車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月04日 イイね!
書初めならぬ・・・⑧本日1~3日のお話。


新年ニ日と言えば、“書初め”ですよね。


流鏑馬も、結構エエ歳のオトナなので、今年こそは!




2009年 『童心。』
2010年 『書初め・・・ならぬ。』
2012年 『Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2013年 『Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2014年 『Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2015年 『Re:Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』
2016年 『Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:書き初め・・・ならぬ。』

書初めするはずが、筆を持たず、ステアを握って、間違いだらけの近年。
今年もまた、間違えちゃったみたいで・・・
という訳で、本年も奇行に始まり、奇行に・・・コレ以上は書くまいッ!w
・・・毎年、一行増えるだけのコピペな始まりw

例年2日に予定される始まりの儀式は、天使2人が舞い戻れない事が決定した時点で始動!まぁ、結局はお馴染みの滝初めへ行くのですが。

向かった先は九州・・・ココまでも昨年と一緒ですが、昨年は東半分、2017年は西側へ。

元日の朝8時に出発☆

ガラガラの高速をノンビリと走りまして、九州上陸。

まずは、流鏑馬定番の志賀島に向かう海ノ中道へ♪





久々の快晴の金印ドライブ☆
学生時代に近くに住んでいた事、初めて違反で捕まった場所・・・色々と思い出されます(笑)
対岸のヤフードーム周辺も見る度に建物が増え、住んでいた場所も今や閑静な高級住宅地になっており、時の流れを感じます。

郷愁っぽいものを感じながらドライブを楽しみ、本日の宿泊地、熊本の八代へ。
熊本に向かう道中、震災被害の報道も多かった益城空港周辺は復旧工事中で渋滞しいていたのですが、高速から見える街並みは未だブルーシートが覆われている家も多く、時間が許せば阿蘇周辺も視野に入れていましたが、今回は御遠慮させて頂き、僅かながら復興支援と銘打たれたお土産品を購入して通過いたしました。

元日早々なので食事とかに困るかなぁ~と心配してましたが、遊んでるオトコに食事を提供して下さる働き者の方々のお蔭で夕食難民になることなく、美味しいものを頂いて早めの就寝♪

翌朝2日、早速の滝初めに出発!
まずは、熊本・鹿目の滝(カナメのタキ)へ。



約4年ぶりの再訪。
柱状節理を割って落ちる太めの一筋が解り易くて良い滝です。
前回は水量も多く、二筋で得した気分だった覚えが(笑)

鹿目の滝を訪れていた時点でドンヨリとした曇りの天気。
九州西北部のこの日の天気は良くなくて、海側を走ろう!と予定していたものの方針転換。

北上して長崎を巡る予定が雨模様もあり、佐賀県を訪れてみます。
佐賀はこれまでナカナカ訪れておらず、何処に行けばよいのか迷いながら~も、迷っている瞬間も結構、好きでして・・・まずは、福岡との県境にある橋へ。



筑後川昇開橋。
船を通す為に橋の中央が昇降する橋らしいのですが、正月休みで昇降せず(笑)
本来なら30分に一回、降りてきて人が通行できるらしいです。

続いて向かった先は、佐賀・清水の滝(キヨミズのタキ)。





名水100選にも選ばれているらしく、観光客の姿も。
付近は鯉料理を売りとした宿が沢山あり・・・ますが、鮮魚をはじめとした生系がダメなオトコは、何事もなかったかの様にスルー(笑)

続いては、流鏑馬的には佐賀県と言えば・・・有明湾の干拓であったりするのですが、訪れた事が無かったので、小雨をおして東与賀海岸の干潟へ。



小雨で視界が悪く、更には三が日、ほとんど人が居ません(~_~;)

干潟を見渡し、目当てのムツゴロウやトビハゼ、ワラスボを探すも全く見当たらず・・・
折角なので、片手に傘、片手のカメラのズームで鳥たちを見物して終了。

2日目を長崎、3日目を佐賀と予定していた為、帰る道スガラと思い、鳥栖駅前に宿を取っていたのですが、予定変更にて早めのホテル到着と、3日目の予定が困難に(-_-;)

