車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月26日 イイね!
ゲーマーズでラブライブ!サンシャイン!!のBlu-ray第3巻買いました❗

もちろん1巻も2巻も購入済みです❗

1巻のジャケットイラストは千歌ちゃんの眩しい裸足での制服姿が生足フェチのヲイラには堪らなかったとです❤❤❤


2巻も梨子ちゃんと裏の曜ちゃんが可愛かったとです❗💠

で、3巻のジャケットイラストは‥



うおぉぉぉ❗❗❗ルビィちゃぁぁぁぁん❗❗❗❗



うおぉぉぉ❗❗❗マルちゃぁぁぁぁん❗❗❗❗


(ジャケットイラストはラブライブ!サンシャイン!!公式サイトより)




今回は神回であるルビまる回4話が収録されているので、この際、Aqours切っての可愛い💠コンビがジャケットイラストですね❗❗❗嬉しくて思わず記事まで立ち上げちゃいました❗❗❗😃

ジャケットの背景はどちらも伊豆・三津シーパラダイスのようですね❗




©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


ルビまる可愛いよ可愛いよ💠
Posted at 2016/11/28 22:10:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | アニメ | 日記
2016年11月21日 イイね!
昨日20日は聖地巡礼8回目に車で行きました。念願だった「堕天使の宝珠」特典のクリアファイルコンプリートしたかったからね。

出発が8時になってしまったので早くも東名下りで事故渋滞発生。30分程のロスです。事故現場は大和トンネル手前辺り。もう事故車はほぼ撤去されてたけど、消防車やら救急車やらで大変でしたね。

海老名SAで休憩。地元神奈川の有名ラーメン店「なんつッ亭」のとんこつラーメンを頂く。数年前にも品川店で頂きましたが相変わらずマー油スープで真っ黒。そして美味い❗実はこの時余りにも食が進みスープを全部飲み干してしまい沼津で「堕天使の宝珠」まで頂いたのですが、まさかあんなことになろうとは‥。

前々回暗くて分からなかった根府川へ行きました。根府川のドライブインからは階段で下の海岸に行けます。‥が、海岸はゴツゴツした丸い岩場に荒々しい波。アニメの穏やかな砂浜とは全然違います。

調べてみると、12話で登場した駅は確かに根府川駅ですが、実際の海岸は神奈川の国府津をモデルにしているとのこと。根府川で列車を降りて国府津に戻り海岸に行ったら再び根府川へ戻って羽を受け取ったことになりますね(^-^;いや、無印から国府津海岸はモデルになっていたことになるので単にヲイラの勉強不足なんですがね‥今回は車なので完全に無駄足でしたorz網を広げて乾かしていましたが、貝か何かの腐った臭いでまあ臭いこと臭いこと。

階段に気付かず勘違いしてドライブインから山側に渡って見た東海道本線の壮観な橋梁だけが唯一の収穫でした。

本当は下田まで行ってから土肥に戸田にと西伊豆を大回りして大瀬崎経由で内浦に至るつもりでしたが、ナビを見ると下田経由にするだけで内浦着が3時を廻ってしまうことから断念することに。根府川からはそのまま熱海を通って静岡県道80号熱海大仁線を通り山伏峠を抜けました。熱海側狭いしすごい急だね。

内浦に着いたので、長浜城跡駐車場に車を停めて、あの1話の内浦全景(千歌ちゃんと曜ちゃんがバスに乗った直後)を見張らせる山に上ることに。聖地巡礼マップでの位置をGoogleマップでナビした所、所要時間は32分。集落を抜けて川沿いのミカン畑の道を歩くと山に向かう道が別れます。この辺りまでは車で入れますがこの先は歩きです。

山道は軽トラが通れる程度の幅でアスファルト舗装ですが落ち葉やら泥やらで滑りやすくなっていますので足元注意です。中腹辺りにもミカン畑があって驚きました。こんな所まで軽トラで収穫に来てるのかな❔まあ、やや危険ながら不可能ではないですが。

しかし上の方は土砂崩れ❔で人が辛うじて通れる程度に道が塞がっていました。かなり急な山道で下から上の道が見上げられる程です。

©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

駐車場から歩いて30分。頂上❔付近に到着。実際に全景を見張らせるのはこの辺りです。

山から降りる時は滑りやすいので登り以上に足元に気を遣います。それでも2回ほど滑って転倒しそうになりました。まあ、余程この景色を見たい人以外は来なくて良いですね。ラブライバーでもわざわざ来る方はかなり稀でしょう😅



