロw

睡眠不足に、雨中の惰性ドライブの疲労・・・『コンナ時はアドレナリンじゃ!肉じゃ~!』と、ばかりにキラメッセ室戸でクジラ三昧とイキましょう(^O^)/

で、頼んだのは『鯨御膳』



鯨の竜田揚げ、刺身、タタキ、鱠(なます)と、まさにクジラ尽くし!

・・・いつも当方のブログを閲覧いただいている変わり者の?皆様だと少し違和感を感じてらっしゃる事かと思います。『アナタ生魚ダメでしょ?』って(笑)

No!鯨は哺乳類!肉じゃ~生肉じゃ~!と、雄叫びこそ上げてませんが・・・気分はソンナ感じw

無論、好きな部類の食べ物では無いので、よっぽどネタが欲しかったのだと(笑)
でも、意外とスンナリ食せ、我が成長を喜ぶノンキな男が一人w


この後、高知に向けトコトコと走り、南国辺りに差し掛かり、『下道四国中央縦断?ハイウェイ☆スター?』との脳内二択となりますが・・・『雨だし、明日、仕事だし~』と、横着炸裂で早めの帰宅となりました。

1月7日



1月8日



・・・内容、薄ッ!

昨年11月の風邪を拗らせて以来の大失速な上、新年一発目もコノ有り様。。。

ともあれ・・・今年もよろしくお願い申し上げます!




Posted at 2018/01/08 21:49:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2017年11月12日 イイね!

続々、滝汗。

2011年2012年と立て続けに書いてきた滝奇行シリーズ。

シリーズといっても、前回からもう5年が経過している事に驚きますが、

前回も確か、風邪かなんかだと思いますが珍しく家に居るタイミングだった思います(笑)

年々、減少する使える時間と、体力。その合間を突いて巡る滝奇行。

最近のブログアップは、ほぼ滝絡みな上、車も登場しない“みんカラ的でない”ブログですが、

2012年以降で訪れた滝で、気に入った100名瀑を幾つか御紹介したいと思います。

まずは、2014年7月に訪れた山梨・七ツ釜五段の滝



規模の大きな段瀑に青色の水を湛える姿が美しい滝ですが、天候は曇りで少し陽が射す程度で本来はもっと美しいものだと・・・再訪したい滝です。

初めての東京侵攻に山梨の名瀑を訪れた弾丸奇行でした。

続いては、2015年5月に訪れた山形・滑川の大滝



山全体が滝に見える程の大滝と雪のコントラストが印象的でした。
この旅での磐梯吾妻スカイラインの素晴らしさと100名瀑ではありませんが、不帰の滝も美しく、後にカメラの買い替えの起因となりました。
・・・な上、帰路の北陸道でのバーストと、お財布に痛い奇行だった記憶が(笑)

3つ目は、2015年9月に訪れた福島・三条の滝



豪瀑という名に相応しい水量!雪解けに訪れられたらどんなに凄いのか?再訪したいですね。

有名どころの景観の楽しめる福島側の尾瀬ルートからのアクセスではなく、新潟の小沢平(こぞうだいら)からのアクセスという苦行を選択、ただのドMっぷりを披露w
国道252号の田子倉ダム湖を見下ろすスノーシェッドのワィンディングの記憶が印象に。

4つ目は、2016年9月に訪れた秋田・安の滝



滝好きも推す程の名瀑と聞き、ハードルが高い状態で臨みましたが、その期待の高さをも凌駕する美しさ!紅葉には少し早かったのですが、その分だけ来訪者も少なく見惚れ続けていました♪

ロドでのアクセスは難しく、現地でエクストレイルを借りる掟破り?の始まりでもありました(笑)

5つ目は、2016年10月に訪れた群馬・常布の滝



冬季閉鎖が早まり弾き返された2015年11月、プチ遭難で道半ばで断念した2016年6月、そのリトライが叶った、念願の到達でした!
誰も居らず、独特な色合いの岩肌を流れる温泉成分を含んだ滝という稀有な滝を前に、眺めたり撮ったり、普段は撮らない自分の入った写真を撮ったり・・・と、失敗2回分を取り戻す程、滝前に居たのを思い出します(^<^)

6つ目は、2017年3月に訪れた神奈川・早戸大滝



時を経て鋭利に岩肌を削り取り、自らの姿を隠していく姿が“幻の滝”と呼ばれる所以なのも納得の見応えのある滝でした!

田舎者の流鏑馬には都会の神奈川という事で“関東の難所”とは呼ばれる滝も大した事ないだろう~とナメていたのですが、河原、ガレ場をガシガシ歩くハードな行程で準備の大切さも痛感。

7つ・・・中途半端ではありますが、取り留めもなく書き続ける自信がありますので止めておきますw

西方に住む流鏑馬としては、やはり東は遠くて3連休などの初日、最終日を移動に充て、中日に滝を訪れる。
その上、歩行時間の長い“難所”と呼ばれる箇所が未踏として残っていますので当然、唯一の観光日も山の中に居る時間が長く、ドライブ紀行ではなくなってきてますね。

その上、海上を移動したり、ロドでは近付くことすら困難であったり。

先日の隠岐の島・壇鏡の滝で数える事、87とした100名瀑奇行も北海道、青森、屋久島、沖縄と、遠方もしくは離島と、平日勤務の身としては辛い場所が残っており、相当の準備計画必要となります。

冬季休業に入るであろう2017年、来年はハードな行程の紀伊半島の2つを踏破したいと思ってはいますが、あとは・・・どうしたものやら(笑)

愛車の方も大きなトラブルもなく、35万キロを超えてはいますが、次もアタマには入れておかないといけない時期に来ている様な・・・

マイナーで幌2リッターも出ませんでしたし、ジムニー2ndカー計画も頓挫したままだし・・・

お蔭さまで繁忙な日々を繰り返しているトボけた頭では考えてられていない事も、風邪っぴき静養中だと浮かんではきますが、答えはサッパリ★ですw









Posted at 2017/11/12 14:41:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 独り言 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #ロードスター 本革シートベルトガイド ナチュラルタイプ JSG-101 http://minkara.carview.co.jp/userid/169816/car/511341/8947366/parts.aspx
何シテル?   01/13 22:08
闇雲に走り続けるだけのNC乗りです。 2018年も引き続き、未踏の地の開拓を! のんびりオープンライフを楽しみます♪
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

さっそく運転 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 00:47:00

お友達

いきなりのお誘いには、戸惑ってしまいます。
興味を持たれた方、コメントなど頂いてから、お誘い頂ければ、嬉しいです。
22 人のお友達がいます
菓子☆担当菓子☆担当 * ドライブ依存症ドライブ依存症
KUROYONKUROYON Love RoadSterLove RoadSter
かつみぃかつみぃ 改・べんたろ改・べんたろ

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
魂を継承する新愛馬♪
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
身の丈に合わせた微力増な流鏑馬マシン。 5年10ヶ月、19万9千キロ超で引退した小さな ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.