車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
障害物競争。久々の独り旅ブログ。

一応、生きてます(笑)

好天に恵まれた週末の奇行。

いつもの弾丸。
よって、ネタもショボいですが、良ければお付き合いを。


土曜の朝7時、勢いよく日本海ルートを北上。

先にネタばらしをすれば、2月の 『修行』 のリトライってトコロです。

今回は雪を突破するのではなく、称名道路が5月13日の開通したのを聞き、また、以前より見たかった雪融け時に現れる、幻の落差日本一の500メートルを誇る、ハンノキ滝も見るのが目的。

走ること7時間、550キロ超、アッという間に称名道路に到着!

滝まで距離にして約6キロ、山肌には遠目にもハンノキ滝(右)が見え、称名滝(中央)もチラ見え。



一気にテンションが上がります・・・と言いたいトコロですが、称名道路に向かう道すがら、妙な電光掲示が表示されていたのを、見て見ぬフリ。。。

全長2000メートル高さ500メートルの一枚岩、悪城の壁も美しく、小さな滝も湛えています。



ますます、上がるテンション・・・が、、、



称名道路は開通、称名平までは走行可能。が、称名遊歩道は通行止め!

オイッ!それを開通と呼ぶか!?



廃道、通行止めなどはコレまでも多く経験してきましたが、今回はちゃんと修復工事も行われている様ですし、観光客も多く、突破!という訳にもいかず・・・

諦めて、何とか遠望にて、称名滝とハンノキ滝がV字に見えそうな場所を探ります。
・・・が、コレが限界(T_T)



万事休す。。。
まぁ、落差の大きい滝は近づき過ぎると写真も撮れませんし、今回は滝見園地(上の画像)から、右からソーメン滝、ハンノキ滝、称名滝(チラw)を眺められたので良しとしますか。。。

奈良・中の滝を訪れた際も落差250メートルで山頂から落ちてくる印象でしたが、倍の500メートルとなると、やはり壮大!間近で見たかった~

また、来年!
・・・と、心では思っていたものの下山しながらウロウロ、、、気が付けば、何故か称名平駐車場に舞い戻ってました(~_~;)

夕刻となり観光客も居なくなり、工事業者の方も降りて来られた様で・・・
と、言って先程の通行止めを突破するには良心の呵責が・・・
それでも諦め切れず山肌を迂回w、スコシダケ大回りして、ハンノキ滝に少しだけ近付いた場所で、写真を♪



称名滝は全く見えませんが、称名滝が上げた水飛沫により虹が掛かってます(*^^)v

・・・滝見台まで行けそうでしたが、ソコは品行方正が服を着たオトコ・流鏑馬、グッと堪えて引き返しました(T_T)(T_T)(T_T)

納得した?流鏑馬はフラフラとドライブを楽しみながら、前回と同じ富山インター付近のホテルへ。
で、何故か前回と同じ天下一品で富山に居ながら京都を堪能(^_^;)

翌日、日曜日早朝。
諦めの悪いオトコは再び称名平へ・・・当然、通行止め。に加え逆光で滝が見えず、帰路へ(笑)

サラっと流して・・・定番の千里浜で砂遊びw





ホントに、もう帰んなきゃ!って、なっても真っ直ぐは帰れず~

ホテルでの朝食を食べ逃したのを理由に、朝から金沢名物?オムライスを食べたり~

いつもの定番だから~とか言い訳しつつ、徳光SA上りの徳光うどんを食べたり~

この『徳光うどん』、全国制覇の勢いで猛威を振るう讃岐うどんという名の“カタイウドン”に一石を投ずる“やぁ~らけぇ~ウドン”で、上に乗る甘えびのかき揚げと相まって身体への浸透率がハンパ無いのです♪

壁にブチ当たった今回の旅の反省を含め・・・突破する為には“アソコ”でしょ!とばかりに~



前回に訪れた、安宅の関。その前にある安宅住吉神社にあるという難関突破の御守りを☆

挙句の果てには、給油という大義名分で敦賀で落下し~





洲崎の高灯篭(説明は↑)に寄り道☆
一応、灯台を絡めたつもりw

敦賀から下道でトロトロと海岸線を楽しみ、舞鶴手前から高速に復帰!
ハイウェイ☆スター黒王号、降臨!

