車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月13日 イイね!
83/100。快晴の日曜日。

地元の岡山ではマラソンが行われていた様ですが、

流鏑馬と言えば、いつもの滝奇行♪

間もなく訪れる雪の季節を前に、もう一矢☆


・・・のつもりが急遽、決まった和歌山での社用。。。

が、方向は一緒ならば逃す訳にはいきませんので日曜決行へシフト。

土曜に社用を済ませた後、大阪で買い物をして、三重の名張で一泊。
ホテルに着いた頃には瞼に4Gが掛かっていて、就寝までが乳児レベルでした(笑)

翌朝、5時過ぎに起床、朝風呂&朝マックにて6時30分、名張を後に奈良に侵攻!

これまで遠方も含み82箇所を数える100名瀑も、何故か近い?紀伊半島には3つも残している状態で、無論、難所や時間の掛かる場所ではあるのですが、今年は熊野の神様に呼ばれた経緯もあり(笑)、せめてヒトツは落としておきたい所で、冬季閉鎖前に大台ケ原に行くのが必然でした。

朝8時30分、大台ケ原ビジターセンターに到着後、西へ向かいます。
今回のターゲットは、中の滝!

登山ではなく滝巡りにはアルアルですが、谷に向かい下り、復路は登りのパターン。
往路で軽快に降りれば降りる程、帰り道の登りの恐怖に怯えるのです(~_~;)

でも、今年のラストチャンス!気合を入れ直し整備された階段状の下りを進みます。
そして、また廃道を進むのですが・・・



またしても熊笹地獄スタート(T_T)

廃道を枯葉がコーティングしてくれていて、何とも解り辛い。。。



途中、苔の生した岩に癒されますが、基本は、、、



道であったであろう場所、よく見ると足場としての枕木を止めていた鉄骨の芯があったりして道標にもなりますが、降りているのか落ちているのか~って場所は帰りにはよじ登らなければならない訳でして。。。

岩山でガレ場中心で歩き辛いのですが、、、



ヒト一人通るのがやっとのゴルジュなんかはチョットした楽しいイベントに感じたり(笑)

そんなコンナで、1時間半を掛けて滝見尾根に到着!



写真では伝わり辛いですが、兎に角デカい!
上段だけ~



落差250メートルですが、山の頂上から谷底まで、まるで山を割って落ちていく様な大きさ!
水量が少なめなのも残念ですが、天気が良すぎたのも見え辛くしてますかね。
更に言えば、木が生い茂り全体像が見渡せる場所がなくなっている気が。
廃道ですから仕方ありませんね。

隣に見えるのが西の滝で、その側面の岩盤には、色付いた木々。



許す限りの時間、滝に魅入り・・・これから始まる登り地獄への体力回復を図り、帰路へ。

足上がんねぇ~から、息も上がんねぇ~、よってペースも上がんねぇ。。。

結局、駐車場に戻れたのは12時30分、4時間も山の中に(笑)

お腹も減ってきたので食堂で昼食を。

体力を回復すべく、肉うどん定食を注文。
呼ばれて取りに行くと、食堂の可愛いお姉さんがやや困り顔にて、
『すいません、肉が最後で少ないんです~』
と仰います。流鏑馬的には充分に乗っており、言わなきゃ解らないレベル。
誠実でイイ子だなぁ~と思い、「全然、コレで大丈夫ですよ☆」と持ち去ろうとすると・・・
奥より御大と思われる老婦人が現れ、『代わりにコレを入れてもイイかい?』と、生卵を片手にw

一応、一度は遠慮をしたものの、目の前のイイ人達の申し訳なさそうな態度に、ありがたく頂戴する事に。
スペシャルメニューの?月見肉うどんを頂いて、身も心も温まり下山☆



チョイ色足しですが、紅葉もイイ感じ♪

でも、そろそろ帰宅しないとヤバイ時間に。
でも、ちょっとだけ寄り道して、滝を被せます(笑)

蜻蛉の滝~



説明~



強行日程はいつもの事ですが、無理してでも課題を一つクリアしたかった週末の奇行でした。
Posted at 2016/11/13 23:20:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2016年10月10日 イイね!
81完結編?体育の日を含む三連休。

流鏑馬の唯一のスポーツ?して参りました。

プチ遭難から3ヶ月超。


向かった先は、群馬県。


リベンジと言うよりリトライなので、前回と同じスタートをチョイス!