更には、夕食難民に成りかけ近くのイオン内のオムライス屋さんで何とか飢えずに済みました。周辺が閉店している事で多くのお客さん、更には従業員さんも休みなんでしょうね~3人の女の子が猛ダッシュで捌いていて、ソノ動きに感動すら覚えました!『ごちそうさまでした♪』

翌朝、3日目。
渋滞予想を見る限り早い時間に九州を脱出した方が良さそう・・・でも、やはり心残りは生月島だったりします、、、迷うマヨウ~~で、迷った結果、答えは、流鏑馬未踏の雲仙方面!何で?(笑)

帰りの事は考えず侵攻!
トップ画像も遠目の平成新山なのですが、前日の雨による霧に、噴煙なども混じって恐らくマトモに見えないだろうと諦めながらも、雲仙周辺をドライブ。

見上げればコンナ感じ・・・



例え山は見えずとも、道が楽しく大満足☆
残念だったのはスタッドレスを履いている事で踏めないッ!(T_T)

山容は諦めつつも一応、平成新山展望地に向かうと・・・アラ不思議!これまでの霧が風に乗って流れていき、結構クリアな状態に♪



日頃の行いか!?と一人ご満悦な流鏑馬、島原周りで帰路に。

と、帰る道沿いに堤防道路なる表記が。
一度、通り過ぎるも響きの良さげな名にUターン・・・『早よ帰れやッ!』の脳内流鏑馬をシバき、雲仙多良シーラインへ。



ナカナカ爽快な道♪
停まれる場所は限られてますが、初日の海ノ中道な要素もあり戻って良かった!

・・・と、『旅の締めに行って良かったよね!?』と脳内流鏑馬に尋ねてみても「もう昼過ぎだけど帰れるの?」とツレナイ回答が。。。

それもソノはず、渋滞情報を含め、事故渋滞も確認する度に頻発している模様・・・特に山陽道・広島周辺は酷い状態。。。

吉志PAで九州離脱の際の恒例、豚骨ラーメンを食べながら思慮し、中国道での帰還を選択。
中国道→尾道道→山陽道の新パターンが渋滞回避に有用である事を確認できました☆

3日合計で1810キロ、今年はあまり詰め込まず、ゆっくりを回る事を目指す事を考えてますが、今回はまずまずユッタリとした旅で体も楽でした♪

3日間の走行軌跡と、酉年にちなんで?道中の鳥画像など(笑)

元日。


2日。


3日。


海ノ中道~


干潟①


干潟②


干潟③


雲仙多良シーライン~


本年もよろしくお願い致します!

Posted at 2017/01/04 18:44:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2016年12月31日 イイね!
2016年総括。本年も残すところ、1日。

今年も東奔西走・・・も、弾丸ツアーばかりで見処少なく。

ライフワーク?な日本の滝100選巡り、新規は、5ヶ所。
(東北3、群馬1、奈良1)

書いたブログは、今回を入れて、19回。


ネット絡みで出会えた人0人な、やっぱり今年も隠密気まぐれ単独行脚(笑)

愛馬は7年経過、車検や定期のメンテ、、マフラーに穴、エアコンのブロアモーターなどの補器類のトラブルはあれど、本体は頑健なままで31万キロを軽く突破。

持ちネタ的には、今年も助手席で微笑む女神は現れず、ソロツアラーっぷりを助長w

・・・な、一年でした、、、毎年、同じ流れ(笑)

本年も、ロケットスタートな1月で、九州へ元旦から侵攻。
因縁の?矢研の滝を堪能し、宮崎~大分~福岡の東海岸走りました。
翌週の3連休には、初東京都心を掠めて、海ほたる経由の千葉へ。

