車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月20日 イイね!
今年ももう師走目前、残りあと一月弱になりました。

今年の頭には、プロセッサー入れるだとかアンプ新調するんだとか、エンジン交換だとか息巻いていましたが、終わってみればどれもてんで進んでいません。
残り一月弱で事が進む気配もありません。
上昇思考はともかく、その前提でもあるデッドニングをやり直し始めたのですから、完成度から言えば戻ったと言って過言ではありません。
結果的に満足度ベースでは及第点にもなりませんでしたが、経済度ベースではそこそこと言えるでしょう。

先日サービスホールをぶち抜いて、拡散材を追加して鳴らしていますが、悪くありません。低域は思った通り全然出てくれないスッカスカの状態ですが、ボーカルより上は特に問題なく鳴っています。抜けが良い、開放型ヘッドホンみたいです。元々STAXやらの開放型ヘッドホンの鳴りが好きなので丁度良いです。

ただ、主たる目的であった、ボーカルが変に張り出す傾向は変化がありません。これは車のドアの特性でそうなるのではないでしょうか。大分と昔の雑誌に、まだMH21Sが現行だった頃の記事ですが、どうもピークがあるんですよと書かれていました。
これは左右独立イコライザーで整えてやるのが一番でしょう。

そうなると、音の周波数を把握しながら、かつ音量の大小を見極めなくてはなりませんが、しかしこれが、やってみると非常に難しいものです。
ではどうするかですが、foobar2000のようなスペクトラムアナライザーの表示を使って、その周波数の表示を参考にしながらヘッドユニットのイコライザーを調整するのがいいでしょう。

ということはパソコンが要ります。だったら、自分の耳に頼るよりも、USBマイクでも使って、適当なアプリでも使えば、波形の大きさも数値化できます。

耳でやってもよいのですが、この一年で聞こえがかなり変わったというのもあって、なるべく数値化したいところです。
いきなり難聴になったとかではなくて(全否定はしませんが)、前よりもよく聴こえるようになってきたため、もしかしたら調整が上手くなったのかもしれません。
ニアリーイコール聞き分けができるようになってきたのならぱ、最初から良いところでやったほうが想像内での当てずっぽうよりも先に進みやすいし、再現性も取りやすいし、何より日によって調子が悪い時もある聴力に頼らなくても良いので、勘違いして設定を崩したりすることも減らせます。

そこで出てくるのがパソコンの問題です。
基本的に大艦巨砲主義ではないですがパソコンはデスクトップしか手持ちがありません。
何だかんだでこれ、今年一年ずっと悩んでいた事です。
プロセッサーを入れるにも調整はパソコンだし、それと合わせるとなかなかいい投資になるし、それってアンプとそう変わらない額になります。周辺機器も入れたら幾らになるのか。
どうせなら今のパソコンがデカいせいで部屋を占領しているため、程々のモデルが欲しいなぁと思っているのですが、やっぱり高くなってしまいます。
だったら自力でやったほうが早いでないの…と思ってしまいます。

が、最近ではパソコンよりもスマホのほうが色んなアプリがあって、欲しかったアプリが色々ありました。
まずひとつは、特定周波数のサイン波を発生させるアプリです。これは無くても調整用信号が使えますが、30バンド以外の周波数にも対応できるようになります。
もうひとつは、マイクで拾った音の周波数とレベルを表示するアプリです。こちらが主役になりますが、一つ気になるのは、スマホ本体のマイクで拾っているので、マイクの周波数特性がどうなっているのかわからないため、信用できるのか怪しいということです。
とはいえ、その値を参考にして調整をした結果が思ったような結果であれば良い訳ですから、その上で判断したいと思います。お試し用としては金もかからずよいでしょう。

特定周波数の信号を鳴らしながら後者のアプリを用いて音の大小を拾い、その波形の大きさが均一になるようにイコライザーを設定します。
口では簡単に言えるのですが、実際そんなに上手いこといくのか疑問ですが、とりあえずやってみようと思います。

