• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コスマのブログ一覧

2017年09月02日 イイね!

ラストモンキー達と遭遇

ラストモンキー達と遭遇【遭遇日時】平成29年9月1日・15時00分

【遭遇内容】50周年ラストモンキーに遭遇



いつもお世話になっているショップに行くと・・❗



モンキー達が❗

この時期、新車として遭遇するとは思っても見ませんでした。

しかも、くまモンとのツーショットとは・・・❗

50周年アニバーサリー

エンブレムが印象的ですネ❗

くまモンバージョン

かわいいですネ❗

50周年で最後となったモンキー達、寂しくもありますが一緒に歩んで来た想いは不滅でしょう。
Posted at 2017/09/02 21:24:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンキー | 日記
2017年05月04日 イイね!

検査標章や自賠責ステッカーの貼り付けプレートの作成

検査標章や自賠責ステッカーの貼り付けプレートの作成【作業日時】
・平成29年5月4日 AM9:00~9:30

【作業内容】
・ステッカー貼り付け用「ステッカープレート」の作成


【作業の経緯】
・友達の原付バイクに取り付けいるナンバープレートに社外製の「貼り付けプレート・金属製」がありました。
 そこで、小生のバイクにも使用してみたく、採用する事に!
 尚、どうせ採用するのであれば材料をカーボン製にすれば少しは栄えるかもね~って事で「ステッカー用カーボン製ベースプレート」を作成する事にしました。

※本製品は大型バイク用のナンバープレートにも採用できます。
 (寸歩は同じです。)

【作業開始】
①カーボンシートのカット

※採用したカーボンシートは1.5mmの厚みの物です。
 尚、カーボンシートのカットには糸ノコ機にて金属用の刃を使用しました。

②カットが完了しました。


※カットした面を仕上げてシールを貼り付けました。

③ナンバープレートへ取り付け



【感想】
・以前はナンバープレートへ直に取り付けていましたので、貼り替える際に汚れる事が無くなりました。
 また、カーボン製で作成しましたので精悍になりました。

・大型バイクにも取り付けて精悍になりました。 
Posted at 2017/05/04 20:52:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンキーBAJA | 日記
2017年05月03日 イイね!

6Vモンキーへのステーターコイル(ジェネレーター)の改善(6V用MFバッテリー対応型)

6Vモンキーへのステーターコイル(ジェネレーター)の改善(6V用MFバッテリー対応型)【作業日時】
・平成29年5月3日 AM9:00~12:00

【作業内容】
・ステーターコイルの改善
 (6V用MFバッテリー対応)


【作業の経緯】
・友達の6Vモンキーで、6V用MFバッテリーを取り付けるとの事で、専用のレギュレーターを取り付けようとしても、ジェネレーター側が対応していなため、対応出来るようステーターコイルを巻き直す事にしました。

【作業開始】
①先ずは、力バーを外してフライホイールを取り外します。


②ステーターコイルを取り外します。



③ステーターコイルの回路を調べててみます。
※純正のコイル回路は、
 ・ライト系用=アースを基点として0.7mmΦを190回巻き
 ・DC6V系用=アースを基点として0.7mmΦを210回巻き
 以上を系統別々に巻かれています。

・6V系のジェネレーター以降の純正回路は、発電した電圧を整流器で半波整流として変換しているだけなので、MFバッテリーへ適切な充電電圧に変換されません。
※ジェネレーターの出力電圧はエンジンの回転数に比例した電圧となります。
 よって、MFバッテリー用に適切に電圧を調整する必要があります。

・そこで、社外に6VMFバッテリー用レギュレーター(一般的な12V用レギュレーターの6V版)がありますので、ステーターコイルについても対応させる為にコイルを巻き直す事にしました。

④ステーターコイルをバラします。


⑤コイルを巻いていきます。

※コイルの回路は!
 ・ライト系用=アースを基点として0.8mmΦ200回巻き
 ・DC6V系用=ライト系用に0.8mmΦ50回巻きを直列で追加したもの
 以上を巻いていきます。

 よって、ライト系はレギュレーターにてAC6.4Vで調整されます
 また、DC6V系は、ライト系で上限電圧値が調整されてバッテリー充電電圧用に追加昇圧されて整流器で半波整流されますので、MFバッテリー用に適切な充電電圧(バッテリー接続時約DC7.4V)へと変換されます。

⑥コイルを巻きました。


⑦配線を施行します。


⑧取り付けて完成です。


【感想】

①ライト系について
・ライト系は、レギュレーターにて調整されますので、純正のヘッドライトのバルブ容量を上げても対応出来ます。
 (25Wまで対応可能)
・ヘッドライトのバルブが切れてもテールランプまで電圧上昇による共切れとはならない
・回転数を上げても電圧が安定しているため、バルブが切れにくい。

②DC6V系について
・バッテリーへの電圧が安定しているため、エンジンの回転数に関係無くウインカーやブレーキランプの点灯状態が安定している。

※上記のメリットが確認できました。
 尚、DC6V系はそのまま使用出来ます。
Posted at 2017/05/03 21:34:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンキー | 日記
2017年01月29日 イイね!