同じホテルを予約し、同様なコース取り~で、まずは、ビーナスを探しに♪

縁起良く、富士山と愛馬の共演☆



何も見えません(T_T)
そう、8日は雨模様な上、ビーナスラインで霧ヶ峰に到達する頃にはご覧の霧・・・
これも前回と一緒(笑)

ホテルに到着して、早めの就寝~も、翌日も朝の内は雨だという予報。
午前中から午後にかけて前線が南下して行く予報、しかし、草津は微妙な位置。
が、8時過ぎに渋川のホテルを出発、草津国際スキー場の駐車場に向かいます。
すると、魔法の様にワイパーの間隔は草津に近づくに連れ長くなり、駐車場到着時には完全停止!

意気揚々とリベンジ、リトライ開始!

前回の失敗は学習済!更に背丈を越える熊笹対策でゴーグル状のメガネ、リールアジャストが引っ掛かる靴対策にスパッツ追加、山岳GPSアプリも入れて武装。
心配なのは、直前まで降っていた雨で滑るであろう熊笹地獄と、きっとホンキな森の熊さん(~_~;)

強烈に滑った熊笹地獄は転倒なしでクリア~更に前回、騙されたダミーなピンクのリボンも見切って、そもそも廃道の原因となった崩落箇所に到達。



見上げると、恐怖な巨岩の落下痕・・・

少しズームしてみると~



魔界の入り口みたいでカッコいい・・・なんてヨクワカラン戯言を言ってる場合ではなく、まだ落ちてきそうな巨岩の遥か下でロープを頼りに緩んだ地盤を慎重に進み、遂にツイニ念願の~



日本の滝100選・常布の滝に到着☆

色彩豊かな岸壁を割って落ちる直瀑!
これまで見て来た数々の滝の中でも異質な雰囲気、美しくも力強く、それでいて何処か神秘的な素晴らしい滝でした♪

あまりにも魅入ってしまって結構、長居、、、それでもまだ尚、後ろ髪を引かれながらも帰路に。

気が付けば、昼も過ぎ帰宅に向け進路を取りながらもドライブも楽しむコース取り。
・・・となれば、やはり前回同様、志賀草津道路しかないでしょ~と帰路を日本海側に設定し、草津から駆け上がります♪
湯釜を見たいトコロですが、未だ噴火警戒で見学が出来ず、、、更には不思議と保っていた空も白根山を過ぎる頃には雨粒が。。。
暴風と巻き上がってくる霧、、、外気温4℃。。。

紅葉も始まっており美しい景観が広がっているであろう芳ヶ平も・・・



何も見えねぇ~(笑)

新潟経由で富山インター付近のホテルまで疾走~も、ほとんど雨・・・滝への道中に一切、雨が降らなかったのが不思議でした。

翌朝、富山から出て石川・加賀を過ぎる頃に、やっと見えた太陽!

辛抱堪らず、日本海へ駆け出してました(~_~;)



沖を行く日本海フェリー・・・乗れる日が来るのか?(笑)



定番、呼鳥門!・・・崇拝するK様のアングルをパクリw



最後も、ネタ的にはパクリですがw、梨子ヶ平千枚田。千枚田と言っても現在は水仙畑として使用されている為、水田の様に水を湛える角張った形は影を潜め、丸みを帯びているのでメリハリに欠けますが規模はナカナカのものですね。

という訳で、ほぼ雨天&曇天ながら、雪→プチ遭難→逢瀬♪と三度目の正直で念願の常布の滝に行って来ました!という、みんカラ的でないブログで御座いました。

行程はコチラ↓

8日


9日


10日








最後に浮かれたオトコのダミー滝行画像(笑)








Posted at 2016/10/11 01:06:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2016年09月19日 イイね!
82/100。3連休でした。