2月は沈黙を守り・・・

3月は伊豆からの千葉再訪(笑)
房総半島の端っこを目指し、爆走・・・のつもりも渋滞だらけでウンザリ(-_-;)
タイヤを更新、滑り込みでPS3を購入。

4月は桜ドライブのつもりが、ほとんどフライングで奥琵琶湖でなんとか桜色っぽいモノを目に。

5月は、雪解けとともに、滝100選スタート!日本海を駆け上がり、宮城で2箇所を撃破☆
蔵王の景観を楽しみながら、100選以外の滝も数ヶ所回った充実のGW♪
勢いづいて、神様に(K様に?)お招き頂き玉置神社にも行けました☆

6月は、カメラを更新し、大好きな島根の龍頭ヶ滝へ。
そして、今年の最大のネタ?群馬への弾丸&遭難奇行(笑)

7月・・・流鏑馬故障(^_^;)
大昔に負った古傷が再発し、当時はホントに動けなくなるかとの不安を感じたものでした。。。

8月には古傷からの完全復活を目指すべくリハビリドライブ。
但馬漁火ラインや瓶ヶ森などをドライブ~運転していると平気な勝手な病と周囲を呆れさせます。
8月末には7年を目前にして30万キロに到達☆

9月のSWには、予てからの念願、滝好きにも評価の高い、秋田・安の滝へ。
どうしても見たかったので、ついに禁断のロドを置き去り現地でエクストレイルを借りる暴挙に(笑)

10月の3連休には、6月のプチ遭難のリトライで群馬・常布の滝へ。
今度は、ちゃんと到着し多彩な色彩の岩盤を割って落ちる美しい滝を独り占めに♪

11月、冬季閉鎖の文字が見え隠れする中、奈良・中の滝へチャレンジ。
群馬の時と同じ廃道探索に右往左往しながら何とか滝見尾根に到着し壮大な滝を堪能。

12月、あまりの繁忙ぶりに淡路、大山と近場で手を打って本年のドライブの締めを。

と、言った一年でございました。

みんカラ的でない滝奇行も、遠方&難所を残している為、年々と失速(笑)
水面下で地味に続けてられている灯台50選巡りも千葉の2ヶ所を加え、26ヶ所到達。

腰椎分離がなければ、もっと・・・な気もしますが、良い休息となったのかも。

最後は、念願の安の滝の画像で締めます!



今年も一年、お世話になりました!

それでは、良いお年を~(^^ゞ










Posted at 2016/12/31 18:09:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り言 | 日記
2016年12月23日 イイね!
試運転。寒くなりました。

2季目のウィンターマックスを試しに北へ。

大山周辺は薄っすらと白く。

試運転にもなりませんが、一応、雪上でした。


明日は、仕事(-_-;)

















オートサロンにクラシックレッドのNDが参考出展されるそうですね。
幌×2L×ベタ赤なら・・・
Posted at 2016/12/23 19:58:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記
2016年11月13日 イイね!
83/100。快晴の日曜日。

地元の岡山ではマラソンが行われていた様ですが、

流鏑馬と言えば、いつもの滝奇行♪

間もなく訪れる雪の季節を前に、もう一矢☆


・・・のつもりが急遽、決まった和歌山での社用。。。

が、方向は一緒ならば逃す訳にはいきませんので日曜決行へシフト。

土曜に社用を済ませた後、大阪で買い物をして、三重の名張で一泊。
ホテルに着いた頃には瞼に4Gが掛かっていて、就寝までが乳児レベルでした(笑)

翌朝、5時過ぎに起床、朝風呂&朝マックにて6時30分、名張を後に奈良に侵攻!

これまで遠方も含み82箇所を数える100名瀑も、何故か近い?紀伊半島には3つも残している状態で、無論、難所や時間の掛かる場所ではあるのですが、今年は熊野の神様に呼ばれた経緯もあり(笑)、せめてヒトツは落としておきたい所で、冬季閉鎖前に大台ケ原に行くのが必然でした。

朝8時30分、大台ケ原ビジターセンターに到着後、西へ向かいます。
今回のターゲットは、中の滝!