帰りに重須の農産物直売所でみかんを買う。

松月でお茶したりもすれば良かったのですが、この時ヲイラの頭には「堕天使の宝珠」コンプリート以外に頭はなかったので一目散に沼津港の「沼津バーガー」へ。

ついでに前回挑戦していなかった「深海魚バーガー」(650円)にも挑戦。いかにも魚らしくフィレオフィッシュみたいな味です。美味❗

が、実はこの時すでに兆候が現れていたのです。堕天使の宝珠を食べている途中から必死にトイレを探す様に‥。

帰りに沼津のアニメイトとゲーマーズにも寄ろうとしましたが、やはりトイレを探そうと必死でした。

一体、何がどうしたって❔いやぁ、海老名SAで「なんつッ亭」のラーメンをスープまで全部飲み干してしまい、さらに数時間置いたとは言え、堕天使の宝珠というバリバリの揚げ物まで頂いちゃお腹壊しますよね😅

帰りは沼津ICから東名で…と思ったのですが、帰りの上り東名も事故渋滞で肌の中井~横浜町田25km2時間以上とのこと。休日の上り高速道路は渋滞仕方ないですね。

そういえば、秋篠宮家もこの日中央道で追突事故に遭われたそうで。宮方も被害者側も双方おケガがなかったのは幸いでした。

一泊してもう1日箱根観光しようかと迷って足柄SAで4時間ほど休みました。同SAには宿泊施設もありましたがあいにく満室。仕方がないので大井松田で降りて下道で帰ることに。

せっかくなのでモデルの国府津海岸を訪れてみましたが、22時とすっかり暗かったのでこんな調子です。今度電車で来たいですね。

Posted at 2016/11/21 23:32:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 聖地巡礼 | 日記
2016年11月04日 イイね!

⑦阪急宝塚線




阪急宝塚線を利用して京都に戻ります。思ったより時間を食ってしまいました。

前回言ったとおり、宝塚から豊中までは急行も各駅に停まります。

車庫がある雲雀丘花屋敷あたりまでは住宅が線路の近くまで迫っている京成市川スタイルで、『電車でDのようにとてもあんなところを百数十キロの複線ドリフトで飛ばす気にはなりませんな❢(←当たり前❢)

電車でDとは❓
漫画『頭文字D』を原作に作成した同人漫画。主人公の藤原拓海たち“走り屋”が電車の運転士となり舞台を阪急電鉄をはじめとする関西地方の私鉄に移し、終電後の線路上でドリフトバトルを繰り広げるきよ丸氏の同人漫画およびそれをもとに地主一派氏らが作成した同人ゲームを指す。

頭文字Dとは❓
『頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本の漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメと映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。(wikipediaより)


雲雀で普通梅田行きとして待ち構えていた新型車両1000系(2代)を発見したので乗ってみることに。神宝線(神戸線と宝塚線の総称)の伝統で東芝製の電動機を採用していて、PMSM(永久磁石同期電動機)のはずですが同じ東芝製PMSMでも東京メトロ16000系に代表される「ヴ~ン♪」という発進・停止時の同期電動機の励磁音は聞こえず、代わりに「コォ~~⤴⤴」という総武・中央緩行線のE231系とかで聞けるような籠る音がします。

大阪から再び新快速に乗り京都へ。

⑧京都鉄道博物館


2015年に閉館した梅小路蒸気機関車館をリニューアルして再オープンした京都鉄道博物館は梅小路運転区の一部です。京都からかなり歩きます‥。あとで調べたら山陰本線丹波町駅の方が近いようですね。西本願寺の横を通り、梅小路公園へ。梅小路公園の西側に京都鉄道博物館はあります。



入り口を入ると0系が。4両ですが、中間車含めた編成単位で展示されるのは初めてでは?さいたまの鉄道博物館の0系は交通科学館時代からのカットモデルだけだし、5年前に行った名古屋のリニア・鉄道館も先頭車だけだったような‥❔