エキサイターコイルの修理(コイルの巻き直し)

エキサイターコイルの修理(コイルの巻き直し)【作業日時】
・平成29年1月29日
・10時00分~12時00分

【作業内容】
・6Vモンキーのエキサイターコイル巻き直し


【作業の経緯】
・友人の6Vモンキーが、走行中に突如エンジンが停止した!との連絡が来ました。
 状態を確認して見るのに、プラグに火花が飛んでいない・・・!う~む!
 そこで、いろいろ調べて見るに、ポイント接点・タイミング・イグニッションコイル・コンデンサー・配線・キーなど、特に異常はみられませんでした。

※これは最後の手段で「オレの指」に頑張ってもらう事にしました。

 先ずは、プラグとプラグキャッブを外してハイテンションコードの電極を指先に当てることで「電撃」の感触を探ることに!
 そこで、キックアームをゆっくり動かしクランキングをすると~っ!

☆おおっ!キタキタ~~~ッ!☆

指先に電撃が走りピクピク反応します!
しかし、クランキングのスピードに対しこの電撃の感じは少ないよね~っ!て事で「これはエキサイターコイルの出力電力が弱っているな!」と疑って見る事にしました。
 そこで、ステーターコイルやエキサイターコイルの弱る原因は殆どの場合、過熱などが原因による経年劣化(レアショート)です。
 よって、それを踏まえたうえでエキサイターコイルを修理して見る事にしました。

1.取り外したエキサイターコイル

・コイル抵抗は1.7Ωと少し低めに測定されました。

※レアショートとは!
・これは、過熱などが原因でコイルの表面に加工している絶縁皮膜が焼損し、隣同士が短絡(ショート)することで電圧の元になっているコイルの巻き数が減少する症状です。
 よって、痛んでいる所の変色や導通を調べれば判明します。

2.コイルをバラします。

※バラして行くと、変色箇所がありました。

3.テスターにて測定します。

※テスターを当て測定すると導通していて皮膜が痛んでいるのが判明しました。

4.コイルを巻き直すため全てバラします。

※エナメル線を測定すると0.5mmΦでした。

5.同じサイズのエナメル線を巻き付けます。

※今回巻き直すエナメル線(マグネットワイヤー)は、耐熱性の高いAlW線(許容温度=220℃)を採用します。
・因みに、純正採用はPEW線(許容温度=165℃)です。

6.コイルの先端部を仕上げます。

※コイルの巻き数は400回、及び先端部はエンパイヤチューブにて仕上げてコイルの外装をテープにて巻き付け仕上げます。

7.完成です。


【感想】
・巻き付けたコイルの抵抗値は2.2Ωと、修理前より抵抗値が上がり、改善しているのが確認出来ました。
 車両へ取り付けて動作も確認出来ました。

◎良い子の皆様は「電撃確認」はしないでね!
Posted at 2017/01/29 21:44:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンキー | 日記
2017年01月08日 イイね!

ジェネレーター強化Part.Ⅲ発電能力110W・(モンキーBajaの作業日記No.36)

ジェネレーター強化Part.Ⅲ発電能力110W・(モンキーBajaの作業日記No.36)【作業日時】・平成29年1月8日
      ・13時00~17時00

【作業内容】・プレスカブ用8極ジェネレーターの巻き直し
      ・発電能力及び負荷特性の調査



【作業の経緯】
・モンキーの車体で、大型車用の全周タイプのグリップヒーターや、電熱ジャケットに対応できるだけの発電能力を確保する方法の1つとして、考えて見ました。
 尚、既存の6極ジェネレーターでは全波整流へと変更しても実用的な発電容量とはならないため、同じR型クランクを使用しているプレスカブ用の8極ジェネレーターを活用し、ステーターコイルを巻き直すことで発電能力を増加させて見る事にします。

【作業開始】

(1)使用部品

  ①プレスカブ用フライホイール=71110-GAC-701
  ②プレスカブ用ジェネレーター=71120-GAC-703
  ③単相全波整流レギュレーター

(2)ジェネレーターの加工
 ・プレスカブ用のジェネレーターは8極仕様です。
 また、点火系のエキサイターコイルは今回未加工として、ステーターコイルのみの加工を行います。

