• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

のんパパのブログ一覧

2013年03月31日 イイね!

今年の春休みは広島へ(2)

今年の春休みは広島へ(2)翌日、6時半頃に目が醒めると外は曇り空。 霞んでいたとは言え昨日のうちに弥山登りをしてきて良かったな、などとボ~ッと考えていると、カミさんやチビも起き出してきました。
身支度を調えて、まずは朝食。 こちらもいつものバイキングとは違って和食のセットで、チビにはハードルが高かったようですが、これも経験でしょう。
朝食を済ませてから、ちょっとだけ朝の散歩に出掛けましたが、まだ8時過ぎだと言うのに、もうすでに何件かの土産物店は開いています。 観光客の姿もそれなりに見られ、散歩がてら買い物をする人と、そう言う人目当てのお店と言ったバランスが取れている感じでした。
かく言うウチも、カミさんが土産物ショッピングを楽しんでいましたが(^^)

やがて、9時頃になって宿をチェックアウトし、桟橋から本土行きのフェリーに乗ります。 こちらはそこそこの乗船率でしたが、対向する宮島行きのフェリーはすでに満員状態。 本土で泊まって朝一で宮島巡り、と言う人が多いんでしょうね。

本土に着いてJR宮島口の駅へ到着すると、ちょうど広島方面行きの電車が止まっていました。 急いで乗り込んだところ、車内放送で
「踏切の遮断棒折損事故があったので運転を見合わせています」
とのアナウンスが。
「ゲッ、広電にしようか」
と話し合っていたら間もなく
「運転再開します」
との放送がありました。 結局、乗車2分後に5分遅れで発車しましたので、もし事故がなければ乗り遅れていたようです、ラッキー(^^)

そんな山陽本線を「新井口」駅で降り、広電に乗り換えます。 と言うのも、せっかく広島に来たんだから路面電車を味わおう、ついでに車窓からだけどチビに原爆ドームを見せてやろう、と言う思いからです。
乗り込んだ広電は今度こそグリーンムーバー、登場から十余年を経て初乗車です。欲を言えばグリーンムーバーMAXに乗りたかったけど、それは叶いませんでした。
そのグリーンムーバー、乗ってみたら大ラッシュ。 広電が地元の人たちにシッカリ認知されているのが分かる反面、旅の荷物を持つ身にとってはちと辛かった(^^;)
それでも市内でも一番の繁華街である紙屋町あたりでかなりの人が降り、そのあたりから着席することができました。 原爆ドームもなんとか見せることができ、やがて広島駅に到着です。
駅のコインロッカーに荷物を預けて、向かう先は呉。 はい、「大和ミュージアム」です。

呉線の「安芸路ライナー」に揺られること約30分で呉に到着。 駅前でちょっと迷いましたが、すぐに案内を発見し、徒歩でミュージアムに到着しました。 館内に入り、チケットを買うとすぐ目の前にメインである1/10の大和が鎮座しています。
TVやお友だちの写真などで見ていましたが、実物を見ると意外に「デカい」とは感じませんでした。 それよりも模型的なチェックをしてしまうのはモデラーの悲しい性でしょうか(^^;)
今でも新しい資料が見つかる度に細部を修正していると言うだけあって、細かなところまで良く作り込んであります。 う~ん、これは海に浮かべてみたいなぁ(^^)

模型である大和よりも、回天や零戦などの実物の方がサイズは小さいけれども迫力がありますね。 隣の「鉄のくじら館」に屋外展示されている「あきしお」も同じで、カミさんも「あっちの方が見たい」と言っていました。

これで今回の広島行きの予定は全て終わり、広島駅に戻って少し時間があったので、カミさんとチビはマックで休憩し、おとうさんは駅前で広電の車両を撮り鉄しました(^^) ここでようやくグリーンムーバーMAXの撮影ができましたが、巨体故に全景を納めるのには苦労しました(^^;)

そして3時過ぎの「のぞみ」で一路名古屋へ。 一泊二日の広島旅行は無事終わりました。

旅行の写真を少しだけフォトギャラにアップしましたので、よろしかったらご覧下さい。
コチラコチラコチラです。


PS.移動中はできるだけ「ハイドラ」をONにしていたんですが、「のぞみ」が駅を出ると間もなく
「スピードの出し過ぎに注意しましょう」と文句を言い(^^)、やがて移動しなくなってしまいました。
200㎞/h超のスピードには対応していないのかな? おかげでひとりもハイタッチできませんでした。
Posted at 2013/04/04 12:38:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | 泊まり旅行 | 旅行/地域
2013年03月30日 イイね!