500系や583系があるのがJR西日本らしいです。

シミュレーターもやりたかったのですが、1時間待ちでしかも抽選とあっては、名古屋も沼津も廻り今日中に帰らなきゃいけない身には無理で諦めました。残念。

友達からリクエストされていたお土産を買うことに。



時間がないので名古屋まで新幹線を使うことに。京都駅に戻ったら、新幹線へ渡るコンコース(南北自由通路)が見つからず‥。ホント迷いますね京都駅は。



のぞみに乗り名古屋へ。

⑨名古屋駅



名古屋駅では念願だった「ラブライブ!サンシャイン!!」13話の聖地巡礼に。








©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


‥がマルちゃん「だぎゃあああ~~❗❗」と叫んでいたナナちゃんが見つからず‥。ナナちゃんを探して1時間は掛かってしまいました‥(^^;


‥にしても名古屋駅東口はデカいビルが多い❗セントラルタワーズは言うに及ばず、東京でも新宿くらいでしか見れないレベルですね。


「デッきゃぁことはええことぎゃ~❗❗❗🎵」という名古屋人スピリットですかね(笑)

暗くならないウチに沼津に寄りたくてまた新幹線を使いました。三島に停まる調度いい「ひかり」がなく、「こだま」に乗ることに。

⑩沼津に寄る




三島から沼津まで一駅引き返すだけですが、今回はちょっと在来線でトラブルがあったようで10分遅れです。三島ですでに暗くなってしまいました。

なぜか三島駅にE233系の回送がいました。試運転❔今までJR東海区間に乗り入れたJR東日本の電車はE231系が最新でしたが、E233系も増備が進んで遂に東海区間に乗り入れるのか❔東京から静岡までの直通は既に廃され、沼津行きも年を追う毎に減らされているのですが、少しは増えてほしいですね。熱海駅の接続が悪すぎるので。

オイラが遅れた列車を待っている間、一足先にE233系は沼津方面に走り去っていきました。‥乗せてってくれてもいいのよ❔



沼津到着。午後5時を回り、すっかり暗くなってしまいました。沼津港までは長いので、内浦方面に向かう東海バスで槙島で下車し港まで歩きます。

実は沼津バーガーの「堕天使のオーブ」で唯一、3年生の分の特典を手に入れてなかったので寄ったのですがすでに注文は終了したとのこと。ガクー😞orz日曜日だから8時までやるはずでは❔




意気消沈しながら沼津駅に戻ります。今度は沼津駅と沼津港を結んでいる伊豆箱根バスで。「ORANGE PORT」なる静岡県東部地区のご当地アイドルのラッピングバスでした。まあ、3次元には興味はないけど❗





©2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


せっかくの沼津寄り道を無駄にはすまいと途中で降りて、善子ちゃんの家があるナティ沼津へ。8話「くやしくないの?」で迎えに来たダイヤ姐さんと話をした狩野川河川敷の聖地巡礼です。夜に来るのははじめてです。

沼津駅では帰りに「のっぽ」を買おうとしましたがすでに売り切れていました‥orz

沼津から再び東海道本線に乗り、家路に就きます。疲れたので熱海から戸塚乗り継ぎで津田沼までグリーン車で。無料Wi-Fiやコンセントが付かないとはいえ、780円は安い❗
Posted at 2016/11/05 00:50:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 聖地巡礼 | 旅行/地域
2016年10月31日 イイね!

①夜行バスで京都へ





仙台から高速バスに揺られること12時間。夜中に北陸を通過し、気持ちの良い朝を迎えた大津サービスエリアの眺めは最高ですがさすがに琵琶湖は遠いですね。

②京都駅






それにしても8時頃に山科で名神を降りた後が意外と長い❢山科醍醐の街中を通り東山を超えて京都市街を右に左に曲がって8時40分に京都駅八条口に到着。

それにしても朝っぱらから京都駅では外国人観光客を多く見かけます。

京都鉄道博物館が開館する10時まで暇なので『電車でD』の舞台になった阪急宝塚線に乗りたいのと一度「ヅカ」に行ってみたかったので大阪へ。

③大阪駅




久々に新快速に乗る。



JR大阪駅。天井が広く日曜なのに雑然としたこの人の多さ。アジア圏を中心に観光客が多いことも関係しているのでしょうか。

④阪急梅田駅(大阪駅から乗り換え)