登山ではなく滝巡りにはアルアルですが、谷に向かい下り、復路は登りのパターン。
往路で軽快に降りれば降りる程、帰り道の登りの恐怖に怯えるのです(~_~;)

でも、今年のラストチャンス!気合を入れ直し整備された階段状の下りを進みます。
そして、また廃道を進むのですが・・・



またしても熊笹地獄スタート(T_T)

廃道を枯葉がコーティングしてくれていて、何とも解り辛い。。。



途中、苔の生した岩に癒されますが、基本は、、、



道であったであろう場所、よく見ると足場としての枕木を止めていた鉄骨の芯があったりして道標にもなりますが、降りているのか落ちているのか~って場所は帰りにはよじ登らなければならない訳でして。。。

岩山でガレ場中心で歩き辛いのですが、、、



ヒト一人通るのがやっとのゴルジュなんかはチョットした楽しいイベントに感じたり(笑)

そんなコンナで、1時間半を掛けて滝見尾根に到着!



写真では伝わり辛いですが、兎に角デカい!
上段だけ~



落差250メートルですが、山の頂上から谷底まで、まるで山を割って落ちていく様な大きさ!
水量が少なめなのも残念ですが、天気が良すぎたのも見え辛くしてますかね。
更に言えば、木が生い茂り全体像が見渡せる場所がなくなっている気が。
廃道ですから仕方ありませんね。

隣に見えるのが西の滝で、その側面の岩盤には、色付いた木々。



許す限りの時間、滝に魅入り・・・これから始まる登り地獄への体力回復を図り、帰路へ。

足上がんねぇ~から、息も上がんねぇ~、よってペースも上がんねぇ。。。

結局、駐車場に戻れたのは12時30分、4時間も山の中に(笑)

お腹も減ってきたので食堂で昼食を。

体力を回復すべく、肉うどん定食を注文。
呼ばれて取りに行くと、食堂の可愛いお姉さんがやや困り顔にて、
『すいません、肉が最後で少ないんです~』
と仰います。流鏑馬的には充分に乗っており、言わなきゃ解らないレベル。
誠実でイイ子だなぁ~と思い、「全然、コレで大丈夫ですよ☆」と持ち去ろうとすると・・・
奥より御大と思われる老婦人が現れ、『代わりにコレを入れてもイイかい?』と、生卵を片手にw

一応、一度は遠慮をしたものの、目の前のイイ人達の申し訳なさそうな態度に、ありがたく頂戴する事に。
スペシャルメニューの?月見肉うどんを頂いて、身も心も温まり下山☆



チョイ色足しですが、紅葉もイイ感じ♪

でも、そろそろ帰宅しないとヤバイ時間に。
でも、ちょっとだけ寄り道して、滝を被せます(笑)

蜻蛉の滝~



説明~



強行日程はいつもの事ですが、無理してでも課題を一つクリアしたかった週末の奇行でした。
Posted at 2016/11/13 23:20:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2016年10月10日 イイね!
81完結編?体育の日を含む三連休。

流鏑馬の唯一のスポーツ?して参りました。

プチ遭難から3ヶ月超。


向かった先は、群馬県。


リベンジと言うよりリトライなので、前回と同じスタートをチョイス!

同じホテルを予約し、同様なコース取り~で、まずは、ビーナスを探しに♪

縁起良く、富士山と愛馬の共演☆



何も見えません(T_T)
そう、8日は雨模様な上、ビーナスラインで霧ヶ峰に到達する頃にはご覧の霧・・・
これも前回と一緒(笑)

ホテルに到着して、早めの就寝~も、翌日も朝の内は雨だという予報。
午前中から午後にかけて前線が南下して行く予報、しかし、草津は微妙な位置。
が、8時過ぎに渋川のホテルを出発、草津国際スキー場の駐車場に向かいます。
すると、魔法の様にワイパーの間隔は草津に近づくに連れ長くなり、駐車場到着時には完全停止!