年が明ける前に、サービスホールを埋められると嬉しいです。
Posted at 2016/11/21 01:21:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月14日 イイね!
[大電力系統]
 バッテリー+
バッテリーターミナル audiotechnica TBT-171P
ケーブル端子 audiotechnica TL4-M8R
電源ケーブル audiotechnica AT7703
ヒューズボックス audiotechnica TFH-MIDI
ヒューズ F2music FS-R1g MIDI 80A
電源ケーブル audiotechnica AT7703
 レギュレータ・キャパシタ BEWITH R-70A … ◆
ヒューズボックス audiotechnica TFB-40MIDI
電源ケーブル audiotechnica AT7703
アンプ HELIX A4 competition
スピーカーケーブル vandenHul VDH-T7
スピーカー JBL 670GTi
スピーカーケーブル vandenHul VDH-T7
アンプ HELIX A4 competition
電源ケーブル audiotechnica AT7703
アースブロック audiotechnica TEB-48
 レギュレータ・キャパシタ BEWITH R-70A … ◆
電源ケーブル audiotechnica AT7703
ケーブル端子 audiotechnica TL4-M8R
バッテリーターミナル audiotechnica TBT-151N
 バッテリー-

[小電力系統]
 ◆R70A昇圧プラス側出力より分岐
電源ケーブル audiotechnica AT-RX09
ヒューズボックス audiotechnica TFB-40MIDI
ヒューズ F2music FS-R1g MIDI 30A
電源ケーブル audiotechnica AT-RX09
キャパシタ audio-technica AT-RX30
ハーネスヒューズ F2music FS-R1G
ヘッドユニット carrozzeria DEH-P01
音声ケーブル TCHERNOV audio cable TAC-Special MKII IC435
アンプ HELIX A4 competition
音声ケーブル TCHERNOV audio cable TAC-Special MKII IC435
ヘッドユニット carrozzeria DEH-P01
電源ケーブル audiotechnica AT-RX09
アースブロック audiotechnica TEB-48
 ◆R70A昇圧マイナス側出力へ


[要らない説明]
オーディオ系の電源は全てR70Aから供給
昇圧はPA2004他で14.4V、A4のみ13.8V設定
まあまだ簡素にまとまってると思う
アンプがそろそろ寿命かも
Posted at 2016/11/14 05:03:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月13日 イイね!
難しい専門用語はわかりませんし、使っても理解が間違っているかもしれないので、自分の言葉で書きます。なのでおかしな所があると思いますが、気にしないで頂けると助かります。

スピーカー交換をしようが何をしようが、ずっと残っている「ボーカルだけ強い感じ」「ボーカルあたりが響いて残っている感じ」を何とかしたい感が出てきました。
この「残響」ですが、前車セドリックでも同じように出ており、そのシステムを引き継いだ現在のMH21Sでも、そしてシステムの大部分が変わってしまった現在でも、やっぱり残っています。

その間、プロセッサーやスピーカーを交換しても、この傾向は同じでした。
これがドアスピーカー特有の、鉄板独特の鳴りなのだと考えていました。

それにしてもです。軽自動車とはいえ、レアルシルトを結構貼っています。おかげでドアが緞帳のように重苦しい音を立てて閉まります。なので制振は、精度はともかく量的には十分だと考えています。
実際、叩いていっても部位別にそれほど大きく差が残っている訳でもなく、どこかに大きなスポットが出来ていて唸っているような感じもしないのですが…

残り、インストール面で特に試していないのは、吸音材です。
吸音材は前車も現車もスピーカー裏の1枚のみで、レアルシルト ディフュージョンを3*3くらいの大きさで4枚ほど、ドア各所に貼ってあります。

吸音材は使い方が難しく、貼りすぎると音への影響が大きいので、あまり貼らないほうがよいだろうと考えていましたが、そのためにディフュージョンを音が滞りやすそうな場所へ数枚、貼っておいたものです。

これまで、ドアを密閉型のスピーカーの如く仕上げることを目指していましたが、やっぱりどうしても低音が少し足りない感じが残っているので、密閉にしたことから低音が出ないのだと、先日からサービスホールを開放しているのですが、逆に音が漏れて濁っているようになってしまい、これは見込み違いだったようです。
本当に密閉にするなら、負の音は適切に消滅していないといけないので、今の状態からするといずれにせよ、吸音材か拡散材は追加しないといけないでしょう。