阪急梅田駅はやはりデカい。往きは阪急神戸線特急と今津北線を使ってみました。


阪急名物である神戸線特急・宝塚線急行・京都線特急の三線同時発車こそ体験できませんでしたが、宝塚線急行との並走が見れました。

⑤西宮北口駅から阪急今津線(北線)





8年前『涼宮ハルヒの憂鬱』の聖地巡礼で訪れて以来の西宮北口で当時は乗らなかった今津北線に乗り換え。8年前は新大阪から新神戸まで一区間だけ「ひかりレールスター」に乗って神戸三宮から神戸線夙川経由で甲陽園駅へ。西宮北高の周りを散策した後は西宮北口から今津南線で今津まで行って阪神電車で甲子園まで行ったのでした(地元の高校が甲子園に出場したので応援…結局1回戦負けでしたが)。



阪急沿線ということで高級住宅街をイメージしていましたが、さすがにそういうのは山の手ですね。今津北線の車窓からも六甲山の高級住宅街が見えました。




それにしても阪急電車はさすがあの宝塚歌劇団を運営しているだけあって広告にも宝塚がよく出ていて非常に華やかです。ただでさえ阪急電車は車体がマルーン(あずき色)一色に統一されているだけでなく、社内の化粧板がすべて木目、椅子もすべて上品な抹茶緑色になっていて高級感が違いますから。東急含め関東にはこういう電車はないですね。沿線の下町は東急沿線の方が小奇麗に感じますが。



阪急宝塚駅に到着。今津線の電車ですが、なんと宝塚線のホームに滑り込み。その後すぐに十三で別れた同時発車の急行がやってきました❢梅田から宝塚に行くには宝塚線で行くより神戸線と今津線経由にした方が早いって本当なんですね(^^;宝塚線の急行は豊中から早くも各駅停車になるので遅いのは仕方ないんですが…。

⑥宝塚にて





駅内部はどうということはない私鉄の駅ですが駅前を見てびっくり。



早速宝塚歌劇をモチーフにしたブロンズ像が出迎えてくれます。さすが❢

興味が持てたのでちょっと歩いてみることに。



駅を出てすぐに目にする武庫川に架かる橋~宝来橋と謂うそうです~の向こうはデカいホテルが立ち並びます。川の眺めもキレイです。宝来橋南詰は温泉街のようです。宝塚はもともと温泉街で、その歓楽として阪急創業者(事実上)の小林一三翁(こばやしいちぞうおう)が作ったのが今の宝塚歌劇団なんですね。



阪急宝塚線は阪急発祥の路線で、当初「箕面有馬電気軌道(みのおありまでんききどう)」と言っていたように、元々は宝塚から六甲山上の有馬の温泉街まで伸ばそうとしていたものの、宿泊客の減少を恐れた温泉街の反対と六甲山を上る急勾配での線路建設の難しさから断念するに至り、結局梅田から宝塚までの当時何もなかったただの農村を通過するだけの電車になってしまったことが「阪急」の始まりです。沿線の人口を増やすために大規模な住宅開発をはじめ、日本で初めての住宅ローンを始めたのも一三翁のアイディアだと謂います。



宝塚の街。やはり宝塚文化❓らしいというか駅のある武庫川北側は宝塚音楽学校までヨーロッパ調の街並みが続きます。そのプロムナードも花と植生に囲まれた実に華やかなもの。全国~特に関西の女の子の憧れを掴んで離さない「宝塚歌劇団」の本拠地に相応しい。



…にしても、武庫川を超えるついでにずいぶん高いところを走ってたんですね。宝塚の街が見渡せる眺望の良さだけに。改めて高架橋を見ると感嘆させられますが。




プロムナードを歩いていると、下のタイルに見覚えのある絵が…。そうか、あの『漫画の神様』こと手塚治虫先生の故郷もこの宝塚でしたね。



八千代市の京成バラ園芸から贈られたというバラ。まさかうちの市の名前が遠く宝塚で見られるとは嬉しい限り❣



駅に戻ると、宝塚音楽学校の生徒さんが募金活動をしていました。さすが宝塚。顔つきや声が普通の女学生と全然違う❢❢テレビで宝塚音楽学校の合格発表なんかを見ると、難関を乗り越えて合格してきた娘は入学前からすでに普通の女の子と全く違いますよね。宝塚に受かるために難関を乗り越えて合格してきた娘は。合格するためには予備校に通って一生懸命トレーニングとかもするらしいですが。オイラも募金しましたがなんだか芸能人と話しているみたいで緊張しっぱなしでした(^^;