一気に帰宅・・・と言いたかったのですが、綾部付近の登坂路でエンジン警告灯が点灯(-_-;)
福知山で落下、福知山のマツダで診断・・・
非常に速く丁寧な対応、福知山マツダの方々、ありがとうございました!

まぁ、以前にも似た様な事があり、今回も走行にも支障は無かったので大丈夫だとは信じていたのですが、距離がキョリだけに、一応、診てもらいました。
結果は、まぁ問題無いレベル。排気の空燃比と、低速時(低回転時)に使用されている可変ソレノイドバルブが作動して無いとの事。

空燃比に関しては、エキマニ、マフラーとも交換してますので、充分にあり得る事かと。
可変ナンタラに関しては、ATなら解り易いらしいですが、MTだと回転数を自分で調整しちゃうと気付かないレベルの話らしく、いつから作動不能なのか解らないですが、右足が勝手に調整してたみたい、、、が、燃費が悪いのはソノ所為!?・・・言い訳かしら(笑)

なんだか軸がブレてきたので強制終了と致します!

ただ、デカい滝が見たかったので、1200キロ超を走ってきました!

という、いつもの滝奇行で御座いました(*^_^*)

Posted at 2017/05/21 23:24:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2017年03月20日 イイね!
84/100。タイトルで解る、定例のお題。

3連休という事で、少し遠方?それとも難所?

まぁ、いずれにしても“いつものヤツ”です(笑)

天候にも恵まれ、厳しい闘いにも気合充分☆


土曜日、7時過ぎ出発!
今回は普通に東進し見事に京都で渋滞にハマる。

無論、想定内で桂川PAで、シンプルながら旨いカレーうどんで勢いを付けて一気に東へ。

向かった先は、神奈川県相模原市。初日は移動で終了にて写真無し(笑)

この時点で何処を目指したか解るアナタは・・・居る訳ないですね(^<^)

目指した先は、神奈川県にある日本の滝100選・早戸大滝。

幻の大滝とも言われる関東一の難所。

先週の林道&山歩きトレーニングは、早戸大滝に挑戦を決めた後に思いつきで(笑)

ノーガキは捨て置いて、歩き始めましょう!

・・・も、歩く前には林道にて滝まで最短距離にアクセスするのですが、宮ケ瀬湖の周辺にあたるからなのか、東京に程近い場所にあるからなのか、荒井林道→早戸川林道と車を走らせビックリ!
ナビでは道も表示されない林道ながら、『林道』とは名ばかりの、“離合悠々可能”の“落石微細”な超快走路!
・・・四国の内陸部の幹線道路よりヨッポドマシで、構えて臨んだのに完全肩透かしでした(笑)


片道約2時間の遭難可能な(笑)、滝奇行スタート。



スタート時点で早くも案内図には、『丸太橋無い』と親切な御案内が(笑)

沢を渡る事、数回・・・



壊れかけのラ・・・橋をロープを頼りに渡り、、、



岩場はトラロープ&チェーンにすがり、、、



チョッピリ迷いながら歩くこと約2時間、、、海抜600メートルからスタートした岩場歩きは、約1000メートルに到達し、残雪の中、プチ氷瀑発見!



何だか御褒美を貰ったみたいで勢いづいて先に進もうとすると・・・



なんと、その奥には目指して来た、早戸大滝の御姿が☆

難所にある為、そして、自らの水流で削った岩盤にソノ姿を隠している事から『幻の大滝』と呼ばれている神々しい姿を目の当たりにして感激(*^^)v

ただ、このまま帰るには勿体無いので・・・残る腕力を使って登ります、下ります(笑)



5メートルは下らない(追記:8メートル程度らしい・・・怖ッ!)であろうロープ頼りの登りをクリアし、滝前へ・・・では遮る岩で余計に見えないので、更に下って滝壺へ!
画像は登り切った後ですが、当然、帰りはコレを下る訳で・・・ザックを背負って少しオーバーハング気味の土と岩の壁は滑るスベル。
滝前のトラロープの下には人が足を滑らしたであろう新たに削られたらしき土の部分が・・・御無事であったと信じております!(^_^;)