以前サービスホールを半分だけ埋めた時は低音がとっぷりと出て、恐らくですがサービスホールから出た音が内張りの吸音材で吸収され、かつドア容積も増えたせいでしょうか、これが中々良かった覚えがあります。
しかしこれでは、アウターパネルに反射した音が位相反転して車室内側に戻ってくる格好であり、時間差で音が飛んでくる可能性があります。
今も、どうにも音が運転席側に引っ張られるかの如く残る症状が残っていますが、このせいなのかも知れません。

前述の通り、内張りは遮音も兼ねてかなり吸音材兼遮音材を重装甲にしていますが、アウターパネルはスピーカー裏と、気持ち程度のディフュージョンだけです。
また、アウターパネルに反射すると時間差で正相の音が返ってくるので、反射しないような工夫がやはり必要なようです。

しかし吸音は難しいというイメージがありますので、貼りすぎてもよさそうな、レアルシルト ディフュージョンを使ってみることにしました。
ちょっと心配なのは、拡散材だということです。積極的に吸収せずに散らすだけなので、反射はしている事になり、それらがまた影響を及ぼさないのかが気になります。

手持ちのSTP NG08を使うことも考えたのですが、結構厚手でなかなか遮音性能は良く、これでは吸音しすぎる気がするので、もしディフュージョンでダメだったらばNG08を適量貼ることにしたいと思います。

ということで、ひとまず、アウターの振動を均一になるように減らすことを第一に、次いで拡散材と吸音材の配置、そして第三にサービスホールの開放度の調節と、段階を踏んでいきたいと思います。
もしかしたらサービスホールはやらなくてもよいかもしれません。ただ雨水をどう防ぐかという問題は残りますが…
でも一度、吸音材をありったけ突っ込んでみてもよかったかもしれません。

とりあえず、ミッドバスのみで低音を十分に再生できるようにすることを目標にしていきたいと思います。でないとアンプをグレードアップした時に完全に負けてしまうので…

でも目下一番の問題は、ただただ寒いことです。何をやるにも嫌になってしまいます。
春になるまでに結果が出せれば一番いいですが、どうなることやら。まあ気長にやります。
Posted at 2016/11/13 01:26:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年11月10日 イイね!
寒い日が続くようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
小生は寒さに耐えかね、車を弄るのをやめてしまいました。

精々作業時間はドア二枚の内張りを外して、レアルシルトを一枚はがすのが関の山。
子供の頃はよく祖母が、子供は風の子ジジババ火の子と言っていましたが、親父の小言よりも強烈に、年々歳を感じる時に痛く鈍く響いてくるものがあります。

早くスタッドレスに交換したほうがいいんでしょうか。今年は寒くなりそうな気がしなくもありません。
風邪っぽくなったら冬本番というジンクスが個人的にはあるのですが、風邪をひくと年々身にこたえるようになってきたので、これからは予防に力を入れていかねばならないでしょう。
そのせいか、医食同源という考えは実にすばらしいと感じます。和食は若干蛋白質が不足しますから、ワカメ沢山の味噌汁に米を軽く一杯、そこへ塩分控え目の焼鮭と緑黄色野菜のおひたしを添えれば完璧でしょう。しかし塩分が多くなることだけは気をつけねばなりません。

元々医食同源は中華あたりから来た考えですが、中華料理は油っこいので、これには気をつけねばなりません。うまく品を選べばよいでしょう。
その考えでは、多数のスパイスを組み合わせるカレーなんて、まさしく医食同源といえるでしょう。なので昔から小生はカレーは薬膳料理だと言っておりますが、漢方にも通じるところがあります。
そういえば最近、何かにヒットして急性の胃腸炎になってから食欲がなかなか戻らず、漢方薬を試しています。ところがこれが面白いことに、風邪にも効くものだったようで、飲み始めは風邪気味だったのにかなり良くなりました。

少し前にも漢方薬を試していたのですが、漢方薬は選び方がなかなか難しいです。きちんと合わないと効かないことが多いので、よく吟味する必要があります。
それにしても驚くのは、自分にぴったりと合った漢方薬を見つけると、適応症状のところがほぼ全て、ぴったりと合うのです。そうそう…なんて頷いて試してみるのですが、そういう時は実によく効いてくれます。