隣にある画像はスルーして(笑)

恒例のタイトルが意味するは、
100名瀑奇行なのは、御存知の通りですが、
今度は何処へいったのか・・・青い御方に続いたのか?(笑)


で、スタートはフライングの金曜日♪
仕事を切り上げ、19時スタートの4時間後、敦賀に着地。
・・・ハイ、島は消えた~(笑)

翌朝、7時スタートにて北へ。

向かった先は、秋田県の横手。
フライングをして無ければ、1日ではギリギリの距離の1000キロ超(~_~;)
が、4時間のアドバンテージがあれば無理に横手でなくても良かったのですが、仕事の都合やホテルの予約もありましたので。
1日目は移動だけに終わると思ってましたが、少しだけ観光♪

まずは、鳥海山を遠くに眺めながらの、象潟へ。



画像は蚶満寺の山門ですが、なんでも松尾芭蕉さんの奥の細道に記された最北の地が、この蚶満寺であり、象潟なんだそうで、象潟九十九島が目当てで訪れました。



稲田の中に丘の様に残るのが島の痕跡らしく、太古の地震により隆起し陸地化、全てを干拓し稲田にするのではなく、景観として残す事を命懸けで行った住職の先見の明のお蔭なのでしょうね。

で、続いては、奈曽の白滝。



鳥海山の周りには多くの滝があり、以前に訪れた、元滝伏流水や法体の滝なども鳥海の大きな恵みの一部ですが、恵みが多すぎて時間が足りませんので、今回もソノ一つを(笑)

さて、陽も暮れてきたので、ホテルに向かいます。
折角なので、一応、横手焼きそばを頂きます♪



横手インターの傍にあるホテルに到着し、ゆっくりとして明日に備えます☆
・・・就寝前に歯を磨こうとしたのですが、備え付けのアメニティが、ヘアブラシ×②、歯ブラシ無し。のアクシデント!
このまま、部屋まで歯ブラシを持って来てもらう方法もありましたが、何処ぞの芸能人親子も頭を過ぎり(笑)、自分でフロントに赴きましたw


余談が長くなりましたが、そろそろ本題へ。

翌朝、ホテルを出発し、向かった先は横手駅前のニッサンレンタカー(笑)
そうです、トップ画像の理由はココにあるのです。
この日に向かうのは、阿仁にある日本の滝100選・安の滝。
が、その駐車場に向かう林道がなかなかハードであるらしいので、愛馬温存w

エクストレイルの使い勝手の良さは前モデルでも体感していましたが、モデルチェンジ後は様々な機能が加わり、更に便利に快適に♪



サクッと130キロ程、走って林道入り口に到着。



車幅丁度の草木に囲まれた狭路で離合困難、轍全開、直前まで降っていた雨による深さの解らない水溜まり・・・ロドでは絶対に不可能な道でした、、、エクストレイルで良かった(~_~;)

林道×AWD を堪能し駐車場に到着。あとは歩くだけ(^<^)

雨具が必需と思われた天候も何故か奇跡の晴れ♪

散策路も快適で、いつも歓迎してくれる彼らの姿も。



今日は、ニョロちゃんではなく、手足付きw

阿仁はマタギの里としても有名で、近くにクマクマ園なる熊牧場も・・・つまりは熊のメッカ、、、とうとう遭遇の時か!?とも思っていたのですが、流石は有名な滝だけあって沢山の観光客(山ガール多数)が居りまして、クマもウンザリしてたと思われますw

雨上がりの森はキノコもキラキラ☆
茶系や白系のキノコも沢山、生えてましたが・・・

エグイものや・・・


エロイものまで・・・


失礼しました、、、ネタが無い時の蛇足だと御容赦下さい。。。(^_^;)
蛇足と言っても、さっきのトカゲに掛けた訳ではありません(T_T)


30分ほど歩いて、安の滝へ到着!

全景!