女優の天海祐希さんをはじめ宝塚出身者の方は芸能界でも顔つきがそれとわかるくらいキリッとしていて声もハキハキしてますしね。

≪2日目は超盛り沢山のため鋭意編集中です。更新で逐一追加していきます。≫
Posted at 2016/10/31 23:07:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2016年10月24日 イイね!
22日、仙台のJR東日本新幹線総合車両センターで「第31回新幹線車両基地公開 〜来て、見て、発見!基地公開〜」が開催されたので行ってきました。



行きは東北新幹線。「はやぶさ」に乗りたかったけど満席だったので一本前の「はやて」で。東京を発車すると上野、大宮と連続して長い停車。後続の北陸新幹線「かがやき」と先ほどの「はやぶさ」を先に行かせるためです。「はやて」は本来、全車指定で東京~仙台は上野、大宮にしか停まらない東北新幹線の速達列車だったのが「はやぶさ」の登場で仙台以北はかつての「やまびこ」のようなチョイ速達になりました。にもかかわらず全車指定のまま。

久しぶりにE2系(0番台J編成)に乗ったらまあボロいこと。そろそろ20年選手なんで仕方ないんですが。むしろ乗れるのも今のうち。オール2階建て新幹線MAXのE4系に至っては東北新幹線(大宮以北)を追い出されて今や上越新幹線運用しかありません。最高速度が320km/hの時代に240km/hの列車まで走っていては速度差が80km/hもあり、ダイヤ上の足手まといどころか危険と隣り合わせですしね。275km/hのE2系やE3系なら速度差45km/hなんでなんとかなるのでしょう。



仙台からは新幹線総合車両センターのある新利府駅(東北本線利府支線;旧「山線」残存部)に向けて連絡列車がバンバン増発されてます。しかも3両からせいぜい5両が普通の東北の普通列車では破格の6両❗東北ではお馴染みのロングシート701系でしたが、ここまでしても首都圏のラッシュ並み❗利府支線は単線で一時間に3本程度が精一杯とはいえ、ここまで混むのはこのイベントが如何に大人気か解るでしょう。



超満員の乗客を乗せて新利府駅に到着。やはり殆どの乗客は降りました。車絵はあの広い車両基地をどこから入るのかと思いましたが、単式の新利府駅ホームに直結する新幹線総合車両センターJR東日本社員専用の通勤口を開放してました。



このイベントの目玉はなんといってもEast-iの車内見学でしょう❗新幹線検測車である同車は見ることすら難しいですが、中に入れるとあってはなおさら貴重なチャンスでしょう。車両センター入り口からすぐに見えた行列がその見学者の列でした。それにしても子ども達に大人気❗見学者の殆どが小さなお子さんを連れた親子連れ。独身者は鉄オタの若者くらいで肩身が狭いです(笑)






さすがに車内は撮影禁止。企業秘密というか、車内の機器配置や構造、詳しいレイアウトなど非公開の情報をインターネットで配信とかされるのは余り望ましくないのでしょう。車内見学も後ろからプッシュされるように後続の見学者がいるので、あまりゆっくりは見れません。

見学は2~5号車まで。車内は、壁内張りはベースのE3系と違い独自のもの。4号車にパンタグラフ監視台、2・5号車にそれぞれテーブル、冷蔵庫、電子レンジを備えた休憩所あり。貫通路は何本もの太い電線が樹脂製の透明板で隔てられて丸見えでした。機器類はほぼ日立製。プリンターはそれぞれ測定機器専用のものが並び、寝台個室のような謎の個室が何ヵ所かありました。

East-iが留置されていた整備工場を出、保線車両が展示されている格納庫?を見学します。



その格納庫の端には事務机があり、何やら子ども達が集まっています。実は、入り口でボーイスカウトの子達から渡された可愛らしい案内図の裏に◯が4つ。キーワードを1文字づつ集めて完成させるゲームのようです。キーワードを知るゲーム❔のシステムがいまいちよく解りませんが、子ども達は4つ目の◯に「さ」と入れています。