ともあれ、50メートルの滝を見上げます♪



下がれる所まで下がって広角縦構図でも全体像は収まりませんが、流鏑馬の肉眼ではソノ全景は捉えており、素晴らしいの一言に尽きます☆
滝前で、ポカリ&カロリーメイト(メープル)という、毎度お馴染みの“大塚の回し者セット”を堪能し、帰路に。

下山後、ずっと圏外で山岳GPSアプリを5時間弱起動し続けたスマホのバッテリー残量も僅かとなり、西に進みながらエエ加減で泊まれるホテルを検索~今更w

で、愛知の豊川で宿泊決定(笑)

ちょうどエエ加減の走行距離で泊まれる事が決まったので余裕コイテ・・・神奈川にある某ジ〇ニー専門店を偵察に(笑)
元々、入る気はなかったのですが、店頭にはコンプリートモデルがズラリと並んでおり、カッコイイ!・・・も、欲しい!!!とはならず、むしろ、ノーマルの無垢な感じがイイなぁ~なんて。

・・・買いませんけどね!


厚木から高速に乗って豊川を目指します~ずっと雲が掛かっていた富士山も陽が落ちた頃には全容を現し、遠ざかっていくトワイライトな富士山もマタ良し☆

なぜ愛知?なぜ豊川?・・・答えは、パクり崇拝ドライブにアリ!(笑)

渥美半島を南下西進し、伊良湖岬へ。



勿論、伊良湖岬灯台にも♪



↑この画像、実は、日本の灯台50選のツーショットでもあるのです!
画像の左手に見える島にある白い点(赤枠内)・・・カメラでズーム25倍で見ると・・・



三重県にある50選・神島灯台なのです!

目的完了!メデタシめでたし♪

・・・と、ならないのが流鏑馬で御座います(笑)



んっ!?



アレっ!?



出航~先程、居た伊良湖岬灯台が遠ざかっていきます(笑)

乗船したのは、伊良湖~鳥羽を結ぶ伊勢湾フェリー。

渥美半島を戻って渋滞の予想される名古屋近郊へ突っ込むよりも、ネタ的にも(笑)、海を渡った方が面白いかなぁ~なんて(^<^)

なにより、神島灯台に近付けるだろし~で、フェリーからの風景も楽しみ☆



神島灯台を狙います(-_☆)





盛大に霞んでいて、伊良湖岬から見たのと変わらないのは気にせずに(笑)、無事に?鳥羽へ。
・・・船酔い王・流鏑馬、強風で荒れた海に揺られるフェリー×カメラでの望遠でモレナクのフナヨイ(-_-;)

あとは、本当に帰路に着いて3連休は終了~

今回の走行軌跡と歩行軌跡がコチラ↓

3月18日~



3月19日~





3月20日~



難所の滝を攻略できた、小春日和の心地好い滝奇行でした♪








Posted at 2017/03/20 23:30:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2017年03月12日 イイね!
Firefly.温かくなりましたね。

春を通り越して、初夏すら思わせます♪

当然の様に陽気に誘われ、フラフラと(笑)

向かった先は、南の島!

つい先日も室戸に居た気もしますが~


11日朝、高速に飛び乗って高知道にて四国を縦断!

夏を思わせると言って過言でない海岸線を堪能♪
前回と逆回転?な西部侵攻が決定です☆



陽射し全開、風はヒンヤリで、オープン日和♪
ライダースにニット帽&サングラスで海岸を舐め周りました(笑)

西に向かうなら~と、大好きな大堂海岸へ。
懲りないオトコは柏島側から上る新道を通れば良いものを当然の様にお猿公園に向かう、ほぼ廃道wをチョイス☆
ココに来る度に、ツインドリフト続ツインドリフトを思い出す訳で・・・昨日も降車&落石除去を繰り返し、やっとの思いで展望台へ。