今年の春休みは広島へ(1)

今年の春休みは広島へ(1)昨年に続き、今年もチビの春休みの一泊二日旅行に行って来ました。
今年の目的地はちょっと足を伸ばして、プレの故郷、広島にしました。 と言ってもマツダの工場見学ではないのですが(^^)

土曜日の朝8時過ぎに家を出て、名古屋駅から「のぞみ」に乗り込みますが、車内はすでにほぼ満席、車内放送でも
「普通車、グリーン車とも満席で自由席車は大混雑」
とのアナウンスがありました。 実際、ワゴン販売は自由席車両には入れなかったようです。 さすが春休みの週末です。

15年くらい前には毎年1~2回くらい訪れていた広島。 当時は「所要時間3時間」だったと記憶しているのですが、今回は往復とも2時間半を切る速さ。 驚くべき速さですね。 もしクルマで行こうと思うと約6時間はかかりそうですから、子供連れだとやはり新幹線です。

おかげで広島駅着は正午前、そこから山陽本線の各駅停車に乗り替えて、廿日市を目指します。
と言うのも、その15年くらい前に広島を訪れていたときに良く立ち寄っていた、廿日市駅前の「味のサファイヤ」と言うお好み焼き屋さんで昼食を摂るためです。 じつは「サファイヤに行きたい」と言うのも、今回広島を選んだ理由のひとつでした。

駅を出てお店に入ると、以前と変わらない気さくなおばちゃんがお出迎え。 「どこから来たの?」とか「**の桜がキレイだよ」とか雑談をしながらメニューを注文します。 自分とカミさんが選んだのはコチラ

「サファイヤスペシャル」だそうです。 玉子、イカ、筋が入り、麺は焼きそばかうどんをチョイスできます。
ソースも普通、辛口、劇辛が選べ、今回は普通にしましたが、辛口でも良かったかな? お味は以前と変わらず、ソースが勝ち過ぎることなく、それぞれの素材の味もシッカリ分かる美味しいお好み焼きでした。 ちなみにチビは焼きそばを注文しましたが、いつも外ではあまり食べないチビが「美味しい!!」と言って黙々と食べていました。
で、そろそろ食べ終わろうかという頃、おばちゃんが
「お客さん前にも来たことあるよね。」
と言います。 え? 最後に来たのは13年前だけど、覚えてるの? とビックリして聞くと、
「うん、あのときの人でもうひとり、あれから2~3回来てるよ。」
とのこと。 いやぁ、すごい記憶力ですなぁ~
「今回はチビがまだ小さいので平和公園や平和記念資料館には行かないつもりなので、数年後にまた来るから、そのときまた寄りますね。」
と言ってお店を後にして、ここからは広電で宮島口を目指します。

広電廿日市からグリーンムーバーならぬグリーンライナーで宮島口へ、そこからJR西のフェリーで宮島に渡りますが、併走する広電フェリー共々、フル回転での運行をしていました。

宮島に上陸するとさすがに凄い人出。 それもさすがは世界遺産、外国人の姿が多くて、桟橋で
「*****?」
と質問され、
「I can't speak english」とも答えられませんでした(^^;)
一方、人出と反比例して名物の鹿の数が以前より減ったような気がします。 どうしてかな?

何はともあれ身軽になろうと予約をしてある宿へ荷物を預け、まずは厳島神社へ。 潮時が中途半端だったのが残念でしたが、それでも鮮やかな朱色と白の建物やお馴染みの大鳥居の景観は楽しめました。 チビは砂浜を走り回るのに夢中でしたが(^^)
神社を出て山の方に進み、次に向かったのは弥山のロープウェイ。 乗り場まで徒歩10分との案内に歩いて行きましたが、これがかなりキツい(^^;) とくにカミさんはバテバテで
「もう二度と来ない!!」
と宣言しておりました。
大小2つのロープウェイを乗り継いで山頂に到着しますが、この日は晴天だけど残念ながら霞んでいて(黄砂だったようです)、眺望は最高とは行きませんでした。
しばらく山頂で過ごして、下りのロープウェイの最終が近いと言うので下山し、帰りは神社裏まで無料送迎バスで戻りました。
「こんなのがあるんなら行きも乗れば良かった」
と、またまたカミさんの愚痴が(^^;)

そろそろ予約した家族風呂の時間となるので宿に戻り、チェックインしてお風呂、そして夕食です。
夕食は主に海の食材を使った鍋で、今までバイキングばかりだったチビにはちょっと敷居が高かった感じでした。

夕食後、バテバテで「部屋にいる」というカミさんを置いて、チビとふたりで散歩がてら夜の厳島神社を見に行きましたが、これがなかなか良かった。 昼間と違ってライトアップされた鳥居が間近に感じられたり、対岸、宮島口の明かりがキレイに瞬いていたりと、「宮島泊ならでは」の景色を見ることができました。

とは言えさすがに歩き疲れた1日目、部屋に戻ってチビを寝させると同時に、自分も早々に寝てしまいました。

(その2に続く)
Posted at 2013/04/04 12:37:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 泊まり旅行 | 旅行/地域
2013年03月29日 イイね!