良く見るとすでに「はやぶさ」とキーワードを完成させた子ども達がちらほら。案内図を見ると、East-iの列に並ばずにトンネルを通って新幹線車両の見学の方から始めた子ども達が多いようで、East-iを見学した人とはちょうど逆回りになるようです。



あまりにも広大な車両センターを北の端まで行き、北口に向けて通路を行くとなんとSLが3台も❗新幹線の車両基地なのに何故❗❔

型板を見ると、C11とC58とD51でした。お互いに連結した状態で「静態保存」という名の放置プレイ状態でした。あちこち錆びてるし外板の隙間から草が生えているではありませんか❗まあ、ばんえつ物語号みたいにリバイバルする積もりはないのでしょうが。お金を掛けられないと鉄道車両の保存は露天での放置しかありません。当然車体は痛んできます。しかし朽ち果てるのを待つ状態を「保存」と言っていいのかどうか‥。

北口からも出入りはでき、利府町の街中からどこに車を停めたのかは知りませんが入場している人も多いです。まあでも、北口から入る時は利府駅から来るのが近いと言われていますから利府駅から歩いた人が多かったのかな❔



北口付近はなにもない草蒸した荒れ地ですが、この道伝いにちょうど利府支線を跨いでいるデカい道路陸橋に繋がり合流していました❗撮影に使っていたスマホの電池がそろそろ少ないので近くのドコモショップで充電。利府の街は仙台から電車で15分程の衛星都市でもありますが、周りを広大な田んぼが囲むこの田舎町でも立派なバイパスやデカいイオンモールもあって車主体の生活が忍ばれます。

ちなみに新利府駅南側は仙台北部道路と三陸自動車道(及び仙台東部道路)が合流する利府ジャンクションで、3月にオイラが車で宮城・岩手と日帰り紀行をした帰りに東北自動車道から常磐自動車道に移るためにこのジャンクションを経由しましたね。あの時は夜が近くて真っ暗になりかけ、ジャンクションの渋滞に巻き込まれていました。

ドコモショップで充電をした以外は特にすることもなく車両センターに戻りました。昼近くですが、さすがにこの広い車両センターを見学できるのが3時までとあってはのんびり街を見て廻る余裕がありませんでしたから。



車両センターに戻り、屋台で焼きとうもろこしと卵付き焼きそばを食す。車両センター北口にはさっきのSLだけでなく、電気機関車やSTAR21の先頭車の片割れ(相棒は遠く滋賀県の米原駅前にいます)と全国新幹線整備計画の元になった961形試験車両(なんと山陽新幹線と東北新幹線という未だに東京駅でさえ線路が繋がっていない東海道系統と東北系統双方の新幹線を走行した経験がある唯一の新幹線車両です❗)の両先頭車、それと200系のトップナンバー車両がいます。




なんと961形は内部に入れ、しかも運転台も見学できます❗しかしやはり親子連れに大人気❗片や野外テーブルと椅子がおかれた待合室状態で、もう片方の車両は昔の新幹線に使われたいかにも昭和風な粗末なリクライニングも回転もするのか判らないシート。実は961形は全国を新幹線で走破する計画のための新幹線車両とあって0系に先駆けて本格的な食堂車があったのみならず、寝台車まで試作されたという車両ですが、中間車が廃車解体された今となっては現存せず‥。その名残か何かか、座席がある方の車両は連結側のデッキ伝いに 薄暗い謎の空間が‥。

961形の運転台は入り口からかなり高いところにあり、一旦端から端まで移動して階段を昇って運転台に上がります。運転台がない右側は先に扉があり、連結器が収納されている0系以来の伝統の「鼻」に繋がっています。0系のように光る「光前頭」になったのか❔覗くと結構広い空間が空いていました。もちろん入れませんが。200系の運転台はどうなのかな~。

なお、京都鉄道博物館で見学した0系は運転台が961形ほど高くなく、階段もなくよじ登るような感じで運転台に座ります。光前頭への扉もちょうど運転台下の真ん中に小さいのがありました。同じ国鉄でも時代が違うから当たり前ですが、ずいぶんシンプルだったんですねw



トラバーサでE3系が運ばれて来て子ども達は大喜び❗新幹線車両の前頭部を触れる貴重な機会です。

台車やサスペンションなど、パーツや部品類の展示もじっくり見たかったんですが、終了時刻が近づき駆け足での見学に。ただ、運転士を定刻に起こす起床装置体験は面白かったな~。