切り立つ岩肌のスケール感が好きな上、海も青い♪

逆光気味ながら柏島も眺め~



展望台から駆け下り新道経由で柏島へ。

柏島自体はほとんど走る場所は無いのですが、海沿いの道を走りアノ橋を渡るトコロに意味があるのです(笑)
で、唯一?の観光スポットの観音岩へ。



天気も良く海も綺麗♪
・・・恐ろしい程の強風で飛ばされそうな事は写真では解りませんし(笑)


海沿いを流しながら、次の場所を探りながら走りますが・・・宿泊予定にはしてないのにノンキな事を言っていて良いのか?という自問自答が始まり。。。

始まりがあれば、終わりがあるのは必然で・・・観音岩を出る頃にはホテルを予約してました(笑)

という訳でノンキなオトコはコレマタ好きな場所にて夕暮れを迎える算段を♪

トップ画像で気付く人が居ますかねぇ~?駐車場が拡張されていたのにビックリした流鏑馬ですが、自分としては定点に近い~~~

高茂岬!



空と海の濃さを増す蒼を、紅く切り裂く太陽が美しいです♪



陽の落ちる位置に見えるのは大分でしょうね☆



夕暮れとともに気温も落ちてきてましたが、デカい三脚&カメラなオジサマ達がフロントローに並んでいて談笑されてました。
一人で落ち着いて鑑賞したかった流鏑馬は離れた位置にて癒しの時を♪

この後、闇の中の疾走を終え新居浜のホテルへ。
新居浜から住処まで150キロ・・・充分に帰れる距離でしたが、メンドウニナッタモノデ(^<^)

ホテルの鏡を見てビックリ!ニットとサングラスでの部分が白く、ソレ以外は赤い・・・懐かしのウォーリー(のシャツw)が探さずともソコに(~_~;)

翌朝、このまま帰るのも勿体ないのでライフワークなど混ぜ込もうかと思い始めます。

始まりがあれば、終わりがあるのは必然で・・・有終の美は新居浜三大美瀑の内のヒトツに決定!

折角、朝も早く起きれたので難所へ臨む事に。

林道崩落通行止めの滝へ!(笑)

ところが、滝から2キロの距離で起きた崩落現場どころか、残り4キロを残してロドでは越えられないカベ・・・段差にブチ当たり、激バック!そして一見、廃車の様に放置し、歩き始めます。

歩く道すがら見上げれば首が痛くなる程に上に見えるガードレールの形をした昇竜(-_-;)
たった4キロ、されど車道・・・もし、ジ〇ニーだったなら~と考える度に足が止まります(笑)

しかし、コレも予行演習!(何の?)と自らを奮い立たせ、歩を進め・・・



崩落個所へ辿り着きました・・・が、落石は除去され通行可能となっておりました!
新居浜市のHPでは未だ通行止めとの事なのですが・・・
まあ、いずれにせよロドでは来れてないし(笑)

治山工事の方々の美しい仕事っぷりに感動&感謝しつつ歩き続けます☆

しばらく歩くと・・・



第二の崩落現場?に出くわします。。。
一応、通れるようにはなってますが、低車高の車は勿論、ナンチャッテ4WDやSUVでは躊躇するレベルの進入角度を有する、もはやガレ山(・.・;)

ココを通り過ぎてから滝の入り口は間もなくでして、やっとの思いで到着♪

始まりがあれば、終わりがあるのは必然で・・・卒業シーズン真っ只中ですね。
卒業式と言えば、蛍の光♪

ほた~るのひぃかぁ~り、まどぉ~のぉたぁ~きぃ~♪

んっ!?

ま・間違えた~雪じゃん、ユキっ!

辿り着いたのは、魔戸の滝!



