• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月14日

クリーンな電気を。(電源改善)

クリーンな電気を。(電源改善) スピーカーについてのネタもあるのですが、分けて書いた方が良いと思い、電源関係を先に書きます。





一生懸命、長々と書いた記事がまたもやiPhoneの不調により一瞬にして( ᐛ👐)パァになってしまったです。

怒りというより悲しみのほうが大きくてやるせない気持ちが半端ないので、要点をおさえてパパッと書きます。







いきなりですが、



電気の流れとはつまり電子の流れ。




電子がマイナスからプラスに流れる現象を、一般的に 電気が流れる という。


しかもプラスからマイナスに。



もうわけわかんないですよね。





電子単体のの移動速度はびっくりするくらい遅い。




しかし、スイッチを入れた瞬間、電球は点灯する。




ナゼ??




きっかけの問題です。


すっっごく遅い電子を光の速さで動かすキッカケが存在するから、一瞬で回路に電気が流れます。流れ続けます。




そのキッカケとやらに着目してみた内容です。







ホームセンター等で2つの材を購入しました。


価格は、破格です。

合計で、千円でだいぶお釣りがくる金額です。





こんなのオーディオの何に使うのよ?というような謎な材です。


では、材質を見てみましょう。

iPhoneの機能で赤線を引いてみました。






こんな感じです。





ネットで拝借したこちらの表を参考になさって下さい。



ちなみに、僕が端子なんかの絶縁に使用している材や、そもそもケーブルの被覆の素材はPVCという素材です。


お師匠に教えていただいた材です。




さて、この購入した謎の材を使って、キッカケの保持を助力してあげれるのではないかとの考えに基づいて施工をします。





バッテリー直後に設置しているMEGAヒューズ(ボックス)です。



このボックスから、




ボルトナットをぶち取ってホットボンドで穴埋めです。

防水等の意です。





先ほどの謎材をヒューズ+αのサイズにカットし、さらに真っ二つにならないギリギリくらいまでスリットを刻みます。




包みます(笑)


ギリギリ。むしろアウトです(^^;


筒内をイイ感じにエグり取って整形します。





ボックス内のボルトナットを撤去したので、直接ヒューズとケーブルをボルトナットで。





謎材で包み込んで、ビニールテープ巻きつける。





さらにグルグル。。。

内部ではピッチピチに密着してる模様。。。




ボックスにおさめて




フタをすれば、施工前と何ら変化が分かりません(^^;




これだけの施工で、ひとまず音出し試聴。



たったこれだけの施工で、こうも音が変化するとは。。。

たしかに電子の伝わるキッカケの効率が上がったはずではあるが、こうも顕著に変化があらわれるとは。。。



どれくらい残ってるかわかりませんが、残りの同じような箇所に施工せずにはいられません。。。



簡潔に申し上げますと、中高音の解像度アップです。


中高音がきらびやかに。
しかし、決してうるさくない。

必要な量でている感じです。







別の日の作業、続いて室内へ。



室内4G分岐点まではニチフのすずメッキ端子のすず落とし銅仕様になってたのですが、そこ以降が金メッキを多用してましたので、すず落とし銅仕様に統一する作業です。

ヒューズからきた4G分岐点からヘッドへ行く8G、アンプへ行く4G。




金メッキ端子を切り落として銅仕様へ。

確かな圧着を!