新利府から仙台へ‥と行きたいところですが、やはり帰宅者の仙台方面への列はすごい‥。せっかくだから終点の利府まで行ってみることにして折り返しで仙台へ。結局利府行きに乗る方がスムースでした(笑)まあ利府支線は単線で仙台との折り返しだから仙台行きに乗ろうとしても利府行きの後になるから始発から空いてる利府行きに乗るのがお得ですね❗フリーきっぷならこんな「折り返し乗車」も可能ですからね。

E721系(ステップなし)

701系(ステップあり)

手前がE721系で奥が701系。段差があり、床の高さの違いが判ります。
新利府駅で来た利府行きの後部2両~何度も目にしてはいたものの乗れなかったE721系に乗車❗


いざ、仙台へ❗と行きたいところですが、七北田川を渡った直後に緊急停止。10分近い停車。乗客が間違って非常停止ボタンを押してしまったとのアナウンス。まあ、新利府から通勤ラッシュ並の混雑だったのでギュウギュウ詰めで恐らく近くのお客さんの手が間違ってボタンに当たっちゃったんだとは思いますが‥。思わぬハプニングも楽しめれば旅はもっと楽しくなります。こういう時はカッカしないこと。



仙台駅のコンコースはかなりお洒落。さすがに東北の都だけのことはありますね。

利府で充電しても半分くらいなので見学を終えた仙台で再度充電する必要があります。仙台駅東口のドコモショップで充電中にお土産を物色。友達に土産を要求されたのでその分も。

まだ早いですが小腹が空いたのでドコモショップがあるBivi仙台駅東口のレストラン街へ。軽めに2階のサイゼリヤでドリンクバーと何か摘まもうとしましたが高校生で一杯。空き待ちの学生も。じゃあ別の店をということで1階の半田屋へ。あとで調べたら半田屋は仙台駅地元の大衆食堂で、東北が中心で関東にも数店舗ありますが近いのはなんと北越谷❗なかなかない機会だったので良かったです。大衆食堂というだけあってメニューは超安いです❗充電中で写真がないのが残念ですが‥。



充電を終えて時刻は17時。まだ3時間くらいあるので目的の1つである仙台市地下鉄に乗車。まずは新規開業の東西線へ。仙台駅から八木山動物公園駅まで往復。やはりリニア地下鉄で4両とあって横浜市営地下鉄グリーンラインと似てます。



次に仙台駅から泉中央駅、折り返し泉中央駅から長町駅まで南北線で。暗くなってましたが、泉中央は思った通りニュータウンらしい雰囲気。大阪の千里中央みたいですね。南北線はやはりやや旧い地下鉄なので仙台駅は京都市営地下鉄烏丸線みたいな雰囲気の構内です。



仙台駅東口そばの東北福祉大仙台駅東口キャンパス前で20時発神戸三宮行きのJAMJAMライナーの夜行バスに乗車。

京都までなら翌8時40分着なので12時間少々ですが、神戸三宮は10時なのでなんと14時間❗あのキング・オブ・深夜バス「はかた号」(新宿~博多)と所要時間がほぼ同じです❗距離は900km程なので「はかた号」よりは200km程短いんですけどね‥。殆ど高速道路なのは同じですが、京都、大阪、神戸と立て続けに駅前に停まるから関西側で下道が長いのでこうなるのかもしれません‥。

てっきり深夜に東京を通過していくものと思いきや、郡山から大きく右に曲がり磐越自動車道へ。北陸自動車道経由か‥。実は東北・新東名・新名神経由でも、磐越・北陸・名神経由でも距離も所要時間もほぼ同じなんです。

まあ、お客さんの眠りを妨げかねない深夜の首都高を通る義理なんかないんだから北陸経由は当然といえば当然でしょうかね(納得)。
Posted at 2016/10/31 00:33:08 | コメント(0) | 旅行/地域
プロフィール
「ラブライブ!サンシャイン!!Blu-ray 第3巻 購入 http://cvw.jp/b/1723477/38928528/
何シテル?   11/28 22:10
samineです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフトRS スズキ スイフトRS
スズキ スイフトRSに乗っています。
フィアット パンダ パンダちん (フィアット パンダ)
今まで一番楽しかった車。3年間だったけど良い思い出が一杯です!
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.