結構、引っ張った割に・・・スイマセン(~_~;)

古い案内図には~



魔の滝!コッチの名前の方が魅かれます(笑)

ともあれ、徒歩5分の山道スタート☆

道すがらの渕は非常に澄んでおり光を放っております♪



で、苦労する事なく、滝に到着☆



見えているのは3段中、最下段の部分で落差40メートル。

最初の説明看板を要約すると、干ばつで龍王に生贄の百合サンを差し出したら助かった!と言ったヨクアル手合いの話な訳ですが、名前がカッコイイので訪れちゃいました。

でも流石は村一番の処〇だった、お百合サン~美しい女性的な優しい見た目と、見た目とは異なる力強い飛沫を散らす綺麗な滝で御座いました♪

滝からの帰り道、先程の第一の崩落現場の近くまで上がってきたトヨタ・パッソ。
道端に避けた流鏑馬に声を掛けてきて、魔戸の滝まで走行可能か否か。。。

正直、パッソでココまで来れたのが凄いと思いつつも、第二の崩落現場はムリだと判断し、その旨を伝え下山。
・・・助手席の奥様?が、お綺麗な方だったので嫉妬から「行ける!」と言いそうになりましたが(笑)、ブラインドに近いコブのガレ山に突っ込んでしまったら、頂上でカメになるか、下りきったトコロで顎を打ってFFのパッソの前輪が浮きそうで、正直に途中までとの助言を(^ム^)


春のお山は心地好く、冷たい空気を目一杯に吸い込んでリフレッシュ出来た快晴の週末でした♪






あぁ・・・タイトルは“蛍”の英訳です(笑)



大きな声では言えませんが、流鏑馬の近々の彼女の名前も偶然にも百合チャンでした・・・勿論、滝壺に投げてたりはしませんよw



Posted at 2017/03/12 21:22:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2017年02月19日 イイね!
修行。晴れの国の住民。

見たことの無い景色に、

見た事も無い車輌。

土曜日に目が覚めると気が付かぬ内に・・・



曇天の中、走り出し気が付けば、富山(~_~;)

夕刻過ぎた辺りからは雪混じりの雨模様・・・

早めにホテルに入り、10階から見下ろす景色は雪に変わり・・・



ホテルの駐車場に屋根などある訳もなく、幌な愛車が気になってキニナッテ。

眠れぬ夜を過ご・・・す訳もなく、寝転ぶと同時にシャットダウンされる流鏑馬脳、無論の爆睡(笑)

目が覚め見下ろす世界は・・・



銀世界(笑)

そして一応、風向きなどを考慮してホテルを楯にしたつもりも・・・



流石は雪国・・・白馬に(^<^)
そして流石は雪国のホテル、雪を掻くワイパーをエントランスに準備しており、お借りします。
・・・引くのか押すのか、使い方すら解らず、輪郭だけ現れる程度で出発!

そして、トップ画像の場所に到達する訳ですが・・・



ド派手に通行止め!
場所は立山は称名道路~無論、通行止めなのは承知の上で、雪の中を歩いて100名瀑中で落差日本一の称名滝を目指すつもりで雪装備で向かったのですが、滝の駐車場まで7キロ以上を残して通行止め・・・予想以上の距離に時間算出が始まります。

膝上の雪、慣れぬ雪歩き、7キロに2時間以上?時刻は8時30分。
往復4時間超・・・明日は仕事、、、もし、3連休ならば。。。

・・・断念。。。

正直、通行止めの場所に辿り着くまでに、轍状な道路の中央の残る残雪を下回りにヒットさせ続けながら走ってきた事で精神的な疲労が激しく、雪の中を歩く気力が残されていませんでしたし、自分史上で最高の雪の中を走った事で満足しちゃってた事もあり、帰路に着きながらのドライブに方針転換♪

富山とくれば~と、雨晴海岸へ。
辿れば2年半ぶりの訪問ですが、着いてビックリ!