この写真のあと、絶縁も確実に。確実に。




ボルトナットで接続して〜




ビッチリとビニールテープでしつこいくらいグルグル巻き。

ボルトナット端子の形が浮き出ちゃってますね。

それくらいビッチリ巻いてます。



続いてアンプ側。




コレはテクニカのスリーブです。

一番お手軽なのがこれでした。
でも金メッキされてます。

今回は金メッキを排除する目的なので、これまたメッキ剥がして銅スリーブになりました。




銅になったスリーブと、すずメッキ剥がして銅になったリング端子を。

絶縁は確実に。確実に。





絶縁を確実にできたらアンプに接続。

そして、さらにぬかりなく絶縁。



ここまでの作業で音出し試聴。





うおおおおおおああおおおおお



ヘッドのハーネスの端末処理をやり直したときの効果に非常に似てます。


バックの音がさらに鮮明になり、音のキレ(メリハリ)の向上。

音の立ち上がり・立ち下がり良いです。
スピーディーに鳴ります。

音が無駄にダラダラと出続けない感じです。

かなり良いです。






さらに 別の日。


ヘッド(への分岐)に向かう8Gとヘッドハーネスの間がすべて金メッキだったので、そこも銅化作業。



こちらの作業は集中しすぎて写真一枚も撮ってないので、過去にアップした写真です。

この箇所ですって指し示すための写真です。。








これらです。


各種リング端子と、リレーへの平端子です。

リング端子は全て銅化、平端子は黄銅化です。


絶縁は、、、確実に、、、。




こちらの作業完了後の音出し試聴。





聴き慣れているはずの曲から今まで聴こえなかった音が。。。

主に中高音かと思います。



音は不思議だらけです。。



それと、今までなんとなくずっとドアにへばりついていたような中低音のこもり音のようなものがだいぶ軽減した気がします。

施工によって、出る音が出始めたことによるバランスの改善の効果ではと思っております。


3日(3回)に分けて順ぐりと金メッキ端子を除く(同時に絶縁をぬかりなく)施工をしてきましたが、回を追うごとに 中高音の解像度および音数のアップ、スピード感のアップ(音のメリハリ)等を体感しました。


今は基本を抑えるためにメッキを使わず銅をメインに という基礎の基盤を固めていってますが、

今回の経験より、たとえば仮に組んだシステムが中高音が目立ちすぎるとか、もう少しゆったり鳴らしたい とか思ったとすれば、
それは(金)メッキ端子を織り交ぜることにより幸せが近付きそうな予感がしました。

ただ、これは車種や電源環境やシステムにより千差万別でしょうに、更には修行中の身の人間の予想程度のボヤきなので、参考程度に留めていただければと思います。

奮発して厚めの24金メッキ端子で揃えたのに中高音落ち着かないじゃない!ちっともゆったり鳴らないじゃない!と言われても責任負いかねます(@_@)


結局のところ、自分の求める音は教えてもらったりしながらも自分自身で施工して経験して引き出しを増やして求め続けるのが正しい在り方だと思います。






一旦はとっても掻い摘んで書いたのに、全リセットになってかなり端折った内容になってしまいましてすみませんが、
今回はこのへんでおいとまさせていただきます。




次回はスピーカー関連について書きます。



気力があれば、明日中に。。。(^^;



.
ブログ一覧 | オーディオ | 日記
Posted at 2018/02/14 04:03:10

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

新年のご挨拶と昨年末の基礎工事
○なおまる○さん

音質アップの道 パート?
ほろごん16さん

+側電源の変更
○なおまる○さん

超高級ギボシ端子に交換‼
ダウンフォースさん

音質アップの道・・・戻す。
ほろごん16さん

音質アップの道・・・結局戻す。
ほろごん16さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「時間が足らない🌀D席側しかできなかった🌀 D席側だけですが作業終わって試聴したところ右の音場に感動して思わず色んな曲聴いてたら1時間半経ってた🌀笑 明日P席できるかな〜バッテリーターミナルも届いたぞ〜忙しいぞ〜」
何シテル?   02/18 02:46
なおまる です。よろしくです。 最近はほぼオーディオしかやってません。 アナログカーオーディオ、奥が深いです。 ないものは作っちゃえ!という、アメリカ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

お得な心得(前方定位の原理) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/28 08:28:38
エンジンからの異音 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/09 01:02:26
DENON DCT-A100 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/03 17:43:25

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMW E60 525i Mスポーツ LCI(後期)です。 足廻り XYZ SS T ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
会社から無言の代替圧力を受けながらもHA22Sアルトワークスに約3年間乗っておりましたが ...
スズキ ワゴンRスティングレー スズキ ワゴンRスティングレー
彼女のMH23SスティングレーTです。 こちらも僕がイジっております(笑) お出かけと ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
周りで一番低いマーク2を目指してました。目指してただけで、実際低かったかどうかは不明です ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.