何よりの驚きは、薬ひとつひとつに、実に細かな適応症状があることです。普通の風邪薬のような、熱、せき、悪寒ではなく、「みぞおちが閊えたような違和感」「のどが詰まったような感じ」といった、症状ではあるけれども病院ではあまり詳しく聞かれないようなところが、そして我慢するしかないところが、漢方薬では選薬の要素の一つとして用いられます。
昔の人は、実によく観察していたのだと感心してしまいます。というか、昔の人も今と同じような症状に悩んでいたのです。

ただ残念なのは、漢方薬はこういう「病気らしい病気でもないけど、なんか調子が悪い」ところには非常にありがたいのですが、急性の腹痛なんかには難しいということです。
なので突然腹痛になったとか、急に高熱が出たとか、一気に症状が進んだ場合は、化学的に胃酸を中和するとか、西洋医学的な方法が必要な訳です。

これまでは風邪をひいたら風邪薬でしたが、これからは風邪をひかないように、漢方薬なんかも取り入れながらうまく予防していかないと、と、
そのためには漢方薬みたいなスパイスミックスのカレーを常用するのが一番だろうと、最近またスリランカ料理店を捜し歩いています。


何か、漢方薬のあの味がたまらなく好きで仕方ないんですよねー
普通の化学物質の薬というのはカプセルだったり糖衣の味、胃薬系なんかはいかにも化学薬品という味がしますが、漢方薬は言ってみれば仁丹系の味です。
元々仁丹をよく舐っていたのもあるかもしれませんが、なかなか味が良いので、必要ないのに味が恋しくなる時があります…
今回飲んでいた補中益気湯なる薬は特に美味かった。
健康増進系の薬ですし漢方ですから連用しても害は少ないでしょうが、風邪のひきはじめだとか、季節の変わり目には、個人的には葛根湯よりもいいかもしれません。とりあえず食欲が落ちたら決まりですね。

そんなこんなで迎える冬、暫く風邪をひかない年がなかったので、そろそろ健康に気を遣おうと思っております。
皆様もお元気で。
Posted at 2016/11/10 20:53:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月29日 イイね!
すっかり寒くなりつつありますね。
先日なんて、東日本は冬並みの寒さだったらしいです。どうりで暖房を付けたら車から降りたくなくなる訳です。
12月までは家では暖房を付けないつもりでいますが、車だけは別、夏は余計に暑いし、冬は余計に寒いしで、最近は夏に熱中症で亡くなる事もありますから、冬場に凍死してもおかしくないということで、しかも風の噂では寒冷化しているという噂もありますから、夏の冷房のように冬の暖房も馬鹿にできない「安全装備」という扱いをしています。
ですからそれを理由に、家から一刻も早く出て、車の中で暖房を聞かせながら音楽を聴きつつのんびりとドライブするのがこの季節の楽しみなのです。

これでホットの缶コーヒーやお茶があればさらに贅沢気分。コンビニのコーヒーとかでは駄目なのです。そもそも匂いが強すぎて嫌いというのもありますが、缶コーヒーというちょっとばかりのチープさも重要なのです。
ホットのお茶のペットボトルという、冷えていれば同じ値段で大きいボトルが買えるのに、同じ値段で量が少なくて、だけど温かいものを買うという、学生時代ならば考えもしなかったような贅沢を覚えてしまったというのも確かにありますが、
飲み物が切れるが先か冷えるが先か、その間のこの贅沢なくつろぎのひとときを過ごすというのが、最近の出勤時のただ一つの楽しみになっております。休日なんてその辺の公園にでも停まって、ただ音楽だけを聴きながら、ぼーっとしているという事もざらです。これで雪化粧にでもなっていたら堪りません。

冬が近付くと思い出すのが広瀬香美ですが、真夏に聞くとそれだけで冷房が数割増に効きそうな感じがします。冬に聞けば身震いがしそうになります。
そういえば以前、ネットラジオを聴いていたら、海外の局でしたが真夏にハウス系のジングルベルを流していました。クリスマスまであと二月近くありますが、年にたった一日しかないあの日のためにこうにも頑張ってクリスマス文化を定着させた商売人根性には頭が下がります。

