車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月19日 イイね!
シーズンイン前整備最近ご無沙汰なBRZ。シーズンオフの間、砂まみれになってしまったので、春から気持ちよく走れるよう整備。
サービスマニュアルが入手でき、正確な数値がわかったので、気になる箇所の調整も行います。






ジャッキアップ。
ウマをサスアームにかけ1Gの状態に。



普段、手の入らないインナーフェンダー内を掃除。ホイールの内側も忘れず掃除。



ブレーキエア抜き。



パーキングブレーキの調整。
整備書によると、アジャスティングスクリューは全開から10コマ戻しとのこと。
この後パーキングブレーキレバーの引きしろを調整。



トー調整のためA-oneゲージをセット。
左右が大体揃えば良いと思っているので、水平出しとか厳密なことはしていません。これでも結構精度が出ます。



基準値はトーイン2±3㎜。片側ずつ、この1/2の数値内で調整。



続いてフロントトーとハンドルセンター。



若干トーアウト気味だったので、トー0㎜に調整。



洗車。シャンプーで埃を洗い流した後、トラップ粘土で微細な砂埃を除去。



バリアスコートを塗布。
ワックス類は色々使って来たけど、最近はこれが一番良い感じ。



最後にバッテリーのメンテナンス。

まだ気になる点はあるものの、今回はここまで。

Posted at 2017/03/19 15:38:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | BRZ | クルマ
2017年02月19日 イイね!
大阪オートメッセ2月11日、大阪オートメッセに行ってきました。
去年の夏から生活の拠点が神戸市近隣に移ったので、このようなイベントにも気軽に行けるようになりました(^^)



スバルブースのBRZ STI Sport CONCEPT。
18インチホイールに桃色バネが組んでありました。このままのかたちで市販されるのかな?




ホンダブースのシビックタイプRプロトタイプ。
このガンダムのようなデザインは何とかならんものか。チャンピオンシップホワイトが似合わなそうな…。
私がカッコイイと思えるデザインが、世の中のカッコイイデザインとズレているのでしょうか?



自分にとってのシビックはここから出発しているので、新しいモデルが出るたびに違和感を感じてしまう。



一番星号っ。劇中車がまだ生きていたのかΣ(゚Д゚)
ハコの絵の痛み具合が年月の経過を物語っていて良い感じです。できれば塗り直さないで欲しい。



せっかく大阪に出たので、



最近、個人的に活動復活しつつあるプラモ製作に向けて、模型店をハシゴ。
ジョーシン・スーパーキッズランド、モデルガレージ・ロムほか2店を訪問。



ディテールアップパーツなど購入しました。



最近のF-1プラモは、本気で作ろうと思うとエラくお金がかかりますね。
1台1,200円くらいで手軽に楽しめた子供の頃が懐かしい…。


Posted at 2017/02/19 09:50:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2016年12月17日 イイね!
古いプラモデル用塗料仕事で出かけた際、星のマークの照明看板(模型店)を見つけたので入ってみました。
古い塗料が普通(?)に売られていたので、何本か記念に買って帰りました。
40代以上のベテランモデラーには懐かしいラベルなのでしょうが、さすがに私はこれらの塗料が売られていた時代を知りません。大体35~40年くらい前のものでしょうか?
塗料自体は世の中にたくさん残っていると思いますが、これを2016年に模型店で1個50円で買った事実に一人で感動してしまいました。
以下、マニアックな話ですがご了承くださいm(__)m



GSIクレオスがグンゼ産業だった時代の塗料。
左のはレベルとの提携を解消し「レベルカラー」から現在に続く「Mr.カラー」に商品名変更。18mlビン末期の頃のものと思われます。
右のは「水性ホビーカラー」が発売される前の水性塗料。「レペ」改め「ホッペ」。当時の評判は散々だったとか…。



「タカラ・レベルカラー」。
かつてタカラ(現タカラトミー)が模型用塗料を発売していたことは知っていましたが、実物を見たのはたぶん初めて。
グンゼとタカラが混在していた時期についてはGoogleなどで検索すると詳しく出てきます。同じ藤倉化成で製造されていたらしく、互換性があった様です。



ちょっとわかりにくいですが、ビン裏の刻印は右がRevellで左2つがTAKARA。



1本は死んでいました。最近は復活させる溶剤があるので、また使えるようにできるかもしれません。



塗料はこんな袋に入れて渡されました。ハイトップ乾電池のデザインは覚えているけど、ナショナルマロリーアルカリ乾電池なんて知らない。一体いつの時代?古くて涙モノ…。



プラモデルはそんなに古いものはなくて、タミヤのフロムエーポルシェ(それでも27年前の当時モノ)を当時の定価1,000円で買った程度。



なぜ962Cを買ったかというと、ポルシェ962Cって1/24でまともなキットがなくて、シャーシーが残念な出来のハセガワの962Cと、ボディーが残念な出来のタミヤの962Cをニコイチにすると良いんではないかと子供の頃思っていたため。時間がないので、たぶん作ることはないと思いますが(^^;



ポルシェを入れてもらったタミヤの紙袋をふと見ると、住所が小鹿時代(30年くらい前)のものでした。
どこまでもレトロな模型屋さんでした。


Posted at 2016/12/17 12:18:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | タミヤ | 趣味
2016年11月11日 イイね!
飛燕・カワサキワールド
国内に唯一現存する川崎・三式戦闘機「飛燕」が、このたびレストアを受け一般公開されました。なかなかタイミングが合わず見に行けてなかったのですが、展示最終日の11月3日に何とか間に合いました。