上段下段を合わせて90メートル!かなりの距離を取って縦構図で収まってはいますが・・・

スローシャッターで撮って、流れを表現しようと思ったのですが、



レンズの上部に水滴が付いてしまってます。
如何に遠くまで飛沫が舞い上がっているかが解ります!
・・・まぁ、帰宅してから気が付いたのですが(-_-;)

上段を見に更に歩を進め~



上段だけでも60メートル。上段は清らかで美しく、女性の悲恋名とする滝を実感します♪

少しだけ、動画も。



下に誰かのリュックが写っていますが、その対比からも落差の大きさを感じます☆

しっかり、シットリと堪能し愛馬エクストレイルの待つ駐車場へ戻ります。

林道5キロのダウンヒルを楽しみ舗装路へ。



えぇ、気が付いてはいましたが、レンタカーをコレだけ遠慮なく汚す奴が居るのでしょうか?(~_~;)

で、横手のニッサンレンタカーへ帰る道程で気になる場所に寄り道。

鉄道には全く興味は無いのですが、なんとなくイイ雰囲気に見えたので・・・





阿仁マタギ駅。
単線、無人駅。
ロドでないのが惜しいw

この後、エクストレイルを駆り、国道105号を攻め抜きw、田沢湖へ。
日本一深い水深を誇るそうで、たつこサンにもお逢いしてみたく向かったのですが、田沢湖マラソンが開催されており、たつこサンを間近に弾き返されてしまい・・・
湖畔を少し周りましたが、残念な事にロドでもなければ、たつこサンには邪見にされる始末・・・
1枚の写真も撮ることなく田沢湖を後に。

レンタカーを返却する際に『思いっきり汚してしまいました!』との申告に、店員サンの「だ・大丈夫ぅデスヨ~」の笑顔が印象に強く残っていますが、本当に助かりました!また、お願いします?w

さて、16時過ぎにニッサンレンタカーを後にした黒王号、ココから帰宅に向けて進路を取り、新潟・燕三条駅前のホテルまで走りました。

翌朝、燕三条から荒天の中、700キロ超を走り会社へ~軽く事務仕事の後、帰宅致しました☆

ロドで2150キロ、エクストレイルで260キロ、計2410キロの滝奇行で御座いました。

一応、エクストレイルではなく、メインはあくまでロドだったので、一枚だけ証拠写真を(笑)



3日+αの走行軌跡がコチラ↓

金曜日~



土曜日~



日曜日~



月曜日~



う~ん、ほとんどが移動・・・東北はやはり難関ですね。

レンタカーを借りるのなら、新幹線で良かったんじゃね?の問いは受け付ません(笑)




Posted at 2016/09/20 00:53:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2016年09月11日 イイね!
911エブリディ⑧。RHYMESTER の曲のタイトルで始る、本日の話。

『9・11』言わずと知れた同時多発テロの日。

車好きなら、ドイツの名車が思い浮かぶでしょうか。

私、流鏑馬にとっては、現愛馬の納車記念日♪


そう、本日は、愛馬の7周年記念だったのです。

この書き出しは、6年前に書いた 『911エブリディ。』と同じものなのですが・・・

早いもので、もう8年目に突入した!という事なのです♪

年間平均43000キロを叩き出すオドメーター。
ペースは落ちぬまま迎える8年目。
通勤に、独り旅に。
極稀に助手席が埋まる事はあれど、ほぼマンツーで過ごしてきた愛しの相棒です☆



本日は、フラっと納車記念日祝いに、大山へ(笑)

先程も触れましたが、オドは既に30万キロ超・・・

納車7年・・・なのか、ホントに。。。
タイトルの『911エブリディ』に返りますが、納車の時のトキメキが毎日続く、
飽きのこない車なんですよね、ロードスター☆

こんなマトメで如何でしょう?(笑)

Posted at 2016/09/11 20:08:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記
2016年08月28日 イイね!
81/100(仮)。何故か、6月25~26日の話。

タイトルを見てお判りの通り、滝奇行。

向かった先は群馬。

昨年、2015年11月に冬季閉鎖が早まり、
弾き返された、常布の滝リベンジに!