気になる~

気になる~いま組み立てを楽しんでいるFDのプラモデル。 毎晩筆差しをしつつ下回りをここまで組み立てました。

で、タミヤらしい親切な説明書の指示に従って筆差しをしていたところ、リアデフからドラシャが出ている部分に「グリーン」の指示が。 そのときはそのまま筆差しをしたんですが、ふと
「そう言えばレガシィも緑だったよなぁ」
と思い出しました。


こちら、数年放置していた(^^;)ハセガワ1/24のBFレガシィの下回りです。
やはりデフからドラシャが出ている部分が緑色です。 違うメーカーのクルマの違うメーカーのプラモデルが同じ色、それも下回りと言うことは、ここは何か緑色をした素材が使われていると言うことでしょうか? う~ん、気になる~

とつぶやいたら、とあるお友だちがこそっと教えてくれました。
等速ジョイントのカップだそうです。 緑色は防錆塗装らしいのですが、等速ジョイントそのものが複数メーカーのクルマに使われているらしく、それで同じ色をしているのだとか。 いやぁ、勉強になりました(^^)
Posted at 2013/03/29 08:43:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | プラモデル | 趣味
2013年03月27日 イイね!

旅の準備に・・・その2

旅の準備に・・・その2旅行の準備、昨日のモバイルバッテリーに続き、今日はデジイチ用のSDカードが届きました。 現在挿入してある16GBと合わせれば2日間でも足りるでしょう(^^)

D7000での動作確認ができているSanDisk製にしましたが、ポイント利用もあって1英世ちょっとで購入できましたから、本当に安くなったモノです。

行きのダイヤも全部調べたし、これで後はカメラとスマホのバッテリーを忘れずに充電すればOK!!
着替えなどの荷造りは全部カミさん任せです(^^;)
Posted at 2013/03/27 22:51:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味
2013年03月26日 イイね!

旅の準備に・・・

旅の準備に・・・今週末の1泊旅行のために、ネットでこんなモバイルバッテリーを買いました。
容量6000mAhのリチウムイオンバッテリー、これならスマホを2~3回充電できるハズです。 もちろん繋いだままで使用もできますので、これで安心して「ハイドラ」をONにしたまま新幹線で移動できます。 あ、N700系は座席にコンセントがあるからバッテリーは要らないか(^^;) でも在来線に乗り換えたら効果がありますよね(^^)

もちろん? MADE IN CHINA なんですが、充電器を見ると、なんとチビ用DoCoMoキッズケータイと同じでした。

写真左がキッズケータイ用充電器、右が今回のモバイルバッテリー用充電器です。
これは充電器がシッカリしていると言うことだろうから、まさかこんな事はないと思います(^^)
Posted at 2013/03/26 23:11:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 携帯電話 | パソコン/インターネット

プロフィール

「エンケイユーザーとしては食べてみたいです(^^)」
何シテル?   11/21 20:46
免許を取ってから中古で1台新車で4台、車検を受けることなく乗り継いできて23年前にBFレガシィに出会い、それ以来レガシィ5台を乗り継ぎ、カミさんはプレオに乗ると...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

人見知りなオッサンなのであまりお誘いしませんが、よろしかったら声を掛けてやって下さい。 ただし、何シテル? やブログのコメント等、何回か絡んでからにしていただきたいと思います。
172 人のお友達がいます
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認 JUN-JUN- *
もぐもぐもぐもぐもぐもぐ * セリカTA45セリカTA45 *
チーすけジャパンチーすけジャパン * MX5MX5 *

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー マツダ プレマシー
初めて乗るマツダ車です。 職場の環境が変わって毎日子供や年寄りを乗せる機会が増え、レガシ ...
その他 自転車 その他 自転車
2007年11月から通勤に使っている愛車です。 2011年4月3日、新しいマシン?に乗 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
BHの後、初めてT車に浮気をしたものの、走りのツマラナサに我慢できずに購入した5台目のレ ...
スバル プレオ スバル プレオ
私がT車に浮気をしたとき、カミさんのクルマ(T車)から買い替えた初めてのKカーです。なの ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.