• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゐしのブログ一覧

2013年05月12日 イイね!

6ヶ月点検

6ヶ月点検Dに保険の更新&6ヶ月点検の予約に行った所、今すぐに入庫できるということでそのまま6ヶ月点検を受けて来ました。

これといって問題があるわけでもなく、無事に点検は終了。パックdeメンテなので支払いはなし。(とゆーか先払いなのだが ^^;)

待っている間にGJアテンザのクリアファイルを頂いてしまいました。(^^)

次回は11月~12月。カミさんのデミオの車検と同時期です。


.....って、アテンザの車検とデミオの車検が同時に来るタイミングになっちまったじゃないかっ。(大汗)
Posted at 2013/05/12 20:46:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | アテンザ | クルマ
2013年05月11日 イイね!

Kaji Fes 収穫物

Kaji Fes 収穫物Yuki Kajiura LIVE vol.#10 "Kaji Fes. 2013" での収穫物は以下のとおりです。

・Yuki Kajiura Songbook #001~#005
・しおり(7枚)セット
・チャームストラップ
・パンフレット



ソングブックはボーカルの譜面で、梶浦語がばっちり入っています。
 #001 salva nos (live ver.#1)
 #002 zodiacal sign (live ver.)
 #003 媛星 / 目覚め (live ver.)
 #004 the image of Xenosaga II (Fiction II ver.)
 #005 Parallel Hearts (single ver.)
となっていて、それぞれ誰がどのパートを歌っているかわかります。
梶浦さん曰く 「マニアックすぎて万人にお勧めできない」 ブツですが、梶浦語のアルファベット表記がわかる資料としては重要ですのでこれは買わねばなりません。(笑)
歌詞とかなんとか、著作権関係がうるさそうなので中身の写真は上げませんが、梶浦さんのツイッターにサンプルがあります。

 https://twitter.com/Fion0806/status/332513859292237824
 そうだよね感じ掴みにくいよねw。造語は全てローマ字表記です。サンプルとしては全編こんな感じ。 http://twitpic.com/cpeda6

このサンプルは.... zodiacal sign だっ。パートに 「KAJI」 とあって梶浦さんもしっかり組み込まれてるし。(笑)

それぞれ巻末に歌詞のページがあるのですが、梶浦語 Only の 歌詞は梶浦さん自身が 「わけわからん」 とか言ってしまうような状態に。(笑)


チャームストラップはこんな感じ。
文字の所が携帯画面クリーナーになってます。
ピアノ部分は硬い樹脂です。


しおりはこんな感じ。7人揃ってます。


しおりの裏面。


トランプもあったのですが、買い忘れてしまいました。公式サイトのサンプルから、JOKER は梶浦さんではないかと踏んでいて、それを確認するために買おうかと思っていたのに....
Posted at 2013/05/12 20:16:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年05月11日 イイね!

Yuki Kajiura LIVE vol.#10 "Kaji Fes. 2013"

Yuki Kajiura LIVE vol.#10  "Kaji Fes. 2013"梶浦由記デビュー20周年記念のライブ 「Yuki Kajiura LIVE vol.#10 "Kaji Fes. 2013"」 に行ってきました。

※とりとめもなく、思いつくままに書いた長文なので読まれる方は覚悟して下さい。(大汗)


実は梶浦由記系の本格的なライブに行くのはこれが初めてだったりします。(^^;;
今まではファンクラブイベントでライブ&トークな所に一度行っただけです。

会場は有楽町にある東京国際フォーラムのAホール、5000人収容の巨大ホールです。


で、「梶フェス」 と言われるように 15:00-20:00 の5時間ライブ。FictionJunction はもちろん、YUUKA (南里侑香)、Kalafina の梶浦由記ファミリーに加えて多数のゲストを招いた、まさにお祭り状態です。

とかいいつつ、梶浦さんはこんなツイートしてますが。(汗)
  https://twitter.com/Fion0806/status/333015385349685249
  祭りと言う割に、なんか暗澹たる曲が多いけどそこは気にするな!m9っ`Д´)

梶浦由記ソングにそういう曲が多いのは承知の上っ! 問題なしっ! (笑)

というわけで、ファンクラブ先行予約で確保したチケットは8列目。巨大ホールなのにこんなに前なのね。(^^;;
やや右寄りの席で、ギタリストの是永さんの正面あたりでした。

振り返ってみると、客席の広大さに圧倒されます。5000席というのはこんなにも広いものなのかと。


「梶浦由記ライブが時間通りに終わるわけがない」

ということで、21:00になることも覚悟。新幹線の最終の時間を気にしてしまうのもイヤだったので車で行ってしまうという暴挙に出る私。
8:20頃家を出て、上信越道~関越道~外環道~川越街道経由で有楽町まで。大した渋滞にも合わずに4時間弱で到着。東京国際フォーラムの地下駐車場が空いててよかった~。(笑)

地上に出ると大行列が.... 10:30から始まっているグッズ販売の列が会場の外までずら~~~~っと。微妙な小雨が降る中、そのまま並びます。
この時、傘を車に置いてきてしまって若干後悔。
あと少しで屋根下に入れるという所で雨脚が強まるという不幸に遭いながらも列は徐々に進みます。
この時13:00過ぎ。列整理のスタッフから 「この付近はグッズ先行販売には間に合いません、このまま入場列にしますのでチケットのない方は列を離れて下さい」 との無慈悲な通達が...

そして13:30のグッズ先行販売停止、14:00の開場。結局昼飯食い損ねてそのまま入場しました。グッズ行列に並んだ後、客席に入れたのは14:45。ここまで2時間以上立ちっぱなしでした。これから5時間以上持つのか、私?


そんなこんなでようやく開演。これは時間通り。

まずは Kalafina パート。1曲目は overture に続いて oblivious、いきなりゲストの戸丸華江さんが登場してコーラスで参加。というか、oblivious の CD 収録時にコーラス入れてたのが戸丸さんなのでオリジナルのコーラスとも言えるか?

続いてゲスト奏者/ゲストシンガーを交えながらの FictionJunction パート、FictionJunction YUUKA パートと流れて前半終了。ここで17:30。20分の休憩を挟んで17:50から後半開始です。

この休憩時間中、梶浦さんからこんなツイートが発せられました。

 https://twitter.com/Fion0806/status/333140490314739712
 ごめん、断言しよう……
 https://twitter.com/Fion0806/status/333140618278744064
 8時には、終わらないわ……≧(´▽`)≦アハハハ……

このツイートを見たせいか、場内の各所でざわめきが.... (^^;;;

そして後半開始。ゲストを交えながらサントラ中心の展開です。NYから来たエミリー・ビンディガーさんもようやく登場。

あっという間に時間が経ち、梶浦教の踊り念仏こと zodiacal sign でドカーンと盛り上がった所でラストの1曲、Sweet song で〆。

そしてアンコールの拍手。5000人もいる巨大ホールではなかなか拍手が揃いません。揃ったと思ったらまたバラけたり.... (^^;;
アンコールの3曲目、open your heart は歌い手12人、演奏者9人の総勢21人による大規模なものになりました。マイクが足りなくて歌い手12人でリレーするわシェアするわ.... ソロプレイでキーボードの櫻田さんやアコーディオンの佐藤さん、フルートの赤木りえさんが荒ぶるプレイを。

こんな感じであっという間の5時間半。アンコール前までは20:00に終わるという、一応予定通り(?)のライブでした。
アンコールも終えて本当の終演は20:30頃でしたが。(^^;;

ゲストは歌い手6人、演奏者2人が呼ばれていました。気になった方々は....
・ エミリー・ビンディガー さん
 NYから来日。梶浦さんのアルバムでボーカルを入れていた人です。
 英語歌詞の発音はしっかりネイティブ発音、梶浦語歌詞もネイティブ(?)発音。いい声出てました。

・笠原由里 さん
 さすがオペラ歌手。声量が圧倒的です。まさに 「ラスボス」 「勝てる気がしない」。
 WAKANA さんと貝田さんが高音の限界を競うように歌う MATERIALISE も、笠原さんはまだまだ余裕がある雰囲気で高音を歌い上げていました。もう「凄い」としか言えません。ただただ圧倒されてました。

・戸丸華江 さん
 笠原さんほどのラスボス感はありませんが、やはり存在感のある歌声。背筋をピッと伸ばしているというか、胸を張っているような感じの姿勢で歌う姿が印象的でした。vol.#9の映像でも凄いと思っていましたが、生でその凄さを味わえて満足です。

・ASUKA (結城アイラ) さん
 everlasting song はもちろん、数曲で登場。FJのメンバーとはまた違う少し甘い声で歌っていたのが印象的でした。

・赤木りえ さん
 フルート演奏者です。過去のライブでもゲスト出演していました。
 ソロプレイで荒ぶる演奏を見せたり、まるで尺八かと思うような音を出したり、自分のパートじゃない時に踊っていたりと、演奏する姿が自分の席からよく見えました。

・佐藤芳明 さん
 アコーディオン奏者です。
 時に静かに、時に荒ぶる演奏による変幻自在な音色に魅せられました。
 ちなみに、KEIKOさんだけじゃなくて梶浦さんからも名前を間違えられた不幸な人だったり。(苦笑)
 KEIKOさんが名前を間違えた時に謝る姿には必死感が伝わってきました。梶浦さんが間違えた時はお待ちかねの 「UKATSU」 がキターッ!って感じ。これがないと梶浦さんのライブじゃないっつーか。(笑)

レギュラーな FBM の方々では、ギタリストの是永さんがよく見えていました。演奏曲数は49曲にも達したようで、ツイッターには是永さんがこんなツイートが。
 https://twitter.com/KORE1225/status/332125041770782720
 曲が減って俺の演奏曲数は50曲きったが、何故?俺の曲数が一番多いのか?!ハァハァ。
 https://twitter.com/KORE1225/status/333285858650238976
 いろいろあったが、5時間/49曲弾ききった!数日おいて次はシカゴでライブだ。

セットリストを見るとアンコール含めて52曲。3曲しか抜けている時がなかったことに。(^^;;
梶浦さんがMCで 「もっと演りたいんですが...」 と言った時に 『勘弁してよ~』 な感じで倒れるような動きをしたり、「次回は普通の時間で」 と言った時には 『ほっ』 と胸を撫で下ろしたりと、結構いろんなリアクションをしていたのが見られました。映像化されたものではこういうのが見られないんですよね~。

今回のライブでは、会場でしか見られない 「自分のパートがない時の動き」 に注目していました。メインで歌って(演奏して)いる人は映像化された時にも見られますので。

で、戸丸さんは自分のパートがない時にも口が動いていて、合わせて歌っている姿がよくわかりました。ASUKAさんや笠原さんも結構踊っていましたね。HIKARUさんはゆっくりした動きで情感のこもった動きをしていましたが、WAKANAさんは人形のように不動の姿勢で立っていたりとか。この辺の動きはそれぞれの個性が出て面白いと思います。

まさに 「夢のような」 5時間半はあっという間に終了。始まる前は長いと思っていましたが、終わってみると 「えっ? もう?」 と言いたくなるほどでした。

ちなみにセットリストは芸能ニュースラウンジのライブレポートで公開されていました。

余韻に浸りながらの帰路。車内のBGMはもちろん FictionJunction と Kalafina です。
会場内の大ボリュームに耳が慣れてしまったことと、高速道路走行中ということもあり、いつもよりボリュームを上げて走ります。BOSE の本領発揮か? (^^;;
雨天夜間、途中で霧にまかれたりもしましたが、日付が変わる前には無事帰宅。
風呂で汗を流してさっさと寝....る前に、朝食以降何も固形物を摂取していなかったことに気づいて軽く食べたりしてから寝ました。

さて、次はいつ行けるだろうか.... またいつか行きたいな....
Posted at 2013/05/12 19:54:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2013年05月02日 イイね!

飯田方面へ

飯田方面へ義母の希望で、飯田市の南にある阿智村の 「満蒙開拓平和記念館」 まで行ってきました。

4月下旬にオープンしたばかりで、まだナビにも載っていない場所ですが、住所から探して辿りつけました。

日本から満州に渡った人々では、長野県出身者が一番多かったとのこと。
その歴史や開拓団員募集の広告、引き上げ時の事件や悲劇の記録、本土に帰り着けた人々の手記等が展示されていました。

で、飯田方面に行ったのでせっかくだから昼食はコメダ。はぢめてのコメダです。(笑)


思ったより量があって、80近い義母には無理すぎました。(^^;;;
私もお腹いっぱいになれるくらいだったし。

でもそのうち、シロノワールは試してみたいかな~。(笑)

その後、「飯田市川本喜八郎人形美術館」 へ。こちらもコメダに続いて私の希望。


入り口には孔明のパネルが。

待て、これは孔明の罠だっ!

展示のメインは、NHKで放送された 「人形劇 三国志」 で使われた人形です。

エントランスで孔明が、展示室に入ると 「紳々」 「竜々」 のコンビが迎えてくれます。
これは番組で解説を務めた紳助竜助の劇中キャラです。

んー、実物は思ったより大きい。

人形は魏呉蜀それぞれの勢力ごとに分けられて展示されており、照明によって顔のディテールもはっきりわかります。
TVでも豪華に見えた衣装ですが、展示されているものを見るとまた改めて手の込んだ作りになっていることがわかります。(展示用に作りなおしたものもあるようです)



....なお、私の場合、三国志の武将といえば川本喜八郎の人形の姿がまず頭に浮かぶので、某美少女格闘モノマンガ (何度かアニメ化もされてる) はキャラの名前のせいで見るに耐えられないものになってます。(苦笑)
映画 「レッド・クリフ」 は大丈夫でした。(笑)
Posted at 2013/05/02 18:29:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「いちお生きてます....」
何シテル?   01/02 23:37
三代目アテンザワゴンに乗っています。 その前は初代前期型アテンザスポーツワゴンを180,043km乗りました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

デントリペアVivid 
カテゴリ:ショップ
2009/08/03 20:49:12
 

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
初代アテンザスポーツワゴンからの乗り換え。 今度も過走行モードに突入できる....か? ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
18万km乗りました。 【装備】 メーカーオプション  撥水フロントガラス/DSC   ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.