意気揚々とリベンジ、リトライ開始!

前回の失敗は学習済!更に背丈を越える熊笹対策でゴーグル状のメガネ、リールアジャストが引っ掛かる靴対策にスパッツ追加、山岳GPSアプリも入れて武装。
心配なのは、直前まで降っていた雨で滑るであろう熊笹地獄と、きっとホンキな森の熊さん(~_~;)

強烈に滑った熊笹地獄は転倒なしでクリア~更に前回、騙されたダミーなピンクのリボンも見切って、そもそも廃道の原因となった崩落箇所に到達。



見上げると、恐怖な巨岩の落下痕・・・

少しズームしてみると~



魔界の入り口みたいでカッコいい・・・なんてヨクワカラン戯言を言ってる場合ではなく、まだ落ちてきそうな巨岩の遥か下でロープを頼りに緩んだ地盤を慎重に進み、遂にツイニ念願の~



日本の滝100選・常布の滝に到着☆

色彩豊かな岸壁を割って落ちる直瀑!
これまで見て来た数々の滝の中でも異質な雰囲気、美しくも力強く、それでいて何処か神秘的な素晴らしい滝でした♪

あまりにも魅入ってしまって結構、長居、、、それでもまだ尚、後ろ髪を引かれながらも帰路に。

気が付けば、昼も過ぎ帰宅に向け進路を取りながらもドライブも楽しむコース取り。
・・・となれば、やはり前回同様、志賀草津道路しかないでしょ~と帰路を日本海側に設定し、草津から駆け上がります♪
湯釜を見たいトコロですが、未だ噴火警戒で見学が出来ず、、、更には不思議と保っていた空も白根山を過ぎる頃には雨粒が。。。
暴風と巻き上がってくる霧、、、外気温4℃。。。

紅葉も始まっており美しい景観が広がっているであろう芳ヶ平も・・・



何も見えねぇ~(笑)

新潟経由で富山インター付近のホテルまで疾走~も、ほとんど雨・・・滝への道中に一切、雨が降らなかったのが不思議でした。

翌朝、富山から出て石川・加賀を過ぎる頃に、やっと見えた太陽!

辛抱堪らず、日本海へ駆け出してました(~_~;)



沖を行く日本海フェリー・・・乗れる日が来るのか?(笑)



定番、呼鳥門!・・・崇拝するK様のアングルをパクリw



最後も、ネタ的にはパクリですがw、梨子ヶ平千枚田。千枚田と言っても現在は水仙畑として使用されている為、水田の様に水を湛える角張った形は影を潜め、丸みを帯びているのでメリハリに欠けますが規模はナカナカのものですね。

という訳で、ほぼ雨天&曇天ながら、雪→プチ遭難→逢瀬♪と三度目の正直で念願の常布の滝に行って来ました!という、みんカラ的でないブログで御座いました。

行程はコチラ↓

8日


9日


10日








最後に浮かれたオトコのダミー滝行画像(笑)








Posted at 2016/10/11 01:06:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
プロフィール
「書初めならぬ・・・⑧ http://cvw.jp/b/169816/39122638/
何シテル?   01/04 18:44
闇雲に走り続けるだけのNC乗りです。 2017年も引き続き、未踏の地の開拓を! のんびりオープンライフを楽しみます♪
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
さっそく運転 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 00:47:00
お友達
いきなりのお誘いには、戸惑ってしまいます。
興味を持たれた方、コメントなど頂いてから、お誘い頂ければ、嬉しいです。
22 人のお友達がいます
ドライブ依存症ドライブ依存症 改・べんたろ改・べんたろ
KUROYONKUROYON 菓子☆担当菓子☆担当
Love RoadSterLove RoadSter かつみぃかつみぃ
ファン
37 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
魂を継承する新愛馬♪
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
身の丈に合わせた微力増な流鏑馬マシン。 5年10ヶ月、19万9千キロ超で引退した小さな ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.