踏切が出来てました(笑)
・・・つい最近、芸能人の方が線路に入ってドーとか言う話題がありましたが、ココは以前、フツーに線路を横切って海岸に降りてましたが、安全で良くなりました☆

海岸に降りて~





冠雪した立山連峰に澄んだ水面、心安らぐ安定感のある景色♪

と、なれば続いては予想通り?
能登半島の付け根を抉っての~



千里浜なぎさドライブウェイ☆
雪も少し残った海岸線は・・・スタックしている車数台(~_~;)

流鏑馬は停めた場所が海に近過ぎて、カメラを持って出た直後に波が愛車のタイヤを掠めて引いていき・・・流鏑馬の血の気も引きました(-_-;)

千里浜に着いたのが11時30分頃、そろそろ帰宅を本気で考えないとマズイ時間帯。
快晴の中、海を見れた事に満足したので、高速に乗り帰路へ。

・・・のつもりが離陸して程無く着陸(笑)

雨晴海岸の流れか?義経つながりで~



安宅の関。

能の「安宅」、歌舞伎の「勧進帳」で有名な関所の地。

説明~



義経、弁慶、富樫泰家の像~



そして、安宅は海においても要所であるらしく、灯台まで。



安宅港口灯台。

の説明~



雪の降らない地域に住むオトコが雪に不向きな車に乗って無事に帰って来れた奇跡?のドライブでしたが、雪の壁を這う350メートルの竜の姿を、いつの日か必ず拝みたいと思う、2月の奇行で御座いました♪




Posted at 2017/02/19 23:05:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 独り旅 | 日記
2017年02月11日 イイね!
偵察。珍しい画像でしょ?

ひ・人が写ってます(笑)

前ブログの予告通り?

店長指令という名の偵察を敢行!




舞洲の泥のデコボコ臨時駐車場で腹を擦りながら愛車を放置~
シャトルバスに揺られ、インテックス大阪より遥か彼方に降ろされ大寒波の中、徒歩で会場へ(笑)

目的は、復刻クラシックレッド塗装のNDロードスター。

トップ画像は、ソウルレッドのRF(手前)と、クラシックレッドの幌の並び。
デジカメを首からぶら下げて行くのがやや恥ずかしく・・・古いスマホ画像ですので色味の違いは解り辛いのですが(~_~;)

クラシックレッドを凝視して来ました。







同時に並べて見た印象では、ソウルレッドよりもクラシックレッドのロドの方が好みですかね。
ソウルレッドの高貴な赤も素敵ではあるのですが、ベタ赤のチープな感じがスモールスポーツの俊敏性を体現しているとでも申しましょうか、一言で表すなら「ハマっている」感じなのです。

偵察ターゲットを捉えた後は、ノンビリと会場を散策。
ミニバンからKカー、チューニング系や、踊り狂うオネイサン(笑)
・・・あぁ、クールキャラ流鏑馬としては、オネイサン画像は一切ありませんのでアシカラズ(^<^)

多種多様な構成の車種ですが、目に留まるのはやはりスポーツ系ばかり。

公式ライバル?アバルト124スパイダー。



間近で舐める様に見るのは初めてでしたが、実物は意外や直線基調というか、ロドよりも派手なデザインをあのサイズに収めた為に角ばって見えた気も。

ホンダ・シビックTypeR



速いんだろうなぁ~というのと、マツダのCX系も思わせるゴツいデザイン。

BMW・M2



溢れるパワーを持つ日本向きとも思える絶妙なサイズ感。

旧車や名車も数多く展示されており、人混み嫌いの流鏑馬でも我慢して(笑)、見回れる楽しい会場でした。







本日、ロドの次の長く居座った場所?(笑)




Posted at 2017/02/11 21:35:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車ネタ | 日記
プロフィール
「修行。 http://cvw.jp/b/169816/39346605/
何シテル?   02/19 23:05
闇雲に走り続けるだけのNC乗りです。 2017年も引き続き、未踏の地の開拓を! のんびりオープンライフを楽しみます♪
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
さっそく運転 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 00:47:00
お友達
いきなりのお誘いには、戸惑ってしまいます。
興味を持たれた方、コメントなど頂いてから、お誘い頂ければ、嬉しいです。
22 人のお友達がいます
改・べんたろ改・べんたろ * ドライブ依存症ドライブ依存症 *
SAKURA.SAKURA. KUROYONKUROYON
菓子☆担当菓子☆担当 Love RoadSterLove RoadSter
ファン
35 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
魂を継承する新愛馬♪
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
身の丈に合わせた微力増な流鏑馬マシン。 5年10ヶ月、19万9千キロ超で引退した小さな ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.