しかし今一つ理解しがたいのは最近妙に押されているハロウィンという文化です。果てさて一体どうして、日本にハロウィンという文化がやって来たのでしょうか。
そのあたりの店を見れば何故か南瓜の人形が置かれ、蝙蝠が散りばめられたところに堂々と横幕で「HAPPY HALLOWEEN」と掲げられていますが、一体これは何を意味しておるのでしょうか。
学生時代にはハロウィンほど日本の文化に馴染まないものはないと思っていましたが、馴染む馴染まないは関係なく、何とも浮き出た存在でありながらも半ば強引に、定着させられようとしております。

商売のための文化輸入とは異文化に対して失礼だという意見もありますが、恐らく楽しんで参加している人々はそこまで考えてはおらず、単にイベントとして参加しているだけに思います。
果てさてそれが本当の仕掛け人の思惑通りになっているかどうかはともかくとして、日本文化には最早バレンタインデーやらクリスマスという定着してしまった文化もあります。後者はキリスト様の誕生を祝う日ということですが、日本のような複数の宗教を信仰する文化からすればそれは何も不思議なことではなく思います。また26日はボクシングデーと言われ、本当に贈り物を開ける日になっていますのでこれは至って「真面目な」輸入記念日とでも言うべきものと感じます。

同様にバレンタインデーは感謝の気持ちを表す日ということで、日本に定着したきっかけは菓子メーカーによる宣伝ではあったにせよ、チョコレートには値段もピンからキリまでありますから、考えようによっては「リーズナブルな」輸入行事日とでも言えましょう。
ただ本来はカードを送るなどして感謝の気持ちを伝えたというところに、金銭が絡むようになったうえ、やれ今年のオススメはどうのこうのと、そういう展開論が出てくると聊かうんざり感が酷くあります。ということでバレンタインデーは「やや不順な」という但し書きを加えるのがよろしいでしょう。

しかしてハロウィンはどうでしょうか。こうして書くにあたり少し調べましたところ、驚いたのですが、ハロウィンは単なる行事なのだそうです。てっきりキリスト教の行事だと思っておりましたが、単なる
「アメリカ発祥の収穫祭」
なのだそうです。キリスト教は関係ないらしいです。

元々は日本で言ってみればこれは秋祭りだとか盆踊りだとか、そのあたりの土地土地で行われている「五穀豊穣を祝う祭」のことなのであります。
そういう前提を知ってしまいますと、何とも滑稽な事実が判明してしまいます。
収穫祭に相当する日本旧来の地方のイベントが毎年のように減っていくのに、ほぼ同義であるはずの輸入文化がこうも取り上げられて、しかも定着しつつあると言うのです。

とここまで言っておきながらも、最近はハロウィンの母国であるアメリカにおいても、この「収穫祭」という意味合いは薄れてきて、単なる行事と化しているそうです。

日本の土着の行事というのは大抵、最後は神社や寺院、もしくは地域の重要なスポットで終盤を迎えて、最後は「目に見えない何かに感謝する」という流れで終わることが多いものです。
感謝するのは神様だったり豊穣そのものであったり、いかにも日本人的な精神が表れた行事であると言えます。
最近では地方の村おこしなどで、このような流れは全く関係のない祭もあったりします。恐らくハロウィンも、この部類なのでしょう。

要は、大勢でドンチャン騒ぎをする「理由」が欲しくて集まった人々なのでしょう。
普段から色々と制限の多い世の中ですから、何故祭が盛り上がるのかと言えば、全体的にテンションが上がるので、多少はっちゃけても許されることが多いからでしょう。その理由は、年に一度のイベントであるから。

大騒ぎをするには大義名分が必要なのです。今日は祭だからと言うと、普段と違う法被姿や半裸で闊歩していても多めに見られる。酒に潰れても許される。夜遅くまで騒いでいても許される。
普段から開放されるために、普段とちょっと違う、普段よりも飛び出たことが許されるために大義名分が必要なのです。