展示会場の神戸ポートターミナル大ホールは、朝から黒山の人だかり。
当日は朝10時前に到着したので並ばずに入場することができたのですが、小1時間鑑賞し会場を出る頃には70~80mの行列が出来ていました。すごい人気でした。



実機を前にすると、迫力というか説得力があります。



ダイムラーベンツのライセンス生産から発展したハ140というエンジン(らしい)。
液冷V型12気筒遠心式スーパチャージャー搭載。



12月にタミヤから(Ⅰ型ですが)1/48が発売されるらしいので、プラモデルも作ってみたいですね。



Ninja H2Rとのツーショット。共にスーパーチャージャー搭載。
モッサリ加速のうちのBRZにもSCを載せようかと密かに計画中(^^;



午後からはポートタワー下の神戸海洋博物館に移動して、カワサキワールドを見学してきました。



Ninjaシリーズ。カワサキのジャケットを着たライダーさんが沢山来てました。



1番好きなバイク、ゼッツー(展示車両はZ1)。
W1Sなどのバーチカルツイン車も展示して欲しいなあ。



タミヤのプラモでお馴染みKR500。



0系新幹線なんかも造っていたんですね。



運転台はレトロな計器類が並んでいました。



飛燕の展示会場で買った飛燕とNinjaのコラボTシャツ。デザインが秀逸。まさしく飛ぶように売れていました。


Posted at 2016/11/11 22:58:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 趣味
2016年10月23日 イイね!
DIY補修残業後の金曜深夜、260㎞の下道移動。道中、猛烈な睡魔に襲われました…。
最寄のコンビニまで行きたかったものの、山中を走っておりまだ7~8㎞はあったため、無理をせず車を待避所に停めて休むことに…。
シートのリクライニングを倒し、仮眠を取ろうとしたところ…、鈍い擦過音ととも車体が斜めに傾くのを感じました。停車した場所が下り勾配で、サイドブレーキの引きが甘かったのか、超微速で車が動き出し、溝に落ちた様でした。
何という不覚!FF車なので溝からの脱出は容易(ハンドルを切ってギアを繋げば、大抵OK)でしたが、車両の破損状況が気になります。
LEDライトで確認したところ、左フロントホイールにガリ傷がある以外は被害がなさそう…。サスアーム等にも擦った痕跡はなく、ハンドルのセンターも狂っていない様子。そのまま残り百数十キロを走って無事帰りました。
幸運にも周りに車や人もおらず、大事故にならなくて良かったです。過労運転は判断力が著しく低下するので、みなさんも気を付けて下さい。


翌朝、被害状況確認(T_T)

ホイールは3ヵ所に傷。



拡大するとこんな感じ。そんなに深くない…。



ジャッキアップして下回りを見たところ、リップスポイラーに線傷(写真を撮り忘れて、補修作業で耐水ペーパーで擦ったあとの画像)。
ちなみに左の大きな擦り傷は、私が購入する前からあったもの。この部位は下を覗き込まないと見えない位置のため、放置していたのでした。



サスアームは無傷だったものの、サブフレームに擦った跡がありました。
全体の被害状況としてはこんな感じ(^^;


週末は予定があり、十分な時間がとれなかったのですが、いちおう補修することにしました。

とりあえずサブフレームから…。
耐水ペーパーで軽く均し、サフを吹いて…、



シャシーブラックで塗装しておしまい。



リップスポイラー。
この部分は上からは殆ど見えない場所なので、パテ盛りはせず、お手軽に塗装だけで済ますことにしました。
バンパープライマーを塗り、サフを吹いたところ。


うちの車は、同色の市販のタッチアップペンでは色が合わなかったので、調色しました。
黒色を極々微量加え、わずかに明度を落とすことにより、近い色を出すことができました。赤系は色合わせが難しいですね。



サフの境目を1500番のペーパーで均して、エアブラシで塗装(写真の状態)。
乾燥後、2液性ウレタンクリアで仕上げました。



ホイールのガリ傷修正。



サーフェイサーを吹いて、仕上がりを確認。



ホイールも要調色。手持ちのシルバー系スプレーで近い色を探す…。
左がスバル車用シルバー、右はS2000用のシルバーストーンM。この2色を混ぜ合わせることにしました。



試しに1:1で混色。ちょっと明るい。



シルバーストーンMを加えて少し濃くしてみたところ、かなりイイ線まで持って来れました。



調色したシルバーをエアブラシで塗装しました。
乾燥後、2液性ウレタンクリアを上塗りし仕上げました。



お手軽補修、とりあえず完成(^^)
限られた時間の割りには、上手く仕上がりました。



そもそもの元凶であるサイドブレーキの引きしろを調整。
先日、リアハブベアリングを交換した際、キャリパーを降ろした影響で、サイドが甘くなっていたのかも知れません。



Posted at 2016/10/23 15:32:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | シビック | クルマ
プロフィール
「ホイール修理完了(^o^)」
何シテル?   03/12 15:48
車は「見る」のも「乗る」のも「いじる」のも大好きです。 自己流ですがメンテナンスはできるだけ自分で行うようにしています。 乗用車に限らず、商用車、スーパーカ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
ファン
26 人のファンがいます
愛車一覧
スバル BRZ スバル BRZ
<'12年 スバルBRZ S> 長年ホンダ車を乗り継いできましたが、近年、適当なスポーツ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
<'02年 シビック・タイプR(EP3)> 諸般の事情で普通車が必要となったため、足車の ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
<'98年 インテグラ・タイプR(98spec)> H12年2月~H25年3月まで足掛け ...
ホンダ S2000 ホンダ S2000
<'00年 S2000(AP1)> 250PS/8,300rpmの圧倒的な動力性能を期待 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.