連休で岡山~群馬・草津の往復だけでもキツイのは理解していながら出発。
天候も26日の回復を信じての賭け。
案の定、初日は雨での突進!渋川のホテルに向けてヒタ走ります。

でも、折角なので、ビーナスに逢いに♪

が、視界3メートル程の別にビーナスラインでなくてもイイぐらいの闇夜航路(~_~;)



霧ヶ峰も、名を体現した霧だらけ(笑)

静々と下山し、ホテルへ。
翌朝、起床後、草津へ向かいます!!!

林道をロドで上がる事が出来ず、Uターンなどもあり、9時過ぎに常布の滝へ。

予報通りに快晴!気掛かりは昨日の雨に濡れた元探索道・・・現廃道(笑)

予定通り、滝見台に到着!

まずは、望遠無しの距離感。



結構、遠いな・・・で、少しだけ寄ってみます。



温泉地にある滝らしく、様々な成分を含んだ水流が褐色の岩肌を彩る素晴らしい景観。
遠目に見る滝にワクワク感は最高潮☆

そして、しばし歩き、廃道入り口へ。



事前に極力、情報を入れず現地を楽しもう!が主義の流鏑馬、
しかし、コノ熊笹の藪漕ぎは情報として入れていたのですが、チビの流鏑馬の背丈を越える熊笹の藪にヒキました(~_~;)
しかしながら、突進!予想通り、雨に濡れた藪は滑り足元を捕られ身動きもままならず。。。
なんとか藪を脱出し、廃道の痕跡を辿り、進みます。
先人の足跡の痕跡、残されたピンクのリボン、歩いては立ち止まり周りを見渡し、また進む。
その繰り返しでしたが、何故か残る違和感。。。
これまでの経験からか野生の勘か・・・全く感じられない手応えと見つけられない足跡。

スタートの遅れと、群馬→岡山間の10時間弱を計算に入れると昼前には車に戻りたいという焦りも手伝い・・・もがきながらもヒタスラ前へ!

・・・結果、復路も考えると限界と考えていた1時間半が経った頃には、ほぼ遭難状態。

『コレはヤバいかも・・・』と、思い始めた頃には時すでに遅し!

野生の勘をフル稼働し、ショートカットを試み、前人未到の藪漕ぎ登坂を強行した結果、辿り着いたのは元の道・・・何故か何処かを回っちゃったみたいで(笑)
後日、調べた結果、ピンクリボンに罠がある様で・・・情報、装備とも手薄過ぎた事を実感し山岳GPSのアプリなど入手(遅いわw)



命辛々(大袈裟w)、滝見台のある散策道まで戻り、愛馬の下へ。
時間は正午を回った頃、、、自宅まで700キロ超・・・明日は仕事。。。

何かが吹っ切れた流鏑馬・・・次なる行動は。。。





曇天の志賀草津道路を駆け上がり高原ドライブを堪能(笑)

もう、ヒッチャッカメッチャッカ(長崎の方言らしいのですが何故か昔から使ってますw)ながら、更に賭けに出て日本海側を帰路に選択。
夕陽の沈む日本海を眺めながら、深夜の帰宅となった、要リベンジな100名瀑奇行でした(~_~;)
Posted at 2016/08/28 20:52:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
プロフィール
「83/100。 http://cvw.jp/b/169816/38850906/
何シテル?   11/13 23:20
闇雲に走り続けるだけのNC乗りです。 2016年も引き続き、未踏の地の開拓を! 限られた時を削って、オープンライフを楽しみます♪
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
さっそく運転 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 00:47:00
お友達
いきなりのお誘いには、戸惑ってしまいます。
興味を持たれた方、コメントなど頂いてから、お誘い頂ければ、嬉しいです。
22 人のお友達がいます
ドライブ依存症ドライブ依存症 * KUROYONKUROYON
かつみぃかつみぃ 改・べんたろ改・べんたろ
菓子☆担当菓子☆担当 のりすけ.のりすけ.
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
魂を継承する新愛馬♪
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
身の丈に合わせた微力増な流鏑馬マシン。 5年10ヶ月、19万9千キロ超で引退した小さな ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.