ハロウィンだと、変な格好をしたり、いやはやそのトレンドまでも知りたくはありませんが、仮装するのが好例なのだそうです。奇抜な格好をしたりするのが主流だということですが、スーツや学生服といった制服社会に代表される、いかにも日本的な協和と規律を重んじる社会から開放されたいと思っている人達の意思の発露であると捉えてよいのではないでしょうか。
それも考えすぎでしょうか、単にその開放感だけを味わいたいだけの、あの祭の高揚感に酔いしれたいだけの人達なのかもしれませんし、興味本位なだけなのかもしれません。

もしかしたら、地方から出てきたので都会で地域の行事は参加できないけれども、祭のようなあの雰囲気を味わいたいと思って参加している人が多いのかもしれません。
そうすると、これが都市一極集中の時代の新しい祭の形なのかもしれません。


そうだとすると、結局ハロウィンで得をするのは、結構限られた範囲になってしまいます。
仮装して外食するにしてもそれほどの大金が動く訳でもなく、何か地方の名前が印象として残る訳でもなく、本当にただのイベントでしかない側面が非常に強くなっています。
話を聞いていても、コミュニティで集まった人が勝手に集会をするという感じで、それ以上でも以下でもありません。

しかも日本文化とはかなり異質で、最近ではただでさえお年玉も厳しいのに「お盆玉」なんていう、小遣いの三文字で済ませていて金額も自由だったものを定着させようとしてかなり批判された事もありますから、いきなり子供が来て「お菓子ちょうだい」なんて言われても閉口してしまいます。
まあ金額的にもそんなにしないですが、きっと子供たちは色々と考えるのでしょう。子供たちは思ったよりも子供らしくないことを考えるものです。

少し前向きに捉えれば、参加している人はそれなりのストレス発散にはなっていると思いますので、一定の効果はあるのでしょう。
またそのために幾らかの経済効果もあることでしょう。
しかしこの輸入文化に対して快く思わない消費者は結構居ると思われますし、全く無視している消費者もまた多いでしょう。そしてそんな人のほうが、ハロウィンを楽しんでいる人よりも多いでしょう。

思うに、数年くらいで衰退していく文化だと思います。
残りはするでしょうが、そう遠くない将来に「そんなのあったねー」的ポジションになると思います。


かぼちゃ味のパイを食べてみたいとは余り思いませんが、かぼちゃのみぞれ餡かけとか煮物なら喜んでよばれたい等と思いつつ、雪化粧した公園に停めた我がセカンドハウスで音楽を聴く、そんな季節が今年もやって参りました。

冬ですと夏のように脱水で死んでしまうことも熱中症で知らぬ間に危機的状況になることも蚊に刺されて壊骨熱にかかる事もないですから、寒さ対策さえすれば車でも寝られます。
なんだかんだで居心地がよくて、車の中で過ごすことが多くなるのが冬であったりします。
さながら車がセカンドハウスになったようなものです。

今年は、雪が降ったら公園でコンビニおでんを食べようと思います。
そんな事をしている酔狂な人間は自分だけでしょうが、危機的でなければ何事も楽しめるくらいの余裕を持って生きて参りたいものです。
Posted at 2016/11/01 00:34:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
プロフィール
「[整備] #ワゴンR 制振材追加・拡散材仮取付 http://minkara.carview.co.jp/userid/1698844/car/1660759/3985430/note.aspx
何シテル?   11/13 15:24
智海寺の奥山です。2014年4月からMH21S(NAマニュアル)乗っています。主にオーディオばかり素人作業で自己満足グレードアップ中です。 基本的に整備は...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
しようもない人間ですが、どうぞよろしくお願いします。

<お誘いについて>
特段の交流のある方のみ登録させて頂いておりますのでご了承ください。
2 人のお友達がいます
M_E_DM_E_D 山高帽子山高帽子
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ ワゴンR OKYM2000 (スズキ ワゴンR)
よりにもよって、初めて乗った車をそのまま四駆にしてMTに替えただけの車が三代目となりまし ...
日産 セドリック Ни_34 (日産 セドリック)
2011年7月から2014年4月まで使用していた車です。 外見は触る予定なしです。 ...
スズキ ワゴンR Су_21С (スズキ ワゴンR)
親元から拝借していた車です。 免許取得後から二年半の間、セドリック購入まで使用していまし ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.