 ①ステーターコイルの加工

 ※エナメル線(マグネットワイヤー)・1.0mmΦ350回巻き

(3)車体へ取り付けます。
 ・ジェネレーターとフライホイールはセット交換を行います。
  
 ①車体へ取り付け

 ※今回は測定が主な作業のため、コネクターは簡易とします

(4)測定を行います。
 ・今回の測定は、ジェネレーターの極とエナメル線の太さ及び巻き数とのマッチングを計る目的もあります。

 ①測定機材をセットします。


 ※測定機材は、日置製のパワーハイテスター及びマルチテスターで測定します。
 
【測定結果】
(1)ジェネレーターについて
 ①発電能力(マグネットワイヤー1.0mmΦ350回巻き時)
  ・最大効率電流=6A
  ・発電容量=174w/5000rpm
  ・実用回転数での発電容量=114w/3500rpm

(2)レギュレーター以降の負荷特性
 ①7極1.0mmΦ350回巻き時の負荷特性
  ・バッテリー接続時の出力電圧=14.7V/無負荷時
  ・実用回転数(3500rpm)での負荷特性=65W/12.5V
  ・実用回転数(3500rpm)での最大効率電流=5A/12.5V時

【追記事項】・平成29年1月14日・12時00分~16時00分
①ジェネレーターのマッチングを測る目的のため、ジェネレーターのコイルを巻き直し再測定を行いました。
(コイルの緒元)
 ・エナメル線=1.2mmΦ/330回巻き
 ・最大効率電流=8A

②全波整流後の出力電力特性
 ・出力電圧=14.7V(バッテリー接続時)
 ・実用回転数の出力電力=85w/3000rpm/14.1V
 ・最大効率電流=6A/3000rpm以上
 ・最大出力電流=7.7A/3000rpm/12.5V

※上記について、測定されました。

【結果】
①ジェネレーターの発電能力について
 ・7極1.2mmΦ時の特性は、負荷電流及び実用回転数前回の1.0mmΦより能力が向上し、発電容量は極とのマッチングがとれたと思います。
 
②レギュレーター以降での負荷の相性について
 ・アイドリング時の負荷(50w/12.5V)および発進時以降の負荷(65W/2000rpm以上)は確保できましたので、当初の目的であるグリップヒーターや、電熱ジャケット等の負荷に十分対応出来たと思います。
 尚、ジェネレーターの発電能力とレギュレーター以降の負荷容量に開きがあるのは、レギュレーターの出力電流はジェネレーターの最大効率電流に影響しますので、回転数が上がって発電容量が増しても最大効率電流の影響で電力が取り出せない事になります。
 また、実用回転数での使用電圧を無視し、電力の出力を取り出すようにジェネレーターのエナメル線を太くすれば(5000rpm時で約100Wは確保出来ますが、その時の電圧は約10Vと実用的ではありません。
 尚、電装系を全てDC12V化として使用する場合は、8極全てを1.2mmΦ360回巻きとし、単相全波整流レギュレーターで変換した場合は、
 ・アイドリング時の出力=60w/12.5V以上
 ・実用回転数3500rpm時=85w/14.5V以上
上記の出力特性は確保出来ると思います。
 但し、点火系のCDIはDC12V用の「DC-CDI」への交換が必要です。

最後に、発電効率を上手に使うのは、ヘッドライトをDC12V系から取り除いた独立発電方式(モンキーbajaの作業日記No.32及びNo.4)が最適と思います。
※ヘッドライトの電圧は交流(AC)のみや、DC12V系の容量が最大で45W程度となりますが、ライト系の容量を40~120wまで増加できるメリットがあります。 


 
   
Posted at 2017/01/08 11:21:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンキーBAJA | 日記

プロフィール

「ラストモンキー達と遭遇 http://cvw.jp/b/1702566/40345980/
何シテル?   09/02 21:24
 コスマと申します。  バイクや車などの乗り物関係や、その他作業等を中心に、日頃いじりながら楽しんで来ております。 【現在の所有している乗り物】 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

記録だけ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 23:21:40
NRの充電不良の調査(NRの作業日記・No.3) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/12/24 12:30:41
Mt.Bambooのガレージ 
カテゴリ:車関係
2013/12/23 01:37:39
 

お友達

共感を持たれている方お待ちしております。
お互い敬意を持って楽しく行きましょう!
19 人のお友達がいます
蘭蛮蘭蛮 * メメントメメント
ハード5150ハード5150 QちゃむQちゃむ
AluceAluce ksp4431ksp4431

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ NR ホンダ NR
楕円ピストンを使用したV型4気筒32バルブエンジンです。
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
 B18C型の1.8L・VTECエンジンで、吸排気ポートの加工や、専用のピストン・カムシ ...
ホンダ モンキーバハ ホンダ モンキーバハ
 MONKEYシリーズの中で、唯一オフロードBAJA仕様のバイクです。  「厳かわいい ...
ヤンマー 超ミニショベル ヤンマー 超ミニショベル
 乗車タイプでは最小幅58cm1の超ミニショベルで、路地内での作業を可能にしております。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる