• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月01日

忘れがたき日。



23年前の五月の連休は、こんな連勤ではなく普通に連休で徹夜でプラモと宿題をしていた気がします。

そんな夜中、弟とテレビでサンマリノGPを観ていて、緊急速報のテロップが流れた瞬間を、まだ忘れられずにいます。
私は中堅ファンだったのですが、弟や両親は大ファンだったので、寝ていた母も起こしてテレビにかじりついたんだっけ。涙で声がつまった解説の今宮さんの姿は、今でこそネットで何度も見ることができますが、当時はVHSビデオ録画で、しばらく封印していたのを思い出します。

彼が生きていたら、今のホンダレーシングはきっと…
ブログ一覧 | 青春のバブリーなF-1 | 日記
Posted at 2017/05/04 12:49:05

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2017/05/04 18:16:58
あれから23年ですか。
時の流れは早いものです。
私も当時はテレビ中継を見ていました。
衝撃でしたね。
コメントへの返答
2017/05/05 11:15:01
確かにその間、20年以上もFー1が続いてたくさんのチャンプが生まれたはずなんですが、この当時があまりに強烈すぎたせいか、あいだの記憶が薄いこと。
目線を切り替えて観戦したら、今年は特に面白いシーズンだと思えるのですが。
2017/05/06 11:12:11
プロストファンの自分としては、どちらかというとアンチでしたが、このサンマリノGPを予選から見ていてラッツェンバーガーが亡くなったりしていて、ふと「セナが今のF1からいなくなったらどうなるんだろう?」と漠然と考えていたんです。そうしたら、あろうことかあんな事故になるとは…。ショッキングなGPでしたよね。

今となっては、あれほど強いドライバーはいない、セナが健在だったら今のF1やホンダは違っていたかもしれないとさえ思います。
コメントへの返答
2017/05/07 02:10:25
現代のFー1の基準で評価すると賛否両論でしょうが、やはり当時の最強は誰がなんといってもセナ&プロストでしょう。
純粋な速さへの追求、マスコミを巻き込んだ駆け引き、チームやホンダへの求心力、そして日本のファンとの位置関係…いまや後代のシューマッハの名すら知らない人も多くなりましたが、やはりこの時代こそ黄金期と思えます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「復帰準備に向けて。 http://cvw.jp/b/1707563/40106106/
何シテル?   07/17 21:43
GA61オーナーのブレイクストームです。クルマのプラモデル大好き。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

やっぱりデカイね。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/13 20:47:14

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ セリカXX DUCK (トヨタ セリカXX)
小学校の時にプラモで一目ぼれ。就職直後に購入した前期型の部品取り車として解体から救ったの ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.